ハゲによく効くシャンプーとは?髪の毛と頭皮に良いシャンプーを紹介!

ハゲ・薄毛の悩みを抱えだした時にまず見直すことというのがシャンプーだと思います。他にも生活習慣や食生活、睡眠時間など改善すべき点はたくさんありますが、シャンプーを変えて症状を改善しようと思う人は多いのではないでしょうか?

実際に近年薄毛業界の市場が拡大してきている昨今、育毛や頭皮のためのシャンプー商品というのは増えてきています。

シャンプーを変えることで育毛効果を感じることを期待することも出来るでしょう。髪の毛が生えるだけでなく、髪の毛にコシが生まれたり、髪の毛の太さがしっかりするようになることで効果を実感する人も多いでしょう。

しかし、逆に市場に沢山のシャンプーが存在していることでどの商品をどのように選択すれば良いのかもわからなくなってきています。

ですので今日は、何を基準にシャンプーを選んだら良いのか、またシャンプー剤だけでなくシャンプー方法が原因で薄毛に繋がっている可能性もありますので、シャンプー方法などシャンプーにまつわる総合的な薄毛対策法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シャンプーに含まれている主な成分

成分

まずはシャンプーに含まれている主な成分を理解しましょう。

現在では口コミなどを見ても大きく評価が別れている商品が多く、なんの成分が自分にとって悪影響を及ぼしているのかを成分表記を見ることで判断することが重要になってきています。

口コミだけを参考にしていると失敗を多く経験することになるかもしれません。実際には企業が用意したさくらの可能性もありますので、基本的な知識は付けておきましょう。

洗浄成分

シャンプーに最も多く含まれている成分は”水”ですが、その次に多く含まれている成分がこの洗浄成分と呼ばれる成分になります。

合成界面活性剤とも呼ばれる成分で、本来混ざり合わない性質の水と脂の界面をゆるくして汚れや皮脂などの頭皮や髪の毛に付着している老廃物などを落とす効果のある成分になります。

シャンプーに含まれている洗浄成分は高級アルコール系洗浄成分、石鹸系洗浄成分、アミノ酸系洗浄成分の3つの洗浄成分に分けられます。さらに細かくすると両イオン性、非イオン性などの洗浄成分があります。

洗浄成分がどの性質の洗浄成分かを調べたい場合は、成分表記の一番最初の表記を検索すれば何系の洗浄成分なのかを判断することが出来ます。

香料・着色料・メントール

一般的にドラッグストアなどで売られている商品にはほとんどの商品に含まれている成分になります。

商品の液剤の色を鮮やかな色にしたり、いい香りにすることや、シャンプー後に爽快感を増す為に配合されている成分で商品にわかりやすく個性を持たせている成分でもあります。

天然系のシャンプーにはこれらの成分は含まれておらず、似たような効果のある天然の植物エキスなどを使用して、爽快感や香りを付与しています。

添加物

添加物はシャンプーの商品持ちを良くして長期間の保管や多量生産に適した商品を作るための防腐剤、酸化防止剤、成分を馴染ませやすくする乳化剤、液体洗浄剤の濁りを無くすための金属封鎖剤などがシャンプーに含まれている添加物になります。

これらの成分は表記では防腐剤などと書かれていることもありますが、パラベンやイソチアリノゾンなどと成分の名前で書かれている事もあります。

添加物は実際に頭皮や髪の毛を洗浄することとは関係のない成分でウノで、合成添加物が多く使用されている商品であればあるほど、シャンプーのすすぎはしっかり行ったほうが良い商品と言えます。

シリコン

最近はノンシリコンシャンプーが多く売られるようになり、大きくシールなどを貼ってノンシリコンシャンプーであることをアピールしている商品もあります。

シリコンは髪の毛をコーティングして髪の毛にツヤ・コシ・ハリを出したり、熱からのダメージを少なくする効果のある成分になります。

シリコンは成分表記にはシクロペンタシロキサン・シリカ・シラン・ジメチコノールなどと書かれている成分です。

有効成分

育毛シャンプー・ハゲ予防シャンプーには欠かせない成分でもあります。

保湿成分や抗菌・抗炎症成分や育毛成分など植物由来天然成分などで頭皮の環境を整えたり、髪の毛の質を良くするなどの効果が期待できる成分になります。

有効成分が多く含まれていればいるほど効果を期待することが出来ますが、その反面値段が高くなってしまうというマイナス要素もあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このようにシャンプーの90%は水と洗浄成分で配合されていて残りの10%ほどに有効成分・シリコン・添加物などの成分が配合されています。

スポンサーリンク

一般的に使用されているシャンプーは何が危険?

問題

ドラッグストアや薬局で購入できる商品には薄毛対策としては有効でない商品が多く見られます。薄毛対策に有効なシャンプーの多くはネットでの通信販売が80%を超えています。

安く手に入るシャンプーは何が危険なのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

刺激が強い洗浄成分を使用している

特に大物芸能人や女優などを使用しているシャンプーに多いのですが、CMや広告費に莫大なお金をかけている商品は危険だと言われています。

商品開発よりも広告にお金をかけているシャンプーはシャンプーの制作にかかってるコストが安く、特に洗浄成分が高級アルコール系洗浄成分(石油系洗浄成分)の商品であることが多いことでそのように言われています。

高級アルコール系の洗浄成分は大量生産が可能で、コストも安く抑えられます。

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naと表記されている商品がそれに該当する商品で誰もが聞いたことのあるような一般的なシャンプーの洗浄成分は軒並みこの洗浄成分を使用しています。

高級アルコール系の成分は洗浄力が強く必要以上の皮脂を除去してしまうことで、頭皮トラブルを引き起こしやすく、結果薄毛に繋がる成分となっています。

もし、頭皮の乾燥やフケ、炎症などが発生している場合にはこの成分を含んだシャンプーを使用していることが原因になっている可能性が高いでしょう。

シリコンは害?

先程も説明しましたが、シリコンは髪の毛を保護してくれる成分としてシャンプーに配合されています。その他にも指通りを良くする効果などもあり、嬉しい効果も確かに存在します。

しかしデメリットも存在するのがこの成分の特徴でもあります。具体的には以下のようなデメリットが存在します。

  • カラー剤が入りにくい
  • パーマ液が浸透しにくい
  • 頭皮までコーティングしてしまう

カラー、パーマの問題については美容師も嫌う効果でもあります。

最も薄毛に関係しているのが、最後の頭皮のコーティングについての問題です。髪の毛だけでなく頭皮までコーティングしてしまうことで有効成分が配合されていたとしても頭皮に届かず意味がなくなってしまいます。

コーティングによって保湿効果もありますが、毛穴に詰まってしまった場合には汚れなどを一緒に閉じ込めてしまい炎症や毛穴づまりを引き起こしてしまう原因にもなります。

もしシリコンの有効な効果のみを得たい場合にはリンスやコンディショナーなどにシリコンが含まれているものを使用し、頭皮には付けずに髪の毛だけに使用すると良いでしょう。

アレルギー反応を起こす成分が多く含まれている

刺激が強い洗浄成分も頭皮トラブルの問題に繋がりますが、添加物も頭皮トラブルを引き起こしやすい成分です。

市販の安い商品には無添加と書かれていても、実際には一部の添加物が無添加となっているだけで他の沢山の添加物が含まれているなどの悪質な商品も存在します。

パラベン無添加やタール色素無添加などの一部が無添加であることで無添加を名乗っている商品もありますので注意が必要です。

頭皮にアレルギー反応の湿疹やかゆみなどを発生させやす人は、この添加物が原因になっていることが多いですので、なるべく天然由来成分の物を使用するようにしましょう。

頭皮が敏感な人、薄毛が気になる人は注意

洗浄力の強い洗浄成分、添加物、シリコンなどを含んでいる市販のシャンプー。これらの成分は薄毛を気にしている人や頭皮が弱い人は使用を中止したほうが良いでしょう。

薄毛が進行してきている現状がある以上は、これらの薄毛の問題に繋がる可能性のある商品は極力使用しないほうがいいでしょう。

既に現段階で頭皮トラブルが発生している人に関しては、シャンプーを変えることで症状の回復を目指せるでしょう。

頭皮環境を良くする事に特化したシャンプーを選択してハゲを予防していきましょう。

スポンサーリンク

はげたくない人が選ぶべきシャンプー

シャンプー

ではハゲたくない、薄毛を進行させたくないと思っている人はどの様なシャンプーを選べば良いのでしょうか。

シャンプーを選ぶ際にどの部分に注目して商品を選べば良いのかを紹介します。

低刺激なシャンプー

極力頭皮への刺激が少ないシャンプーを選択することが重要です。

まず最初に気をつけたいのが洗浄成分です。最もおすすめする洗浄成分はアミノ酸系の洗浄成分の商品になります。

具体的に成分表記に書かれている記載としては

  • ココイルグルタミン酸Na
  • モノアルキルリン酸塩
  • ココイルイセチオン酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa

などココ◯◯と書かれている成分が多い特徴があります。

これらを参考にアミノ酸系の洗浄成分かどうかを見極めて商品を選んでみてください。

アミノ酸系のシャンプーのデメリットには洗浄力が穏やかなであることがありますので、皮脂の分泌が過剰な人や、ワックスなどを沢山使用する人の場合逆に汚れがしっかり落とせない場合もあります。

泡立ちも従来の商品よりも弱く感じて物足りなく思うこともあるでしょう。

その場合にはシャンプー方法を見直して、洗浄力をカバーしていきましょう。

頭皮環境を整える成分

頭皮は髪の毛を育てる土壌です。頭皮が健康的でなければ髪の毛を育てることは出来ません。

正常な毛周期(ヘアサイクル)を持った髪の毛を成長させるためには頭皮環境を整えることが最優先になります。

頭皮の環境を整える成分には主に2種類の方向性の有効成分があります。

  • 海藻エキスであったり植物エキスなど頭皮に栄養や血行促進を促すタイプのもの
  • 抗菌作用や抗炎症作用で頭皮トラブルを鎮める効果のあるもの

上記の植物エキスなどは何十種類もの成分を配合して多角的に効果を発揮する物で、抗菌抗炎症作用などに関しては数種類の医薬品成分や植物成分で的確に症状を沈めていきます。

抗炎・抗菌・抗真菌成分としては

  • ミコナゾール硝酸塩
  • ケトコナゾール
  • グリチルリチン酸2K
  • アロエエキス
  • アルテア根エキス

などがあり、血行促進や環境改善の有効成分としては

  • トウガラシエキス
  • ビタミンE誘導体
  • センブリエキス
  • ホホバオイル
  • ニンニクエキス
  • アルニカエキス

など、40種類以上もの成分を含んでいる商品もあります。

実際に気になった商品にはどの様な成分が含まれているのかを公式サイトで確認してみると良いでしょう。

保湿成分が含まれているか

頭皮環境を整える上で忘れては行けないのが保湿成分です。乾燥が頭皮環境の悪化の原因でもありますので、しっかり保湿を行う必要があります。

特に皮脂の分泌が少ない人は、皮脂での保湿効果があまり期待できないので、シャンプーでしっかりそれを補ってあげなくてはいけません。

保湿効果の高いシャンプーとしては◯◯オイルと書かれている何かしらの植物や果実の種から抽出されるオイルなどが含まれているもの、もしくは自社が独自に効果を謳っている保湿効果の高い馬油であったり、特別抽出オイルであったり、海藻から抽出したエキスなどが含まれている商品を選んでみましょう。

実際にどの保湿成分が自分に合っているかは試してみないとわからないので気になったものを購入してみましょう。

特に保湿成分を謳っていない商品でも以下の成分にも保湿効果は期待できますのでこれらの成分が含まれていないかを確認してみましょう。

  • ヘチマエキス
  • アロエエキス
  • トウキエキス
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • グリセリン

参考にしてみてください。

なるべく無添加・無着色・無香料の天然シャンプーを選ぼう

頭皮への刺激を極力抑えるために、添加物や香料など無駄な成分が含まれている商品を避けて、天然成分で配合されているシャンプーを選択していきましょう。

防腐剤などの成分でも天然成分で同様の効果で低刺激な成分は存在します。ユーカリ油や銀成分、酸化防止としてはクエン酸などが天然から摂れる成分で刺激が少ないものになります。

ですからこれらの天然成分で添加物の効果を補い構成されている商品は非常にいい商品になります。しかし値段が高くなってしまうことは覚悟しましょう。逆にこれらの成分がしっかり含まれていて値段が高い商品はしっかり構成しているから高い信頼できる商品でもあります。

最近では天然成分使用と記載されていても僅かに天然成分を使用しているだけでこの様に記載している商品もありますので、細かく成分を見ていくことが必要になっています。

公式サイトに成分表記を記載していないシャンプーはまず信用しないほうがいいでしょう。

長期間使用できるか?

シャンプーを変えたからと言って1ヶ月目にすぐに効果が現れるものではありません。育毛剤や薄毛治療薬でさえ。3ヶ月〜1年の期間の使用でようやく効果が実感できるものになります。

シャンプーも少なくとも3ヶ月〜6ヶ月は連続して使用してみないと実際にその商品が自分にとって良いのかどうかはわからないでしょう。

ですので金額的に長期購入しても無理のないもの、定期的に購入が可能なもの、香りが気に入るものなど自分に無理のない商品を購入することが重要になります。

逆に自分に合っていない場合はすぐに痒みなどが現れます。その場合にはすぐに使用を中止したほうが良いですが、無理をして高い商品に手を出して途中で使用が継続できない、という問題に陥らないようにしっかり経済状況を考慮して選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめのシャンプー商品

シャンプー

では以上のことを踏まえた上でおすすめのシャンプー商品選んでいきましょう。

いちいち探す手間を省くために幾つかの商品をリストップしました。自分に合っていると思う商品を見てみてください。

どの商品もしっかり高評価低評価両方の意見を参考にして紹介したいと思いますので、是非参考にしてみてください。

頭皮環境を整えるシャンプー

まず頭皮トラブルに見舞われている人におすすめのシャンプー商品を紹介します。

コラージュフルフルネクスト

参考価格:3240〜2800円

内容量が少ないタイプで安いものもあるみたいなので、最初はそちらで試したほうが良いかもしれません。

頭皮の炎症系の改善シャンプーとしては定番のシャンプーで刺激も少なく、適度に有効成分を配合している点でバランスのいい商品になります。

ミコナゾール硝酸塩という抗真菌成分とオクトピロックスという抗菌・抗酸化成分を含んでいるシャンプーです。

洗浄成分はベタイン系の洗浄成分で両イオン性の成分です。この成分はアミノ酸系の洗浄成分よりも刺激が弱く皮膚症状を発生させている人には有効な洗浄成分でしょう。

香りが立たず、泡立ちも悪い、価格が高い点が低評価となっている大きな要因です。シャンプー方法の改善やリンスなどとの併用での対策が必要でしょう。

ニゾラールシャンプー

参考価格:2000〜1600円

抗真菌成分が最も濃いシャンプーです。

ケトコナゾールという抗真菌成分を2%含有している非常に殺菌力の強いシャンプーで合わせて洗浄力も強い商品になります。

総合的に刺激が強いので、菌が除菌できたとしても刺激で頭皮が荒れてしまう可能性が否めません。実際に荒れてしまったというレビューは確認できませんでしたが、マイナス要素として「香りがもっとよかったら」「劇的な効果は見込めない」などの意見もありました。

しかし、脂漏性皮膚炎や頭皮のカビや頭皮水虫(しらくも)などの症状になった人が多く使用し効果も実感しています。AGAの治療と合わせて使用する人もいて、効果を実感してリピーターになるなど、頭皮トラブルを抱えている人には期待できる商品でしょう。

このシャンプーは日本では認可されていないニュージーランドの会社(ジョンソン・アンド・ジョンソン)が販売している商品ですので、現在では個人輸入サイトで購入することしか出来ません。

ですので、不安感のある人は避けたほうが良いでしょう。

メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー

参考価格:1000円前後

ミコナゾール硝酸塩、グリチルリチン酸ジカリウムを有効成分に配合したシャンプーで、洗浄成分もベタイン系とアミノ酸系の洗浄成分の合成成分でマイルドな洗浄力と抗菌成分でキレイに頭皮を洗い上げます。

価格も安く抑えられるので使用しやすい商品でもあります。

香料が含まれているので完全無添加ではありませんが、香りを気にする人にはおすすめできる商品です。しかしメントールが入っていることで折角の優しい成分の効果が台無しになってしまっている点が低評価に繋がっている背景もあります。

肌に合わなかった人からのマイナス評価がありますが、実際に効果を実感した人からはしっかり評価されているシャンプーですので、試してみる価値はあるでしょう。

低刺激なのに低価格のコスパの良いシャンプー

シャンプーにそんなにお金をかける余裕なんて無いよ!と言う人におすすめな最低限の機能を持った低価格のシャンプーを紹介します。

シャンプーを選ぶときには価格が安いだけではなく大容量であることも確認しなければいけません。1プッシュあたりの価格が安いものを紹介します。

ちなみに1プッシュは約3mlですので、内容量÷3=使用回数→値段÷使用回数=1回あたりの値段を割り出せます。

デミ ミレアムシャンプー

参考価格:4000〜2300円

内容量が800mlという大容量で1プッシュあたりが10円を切る非常に安いシャンプーになります。CMなどが打たれている市販のシャンプーよりも安いという最強コスパのシャンプーです。

洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNaの二つで、ベタイン系とアミノ酸系の合成洗浄成分で洗浄力を補いつつも低刺激なシャンプーとなっています。

さらに抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが含まれており若干の頭皮トラブルの改善効果も期待できます。

しかしメチルパラベンや香料などの添加物が含まれているのでこれらが刺激になってしまう事は考えられます。ですが大容量で長期使用することを考えればこれらの防腐剤は入っていないと逆に危険でしょう。

香りに関しては香料が入っている割には香りが良くないと言う意見もあります。

詰め替え用を使用すればもっと安い値段で使用できます。

クラシエHIMAWARI(ひまわり)シャンプー

参考価格1000円以下

1プッシュ10円以下のコスパのいい商品です。

ラウロイルサルコシンTEA、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルトレオニンNaの4種類のアミノ酸系洗浄成分で構成されており、刺激を抑えながら洗浄力を補っています。

更にノンシリコンのシャンプーですが、髪の毛に潤いやダメージ補修効果を付与するヒマワリエキスや種から抽出されるオイルなどを使用していて、保湿効果、うねりをケアしたりダメージを補修しています。

香りに関しても三段階構成で香る構造を採用していて髪の毛にいい香りを付けられます。

効果に関しては痒みが出た、頭皮のベタベタ感が残るなどのマイナス意見や、効果を実感した人の中にも独特の香りで好みでも嫌いでもないという評価をしている人も居ます。

全体的には高評価の商品ですので香りが気に入れば使用してみるのもありでしょう。

若者に人気のシャンプー

今若ハゲに悩んでいる人は多くいると思います。若ハゲの悩みはあまり人に打ち明けられませんし、ネタにして笑いに変えたとしても、影では対策をして治して行きたいですよね。

今若者からも注目を集めている商品を紹介します。

チャップアップシャンプー

参考価格:4180〜3280円

高額な商品ですが、初回購入や定期購入などで安く手に入れることができます。

基本的には公式サイトでしか購入できませんが、アマゾンなどでも割高で売られていたりもします。

チャップアップは育毛剤のほうが80種類以上の成分を配合しているとのことで有名ですが、シャンプーも出していて人気育毛剤を販売している会社からのシャンプーということで薄毛治療に有効なシャンプーとして使用されている背景があります。

洗浄成分は5種類のアミノ酸系洗浄成分、更にノンシリコンで天然成分を10種類配合していて頭皮環境を整えます。

シャンプーに使用している水にもこだわっていて浸透力の高い水を使用しています。

ネット広告やレビューサイトが非常に多いことからステマなどが噂されていますが、予測の範囲を超えません。試してみる価値はありそうですがしっかり検討してから購入しましょう。

マイナチュレシャンプー

参考価格:3180〜2704円

2007年に設立された比較的最近から販売されて人気になっているシャンプーです。女性にも使用しやすいように開発された商品で、女性向けの薄毛対策シャンプーとしては非常に知名度の高い商品でもあります。

合計30種類の成分を配合し、フケ、痒みなどの頭皮トラブルを解消し、育毛効果を高めます。香りが人気のシトラスで柑橘系の香りなので匂いに関しては気にいる人は多いでしょう。

200mlでこの価格ですので高額な商品になりますが薄毛を気にしている人にとっては女性の薄毛対策に特化したシャンプーはなかなか少ないので検討してみてもいいでしょう。

しかしこの商品もやはり個人差があり、肌に合わない人にはフケや乾燥や痒みが出たと訴えている人も居ます。いきなり定期便を購入してしまうと失敗した時に出費も手間もかさみますのでよく考えて購入しましょう。

スポンサーリンク

ハゲないためのシャンプー方法

シャンプー

シャンプー剤もハゲ防止には重要な項目になりますが、シャンプー方法も頭皮の環境を整えるためには重要です。しっかり正しい方法を覚えておいたほうが良いでしょう。

シャンプーを行う際に抑えておいたほうが良いポイントと、これだけはやってはいけないという注意点について紹介しますので、自分がしっかり正しいシャンプー方法を行えていたかどうかも確認してみましょう。

シャンプー前にブラッシング・頭皮マッサージ

シャンプーを行う前に頭皮マッサージやブラシを使用したブラッシングを行うとシャンプーの効果は上がります。ですので出来れば取り入れていきたいポイントです。

ブラッシングやマッサージを行うことで髪の毛に付着している汚れを払いシャンプー剤の泡立ちがよく出来ます。

更に頭皮の毛穴に詰まっている汚れや皮脂なども浮かすことが出来るので、合わせて洗浄効果が高まります。

シャンプー時は1日の中で最も髪の毛が抜けやすいタイミングです。髪の毛が絡まっている状態でシャンプーをすると更にこの抜け毛の量は増えますが先にブラッシングをして置くことで髪の毛の流れをまとめて抜け毛を減らす事ができます。

特に高いブラッシング効果が得られるのは獣毛ブラシを使用したブラッシングになります。髪へのダメージも抑えられ、適度な柔軟性で頭皮に最適な刺激が与えられるので血行促進効果もあります。

出来れば獣毛ブラシを購入してみてはいかがでしょうか。

シャンプー液を付ける前に湯シャンで汚れを落とす

更にシャンプーをする前にやったほうが良いのが、湯シャンで汚れを落とすことです。いきなりシャンプーをしてしまうと泡立ちが悪く、2度シャンプーをすることはありませんか?

特に整髪料を多く使用しているときや、大量に汗をかいてしまっている時は泡立ちが悪くなりやすいでしょう。

実際に湯シャンだけで6割以上の汚れや皮脂は取り除けるのでシャンプーはたまにする程度で普段は湯シャンだけで髪の毛や頭皮を洗っている昔ながらのスタイルの人も存在します。

シャワーでしっかり髪の毛の根元と頭皮にまでお湯を届けて汚れを落としていきましょう。

シャンプー中は優しく揉み込むように

先程もいいましたが、シャンプーは1日で最も髪の毛が抜けてしまうタイミングです。

20本近くはシャンプーで抜けてしまうこともあるでしょう。1日50〜100本の髪の毛が抜ける内の20本ですのでなかなか無視できない数字です。

ほとんどは成長期が過ぎている後退期や休止期の髪の毛が抜けているのでその場合は問題ありませんが、力強く洗ってしまうと成長期の髪の毛も抜けてしまう可能性もあります。

ですので出来るだけ爪を立てないようにして頭皮を揉み込むように洗浄していきましょう。

すすぎはしっかりと

髪の毛が十分に洗浄出来たらしっかりとすすぎをおこないましょう。美容院で働く美容師も、シャンプーメーカーもすすぎに時間をかけることを推奨しています。

シャンプーをしている時間と同じくらいの時間をかけ無いと、すすぎ残しが発生してトラブルに繋がる可能性があります。

洗面器で流す方法ではすすぎ残しが発生しやすいので、シャワーを使用してすすぎをしたほうが良いでしょう。

ドライヤーでしっかり乾かす

お風呂から上がったらドライヤーでしっかり乾かしていきましょう。

髪の毛と頭皮を乾かさないまま、濡れている髪の毛の状態で過ごしていると雑菌が繁殖しやすく、フケなどが発生しやすくなります。

まくらやクッションなどに頭をあずけていると更に枕などから菌が感染って来やすい問題もありますので、自然乾燥をせずになるべくドライヤーを使用して乾燥させていきましょう。

※注意点について

最後にシャンプー方法に関する注意点を紹介します。

  • 長時間シャンプーをしない
  • 1日に何度もシャンプーをしない
  • リンスなどを使用する場合はリンス液を頭皮に付けない
  • シャンプーは夜に行う
  • シャンプー剤を長期間保管しない

誤ったシャンプー方法は皮脂を過剰に落としすぎてしまって乾燥を発生させてしまったり、直接抜け毛に関係する問題に繋がってしまいます。

正しいシャンプー方法を行って頭皮環境を改善していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハゲを予防するためにはシャンプー方法の改善や使用しているシャンプーの見直しは必須の項目になります。シャンプーは昔までは髪の毛を洗うものという認識が強かったと思いますが、シャンプーは頭皮を洗うものでもあります。

正しいシャンプー方法とシャンプー商品を選択して、健やかな頭皮を手に入れて髪の毛の状態を改善していきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

薄毛の目安は?セルフチェックを行って、自分の髪を確認してみよう!

絶対にハゲを進行させたくない!ハゲ防止のために出来る対策方法まとめ

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク