ハゲの予防に重要な6つの要素について。M字ハゲやつむじハゲを予防する方法を知ろう!

何気ない毎日。鏡を見た時に自分の髪の毛の隙間から見える地肌面積の広さに冷や汗をかいたことはありませんか?

いつから!?これって薄毛!?俺ハゲるの!?と慌ててハゲ対策方法を求めていることでしょう。

まず落ち着いてください。そのストレスさえも薄毛に繋がってしまう可能性があります。

ここでは、とにかくハゲたくない。ハゲを予防・改善したい。フサフサの髪の毛を維持していつまでも女性にモテたいという願望を持っている人必見のはげ予防法を紹介します。

近年ハゲ市場も拡大の一途を辿っており、薄毛治療法や対策法などについても進化しています。今最も効果の期待できるはげ予防法についてまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハゲてしまう原因を知ろう

女性

そもそもなぜ人間の髪の毛はハゲてしまうのかを理解していきましょう。既に知っているという人も多いかと思いますので、おさらい程度に簡単に説明していきます。

どの様な原因があるのかを一緒に見ていきましょう。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンは体毛を濃くして、頭髪を薄くしてしまうという特徴を持っています。

男性ホルモンのテストステロンという物質が頭皮付近に存在する5αリアクターゼと結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンへと変化します。それが受容体という受け皿と結びつくことで髪の毛を薄くしてしまう作用があります。

特にM字ハゲやつむじハゲのハゲ方をしている人の原因としてよく見られるAGAという薄毛になります。

早い人では20代の前半から後半に発症し、40代で影響を受ける人が最も多く存在します。

遺伝

染色体の情報が継承され、薄毛になりやすい幾つかの性質が遺伝します。

  • 男性ホルモンが多い性質
  • 5αリアクターゼが活発に働く性質
  • DHTが発生しやすい性質
  • 受容体がDHTに反応しやすい性質

これらの遺伝子細胞レベルでの遺伝と生活習慣や趣味や食生活、タバコを吸うなどの性格が似てしまうことでも、薄毛の原因となります。

男性の場合は、母方の祖父から。女性の場合は両親から特に遺伝が行われやすいとされています。

薄毛の遺伝子は優性遺伝子なので、遺伝情報が継承されやすい性質を持っています。

しかし実際にハゲている人の方が圧倒的に少数派であることからも分かる通り、遺伝したとしても確実にハゲるわけではなく、生活習慣などでの予防でも十分に予防可能な問題になります。

ストレス

ストレスが蓄積することで発生する円形脱毛症

もしくはストレスの影響で血行不良、皮脂の分泌量の増加、代謝の低下、疲労、ホルモンバランスの乱れなどの様々な問題が複合的に発生してしまう事で薄毛の症状が発生することがあります。

多くの病気、症状の元になっているのがこのストレスの問題になります。出来るだけ溜め込まないように対策することが必要です。

性格的な特徴との関係が深く、真面目な性格の人や、責任感の強い人、完璧主義の人に特にストレスが影響することが多いですので、自分の性格を考慮して適度に発散することが重要になります。

頭皮環境の問題

頭皮環境が悪化している事により、髪の毛の成長が正常に行われず、抜け毛も増加します。

頭皮の乾燥、湿疹、痒み、皮脂の過剰分泌、毛穴の詰まりなどの問題は薄毛に直結する原因です。

特に薄毛の問題につながりやすい症状としては皮脂が過剰に分泌されてしまう脂漏性皮膚炎フケが大量に発生する粃糠性皮膚炎などの症状があります。

頭皮は髪の毛を成長させる土壌です。土壌の状態が悪いと髪の毛を成長させることは出来ません。頭皮の環境が悪い人は皮膚科やクリニックなどに通って治療を行う必要があるでしょう。

髪の毛だけでなく、頭皮にもいい影響を与える栄養などを意識的に摂取する対策が必要です。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの影響でも髪の毛が薄毛になってしまうことがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)分娩後脱毛症(産後脱毛症)などの脱毛症が発生します。

女性ホルモンには髪の毛の成長を長く保つ効果や、ツヤハリコシのある髪の毛を成長させる働きなど髪の毛にとっては嬉しい働きがあります。しかし、女性ホルモンのバランスが乱れると、成長が止まってしまい抜け毛が増えて薄毛になります。

特に女性は50歳近い年になると閉経や更年期などでホルモンバランスが大きく崩れて薄毛になることが多くあります。

近年では若い人でも薄毛になる人が増えていますが、これはストレスによるホルモンバランスの崩れや生理が不安定なことからのホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。

シャンプーの影響

一説では近年髪の毛が薄毛で悩む人が増えているのはシャンプーの影響による問題であるという意見もあります。

その根拠はシャンプーが到来してきた1955年から薄毛の人口が上昇を続けていることと、街で見かけるホームレスなどシャンプーで髪の毛を洗っていないであろう人が軒並みハゲていないことが大きな根拠として提唱されています。

強すぎる洗浄成分のシャンプーを使用していると、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまって、逆にハゲに繋がってしまう事があります。

高級アルコール系洗浄成分が含まれているものがハゲに繋がると危険視されています。毛母細胞や毛乳頭細胞という、髪の毛を成長させる細胞を傷つけてしまったり、必要以上の皮脂を除去してしまって乾燥させてしまうなどの問題が発生することが原因です。

大量生産に向いている点で多く安価に流通している商品ですので、頭皮の弱い人には十分薄毛の原因となり得る商品になります。

シャンプーによる薄毛を発生させないためにはシャンプー方法とシャンプー成分の両方を見直す必要があるでしょう。

自己免疫疾患

自己免疫疾患はアトピー性皮膚炎やアレルギー性の炎症などを保持している人に関係のある問題になります。

円形脱毛症の原因であるとも言われていて、アトピーなどの症状をかかえている人に円形脱毛症などの脱毛症が発生しやすいことがわかっています。

また、アレルギー性の皮膚炎の症状を持っている人は皮膚が刺激などに非常に弱いので、皮膚へのストレスが蓄積しやすく、薄毛の問題につながりやすくなります。

その他

それら上記の問題に繋がる細かい原因として以下の様なものがあります。

これらが関係して抜け毛や薄毛につながってしまうことがあります。

自分に薄毛の症状が発生している場合、どの様な原因が関係していると考えられるかを明らかにして薄毛を改善していきましょう。

スポンサーリンク

シャンプーを見直してハゲを予防する

シャンプー

ではハゲ、薄毛の予防法について紹介していきます。

まずはシャンプー編ということでシャンプーの選び方や正しいシャンプー方法などについてポイントを紹介していきいたいと思います。

ハゲを予防するシャンプーの選び方

まずシャンプーを選ぶ上で見るべきポイントは

  • 洗浄成分(合成界面活性剤)
  • 有効成分(育毛成分・保湿成分・抗菌成分)
  • 添加物の有無

の3点です。

洗浄成分は最も肌に優しいアミノ酸系洗浄成分のものを使用しましょう。逆に避けたい成分は高級アルコール系洗浄成分です。

アミノ酸系のものは泡立ちが若干悪く感じますが、必要最低限の洗浄成分で皮脂の落とし過ぎを防ぐので頭皮への刺激を押さえることが出来ます。

それに加えて、含有成分に抗菌や保湿、育毛成分などが含まれていると頭皮環境や髪の毛に栄養を補給でき、髪の毛の成長に繋げることが出来ます。

最後に添加物が含まれていない物を選ぶことで頭皮が湿疹や痒みなどを引き起こす問題を回避します。添加物は頭皮にトラブルを発生させやすい成分ですので含まれていないことに越したことはありません。

その他のポイント
  • 値段(長期間使用し続けても生活を圧迫しないか)
  • 口コミ
  • ネットでの評価

これらを総合的にみてまずは1本を購入し、自分の頭皮に合うかどうかを判断し、長期間使用するかどうか決定しましょう。

シャンプーは自分の肌に合う合わないがありますので、まとめ買いが安いからと言っていきなり大量購入や定期購入することはおすすめできません。

いい商品が見つかれば、まずはお試しで使用していきましょう。

ハゲを予防するシャンプー方法

ハゲを予防するシャンプー法のポイントは以下の通りです。

  • シャンプー前にブラッシングでホコリを落とす
  • シャンプーは1日1回
  • 夜寝る前に行う
  • 長時間シャンプーをしない(5分〜10分を目安に)
  • シャンプー前にお湯でしっかり汚れを落とす
  • 液剤を一箇所にベタっと付けない
  • しっかり泡を洗い流す
  • 爪を立てない
  • 指の腹で優しく行う
  • 洗浄ブラシなどを使用する場合はブラシを清潔に保つ

などのポイントがあります。

全てを確実に行わなければいけないわけではなく、要点を理解してシャンプーを行う事が重要です。

特に意識して行いたいのは、シャンプーを行う回数、タイミング、シャンプー前にお湯でしっかり汚れを落とすの3点です。

たまに朝にシャンプーを行う人が居ます、寝癖などが簡単に治せたり、香りが良くなるなどの効果はありますが、朝に皮脂を完全に取り除いてしまうと紫外線の影響を強く受けてしまいハゲに繋がってしまう可能性があります。

また睡眠前にシャンプーを行わないと睡眠中に菌が増殖し、頭皮があれやすくなったり髪の毛が抜けやすくなります。

以上の事を意識してシャンプーを行っていきましょう。

湯シャンもおすすめ

1日に1回洗髪をすることがすすめられていますが、これは逆効果になってしまうことがあります。

ワックスや整髪料を使用していたり、汗をたくさんかいた場合にはしっかりシャンプーで汚れを落としたほうがいいですが、1日特に汗をかかなかった場合には特にシャンプーをしなくても問題ありません

寧ろ毎日シャンプーをするのは日本くらいです。先進国でも2日に1回程度の頻度がほとんどで、必要以上に皮脂を落とさずに湯シャンでキレイにすることで美髪を目指すことも出来ます

方法としては40℃〜43℃くらいの熱めのシャワーで頭皮を揉み込みながら流すことで汚れを落とせます。

シャンプーの後はドライヤーを使用しよう

シャンプー後に髪の毛をしっかり乾かしていますか?自然乾燥していては雑菌が繁殖しやすい状態を放置していることになるので、頭皮環境が悪化する原因にもなります。しっかり髪の毛を乾かすことが薄毛予防に繋がります。

出来れば、ドライヤーの前にしっかりタオルドライすること。

髪の毛と熱風の距離をしっかり離して遠くから風を当てること。

まずは温風で乾かして仕上げには冷風で粗熱をとること。

の3点を意識して乾かしていくと効果が高いでしょう。ドライヤーは髪の毛を痛めてしまう事もあります。正しくドライヤーを使用してハゲの予防に繋げていきましょう。

スポンサーリンク

生活習慣を改善してハゲを予防する

植物

ハゲの予防は生活習慣の改善無くして達成することは出来ません。

見直すべき生活習慣を2点紹介します。

食事内容の改善

髪の毛を育てるためには髪の毛の合成に必要な栄養素をしっかり食事から摂取しなければなりません。

髪の毛は90%がケラチンというタンパク質から生成されています。なので、タンパク質を合成するためのアミノ酸が無いと髪の毛を作る事が出来ません。

髪の毛を育てるために必要な栄養素はタンパク質(アミノ酸)、ビタミンB群、亜鉛になります。

ファストフードやコンビニ弁当などの商品は、髪の毛に必要な栄養分が乏しく、また脂っこい食事やラーメンなどの食事でも栄養が不足してしまいます。これらの食事が頻繁に続いてしまわないように注意しましょう。

髪の毛の成長をサポートする栄養素はミネラルやビタミンC、Eと言った栄養素になります。

これらの栄養素をバランスよく摂って髪の毛の成長につなげましょう。

質のいい睡眠で育毛効果を高める

髪の毛が最も成長を行う時間帯は夜の22時から深夜2時までの時間帯です。この時間帯はゴールデンタイムと言われていて体の成長に必要不可欠な成長ホルモンが最も分泌されて髪の毛の成長や皮膚の補修などの働きを行います。

成長ホルモンは寝ている状態の時(副交感神経が働いている時)に分泌されるので、この時間帯に就寝していることが特に重要になります。

出来るだけ24時までの時間には就寝出来ている状態が望ましいです。

睡眠の質を向上させるためには、体を温まっている状態にして就寝することが重要です。ノンレム睡眠という深い睡眠は体が冷えていくタイミングに発生しているので、導入からしっかり深い睡眠に入ることが出来ます。

またレム睡眠の時に効率よく体を温めるために、体温調節を補助する掛け布団が1枚あると睡眠の質は向上するでしょう。

スポンサーリンク

ハゲを予防するストレス発散法

ゴリラ

ハゲに繋がってしまう可能性のあるストレスですが、どうしても仕事や学校での人間関係が問題になっている場合は回避が難しくなります。

なので、溜ったストレスを如何に上手く発散するかを意識して対策していきましょう。

有効な方法を紹介しますのでストレス発散をしっかりしてハゲを予防していきましょう。

読書をしてストレス発散

ストレスの発散法として最も有効な方法とされるものの一つが読書と言われています。

イギリスの研究チームが発表した実験で、読書によるストレス発散法でのストレスの軽減度は平均で66%にのぼり、音楽鑑賞やゲームなどを退けて最も効果の高いものと言う結果が公表されました。

短い時間でも集中して読書をすることで高いストレスの発散効果を得ることが出来ます。興味のあるジャンルであればなんでもよく、漫画などでもいいといいます。

紙媒体で読むことがより効果的とされ脳にリラックス効果をもたらします。

入浴でストレス発散

入浴効果によってストレス解消と同時に肉体的なストレスや疲労も軽減することが出来ます。血行を良くする効果もあり、肩こりや頭皮の血流の低下などの問題も同時に解消できます。

入浴剤などを使用しての入浴ではさらに高い効果が期待できます。

入浴中の適度な発汗によって皮脂の分泌も促進されDHTを排出するデトックス効果もありますので毎日でなくとも1週間に1度程度の頻度で入浴するといいでしょう。

適度な運動でストレスを溜めにくい思考回路に

運動を行うことで適度に筋肉と体力がついて精神状態が改善されます。

実際に「運動を行うようになってからマインドがプラス思考になりポジティブな考え方ができるようになった」もしくはポジティブ傾向になったというデータがあります。

運動はストレスの発散が行えるとともに、ストレスが溜まりにくい精神状態を作ることも出来るので、ストレス対策としてはかなり効果的な手段になります。

ランニングが特に有効とされているので、無理のない程度の目標を設定し運動を続けていきましょう。

タバコやお酒でのストレス発散は注意

趣向品であるタバコお酒でもストレスの発散は可能ですが、このストレス発散法は抜け毛につながってしまう可能性もありますので注意しましょう。

禁煙と適度な飲酒が最適な育毛対策になります。

喫煙や過度な飲酒では大量にビタミンが消費されてしまう問題があり、髪の毛の成長や頭皮の環境改善のために必要なビタミンが失われてしまう事に繋がります。

特にタバコではビタミンC、過度な飲酒ではビタミンA、B、C、D、Eとカリウム、ナトリウム、葉酸、など沢山の栄養素が消費されてしまいます。

タバコは可能な限り量を減らす、飲酒は適度な量を心がけることが最適です。

適度な飲酒では血行の促進や精神状態の改善など有効な効果も高くありますので、飲み過ぎに注意してアルコールの恩恵を受けていきましょう。

スポンサーリンク

頭皮環境の改善でハゲを予防

女性

頭皮環境を改善するために有効な対策方法をご紹介します。

頭皮環境を良くすることで髪の毛の育毛効果を高めることが出来るので最大限に頭皮の環境を良くして育毛効果を高めていきましょう。

頭皮マッサージで頭皮の環境改善

頭皮マッサージが頭皮環境改善に有効な頭皮ケア方法になります。

頭皮のコリの解消や、血行促進、毛根に詰まっている汚れを効果的に取り出すなどの効果があります。早期に対策することで最も効果が出やすく、ハゲの進行を防ぐことに貢献します。

シャンプー中に合わせて行うことで時短が出来たり、シャンプーを行う前に短時間で行うことで汚れを落としやすくする効果などがあります。

長時間マッサージするのが良いわけではなく、短時間でもしっかり頭皮の皮膚を動かしながらマッサージすることが重要になります。特に薄毛が進行してくると予測される場所を重点的に意識しつつ頭皮全体の血行を良くするようにマッサージを行いましょう。

程よい強さで3〜5分程度を目安に行うことが効果的です。

保湿を行って頭皮環境を改善

保湿成分が付与されているシャンプーや育毛剤、オイルやローションなどを使用してしっかり保湿して頭皮の環境を改善しましょう。特に乾燥肌の人は、刺激の強いシャンプーからの皮脂の落とし過ぎにより乾燥が更に悪化しやすく、それが原因でフケや傷が発生し、菌が炎症を引き起こしやすくなります。

乾燥肌の人はシャンプーの選び直しは必須ですので、自分の頭皮にあった商品を選択するようにしましょう。

抗菌成分で頭皮の炎症を改善

頭皮に既に炎症が時発生している場合は、菌による炎症の可能性が高いでしょう。頭皮の赤らみや出来物などが出来ている場合は、抗菌シャンプーを使用して炎症を収束させていきましょう。

抗菌成分のシャンプーは症状が治まれば使用を中止しても構いません。なので沢山の量がある商品を買わなくてもいいでしょう。保存期間の問題で長期間保持している事はあまりよくないので、使い切れる分を購入するか、1本を使い切ってしまってから普段使いのシャンプーに戻すといいでしょう。

帽子や寝具を清潔にして頭皮の状態を保つ

帽子や寝具など頻繁に使用するもので、ムレや汗による汚れが付着して菌が発生しているものを使用していると雑菌が多く発生している状態が続き、その菌が頭皮に移って感染症や炎症などが引き起こりやすくなります。

帽子や枕カバーなどは定期的に洗浄し、頭皮トラブルが引き起こる可能性を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

男性ホルモンの抑制をしてハゲ予防

ライオン

若ハゲ(若年性脱毛症)や30代〜50代での薄毛(壮年性脱毛症)とAGA(男性型脱毛症)の予防法としてしっかり行っていきたいハゲ予防の手段です。

DHTの働きを上手く抑制して、髪の毛の抜け毛の問題を回避していきましょう。

適度な運動でDHTを抑制

運動を適度に行うことで男性ホルモンを筋肉の成長の方に回し、頭で結合する男性ホルモンの量を減らすことで結果的に薄毛の問題に繋がらないようにする効果があります。

また、頭皮から代謝される汗と一緒にDHTは排出されますので、頭皮から汗をかく運動は効果的でしょう。

有酸素運動を継続して行うことが有効になりますので、ウォーキングやランニングなどを行ってDHTを代謝していきましょう。

無酸素運動での過度な筋力トレーニングは逆に男性ホルモンを活性化しすぎるので良くないと言う意見もあります。出来るだけ有酸素運動をメインに行うと効果的でしょう。

イソフラボンを含む食材でDHTを抑制

大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしています。

女性ホルモンには髪の毛を成長させる期間を長くする効果や髪質を良くする効果があります。イソフラボンにはこれと同様の効果が期待できますので大豆食品を摂取することで髪の毛の成長を促すことが出来ます。

さらにイソフラボンを適度に毎日摂取し続けることで男性ホルモンの働きを抑えて、髪の毛のヘアサイクルを伸ばす効果も期待できます。

豆乳であれば毎日200ml程の量を飲み続けることで十分効果があります。

しかしイソフラボンは過剰摂取での過剰症が確認されているので、飲み過ぎには注意が必要です。女性の場合には過剰摂取で乳がんリスクが高まることも報告されています。

適量を摂取して髪の毛に有効な効果を与えて行きましょう。

ストレスを予防することでDHTを抑制する

強いストレス下で男性ホルモンの働きは更に活性化することが明らかになっています。

近年女性に薄毛の症状が増えていることも、競争意識の中で仕事を行うことが原因ではないかとも推測されています。

女性の中にある男性ホルモンが競争ストレスに影響されて活性化していることが一つの原因になっています。

男性も同様にストレスを溜め込みすぎるとDHTの増加の原因になりますので注意しましょう。

上記で紹介したストレスの発散方法を参考にして対策していきましょう。

サプリメントを使用してDHTを抑制する

薄毛を予防・改善する効果が期待できるサプリメントには以下の物があります。

  • イソフラボン
  • ノコギリヤシ
  • 亜鉛
  • ビオチン
  • リジン
  • 各種ビタミン

この中のイソフラボンノコギリヤシ亜鉛の3つに関しては、DHTの排出や生成を抑制する効果が含まれています。

これらのサプリメントを定期的に決まった時間に毎日飲むことで、血液中の成分濃度を一定にしてDHTの働きを予防したり、髪の毛の成長を促すことが出来ます。

いくつものサプリメントが面倒くさいと言う人には、BOUSTON(ボストン)という商品があります。有効な成分を20種以上配合しているサプリメントですので手軽に使用することが出来ます。

スポンサーリンク

発毛法を使ってハゲを予防する

水やり

もしハゲがある程度進行してしまっている場合、予防法だけでなく発毛対策をして髪の毛を増やしていかないといけません。

ハゲを予防するために有効な、3つの薄毛改善発毛方法を紹介します。

ブラッシングによる発毛促進

唯一薬品を使わずとも発毛を促せる方法になります。頭皮に適度な刺激を加えて頭皮の細胞を活性化させ髪の毛が再び生えるように促します。

現在では沢山の種類のブラシが販売されていますが、特に有効とされているのが昔ながらの天然獣毛ブラシを使用したブラッシングです。

頭皮への刺激の効果はもちろん、獣毛ブラシ特有の効果として獣毛に染み込んでいる油分が髪の毛に染み込み、静電気の発生の防止や、髪の毛の痛みの軽減効果も期待できます。

ブラシを使って頭皮を軽く叩いたり、頭皮に軽く触れるくらいの力で髪の毛をとくことで発毛効果と血行促進効果を得ることが出来ます。

発毛薬ミノキシジル

ミノキシジルという薄毛治療薬があります。

元々は心臓病の薬で、血圧を下げるために開発されたものですがその副作用に多毛症になってしまう症状が確認されたことから、発毛薬として使用されるようになりました。

しかしこの薬には副作用があり、性欲減退や肝機能低下などの危険な副作用があります。なので20代以下の若い世代や特に女性は使用が推奨されていません。

クリニックへ通って処方してもらう方法が正規ルートでの入手方法になります。推奨はされていませんが、個人輸入代行サイトなどでも購入することは可能です。

個人輸入はリスクが高く、完全自己責任になりますので出来るだけ正規ルートでの使用をおすすめします。

ミノキシジル外用薬を使用して発毛

外用薬タイプの育毛剤にミノキシジルが含まれている商品があります。外用薬では頭皮から体内に成分が吸収される事は少ないので、副作用を抑えながら発毛効果を得ることが出来ます。

しかし効き目も内服薬に比べて穏やかなのが特徴です。

有名な日本製の商品ではリアップやロゲインがあります。こちらも使用には細心の注意が必要な発毛剤になります。

育毛剤に比べて発毛剤と名の付くものは効果が非常に高く、髪の毛の増毛を実感しやすい商品になりますが、全く副作用の危険性が無いわけではありません。

使用方法を誤ると、中止した瞬間にリバウンドで薄毛が増えて薄毛になる危険性もあります。特に若い世代では自己能力での髪の毛の自生が可能な段階ですので、出来れば若い内はこれらの商品に頼らず自分の力で髪の毛を生やしていったほうがいいでしょう。

また商品価格も安くないので経済的にも無理をせずに可能な範囲で発毛活動を行っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハゲを予防するために有効なハゲ対策、薄毛対策の方法について紹介していきました。

ハゲの予防は早い段階から始めることが最も簡単で、有効な対策法になります。

ハゲの初期症状の現れ方などの傾向も知って早期にハゲ予防法を始めていきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

つむじハゲの初期症状を紹介!早期対策でつむじハゲの進行を食い止めよう【原因と対策法】

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク