男性ホルモンが薄毛の原因になる?その仕組みと対処方法を知ろう!

髪に抱える悩みを訴える人の症状は様々です。薄毛も髪全体の毛量が少ないタイプから、生え際や頭頂部、後頭部が特に毛量が少なくハゲのイメージを強めてしまうのかなど、様々な症状を抱えています。

近年、髪の悩みを訴える人が増えてきており、皆さんもなんとなく耳にする知識から、少しヘアトラブルについては以前よりも詳しくなってきているのではないでしょうか。

そこで男性ホルモンとの関係についても耳にしたことがあると思います。薄毛や抜け毛の症状に悩む方は対策法を取り入れようと情報を集めている時に目にしてきたと思います。男性ホルモンと薄毛にはどのような関係があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

男性ホルモンの役割

fashion-2082066_960_720

男性ホルモンが薄毛の原因になる。男性ホルモンが増加しすぎるとハゲる。こうした言葉を耳にしますが、実際に男性ホルモンと髪の毛はそれだけ関係性があるのかという疑問を抱きます。

男性ホルモンは男性を男性らしく保つために必要であるはずなのですが、なぜ髪の毛に影響をもたらすのでしょうか。まず男性ホルモンの働きについておさらいしておきましょう。

男性ホルモンの役割

今回、薄毛やハゲとの関係性についてまとめていくので少し男性ホルモンへの役割について不要と感じてしまった方もいるかもしれませんが、ここでしっかり男性ホルモンの必要性を抑えておきましょう。

男性ホルモンが薄毛の原因を作るということだけを意識してしまうと、男性ホルモンからの必要な効果を半減させてしまうだけでなく他に様々なリスクを高めてしまいます。

男性器の発達促進効果

男性ホルモンは男性器の発達を促進する働きがあります。男性器の発達に関して必要性の感じ方には個人差があるかもしれませんが、男性器は時期や年齢は異なっても必要な成長を促せないと男性器が原因になる病気のリスクを高めることもあります。

中でも最近発症率が高まっているのが、前立腺がんです。前立腺がんは男性器の異常から発症してしまうがんで発症率が高まる背景には、男性器の成長が一昔に比べると正常に成長しにくくなっている人が多いからです。

男性らしい体つくりを促す

男性ホルモンが男性には女性より多く分泌されていることから、男性は筋肉がつきやすい性質を持っています。女性が少し負荷をかけた筋トレを行なっても、筋肉が目に見えてわかるまでには時間がかかります。

男性の場合は女性に比べると、量や時間が少なくても筋肉が体につきやすくなっているのは男性ホルモンの分泌量が多いからです。筋肉量が増えることで体内ではタンパク質の生成作用が促されるので、さらに男性は筋肉のつきやすい体に変化していくということです。

バイタリティーの源

男性ホルモンの役割はまだまだたくさんありますが、特に男性特有の働きとして男性器の発達促進効果、筋力増加を挙げました。ここまで当たり前の知識と感じる方もいますよね。

男性ホルモンの役割の中で、もっとも重要と感じて欲しい役割があります。それが男性ホルモンを体内に必要な量分泌させることで、バイタリティーの源にもなるということです。

バイタリティー溢れた人なんて言われたことありませんか?

  • いつもなんだか楽しそう
  • やりがいを感じている人
  • 責任を背負いながらもやる気を起こしている人
  • アフターファイブを満喫している人
  • とにかく活発な人

バイタリティー溢れるとは、周りからこのようなイメージを持たれる人ですよね。反対にバイタリティーのある人とはなかなか言えない。

  • いつも暗い
  • やる気や覇気がない
  • 1人の時間が多い
  • 笑わない
  • 外に出ない

バイタリティー溢れた人とは正反対に、こうしたイメージを抱かれる人ももちろんいます。こうした性格の違いは、その人も持った感性や生き方が影響してくるものですが、実は男性ホルモンも関係してきているのです。

男性ホルモンが過剰分泌することからも悪影響を及ぼすことはありますが、あまりにも分泌量が不足してしまうと、やる気や活力の低下につながり生気のない人というイメージを抱かれる原因にもなるのです。

少し信ぴょう性がかけると感じる人がいて当然ですが、ただの噂だと思いながら少し周りを見渡してみてください。男性ホルモンが多いかもしれない人と、少ないと思う人を分けてみると、男性ホルモンと活力問題にも関係性があると感じられませんか?

男性ホルモンの必要性

男性ホルモンが本当に薄毛の原因になるとしても、まずは男性ホルモンの役割を知ることは重要です。どのような働きがあり、どのような効果につながるのかを知らずに薄毛の原因になるということが先行してしまっては、さらに大きな影響を与えてしまうことにもなります。

男性ホルモンが著しく低下してしまうと、男性器機能低下や筋肉不足だけでなく、毎日の生活を高めるためのモチベーションさえ左右してしまうのです。

スポンサーリンク

男性ホルモンと薄毛の関係

adrenaline-872345_960_720

男性ホルモンは男性なら必要量体内に上手に分泌させておきたいものです。男性はスケべという言葉で表現されることもありますが、やはり男性です。女性には分からない性欲を持って生まれてきています。

男性器機能低下は特に避けたい症状ですが、でも薄毛との関係性についても詳しく知っておかないと、性欲ばかりで薄毛・ハゲなんてことになりかねません。薄毛は男性ホルモンと関係しているのか噂の真相は?

なぜ薄毛の原因になる?

男性ホルモンが薄毛の原因になるかどうかという答えは「イエス」です。しかしだからとって、極端に男性ホルモンを増やす方法や減らす方法を取り入れることで、進行を食い止め予防につながるかというとそうではありません。

男性ホルモンが原因で脱毛を進行させてしまうとき、体内では男性ホルモンが減少しているわけでなく、過剰分泌を起こしています。そこで近年発症率が高まり多くの男性が抱える症状としてAGA(男性型脱毛症)を発症させています。

実は薄毛やハゲの中でも日本人に特に多いのがAGA(男性型脱毛症)で、AGA(男性型脱毛症)の発症原因としてもっとも要因になっているのが、男性ホルモンの過剰分泌です。

ジヒドロテストステロンが原因になる

男性ホルモンの特徴として、男性ホルモンのテストステロンは5-aリダクターゼという物質とくっつきます。この時に性質が変わりジヒドロテストステロンという物質が作り出されます。

薄毛と大きな関係を持っているのがこのジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンは髪の毛のサイクルを正常よりも短くしてしまう作用があります。

髪の毛のサイクルは一般的に2〜6年と言われているのですが、著しくサイクルが短くなってしまうと髪の生成活動に影響し、4つの時期を繰り返すヘアサイクルのそれぞれの働きが滞ってしまうのです。

体内では様々な臓器が必要な期間を経て本来の働きを行うことで健康を保ちます。ヘアサイクルも例外ではありません。

【ヘアサイクルで繰り返す時期】

  • 成長期 : 髪の成長促進を促す時期(約1.000日)
  • 後退期 : 髪の毛の抜け替わり始める準備の時期(約2〜3週間)
  • 休止期 : 髪の毛の成長は完全に止まり抜け落ちるのを待つ時期(約3〜4か月)
  • 替毛期 : 髪が抜け落ち、新たな髪が生えてくる時期(数週間~数か月)

このように健康な髪を常に生え変えすためには、どの時期も必要な働きがあり、そこで必要な期間をしっかり与えなくてはいけないのです。

しかし男性の場合、ジヒドロテストステロンがこのヘアサイクルを乱す原因になると、薄毛やハゲを進行させてしまうというわけです。

ジヒドロテストステロンの働き

ジヒドロテストステロンは毛乳頭の受容体と軽都合します。こうした働きから髪の成長に欠かせない毛母細胞の活動低下につなげてしまうのです。

ヘアサイクルが乱れそれぞれの働きが正常に行われないだけでなく、髪の成長に欠かせない細胞にもダメージを与えてしまう物質なのです。

つまり男性ホルモンが薄毛の原因になるということではなく、男性ホルモンの過剰分泌から、5-aリダクターゼとくっつくホルモンが増えることで薄毛の進行の原因になるジヒドロテストステロンが体内で過剰に分泌されてしまうことに着目して育毛対策を取り入れないといけないということです。

スポンサーリンク

男性ホルモンのバランスが崩れると様々なリスクが高まる

feet-2308646_960_720

男性ホルモンの役割を知り、薄毛の原因を知ることで安易に男性ホルモンの分泌量に着目し育毛促進効果を高めることは間違いであるということが分かりました。

しかしジヒドロテストステロンの分泌さえ抑制できたら効率よく育毛対策につながると考える方もいます。極論からいうと、男性ホルモンは必要量を分泌させることがもっとも重要です。

過度な対策法を取り入れることで起こりうるリスクについてもしっかり知識を身につけておきましょう。

男性ホルモン機能低下により起こる障害

男性ホルモンは男性にしか分泌されているわけではありません。女性にも微量の男性ホルモンは分泌されています。また、男性にも女性ホルモンは分泌されています。

しかし男性には男性ホルモンが多く必要で、女性には女性ホルモンが多く分泌される必要があるのは、それぞれに違った臓器があり、それが男性器、女性器です。それぞれの機能を高めるためにも正常に機能させるためにも男性には男性ホルモンが、女性には女性ホルモンが必要不可欠なのです。

臓器の機能向上のためだけではありません。今では時代も変わっていますが、やはり社会的立場としてはまだまだ男性優位の時代です。外に出て働きに出る男性には体力が必要です。そのためにも男性ホルモンの働きを高めないといけません。

また子孫繁栄のためにも、男性にはスケべでいてもらわないといけないというのも本当のところです。少子化問題には様々な原因がありますが、男性の性欲低下ももちろん1つの原因です。

男性にとって当たり前のように分泌されていると考えがちな男性ホルモンですが、少し考えてみるだけでも男性ホルモンの低下から考えられる影響はたくさんありますよね。さらに心にも体にも影響してしまう、リスクについても見ていきましょう。

ED(勃起障害)

男性ホルモン低下から制欲が減退すると聞いてもにわかに信じられないと感じている方も多いでしょう。しかし実は男性ホルモン低下から多くの男性が症状を訴えているのが、ED(勃起障害)です。

初期の頃は特に深刻に考えずに治療や対策法、原因を知ろうと行動することがなかった人も、男性ホルモン低下からのED(勃起障害)の深刻さに気付いた時には、なかなか回復が難しくなっていることも珍しくありません。

自分でセルフチェックすることができる症状でもあるので、少しでもおかしいなと感じたら体内からのサインと考えることが大切です。

記憶力・集中力の低下からの抑うつ感

仕事の効率を高めることはモチベーションにもつながり、またストレスの多い時代でもやる気に変えてくれます。しかし仕事効率を落としてしまう原因になる記憶力や集中力の低下も、男性ホルモン低下から引き起こしてしまいます。

やりたいこと、頭の中では整理できていても少し時間が経つと忘れてしまう。1からのやり直しで、うまく効率を測ることができなくなるということは時間だけが無駄に過ぎていくことになり生活にも支障をきたします。

さらに疲れを感じる原因にもなりますよね。今までの仕事効率と最近の効率に自分でも少し効率が落ちていると感じたり、小さなミスが増えたと感じる方も早期に対策法を取り入れることが重要です。

知らず知らずに過ぎていく、満足感のない日々というのは気づかないうちに抑うつ感を抱かせてしまい。気持ちに大きなダメージを与えます。落胆してため息ばかりの日々、疲労ばかりを感じる毎日になると自分の理想としていた生活からどんどんかけ離れてしまいます。

発汗やほてり

男性ホルモンの低下は自律神経にも影響を及ぼします。更年期障害と聞くと女性に発症しやすいイメージを持ちますが、女性は閉経を迎えることで体内のバランスが著しく変化することで様々な症状を引き起こしやすいからピックアップされているのです。

しかし男性も更年期障害は現れます。その原因にもなるのが男性ホルモンの著しいバランスの変化です。男性ホルモンの必要量が常に低下してしまったり、反対に常に増加し続けると全身に多くの指令を送り出す自律神経が乱れます。

自律神経の乱れから血流も悪くなり不快な発汗やほてりなどの症状が現れやすくなります。

スポンサーリンク

男性ホルモンのバランスが崩れる原因

work-2005640_960_720

では、なぜ男性ホルモン機能低下を引き起こすのでしょうか。薄毛の原因にもなるジヒドロテストステロンの分泌を抑えるためにも、正常な男性ホルモンの機能向上効果を高めることは必要です。

ストレス

ストレス社会と言われる現代、ストレスは男性ホルモン機能低下を引き起こす大きな要因です。私たちが生活の中でストレスを感じると、体内のストレッチャーが反応し、正常な働きを促進させるために活動します。

しかしどんなに機能低下を抑制していても、ストレスが溜まりすぎると補うことはできなくなり、全身の機能低下を引き起こし、それはホルモンにも影響してしまいます。

食生活の乱れ

食事も同様に乱れた食習慣が続くことで、必要な栄養を十分に補えなくなります。口から摂取した食べ物に含まれる栄養は、消化・吸収されることで機能向上を高めます。

忙しい毎日の中でファストフードの食事やコンビニのお弁当、外食続きで意識して栄養をとるための自炊の習慣が減ってしまうと当然体内の健康は保たれず、ホルモンバランスを乱す結果になります。

生活習慣の乱れ

生活のリズムが乱れることで睡眠不足を引き起こしやすくなります。また極端にリズムが崩れると、睡眠が多くとれる日と全く取れない日を繰り返す人もいます。

睡眠中は成長ホルモンを多く分泌するための重要な時間です。成長ホルモンを体内にしっかり分泌することで男性ホルモンと必要量を保つことができるのですが、貴重な時間の確保ができていないとこのような効果も期待できなくなるのです。

性格

また性格も実は男性ホルモンに関係しており、いつも活発にセカセカ行動している人は男性ホルモンが過剰分泌される傾向が研究の中からもわかっています。

バイタリティー溢れた人とはまた少し異なり、とにかく時間に追われた生活をしている人も要注意です。

AGAを発症している人

男性ホルモン低下を急速に進めてしまう原因にAGA(男性型脱毛症)発症があります

AGA(男性型脱毛症)を発症しているということは、まず体内でジヒドロテストステロンが過剰に分泌されていることを考えなくてはいけません。

この体内状態では対策法を間違うとさらに男性ホルモン機能低下を引き起こします。

【AGA(男性型脱毛症)セルフチェック】

  • 生え際が後退して広くなっている
  • 頭頂部の毛が薄くなっている
  • 食習慣の乱れや生活習慣の乱れを自覚している人

1つでも当てはまる方は、さらにヘアケアを慎重に行わないと、ヘアケアを怠ることで体内の男性ホルモンのバランスはどんどん崩れていってしまいます。

気になる遺伝との関係

薄毛の原因で遺伝との関係性も気になる点です。身内や親族の人にハゲている人、薄毛の人が多いと自分の将来も気になります。反対に周りに誰もヘアトラブルを抱えている人がいない場合はどこか自分も大丈夫と感じてしまいます。

しかし遺伝との関係性については正直明確な答えはありません。遺伝も少なからず関係してくるものの、更に薄毛を進行させる要因が重なって発症すると言われています。

スポンサーリンク

男性ホルモンのバランスを保つ方法と育毛対策

runners-635906_960_720

薄毛の原因な男性ホルモンとの関係を見ていくと、取り入れるべき対策法か見えてきます。効率よくしっかりと効果を高めるための方法を紹介します。

運動不足の方は有酸素運動がおすすめ

運動不足は内臓機能低下を引き起こします。また男性ホルモンのタンパク質生成効果を高めるためにも運動は不可欠です。おすすめの運動法は負荷のかかる運動ではなく有酸素運動です。

有酸素運動はウォーキングやジョギングですが、続けやすいメリットとテストステロンは筋肉に変わるという作用が期待できます。5-aリダクターゼとくっつく量が減少されるので、薄毛の原因になるジヒドロテストステロンを少なくすることができます。

食生活が気になる方にオススメの栄養素

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きに似た作用を持ちます。女性が大豆製品を意識的に摂取するのはこうした作用があるからです。

男性にも適度な女性ホルモンは必要で、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つことが猛攻の成長を促してくれます。

亜鉛

亜鉛には5-aリダクターゼを抑制する働きがあり、発毛剤にも取り入れられている成分です。発毛剤にも取理入れられる成分を食事で体と中に取り入れることは効率を高めるためにも有効な方法です。

また亜鉛は男性器向上効果もあり、健康で元気な精子を作ってくれます。薄毛対策と同時に男性ぬ嬉しい効果ですよね。

育毛剤を使った育毛対策

生活習慣や食習慣の見直しははじめに取り入れる対策法ですが、頭皮環境の悪化から脱毛が進行してしまっている場合にはクリニックでの治療が必要になったり、薬の服用から効果を高める方法を取り入れなくてはいけないこともあります。

しかし気軽な気持ちで足を運べるところではないので躊躇してしまう方も多く、必要な対策法が取り入れられずに進行させてしまう方もいます。

育毛剤ブブカがおすすめ

そんな方は育毛剤でのホームケアが手軽で気軽です。どの育毛剤がいいのか悩む方に育毛剤ブブカがおすすめです。従来の育毛剤ではなかなか毛穴の奥の奥まで成分を浸透させることができず、効果の現れ方には個人差がありました。

育毛剤ブブカの満足度は98%以上と手にしたからのほとんどが、育毛効果を実感しています。せっかくお金をかけて育毛対策するなら効果を実感したいですよね。そこで育毛剤ブブカがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?薄毛や抜け毛に悩む方の中でも特に男性の中には体毛は濃ゆいのに髪の毛だけ薄くなると悩みを抱えている方も多いようです。

髪の毛はフサフサであって欲しいものですが、原因を知らずに対策法を取り入れてもなかなか理想の髪の毛には近づけません。薄毛や抜け毛を引き起こす原因を知り、取り入れる方法の必要性について考えてみると効果は高まりますよ。

関連記事として、

薄毛の基準ってなにで判断するの?自己診断方法を紹介!

髪が薄くなってきた時に始めるべき薄毛対策!自己治療で髪の毛を取り戻そう!

これらの記事も読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク