はげてしまう危険性のある筋トレの方法は?ハゲに有効な有酸素運動について紹介!

筋トレをするとハゲるという噂を聞いたことがありますか。筋トレをするとマッチョになるだけでなく男性ホルモンが増加することが知られています。男性に多いハゲと男性ホルモンには関係性があるため、この噂は確かなようです。

しかし筋トレによってハゲが改善されるという説もあるそうです。筋トレをしている男性にとって気になる問題ですね。筋トレは本当にハゲの原因になるのでしょうか。筋トレをしてもハゲない方法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

筋トレでハゲる原因とは

鉄棒男性

筋トレをするとモテホルモンである男性ホルモンが増えるそうです。しかしその男性ホルモンによって頭がハゲてしまったらショックですよね。筋トレがハゲの原因になるという噂は本当なのでしょうか。筋トレでハゲると言われる根拠について確認していきましょう。

ハゲ・脱毛症の種類と原因

ハゲ、薄毛と一括りにされることが多いですが、脱毛症にはいろいろな種類があります。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが原因で起きる脱毛症です。生え際のM字からハゲてきたり、頭頂部からハゲてくる場合もあります。

若年性脱毛症は若い人にも起きる脱毛症全般を指し、男性ホルモンが原因かもしれないし、ストレスが原因になることもあります。

びまん性脱毛症は主に女性に起こりやすい脱毛症で、頭部全体が薄くなっていく脱毛症です。女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因とされています。

円形脱毛症は自己免疫機能不全が原因で、頭部に円形の脱毛ができる症状です。

男性ホルモンと男性型脱毛症の関係

男性ホルモンのほとんどはテストステロンというホルモンです。テストステロンは男性らしい骨格を作るホルモンで、モテホルモンとも呼ばれ、男性型脱毛症とは直接関係ありません。

しかしテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結合してジヒドロテストステロンというホルモンに変成すると、髪の毛にとっては悪玉男性ホルモンとなり、抜け毛を増加しハゲの進行を促進してしまいます。

筋トレと男性ホルモンの関係

スポーツジムでマッチョな体をキープするために筋トレをしている人も多くいることでしょう。筋トレは筋肉量を増やすだけでなく、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やすこともわかっています。

テストステロンは男性らしい骨格を作る、脂肪をつきにくくして生活習慣病の予防になる、記憶力・集中力を上げる、など身体的にも精神的にも良い効果があります。ジムや家庭で筋トレをすることはマッチョな体を作るだけでなく、精神面でも良い効果があるということになります。

しかしテストステロンの過剰分泌が、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンの生成量を増加させてしまったどうなるでしょう。ジヒドロテストステロンが増えてしまったら、ハゲや薄毛になる可能性が高くなります。筋トレとハゲや薄毛との関係性は確かにありそうです。

男性ホルモンとハゲの研究

男性ホルモンとハゲの関係について、1950年代にアメリカのハミルトン博士が研究結果を報告しました。

ハミルトン博士の研究によると、思春期になる前に去勢した男性は一生ハゲることがなかったということ、また薄毛の男性が去勢したら、ハゲの進行が止まったということです。

さらに去勢した男性にテストステロンを注射したらハゲの進行がまた始まったそうですが、もともと薄毛でない、去勢した男性にテストステロンを注射しても変化はなかったこともわかっています。

これらの研究・実験の結果から、テストステロンはハゲとの関係性はあるけれど、テストステロンが増加してハゲる体質とハゲない体質の人がいることも示唆されました。つまり筋トレでテストステロンが増えても、ハゲる人とそうでない人がいるということです。

AGA体質の人は筋トレでハゲやすい

研究結果からも、筋トレでハゲやすい「AGA体質」の人がいる可能性が考えられます。どのような人が筋トレでハゲやすいかというと、5αリダクターゼが多い人、悪性男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい人と考えられます。

5αリダクターゼやジヒドロテストステロンの影響の受けやすさは、ハゲ・薄毛になりやすい遺伝子を持っているかどうかに係っているそうです。ハゲ・薄毛の人が多い家系ほど、AGA体質の疑いがあるということになります。

筋トレでハゲる原因はテストステロンの増加ですが、それに加えてハゲになりやすい遺伝子を持っているかどうかが大きく関わっているようです。

栄養不足の人は筋トレでハゲやすい

髪の毛を含めた私たちの体はタンパク質でできているので、タンパク質をしっかり摂取しないと健康な髪が育たないと言われています。

筋トレをする人は筋肉に負担をかけていますので、傷ついた筋肉を修復するのに通常以上にタンパク質が消費されます。

筋肉量を増やすためにも筋トレをしている人はプロテインを摂取しますが、その摂取量が足りなくて髪への栄養が不足すると、抜け毛や薄毛を招く可能性があります。

栄養不足がびまん性脱毛症を招くこともあれば、AGAの人の症状をさらに悪くする可能性もあります。

筋トレでハゲ・薄毛を招く原因のまとめ

筋トレは男性ホルモンのテストステロンの分泌量を増加させます。AGA体質の人はテストステロンから変成したジヒドロテストステロンの影響を受け、ハゲや薄毛になることがあります。

また筋トレはタンパク質を多く消費するため、プロテインなどで消費されたタンパク質を補えないと栄養不足を起こすことがあり、薄毛や抜け毛を招く可能性があります。

前者はAGAセルフチェックを行って、自分の髪の量や質の変化はないか日頃より確認を、後者の場合は栄養不足にならないようにすることでハゲや薄毛の予防・対策ができるでしょう。

スポンサーリンク

筋トレがハゲ改善になる理由

トレーニング女性

筋トレはAGA体質や栄養不足という条件が加わると、ハゲや薄毛になる可能性があることがわかりました。しかし筋トレはハゲや薄毛の改善になるという記事もよく見かけられます。なぜ筋トレが薄毛改善につながるのでしょうか。

筋トレによる成長ホルモンの増加

成長ホルモンはその名の通り子供が大人へと成長していくのに必要なホルモンですが、成長した大人にとっても疲労回復、代謝促進作用があり、皮膚、筋肉、そして髪の毛の成長にも必要なホルモンです。

成長ホルモンが分泌されることで健やかな髪が育つと言われていますが、質の良い睡眠、筋トレ、有酸素運動などで成長ホルモンの分泌が増加すると言われています。

筋トレによるストレス解消効果

ストレスはホルモンバランスを乱したり、自律神経に影響を与えて眠りが浅くなったり、血流を悪くする作用があります。いずれも髪の成長に悪い影響を与えます。

筋トレには血流を良くして筋肉をほぐし、リラックス効果があります。また身体を動かすことでストレスの原因となることを一時的に忘れられることもできます。

スポンサーリンク

筋トレでハゲないための生活習慣対策法

ジョギング

筋トレの髪への良い作用、悪い作用を確認したら、ハゲや薄毛を招かないような生活習慣を実践し、筋トレで体を鍛えながら髪の健康も維持できるようにしましょう。髪の健康のためには食事面、生活面でどのような対策をしたら良いでしょうか。

栄養バランスの良い食事

髪の健康のためにはタンパク質、ビタミン、ミネラルもバランス良く摂取するのが良いとされています。髪はタンパク質でできていますが、体内でケラチンが合成される時にビタミンやミネラルの助けも必要だからです。

特に筋トレをしている人は、摂取したタンパク質が傷ついた筋肉の修復に消費される量が多いので、タンパク質不足にならないよう注意しなければいけません。普通の食事以外にもプロテインで不足しがちなタンパク質を摂取する必要があります。

プロテインの摂取

プロテインには牛乳や卵などから作られる動物性プロテインと、大豆から作られる植物性プロテインがあります。筋肉をつけるために筋トレをしている人は動物性プロテインがおすすめです。

プロテインは基本的にはタンパク質(アミノ酸)ですが、中にはビタミンやミネラルなどの栄養も含まれたプロテインもあります。

薄毛対策もしながら筋肉もつけたいという人には、AGAプロテインというプロテインもあります。タンパク質を主成分にAGAに効果があるとされる成分を配合したプロテインです。

AGAプロテインには5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える作用があると言われるノコギリヤシ、コラーゲンの生成を促進する成分、抗菌・抗炎症作用のある成分などが配合されています。

成人男性ならだれでも髪の量は年々減っていきやすく、AGAでなくとも多少は気にしている人も少なくないでしょう。薄毛予防・対策の期待ができるプロテインなら気軽に摂取してみても良いかもしれません。

育毛サプリ

上述のノコギリヤシ以外にもイソフラボン、ミレットエキス、亜鉛サプリなども、育毛効果のあるサプリメントです。ノコギリヤシや亜鉛などの育毛成分の他にも、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど髪の毛に良い成分を凝縮したマルチ育毛サプリメントも人気です。

男性におおすすめの育毛サプリ比較ランキングでは、イクオスサプリEX、チャップアップサプリなどノコギリヤシを使った育毛サプリ以外にも、ノコギリヤシ以上の効果があるとされるバナナ抽出物が配合されているモサインなども紹介されています。

有酸素運動

ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動には、血流を良くする作用があります。血行が良くなることで栄養が体のすみずみまで行き渡りやすくなり、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化され、髪の成長を促すことが期待できます。

さらに有酸素運動は運動の仕方によって成長ホルモンを分泌させる作用もあるそうです。アメリカのシラキュース大学の研究によると、有酸素運動を1日30分3回行うと、成長ホルモンの分泌が1.6倍増えたそうです。

またバージニア大学の研究では1日30分の有酸素運動を行った場合と、1日10分の有酸素運動を3回行った場合を比較したところ、1日10分の有酸素運動を3回行う方が成長ホルモンの分泌量が大きく増加したそうです。

運動している時間はどちらも同じ30分ですが、成長ホルモンの分泌という点では分けて運動をした方が効果的という結果になりました。また有酸素運動を1年続けることで、成長ホルモンの分泌量が2倍以上になることもわかったそうです。

疲労が蓄積するような有酸素運動は身体に負担をかけてしまいますが、適度な運動を分けて、かつ継続して行うことで、成長ホルモンの分泌が活発になり、髪の健康も期待できそうです。

スポンサーリンク

筋トレでのハゲ対策に育毛ケア

ダンベル

抜け毛・薄毛予防に育毛剤や育毛シャンプーの使用もおすすめです。最近髪に元気がない、フケやカユミがあるという人は頭皮からのケアも有効です。育毛剤の効果、使い方、マッサージの方法についても説明します。

育毛剤の効果

一般的な薬用の育毛剤は、抜け毛予防、薄毛予防、育毛、育毛促進、発毛促進などの効能・効果があります。発毛、つまりハゲて生えなくなってきたところに髪が生えてくるような効果まではありません。

医薬品の育毛剤(発毛剤)ならAGAの進行予防、頭頂部の発毛効果も期待できますが、一般的な育毛剤のように気軽に使えるものではないので注意してください。

育毛剤の商品によって特に効果を発揮する成分が異なりますが、血行促進成分、頭皮環境を整える成分、5αリダクターゼの作用を抑える成分、抗菌・抗炎症作用のある成分などが配合されています。

育毛剤の使用方法

一般的な男性用育毛剤は成分が浸透するよう、シャンプー後の清潔な頭皮に使用します。髪を乾かしてから育毛剤を塗布してマッサージします。

育毛剤は朝と夜の1日2回使用するものが多いです。朝使う場合はスタイリング剤をつける前に使用しましょう。

育毛シャンプーでの育毛ケア法

洗浄成分の高いシャンプーや刺激を感じるようなシャンプーは、頭皮の皮脂を奪いすぎて乾燥させたり、頭皮トラブルの原因になる可能性があります。肌に優しいもの、洗浄成分がマイルドなものなど、頭皮の状態に合わせて使用するようにしましょう。

髪のボリューム、ハリ・コシがなくなってきたのが気になるという人は、育毛成分の配合された育毛シャンプーもおすすめです。育毛シャンプーで髪を洗うと髪にハリやコシ、ボリュームが出やすい仕上がりになっています。

脂性肌の人はクレンジングシャンプーの使用もおすすめです。プレシャンプーとして使うことで頭皮の毛穴に残っている皮脂、汚れが落ちやすくなります。

頭皮マッサージでの育毛法

育毛剤の後に頭皮マッサージをすることで頭皮の血流を良くする効果があります。両手を耳の上に置いて、親指を固定して残り4本の指で頭皮を動かすようにマッサージ、少しずつマッサージする場所を上にずらしていきます。額の生え際、後頭部も同様にマッサージします。

スポンサーリンク

ハゲの進行を止めるにはAGA治療

クリニックカルテ

AGAがすでに進行している場合は、育毛剤や生活習慣の改善だけでは食い止めるのが難しいでしょう。クリニックで治療をして、改善させることも可能なようです。AGA治療はどこで診てもらえば良いのでしょうか。治療にはどのような薬が使われるのでしょうか。

治療はAGAクリニックで

AGA治療には専門のクリニックがおすすめです。AGAスキンクリニック、ヘアメディカルなどが有名です。一般的には治療薬、育毛メソセラピー、自毛植毛などの治療法がありますが、クリニックによって対応している治療法が異なるので事前に確認しましょう。

自分はAGA治療が必要か、どんな治療法が合っているのかなど相談できる、無料カウンセリングのあるAGA専門クリニックもあります。治療法によって高い費用がかかることもあります、無料カウンセリングを利用して治療開始前に不明な点を事前に確認しておきましょう。

AGA治療薬と初期脱毛

AGA対策には5αリダクターゼを抑制してAGAの進行を抑えるプロペシア(フィナステリド)などの内服薬、発毛効果のあるミノキシジルローションなどが治療薬として処方されます。

治療薬の効果が現われて、新しい髪が発毛するために、一時的にひどい抜け毛が起きることがあります。治療初期の脱毛の症状を初期脱毛と言いますが、初期脱毛の後は普通髪が生えてきます。抜け毛が増えてしまっても薬を中止しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ストレッチしている男性

筋トレはテストステロンを増加させるため、AGAになりやすい体質の人はジヒドロテストステロンが生成されやすく、またその影響を受けるためハゲやすいと言われています。筋トレはタンパク質が体内で消費されやすいため、栄養不足によって抜け毛・薄毛になる可能性もあります。

成長ホルモンが分泌されると髪の健康を促しますが、睡眠、そして筋トレにも分泌量を増加させる効果があります。必ずしも筋トレをするとハゲるとか、髪の成長に悪いというわけではないそうです。

ハゲや薄毛になるのではないかと心配な人は、日頃から栄養バランスの良い食生活を心がけ、プロテインや育毛サプリ、育毛剤や育毛シャンプーの使用するのもおすすめです。すでにハゲの進行が始まっている人はクリニックで相談、治療を検討してみましょう。

関連記事として合わせて参考にしてみてください。

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】