意外と多いハゲる人の特徴と共通点!こんな人は要注意!

今はまだ薄毛に悩んでいなくても、将来禿げやすそうな人の特徴というのがあります。

禿げる人の特徴は頭皮や髪の毛、また日頃の生活習慣や行動パターンなどにも現れるので、どういった事が当てはまるのかを知って回避する必要があります。

もし禿げる人の特徴に当てはまっていたとしても今から何らかの対策をスタートすれば、将来禿げるのを回避できるかもしれません。禿げる人の外見的特徴と生活習慣、さらにハゲの予防対策となるヘアケア対策や生活習慣での対策法についてもお伝えします。

スポンサーリンク

禿げる人の特徴①頭皮トラブルがある

フードを被った男性

将来ハゲそうな人は頭皮にも何らかの異常が見られることがあるようです。頭皮の赤みやかゆみが出るようになった、頭皮が硬くなってきた、頭皮の皮脂量が以前より増えたと感じたら、もしかすると薄毛の危険信号なのかもしれません。

頭皮トラブルはハゲの前兆?

頭皮の赤みやかゆみ、ベタつきなどの頭皮トラブルは、悪化させると頭皮湿疹(皮膚炎)や炎症性の脱毛症になる恐れがあります。

頭皮トラブルと関わる皮膚炎には頭皮への刺激により頭皮が肌荒れを起こす接触性皮膚炎、マラセチア菌が異常繁殖し、フケが多く出る脂漏性皮膚炎などがあります。フケ、抜け毛の症状が出る脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症も稀に発症する人もいるそうです。

誤ったシャンプーは頭皮トラブルの原因に

誤ったシャンプー選び、シャンプー方法が頭皮のトラブルを招くこともあります。洗浄力の強いシャンプーは頭皮の皮脂を余計に取り過ぎて、肌のバリア機能が失われる原因になります。外部からの刺激に弱くなった頭皮はトラブルを起こしやすくなります。

シャンプーで髪を洗う時しっかりシャンプー剤を洗い流せていないのも、頭皮トラブルの原因になります。しかし洗い過ぎもよくありません。

朝にシャワーを浴びるのでシャンプーも朝にするという人もいるかもしれません。頭皮の皮脂量が多く、かつ整髪料も使っているという人は、睡眠中に頭皮で雑菌が繁殖する恐れがあり、頭皮炎症に繋がる可能性が高くなります。

頭皮の皮脂は男性ホルモンが原因かも

頭皮の皮脂量が増えてきたのは、シャンプーで洗い足りていないのではなく、男性ホルモンが原因なのかもしれません

男性ホルモンの大部分を占めるテストステロンは筋肉を発達させたり意欲を高めるなど、男性機能以外にも良い作用が多いホルモンです。

しかしテストステロンが還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されると、頭頂部や生え際の脱毛、体毛の増加、皮脂分泌の増加を招きます

頭皮の硬さは薄毛の前兆?

頭皮が硬いということは頭皮の血行不良と考えられます。長時間のデスクワークや体の冷え、加齢による筋肉の衰えなどが原因で頭皮が血行不良になると、頭皮が硬くなると言われています。

頭皮の硬さと薄毛には関係があるという調査結果もあり、頭皮マッサージなどで対策をするのがおすすめされています。

頭蓋骨の形が悪い人、特に頭頂部が尖っている人や絶壁頭の人も頭皮の血行が悪くなりやすいので該当する人は対策が必要です

スポンサーリンク

禿げる人の特徴②髪の量・質に変化がある

顎に手男性

頭皮だけでなく髪の量や質の変化にも注意が必要です。最近抜け毛が増えてきた、髪質が変化した、なんとなく朝に髪をセットしにくくなったような気がするという人は要注意です。すでに薄毛(AGA)の症状が進んでいる恐れがあります。

男性型脱毛症による薄毛の兆候

抜け毛や髪の量の変化を感じたら、男性なら男性型脱毛症(AGA)の前兆ということも考えられます。男性ホルモンによる薄毛は男性でも女性でも遺伝の影響が大きい脱毛症です。

女性は髪を育てる女性ホルモンが多く分泌され、男性より薄毛やハゲになりにくいですが、男性の場合男性ホルモンが原因で、若くから薄毛が進行する人も決して少なくないようです。

脱毛作用のある男性ホルモンは正常なヘアサイクルを乱し、髪が成長する成長期を短くしてしまいます。ヘアサイクルが乱れると髪が太く成長できなくなったり、薄毛・ハゲが目立つようになります。

抜け毛が増える

1日に髪は50~100本抜けると言われていますが、100本を超えるような抜け毛が毎日続いているなら、すでに薄毛の症状が進んでいることが考えられます。生え際や頭頂部、つむじ付近の髪が薄くなっていないか、鏡でチェックするのがおすすめです。

男性型脱毛症が原因のこともありますが、日頃の生活習慣や頭皮環境の悪化も抜け毛を増やす要因となることがあります。

髪の量が減る

ハゲてきているわけではないけれど、なんとなく髪のボリュームがなくなったと感じることもあるかもしれません。髪のボリュームが減ったということは、髪の毛自体が細くなっている可能性が高いです。

髪が急に細くなるのは薄毛の前兆の代表的な症状でもありますので注意が必要です。

髪質の変化

髪にハリ・コシを感じなくなってきたら、髪に栄養が十分行き渡っていないことが考えられます。今は髪の量があっても、だんだんとボリュームがなくなっていく恐れがあります。髪がセットしにくくなったという人も、髪が弱ってきているのが原因かもしれません。

スポンサーリンク

禿げる人の特徴③生活習慣が乱れている

アルコール

生活習慣が乱れている人は薄毛になりやすいと言われています。栄養バランスの悪い食事、不規則な生活、喫煙やアルコールも薄毛の原因になると言われています。体に不健康な生活を続けていると、髪にも悪い影響があるようです。

栄養バランスの悪い食生活

私たちの体はタンパク質でできており、髪の毛もタンパク質でできています。またタンパク質から髪の毛が合成されるのにビタミンやミネラルなどの栄養も必要です。

偏食や栄養バランスの悪い食生活を続けていると髪への栄養が不十分になり、髪が弱ってしまったり抜け毛の原因に、薄毛やハゲの原因となる可能性が高くなります

睡眠不足

睡眠中は体の疲労回復や髪や肌を育てる作用のある、成長ホルモンが多く分泌されます。睡眠不足や浅い眠りでは成長ホルモンの分泌が十分に行われず、髪に栄養が行き渡りにくくなる恐れがあります。

人間の体は生命維持に必要な器官にエネルギーが優先して送られるため、十分に疲労回復できていない体優先にエネルギーが送られ、頭皮へのエネルギー不足が生じるとも言われています。

運動不足

運動不足は血行を悪くする原因でもあります全身の血行が悪ければ抹消に血液が十分行き渡らず、毛根の栄養が不足する可能性があります

薄毛との関連も疑われている肩凝りや首の凝りも、血行不良が原因です。体を動かす習慣がなく、かつ長時間のデスクワークをしている人は注意、運動の習慣を取り入れるなど何らかの対策をした方が良いでしょう。

アルコールの飲み過ぎ

適度なお酒の量は良いとされていますが、アルコールの飲み過ぎは髪に必要なアミノ酸がアルコールの代謝で消費され、ビタミンや亜鉛などのミネラルの吸収を阻害、さらに脱毛を招く男性ホルモン(DHT)を増やす作用もあると言われています。

タバコ

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮し、全身の血行不良を招く作用があります。頭皮の血行不良は毛根に栄養が行き渡らず、抜け毛や薄毛に繋がる危険性もあります。さらに喫煙はビタミンCを破壊することでも知られており、髪の毛の生成にも悪い影響を及ぼすことが考えられます。

スポンサーリンク

禿げる人の特徴④ストレスを溜めやすい

顔を隠す男性

ストレスが溜まりやすい人、神経質な人はハゲになりやすいとも言われています。ストレスたきっかけで免疫機能の異常が誘発されると円形脱毛症を発症するそうです。またストレスは男性型脱毛症や女性のびまん性脱毛症、脂漏性脱毛症とも関係があると言われています。

ストレスがなぜ薄毛を招くのか

精神的ストレスはいくつかの脱毛症の原因とも関係があるとされています。ストレスはさまざまな体の不調を招きますが、自律神経とホルモン分泌に影響を及ぼすことが薄毛とも関わっているようです。

私たちの体はストレスを感じると自律神経の交感神経が優位になります。交感神経が優位になると血管が収縮され、筋肉が緊張状態になります。常にストレスを感じている状態が続くと全身の血行不良を招き、寝つきが悪くなりやすいです。

血行不良や浅い眠りは髪の健康に悪く、ハゲ・薄毛の原因になると言われています。脱毛症の治療をスタートさせても、ストレスにさらされていることで回復が遅くなる恐れもあります。

ストレスはコルチゾールというホルモンの分泌量を増やします過剰なコルチゾールの分泌は男性ホルモンの分泌を招きます。ストレスでニキビが増えることがありますが、これも男性ホルモン増加と関係があるとされています。

さらにこの男性ホルモンの増加で脱毛作用のあるDHTが毛根の毛乳頭と結合すれば、薄毛の原因となります。

ストレスの原因

精神的ストレスは就職や転職、結婚、離婚、家族との死別、入学や転校、引っ越しなど、環境が変わることが原因になることがあります。

職場や学校、家族や友人などの人間関係や、ケガや病気、妊娠などでも行動が制約されたり、体調不良や痛みを感じることがストレスに、社会への怒り、将来への漠然とした不安などもストレスの原因になることもあります。

スポンサーリンク

禿げる人の特徴に当てはまったら薄毛対策を

ヨガ女性

頭皮のかゆみがある、髪のボリュームがない、不規則な生活、ストレスも溜まりがち、などの禿げる人の特徴に複数当てはまったら、何らかの薄毛対策を始めることがおすすめです。対策法として日頃のヘアケア対策や育毛剤の使用、生活習慣の改善などが挙げられます。

ヘアケア対策

頭皮に赤みがある、かゆみがあるなどの症状があるなら、もしかすると今使っているシャンプー剤が合っていないことがまず考えられます。自分の肌のタイプに合ったシャンプー剤でのヘアケアが良いですが、アミノ酸系洗浄成分のものが特におすすめされています。

石油系界面活性剤や石鹸シャンプーは頭皮がすっきりするかもしれませんが、頭皮に必要な皮脂まで洗い流す恐れがあります。特に石油系界面活性剤は頭皮への刺激もあります。

アミノ酸系洗浄成分でも洗浄力が強めのものもあり、肌に優しいスカルプシャンプー・育毛シャンプーも多数販売されています。

シャンプーをする時はシャンプー剤をつける前に、シャワーのお湯で髪と頭皮をしっかり洗うようにすると、汚れも落とせるだけでなくシャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプーで洗う時はゴシゴシと洗わず、指の腹に力を入れてマッサージするように洗うのがコツです。毛穴の汚れや皮脂を浮かすつもりで、揉むように洗うのが良いとされています。

シャンプー剤を洗い流す時は、頭皮にシャンプー剤が残らないようよく洗い流しましょう。

育毛剤での対策

毎日できる育毛対策・頭皮ケア対策に育毛剤がおすすめです。育毛剤は国の認めた育毛有効成分が配合されている、薬用のものです。育毛成分・発毛促進成分配合以外にも、頭皮環境を整えるための成分も配合されています。

フケやかゆみを抑え、頭皮に潤いを与えるなどの頭皮環境改善のための成分、さらに血流促進効果のある成分や、脱毛ホルモンの生成抑制のための成分が配合されている育毛剤もあります。頭皮環境を整えて抜け毛対策、毛髪の質を高める効果が育毛剤で期待できます。

育毛剤によって育毛へのアプローチも異なり、使用感も清涼感のあるもの、刺激のほとんどないもの、潤う効果が高いものなどさまざまです。配合成分や育毛剤を使用した人のレビューも確認し、使用感や効能が自分に合った育毛剤を利用するのが良いでしょう。

男性用育毛剤(男女兼用育毛剤)は清涼感の強いものが多いようです。女性には特に保湿効果の高い女性用育毛剤がおすすめされており、ベルタ育毛剤は通販専用育毛剤で有名なものの一つです。

育毛剤はシャンプーで洗った後、髪を乾かしてから使用するのが一般的な使用方法です。育毛剤を塗布したら頭皮マッサージをします。マッサージにより育毛剤の浸透を高め、頭皮のさらなる血行促進効果が期待できます。

フケやかゆみ、抜け毛予防には比較的早く育毛剤の効果が現れやすいそうです。育毛、発毛促進には半年はかかると言われています。毎日コツコツ続けることも重要です。

育毛サプリの摂取

育毛剤と併せておすすめされている育毛対策法が育毛サプリの摂取ですノコギリヤシ亜鉛、ミレットエキス、イソフラボン、カプサイシンなどの毛髪成分配合サプリメントが注目されています。

体の内側からも髪に良い成分を摂取し、ハリ・コシのある髪に成長することが期待できます。もちろんサプリだけでなく、日頃から栄養バランスの良い食生活を送ることも重要です。

生活習慣の改善

禿げやすい人の特徴に挙げたような生活に当てはまる部分があれば改善しましょう。栄養バランスの良い食事、規則正しい生活、適度な運動を心がけ、アルコールは適度な量で、タバコはなるべく控えることをおすすめします。

ストレスもはげる原因になるので、あまり溜め込みすぎないようにしましょう。悩みがあれば人に相談を、スポーツや気晴らしなど自分に合ったストレス対策方法を実践しましょう。

スポンサーリンク

ハゲ・薄毛が進行している人は薄毛治療での対策を

医者のデスク

遺伝性の薄毛では生活習慣やヘアケアでは改善が難しいと考えられます。すでに薄毛が進行ている状態にある人は、薄毛治療をスタートすることもおすすめされています。市販の発毛剤での対策か、AGAクリニックでの治療が考えられます。

ミノキシジル発毛剤

薄毛が気になり始めたら、市販のミノキシジル発毛剤でのAGA対策方法もおすすめされています。ミノキシジルは発毛効果のある成分です。ミノキシジル5%の1年の使用で、9割以上の人で薄毛が改善されたという臨床試験の結果も報告されています。

クリニックでのAGA治療・発毛治療

いろいろな対策方法を行ったけれど薄毛が改善されないという人は、AGA治療・発毛治療で改善されることが期待できますクリニックによっては数ヶ月で95%以上の人が改善したというデータもあるようです。

「育毛サーファーの実体験記録」という有名なサイトではAGA・薄毛の悩みに関する多くの質問が寄せられています。そこではAGAクリニックでの治療の体験談も掲載されているので、AGA治療を検討している人にも参考になるかもしれません。

AGA治療の方法はミノキシジルやプロペシア(脱毛ホルモン生成を抑制する薬)などの投薬治療が主流となっていますが、頭皮から直接薬剤や成長因子を注入する施術による治療も症状に合わせて行われています。無料カウンセリングを実施しているAGAクリニックも多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

帽子男性

禿げやすい人の特徴として、頭皮のかゆみや赤みなど頭皮のトラブルがある、頭皮が硬い、抜け毛が多い、髪のボリュームがなくなってきた、髪質の変化があったなどの外見的特徴があるようです。

頭皮のトラブルは炎症による脱毛を招く恐れがあり、抜け毛や髪質の変化など髪の毛自体にすでに異変を感じられるなら、薄毛の進行が始まっている可能性もあります。

さらに禿げる人の特徴として、食生活が乱れている、睡眠不足、運動不足、アルコールの飲み過ぎ、タバコを吸うなどの行動パターンも挙げられます。

禿げる人の特徴に当てはまったらヘアケアや育毛剤などの頭皮ケアではげるのを予防、生活習慣の改善で健康な髪の成長を図る薄毛対策の実践がおすすめです。

すでに薄毛が進行しているという人は、上記のような対策では改善されない可能性もあります。AGA治療・発毛治療によって薄毛の改善効果が期待できます。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!

agaの治療費用はどのくらい掛かる?クリニックなどで掛かる費用の相場を紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク