ハゲの5大原因は何?最も回避したいはげの原因について!

はげの原因について皆さんはどれくらい知っていますか?はげの原因はすべて挙げればキリがないほどたくさんあります。

その中でも特にはげと関係性の深い原因を5つに絞って紹介していきます。

スポンサーリンク

日本人がハゲてしまっている5つの原因

男性 若ハゲ

日本人はアジアの国の中で最もハゲの人口が多い国というデータが出ています。

どうして日本人にはハゲてしまう人の割合が多いのでしょうか?元々、ハゲが多い国というのはヨーロッパやアメリカなどの国が中心でした。しかし、現在ではその中に割って入るほどにハゲの人口が増えてしまっています。

どうしてそのような事になっているのか、時代の流れと人の生活習慣の変化から何がハゲにつがる原因となっているのかをピックアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハゲの原因その1・ストレス

まずひとつ目の原因はストレスです。

誰もが認識しながらもどうしても溜まってしまうストレスに抗うことが出来ず、ハゲてしまっている人も居て精神的な疲労により諦めてしまう事も少なくありません。

見た目的にもハゲてしまっていると苦労が多そうに認識してしまいますよね。しかしどうしてストレスによってハゲてしまうのでしょうか?

日本人がストレスによってハゲてしまう原因と、ストレスがハゲに繋がるメカニズムについて紹介していきます。

ストレス大国ニッポン

アジアの国の中でもトップの経済的な発展を遂げていて、各国からの評価も高い日本ですが、先進国にはどうしても付きまとうストレスの問題があります。

ストレスによって抜け毛が発生するということは昔から言われていることで、ストレスが様々な体調不良や体のバランスを崩してしまうことが、頭皮や髪の毛に送られる栄養の運搬機能や細胞の生成機能などを低下させ、抜け毛につながってしまっています。

現在日本の20代〜44歳までの死因の1位は自殺。自殺率で言うとアメリカの2倍の量の人が死んでいて、都会ではそれが原因でよく電車が止まっています。

近年パワハラ、モラハラ、セクハラなどに厳しく敏感になっている世代では特にストレスを感じている人が多く、それを上手く消化できない事も問題になっています。

精神的なストレスだけでなく、社畜と言う言葉がかなり定着している世の中的にも、肉体的なストレスも非常に多くなっていることが容易に想像できます。過労死の言葉も英語で”karoshi”と呼ばれるほどなので日本人の性格が希少であることが理解できると思います。

ストレスがハゲに繋がっているメカニズムについて

実際ストレスが髪の毛にどのように影響して薄毛、抜け毛につながってしまっているのかを紹介していきます。

まず、ストレスを強く感じている状態では、人は交感神経が強く働きます。交感神経とは自律神経が束ねている一つの神経で日中に発動している時に優位に働き、脳から信号を送って意識的には動かすことが出来ない気管支や循環器系のコントロールを行っています。

ストレスを感じている状態のときには常にこの交感神経が優位な状態にあり、疲労が蓄積していきます。交感神経が過剰に働いている状態が続くと高ストレス状態となり血管が収縮し血圧が上昇、血液の流れが正常に行われなくなり、皮膚は乾燥し、脈拍にも異常が発生し、不整脈が起やすくなります。

更に皮膚は固くなり、呼吸も無意識の内に浅くなることで血中の酸素濃度は低下します。結果頭皮に届く栄養や酸素量が十分に行われずに抜け毛が多くなってしまうのです。

そのほかにも、ストレスの影響で睡眠不足に陥ったり、副交感神経が働けないことでホルモンバランスが乱れ、ストレスの影響で活性酸素が溜まってそれを代謝するために亜鉛などの栄養素も消費されて髪の毛の重要な栄養素がなくなってしまうのです。

日本人はストレスを溜めやすい性格をしている

ストレスを溜め込みやすい人の特徴として、真面目で責任感が強く誠実であるという特徴を持っていることが多いです。

この性格は日本人によく適合していて、子供の頃からそういう性格になってしまうような社会構造になってしまっています。部活動での上下関係、他人への気遣い、接客での対応を見ても他国と比べて真面目で丁寧な仕事ぶりの人が多いの日本人は結果的にストレスを自分の中に溜め込んでいるのです。

日本人にこのような性格の人が多いことは遺伝子調査でも明らかにされています。大きく性格をポジティブネガティブの二つの性格に分けるとすれば、日本人には圧倒的にネガティブの性質を持った人が多いという結果になっています。

これは脳内物質のセロトニンという幸福ホルモンとも呼ばれる物質が関与していて、これを分泌調整している遺伝子が少ない人ほど不安を感じやすくストレスを感じやすいと言うことがわかっています。

日本人はセロトニン分泌量が少ないネガティブ遺伝子の割合が最も多い民族であるとも言われています。

スポンサーリンク

ハゲの原因その2・ホルモンバランスの影響

男性

AGAと言う脱毛症を聞いたことがあるでしょうか?AGAは男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症でM字ハゲやつむじハゲと言った、男性の特徴的なハゲ方が発生する脱毛症になります。

またこの脱毛症は女性に発生したり、若ハゲの原因になったりもします。ホルモンバランスの原因について詳しく見ていきましょう。

男性ホルモンがハゲを発生させる原因に

男性に発生する薄毛として最も有名で数が多いものがAGA(男性型脱毛症)になります。男性ホルモンには体毛を濃くして、髪の毛を薄くするという働きがあることがわかっています。

AGAの薄毛の原因が明らかになったのは1960年代のことです。アメリカのJ・Bハミルトンが1940年から行ってきた研究でようやくその成果が発表されました。

ハミルトンは男性ホルモンと薄毛の関係について研究を重ね。DHTの存在を解明しました。

人種によって脱毛や前立腺肥症の症状が発生しない事に着目し、男性ホルモンの働きについて研究し、DHTの存在を突き止めたのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は元はテストステロンという男性ホルモンで、これが還元酵素の働きで変化することでDHTとなり、薄毛を発生させます。

これは若い男性にも、ホルモンバランスの崩れた女性でも発生することのある脱毛症で、最も発生しやすいのは男性の20代〜40代、女性の40代以降に特に発生しやすくなります。

男性ホルモンが薄毛に繋がるメカニズムについて

男性ホルモンのテストステロンは頭皮に存在する還元酵素の5αリアクターゼの作用を受けるとより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。

このDHTは前立腺や頭皮にしか存在しないホルモンになります。特に頭皮では頭頂部や前頭部の生え際の部分に存在しています。

このホルモンは頭皮の毛乳頭細胞や毛母細胞付近に存在しているレセプター(受容体)と結び付いた時に髪の毛を成長させている毛乳頭細胞に働きかけて、髪の毛の成長を止めてしまいます。

その結果成長期だった頭頂部や前頭部の髪の毛が一気に成長を止めてしまい、しばらくすると一気に抜け毛が増えて薄毛になります。

これが男性ホルモンのハゲに繋がるメカニズムになります。

ですので、5αリアクターゼの数が少なかったり、DHTが発生してもレセプターの数が少ない人はDHTの影響を受けずらく、薄毛にならないと言うことです。

DHTはストレス社会で増幅する

この強力な男性ホルモンは、ストレス社会で競争する環境で働いている場合には特に好発するホルモンであることがわかっています。ですので、上記のストレスの原因と関わり合って更に効果を強くしあっている原因でもあります。

近年女性が男性に混ざって社会で働いている姿を見ることが多くなってから女性にFAGA(女性男性型脱毛症)が増えたことも、この競争ストレスが女性の中に男性ホルモンを増加させ、DHTが生み出され薄毛に繋がっていることが関係しているでしょう。

ですので、DHTを溜め込まないためにも上手くストレスを発散して、DHTを作り出さないことが重要になります。

DHTは頭皮の汗から排出する事も出来る物質になります。ですので、頭から汗をかく運動を行うことも有効です。

抜け毛やハゲの原因は一つではなく、いくつもの原因が複合的に影響しあって一つの症状を発症させている問題ですのでトータル的な対策が求められます。

スポンサーリンク

ハゲの原因その3・頭皮環境の悪化

頭皮汚れ

昔に比べて、清潔用品、健康道具などいくつもの商品が生まれて、頭皮の環境は改善されているハズ・・・ですが、未だ頭皮の湿疹や頭皮トラブルの問題は改善されるどころか、頭皮の環境の悪化が原因で薄毛に繋がっている人も少なくなっておりません。

昔のシャンプーを使っていなかって時代からどのくらいの数の変化があるのかはデータが無いのでわかりませんが、実際にハゲの人口が増えていることは確かです。

この問題にはどの様な原因が隠れているのかを見ていきましょう。

シャンプー商品による頭皮環境の悪化

シャンプーは1930年頃から量産されるようになり花王のシャンプーがヒットすることにより日本国民に浸透していきます。

1950年からは石鹸を主成分とした洗浄成分から界面活性剤を使用したシャンプーに変わり、毎日シャンプーを行う文化が定着しました。

しかし、この界面活性剤の洗浄力が強いことで頭皮トラブルが発生している問題が発生しています。発生確率は全体の1%以下と少ないですが、頭皮が弱い、肌が弱い人は汚れや皮脂を落としすぎることと皮膚への刺激で乾燥や湿疹などが発生してしまうことがあります。

シャンプー商品だけの問題ではなく、使用者の使用方法にも問題があります。1日に何度もシャンプーをしたり、朝にシャンプーをして必要な皮脂を除去してしまったりと、知らない間に頭皮トラブルを発生させている行為を行い、抜け毛を誘発しているのです。

実際にシャンプーをあまり行わず、普段は熱めの湯シャンで最低限の皮脂や汚れを落としている人の方が美髪と言う説もあります。

特に薄毛につてい気にしている人は刺激の強い高級アルコール系の洗浄成分のシャンプーは頭皮トラブルにつながりやすいので、アミノ酸系の刺激も洗浄力も弱いものを使用することをおすすめします。

頭皮トラブルの種類

抜け毛が発生してしまう頭皮トラブルには以下の様な物があります。

頭皮のトラブルが発生してしまうことの主な原因は、過度なシャンプー方法、自分の皮膚に合わない刺激の強いシャンプーを使用していること、頭皮を洗浄しない、雑菌の発生しやすい環境を放置する、かゆみから掻いてしまうことで発生した傷からの菌の侵食、ストレスや食生活での栄養バランスとホルモンバランスの乱れから来るもの。など様々です。

頭皮トラブルに関しては、発生している症状に合わせて1つの大きな原因が存在しています。正しく対策することで回復に繋がることが多いですので、正しい対策が行えるように病院での検査を行ったほうが良いでしょう。

髪の毛を生やすためにはまず頭皮から

髪の毛を成長させているのは、頭皮です。植物も土がよくなければ大きく成長することは出来ません。頭皮はいわば髪の毛の土壌。毛細血管で栄養や酸素を供給し、髪の毛を育てる毛母細胞を健康的に保護していかなければいけません。

土壌をしっかり栄養豊富な状態にしなければ、髪の毛を成長させるどころか抜け毛を増やしてしまいます。

頭皮の環境の悪化には、肩の凝りや交感神経が優位になりすぎていることでの血行不足などでも影響を受けますので、これらにも注意していく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

ハゲの原因その4・普段の食生活

ワインと食事

日本での食生活はここ30年ほどで大きく変わりました。日本での食生活の変化によってどの様にハゲや薄毛の問題につながっているのかについて詳しく紹介していきたいと思います。

あなたの食生活が薄毛に繋がる問題に触れてしまっていないかをチェックしていきましょう。

栄養不足によって薄毛に繋がっている

昔に比べて、飢餓が原因で栄養不足になっている人は殆ど国内には存在しなくなりました。ですので栄養不足になることは無くなった。と思ってしまいがちですが、コンビニ弁当やインスタント食品、ファーストフードなどの到来と進化により、簡易的に食事を済ませたり、栄養バランスを考えず、より安く手軽にと言う方向性に傾いてしまい栄養不足の問題が未だ発生してしまっています。

また、疲労やストレスによって食が細くなていること、もしくはストレスで暴飲暴食をしてしまう行為も良くありません。

髪の毛の成長の為には、タンパク質を形成するためのアミノ酸、頭皮の環境を良くするためのビタミンB群・A・E、その吸収を補うためのビタミンC・D、更に髪の毛を上部にするためのコラーゲンなどが必要になります。

みなさんが好きな脂質の多いものや糖質が多い甘いお菓子類、アルコール類などはこれらの重要な栄養を消費して分解されるので、摂取が難しい上に代謝されやすい問題がひそんでいるのです。

欧米食の到来から薄毛が増加している!?

ステーキ、ソーセージなどの脂質の多い肉類やアルコールなどをよく食す文化のある国では薄毛の人口割合が非常に高くなっています。

チェコ、ドイツ、フランス、スペインなど薄毛人口トップに君臨する国はすべてが個人のアルコール消費量が高く、肉もよく食べられます。

日本は元々魚や米や野菜を中心とした食生活を送っており、バランスの整った食生活をしていたので、現代の食生活はかなり内容が変わってきています。パスタ、ラーメン、ステーキ、ハンバーグなどがメインに来ることが多く、軒並み脂質が多くなっています。

この食生活の変化からハゲに繋がっていることは明らかでしょう。肥満体型や皮脂の分泌の増加は抜け毛の問題に直結します。特に脂質の多い食事から排出された皮脂はベタベタ感が強く根詰まりを起こしやすいものです。

ですので、偏った食生活をしている人は禿げやすくなるのです。

薄毛対策に有効な食べ物は?

薄毛の問題を発生させないためには、常にバランスの整った食事内容で血中の栄養バランスを一定の状態に近づけることが重要です。これは髪の毛だけでなく、健康のためにも有効な対策法でもあります。

特に髪の毛の抜け毛対策に有効な食べ物には共通点があります。

それは、頭皮環境を整える栄養素と髪の毛を作るために必要な栄養素が含まれているという2点になります。その栄養素はビタミンA・B群・C・Eとミネラルの鉄分や亜鉛、そして最も重要なのがタンパク質です。

これらの栄養素を効率よく摂取できる食材は以下の食材になります。

  • 牡蠣
  • 大豆食品
  • レバー
  • 豚肉・鶏肉・牛赤身肉
  • 魚(まぐろ・カツオ・イワシ・うなぎ)
  • 海藻類
  • 緑黄色野菜
  • チーズやヨーグルトなどの乳製品
  • ナッツ類

これらの食材を積極的に取り入れたレシピで食事を行うと髪の毛に必要な栄養素を摂取できるでしょう。しかし水溶性の栄養素は摂取しすぎても排出されてしまいますし、脂溶性の栄養素は蓄積してしまい過剰摂取での副作用が発生してしまいます。

あくまでもバランスよく摂取して効果を得るようにしましょう。

スポンサーリンク

ハゲの原因その5・遺伝

遺伝

ハゲ遺伝子と言うものが存在していて、両親からの遺伝と祖父母からの遺伝によってその遺伝子は受け継がれます。

どの様に遺伝が受け継がれるのか、また自分がハゲ遺伝子を受け継いでいるのかどうかなどのチェック方法についても紹介しますので詳しく見ていきましょう。

遺伝でハゲてしまう理由は?

両親からは多くの情報を遺伝し、特徴が似るというのはどの動物でも言えることです。

ハゲ遺伝子は具体的には男性ホルモンを分泌しやすい性質、5αリアクターゼが生成されやすい性質、DHTが発生しやすい性質、レセプターがDHTと結合しやす性質などが受け継がれることでハゲやすくなると言う仕組みになっています。

またAGAの薄毛以外にも、乾燥肌の性質や肌が敏感な性質などが遺伝して頭皮トラブルになることや、生活習慣や食生活などが似てしまい薄毛になりやすくなると言う事もあります。

遺伝する確率はどのくらい?

ハゲ遺伝子は優勢遺伝子なので、ハゲない劣性遺伝子よりも継承されやすく、血液型のA型やB型と同じ性質で遺伝されます。

ですので、父か母のどちらかがハゲ遺伝子を持っていれば、それを受け継いでしまう可能性が高いと言うことです。確率としては更に1代前にまで遡って祖父母の持っているハゲ遺伝子によっても変動しますが、0〜75%程の確率で遺伝してしまいます。

男は母方から遺伝する

男性の遺伝子は父方の持っているX染色体とY染色体からY染色体を、母方の持っているX染色体二つのうちからどちらか1つのX染色体を遺伝します。

ハゲ遺伝子はX染色体から遺伝することがわかっているので、男性の場合は母方のX染色体の遺伝から継承されることになります。

ですので自分の遺伝のチェック方法としては母方の祖父母の頭髪の環境を見て、いつから薄毛になったかを聞くことで自分が継承している可能性のある薄毛遺伝子が活動しやすい時期を確認することが出来ます。

女性の場合は両方の親と祖父母から薄毛遺伝子を受け継ぐ可能性があるので、全員の頭髪環境を確認することでチェックが行なえます。

男性と女性で遺伝子の影響が変わる

特に遺伝によってハゲやすい性質は男性に現れやすいものになります。

女性はハゲ遺伝子を受け継いだとしても、薄毛に繋がることは少なくなっています。それは女性ホルモンの働きにより相殺されるからです。

女性ホルモンには髪の毛の成長期を長くし、コシ・ハリ・ツヤのある女性らしい髪の毛を成長させる働きがあります。ですので、例え男性ホルモンの性質や5αリアクターゼの遺伝を受け継いでいてもハゲることは少なくなっています。

遺伝でハゲてしまう確率について

ハゲ遺伝子を継承したと仮定してその影響によってハゲてしまう人の確率は65%と言われています。遺伝子を受け継いだからと言って、ハゲてしまう訳ではありません。

同じハゲ遺伝子を持っている人同士でも、生活習慣や頭皮ケアやヘアケアの差で頭髪環境は大きく変わってきます。

ハゲの遺伝子を持っていなくとも誤ったヘアケアや過度なヘアアレンジや生活習慣が原因でハゲてしまうこともあります。

遺伝子は大きなハゲの原因の一つですが、対策することで回避できる問題です。諦めずに正しい薄毛対策を行ってハゲを予防していきましょう。

スポンサーリンク

その他の薄毛の原因について

疑問符女性

薄毛に繋がる大きな原因となる項目について紹介してきましたが、細かく細分化すればまだまだ薄毛に繋がる原因は出てきます。なぜなら薄毛の問題は複合的な原因が重なり合って一つの症状が発生している症状だからです。

小さな原因でもいくつも重なり合うことで、表面的に影響を与える問題に発展してしまうのでこれらの原因に付いても軽視せずに対策していきましょう。

タバコを喫煙することで発生する問題

タバコもアルコール同様ビタミンを消費してしまうものになります。

火を付けるタバコではニコチンやタールと一酸化炭素の三つの毒素を体に取り込みます。タールはヤニとも呼ばれるもので、植物樹脂が燃えて気化したものになります。ベタベタとしていて部屋の壁などの色を変えている物がタールの正体。喉や肺の機能を低下させます。

ニコチンは中毒症状を引き起こし、脳に作用して依存率を高め、さらに毛細血管を収縮させて頭皮の血行を悪くします。

一酸化炭素も毒性が非常に強く、血中の酸素を運ぶ働きのあるヘモグロビンと結合し酸欠症状を発生させます。

以上の問題からタバコは髪の毛に供給するための栄養と酸素を急激に減らしてしまう原因を発生させてしまうものであることがわかります。

出来るだけ本数を減らすなどの対策法で、出来るだけ影響が発生しないようにしたほうが良いでしょう。

頭皮の血行不良

上記のタバコからの影響や、ストレスから交感神経が優位になる問題でも触れましたがが、頭皮の血行の不良によって髪の毛に十分な栄養が送ることが出来ずに抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。

これは筋肉の凝りや眼精疲労などの問題でも発生します。肩の筋肉の凝りや首の筋肉の凝りによっても心臓から上がってくる血行が滞ってしまい、頭皮が栄養を受けます。

頭皮マッサージや体全身の凝りを解消して、しっかり血液を巡らせることが大切です。

自己免疫疾患

アトピー性皮膚炎の症状を抱えている人に円形脱毛症などの脱毛症が多く発生することがわかっています。自己免疫疾患は自分自身の免疫細胞が暴走し体の害ではない細胞に対して攻撃を行ってしまって炎症や脱毛などの症状が発生する問題です。

ですのでアレルギー体質やアトピーなどを抱えている人は、突発的な脱毛症が発生してしまう可能性があります。

紫外線の影響

特に夏場に強い日差から紫外線を受けることで頭皮が硬くなったり、老化が進んでしまう原因になります。アメリカで28年間トラックの運転手をしていた男性が顔の左半分だけに日差しを受け続けた影響で顔の左右の年齢が大きく変わってしまった男性がテレビでも紹介されました。

同様に頭皮もその影響を受けて薄毛につながりやすくなります。

紫外線を浴びることで皮膚には活性酸素が増加してコラーゲンが破壊されます。その結果皮膚の内部にまで影響して髪の毛を成長させる働きのある毛母細胞を衰えさせてしまいます。

紫外線を頭皮になるべく浴びないようにしてビタミンCがコラーゲンを体内で生成しますのでしっかり摂取して対策していきましょう。

老化や更年期の問題

50代を超えると人はだれでも更年期の症状を経験します。体力の衰えや体の機能の低下を感じる事は1度や2度ではないでしょう。

女性の場合は45歳〜55歳、男性の場合は55歳〜65歳の間で更年期が訪れます。この時期にはホルモンバランスが大きく崩れて脱毛症が発生します。

老人性脱毛症と呼ばれる症状で、進行を食い止めることが難しい脱毛症でもあります。

睡眠不足

髪の毛の成長のためには睡眠は不可欠です。それは睡眠中に分泌される成長ホルモンの存在です。

この成長ホルモンは体の成長や、髪の毛の成長、肌の修復などの働きを行ってくれる非常に重要なホルモンで、睡眠中に最も分泌されます。

睡眠不足の状態が続くとこのホルモンが不足してしまうので薄毛につながってしまうというわけです。

特に分泌が盛んに行われるのは22時〜深夜2時までの時間で、この時間に就寝で来ていることが重要になります。

過度なヘアケア・ヘアアレンジ

ヘアカラーやパーマなどは髪の毛に大きなダメージを与えます。若い内ですとそうしても社会人になる前に髪の毛で遊んでみたいと言う気持ちは大きくなると思いますが、これが薄毛の原因につながってしまうこともあります。

ブリーチなどの髪の毛に色を抜く薬剤は頭皮に付着すると痛みを伴う刺激の強いものになります。

髪質も痛みやすく切れげや抜け毛が多くなってしまうでしょう。

その他にもワックスやジェルなどの整髪料の過度な使用でも頭皮に汚れが付着しやすくなり薄毛や頭皮トラブルの元なることも少なくありません。

これらは程々に行うようにして薄毛に繋がらないようにただしく利用すること大切です。

出産の影響

産後には女性ホルモンの量が一気に正常値に戻ってしまう影響で、髪の毛が一気に成長をストップして薄毛になってしまうことがあります。

これは産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれて多くの女性に発生している脱毛症になります。しかし1年ほどの時間をかけて緩やかに回復していきますので、慌てて育毛剤などを大量に使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

薄毛に繋がる原因は多岐にわたります。

しかしどの原因もしっかり理解して対策することで髪の毛を元気に生やすことが出来ます。原因を排除し、頭皮環境やストレス問題などの薄毛の5大原因の対策からまず初めてハゲに繋がらないようにしていきましょう。

他の記事では対策法などに関する情報も紹介していますので、こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

ハゲ・薄毛の対策方法を紹介!良いサプリやシャンプーの選び方と生活習慣改善育毛法とは 

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

ハゲを防止する方法は?自分に合った薄毛予防方法を探そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク