生え際に短い毛が多くなる原因は?切れ毛を改善し髪の毛を伸ばす方法を紹介!

髪の毛のトラブルとして多いのが、「生え際がなんとなく薄くなったような…」とか「生え際の抜け毛が短い毛になってしまった…」という生え際関連のトラブルです。これらのトラブルは最初のうちは気が付かないものなのですが、昔の自分の写真などと比べるなどわかりやすい対比でわかってしまうものなのです。

そこで、今回はこの生え際トラブルの一つである、薄く見えるとか短い毛ばかりになってしまう原因や解決方法について詳しく解説いたします。

スポンサーリンク

生え際の短い毛が多発する原因について

0eac8cf7acadfc38d4316a78c0cccb0c_s

生え際の短い毛は非常に気になりますし、短い毛ばかりになってしまうと前髪がセットできない状態になるので、髪型が限定的になってしまいます。

そこでまずはこの短い毛が多発する原因について考えていきましょう。

髪の毛がうまく成長できていないから

短い毛が多くなってしまう原因の一つはこれになります。このうまく成長できない状態というのは非常に厄介でしっかりとした髪の毛になる前にまた抜けてしまうという状態になっていることを意味しております。

しかし、こうなってしまう原因もいくつかありますので、さらに細分化して考えていきましょう。いろいろと難しいと感じるかもしれませんが、あなたの髪の毛を守るためには必要な知識ですのでしっかりと学んでいってください。

AGAの可能性もある

短い毛が多発している人は、ヘアサイクルが大きく乱れている可能性があります。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語にすると「男性型脱毛症」となるでしょう。これは日本人の1000万人以上を苦しめている現象であり、発症するのがほとんど当たり前になってしまった、厄介なハゲ症状だと思ってください。

AGAになってしまうと、通常の人のヘアサイクルである成長期⇒退行期⇒休止期⇒脱毛⇒成長期…というヘアサイクルの成長期が著しく短くなってしまい、髪の毛がきちんと成長できなくなるので、短い毛が多発するようになるのです。

このAGAは男子の胎児期に外性器の発達を促すという役割があるジヒドロテストステロン通称DHTによる作用によるものです。このホルモンは様々な悪さをもたらすので、悪玉男性ホルモンとすら言われるようになってしまいました。

DHTの発生メカニズムについて

このDHTはいきなり発生するのではなく男性ホルモンの「テストステロン」が酵素の一つである「5αリダクターゼ」と結び付いてしまうことで生成されてしまいます。この「5αリダクターゼ」にはタイプ1とタイプ2が存在しておりますが、この短い毛や抜け毛が多くなってしまうのはタイプ2と結び付いてしまうときになるので、覚えておきましょう。

このタイプ2は頭頂部や前髪に多く存在しているのでどうしても、生え際や頭頂部が薄くなる日本人男性は非常に多くなっております。彼らの多くはAGAに苦しめられていると考えるといいでしょう。

このDHTは髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと接触することで、脱毛命令を出すタンパク質を生成してしまうようになります。このタンパク質も種類がありますが代表的なのが脱毛因子のTGF-β1です。

AGAの治療薬として発売されているプロペシアといった薬はこのDHTに関連する作用のどこかを阻害するものと理解していただければいいでしょう。ちなみに、プロペシアは5αリダクターゼタイプⅡの阻害薬となっております。

髪の毛が成長するための空間がない

これはAGAとは異なり、本来なら成長できているはずなのに、その空間がないため成長できないというパターンです。具体的には毛穴の奥に詰まったフケや古い皮脂などの汚れによって毛穴詰まりが発生するようになってしまって、本来なら正常に生えてくるはずの髪の毛が上に向かって成長できなくなってしまったというパターンです。

小さな隙間があればある程度は成長するようになるので、髪の毛も生えてはきますがその髪の毛は正常な髪の毛と比べて細く短い毛となってしまうことが多くなります。これは脂漏性脱毛症と呼ばれる病気の症状の可能性もありますので要注意です。

切れ毛が多発して短い毛になっている

正常に育っている髪の毛ではあるのですが、切れ毛が多くなってしまったことで結果的に短い毛が多くなってしまったというパターンです。これも意外と多いので、次々と髪の毛が切れるという人は気を付けてください。放置してしまうと大きな髪トラブルにつながってしまいます。

基本的に髪の毛の切れ毛が多発する理由は弾力がほとんどないもろい状態になってしまっていることが原因で、この状態の髪はちょっと引っ張っただけでもブチブチと切れてしまうでしょう。

スポンサーリンク

なぜAGAになるのか

c7698b67801bc6fbbbb06c06d8250b6c_s

それでは原因を一つずつ細かく分析して、どうしてそのような状態になってしまうのかを調べていきましょう。

この原因を理解することで、対策を練ることが可能となります。まずはAGAになぜなってしまうのかを調べましょう。

遺伝もある

基本的にこのAGAになるかどうかは持って生まれた部分も大きく作用します。なぜなら遺伝によって5αリダクターゼが多い家系と少ない家計にどうしても分けられてしまうからです。これは非常に厄介なことで、家族や親せきに頭頂部や生え際が後退している人が多いなら、高確率でAGAになると思ってください。

遺伝はどうしようもない部分ではありますが、家族に生え際や頭頂部がやられている人が多いという方は出来る限り意識して対策を講じましょう。

老廃物を除外する能力が低い

DHTは基本的に汗や尿などで老廃物とともに除外されていきます。この除外する能力が低い人や、除外する機会がそもそも少ない人というのはどうしてもDHTの影響が受けやすくなってしまうでしょう。

もちろん、AGAを改善するためには運動だけすればよいというわけではありませんが、DHTを排出する機会そのものが少ない人は基本的にAGAになる確率は高いということです。DHTのもとになるテストステロンも筋トレなどの運動で増えますが、運動をすることで筋肉や骨などに使われる受容体へ取り込まれていくので、結果的にテストステロンも減って発症率も低下するのです。

髪の毛によいことをしていない

AGAになってしまう原因というわけではないのですが、もともと髪にプラスになることをほとんどしていない人ならば、AGAになる確率が高くなっているので薄毛や短い毛が多くなってしまうでしょう。

例えば、ストレスによって血行不良が多くなってしまうという人、食生活が偏っており髪の毛の成長に必要なタンパク質などの栄養素が補給されていない、睡眠不足になってしまって成長ホルモンをうまくいかせていない、運動をしておらず肥満気味であるなどいろんな部分が積み重なって大きなマイナスとなります。

一つ一つはそこまでAGAとは関係ないのですが、髪の毛がまっとうに育てられない状況にある人ならば、最初から髪が弱っているのでAGAになってしまうことで、急速で薄毛やハゲが進行してしまうでしょう。

スポンサーリンク

切れ毛が多いのはなぜ?

90e4b9676208cf3b7ad32c5ccde1cca9_s

髪の毛が短くなってしまう要因の一つに切れ毛が多発するというものもあります。この切れ毛の多発は最初のころは気が付かないのですが、だんだんと目立つようになるので、気が付いた時には髪がボロボロになっているでしょう。

そこで、なぜ切れ毛が多発するのかを調べていきます。

キューティクルが失われている

おそらく切れ毛の最大要因といえるのがこれです。

髪の毛を保護するためにキューティクルが失われている場合は切れ毛が加速します。髪の毛の一番外側にあるこのキューティクルは硬いタンパク質でできた細胞がうろこ状に重なって髪を保護しているのですが、この保護機能も無敵というわけではなくダメージを受けることで失われてしまうのです。

カラーリングやパーマによるダメージ

最も短期間で髪の毛にダメージを与える方法はこの二つでしょう。これらの二つは髪型を変更するためには必須ではありますが、どうしてもパーマや縮毛矯正、そしてカラーリングの液剤は髪の毛に負担をかけてしまいます。デジタルパーマなどいろいろと種類はありますがダメージになるのは事実なので減らしましょう。

特に欧米の方々が使っている製品をそのまま使っている人は要注意です。金髪が多い欧米人と日本人では髪質が大きく異なり、キューティクルの強度も違います。日本人はかなり弱い部類に入るので、欧米人のような強いキューティクルを持っている人たちようの液剤を使うのは刺激が強すぎるため、髪の毛に大ダメージとなってしまうのです。

ヘアアレンジをするために、えりあしをいじったり、ストレートパーマをかけたり、ウェットヘアを意識するためにジェルやスプレーを使うのもいいですが、髪の毛のいじりすぎはダメージになるので覚えておいてください。スプレーの使い過ぎやヘアワックスの使い過ぎもやめましょう。つむじや分け目が気になりすぎていじるのはいいですが、リスクがあることは覚えておきましょう。

紫外線やドライヤーなどの熱ダメージ

紫外線ドライヤーによる熱が蓄積され続けてしまうとキューティクルが一気に弱っていきます。紫外線対策は帽子と日傘をすることなどですので、夏場はこれらを駆使して紫外線を防止しましょう。

また、ドライヤーの誤った使い方で髪の毛に熱によるダメージを与えている人も非常に多いので、気を付けましょう。いきなりドライヤーを使うのではなく、しっかりとタオルドライをしてから使うようにしてください。

摩擦によるダメージ

これも意外に多い切れ毛の原因です。特に多いのがタオルドライやブラッシングによるダメージで、タオルドライを行うときは髪をこすらないように意識しつつ対応する必要があります。ごしごしと擦るのではなく挟むようにして髪の毛の水分をとるようにしてください。

ブラッシングも髪の毛には必要な行いではありますが、無理やりくせ毛を整えるように擦るといった使い方ばかりをしていると、強い刺激となってしまいますので要注意です。あとは髪の毛を触るクセがある人も気を付けてください。

また、髪の毛が長い人は寝ているときの寝返りでもダメージが入る確率が高いので、まとめ髪にして無意識で引っ張られないようにしたほうがいいでしょう。

濡れたままで放置する

ドライヤーやヘアアイロンなどで温められることも危険ですが、風呂上がりで拭かないで濡れたまま放置することが多い人は抜け毛や切れ毛、そして脱毛症になってしまう可能性があります。

髪が濡れた状態で放置すると、基本的にキューティクルは外側へめくれている状態になるので、はがれやすいまま放置することになり、ちょっとしたダメージが髪に大きな影響を与えるようになってしまうのです。

濡れたまま放置すると、細菌が繁殖する危険性もありますし、炎症やフケが増えてしまう原因にもなります。濡れたままの状態では気化熱で熱が奪われる危険性もあり、熱が奪われて血行不良になる恐れもあります。

髪の毛がしっかりと成長できていない

直接的に髪の毛に行くダメージが原因となっているのではなく、最初から髪の毛がボロボロの状態になっている人は切れ毛が増えるのは当然といえるでしょう。その理由はしっかりと髪の毛が成長できていないからです。

女性ホルモンの不足

髪の毛は女性ホルモンのエストロゲンの量によってきれいに成長するかどうかが大きく変わってきます。この女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことで、髪の毛が弱くなってしまうことが多く、抜け毛や切れ毛が増えてしまうこともあるでしょう。

食生活・ストレス睡眠習慣生活習慣など様々なことが原因となりますので、ホルモンバランスの乱れには十分に気を付けてください。あまりにもバランスが崩れてしまうと女性でもDHTが暴れて女性型脱毛症になってしまいます。

栄養不足

髪の毛そのものの栄養が不足してしまった場合は、髪質が著しく低下するのでまともに育たなくなります。髪の内部がスカスカの状態では、どうしても弱くなってしまうので簡単に切れるようになってしまうのです。

特に、タンパク質・ミネラル・ビタミンが不足している人たちは要注意ですので、抜け毛や切れ毛が増えた人は食生活も振り返ってください。ダイエットをしている人たちは栄養不足になりがちですので、ダイエットをした結果、薄毛や抜け毛、そして切れ毛が増えたという人はたくさんいます。

血行不良

しっかりと栄養を摂っていた人でも、その栄養が毛根の毛母細胞にまで到達していないのでは意味がありません。その最大の原因が血行不良でしょう。血行不良になる原因はいくつかありますが、運動不足や食事の偏りによる作用が大きいでしょう。

髪の成長には栄養以外にも酸素が重要なので、酸素も届かなくなってしまう状況では成長がうまくいかないを通り越して、最初から生えないという状況になってしまうことも考えられます。

スポンサーリンク

それぞれの状況に合った対策をする

aff48d6993bacb884a781672d3a62879_s

切れ毛が多くなってしまう原因は多いです。ある程度症状が進行することで特定することができるようになりますが、それでは遅いことのほうが多いので、できる限り最初のほうに原因を特定して動けるようにしてください。

AGAの人はAGAクリニックを使うことも考える

AGAはかなり治療が難しいです。それでも、現代医療ではAGA治療の方法もある程度確立されてきているので、すでにM字ハゲになっているとか、おでこが広がって危険信号が出ているという人はいち早く専門家の方々の意見を聞きましょう。

AGAの解決技術は美容院では得られませんので、施術ができるようなプロの知識を借りてください。口コミで評判が良いおすすめのヘアケア剤やシャンプーなどを使っても効果がでないという人は、AGAの影響が強く出ているサインでもありますので、いち早く対処法となる薬を処方してもらったり、ヘアケア方法を教授してもらいましょう。

日常で気を付けることに目を向ける

抜け毛や切れ毛が増える原因はかなり細かい部分に作用されていることが多いので、何気ない行動であったとしても、注意して考え直す必要があります。シャンプーの使い方やヘアケア剤の選び方、選び方、分け目の考え方、頭皮の肌の状態確認、髪の毛の根元状態の確認など悩みは一杯見つかります。

それぞれの解決方法を一つずつ確認して、立ち回れるようになりましょう。栄養分についても情報を集めるようにするのが基本です。様々な記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

切れ毛の原因は非常に多い

すきバサミなどの髪自体をいじる器具を自分で使うよりは、美容室にいって美容師にしっかりとカットとセットしてもらったほうがいいでしょう。ドライヤーの使い方なども動画サイトなどで紹介していますが、それでは安心できないという人は専門家の意見を聞いて参考にしてください。

シャンプー剤などにもいろいろとありますが、どの成分が頭皮環境改善に効果があるのか、ポイントはどこなのかと、気にする部分は多く他にも調べるべき項目は多々あります。切れ毛が原因で髪が伸びない人は原因がいろいろとありすぎるので、まずは絞ることから始めてください、

まずは頭皮ケアのやり方や、自分の傾向を把握して、様々な記事やブログを参考に情報集めから始めましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

ブリーチは髪が痛む?ヘアカラーとの違いとケア方法を知ろう!

縮毛矯正にかかる値段は?矯正後に使用するシャンプーや市販の矯正剤の使用方法を紹介!

髪が痛むヘアアイロンや縮毛矯正の注意点とは?正しいヘアケアの方法を知って髪質を向上させよう!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク