はげの治療薬はプロペシアだけじゃない!AGAを改善・抑制する治療薬やサプリメントについて

男性のはげ・薄毛は男性型脱毛症(AGA)によるものが多いです。男性型脱毛症はAGA専門クリニックで男性型脱毛症の治療薬を使用することで、改善が期待できます。AGA治療薬にはミノキシジルとプロペシアがよく使用されます。

ミノキシジルやプロペシアなどの治療薬はAGAの進行の改善に効果的ですが、薬で起きる可能性のある副作用などのリスクについても、事前に確認しておき、治療薬以外のはげ・薄毛の対処法についても見てみましょう。

スポンサーリンク

男性のはげ・薄毛の原因と治療法

顔に手男性

男性型脱毛症(AGA)は中高年以上だけでなく、若い男性でも発症することのある進行性の脱毛症です。男性に多いAGAが起こる原因とは何なのでしょうか。またAGAの治療ではどのようなことが行われるのでしょうか。

男性型脱毛症

男性の髪の毛で「ハゲてきた」「後退してきた」という症状が見られるときは、男性型脱毛症(AGA)と考えられます。男性型脱毛症は男性ホルモンDHTが直接の原因で起きる脱毛症です。

ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンがヘアサイクルの成長期を短くしてしまい、髪の成長が十分でないまま抜けていく髪が増えていくことによって起きます。

AGAの進行の仕方にもいくつかタイプがありますが、生え際の剃り込みから薄くなるタイプのいわゆるM字ハゲ、頭頂部から薄くなるタイプがあります。

発症しやすさ、また症状の程度には個人差があり、遺伝の要因が大きいと考えられています。

男性ホルモン

男性型脱毛症の直接の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンですが、DHTは元々体内に多い男性ホルモンというわけではありません。

男性ホルモンのほとんどはテストステロンというホルモンですが、毛乳頭細胞内にある5αリダクターゼという還元酵素と結合することでDHTが生成されます。

DHTが毛乳頭のレセプターと結合すると毛乳頭・毛母細胞が不活発になり、髪の成長が阻害されて、髪が十分に成長しないまま脱毛します。ヘアサイクルが短くなった髪が増えることで、ハゲや薄毛が目立ってきます。

AGAは発症するとゆるやかに進行していきますが、薬で5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGAの進行を止めることができます。

AGAクリニックでの治療法

AGA専門クリニックで行われている治療には治療薬、育毛メソセラピー、また自毛植毛などの方法があります。

一般的には治療薬の処方が多いようですが、治療薬で改善が見られない場合や早い改善のために育毛メソを行ったり、両者で効果が出にくい場合などには自分の髪を毛包ごと移植する自毛植毛法を利用するケースもあります。

一般的な皮膚科でも一部の薬の処方が可能かもしれませんが、薄毛・AGA治療専門クリニック・病院の方が治療薬の種類も豊富で確実です。

AGA専門クリニックではAGAスキンクリニック、銀座総合美容クリニックなど多数の有名クリニックがありますが、同じAGA専門クリニックでも医療機関によって取り扱っている薬や治療法の内容がいろいろ異なります。事前に治療内容公式サイトなどで確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

男性のはげ治療薬プロペシア

薬と手のひら

AGAの直接の原因である男性ホルモンDHTの生成には、還元酵素5αリダクターゼが関わっています。5αリダクターゼの働きを阻害する薬がプロペシア(フィナステリド)です。プロペシアがどのような薬なのか、詳しく見ていきましょう。

プロペシア(フィナステリド)とは

フィナステリドは前立腺肥大症の薬として開発されました。フィナステリドによって前立腺肥大症と関わる5αリダクターゼを阻害することで、症状を改善する作用があります。

ところが5αリダクターゼは男性型脱毛症とも関わっており、フィナステリドが男性の薄毛治療にも有効であることがわかりました。

フィナステリドは薄毛治療の薬として開発され、男性用のAGA治療薬として「プロペシア」の商品名で販売されるようになりました。

プロペシアの有効成分フィナステリドはAGAの頭頂部の薄毛の改善に有効で、AGAの進行を抑える作用があります。生え際のM字の薄毛には効きにくいとされています。

最近ではフィナステリドと同様、5αリダクターゼを抑制するザガーロ(デュタステリド)が処方されることがあります。

プロペシアジェネリックのフィンペシア

プロペシアはAGAの進行を予防する効果の高い薬ですが、はげ・薄毛に悩む男性にとって毎日服用するには高い薬でした。

新薬は開発されたばかりだと特許の期限もあって、同じ成分の薬が出せません。しかし法律の制限を受けていなかったインドでは、プロペシアの有効成分フィナステリドを使用した薬を開発・販売することができました。

インドの製薬会社からプロペシアより安価なフィンペシアが販売されるようになると、個人輸入でフィンペシアを購入する人が増えました。

安くてもプロペシアと同程度の改善が見られることもあって人気がありますが、個人輸入代行サイトでは偽物の薬や質の悪い薬が売られていることもあります。

またフィナステリドによる肝機能障害、男性機能障害などの副作用の報告もあります。安易に通販で購入するよりクリニックでの処方が安全でしょう。

現在では日本の製薬会社からもサワイ、クラシエなどのジェネリック薬が販売されるようになり、プロペシア以外のフィナステリドがクリニック処方で購入可能です。

スポンサーリンク

男性のはげ治療薬ミノキシジル

液体と錠剤

ミノキシジルは男性だけでなく女性にも使用される薄毛治療薬です。ミノキシジルは血流を促進し、毛母細胞を活性化させることで発毛を促す作用があり、発毛効果が認められている成分です。発毛効果のある薄毛治療薬ミノキシジルの詳しい情報についても見ていきましょう。

ミノキシジルとは

ミノキシジルはもともと高血圧の人に開発された、血管拡張作用のある薬です。血圧の改善に服用した人たちに発毛の副作用が認められ、ミノキシジルには発毛効果があることがわかりました。

ミノキシジルの作用により血流が良くなることで、毛乳頭・毛母細胞に栄養が行き渡って活性化され、発毛を促す効果があるとされていました。最近ではミノキシジルに髪の成長因子を増殖させる作用があるとも言われています。

ミノキシジルは外用薬と内服薬がありますが、外用薬の方が一般的によく使用されています。加齢、遺伝などが主な要因による男性型脱毛症、女性男性型脱毛症に効果があるとされています。

ミノキシジル外用薬(発毛剤)

ミノキシジルの外用薬は直接頭皮のはげ・薄毛の部分に塗って、発毛を促す薬です。育毛剤の一種とされていますが、一般的な育毛剤と区別して発毛剤という名称を使うこともあります。

日本国内の薬局で販売されている市販のミノキシジル外用薬は1~5%、医療機関によってはより高い濃度のものが処方されることもあります。男性用のミノキシジルの濃度は1~5%が一般的で、女性用は1~2%の濃度です。

たくさん塗っても効果はありません。塗り忘れたからとまとめて塗ってもやはり効果はないようです。頭皮への悪い影響も考えられるので、使用量は守りましょう。

海外ではポラリスというミノキシジル発毛剤がありますが、NR-08、09、10、11はミノキシジル濃度が7~16%までと非常に高い濃度になっています。効果が高いということで最強のおすすめ発毛剤としても名前がよく挙がっています。

ミノキシジル配合の育毛剤は一般的に頭頂部付近の発毛に効果があるとされています。しかしミノキシジルが高濃度なポラリスNR-09、10、11では生え際の薄毛の発毛にも効果があるそうです。ポラリスNR-10、11にはフィナステリドも配合されています。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)

ミノタブはミノキシジルの内服タイプの薬です。クリニックでも処方されていますが、個人輸入で購入している人も多いようです。効果が強い分体への負担も大きいようなので、個人輸入での購入ではなく医療機関での処方がおすすめされています。

クリニックによってはミノキシジルとフィナステリド、または他の有効成分を独自に配合したクリニックオリジナルのタブレットを処方しているところもあります。

ミノキシジル・フィナステリドのセット

ミノキシジルには高い効果があるのですが、AGAの原因に直接作用するわけではありません。ミノキシジル系の育毛剤とAGAの原因を抑えるフィナステリドが育毛最強セットと言えるでしょう。

外用薬のミノキシジルで発毛を促進し、内服薬のフィナステリドでAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑えることで、より高い治療効果があるとされています。

個人輸入代行の通販サイトでも育毛セットとして、フィナステリドとミノキシジルなどの医薬品をセット販売しているお店もあります。

若ハゲ番長さんのAGA治療日記というブログの記事の中で、個人輸入代行サイトのオオサカ堂さんで購入した育毛セットが紹介されています。育毛セットの内容はフィンペシアやミノタブ、ポラリス、ケトコナゾール配合のシャンプーなどとなっていました。

スポンサーリンク

はげ治療薬の副作用と注意点

薬と両手

はげ・薄毛を改善する治療薬の存在は、男性型脱毛症に悩む男性たちにとっては非常に頼もしいですが、薬を開始する前に副作用や使用上の注意をよく確認しておき、正しく使用するようにしましょう。

フィナステリドの副作用・注意点

フィナステリドは男性に多いはげ・薄毛の改善に効果の高い有効成分なのですが、副作用の心配もあります。

肝機能障害、男性機能障害(勃起機能障害)、性欲低下、抑うつ症状などが副作用としてよく報告されています。

個人輸入代行の通販サイトなどでも男性機能障害の心配をする書き込みも多く、またフィナステリドを中止しても男性機能障害、抑うつなどの症状に悩まされるポストフィナステリド症候群も問題になっています。

服用の回数・量は使用上の注意を守り、少しでも異常を感じたら服用を中止して医療機関に相談をしましょう。

またフィナステリドは男性専用の治療薬で、女性は服用できません。皮膚から薬の成分が吸収され、胎児に影響を与える可能性もあります。

妊娠中、妊娠の可能性のある女性、また授乳中の女性はフィナステリドに触れないよう服用している男性側も気をつける必要があります。

ミノキシジルの副作用・注意点

ミノキシジルの副作用は低血圧症、動悸、めまい、頭痛、多毛症、外用薬では頭皮の炎症の恐れがあります。

ミノキシジルは外用薬で使われることが多いですが、外用薬だと危険な副作用の心配は少ないです。しかし使用上の注意にもあるよう、血圧や心臓、腎臓に異常のある人は使用を控えましょう。

また女性が男性用のミノキシジルを使用したり、男性でも濃度の高いミノキシジルで顔毛や腕毛などの体毛が濃くなる副作用が起きることも多いそうです。決められた量や濃度を守るようにしましょう。

初期脱毛

AGAの治療を開始して1か月ぐらいで抜け毛が増えることがあります。2週間~1ヶ月くらいで収まりますが、初期脱毛の症状の程度は個人差もあります。

治療薬の効果によって毛母細胞が活性化すると、新しい髪が毛包で生まれます。新しい髪の毛が成長することで元々生えていた髪が押し出され、抜け毛量が異常に増えることがあります。

通常の自然脱毛では50~100本程度の抜け毛ですが、初期脱毛の期間は200~400本程度の抜け毛が認められることがあるようです。抜け毛の期間がおさまれば、太い髪が増えてきます。

3~4ヶ月後ぐらいから効果を実感し始め、半年~1年でかなり増えたと実感できるようです。初期脱毛の期間も継続して治療薬を使用、服用する必要があります。

副作用の少ない治療薬

女性用の薄毛治療や、男性の初期のAGAの治療で処方されるパントガールという内服薬があります。ミノキシジルやフィナステリドのような血圧や心臓、腎臓、男性機能などの副作用の心配は少ないです。

薬の成分はアミノ酸やケラチン、タンパク質、ビタミンB群などで、AGAの直接の原因である男性ホルモンを抑制するような強い作用はありません。女性のびまん性脱毛症に最も効果的ですが、男性が飲んでも問題はありません。

スポンサーリンク

育毛剤や育毛サロンでのはげ対策

サロン

治療薬を服用・使用する場合は慎重にしなければなりませんが、より気軽にできるはげ・薄毛対策の方法として自宅でもできる育毛剤での育毛対策があります。またクリニックではなく育毛サロンを利用するという方法もあります。

育毛剤

育毛剤は抜け毛予防や発毛育毛促進、フケやかゆみを抑える効果があります。治療薬ほど強い効果はありませんが、血行促進、保湿、抗菌・抗酸化作用など育毛成分が配合されています。

育毛剤の使用方法は育毛剤によっても異なりますが、シャンプー後髪を乾かして使用するものが多いです。育毛剤を頭皮に塗ってマッサージをして血行促進するようにします。

ミノキシジルを配合している発毛剤のような強い効果はありませんが、副作用の心配なく育毛対策することが可能です。育毛剤人気ランキングの記事を参考にすると、チャップアップなどがよくおすすめされているようです。

育毛サプリ

体の内側から髪に良いと言われている成分を、育毛サプリで摂取することも、育毛法としておすすめされています。育毛剤と育毛サプリをセットで定期購入している人も多いようです。

育毛サプリの成分にはノコギリヤシ、ミレットエキス、イソフラボン、ビタミンB群、亜鉛などのミネラル、アミノ酸などがあります。

育毛サロン

育毛サロンはAGAクリニックと同じ育毛業界ですが、医療行為はできません。頭皮の健康状態をチェックして、状態に応じて必要な頭皮ケアをマッサージや育毛剤を使うような育毛法が施されます。

薬を使うわけではないので健康上の心配はほとんどないでしょう。ただしAGAの進行を止めるような効果はありません。育毛サロンでの頭皮ケアによって、悪い頭皮環境が原因で起きる髪の悩みを改善でき、髪にハリやコシが出ることが期待できます。

スポンサーリンク

まとめ

男性と犬

最近髪が薄くなってきたかも、という男性は男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いです。進行性の脱毛症なので若い男性でも発症すれば早い時期で髪が薄くなる可能性があります。

AGAの治療に使われる治療薬や主に2種類で、AGAの直接の原因である男性ホルモンの生成を抑制するプロペシア(フィナステリド)またはザガーロ(デュタステリド)、発毛効果のあるミノキシジルです。

プロペシアには肝機能障害、男性機能障害、抑うつ、ミノキシジルには動悸やめまい、低血圧症、多毛症、またミノキシジル外用薬で頭皮の炎症などの副作用ががあります。

また治療薬の使用開始後、初期脱毛が起きることもあります。副作用や初期脱毛のリスクもあることをふまえて、治療薬を使用するようにしましょう。

個人輸入代行サイトを利用すると治療薬が安価で購入できますが、安全面から考えてクリニックでの処方がおすすめされています。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

つむじハゲの初期症状を紹介!早期対策でつむじハゲの進行を食い止めよう【原因と対策法】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク