ハゲを防止する方法は?自分に合った薄毛予防方法を探そう!

はげを食い止めるためには、自分の薄毛が発生してしまっている原因を明らかにして、問題を解決する予防方法をしていかなくてはいけません。

はげの防止に役立つ対策法はたくさんあります。具体的にどの様な方法が有効なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

シャンプーを見直して薄毛を予防する

シャンプー 泡立たない

まずはシャンプー方法や、使用するシャンプーの見直しなどを行ってハゲ・薄毛を予防していく方法について紹介します。

自分の使用しているシャンプーはしっかり薄毛対策用に適したシャンプーですか?洗浄成分について理解できていますか?正しいシャンプー方法は身についていますか?

シャンプーに関わる薄毛の予防方法をみていきましょう。

ハゲを予防するシャンプーの選び方について

シャンプーにはその成分によって薄毛や抜け毛を誘発してしまう成分が含まれている商品があります。

頭皮が刺激に強い人であれば問題なく使用できる商品でも、刺激に弱かったり頭皮が乾燥気味である場合には、成分の強いシャンプーでは抜け毛や薄毛、頭皮トラブルに直接繋がってしまう場合があります。

どの様な成分が問題となってしまうのかについてみていきましょう。

洗浄成分(合成界面活性剤)

シャンプーには合成界面下製剤という洗浄成分が含まれていて、この成分が水と油を混ざりやすくして、洗浄力を得ています。

この成分には成分の種類ごとに成分の強さが変わっています。市販のシャンプーの洗浄成分は主に3つの成分に分けることが出来ます。

洗浄力の強い順に

(強い)高級アルコール系(石油系)洗浄成分>石鹸系洗浄成分>アミノ酸系洗浄成分(弱い)

という3つの成分があります。

洗浄力の強さだけでなく、泡立ちの良さや香りの良さについても同様の順番に左から順番に並べる事ができます。

これは高級アルコール系の洗浄成分のシャンプーが泡立ちの良い性質を持っていると同時に香料などの添加物を含んでいるシャンプーが多いので、この様な特徴になっているのです。

逆にアミノ酸系の商品は刺激を抑えるように設計されているので、刺激やアレルギー反応を引き起こしやすい添加物を無くし、無添加として売っている商品が多いのでこの様な結果になっています。

洗浄力が強いシャンプーは必要以上の皮脂を除去してしまうというデメリットが有り、これが頭皮トラブルに繋がる原因にもなっています。

ですから、頭皮が弱い人はアミノ酸系洗浄成分の刺激が優しい商品を使用したほうが良いでしょう。

有効成分について

少し専門的なシャンプーになると、洗浄成分やシリコンなどの一般的な成分だけでなく、頭皮環境を整えたり、育毛効果を高めるなどの有効成分が含まれているシャンプーが販売されています。

これらの商品は一般的な商品比べて3倍〜10倍の価格がしてしまう商品がほとんどですが、頭皮・頭髪の問題を解決してくれる有効な商品になります。

有効成分としては

  • 抗菌成分
  • 抗炎症成分
  • 育毛成分
  • 保湿成分

の4つの成分があります。頭皮環境を改善し、保湿で頭皮のバリア機能を高め、育毛効果を浸透させ髪の毛を太く、長く成長させます。

特に抗菌・抗炎症成分は非常に有効で、頭皮に痒みや赤らみ、フケなどの問題を抱えている場合は、この成分が含まれているシャンプーを使用することで改善することが出来ます。

育毛成分を含んでいるシャンプーでは髪の毛を太くする効果を期待できます。

自分の皮膚症状に合った有効成分が含まれているシャンプーを購入して使用するようにしましょう。

シャンプーの見分け方

大まかに薄毛やハゲのトラブルに繋がらないシャンプーの見分け方としては成分表記を見ることをおすすめします。

洗浄成分の強い高級アルコール系の洗浄成分は成分表記では以下の様に表記されています。

  • ラウレス硫酸Na
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • パレスー3硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na

これらの名前が表記されている商品は避けて商品を選択しましょう。

アミノ酸系洗浄成分の場合は

  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイル(ラウロイル)グルタミン酸Na

などと表記されています。アミノ酸系洗浄成分の場合は成分表記を見なくてもアミノ酸系洗浄成分であることを表にシールなどで記しているものが多いでしょう。

またネットで購入する場合ではアミノ酸系の場合は確実にPRしています。

この洗浄成分と一緒に口コミなどを参考にしながらシャンプーを選択していきましょう。

シャンプー方法について

シャンプー剤だけでなく、シャンプー方法でも薄毛・ハゲを予防することができます。

ハゲの予防に最適な薄毛の予防方法についてみていきましょう。

1日に何度もシャンプーしない

実際にシャンプーを行うようになってから薄毛人口は増加したという情報もあります。そして今も薄毛の悩みを抱える人は5年毎に増加の傾向にあります。

シャンプーは汚れだけでなく皮脂まで一緒に除去してしまう行為になります。皮脂は過剰に分泌されている状態では頭皮トラブルを引き起こしてしまうものですが、逆に除去しすぎてしまっても頭皮トラブルを引き起こす分泌液です。

1日に1回以上のシャンプーを行ってしまうと、本来必要な頭皮のバリア機能をになっている皮脂がなくなり、乾燥を引き起こしてしまう事があります。

結果乾燥により頭皮が不健康になったり、乾燥を防ごうと皮脂を過剰に分泌してしまう体質になり脂漏性皮膚炎などの症状に繋がる事があります。

むしろ、1日特に汗をかかなかった日に関してはシャワーだけで汚れを落とすだけの方が頭皮には良いでしょう。臭いが気になる場合には頭皮にシャンプーを付けないように髪先のみに付けて洗浄すると良いでしょう。

シャンプーは夜に行う

シャンプーを朝にしたほうが寝癖も解消できるし、目も覚めるし効率が良いと思っている人もいると思いますが、これは大きな落とし穴です。

朝に皮脂を除去してしまうと、その後すぐ外出した場合に紫外線の影響をモロに受けて抜け毛に繋がるという問題が発生してしまいます。

皮脂は頭皮のバリア機能を担っています。このバリア機能は紫外線から頭皮を守ったり、頭皮を乾燥させないように潤いを保っていたり、肌を弱酸性に保ち菌などから肌を守る役割を果たしています。

これから外出をする朝にこのバリア機能を除去してしまうと、外出時に菌や紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。また十分な量を分泌するためには1時間〜2時間の時間がかかってしまいますので、出来るだけ夜にシャンプーをして睡眠中に分泌される皮脂で頭皮の状態を正常にしておきましょう。

シャンプー前に湯シャンで汚れを落とす

シャンプー前に湯シャンでしっかり汚れやワックスなどを落としてからシャンプー液を付けることで、シャンプー液の使用量を少なくすることが出来ます。

必要以上にシャンプー液に頼った洗浄ではいくら洗浄力の優しいシャンプーを使用しても刺激が強くなってしまいます。

実際に湯シャンでも汚れや皮脂の6割以上は除去できるので、実際にはシャンプーを使用しなくとも健康な頭髪を維持することは可能です。

しかし臭いが出てしまう点で洗浄力の弱いシャンプーと一緒に洗浄することをおすすめしています。

少し熱めのお湯でしっかり頭皮の汚れをシャワーで落としてシャンプーを行っていきましょう。

優しくもみ洗いでシャンプーをする

抜け毛を気にしているのに、ガシガシ強い力でシャンプーをしていませんか?

シャンプー時に抜ける髪の毛の量は1日の中で最も多く20〜50本は抜けています。実際にはこの髪の毛はほとんどが休止期や後退期に入っている成長が止まっていて、放置していても3ヶ月以内には自然に抜け落ちてしまう髪の毛なのですが、力強くシャンプーしていると成長期の髪の毛までも抜けさせてしまう事もあります。

シャンプーを行う場合には爪を立てずに、揉み込むように優しく頭皮マッサージを行いながらシャンプーしていきましょう。

長時間シャンプーに時間をかけない

10分以上シャンプーに時間をかけていると、頭皮がふやけてしまって抜け毛が増えてしまう可能性があります。

シャンプーは5分〜10分の間の短時間で行うことが望ましいでしょう。

シャンプー液の中には、10分間のパックを推奨する商品などもありますので、その場合には別途そのパック時間をとってもいいですが、通常のシャンプーでは必要以上に時間をかけることはおすすめ出来ません。

洗浄成分を頭皮に長時間乗せておくこともあまりいい行為とはいえません。実際に洗浄の行い過ぎでは頭皮がアルカリ性に近づいてしまい、雑菌の繁殖が盛んになってしまうこともあります。

しっかり洗い流す

シャンプーのトラブルとして意外に多いのが、シャンプーの成分の洗い残しです。

シャンプーの洗浄成分などが頭皮や髪の毛に付着したままですすぎを終了してしまい、乾燥してからも成分が頭皮に残ってしまい、炎症、痒み、フケなどのトラブルを起こしてしまう問題です。

洗い流せたと思っても意外と残っているのがシャンプーの洗浄成分です。

湯船のお湯を洗面器ですくって流すだけでなく、しっかりシャワーを使用して湯だめを作りながらゆすぎを行ったほうが良いでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜

シャンプーの商品とシャンプー方法を見直して、頭皮トラブル、抜け毛のトラブルに繋がらないように対策していきましょう。

スポンサーリンク

頭皮環境を改善して薄毛を予防する

頭 後頭部

頭皮は髪の毛を成長させる土壌です。

土壌がしっかり健康的でなければ髪の毛は健康的に成長することは出来ません。頭皮を健やかな状態にすることが出来れば、勝手に髪の毛を育ててくれるということです。

頭皮の環境を整える有効な方法を知ってハゲ予防を行っていきましょう。

頭皮マッサージ・ブラッシング

頭皮の環境を整えるためには頭皮マッサージやブラッシングをして頭皮の血行を良くすることが効果的です。

頭皮の皮膚は首の筋肉の凝りや顔面の筋肉の凝り、眼精疲労などが影響して固くなりやすく、長期間放置していると頭皮が硬くなって、血行まで悪くなってしまいます。

血行が悪くなると頭皮の毛細血管にはほとんど栄養や酸素が供給できずにそれが原因で薄毛や抜け毛のトラブルに繋がります。

頭皮の血行が悪いと食事でいくら栄養を摂取しても効果がなくなってしまいます。

ですから、定期的に頭皮の血行を良くするためにこれらの対策をすることが重要でしょう。

頭皮を5本の指を広げてじっくり圧力をかけてツボを刺激しながらほぐしていく、獣毛ブラシを使用し軽く頭皮を叩いたり髪をとかして頭皮を刺激するなどで頭皮の血行を良くすることが出来ます。

ブラッシングや頭皮マッサージは汚れを落としたり、汚れを浮かせる効果がありますのでお風呂に入る前に行うとより効果が高まるでしょう。

頭皮が硬くなっている人はしっかり頭皮を柔らかくして血流不足につながらないようにしましょう。

ドライヤーを使用して頭皮を乾かす

お風呂から上がった際に濡れた髪の毛、濡れた頭皮のままで放置しておくと、雑菌が繁殖しやすく頭皮環境を悪化させてしまいます。

髪の毛が濡れてしまっている場合にはすぐに髪の毛を乾かしておきましょう。

まずは温風で乾かし、あらかた乾いた所で冷風に切り替えて粗熱を取るとともに、まだ乾いていない部分を見つけてしっかり乾かしていきましょう。

なので、ドライヤーは切り替え機能のあるもの、温度を調節できるものを選択して使用するといいでしょう。

またイオン機能のあるドライヤーでは髪質を改善する効果も期待できます。髪の毛の乾燥を防いで静電気を起きにくくし、パサツキを改善します。

髪質に悩みを抱える人はこれらの機能が付与しているドライヤーを使用してもいいでしょう。

頭に使用する物を清潔にして雑菌の繁殖を防ぐ

普段から使用する枕、帽子、ヘルメットなどの道具を清潔にしておくことも薄毛の予防法として有効です。

頭皮トラブルを引き起こしやすい雑菌は、これらの普段使用している道具から頭皮に感染ることが多くあります。帽子や枕カバーは小まめに洗浄したり天日干しをする。

ヘルメットも換気がいい場所で保管をして雑菌の繁殖を防ぎ、たまにメンテナンスで洗浄をしておきましょう。

枕は頻繁に洗うのが面倒臭い場合はタオルを敷いて、そのタオルを毎日交換することでも清潔を保てるでしょう。

頭皮ニキビや吹き出物などができやすい人はこれらの雑菌が原因となっている可能性が非常に高いでしょう。シャンプーや改善薬で対処する前に問題が発生しないように、これらの予防策を打っていきましょう。

汗をかいてDHTを排出する

頭皮からしっかり汗をかくことでデトックス効果があり、薄毛を予防することが出来ます。

汗をかくことで毛根に詰まっている汚れを浮かすことも出来ます。デトックス効果ではDHTの排出効果が非常に高くAGAの抜け毛を予防できます。

DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼと結びついてより強力になったもので髪の毛の毛乳頭細胞を攻撃し、髪の毛の成長期を止めて抜け毛を増やしてしまう効果があります。

DHTは頭頂部と、前髪の生え際付近に多く存在しており、DHTが多ければ多いほどM字ハゲやO字ハゲ(つむじハゲ)になりやすくなります。

このDHTを排出する方法はしっかり頭皮から汗をかくか尿から排出するしかありません。

運動をしてDHTを皮脂腺から排出し抜け毛を予防していきましょう。

スポンサーリンク

生活習慣を改善して薄毛を予防する

タバコ

生活習慣が原因で薄毛になってしまう。そんなケースもごく一般的です。生活習慣の対策法は体一つで始められるお金のかからない対策法です。

生活習慣の対策は非常に需要で、薄毛になりやすい生活習慣を続けていると、いくら育毛剤などを使用したとしても抜け毛を食い止めることは難しいでしょう。

他の対策方法と一緒に必須で摂り入れたい予防法の一つです。具体的な対策法についてみていきましょう。

肥満の改善

薄毛の原因となる体質が肥満になります。

なぜ肥満が薄毛につながりやすいかというと、肥満体型の人は体に負荷がかかり肉体的ストレスを感じやすいこと、皮脂の分泌が過剰になりやすいこと、などが抜け毛の原因になります。

更に肥満になっている原因に関しても食生活の乱れであったり、運動不足などが関係しているのでこれも抜け毛に繋がる要因となります。

また肥満の場合にはあらゆる生活習慣病にかかりやすく、内臓が健康的でない分必要以上に栄養を消費し、髪の毛に十分な栄養が行き渡らない事にも繋がります。

結果、皮脂の影響や運動不足でのDHTの蓄積、ストレスによるホルモンバランスの悪化、血流の悪化、などの発生から薄毛になる可能性がぐんと上がります。

肥満を改善してこれらの問題を発生させないように肉体改造を行っていきましょう。

ダイエットの際には食事制限での栄養不足から抜け毛が増えることもありますので、しっかり運動量でカバーしてダイエットをしていきましょう。

睡眠時間の確保

髪の毛や頭皮のダメージ補修には成長ホルモンが必要になります。

しかし、この成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されないホルモンになります。しっかり睡眠時間が確保できていないと、このホルモンが足りなくなって髪の毛の成長や健やかな頭皮を手に入れることは出来ません。

実は成長ホルモンの分泌が活発に行われる時間帯が決まっています。その時間帯に睡眠を摂ることでよりこの効果を得ることが出来ます。

その時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ夜の22時から深夜の2時までの時間帯になります。

この時間帯に睡眠を摂ることで最も効果的に睡眠の効果を得ることが出来るのです。この時間帯に固執しすぎる必要はありませんが、可能であれば24時までの時間には就寝できていることが好ましいでしょう。

肌と髪の毛の調子が悪いと感じている人は睡眠時間を意識して症状を改善していきましょう。

ストレス対策

ストレスはすべての健康被害に繋がる著諸悪の根源です。ストレスを感じること自体が問題なのではなく、ストレスを溜め込んでしまうことが問題になります。

実際にストレスで発生してしまう抜け毛には円形脱毛症があり、生活環境の変化で突発的に発生してしまう抜け毛もあります。

また、精神的なストレスだけでなく、肉体的なストレスでも薄毛に繋がることもあります。それは季節の変わり目に最も現れやすく気温の変化や気象現象などでも抜け毛が増えることがあります。

これらのストレスを溜め込まずに小まめに消化していくことが薄毛に繋げないために重要な予防法になります。

具体的にストレス解消法として有効なものを紹介します。

おすすめのストレス解消法を紹介

特にこれと言った趣味を持っていない人は中々ストレス発散出来る行動を探しても見つからないものですよね。以下のストレス発散効果の高い対策法を参考にして自分に合った方法を試してみましょう。

  • 読書(漫画可)
  • 運動(有酸素運動)
  • 入浴
  • ティータイム
  • 日本酒1合、缶ビール1本程度の飲酒

特に趣味趣向に左右されない誰でも出来るストレス発散法5種類をピックアプしました。

それぞれストレス発散以外にも効果のあるものばかりです。読書は6分間で60%以上のストレスを解消できる最も有効なストレス発散法ですし、運動には筋力アップによりマインドがポジティブになりストレスを溜めにくい精神状態を作ることが出来ます。

入浴にはデトックス効果、適度なアルコールの摂取には血流促進及びコミュニケーションの潤滑化の効果もあります。

自分に合った方法でストレスを発散し、抜け毛の問題を解消していきましょう。

過度な飲酒喫煙をやめて薄毛の予防

飲酒や喫煙は適度に嗜む分にはストレスの緩和効果となって、有効に働く場合もあります。

ですが過剰に摂取している場合には、アルコールの毒素を中和するために沢山のビタミンやミネラルを消費したり、タバコのニコチンがビタミンCを消費し、血中の酸素濃度を低下させ、毛細血管を収縮させてしまうので薄毛の問題にも繋がる行為になります。

一気に禁煙したり、禁酒をしてしまうと大きなストレスとなってしまい、また薄毛の問題に繋がってしまう事になりますので、摂取量を減らして対応し、これらの嗜好品が薄毛の問題につながらないようにしましょう。

スポンサーリンク

食生活で薄毛を予防する

栄養

食事内容を見直して薄毛を予防していきましょう。

髪の毛もしっかり食べたものからの栄養で成長を行っています。髪の毛を生やす頭皮も同様に栄養がなければ不健康状態になってしまいます。

髪の毛や頭皮に必要な栄養素を摂取して健康な髪の毛を育てましょう。

バランスの取れた食事を!

コンビニ食や脂肪分の多い欧米食やファストフードなど、手軽に食べれて安く済ませられる食事が増えていますが、これらの栄養が偏ってしまう食事が増えている背景でも薄毛が増える原因となっていると言われています。

実際にこれらの食事が盛んになってきた戦後から薄毛人口が増えたことや、薄毛人口が多い国は加工肉食品を多く摂るドイツやアメリカ、チェコ、スペインなどに偏っていることから食事と薄毛の関係性を裏付けています。

出来るだけ肉類の摂取を少量に抑えて、副菜などでバランスを取りながら食事をしていきましょう。特に海藻類や大豆製品が髪の毛の成長を補う事に適しているので、和食にこれらの食材を摂り入れたものを摂取するようにするといいでしょう。

脂っこい食事は皮脂の分泌を過剰にする

ラーメンやとんかつ、天ぷら、焼肉、日本食にも脂っこい食事は多くあります。これらの食事を立て続けに摂っているとどうしても体から排出される皮脂の量も増えてしまいます。

これは脂を摂取しすぎることで血中のコレステロール値が上昇し悪玉のコレステロールが増加してしまうことで発生してしまうものです。

分泌された皮脂をしっかり取り除けていたり、血行促進を促せる対策法を取れていれば問題に繋がることもありませんが、対策ができていないと頭皮の硬化に繋がったり、血流が悪くなるなどの問題に繋がり、抜け毛に繋がります。

これらの問題はAGAの薄毛や頭皮トラブルによる薄毛を後押しする事になりますので注意しましょう。

抜け毛予防に最適な食材

積極的に摂取したい食材を紹介します。1日の推奨摂取量も合わせて紹介しますので参考にしながら気づいた時に摂取して髪の毛や頭皮に栄養を付与していきましょう。

  • 大豆製品(豆腐1丁、豆乳200ml)
  • 豚肉(200g)
  • 鶏肉(100g〜200g)
  • レバー(100g以内)
  • うなぎ(100g程度)
  • まぐろ(1日刺し身1切れ程度で十分)
  • チーズ(50g)
  • 卵(1〜3個)
  • 海藻類(わかめなら水に戻した状態で20g程度、昆布・ひじきは過剰摂取に注意)
  • レモン、アセロラ、ブロッコリー、モロヘイヤ、ピーマン(特になし。下痢になるまで摂取しないこと)
  • 牡蠣(1〜5個)

特にこれらの食材から摂取できるビタミン類(特にビタミンB群)、ヨウ素、コラーゲン、ミネラル、タンパク質、イソフラボンなどの栄養素が髪の毛の生成を助けます。

髪の毛の90%はタンパク質(ケラチン)で出来ていますので、まずは良質なタンパク質を合成してそれからそれを補う栄養を取って効果を高めていきましょう。

またこれらの食材の摂取量についてはあくまでも目安であって、似たような栄養素を含む食材を合わせて摂っている場合には過剰摂取となってしまう場合があります。

副作用として下痢や腹痛が発生した場合には過剰摂取による副作用の可能性が高いので摂取量をセーブしながらバランスよく摂取していきましょう。

スポンサーリンク

薬やサプリメントで薄毛を予防する

サプリメント

食事ですべての栄養素のバランスを取ることは難しいので、サプリメントなどを使用してバランスを摂ることもおすすめです。

薄毛予防に有効なサプリメントと薄毛治療、AGA治療でも使用されるAGAの薄毛を予防する薬を紹介します。

サプリメントについて

ハゲの予防効果のあるサプリメントを紹介します。髪の毛の成長を助ける効果のあるサプリメントにはどの様な物があるのかをみていきましょう。

イソフラボンサプリメント

大豆から取れる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしていて、働きも似ています。

これらの成分には髪の毛の成長期を長くして髪の毛をしなやかに、ツヤ・コシのあるものに背丁させる働きがあります。

ですので、一定量長期的に大豆イソフラボンを摂取することで髪の毛に摂っていい効果を得ることが出来ます。

食事かサプリメントどちらかで摂取して数ヶ月間続けて効果をみていきましょう。

ノコギリヤシサプリメント

DHTを抑制する働きのある成分としてヨーロッパでは医師も認める治療薬として使用されている成分になります。

更に性欲の増強や前立腺肥大症の改善など男性には嬉しい効果も期待できるサプリメントになります。ノコギリヤシは南米に自生している植物でそこから取れるエキスを抽出してサプリメントにしたもので、インディアンの民族が古くから性欲の増強のために使用していた薬でもあります。

現在ではノコギリヤシの成分だけでなく、健康をサポートするセサミンやリコピンなどの成分を合わせて配合し、バランスを良くして販売しています。

他のサプリメントなどとも併用して使用できるので、試してみてはいかがでしょうか?

亜鉛サプリメント

亜鉛にもDHTの合成することを抑制する働きがります。厳密にはDHTを生成する5αリアクターゼの働きを抑制する働きがります。

また亜鉛は食事での摂取が難しい傾向があります。食事で摂取するとすれば、牡蠣、かに、牛肉、レバー、ナッツ類、チーズ類、のり、卵類などの食材がありますが、値段の高い食材が多く、毎日推奨量の10mgの亜鉛を摂取しようとするとかなり食費がかさんでしまいます。

ですので、亜鉛サプリメントで摂取して補っていくのが有効な方法になります。

ノコギリヤシやイソフラボンサプリと一緒に摂取することで更に効果を増しますのでおすすめです。

薄毛治療薬について

治療薬しては現在で最も使用されている治療薬が2つあります。

早期の段階での使用で高い効果が期待できますので参考にしてみてください。

フィナステリド系発毛薬

先発薬のプロペシアに代表されるフィナステリド系の発毛薬です。

DHTの脱毛作用を抑制し、抜け毛の増加を防ぎます。3年の内に90%以上の使用者に効果が時間出来ており、現段階では非常に効果の高い有効な治療薬として使用されています。

1錠の価格は200円前後で1ヶ月分が安いものだと3000〜5000円で取引されています。日本で認可されているプロペシアを個人輸入以外で購入する場合には月1万〜1万50000円ほどの金額がかかってしまいます。

フィナステリド系の薬は元はプロスカーという前立腺肥大症の治療薬であり、その副作用として髪の毛が濃くなる作用が認められたので発毛薬として使用されるようになりました。

また使用者の1〜5%に何かしらの副作用が確認されていて、重篤なものではEDや血管浮腫、睾丸痛、射精障害、肝機能障害などが使用者の1%に発生しています。

女性が使用した場合には奇形児が出産される危険性があります。妊娠中の女性及び未成年への使用は禁止されています。

ミノキシジルタブレット

毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化により、発毛効果があるとされていますが、実際のところはどうして髪の毛が生えるのか明確になっていない薬でもあります。

こちらも薄毛治療のシーンではクリニックなどからよく処方される薬で、このミノキシジルの成分を使用した育毛剤外用薬なども販売されています。(ロゲイン、リアップなど)

この薬品も元は高血圧症の抑制薬として使用していた薬に多毛症の副作用があったことから発毛剤として使用されるようになった薬品です。

この薬も同様に副作用があり、性機能障害、重篤な血圧障害、不整脈、四肢の痺れ、頭痛、むくみなどの発生が確認されています。

奇形児の危険性はありませんが授乳中の女性は母乳への成分の移行が確認されているので使用しないように注意書されています。また、この薬も肝臓で成分が代謝されるので肝臓への負担から機能障害に繋がってしまう事もあるでしょう。

開発段階の臨床実験では循環器系の疾患で死亡者が出ており、1999年の販売からわずか4年間の間にも循環器系の副作用が500件以上報告されています。

当時は第一類医薬品ではなく市販薬であったため誤用などが発生していた可能性が高く、現在では循環器系の異常がある人への使用は禁止され、医師からの処方もしくは自己責任の個人輸入でしか入手できないようになっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

生活習慣や食生活、シャンプーなどの対策法のみでは不安な方は、サプリメントや発毛薬などの治療法も合わせて行って抜け毛や薄毛を予防していくといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

どうしてもはげたくないと言う人は薄毛の予防は確実に行ったほうが良いでしょう。

薄毛になる原因は遺伝とも呼ばれていますが、遺伝の影響は50%で残りの50%は環境やその人の生活習慣などの遺伝以外の要因がその人の性格や体質を形成しているといいます。

遺伝で薄毛になることがわかっていても、予め対策しておけば薄毛の問題は回避することが出来ます。

薄毛になってからの育毛活動や発毛活動では非常にお金も時間もかかります。髪の毛が完全に薄くなってしまう前に対策をして禿げになってしまうことを予防していきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

ハゲ・薄毛の対策方法を紹介!良いサプリやシャンプーの選び方と生活習慣改善育毛法とは

絶対にハゲを進行させたくない!ハゲ防止のために出来る対策方法まとめ

ハゲをかつらで隠すのが最適な理由って?実はあの有名人もそうだった!かつら購入時の注意点について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク