ハゲ・薄毛の対策方法を紹介!良いサプリやシャンプーの選び方と生活習慣改善育毛法とは

最近髪の毛が薄くなってきた。抜け毛が増えた。髪の毛が細くなっている。など、髪の毛が薄くなりだす前兆は突然やってきます。

そんな時慌てて対策しようとして、良く調べもせずに育毛剤などをとにかく買って使用するという方法では、髪の毛が薄くなろうとしている根本の原因が解消されずに、どんどん髪の毛は薄くなっていき、その流れを止めることが出来ないことがほとんどでしょう。

髪の毛をしっかりと元のフサフサの状態に戻していくには、原因をしっかり特定して、その原因にあった対策方法を打っていくことが効果的です。

そのうえで育毛剤などを使用することで、更に育毛効果を発揮します。

ここでは、まずは髪の毛が薄くなってしまう原因と対策方法について紹介していきます。自分に効果的な薄毛の対策方法をしっかり見極めて、育毛効果を高められるようにしましょう。

スポンサーリンク

はげ・薄毛が発生してしまう原因

ルーペと聴診器子供

まずはハゲや薄毛が発生してしまう一般的な原因から自分に当てはまる物を診断し、薄毛の原因を明らかにしていきましょう。

ハゲや薄毛の原因は一つではない事がほとんどです。いくつもの原因が重なって薄毛が発生している事が考えられますので、一つ一つしっかりみていきましょう。

男性ホルモンから来る薄毛

まず薄毛の症状を抱える男性に最も多く存在すると思われるのが、この男性ホルモンが関係している薄毛です。主にM字ハゲやつむじハゲと言った、前頭部の生え際から発生する薄毛や頭のてっぺん(頭頂部、つむじ)から薄くなる症状の薄毛に当てはまります。

男性ホルモンが多ければ多いほど体毛は濃くなりますが、頭髪は薄くなってしまうと言う特徴があります。

この働きは男性ホルモンのテストステロンがより強力なホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで頭皮の毛乳頭細胞に刺激を与え、髪の毛の成長を止めて次第に抜け毛が増えていくというものです。

これは女性にも発生する可能性のある薄毛でもあります。男性の場合はAGA(男性型脱毛症)女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)という症状になります。

遺伝による薄毛

遺伝によってハゲてしまうと若い頃から気にしている人は多いと思います。父親がハゲている場合に特に自分もハゲるのではないかと意識する人がほとんどかと思います。

しかし、男性の場合は、母方からハゲの遺伝子が遺伝するのが基本で、父親からはハゲの遺伝子は受け継がれません。あるとすれば生活習慣などが似てしまう性格的な遺伝でしょう。

ですので、男性の場合は母方の祖父祖母の頭髪環境を見ることで、将来の自分の頭髪の状況を確認することが出来るのです。

ハゲ遺伝子は劣性遺伝子

実際ハゲの遺伝子が強力な優性遺伝子であった場合、世の中にはハゲの数の方が多いことになります。しかしそんなことは無いですよね。これはハゲが劣性遺伝子である証拠です。

つまり、基本的にはハゲ遺伝子とフサフサ遺伝子ではフサフサ遺伝子の方が強く髪質に影響を及ぼす事が確認されています。

わかりやすい例えにメンデルの法則という物があります。

〜メンデルの法則〜

黄色と緑のえんどう豆を用いた実験結果で、黄色(AA)と緑(BB)という遺伝子を持ったえんどう豆二つを配合した時に生まれる第二世代の子孫2種類ABとBAに関して、その子孫の色は両者とも黄色であった。この結果により黄色の遺伝子が優勢遺伝子であることが判明した。

さらにその子孫が産んだ第三世代において、その子孫が持つ遺伝子種別はAA、AB、BA、BBの4種類。3つは優性遺伝子の影響により黄色で、残りのBBは緑のえんどう豆が誕生した。

つまり両者が半分ずつ劣性遺伝子を持っている場合に25%の確率で劣性遺伝子の特徴を持った子孫が誕生する可能性がある。

〜〜〜〜〜〜〜

というものがメンデルの法則です。これが、実際にハゲの遺伝子に当てはまります。つまり遺伝的にハゲる遺伝子を持っているかどうかは祖父母を確認することでその確率がわかると言うことになります。

遺伝の影響は50%

しかし、遺伝によって確実にハゲることが決まったわけではありません。実際にハゲの遺伝子を受け継いでも髪の毛がふさふさの状態の人は居ます。

遺伝が人間の性格や肉体に及ぼす影響は50%で、残りの50%は生活習慣や、外的な環境による影響が関係していると考えられています。

ですので、もし遺伝によってハゲやすいという事が決定していても薄毛を回避することは不可能ではないので、しっかり対策法を知って薄毛に繋がらないようにしていきましょう。

頭皮環境の悪化による薄毛

元々は健康な頭皮と頭髪であったにも関わらず、日頃の生活習慣やケアが雑であったために頭皮の環境が悪化し、それが原因で薄毛・抜け毛に繋がってしまう事があります。

頭皮トラブルで一般的なものとしては、粃糠性(ひこう性)皮膚炎、脂漏性皮膚炎、毛じらみ(頭じらみ)などがあります。

さらに生活習慣で悪化する症状としては、頭皮の硬化、血行不良、毛根への汚れの蓄積、詰まりなどがあります。

それぞれ日頃の雑なシャンプー方法、刺激の強いシャンプーの使用、皮脂の落としすぎ、整髪料の影響、頭皮の乾燥、紫外線、筋肉のコリが原因となって発生している問題です。

ですのでこれらが原因となって薄毛が発生している場合には、この原因をしっかり解消して対策していくことが必要です。

栄養不足による薄毛

栄養不足による薄毛は特に若い人に多く見られる症状です。

若い世代には特に体のボディーラインを気にしてダイエットに励む女性が多く居ます。また男性にも同様にダイエットを行う人が多いのですが、特に若い世代のダイエットは食事制限を極おこなってダイエットをする人が多く居ます。

若い世代は特に栄養を代謝する能力が高く、成長のために最優先に栄養が回されます。ですので、食事制限を極端に行ってしまうと、頭皮や髪の毛を生成するための栄養分が足りなくなってしまい、結果的に髪の毛の元気がなくなったり、抜け毛が増えるなどの美容を損なう影響が出てきてしまいます。

特に髪の毛は心臓より上の位置に存在し、最も高い位置に存在するので栄養が最も行き渡りにくい部分です。栄養不足の影響は時間経過とともに顕著に現れます。

食事量と食事内容共に注意して、しっかり髪の毛に必要な栄養素をとっていく必要があります。

老化による薄毛

髪の毛の老化の平均的なターニングポイントは40代に訪れます。

健康な髪の毛の人でも40代頃から髪の毛の老化が始まり、白髪が増えたり、髪の毛が細くなる、髪の毛の成長期間が短くなるなどの影響が発生し、薄毛になったと感じる人は増え始めます。

特に女性は45歳〜55歳の間に更年期が来て閉経が起こり、大きく女性ホルモンのバランスが崩れ、その影響で薄毛だけでなく、体に様々な変化が引き起こります。

男性の場合は更年期は女性よりも10年遅い55歳〜65歳の期間に訪れます。ですので、この時期が最も体の変化が起きやすいタイミングになります。

老化による薄毛や頭髪環境の問題は生活習慣などで10年前後するので、しっかり生活習慣や頭皮環境のケアをしていく事が重要になります。

一旦薄毛になってしまうと元の状態に発毛させる事が難しいので、先手を打って対策しておく事が大切です。歳をとっても髪の毛をフサフサに保ちたいのであれば、極力薄毛に繋がる原因を排除しておきましょう。

スポンサーリンク

AGAや遺伝による薄毛への対策方法

腕時計青Tシャツ男性

まずは薄毛の症状として、最も治療が困難で発症者も多いとされるAGA(DHTによる薄毛)や遺伝の薄毛に対してやっておきたい対策方法を紹介します。

AGAの薄毛はAGAの薄毛専門のクリニックは全国に建つほど、患者の母数が多い症状になります。実際に高額な治療費を払い続けている人も少なくなく、対策を始めるのが遅ければ遅いほど改善は困難になり、お金もかかります。

実際にクリニックで行われている改善法なども含めて紹介していきますので、自分でも行えそうなものを参考にしてください。

サプリメントを利用してDHTを抑制する

遺伝による薄毛もDHTが発生しやすい体質が遺伝されることや、DHTが頭皮に存在するDHT受容体と結びつきやすい性質が遺伝することで薄毛につながりやすくなります。

ですので、AGA同様このDHTの働きや生成を抑制することで薄毛を食い止めて改善に向かわせることが期待できます。

有効なサプリメントを紹介します。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは元々前立腺肥大症を改善するために使用されていたサプリメントでした。DHTは、薄毛だけでなく前立腺にも影響を与える物質として知られています。

実際にDHTを抑制し、前立腺肥大症の症状を和らげる効果があったので、同様に頭皮のDHTの抑制にも効果のあるのではないかということで使用され始めました。

ノコギリヤシを用いた治療方法はヨーロッパなどでの地域では医療薬として認可されている商品としても知られています。

元々は自然に自生している赤黒い実を実らせる植物で、その植物から抽出したエキスがノコギリヤシサプリです。商品の中には他にローヤルゼリーなど栄養価の高い物をバランスよく配合している商品もあります。

好みで商品を選んで効果の高いものを使用してみると良いでしょう。

亜鉛

ノコギリヤシとの相性もよく、合わせて摂取することで大きな効果が期待できるサプリになります。

亜鉛にはテストステロンをDHTに変換する働きのある5αリアクターゼという酵素を抑制する効果があります。ですので、既にあるDHTを抑制する働きはありませんが、更にDHTを増やす事を食い止める事ができます。

また、亜鉛には性欲増強や免疫の向上、抗酸化作用の効果や皮膚や髪の毛の生成に欠かせない重要な栄養素になります。食事でも摂取可能ですが、牡蠣に多く含まれている以外は亜鉛を多く含んでいる食材はそこまで多くありません。

ですので、サプリメントで補う事が非常に有効な栄養素でもあります。

イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持っており、髪の毛の成長期の期間を長くさせて髪の毛を健やかに育てる効果を補うことが出来ます。

また国立がん研究センターの研究で、このイソフラボンが亜鉛同様に5αリアクターゼの働きを抑制する活動をしていることが判明しました。

ですので、髪の毛を育てつつ、抜け毛の原因も抑制すると言う二つの効果で髪の毛にアプローチすることが出来ます。

しかも女性には女性ホルモンのバランスを整えて月経前症候群(PMS)の症状を和らげる効果も期待できます。

大豆イソフラボンは豆腐や豆乳などの大豆製品でも摂取できるので、サプリでなくとも食品から摂ることも可能です。しかしイソフラボンの過剰摂取では生理不順や乳がんのリスクが高まることもあるものとして警告されています。

豆乳では1日200ml1本、豆腐は1丁が推奨摂取基準ですので、大幅に摂取基準を超えて摂取しないようにしましょう。

効率よくDHTを排出する

DHTを排除する方法は主に2つあります。

  • 運動で汗をかく
  • 尿から排泄する

この二つの方法で体内に滞在しているDHTを排出することが出来ます。

ですので、運動や利尿作用を高める対策をすることで、頭皮や前立腺に影響をおよぼす前にDHTを排除し、影響を受けないよう対策することが出来ます。

特に運動としては有酸素運動が有効とされていて、ウォーキングやジョギング、ランニング、サイクリングなどが有効です。

また入浴などデトックス効果の期待できるものでしたらサウナなどでも効果的です。頭皮から汗を出してしっかり頭皮のDHTを排出していきましょう。

利尿作用を高めるためには水分を小まめに摂取することが効果的ですが、特にコーヒーが有効で他にもトマトジュースなどは栄養豊富でおすすめです。

AGA治療薬を使用する

AGAクリニックなどで処方されている治療薬で治療を行う対策法です。入手方法としてはクリニックなどで処方して貰う場合と、自己責任の個人輸入で購入する方法で、値段の開きが1ヶ月分の薬で5000円〜30000円程の開きがあります。

お金のかかる治療法ですが現在では最も発毛・育毛効果の高い対策法になります。

代表的な治療薬について紹介します。

プロペシア

アメリカで開発された治療薬でフィナステリドを主成分に配合している薬品になります。元は前立腺肥大症を改善する為に作られた薬でした。

その後研究で育毛の効果が期待できることが判明し、名前を変えて育毛薬として販売を開始しました。

基本的に1年間の使用が推奨されていて、1年間の使用で9割近くの人が効果を実感しているというデータがあります。ですので、1年間使用できる金額を無理なく支払い続けられるかという事も考慮して対策方法を検討する必要があるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルはもアメリカで開発された薬で、元は高血圧を改善するための薬でした。しかし使用患者に多毛症の副作用が発生してしまったことをきっかけに、これを発毛剤として販売することとなりました。

ミノキシジルは育毛界では唯一の「発毛効果」が認められている薬で、髪の毛がない状態からも髪の毛をはやす効果を得ることが出来ます。

プロペシアとは効果が違うので、このフィナステリド系の薬品とも併用が可能で、併用することで更に相乗効果で高い効果が得られます。

AGA治療薬の副作用

しかしこれらの治療薬には副作用も報告されています。また、成人を超えるまでは使用を控えるように呼びかけられている薬でもあります。若い世代ではまだ使用データが少なく、健康に対する影響が明確でないからです。

ですが20歳を超えると自己責任で使用が行なえます。もし使用を検討している場合は副作用についてもしっかり知識を持っておきましょう。

プロペシアの副作用

臨床実験や、過去の事例から確認されている副作用は以下のものになります。

  • 胃部の不快感
  • 精液の質の低下
  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)
  • 発疹・蕁麻疹
  • 乳房肥大
  • めまい
  • 睾丸痛

などの症状が報告されています。これらの症状は全体の1%未満で確認されており、予めこの副作用を了承した上での使用が警告されています。

また、妊娠中の女性は使用できないという決まりがあります。これは、動物実験で成分を投与したマウスが奇形児を出産したことから、触れることすら注意喚起されている毒物になります。注意しましょう。

ミノキシジル

元々高血圧症改善薬として使用されていた薬品ですので、血圧に異常がある人は使用できません。

以下の症状が副作用として現れる可能性があります。

  • 性的不能
  • 性欲減退
  • 目のかすみ
  • めまい
  • 湿疹・蕁麻疹
  • 低血圧
  • 不整脈・動悸
  • むくみ、四肢の痺れ

これらの副作用を認証できない場合にはこれらの治療薬はご利用になれません。予め頭に入れておきましょう。

また、その他にも育毛剤や発毛剤には「初期脱毛」という副作用も発生します。

これは、古い毛を一旦抜いて新しく薬品の効果を受けた成長期の長い髪の毛を生やす準備をしているもので、一時的に抜け毛が増えますが、実際には効果が得られている症状になります。

スポンサーリンク

頭皮環境の悪化による薄毛の対策方法

笑顔ネクタイ男性

頭皮環境の悪化による問題はどの年齢にも起きる症状で、あなたがAGAでなくとも薄毛になってしまう可能性があります。

頭皮の環境を良くするための対策方法を紹介します。

シャンプーで改善する

育毛・薄毛を意識し始めたらまず考える対策方法がシャンプーを改善することでしょう。シャンプーに関係する対策方法としては2つあります。

  • シャンプー方法を改善する
  • 頭皮と髪の毛に良いシャンプーを使用する

順番に紹介します。

薄毛対策シャンプー法

薄毛の問題を解消するための正しいシャンプー方法を説明しましょう。

まず薄毛対策のシャンプーの手順について細かく紹介すれば以下の様になります。

  • ブラッシングで髪の毛のホコリを払う
  • お湯だけで1〜2分かけて髪の毛と頭皮を洗って、6割以上の汚れと皮脂を落とす
  • 湯シャン中に頭皮マサージをして汚れを浮かせる
  • 適度に水を切ってシャンプー液を適量手の上に伸ばし、髪の毛にまんべんなく付ける
  • 爪を立てずに優しく頭皮全体を揉み込むように洗髪を行う
  • 洗髪後はシャワーを使用し、湯だめを作りながらしっかりすすぎを行う

これが最も頭皮にいいシャンプー方法です。

更にリンスやコンディショナーなどを使用する場合は髪の毛のみに付けて頭皮には付けないようにしたほうが良いでしょう。

次にシャンプーの注意点についてです。

シャンプー時の注意点

以下の注意点に注意してください。

  • シャンプーは1日に何回もしない
  • シャンプーを行う時間は10分以内で行う(パック推奨シャンプーなどは例外)
  • 朝ではなく夜にシャンプーを行う
  • シャンプーブラシなどを使用する場合は定期的に道具の洗浄を行う
  • シャンプー液を一箇所にベタッと付けない
  • 整髪料を多用し2度洗いする場合は1度目は軽く行い2度めでしっかりシャンプーする

シャンプーは髪の毛の汚れや皮脂を落とす効果がありますが、やりすぎてしまうと皮脂を除去しすぎて乾燥を招いてしまう事もあります。

皮脂は過剰に発生していれば問題になりますが、適度に無いと肌を守る効果もあるため、紫外線の影響を受けやすく、雑菌の多く繁殖しやすくなります。

正しくシャンプーを行って頭皮環境をシャンプーによって改善できるようにしましょう。

薄毛対策を行うためのシャンプーの選び方

シャンプーは毎日使用するもので、肌に合う合わないがある商品ですので、自分に合っていないシャンプーを使用していると、薄毛や抜け毛の原因になります。

また、頭皮トラブルが発生している場合に、改善に有効なシャンプーを使用していないと症状は中々改善しません。

シャンプーを選ぶ上で基本的な重要項目を紹介します。シャンプーを選択する上では以下の4つの成分に注目して商品を選択していきましょう。

洗浄成分

洗浄成分はシャンプーを選ぶ上で最も重要な項目になります。合成界面活性剤が使用されている洗浄成分には大きく3つのタイプに分けられます。

  • 高級アルコール系洗浄成分・・・安価で資源が大量にあるので大量生産に向いていて、泡立ちがよく、汚れがよく落ちるが同時に皮脂まで必要事情に落としてしまうことがある。肌への刺激強め。
  • 石鹸系洗浄成分・・・洗浄成分としては中の位置にあり、環境にやさしいのが特徴。頭皮への刺激は強くはないが、洗い上がりの髪の毛がごわつきがち。
  • アミノ酸系洗浄成分・・・低刺激で髪の毛や頭皮に優しい。洗浄力は弱いので乾燥肌の人には向いているが、皮脂が過剰に分泌される人には向いていない。泡立ちが悪い。高価なものが多い。

それぞれ特徴がありますが、薄毛を危険視する場合に最も避けたいのが高級アルコール系洗浄成分です。頭皮への刺激が非常に強いので乾燥から頭皮トラブルを引き起こりやすく、薄毛に繋がるリスクが高い商品になります。

薄毛対策におすすめなのはアミノ酸系洗浄成分のシャンプーになります。物によっては安価な商品もありますので、特に専門成分などを求めない場合は洗浄成分を見て選択するといいでしょう。

成分表記では~グルタミン酸、アラニン、タウリン、グリシンなどと記載されたものがアミノ酸系洗浄成分になります。

抗菌・抗炎症成分

菌が原因で頭皮トラブルが発生している場合には抗菌成分が含まれたシャンプーで対策する必要があります。

フケや湿疹などの症状が発生している場合に、菌の影響が考えられます。

ですので抗真菌成分や抗炎症作用の有効成分の含まれているシャンプーで改善していくことが有効になります。参考商品としては

  • アルガンK2シャンプー
  • メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー
  • コラージュフルフルネクストシャンプー
  • ニナゾルシャンプー

などのシャンプーがあります。

乾燥が大敵ですので抗菌抗炎症の有効成分だけでなく、しっかり保湿成分も含まれているものを選択したほうが良いでしょう。

保湿成分

頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮トラブルを引き起こさないためにも、頭皮の状態を健やかに保つためにも非常に重要な成分になります。

シャンプーによって使用している保湿成分は違い、それぞれに特徴があります。馬油を使用しているものや、海藻から抽出した保湿成分フコダインには育毛効果も期待できるなど、様々です。

保湿の効果のあるものにシリコンがあります。最近ではこのシリコンを頭皮に使用することで毛穴までコーティングしてしまい、皮脂が排出できなくなってしまう、毛穴に詰まってしまうなどのデメリットがあります。

シリコンには髪の毛を熱から保護したり、サラサラにするメリットもありますが頭皮に対してはデメリットも存在するのでシリコンの性質を効率よく得たいのであれば、シャンプーはノンシリコンにしてリンスなどにシリコンが含まれている物を使用して髪の毛に付けると良いでしょう。

添加物

シャンプーには香りを良くするためや、着色のため、製品の保存期間を長くするために添加物を配合している商品もあります。

これらの商品は安価に取引されているので非常に購入しやすいですが、逆にアレルギー反応などをおこしやいというマイナスの一面もあります。

無添加と書かれているものを使用する事が望ましいでしょう。

その他の頭皮環境を改善する薄毛対策方法

その他の対策方法として有効なものを紹介します。

  • 清潔で通気性のいい帽子をかぶって紫外線対策
  • 頭を掻いて傷を作らない
  • 枕カバーなど頭に付着する物を小まめに洗濯して清潔にする
  • 頭皮マッサージを行う
  • 頭皮のツボを押して血行促進
  • ヘアオイルを使用して保湿
  • シャンプー後ドライヤーを使用して雑菌の発生しやすい環境を無くす
  • 獣毛ブラシで頭皮を刺激

これらの対策を行うことで頭皮の環境を更に良くして、育毛効果を高める事ができます。お金をかけない対策方法もありますので、自分でも無理なく実行できる範囲から対策を始めていきましょう。

スポンサーリンク

老化や自然な薄毛に有効な対策方法

顔に手男性

髪の毛は老化や生活習慣の悪化などが原因でどうしても影響を受けて元気がなくなったり、薄毛になってしまったりするものです。

体の細胞は徐々に衰えて行ってしまいますのでこれは仕方の無いものでもあります。しかし「それでもはげたくない」「はげは絶対に嫌」と言う人はこちらの対策法も合わせて参考にしてください。

食生活を改善する

髪の毛をしっかり成長させるためには髪の毛の合成に必要な栄養素が不可欠です。

更に髪の毛の主成分は90%以上がタンパク質ですが、頭皮にも十分な栄養素を届ける必要があります。

頭皮は皮膚ですので、肌に良いとされる食事を行えば栄養補給を行うことが出来ます。

具体的に摂取したい栄養素はビタミン各種、ミネラル、タンパク質、亜鉛です。これらをバランスよく摂取することで髪の毛の成長しやすい環境を作ることが出来ます。

おすすめの食材としては、豚肉、鶏肉、魚、レバー、うなぎ、牡蠣、卵、海藻類、大豆製品、ナッツ類、チーズ、そば、緑黄色野菜が栄養を補完する食材として優れています。

偏らないように意識しながら献立を考えて摂取していきましょう。

睡眠をしっかりとって髪の毛を補修

髪の毛や肌のダメージ補修には睡眠中に分泌される成長ホルモンが大きな働きを果たしています。

この成長ホルモンが特に分泌されるのは22時から深夜2時までの睡眠中の時間帯で、この時間帯にしっかり床に入っているかどうかが重要になります。

無理にこの時間に睡眠を摂るように色々犠牲にしてまで睡眠する事は推奨しませんが、出来れば24時までの時間には寝られるように調整したほうが良いでしょう。

疲労を蓄積させないことも育毛には必要な対策法になります。しっかり睡眠をとってホルモンバランスを整えていきましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスはあらゆる病気の根源となる問題です。溜め込むことで自律神経が乱れることを発端に内蔵や神経、髪の毛や肌にまであらゆる症状を引き起こします。

ストレスを溜めることが仕方のないことですが、溜まったストレスをいかに排出して溜め込まないようにするかでストレス耐性が大きく変わります。

ストレスによる健康被害の問題に発展しにくい人は、このストレスの排出が上手く出来ている事が大きな違いです。

ストレスは髪の毛に対して頭皮の血行を悪くすることや筋肉の緊張や栄養の代謝により悪い影響を与え、抜け毛・薄毛に繋げてしまいます。

おすすめのストレス発散法

おすすめの対策法は運動で体を鍛えながら行えるストレスの発散法です。例えばランニングで肺活量を上げたりトレーニングで体を鍛えるなどの方法ではストレス発散とともに性格までポジティブな思考になるというストレスを溜めにくい性格に変換するというデータが出ています。

運動は苦手という人には読書がおすすめ。イギリスの大学による研究から「読書が70%近いストレスを発散する効果があった」という報告がありますので、熱中できる物語小説でも漫画でもなんでも良いので読書することでストレスを発散してはいかがでしょうか。

ストレスは自分で思考がぐるぐる回転することで大きくなっていきます。

間接的でも他者との交流で思考に触れることや、思考が出来ないくらい運動もしくは作業に没頭することで自問自答を止めることでストレスから開放されることが出来ます。

自分に合ったストレス発散法を見つけて楽む時間を過ごせるようにしましょう。

育毛剤を使用して対策

育毛剤を使用して育毛力を付与することも効果的です。しかし、この対策法は頭皮トラブルや何かしらの薄毛の原因が潜んでいる場合には先にそれらを改善しなければ焼け石に水程度の効果になりますので、無駄にならない様にしっかり原因を排除してから使用していきましょう。

育毛剤は安くはない商品です。の割には効果は高くなく、費用対効果としては満足している人は少ない対策法でもあります。

育毛剤は薬局やネット通販などでも医師の処方なしで購入できる商品ですので、元から成分効果がそこまで高くないんです。効果が強いと処方なしでは売れません。ですからそれなりの効果の商品ということは予め頭の片隅に置いておかなければいけません。

育毛剤商品の中で効果が期待できる商品としておすすめできるのは2種類の商品です。

  • イクオス2
  • リアップシリーズ

唯一この二つのみが「育毛効果」ではなく発毛効果を謳っている商品で、実際に効果を期待できる数少ない商品です。

  • イクオスは独自調合したアルガス2という海藻類から取れる育毛成分を配合した育毛剤で、ミノキシジル同等の効果が期待でき、かつ安全に使用できるという特徴があります。
  • リアップシリーズは発毛成分のミノキシジルを外用薬に使用した育毛剤で、日本では唯一の商品です。ミノキシジル配合量1%〜5%までのバランスで配合された5種類の育毛剤があり、女性用のリアップリジェンヌという商品もあります。

もし使用するのであればこちらの二つの商品を推奨期間の3ヶ月〜1年間使用してみて、様子を見てみるといいでしょう。

飲酒とタバコを控える

飲酒タバコは嗜好品ですので、無理に禁酒喫煙をしたほうが良い!とはいいません。

しかし、タバコは毛細血管を収縮させ、交感神経を高め自律神経を乱れやすくし、更にビタミンCを過剰に消費します。

飲酒はビタミン各種ミネラル各種の栄養素全般がアルコールの代謝のために消費されてしまいます。せっかく摂取した栄養素をドブに捨ててしまうと行っても過言ではありません。

タバコには集中力を一時的に高めたりコミュニケーションツールとして有効であったりという効果もあり、アルコールには血流の促進や円滑なコミュニケーションやストレス発散などの効果もあります。

ですから完全悪という訳ではありませんが、過剰に摂取することは控えて程々に嗜むこが髪の毛にも健康にも有効です。

スポンサーリンク

まとめ

育毛対策法を実行していると、髪の毛だけでなく体の健康にとってもいい効果をもたらしてくれます。

髪の毛の状態は遺伝の影響も受けますが、自分の生活習慣でも改善できるものになります。

薄毛になってしまってから発毛活動を始めるよりも、薄毛の兆候が始まった段階で脱毛を防ぐほうがよっぽど簡単で効果的な手段になります。

しっかり早期から対策して薄毛を予防していきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

薄毛の目安は?セルフチェックを行って、自分の髪を確認してみよう!

絶対にハゲを進行させたくない!ハゲ防止のために出来る対策方法まとめ

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク