ハゲ治療が出来るおすすめの病院を紹介!失敗しない病院の選び方を知ろう!

薄毛の予防や対策で自分でできる対策法を一通りやってみたけど効果が無い。このまま続けていても薄毛が進行するだけで、そのうちハゲてしまうと危機感を持っている人は最終的には病院やAGA専門クリニックでの発毛治療が必要になります。

しかし、どこの病院が良いのか。どのように病院を選んだら良いのか。安くて良いところは無いのか。など病院選択に迷ってしまいますよね。

今日は都内に存在する病院を中心に、他にも全国に店舗を抱える薄毛治療クリニックや病院を紹介していきたいと思います。

病院での治療は非常に高額になってしまうことも多くあります。実際に病院での治療を行った人の意見や経験談などについても紹介しますので、合わせて参考にして病院での治療を行うかどうか、治療方針などを決定するときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

病院の選び方について

選ぶ 選択 チョイス 扉

薄毛の治療方法や、金額、口コミなど病院選びの際にはその病院の情報をとにかく集めることが重要になります。

失敗しない病院の選び方を紹介します。

カウンセリングをしっかり行ってくれる病院を選択する

病院によっては無料カウンセリングなどを行ってくれる病院もありますので、最初は気軽にカウンセリングに行くことが出来ます。

カウンセリングでは専門の医師が問診などを行って、頭皮と髪の毛の状態を確認し、その結果から薄毛の状態や原因などを経験から推測し、有効な治療方法の提案や治療期間、掛かってくる料金などを紹介してくれます。

この結果に納得行く回答をしてくれる病院を選択することが一つのポイントになります。

カウンセリング方法についても病院ごとに範囲が異なりますので、1回のカウンセリングでは納得行かなかった場合には、他の病院にも行ってみることをおすすめします。

特に無料カウンセリングなどはリップサービスがかなり効いていて、顧客を獲得するために「ちょっとの薬の服用で発毛効果が現れる可能性がある」などの甘い言葉を発してくる場合もあります。

しかし何度も通う内に違う値段の高い最新治療法などを勧めてくるようにもなりますので、その様な場合には病院を変えるなどの選択をするなど見極めが重要です。

料金にプランをしっかり記載している病院を選ぶ

殆どのAGAクリニックなどの病院はCMなどを打っていない病院が多く、ネットから検索して病院に来客している患者が多い現状があります。

ですので、ネットでの情報が非常に大きな集客につながっています。

稀に、ネットに治療金額についての明確な記載がなく「画期的な治療」「患者満足度◯◯%」「最先端発毛技術」などの目を引く情報ばかりを謳っていて、実際にマイナスとなるような治療費などの情報については記載していないホームページを作っている病院があります。

この様な病院は、まずは気軽にカウンセリングにお越しください。などの様に宣伝していますが、実際にはカウンセリングでも具体的な料金についてのプランもあやふやに説明され、どんどん料金が加算されていくシステムで治療費をふくらませると言う手口を使っているというケースがあります。

実際にそんなつもりが無かったのに高額治療を行ってしまった人も存在します。

ポイントとしては、料金設定やプランなどについてはしっかりホームページにも記載している病院を選ぶこと、更にカウンセリングなどに行った際に料金のことについて聞いてもしっかり説明してくれる病院を選ぶことが重要でしょう。

薄毛治療には保険が適用されないので非常に負担の大きい治療になります。クリニックごとに治療方法が異なります。例え治療方法が同じでも使用している機械が違うだけでも大きく値段が違ってきますので、その辺もしっかり考慮して病院選びをしていきましょう。

経験が豊富な医師のいる病院を選択する

薄毛の原因は千差万別。複合的な原因が絡み合って薄毛が発生しているものに対して有効な治療方法を経験から導き出したり、薄毛のステージはどのくらい進行しているか、治療期間はっどのくらいかかるのか、などを説明できなくてはいけません。

ですので、経験豊富な医師に越しことはありません。特に植毛治療などの方法では、植毛手術の腕によって生え際の不自然さや髪の毛の濃さ、髪型、などを大きく左右するので医師の腕は非常に重要になります。

実際に医師の経験によって値段が変わるわけではないので出来れば経験豊富な医師や、しっかり近年の薄毛のデータが集積している病院の方が安心して治療が出来るでしょう。

しかし、患者数だけが多く、丁寧な診察が行えていない病院はマイナスになります。治療が流れ作業になっている可能性もありますので、適度に患者を抱えている病院を選択することがポイントです。

家から近い、通いやすい病院を選択する

病院への通いやすさは重要です。

薄毛治療を始めると治療法にもよりますが、月に1〜2回程のペースで通わなくてはいけない場合も出てきます。その場合に、遠くの病院ですとなかなか通いづらいですし、移動費にも非常にお金が掛かってきます。

家から近い病院はひと目が気になり通いづらいデメリットはありますが、遠すぎると今度は時間の浪費も移動費も膨らんできます。

無理のない距離に存在する病院を選択しましょう。

また、病院によっては交通費や宿泊費などを補助してくれる病院もありますので、そのような病院を利用しても良いでしょう。

医師が変わらない病院を選択する

最初から最後まで自分を見てくれる専属の医師が付いてくれる病院を選択しましょう。

病院によっては途中で医師が変わってしまう病院も存在します。引き継ぎでは患者にも不安が生じますし、何より継続して経過を見てくれる医師が変わってしまっては改善の度合いを確認することが出来ません。

また、人が入れ替わらなくとも、次第に治療やカウンセリングの内容が雑になって行くパターンもあります。

初回のカウンセリングの時はしっかり質問に答えてくれていたのに、定期的な治療に入ると雑になる医師も存在しますので注意しましょう。

スポンサーリンク

クリニック情報

病院 クリニック

薄毛治療クリニックとして経験豊富な病院を幾つか紹介します。それぞれの病院の特徴や金額などの情報についても合わせて説明していきますので比較して病院選びの参考にしてみてください。

AGAスキンクリニック

都内だけでも8店舗。日本全国各所にも48もの店舗を展開している薄毛治療クリニックとしては最大手のクリニックになります。

AGA(男性型脱毛症)の薄毛に悩む人に特化したクリニックで、患者の99%が4〜6ヶ月以上の治療の継続で発毛効果を実感している非常に効果の高い治療が受けられるクリニックでもあります。

実際に薄毛になっている医師も治療を行ってその治療の効果を実感しています。

利便性に優れている。経験、データが豊富。最新治療が受けられるという特徴があります。

受けられる治療内容

AGAスキンクリニックで行われている治療法には以下の物があります。

  • 内服薬と外用薬を合わせた治療
  • 頭皮に注射を行うメソセラピー療法(オプションで行われるより専門性の高い治療法)
  • 噴射機で頭皮にカクテルを注入するAGA幹細胞再生治療
  • 自毛植毛
  • オリジナル育毛商品を使用した治療法

など5つの治療法が用意されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法として現段階で有効とされている治療法のほぼすべてが網羅されています。ですので、自分に合った治療方法を選択することが出来るでしょう。

金額について

初回のカウンセリングが無料となっています。カウンセリングには無料キャンペーン期間などが設けられているわけではないので、好きなタイミングでカウンセリングを受けることが出来ます。

初診料:5000円(治療を開始する場合)

血液検査(2回):20000円(キャンペーン期間に限り無料で実施)

内服系の治療薬についてはかなり良心的な価格で3400円〜8000円の間で料金が設定されています。初回購入時には安く購入できるようになっています。

オリジナルプラン(オリジナル内服薬+オリジナル外用薬)1ヶ月分:28000〜34000円

メソセラピー療法1回:50000円〜70000円

AGA幹細胞再生治療:60000円〜80000円

自毛植毛:100グラフト=100,000円

500グラフト=500,000円

1,000グラフト=1,000,000円

となっています。

1回の治療法は高く付きますが、効果が高い治療法が多いのでその分安く費用を抑えられるでしょう。自分の症状と治療法の相性が良ければ初めて見ても良いかもしれません。

AGAスキンクリニックの公式サイトはこちらになります。

銀座総合美容クリニック

都内の会社員の方には通いやすい山手線の新橋駅の徒歩5分の位置にあるクリニックになります。

現在は店舗はこの1店舗しか無く、しっかりと治療方法・効果・期間・副作用・費用・病院の方針の説明を行ってカウンセリングを行ってくれます。

何人も医師がいる他のクリニックとは違い、このクリニックは院長である正木健太郎さんがしっかりと、カウンセリングから治療までを行ってくれます。

受けられる治療方法

銀座総合美容クリニックで受けることの出来る治療法を紹介します。

  • 内服薬による治療
  • メソセラピー療法

この二つの治療法に特化して治療を行っています。

基本的な流れとしては、内服薬の治療から初めてメソセラピー療法を合わせて行い、治療効果を評価し、今後の治療方針を再打診するという流れを繰り返して毛髪環境を改善していきます。

治療費について

初回カウンセリング料は無料となっています。特にキャンペーン期間などがあるわけではないので、いつでも受けることが出来ます。が、完全予約制ですので予約を入れるのを忘れないようにしましょう。

初回診察費:3240円

血液検査費用:5000円

再診・通院時の診察料:無料(治療薬代飲みで、診察台は別途かかることはありません)

AGA治療薬(1ヶ月分):7,020円〜18,900円

ノーニードル育毛メソセラピー(1回):19,440円

AGA遺伝子診察:19,440円

オリジナルのシャンプーや育毛剤やカクテルなどを使用しておらず、ミノキシジルなどのが依存成分を使用しているので、比較的治療費が安い点が魅力的です。

オリジナル商品でなくとも十分に効果は期待できますので、こちらの治療を試してみるのもいいでしょう。都心に住んでいる人にはおすすめのクリニックになります。

銀座総合美容クリニックの公式サイトはこちらになります。

AGAINメディカルクリニック

アゲインメディカルクリニックは20代30代の男性をターゲットにしているAGA治療クリニックになります。

オリジナルのシャンプー剤や育毛剤などの販売を行っておらず、営業トークなどが無いことが他のクリニックとの違いでしょうオリジナル配合の発毛剤の薬の処方を行い、それを定期的に飲むことと、普段の頭皮ケアやヘアケアだけで髪の毛の発毛を目指せる非常にお手軽な治療クリニックになります。

店舗は東京駅と秋葉原駅の2店舗のみになります。

受けられる治療法

アゲインメディカルクリニックで受けられる治療法は投薬での治療法が軸になっていて、オプションという形でメソセラピー療法を受けることが出来ます。

あくまで希望された方や、投薬での治療でなかなか効果が実感できない方におすすめしている治療法になります。

合わせて行うことで効果が増しますので、他の病院やクリニックでも行われている治療法になります。

治療費について

初回のカウンセリングは無料になります。

治療を開始する場合、初診料として5000円、血液検査が10000円かかります。

プロペシアのお薬代一ヶ月:4200円〜7000円

オーダーメイド治療薬1ヶ月分:20000円〜

一人ひとりの薄毛の症状に合わせて配合しているAGA治療薬を処方されます。フィンペシア、ミノキシジルの発毛薬成分に合わせて、各種ビタミンやミネラルなどを配合していて効果的に頭髪に働きかけます。

湿布薬一ヶ月分:10000円〜

アゲインメソセラピー療法:60000円〜

という値段設定になっています。効果が見られなかった場合には全額返金制度も導入していますので、そちらについてもカウンセリングの際に確認してみましょう。

公式サイトはこちらになります。20代〜30代に特化しているというクリニックは他に無いので、この年代に当てはまる人は参考にしてみてください。

メンズヘルスクリニック(ヘアメディカル)

ヘアメディカルは18年間の治療実績のある、信頼できるクリニックになります。

店舗は東京・大阪・名古屋・福岡の4店舗が存在し、女性男性ともに治療が受けられるクリニックになります。男性と女性はそれぞれ待合室が別れていますので、異性の目を気にせずに治療が受けられます。

更に、クリニック自体も目立たない場所に建てられているので、通いやすいというメリットがあります。しかし駅から5分圏内に位置しているので、通いやすい便利なクリニックです。

過去の事例から600パターン以上の処方を駆使してAGA以外の薄毛全般の治療にも精通しているクリニックでもあります。

受けられる治療法について

ヘアメディカルグループで受けられる治療法は以下の通りになります。

  • オーダーメイド処方による内服薬を使用した治療
  • 一般的なAGA治療薬を使用しての治療
  • アンドロゲンレセプター遺伝子検査や遺伝子検査を用いての治療

主に内服薬を用いての治療法になります。

17年間での治療実績は150万件もの治療データがありますので、この実績から導き出される最良の配合の治療薬での治療を受けることが出来ます。

治療費について

他のクリニック同様、無料カウンセリングを受けることが出来ます。

治療費と診察費として5000円の料金が発生します。マイクロスコープなどを用いた検査を行います。

プロペシア錠1ヶ月分:6500円

フェリステナド錠1ヶ月分:6000円

ザガーロカプセル0.5mg1ヶ月分:9500円

大体1ヶ月ごとの検査と治療薬の処方で15000円〜30000円程の金額が目安になります。

オプション検査としてAGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)やアンドロゲンレセプター遺伝子検査、ミネラル検査が10000円〜19000円でおこなことが出来ます。

より治療の効果を上げるための検査ですので、1度検査すれば効果が上昇しますので、おすすめです。

ヘアメディカルの公式サイトはこちらになります。人気で予約が取りづらいクリニックでもありますので、1ヶ月以上先の予定を考慮して電話すると良いでしょう。

スポンサーリンク

病院で受けられる治療法について

医者 治療法

病院で受けられる治療法の詳しい内容などについて詳しく見ていきましょう。

具体的にどの様な治療を行うのか、どのくらいの期間で効果が時間出来るものなのか、どのくらいの頻度で行う治療なのか、副作用や注意点などは無いのかなどの情報を紹介します。

実際に病院に行けば、治療する前にこれらの治療法についての説明はされます。病院ごとに細かい治療法は異なりますが、予め大まかな治療の流れなどについて知っておきましょう。

内服薬を使用した治療法

主に海外の製薬会社から販売されているプロペシアやサガーロ、フィンペシアミノキシジル、パントガールなどの治療薬を使用しての治療になります。これらの治療薬には薄毛に繋がる強力な男性ホルモンのDHTやDHTを作り出す5αリアクターゼを抑制する効果のある治療薬になります。

更にクリニックによってはこれらの薬の成分やビタミン、ミネラルなどを独自の処方でブレンドして使用することで効果を向上させていることを売りにしている治療法もあります。

治療効果としては1年間の使用でほぼ半数、3年間の使用で98%以上の人に発毛の効果が得られたと言う結果が出ています。60カ国以上の国で認可されている薬でAGAの薄毛には非常に効果の高い薬になります。

20歳未満では臨床実験のデータが無く、まだ使用の許可が降りていない薬でもありますので20歳を超えてから自己責任の元使用することが出来る薬でもあります。

クリニックや病院いがでも個人輸入という形で代行サイトで購入することは出来ますが、厚生労働省は推奨していません。

安い商品は特に製品の安全性が低いことが危険視されていますので注意しましょう。

副作用について

外用薬ではほとんど体に吸収されないので、健康被害などの問題に繋がる事は無いとされていますが、内服薬では全体の1〜5%程の患者に副作用が認められています。

そのうち危険とされる症状を発症する患者は1%ほどで、肝機能障害、性欲低下、抑うつ症状男性機能障害(勃起機能障害)、手足のしびれ、感覚の麻痺、めまい、頭痛、吐き気、乳房肥大、低血圧症など数十種類の副作用が確認されています。

また、妊婦やその可能性のある女性には使用できない薬でもありますので、注意が必要です。

外用薬を使用した治療法

医療品の外用薬は、市販のものに比べて成分濃度が濃く、内服薬と合わせて使用されることが多い治療薬になります。

市販薬の場合は、育毛薬・育毛成分などと書かれていますが、医薬品は発毛薬となります。成分が濃い分、発毛効果も期待できる治療薬ということになります。

市販薬でもこれに近い商品としてリアップシリーズなどがあります。成分が濃い分ベタつきが多く、この性質を嫌って使用しない人も居ます。

効果は3ヶ月〜6ヶ月以上の使用をしないと実感できないでしょう。どのクリニックでも1年間の使用が推奨されています。

実際にクリニックで公開しているモニターの画像などを見ても18ヶ月以上使用している人の髪の毛がかなり改善が認められます。

メソセラピー療法

治療目的に沿った治療薬を注射器を用いて頭皮に直接注入し、毛乳頭や毛包の細胞を活性化させて育毛効果と発毛効果の2つの効果を高めて髪の毛を元気に生やしていく治療法がメソセラピー療法です。

産毛の状態で生えている髪の毛や、細くなってしまっている髪の毛に有効に働き、髪の毛を太く、長く成長させてくれます。

内服薬や植毛治療で、薄毛改善の効果がうまく得られなかった人に提案されやすい治療法になります。

大体半年に1回程度の注射を行うのが一般的です。1回の治療が60000万円以上と高額な治療法になりますが、毎月お金がかかる治療に比べると効果は高く、安価で毎月の通院の手間もかからない楽な治療でもあります。

注射の際に痛みが発生しますが、注射器を使用しないHARG治療などもありますので、扱っている病院を探してみましょう。

AGA幹細胞再生治療

幹細胞は異なる機能を持っている他の細胞も作り出すことが出来る細胞になります。内蔵や皮膚など、ダメージを負った部分の細胞を修復したり、再生したりすることが出来る非常に優秀な細胞になります。

この細胞は20歳を境に減少の一途を辿ってしまうので、年齢とともにどんどんこの細胞の数は少なくなっていきます。

痛みの発生しない噴射器を使用して頭皮にこの幹細胞を注入することで機能を失っている毛母細胞や毛包などに働きかけ、髪の毛の発毛と育毛を促すことが出来ます。

この治療は毎月1回行われ、半年間継続して治療が行われます。

効果は半年移行も継続されるので、他の治療法などに移行して経過を観察し、髪の毛を維持することが出来ます。

自毛植毛

範囲が広範囲に及ぶ場合は、最も金銭的にも肉体的にも負担が大きい治療法でしょう。

AGAなどの薄毛の影響を受けにくい、側頭部や後頭部の髪の毛を毛根ごと摘出し、薄くなっている部分の頭皮に移植し植え込んでいく治療が自毛植毛になります。

昔は皮膚ごと切り取り移植していたので、生え際などの施術後や違和感などが目立っていて、施術者の腕によって非常に完成度に差が生まれていました。

しかし現在では髪の毛を毛根1つ1つグラフトという株に分けて植え込んでいくので、頭皮への負担も小さく、自然な仕上がりを目指せるようになりました。

髪の毛のドナーの摘出から植毛まで5時間程度でおこなえるので、手術自体は日帰りで行うことができます。

側頭部や後頭部の毛根にはAGAのの原因となるDHTがほとんど存在していない、もしくはレセプター(受容体)が存在していないので、定着してしまえばその後薄毛に悩まされることが無い点が特徴になります。

スポンサーリンク

薄毛治療を行った人の体験談について

体験談 語る 注意 喋る

クリニックや病院で薄毛治療を行った人の体験談を紹介します。

実際に経験した失敗談や成功談について触れて、クリニックでの治療をシュミレートしてみましょう。同じような事故や失敗に繋がらないように注意しましょう。

今までシャンプーに無駄なお金を費やしていた

薄毛治療薬は副作用があるから、AGA治療薬は高いから手を出さないでいた時期がしばらくありました。その期間は1年ほどありましたが、実際全く効果が無く・・・藁にも縋る気持ちでクリニックへ行き、治療薬プロペシアを処方してもらいました。

結果から言うと3ヶ月で発毛効果が実感でき、そのまま1年間使用し続けています。

不満はありません。実際今まで酢漬けていたシャンプーやヘアケアの金額と変わらず、シャンプーは洗浄成分にだけ気をつけて安いものを使用しています。

よく吟味せずに薄毛の原因がシャンプーにあると決めつけていましたが、はっきり行って無駄だったなと痛感しました。

実際には、プロペシアやミノキシジルでも効果が出ない人もいるという口コミは見かけますが、実際に使用方法を守って使用しているかが問題でもあります。

これらの薬品は血中濃度を一定に保つために、服用時間を結構シビアに飲むことが重要な薬でもあります。

もしあなたがあれこれシャンプーや医薬部外品の市販育毛剤にお金をかけているのであれば、クリニックに行って治療を行ったほうが有効かも知れません。

20歳を超えているのであれば、勇気を出してクリニックへ足を運んでみましょう。

M字ハゲの治療は難しい

私は若ハゲの症状に20代から悩まされていたのですが、20代の内はまだ何とか前髪で誤魔化し誤魔化し生活してきました。しかし30代になってそれが難しくなり、いよいよクリニックを受診しようと決意しました。

しかし、無料カウンセリングから半年、1年そしてそろそろ16ヶ月目を迎えようとしていますが、満足いく結果には至っていません。

実際に発毛効果は実感出来てはいるのですが、やはりハゲなのです。昔のフサフサ感には到底及びません。やはり病院にかかるのが遅かったようです。

もう少し早ければ・・・にしてもモニターを確認させてもらっても、どうもM字ハゲや生え際からの薄毛にはクリニックの治療でも少々効果が弱いようです。

つむじハゲ、頭頂部からの薄毛は非常に効果が期待できそうなのですが、おでこの広さはどうしても残ってしまっている印象があります。

実際この治療のために100万円かかったことを考えると微妙です。

薄毛治療はなるべく症状が進行する前に始めることで効果が期待できるもの。ハゲが進行してしまってからはどうしても治療に時間がかかりますし、金額も膨れ上がってしまいます。

その後の結果がどのように変化したかは不明ですが、満足いく結果を望むのであれば、それなりの覚悟が早い段階で必要でしょう。

ズルズル有効性の高い治療を先回しにしていると、より治療が難しくなるかもしれません。

医者を信用してはいけない

無料カウンセリングを受けに行った時はすごく丁寧に、親切に受け答えしてくれて、治療開始まではどんな相談にも乗ってくれていたのに、治療を開始して定期的な治療に入った途端に、返答に曇りが出始め、テンプレ回答、メールでの質問にもタンパクな回答と人格が激変。

初めての治療だったので正直かなり不安があり、しつこく質問や疑問を投げかけていた部分はあるので、面倒臭い客と思われたのかもしれませんが、正直患者を金としか見ておらず、最後まで真摯に向き合う医師は少ないのだろうなと感じました。

クリニックの担当医も商売でやっていますから、そこを忘れては行けないなと痛感しました。

もう二度と通いません。

クリニックや接客商売と言うものは、担当者によって大きくサービスの質に差が生まれてきます。植毛などの手術を必要とする物から、診断診察の丁寧さ、価格や治療法の提案まで、ほとんどがその医師によって行われるので満足度には大きく差が生まれるでしょう。

無料カウンセリングで医師をしっかり見極める観察眼と信頼関係を構築する能力が患者側にも必要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

薄毛の治療は基本的には100%自己負担での自由治療の分野に含まれます。ですので、高額な治療費になることは覚悟しなければいけません。

しかし、シャンプーや市販の育毛剤などの商品も現在では非常に高額に販売している通販サイトなども存在します。これらの商品を使用するのであれば、クリニックに行ってもさほど変わらない負担で高い効果の期待できるサービスを受けることが出来ます。

また、頭皮トラブルやホルモンの乱れなどが原因で発生している薄毛や抜け毛に関しては、婦人科、皮膚科、総合病院などでも頭皮の環境を整えて育毛効果を高める治療を行うことも出来ます。

しかもこの場合には保険適用内での治療が可能です。

自分の症状をしっかり判断して、適切な治療方法で薄毛を改善していきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!

agaの治療費用はどのくらい掛かる?クリニックなどで掛かる費用の相場を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク