AGAの薄毛の原因ジヒドロテストステロンってなに?DHTを汗で減らす方法を紹介!

ジヒドロテストステロン通称DHTはAGAの最大原因であり、これが大量発生してしまうことで、AGAが一気に進むようになるのでハゲが悪化します。このDHTをどうにかすることが抜け毛対策及びハゲ対策としては最も有効であるという考えが多くの方に浸透したことでしょう。

そこで、今回はその対策をいくつか紹介します。特に、汗によるジヒドロテストステロンに注目して解説していきましょう。

スポンサーリンク

AGAについて

1b33c16ce18e11e00575df31f577379e_s

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。男性型脱毛症とは多くの方々が聞いたことがあるでしょうが、これは、多くの日本人男性を苦しめているので絶対に忘れてはいけないものとなっております。

その割合はなんと20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人とまで言われており、1000万人以上の被害者を出しているのです。なので、このAGA対策をしっかりできているのかどうかがハゲにならない対策と言えるでしょう。

仕組みについて

AGAの仕組みはジヒドロテストステロン通称DHTが大きく関わっております。このDHTは男子の胎児期に男性器の発達を促すという男性にとって欠かせない役割を持っているのですが、大人になることで別の働きをもたらしてしまうようになります。

それはニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こすようになり、髪の毛のヘアサイクルも大きく乱すようになるのです。そのため、悪玉男性ホルモンや強力な男性ホルモンなどと呼ばれることもあります。

DHT発生のメカニズム

このDHTは男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変化することで誕生し、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくようになることで脱毛命令を出すようになるので髪の毛がうまく生えなくなるのです。

この5αリダクターゼにはタイプ1とタイプ2の二種類が存在するのですが、AGAが進むのはタイプ2の5αリダクターゼと結びついたときで、この酵素が大量に存在するのは頭頂部と前頭部になります。頭頂部や前頭部のどこからハゲが加速するのかはその人次第ではありますが、AGAになってしまった人たちは生え際がきわどくなってしまうとか頭頂部が透けて見られるようになるので、特徴的でわかりやすいと言えるでしょう。

DHTと毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体が結合することでTGF-βと言われる成長抑制因子が大量発生すると、毛乳頭に成長抑制命令が出るようになりヘアサイクルが乱れるのです。

ヘアサイクルについて

ヘアサイクルは男性でも女性でも基本的には同じです。これは髪の毛が生えて抜ける周期のことで、抜け毛や薄毛が加速している日とは基本的にこのヘアサイクルに異常が発生していると思ってください、

このヘアサイクルは成長期→退行期→休止期→成長期・・・というサイクルを繰り返すのが基本です。成長期とは髪の毛が新たに生まれて育つ時期であり、基本的に2~6年は続いて髪の毛全体の90%がこの成長期に該当します。

そして、退行期とは2週間程度の期間があり髪の毛の成長が鈍って止まるようになる時期です。これは髪の毛の約1%が該当するのが健康な状態です。休止期はだいたい3~4ヶ月になっていますが、完全に成長が止まって抜けるようになるタイミングとなります。ちょっとした刺激で抜けるので髪を洗っている時やブラシでセットするときに抜けるようになるでしょう。だいたい髪の毛の10%がこの休止期に該当します。

先ほど説明したタイプ2の5αリダクターゼと結びついて発生するDHTは、この成長期の期間を一気に短くします。そのため、髪の毛がほとんど成長していないのに抜けるようになるのです。こうなると休止期や退行期に遭遇する時間が増えていくので「なんとなく生え際が気になる」とか「頭頂部が透けて見える気がする」という初期髪トラブルが発生するようになります。

原因について

AGAの仕組みを理解していただいたのならポイントや関係もなんとなくはわかっていただいたと思います。

それは男性ホルモンのテストステロンが増える、還元酵素のタイプ2の5αリダクターゼが増える、そしてジヒドロテストステロンが生成されるの3つです。これら3つがかみ合う状況が続くことで、AGAが一気に悪化します。

テストステロンは減らさない方が良い?

ただし、このテストステロンは増加することでメリットが多く減らすのはNGという考え方の方が浸透しております。実際に減ったときのデメリットも多々あるので、この男性ホルモンをあえて減らすのはやめた方がいいでしょう。

実際に増えたときのメリットは筋肉の成長促進作用が強く出るので、たくましい体を手に入れやすくなります。筋トレなどの効果も出やすくなるので重要なのです。また、このホルモンは筋トレで増えるとも言われているので、体を鍛えることが大きくプラスに働いてくれます。

それ以外にも脳にやる気や意欲を出すよう指示するドーパミンの分泌を促す作用があり、やる気が出やすくなります。メンタル面はどの年代でも重要な部分なのでこの効果はうれしいでしょう。

また、テストステロンは血管や臓器に有害な不純物質が蓄積されなくなる作用がある一酸化窒素の分泌を促すので、血管を健康に保ちやすくなるのです。要するに生活習慣病予防作用もあると言うことになります。これらのプラス作用だけでも減らすのは避けた方がいいということがよくわかります。

5αリダクターゼやDHTを抑えるのが正解?

5αリダクターゼやDHTについては基本的に増えた方が良いという声はそこまで多くなく、むしろAGA対策にはこの二つをどうにかするのがベストであるという意見が多かったです。ここで、今回の主目的であるジヒドロテストステロン対策としての汗の有効性に結びつくことになります。

どのようなことが原因で5αリダクターゼやDHTが増えるのか、どうやったら減らすことができるようになるのかは事項から確認していきましょう。この二つを制御できるようになればハゲ予防として最も有効な方法となってくれます。

スポンサーリンク

AGA対策について

b842a0b4a1650d36576ffa81604edcfd_s

それではより具体的にAGA対策を紹介します。先ほど説明した部分とリンクしますので、

5αリダクターゼに対する対策とジヒドロテストステロンに対する対策と別けて下記に解説いたします。この二つをどうにかすることがAGA対策にとって、最も有効となります。

5αリダクターゼ対策

5αリダクターゼを抑制する方法は抑制効果がある栄養素を摂取すること、ストレスを緩和する生活をすること、飲酒や喫煙を控えるようにすること、育毛アドバイザーなどの専門家がいる病院やクリニックで薬を処方してもらうことでしょう。

一つ一つより具体的にその仕組みや対処方法を解説していきます。

5αリダクターゼを抑制作用がある栄養素について

効果がある栄養素として頻繁に紹介されるのが亜鉛イソフラボンノコギリヤシとなります。現代人は基本的のこの3つの栄養素が不足しているので、食事による抑制はできていないと言えるでしょう。

もちろん摂取しすぎは危険ですが、摂取量が少なすぎる状態であるため、摂り過ぎについてはそこまで気にする必要は無いでしょう。

亜鉛について

亜鉛は生牡蠣・レバー・牛肉・煮干し・卵・大豆などから摂取でき、1日上限はだいたい30mgと考えていただければいいです。生牡蠣一つで2mg程度なのでこのラインを超えることはなかなか無いでしょう。

むしろ食事だけではカバーできませんので、サプリメントなどを使って補うことも重要です。ですが過剰摂取では下痢などの健康被害が発生することもありますので、注意しましょう。

大豆イソフラボンについて

イソフラボンは大豆由来の食べ物に多く含まれており、納豆や豆腐、豆乳などを摂取することで成分として吸収されていくでしょう。豆乳などがあれば毎日摂取も可能なので、食生活を見直して取り入れるようにしてください。

ですが、これも女性の場合は乳がんのリスクが上昇する例も報告されていますので過剰摂取に注意しましょう。

ノコギリヤシについて

ノコギリヤシは聞いたことが少ないと思いますが、これは北米大陸からメキシコにかけて自生する植物の一種です。食べ物としての摂取は難しいのでサプリメントや育毛剤を使っての摂取が一般的となるでしょう。抜け毛対策の有効成分としてもこれらの栄養素は紹介されているので、探せばすぐに見つかると思います。

亜鉛が減る行動について

亜鉛は実はとある行動で急激に減少すると言われております。その一つが活性酸素の大量発生です。この活性酸素の大量発生は色々と原因がありますが、ストレスも理由の一つとなってしまいます、ストレスを長時間大幅に受け続けると活性酸素が大量発生してしまい、その対策として体内で亜鉛が急速に失われていきます。

また、亜鉛は射精によっても消費されていくようになるので、日頃からオナニーやセックスによって精液を消費し続けている人は要注意となります。

薄毛対策としては意外かもしれませんが、亜鉛不足を防ぐためにオナ禁が効果的という人もいるくらいなのです。「エロは男の活力!」と考えている人もいるでしょうが、脱毛ホルモンDHTを制御するためには我慢した方がいいかもしれません。

しかし、定期的に精子を入れ替えないと、無精子症や異常精子が増加したり、睾丸機能の低下などのリスクが増加することも報告されているので、溜め過ぎにはマイナス要素も伴いますので、注意してください。

実際に、亜鉛が不足すると脱毛症が加速するということもありますが、それ以外にも皮膚炎や味覚障害などのトラブルを引き起こすと言われておりますので、亜鉛摂取は必須だと思った方がいいでしょう。特に、現代社会はストレス社会ですので、亜鉛消費量は多いと思ってください。

ストレス緩和を意識する

ストレスには亜鉛を減らしてしまう作用以外にも、血行不良なども発生しやすくなるので体にとって大きなマイナス作用をもたらしてしまいます。睡眠障害にもつながり、成長ホルモンがうまく分泌されなくなってしまうようになるので、様々な負の要素をもたらしてしまうのです。

これを避けるためにも太陽の光を浴びるようにするとか、趣味ができる時間を確保するとか、半身浴でもしながらゆったりとお風呂に入るとか、いろいろとやり方はあるでしょう。人それぞれの部分も多いので、自分に合った方法を必ず身に着けてください。

特に、趣味によってストレス解消をされている人は疲れやストレスがたまりすぎると、それらの趣味にすら興味を示さなくなるので、疲れがたまっている人は疲労回復に意識して動いてください。

ストレスがたまりすぎることでホルモンバランスが崩れることもよくあるので、そのせいで皮脂分泌量が多くなってしまうこともありますし、女性でも女性ホルモンが減ってAGA症状が出てしまうこともあるのです。

飲酒や喫煙について

飲酒喫煙は基本的にAGAの人はやってはいけない行動となってしまいます。5αリダクターゼを中心に考えた場合も、飲酒によってアルコールを大量摂取すると亜鉛などのミネラルやビタミンなどの栄養素が消費されてしまうのです。

喫煙も同じで活性酸素を大量発生させます。この大量発生を抑えるために亜鉛が大量消費されるのです。結果的に亜鉛不足となってしまいAGAが加速します。対策は飲酒と喫煙をやめることでしょう。

DHT抑制のためにもこれらの5αリダクターゼ対策を積極的に行うようにしてください。この部分をある程度守ることができれば、AGA対策としてしっかりと機能してくれるでしょう。AGAはなってしまってもじっくりと進行するのでわかりにくいのですが、対策や予防策を行っていれば発症することは少なくなり、発症していても進行が遅くなります。

薬について

AGAの治療薬というのも実は用意されております。その薬とは有効成分フィナステリドが含まれているプロペシアや有効成分デュタステリドが含まれているザガーロです。これらの薬は還元酵素の阻害薬となっており、これらの薬を飲み続けることでAGAの影響を薄めることができます。

基本的にこれらの薬は市販されていないので、通販購入からの定期便利用はできません。海外からの輸入という方法もありますが、保証という観点や副作用の有無から海外からの輸入品は使わないほうがいいでしょう。やはり薬にも相性がありますので、外国の方向けの薬ではいささか不安があるのです。

DHT対策について

次にDHT対策について解説します。Ⅱ型の5αリダクターゼの活性を抑える方法については紹介したので、DHTに焦点を絞って紹介します。下記の内容に心当たりがある人たちは要注意となっているので、しっかりと熟読してください。

飲酒や喫煙をやめる

AGAの原因物質を活性化させてその作用を抑える亜鉛を大量消費するこれら二つですが、DHT大量発生の要因にもなってしまいます。それが血行不良や酸欠による髪の毛の栄養不足です。

髪の毛の成長には毛母細胞が活発化する必要があるのですが、この毛母細胞は酸素と必要な栄養素が届かないと細胞分裂しません。血行不良と酸欠状態がでやすくなる飲酒と喫煙は髪の毛の成長が鈍りやすくなるのです。こうなると、DHTの影響が出やすくなるので髪の毛が成長しにくくなります。

また、大量の喫煙は肝臓に大きな負担がかかるようになるので肝臓の代謝機能そのものが低下します。こうなると髪の毛に必要な栄養素をいくら摂取しても摂った栄養を使いやすくできなくなり、髪の毛の必要なビタミンなども消費していってしまいます。これらの影響は大きすぎるので、できる限り禁酒禁煙をしてください。

運動を積極的に行う

DHTを除外する方法の一つとして新陳代謝を上げて汗をかきまくるというやり方もあります。このDHTは人間の汗や尿に混ざって体外に排出される特性があるので、汗をかく回数が多い人達は結果的にAGA対策になっていたのです。

具体的には、有酸素運動をする・サウナに入る・お風呂に入るなどの行動が汗をかくためには有効でしょう。特にこれらは、ストレス解消につながることもありますし、血液循環効率を上昇させる作用もあるので、非常に効果的となるのです。血行促進作用は毛乳頭に栄養分が届きやすくなり毛母細胞も活性化しやすいので効果的なのです。

緊張をすれば汗をかくという意見もありますが、それはストレスをたくさん受けることになりますので、ストレスによるマイナス作用を大量発生させることにつながります。そのため、それ以外の方法がいいでしょう。

また、筋トレをするとテストステロンが増えるのですが、増えすぎるとDHTが生まれやすくなってしまうので、筋トレのし過ぎは避けたほうがいいかもしれません。ただ単に運動不足を補うのではなく、運動量を気にしつつ中身を考えてください。

利尿作用を促す

汗以外にも尿はDHT抑制につながるので、利尿作用のある飲み物を利用するのもいいでしょう。具体的には緑茶がいいと思います。

ほかにも利尿作用がある水分は種類がありますが、糖分が多い飲み物だと別の影響が出る可能性がありますので、シンプルなのを選んでください。

髪の毛によい栄養補給をする

DHTによる悪影響を防ぐためには、髪によい作用がある栄養素を補給するのも有効です。

具体的にはビタミンやタンパク質、そして亜鉛などが該当しますので、それらを食べ物や栄養サプリから補給するようにしてください。

スポンサーリンク

髪によい作用だけではだめ

髪によい行動はヘアパックやシャンプー改善、頭皮マッサージなどいろいろとありますが、AGAが原因の人はそれだけでは決して良くなりません。公式ページにいろいろと作用が記載れている育毛サプリにも血流改善や育毛成分多めのおすすめなどいろいろとあるでしょうが、それだけでは治らないことも多々あります。

有酸素運動や大豆食品などを摂取する対策方法など、試せることはしっかり行って薄毛予防をしてください。個人差があるのでどれが一番効果的なのかも大きく異なるのです。血行改善などもこの記事では触れてきましたが、これらすべてを取り入れてもAGAが進む人だっているでしょう。

そのような人達は、専門の医師に意見を求め、薄毛が気になる人は発毛や育毛以外に人工毛植毛などの植毛や増毛といった薄毛治療を考える必要があります。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

全身の毛が抜け落ちる汎発性脱毛症は治るの?原因や治療法について紹介!

ハゲの予防に重要な6つの要素について。M字ハゲやつむじハゲを予防する方法を知ろう!

つむじハゲの初期症状を紹介!早期対策でつむじハゲの進行を食い止めよう【原因と対策法】

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク