ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

今や男性だけでなく女性でも薄毛に悩み育毛剤を使用する人は増えています。ストレス社会の多い先進国特有の問題が原因であったり、シャンプーを毎日行うようになってからハゲてしまう人が増えてしまったなどの意見もあります。

ハゲの原因は現段階では大まかに明らかにされています。なので、それらをしっかり理解して予防することが出来れば、ハゲは予防する事が出来ます。

確実に抜け毛の本数を減らし、健やかな髪の毛を成長させる方法を紹介していきたいと思います。まずは様々な有効とされている予防方法を知って髪の毛をしっかり守っていきましょう。

ハゲ対策は早いうちからコツコツと行っていくことが大切です。遺伝の影響がある人は早い段階からハゲにならないように予防をしていくようにしましょう。かなりハゲの症状が進行してしまってからはハゲを元に戻すのにはかなりの苦労と時間とお金が掛かってしまいますので、手遅れになる前にしっかり対策していきましょう。

スポンサーリンク

ハゲてしまう原因を知ろう

女性

そもそもなぜ人間の髪の毛はハゲてしまうのかを理解していきましょう。既に知っているという人も多いかと思いますので、おさらい程度に簡単に短く説明していきます。

どの様な原因があるのかを一緒に見ていきましょう。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンは体毛を濃くして、頭髪を薄くしてしまうという特徴を持っています。しかしこの働きは通常の男性ホルモンテストステロンの状態では発生しません。

通常のテストステロンの状態から体内にあるα5リアクターゼと言う酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンに変化する事で問題を発生させます。このホルモンが毛根付近に存在している受容体と結合することで毛乳頭細胞を攻撃することで髪の毛の成長がストップし、髪の毛の抜け毛が増加してしまうことで薄毛が発生してしまうのです。

特にM字ハゲやつむじハゲのハゲ方をしている人の原因としてよく見られる原因になります。

遺伝

男性は母方からの遺伝、女性は両親からのハゲ遺伝子の継承が行われます。ハゲ遺伝子は隔世遺伝で行われるので、祖父と祖母の毛髪環境を知ることで自分がハゲやすいかどうかを確認することが出来ます。

ハゲてしまう原因の多くが遺伝とされていて、この遺伝では男性ホルモンの受容体の結合のしやすさ、感度、強力な男性ホルモンDHTの発生のしやすい体質、α5リアクターゼ酵素との結合のしやすさなどの性質が遺伝されてしまうことでハゲが引き起こりやすくなります。

男性の場合は特に母方の祖父からの影響を受け易いのでどの様な頭髪環境なのかを確認して対策をしていきましょう。

また、遺伝子レベルでなく生活レベルでの遺伝でもハゲにつながってしまうことがあります。お酒が好きな性格やタバコを好きな性格、夜型、肥満、食生活などが似てしまうことで、その生活環境の影響で父親や母親と毛髪環境が似てしまう可能性もあります。

ストレス

ストレス社会が増幅していると言われている日本では特に増加しつつある原因の一つでもあります。ストレスが蓄積されてしまうと、頭皮の血行が悪くなったり、体の代謝が低下してしまったり、過剰に皮脂が分泌されてしまうなどの問題が引き起こり抜け毛に繋がってしまう事があります。

精神的ストレスの影響でも自律神経が乱れて、体の機能が正常に働かず誤作動を起こしてしまったり、栄養をしっかり吸収できない問題などが影響を及ぼし、髪の毛に現れることがあります。

特に真面目な性格の人や、責任感の強い人がこの問題につながりやすい傾向があります。

頭皮環境の問題

頭皮環境が悪くなっていることで髪の毛が正常に育たなくなり、抜け毛が増えることで薄毛につながりやすくなります。この問題は頭皮環境を良くすることで再び髪の毛を正常に生やすことが目指せるので比較的対策しやすい原因になります。

特にフケの多い人や、皮脂の分泌が過剰な人、乾燥肌の人、シャンプーをしっかり洗い流せていない人、敏感肌の人などが頭皮に湿疹や赤らみ、痒みなどの問題を引き起こし、抜け毛に繋がるケースが多くなっています。

頭皮に発生する危険性の高い症状としては、脂漏性皮膚炎や粃糠性皮膚炎などの症状があります。これらの問題が発生している場合はまずは頭皮の環境を正常に戻すことが重要になります。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの影響でも髪の毛が薄毛になってしまうことがあります。単純に女性の体の中にも男性ホルモンは存在しています。なので、女性ホルモンのバランスを大きく崩し、男性ホルモンんの影響が強くなることで女性男性型脱毛症(FAGA)と言ってDHTの影響で髪の毛が薄くなってしまうことがあります。

その他にも、分娩後脱毛症、産後脱毛症などの脱毛が発生してしまうことがあります。これは妊娠中に女性の体内の女性ホルモン(エストロゲン)の量が通常の100倍近くまで上昇している状態から出産後に元の状態に戻ってしまうことでエストロゲンの働きが一時的に低下し、髪の毛が抜けてしまいます。

女でいホルモンのエストロゲンには髪の毛の成長期を長くし、コシ、ハリ、しなやかな髪の毛を成長させる性質を持っています。この働きが100倍から通常の状態に戻ることで髪の毛が一気に成長期を止めて薄毛につながってしまうのです。

しかしこの場合も通常は1年ほどで回復していきますので深く悩みすぎない事が重要です。

シャンプーの影響

一説では近年髪の毛が薄毛で悩む人が増えているのはシャンプーの影響による問題であるという意見もあります。その根拠はシャンプーが到来してきた1955年から薄毛の人口が上昇を続けていることと、街で見かけるホームレスなどシャンプーで髪の毛を洗っていないであろう人が軒並みハゲていないことが大きな根拠として提唱されています。

確かに昔のシャンプーは今のシャンプーに比べ成分も粗悪で洗浄成分は軒並み強く現代でもその流れを残しているシャンプーは多く存在しています。強すぎる洗浄成分は髪の毛を生やすために重要な役割をしている毛母細胞や毛乳頭と言った毛根の中にまで浸透し、それらの細胞を傷つけてしまう界面活性剤が使用されています。高級アルコール系の洗浄成分が特にそれに当たります。

高級アルコール系の商品は大量生産が可能で、長期保存にも向いているので安価で流通できる事や香りが良い、泡立ちが良いというメリットはありますが、髪の毛や頭皮に対してはいいことばかりではありません。

一度傷ついてしまった毛母細胞は元には戻らないので、このシャンプーが原因でどんどん髪の毛が薄くなってしまう危険性は否定できません。

自己免疫疾患

円形脱毛症や突然の脱毛が引き起こっていしまう症状の原因が自己免疫疾患によるものの場合があります。自己免疫疾患として有名なものでは花粉症などに代表されるアレルギー症状があります。体の細胞が本来無害であるはずの細胞や物質に対して過剰反応を起こしてしまうことで体の皮膚や粘膜、関節などに影響が発生してしまう症状です。

これが頭皮に発生してしまうことがあります。アトピー性皮膚炎などを慢性的に持っている人に円形脱毛症などの病的な脱毛症が多く発生してしまうことから関連性が確認されています。

なので自己免疫力を正常にすることがこれらの脱毛症を防ぐ治療としても有力視されています。

その他

それら上記の原因に繋がる細かい原因として以下の様なものがあります。

  • 紫外線の影響
  • 睡眠不足
  • 肥満体型
  • 夜型の生活
  • ダイエットや減量での栄養不足
  • 脂っこいもののとり過ぎ
  • 慢性的な肩こり、首の凝り
  • 誤ったシャンプー法
  • 過度なヘアケア、ヘアアレンジ(ヘアカラー・パーマなど)
  • 髪型の影響(長髪でのポニーテールなどの縛る髪型)

これらが関係して抜け毛や薄毛につながってしまうことがあります。自分に薄毛の症状が発生している場合、どの様な原因が関係していると考えられるかを明らかにして薄毛を改善していきましょう。

スポンサーリンク

シャンプーによるハゲ予防法

シャンプー

ではハゲ、薄毛の予防法について紹介していきます。まずはシャンプー編ということでシャンプーの選び方や正しいシャンプー方法などについてポイントを紹介していきいたいと思います。

ハゲ予防シャンプーの選び方

まずシャンプーを選ぶ上で見るべきポイントは

  • 洗浄成分(合成界面活性剤)
  • 自分の頭皮環境改善のために必要な成分(育毛成分・保湿成分・抗菌成分)
  • 添加物の有無

の3点でしょう。

洗浄成分は最も肌に優しいアミノ酸系洗浄成分のものを使用しましょう。特に避けたい成分は高級アルコール系洗浄成分です。アミノ酸系のものは泡立ちが若干悪く感じますが、必要最低限の洗浄成分で皮脂の落とし過ぎを防ぐので頭皮への刺激を押さえることが出来ます。

それに加えて、含有成分に抗菌や保湿、育毛成分などが含まれていると頭皮環境や髪の毛に栄養を補給でき、髪の毛の成長に繋げることが出来ます。

最後に添加物が含まれていない物を選ぶことで頭皮が湿疹や痒みなどを引き起こす問題を回避します。添加物は頭皮にトラブルを発生させやすい成分ですので含まれていないことに越したことはありません。添加物を使用するメリットとしては、簡単に好みのいい匂いを選ぶことが出来る、液の色が選択できるなど細かい製品の特徴を変化させることが出来ます。

その他のポイント

  • 値段(長期間使用し続けても生活を圧迫しないか)
  • 口コミ
  • ネットでの評価

これらを総合的にみてまずは1本を購入し、自分の頭皮に合うかどうかを判断し、長期間使用するかどうか決定しましょう。シャンプーは合う合わないがありますので、まとめ買いが安いからと言っていきなり大量購入や定期購入することはおすすめできません。

いい商品が見つかれば、まずはお試しで使用していきましょう。

ハゲを予防するシャンプー方法

ハゲを予防するシャンプー法のポイントは以下の通りです。

  • シャンプー前にブラッシングでホコリを落とす
  • シャンプーは1日1回
  • 夜寝る前に行う
  • 長時間シャンプーをしない(5分を目安に)
  • シャンプー前にお湯でしっかり汚れを落とす
  • 液剤を一箇所にベタっと付けない
  • しっかり泡を洗い流す
  • 爪を立てない
  • 指の腹で優しく行う
  • 洗浄ブラシなどを使用する場合はブラシを清潔に保つ

などのポイントがあります。全てを確実に行わなければいけないわけではなく、要点を理解してシャンプーを行う事が重要です。

特に意識して行いたいのは、シャンプーを行う回数、タイミング、シャンプー前にお湯でしっかり汚れを落とすの3点です。たまに朝にシャンプーを行う人が居ます、寝癖などが簡単に治せたり、香りが良くなるなどの効果はありますが、朝に皮脂を完全に取り除いてしまうと紫外線の影響を強く受けてしまいハゲに繋がってしまう可能性があります。

また睡眠前にシャンプーを行わないと睡眠中に菌が増殖し、頭皮があれやすくなったり髪の毛が抜けやすくなります。

シャンプー前にお湯で汚れを落とす点についてはワックスなどを使用している場合、1回のシャンプーではしっかり落とせない場合があります。そうならないようにお湯で6割近くの汚れとワックスを落としてしまうことで泡立ちも良くなり、何度もシャンプーを行わなくても良くなります。

以上の事を意識してシャンプーを行っていきましょう。

スポンサーリンク

男性ホルモンの抑制をしてハゲ予防

ライオン

若ハゲ(若年性脱毛症)や30代〜50代での薄毛(壮年性脱毛症)の予防法としてしっかり行っていきたいハゲ予防の手段を紹介します。

DHTの働きを上手く抑制して、髪の毛の抜け毛の問題を回避していきましょう。

適度な運動で抑制

運動を適度に行うことで男性ホルモンを筋肉の成長の方に回し、頭で結合する男性ホルモンの量を減らすことで結果的に薄毛の問題に繋がらないようにすることが出来ます。

有酸素運動を続けられる量で続けていくことが需要になります。無酸素運動での過度な筋力トレーニングは逆に男性ホルモンを活性化しすぎるので良くないと言う意見もありますので、有酸素運動をメインに行うと効果的でしょう。

イソフラボンを含む食材で抑制

大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしていて、働きも同じような働きでエストロゲンの働きを補ってくれます。

イソフラボンを適度に毎日飲み続けることで男性ホルモンの働きを抑えて、髪の毛のヘアサイクルを伸ばす効果が期待できます。毎日200ml程の量を飲み続けることで十分効果があります。

イソフラボンは過剰摂取での過剰症が確認されているので、飲み過ぎには注意が必要です。無調整のものと調整してあるものがありますが、無調整はそのままの状態ですこし飲みづらく、調整豆乳は砂糖などが含まれていて飲みやすくなています。更に調整のものはビタミンなども付与されているので特に糖質などを気にしない場合は調整の方を飲むとストレス無く飲み続けられるでしょう。

サプリメントの使用

DHTの働きを抑えてくれる性質を持っているサプリメントとしてノコギリヤシのサプリメントがあります。ノコギリヤシの成分はエキスなどで抽出されたものはシャンプーなどにも育毛成分として使用されることのある成分です。

インディアンにハゲなしと言われていた西部で古くから使用されていた、その地域に自生している植物で、前立腺肥大症の治療や、精力増幅などの効果もあるものになります。

ノコギリヤシは主にα5リアクターゼの酵素の働きを抑制する働きが強くあります。なので結果的にDHTの合成を抑制し、その働きを抑えることが出来ます。

亜鉛と一緒に取ることで育毛効果が高まるので、亜鉛のサプリと一緒に服用することで効果が期待できます。

ストレスを予防することで抑制する

強いストレス下で男性ホルモンの働きは更に活性化することが明らかになています。近年女性に薄毛の症状が増えていることも、競争意識の中で仕事を行うことで女性の中にある男性ホルモンが競争ストレスに影響されて活性化していることが一つの原因になっています。

なるべくストレスを溜めないような環境で過ごすことが重要でしょう。

スポンサーリンク

ストレスの発散をしてハゲを予防する

ゴリラ

ハゲに繋がってしまう可能性のあるストレスですが、どうしても仕事などが関係していると、生活の問題もあり、なかなか環境を変えられなかったりどうしても溜まってしまうストレスはあります。

なので、溜まってしまったストレスを発散する有効な方法を紹介していきます。ストレス発散をしっかりしてハゲにつながらないようにしましょう。

読書をしてストレス発散

ストレスの発散法として最も有効な方法とされるものの一つが読書と言われています。イギリスの研究チームが発表した実験で、読書によるストレス発散法でのストレスの軽減度は平均で66%にのぼり、音楽鑑賞やゲームなどを退けて最も効果の高いものと言う結果が公表されました。

短い時間でも集中して読書をすることでストレスの発散効果が高かったといいます。興味のあるジャンルであればなんでもよく、漫画などでもいいといいます。紙媒体で読むことがよる効果的とされ脳にリラックス効果をもたらします。

入浴でストレス発散

入浴効果によってストレス解消と同時に肉体的なストレスや疲労も軽減することが出来ます。格好を良くする効果もあり、肩こりや頭皮の血流の低下などの問題も同時に解消できます。

入浴剤などを使用しての入浴ではさらに高い効果が期待できます。入浴中の適度な発汗によって皮脂の分泌も代謝されデトックス効果もありますので定期的に入浴することで高い効果を得ることが出来るでしょう。

適度な運動でストレスを溜めにくい思考回路に

運動を行うことで頭皮の汗を代謝し、汚れを落としやすくする効果や、ストレス発散効果が有るとともに、運動を行うことで適度に筋肉がついて体力が増える事で精神状態が良くなる効果もあります。

実際に運動を行わない人が運動を行うようになってマインドがプラス思考になりポジティブな考え方ができるようになった、もしくはポジティブ傾向になったというデータがあります。

運動はストレスの発散が行えるとともに、ストレスが溜まりにくい精神も身につけることが出来るので、非常にストレス対策としては効果的な手段になります。

ランニングが特に有効とされているので無理のない程度の目標を設定し、運動を続けていきましょう。

タバコやお酒でのストレス発散は注意

趣向品であるタバコやお酒でもストレスの発散は可能ですが、このストレス発散法は逆に抜け毛につながってしまう問題も孕んでいますので注意が必要です。

出来れば育毛効果を高めるためには、禁煙と適度な飲酒が推奨されています。喫煙や過度な園主では大量にビタミンが消費されてしまう問題があり、髪の毛の成長や頭皮の環境改善のために必要なビタミンが失われてしまう事に繋がってしまいます。

特にタバコではビタミンC、過度な飲酒ではビタミンA,B,C,D,Eとカリウム、ナトリウム、葉酸、など沢山の栄養素が消費されてしまいます。

タバコは可能な限り数量を減らす、適度な飲酒を心がけることがストレス発散効果を再断言に高めるための手段になります。寧ろ適度な飲酒では血行の促進や精神状態の改善など有効な効果も高くありますので、飲み過ぎに注意してアルコールの恩恵を受けていきましょう。

スポンサーリンク

育毛法を学んででハゲを予防

植物

ハゲの原因となる問題を排除しながら、髪の毛をしっかり成長させる育毛方法を行っていくことも重要になります。ハリ、コシ、正常な太さの髪の毛を成長させる為の方法を知って、ハゲを予防していきましょう。

食事内容の改善

髪の毛を育てるためには髪の毛が合成に必要栄養素をしっかり食事から摂取できていることが需要になります。

髪の毛は90%がケラチンというタンパク質から生成されています。なので、タンパク質を合成するためのアミノ酸が無いと髪の毛を作る事が出来ません。

ファストフードやコンビニ弁当などの商品は、髪の毛に必要な栄養分が乏しく、また脂っこい食事やラーメンなどの食事でも栄養が不足してしまいます。これらの食事を頻繁に続いてしまわないように注意しましょう。

髪の毛を育てるために必要な栄養素はタンパク質(アミノ酸)、ビタミンB群、亜鉛になります。

髪の毛の成長をサポートする栄養素はミネラルやビタミンC、Eと言った栄養素になります。

これらの栄養素をバランスよく摂って髪の毛の成長につなげましょう。

睡眠法で育毛効果を高める

髪の毛が最も成長を行う時間帯は夜の22時から深夜2時までの時間帯です。この時間帯はゴールデンタイムと言われていて体の成長に必要不可欠な成長ホルモンが最も分泌されて髪の毛の成長や皮膚の補修などの働きを行います。

この成長ホルモンは副交感神経が働いている寝ている状態の時に分泌されるので、この時間帯に睡眠に付けていることが特に重要になります。

出来るだけ24時までの時間には就寝に付けている様にするのが良いでしょう。効果的な睡眠方法で育毛効果を高めていきましょう。

頭皮環境の改善をして育毛効果増強

頭皮環境改善は髪の毛を育てるためには欠かせない要素になります。頭皮はいわば髪の毛を成長させるための土壌です。良い土のもとでないと植物が成長しないように、頭皮環境がよくなければ髪の毛は正常に成長しないのです。

頭皮の血行促進、頭皮のコリの改善、炎症の改善、フケの発生の予防、乾燥の防止などを行って頭皮の環境を改善していく必要があります。

スポンサーリンク

頭皮環境の改善でハゲを予防

女性

頭皮環境を改善するために有効な対策方法をご紹介します。頭皮環境を良くすることで髪の毛の育毛効果を高めることが出来るので最大限に頭皮の環境を良くして育毛効果を高めていきましょう。

頭皮マッサージで頭皮の環境改善

頭皮マッサージが頭皮環境改善に有効な頭皮ケア方法になります。

頭皮のコリの解消や、血行促進、毛根に詰まっている汚れを効果的に取り出すなどの効果があります。早期に対策することで最も効果が出やすく、ハゲの進行を防ぐことに貢献します。

シャンプー中に合わせて行うことで時短が出来たり、シャンプーを行う前に短時間で行うことで汚れを落としやすくする効果などがあります。

長時間マッサージするのが良いわけではなく、短時間でもしっかり頭皮の皮膚を動かしながらマッサージすることが重要になります。特に薄毛が進行してくると予測される場所を重点的に意識しつつ頭皮全体の血行を良くするようにマッサージを行いましょう。

程よい強さで3〜5分程度を目安に行うことが効果的です。

保湿を行って頭皮環境を改善

保湿成分が付与されているシャンプーや育毛剤、オイルやローションなどを使用してしっかり保湿して頭皮の環境を改善しましょう。特に乾燥肌の人は、刺激の強いシャンプーからの皮脂の落とし過ぎにより乾燥が更に悪化しやすく、それが原因でフケや傷が発生し、菌が炎症を引き起こしやすくなります。

乾燥肌の人はシャンプーの選び直しは必須ですので、自分の頭皮にあった商品を選択するようにしましょう。

抗菌成分で頭皮の炎症を改善

頭皮に既に炎症が時発生している場合は、菌による炎症の可能性が高いでしょう。頭皮の赤らみや出来物などが出来ている場合は、抗菌シャンプーを使用して炎症を収束させていきましょう。

抗菌成分のシャンプーは症状が治まれば使用を中止しても構いません。なので沢山の量がある商品を買わなくてもいいでしょう。保存期間の問題で長期間保持している事はあまりよくないので、使い切れる分を購入するか、1本を使い切ってしまってから普段使いのシャンプーに戻すといいでしょう。

帽子や寝具を清潔にして頭皮の状態を保つ

帽子や寝具など頻繁に使用するもので、ムレや汗による汚れが付着して菌が発生しているものを使用していると雑菌が多く発生している状態が続き、その菌が頭皮に移って感染症や炎症などが引き起こりやすくなります。

帽子や枕カバーなどは定期的に洗浄し、頭皮トラブルが引き起こる可能性を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

発毛法を知ってハゲを予防する

水やり

ハゲを改善する上で最も必要なことが発毛による頭髪の改善です。育毛は髪の毛を育てる方法になりますが、発毛はまだ生えていない毛根から髪の毛を生やせるための方法になります。

既にハゲが進行してしまっている場合も早めに対策すれば手遅れにならずに、髪の毛を復活できる可能性が残っています。諦めずに発毛法を試して髪の毛を再び生やしていきましょう。

ブラッシングによる発毛促進

唯一薬品を使わずとも発毛を促せる方法になります。頭皮に適度な刺激を加えて頭皮の細胞を活性化させ髪の毛が再び生えるように促します。

現在では沢山の種類のブラシが販売されていますが、特に有効とされているのが昔ながらの天然獣毛ブラシを使用したブラッシングです。頭皮への刺激の効果はもちろん、獣毛ブラシ特有の効果として獣毛に染み込んでいる油分が髪の毛に染み込み、静電気の発生の防止や、髪の毛の痛みの軽減効果も期待できます。

ブラシを使って頭皮を軽く叩いたり、頭皮に軽く触れるくらいの力で髪の毛をとくことで発毛効果と血行促進効果を促進します。

発毛薬ミノキシジル

飲んで服用するタイプの薬のミノキシジルという薬品に発毛効果があることで、AGA治療薬として使用されている物があります。

元々は心臓病の薬で、血圧を下げるために開発された薬でその副作用に多毛症になってしまう症状が合ったことから、これが発毛薬として使用されるようになりました。

しかしこの薬には副作用があり、性欲減退や肝機能低下などの危険な副作用があります。なので若い世代や特に女性は使用が推奨されていません。

個人輸入などでネットで購入も出来ますが、しっかりクリニックへ通って説明を受けてから使用するようにしましょう。

ミノキシジル外用薬を使用して発毛

外用薬タイプの育毛剤にミノキシジルが含まれている商品があります。外用薬では頭皮から体内に成分が吸収される事は少ないので、副作用が少ないものになります。

有名な日本製の商品ではリアップがありますが、こちらも使用には細心の中が必要な発毛剤になります。育毛剤に比べて発毛剤と名の付くものは効果が非常に高く、髪の毛の増毛を実感しやすい商品になりますが、全く副作用の危険性が無いわけではありません。

使用方法を誤ると、リバウンドで中止した瞬間に抜け毛が増えてしまう危険性もあります。特に若い世代では自己能力での髪の毛の自生が可能な段階ですので、出来れば若い内はこれらの商品に頼らず自分のちからで髪の毛を生やしていったほうがいいでしょう。

また商品価格も安くないので経済的にも無理をせずに可能な範囲で発毛活動を行っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハゲを予防するために有効なハゲ対策、薄毛対策の方法について紹介していきました。特に若ハゲで症状が差し迫っていない段階からのハゲ予防は非常に効果が出やすく、有効な方法になります。

ハゲの初期の現れ方などの傾向も知って早期にハゲ予防法を始めていきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

AGAを早期発見して進行を食い止める!簡単セルフチェック方法を紹介!【初期症状・対策法・治療法】

つむじハゲの初期症状を紹介!早期対策でつむじハゲの進行を食い止めよう【原因と対策法】

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク