はげを回復する方法はあるか?AGAによるM字ハゲやつむじハゲの薄毛を回復させる方法を紹介!

最近生え際が後退したかも、つむじが薄くなってきたかも、このままはげたらどうしようと悩んでいる男性は、若い人でも少なくないのではないでしょうか。特に遺伝によるはげは避けられないとあきらめられがちです。

しかしはげを回復する対策方法を実践すれば、症状の改善も望めるそうです。はげを回復するにはどのような方法がかるのでしょうか。はげの原因を確認しつつ、日頃の生活習慣や育毛対策、治療法などの回復方法を詳しくご説明します。

スポンサーリンク

はげの原因は?回復は可能?

メガネ男性

なぜ男性は若くても髪が薄くなる人が多いのでしょう。ハゲは遺伝するとよく言われますが、本当なのでしょうか。いわゆるM字ハゲやつむじハゲなどのハゲの原因とは何なのでしょうか。またハゲの回復は可能なのでしょうか。

男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが直接の原因で起きる進行性の脱毛症です。ちょっとおでこが広いかなと思っていたら、何年か時間をかけて髪がじわじわと後退していくということは、男性の場合よくあることでしょう。

大抵は中高年と言われる年齢になって髪が薄くなることが多いですが、若い人でも若年性のAGAになることがあります。20歳で毛髪量はピークになるそうですが、20代の人でも髪が薄くなるのは珍しいことではありません。

AGAでは頭髪全体がいきなり薄くなるのではなく、前頭部から薄くなったり頭頂部から薄くなったり、また両方同時に薄くなっていくなど、いくつかタイプがあります。

生え際に剃り込みが入るように、M字の形に髪が後退していくM字ハゲ、つむじ部分、頭頂部付近からハゲていくつむじハゲ、O字ハゲがあります。他にも側頭部のみ残し、前頭部から頭頂部までハゲていくA字ハゲ(U字ハゲ)もあります。

薄毛に悩む男性のための情報サイトで有名なハゲラボさん、ハゲケンさんなどを見ると、しょっちゅうM字ハゲや頭頂部のハゲについて特集されています。

周囲からはハゲているとはわからないけれど、前髪を上げると生え際が左右M字に後退している隠れM字ハゲに悩む若い男性も少なくないようです。

男性ホルモンDHT

男性型脱毛症は男性ホルモンの一種であるDHTが毛乳頭細胞の受容体と結びつくことで発症します。脱毛ホルモンDHTは、テストステロンという男性ホルモンが、毛乳頭内にある5αリダクターゼと結びつくことで作られます。

私たちの髪の毛は、毛乳頭から栄養を受け取った毛母細胞が分裂することで作られます。しかしテストステロンが脱毛ホルモンになって、毛乳頭の受容体と結びつくと毛母細胞の分裂が阻害され、髪が十分成長しないまま抜け毛が増えて髪が薄くなっていきます。

特に頭頂部や生え際には5αリダクターゼが多いと言われ、抜け毛・薄毛が進行しやすいようです。

遺伝

若くからハゲる人もいれば、高齢になっても髪が多い人もいます。脱毛ホルモンができやすい体質、5αリダクターゼの数も関係しているとも言われていますが、いずれも遺伝的要因が深く関わっているようです。

特に母方の祖父がハゲだったという人は、はげやすい遺伝子をももらっている可能性が高いそうです。父方の祖父が関わっている場合もあります。

生活習慣

若いうちは大丈夫でも、日頃の不摂生が脱毛ホルモンを増やしたり、はげやすい体質を作る可能性があります。

食生活では栄養に偏りがあったり動物性脂肪を多くとると、薄毛やはげになる可能性が高くなります。飲酒や喫煙も髪が作られるのに必要なアミノ酸やビタミンを破壊したり、寝不足は髪を育てる成長ホルモンの分泌を不足させます。

運動不足などが原因で血行不良になるのも髪が生えにくくなる原因で、薄毛やはげになる可能性もあります。血流が悪いと毛乳頭や毛母細胞に栄養が行き渡らないからです。

またハゲを回復するのに有効な治療方法をとっていても、ハゲを招きやすい生活習慣が改善されていなければ、治療効果が現われにくくなります。

今はハゲや薄毛の症状に悩まされていなくても、ハゲやすい生活習慣を続けていると将来後悔することになるかもしれません。30代男性では10人に1人がAGAになる可能性があるそう、遺伝子は変えられませんがせめて生活習慣は変えていきましょう。

ストレス

ストレスによって男性ホルモンの分泌が増えると言われ、脱毛ホルモンの増加とも関わるのではないかとも言われているそうです。ストレスは血流を悪くすることで髪の成長を阻害し、体の正常な働きを乱すことでも円形脱毛症などの脱毛症を引き起こすことがあります。

ハゲは回復できるのか?

ハゲを回復することはできるのかという質問への回答は、症状によっては必ずとは言い切れませんが、回復することも可能と言えるでしょう。もちろん原因に合わせた対策が必要です。

Mハゲやつむじハゲでも不摂生による髪の栄養不足が原因であれば、生活習慣を改めることでハゲの回復が期待できるでしょう。マッサージでも血行を改善して育毛を促進することが可能です。

しかし脱毛ホルモンが原因のAGAとなると、直接脱毛ホルモンに働きかけるような治療も必要です。脱毛ホルモンが生成される原因となる5αリダクターゼを薬で抑えたり、また薬によって血管を拡張し細胞を活性化することで、発毛を促進して髪を回復することも可能です。

スポンサーリンク

生活習慣ではげを回復

フィットネスタンクトップ男性

不摂生な生活がハゲの原因なら、生活習慣を改善することでハゲから回復することが可能です。治療薬や医薬品の育毛剤を使っている人も生活習慣を改善することでより治療効果が高まることが期待できます。はげを回復するのに効果的な生活習慣について見ていきましょう。

食事の改善方法

髪への栄養が不足しないように、タンパク質、ビタミン、ミネラルを取り入れた食生活を心がけましょう。具体的な食材としては肉、魚介類、卵、牛乳、大豆、大豆製品、緑黄色野菜、果物、海藻類などです。

肉や魚、卵、牛乳はたんぱく質も摂取できますが、血流を悪くするので脂質の摂り過ぎに気をつけましょう。肉は食べるけれど野菜不足という人も多いでしょう。肉や魚、大豆もバランス良く摂りつつ菜食生活を心がけるのがおすすめです。

極端な菜食生活は髪の生成に必要なアミノ酸不足にもなります、体の健康にも悪い影響があるので注意しましょう。

睡眠での育毛対策方法

睡眠中は髪の成長ホルモンが分泌されます。特に深い眠りで入眠時から1~3時間で成長ホルモンが多く分泌されるそうです。寝る直前までテレビやスマホを見ていると、夜更かしだけでなく浅い眠りを招く可能性もあるそうです。

ぐっすり眠れるよう寝る直前はリラックスした状態でいるように、睡眠不足は血流を悪くする原因にもなるので、就寝時間を決めて余計な夜更かしをせず、規則正しい生活を心がけましょう。

運動での対策方法

家庭内でもできる筋トレは、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。また適度な有酸素運動は体の血行を良くする作用があるので、体の隅々に、そして頭皮にも栄養が行き渡ることが期待できます。

ジョギングやウォーキング、水泳など体の負担にならない程度の運動を、定期的にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

マッサージではげを回復する方法

暗いうつむいている男性

マッサージで血行を良くすることで、髪に必要な栄養を毛乳頭や毛母細胞に届けやすくし、髪の健康な成長を促すことができると言われています。ハゲ対策に効果的と言われている血行を良くする頭皮マッサージや、ツボ押しマッサージの方法について説明します。

頭皮マッサージの方法

頭皮をマッサージすることで血流を良くし、髪に必要な栄養がを頭皮に行き渡りやすくする効果があります。自分でも簡単にできるマッサージ法を紹介します。

  • まず頭を両手でつかみます。親指は耳の後ろ、4本の指は耳の上に置きます。
  • 指の腹を使って頭皮を円を描くように、前後左右に揺らすように動かします。
  • 少しずつマッサージする場所を頭頂部に向かって、上の方にずらしていきます。
  • 後頭部やおでこの生え際も、同様にマッサージします。

誤ったマッサージ法(力を入れ過ぎたり、頭皮をたたくなど)は逆効果なので注意しましょう。3分もあればできるので、毎日の習慣にするのもおすすめです。

ツボ押しマッサージの方法

年齢とともに頭皮も老化します。頭皮の血流を良くするツボ押しマッサージをすることで、肌の弾力を高める効果もあるそうです。

特に抜け毛・薄毛に効果があると言われているツボは頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)、首の後ろの生え際にあるくぼみから、指3本分外側にある風池(ふうち)、風池より内側のくぼみ両側にある天柱(てんちゅう)などがあります。

血流を良くして抜け毛予防、肩凝りや疲労の解消、また自律神経を整える作用もあります。

  • ツボに指を置いたら息を吸って、次に息を吐きながら指でツボを3秒押します。
  • ツボから指を離して、息を3秒吸います。
  • 再び息を吐きながらツボを3秒押します。

3秒ツボを押したり離したりを繰り返します。風池や天柱は頭皮に対して垂直に押すより、親指で下から押し上げるようにするとやりやすいです。

スポンサーリンク

育毛剤や育毛シャンプーではげを回復する方法

シャワー男性

より健康な髪を育てるために、頭皮のケアで育毛環境を整えることも重要とされています。育毛剤には血行を促進して頭皮をケアする成分が入っており、育毛・発毛促進作用があります。育毛剤やシャンプーでのケア方法についても見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤での対策は、家でもできる手軽な育毛方法として人気です。一般的な薬用育毛剤は育毛有効成分やその他の育毛成分が配合されています。育毛剤によって成分の種類や数が異なります。育毛に有効な成分の質が良いこと、無添加であることも選ぶポイントと言われています。

血行を促進することで育毛を促進、抗菌・抗炎症作用によりふけやかゆみを防ぎ、保湿成分で乾燥を抑えることでふけを予防、弾力のある頭皮になることで血流を良くする効果もあると言われています。

炎症ができやすいような頭皮の状態だと、抜け毛や薄毛にもつながります。育毛剤で頭皮環境を整えることも、髪の健康な成長につながります。

M字ハゲ専用の育毛剤

M字ハゲは一般的に改善されにくいと言われています。その理由として生え際の血流が特に悪いこと、脱毛ホルモンの影響を受けやすいともされています。

育毛剤で生え際の薄毛を改善するのは難しいと言われていますが、M字専用の育毛剤「薬用ブランテル」という育毛剤もあります。薬局などでは販売されていない育毛剤で、公式サイトのページから購入が可能です。

M字を克服した男性に支持されている育毛剤ということですので、M字ハゲ対策に期待のできる育毛剤と言われています。

ミノキシジル配合の育毛剤(発毛剤)

質の良い育毛剤も数多く出ていますが、AGAが進行中という状態だと育毛剤では食い止めるほどの力がありません。より高い育毛効果・発毛効果を望むのであれば、一般的な育毛剤より医薬品のミノキシジル配合の育毛剤(発毛剤)を使用するのがおすすめです。

ただしミノキシジルは頭頂部には効果が現われやすいですが、M字部分には効果が薄いです。濃度の高いもの、または内服薬と併用することで効果があるようです。

気をつける点は高血圧、低血圧の人、心臓や腎臓に障害のある人、未成年や高齢者の人は使えません。副作用もあるので使用上の注意を守って使用する必要があります。

ミノキシジル育毛剤では頭皮のかゆみ、炎症を起こすケースもあり、シャンプー剤は肌に優しいものがおすすめされています。低刺激や無添加のものを使用し、シャンプーする時も頭皮を傷つけないよう注意しましょう。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは血行を促進する育毛成分も入っていて、かつ頭皮環境も整えてくれます。使用すると髪のボリュームがアップするものが多いので、薄毛に悩む人に使いやすいシャンプーでしょう。育毛剤の効果を高めるために、育毛剤との併用もおすすめされています。

シャンプーの方法

基本的なシャンプーの方法を守り、頭皮環境を整えることで、育毛効果を高めましょう。

  • シャンプー前、乾いた髪の状態でブラッシングをします。シャンプー前オイルでマッサージをすると毛穴に詰まった汚れや皮脂も落としやすくなります。
  • お湯で髪と頭皮を洗います。
  • シャンプーを手のひらにとり、泡立てます。
  • 泡立てたシャンプーで頭部をマッサージするように洗います。指の腹を使って、爪を立てないようにしましょう。
  • 最後シャンプー剤が残らないようしっかり洗い流します。
  • リンス・コンディショナーを使う場合は頭皮につけないようにしましょう。

育毛剤を使用する場合、リンスやコンディショナーの使用はおすすめされていません。リンスやコンディショナーにより髪や頭皮がコーティングされるので、育毛剤の成分が浸透しにくくなるためです。

スポンサーリンク

AGA治療ではげを回復する方法

お金と薬

はげの原因がAGAであれば自分一人の力で改善するのは厳しく、専門家のいる医療機関での治療が良いでしょう。初期のうちにAGA治療を始めれば、人に知られる前に薄毛を早く回復させられる可能性が高いです。クリニックでどのような治療法があるのか、確認してみましょう。

治療方法

育毛・発毛治療の方法には治療薬、育毛メソセラピー、レーザー治療、自毛植毛などの方法があります。初期であれば薬のみ回復する人も多いようです。自毛植毛は薬のみで改善するのが難しいM字ハゲの人におすすめされることが多いようです。

AGA治療薬

AGAクリニックの薄毛治療でよく処方される内服薬はプロペシア(フィナステリド)です。AGAの原因である脱毛ホルモンDHTの生成を抑えることで、AGAの進行を抑える効果があります。内服薬に発毛効果のあるミノキシジルが使われることもあります。

外用薬(育毛剤)には発毛効果のあるミノキシジルローションやフォームが使われます。内服薬と外用薬を併用することでより効果があるとされています。

自毛植毛

プロペシアもミノキシジルも頭頂部のはげには効果が高いのですが、生え際の回復は薬のみでは難しいとされています。

自毛植毛は自分の毛包を薄くなっている部分に移植する方法で、M字ハゲ治療に効果的な治療法と言われています。手術事例の画像がクリニックのサイトでも紹介されているので参考にしてみると良いでしょう。植毛は治療薬での治療より高額になります。

スポンサーリンク

まとめ

マイク男性

男性のはげの原因は男性型脱毛症(AGA)であることが多いです。男性型脱毛症は進行性の脱毛症で、生え際のM字やつむじ・頭頂部付近などから髪が薄くなっていきます。

男性型脱毛症の直接の原因はDHTという男性ホルモンです。男性型脱毛症は遺伝の要因が大きいですが、栄養不足や不摂生な生活がはげ・薄毛の原因になることもあります。

しかしはげ・薄毛の症状が現れても、適切な対策方法で回復も可能です。

生活習慣が原因の場合は栄養バランスの良い健康的な食生活、規則正しい生活を心がけることで、髪の毛の回復が期待できます。また頭皮マッサージやツボ押しをするのも育毛に効果的とされています。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えながら、育毛剤を使用するのもおすすめです。育毛剤では効果が現われない場合、AGAの進行が始まっていると考えられる場合はクリニックでの治療がより確実です。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

AGAの薄毛に豆乳が効果的と言うのは本当か?豆乳がもたらす育毛効果について紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク