縮毛矯正にかかる値段は?矯正後に使用するシャンプーや市販の矯正剤の使用方法を紹介!

縮毛などのクセ毛を改善するには、美容室でストレートパーマか縮毛矯正をかけるのが一般的です。ストレートパーマはクセのあるうねった髪を伸ばすほどの効果はないので、縮毛矯正をかけるのが一般的です。縮毛といえば縮毛矯正を指すほどになりましたが、どのような効果があるのでしょうか。

この記事では縮毛矯正、シャンプーやトリートメントなどのヘアケアやアイロンでのスタイリングでの縮毛・くせ毛対策について解説します。

スポンサーリンク

縮毛・クセ毛とは

ブラウンのウェーブヘア

縮毛はクセ毛の一種ですが、縮毛矯正で行われるストーレートヘアの施術は、クセ毛を対象にしています。クセ毛とはどんな髪のことを指しているのでしょうか。

またどのような対策をすることができるのでしょうか。

クセ毛の種類

クセ毛にはウェーブ上になっている波状毛、毛がねじれている捻転毛、毛に太い所や細い所がある連球毛、チリチリしてうねりが細かい縮毛があります。

日本人は波状毛が多いとされています。

クセ毛とダメージヘア

クセ毛の人は直毛の人より、乾燥してダメージヘアの人が多いです。湿度が高いと乾燥している髪は水分を吸収して、広がりやすく、さらにうねりがひどい状態になることがあります。クセ毛の人は雨の日は髪型が気になってしょうがないという人も多いでしょう。

また髪がダメージを受けて、チリチリとしたクセ毛のようになることもあります。カラーやパーマで髪が傷みすぎたり、美容室で縮毛矯正したら、担当の技術者の失敗で髪がひどくダメージを受けて、ビビリ毛になったという話もよく聞かれます。

またクセ毛は扱いにくい髪質です。美容院で担当してもらう美容師さんは、クセ毛を上手に扱える人でないと、髪型がうまく決まりません。いい美容院、美容師さんを見つけるようにして、髪の悩みを解決できると良いですね。

スポンサーリンク

縮毛矯正とストレートパーマの違い

ウェーブヘア

縮毛矯正もストレートパーマも同じように髪をストレートにするパーマですが、薬剤や手順に違いはあるのでしょうか。

ストレートパーマはクセ毛の人には効果がないのでしょうか。

薬剤・手順の違い

縮毛矯正とストレートパーマで薬剤が異なるわけではありません。カール、ウェーブのパーマも同じ薬剤を使っています。1剤で髪のシスチン結合を切り、2剤で再結合させています。1剤と2剤の間にカールやストレートに髪の形を作りますが、縮毛矯正ではストレートアイロンを使って髪を伸ばしています。

しっかり髪を伸ばせるので、縮毛矯正をかけたところは半永久的に髪をストレートの状態にできますが、通常のストレートパーマより傷みやすくなります。

縮毛矯正が向いている人

髪の毛のクセが強い人は縮毛矯正がおすすめです。縮毛までいかなくても、クセ毛でブローしてもまっすぐならないような人は、ストレートパーマをかけてもまっすぐになりません。できれば48時間、難しければせめて24時間はシャンプーを控えましょう。ヘアピンやヘアクリップなども髪にクセをつけてしまうので、避けるようにしてください。クセが強かった人ほど、縮毛矯正をかけると髪ツヤツヤになったのを実感します。

縮毛矯正をかけたての頃は、ドライヤーで乾かすだけでも髪がサラサラになってまとまります。ただしその後の手入れを怠ると髪の傷みが目立ってしまうので注意しましょう。髪に優しいシャンプーを使い、トリートメントは今まで以上に行いましょう。

ストレートパーマが向いている人

クセはないけれど髪のまとまりを良くしたい、直毛でパーマをかけたけど、パーマを落としたいという人、髪をあまり傷めなくない人におすすめです。

クセ毛の人がストレートパーマをかけてもあまり効果がないのでやめた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

美容院での縮毛矯正

後ろ向き女性

最近はどのサロンでも縮毛矯正のメニューがあります。美容院によって独自の縮毛矯正メニューもあったり、縮毛矯正専門サロンもあります。

美容院、美容室での縮毛矯正にはどのようなメニューや特徴があるのでしょうか。また美容院での縮毛矯正の注意点も見ていきましょう。

ナチュラルストレート

美容院のメニューで縮毛矯正とは別にあるナチュラルストレートは、いわゆるストレートパーマのことを指していることが多いです。ストレートパーマであればクセ毛の人にはおすすめできません。ナチュラルストレートは、よりナチュラルな縮毛矯正を指す場合もあります。例えばつくばにある美容室PROGRESSつくば店byヂェムクローバーヘアーさんでは、縮毛矯正をしっかりまっすぐするか、ナチュラルなスタイルにするか選ぶことができます。

縮毛矯正は普通のストレートパーマよりきれいなストレートヘアにすることができますが、まっすぐなりすぎてしまうのが難点でもあります。その難点をカバーするため、ナチュラルなストレートヘアにできる縮毛矯正のメニューもあります。ストレートパーマよりはしっかりかかり、縮毛矯正ほどまっすぐストンとならないような仕上がりです。メニュー名になくても美容師さんに言えばナチュラルに仕上げてくれることもあるので、相談してみましょう。

極上ストレート

仕上がり、メニュー名、またストレート剤を指していることが多いですが、ツヤ感のあるしっかりとしたストレートヘア、の意味でいろいろなサロンで使われている表現です。

縮毛矯正を何度かかけたことのある人は経験しているかもしれませんが、せっかく縮毛矯正をかけたのになぜかうねっている、次の日にはとれかけている、まっすぐにはなったけど髪がパサパサになったといトラブルもよく聞かれます。

ダメージを抑えるために、アルガンオイル、オリーブオイル、ホホバオイルなどのオイルや、はちみつを使った縮毛矯正は、施術後ストレート効果と美容成分によって、質感の良い、髪ツヤツヤな仕上がりになります。

上質ストレート

髪のツヤや手触りを重視した縮毛矯正のメニューに使われることが多いです。

薬剤を上質なものを使って、ただまっすぐなだけではない、上質なストレートヘアの仕上がりを目指しています。

美ストレート

多くのサロンでは仕上がりがまっすぐ過ぎない、自然なストレートヘアになる縮毛矯正を指すことが多いです。

前髪や毛先に自然な丸みをつけることが多いです。

ビビリ修正

縮毛矯正用の薬剤が髪に合わなかった、または薬剤の塗布方法の失敗、アイロンのかけ方が悪く、髪が傷んでしまったなどのトラブルで、髪がチリチリになってしまうことがあります。そのようなひどいダメージを受けた髪をビビリ毛といい、ビビリ毛を直すことをビビリ修正といいますが、ビビリ修正を美容院でしてくれる場合もあります。

ただしビビリ修正をする前にまず上質なシャンプーやトリートメントで、髪にしっかり栄養を与えることが必要になります。サロン専用のアミノ酸系シャンプーやトリートメント、オイルを使って髪を健康な状態にしましょう。それから縮毛矯正専門店、または縮毛矯正の職人、ハイパー職人と呼ばれるような腕の良い美容師さんに縮毛矯正をしてもらうようにしましょう。初めて行くので心配な人は、美容師さんのホームページやブログでの、縮毛矯正に関する質問・回答のページも参考にしてみましょう。

縮毛矯正の美容室選び

いわゆる美容室、美容院、ヘアサロンと呼ばれるところで縮毛矯正はかけられますが、どんなお店でもきれいなストレートヘアに仕上げてくれるとは限りません。縮毛矯正は職人技なので、美容院、担当の美容師さんの縮毛矯正の技術力によって、仕上がり、質感が大きく変わってきます。

縮毛矯正専門店、専門サロン、ストレート専門サロンなどとうたっているお店であれば、縮毛矯正の専門家であるスタッフの方ばかりです。縮毛矯正が安心して任せられるます。お店にもよりますが、普通の美容院ではカラーを同時に入れられないことが多いですが、専門サロンでは可能なところもあります。お店によって合わせられるメニューも異なるので、事前によく調べてサロンを予約しましょう。ビビリ修正も相談に乗ってもらえるかもしれません。

料金

縮毛矯正の料金は美容室によって、またメニューによってもまちまちですが、5,000円~20,000円の価格帯が多いようです。まず立地条件が美容室の料金に大きく関わります。繁華街であれば料金は高めになります。

髪の長さによって、ロング料金で費用がかかる場合もあります。縮毛矯正後のトリートメントがセットになっているところでは、さらにかかる場合があります。前髪のみ、顔周りのみ、生えてきたところのリタッチなどは、通常の縮毛矯正より安くなることもあります。

また縮毛矯正ではありませんが、それに近い効果のあるトリートメント、縮毛矯正を長持ちさせるような水分を補うトリートメントなどもカットに行ったときにすることで、頻繁に縮毛矯正をするよりコストを抑えることができます。お店のクーポンも利用すればよりリーズナブルに縮毛矯正をかけられます。

スポンサーリンク

縮毛矯正後のヘアケア

白い服女性

美容院で縮毛矯正した直後は、髪がサラサラ、ツヤツヤになりますが、ケアを怠るとせっかくのストレートヘアも髪の傷みが目立って来たり、ダメージによってうねりが出てしまうこともあります。

ツヤが出たといっても髪が健康になったわけではなく、矯正後は傷みやすい状態にあります。いつも以上に気を使ってヘアケアをしなくてはなりません。縮毛矯正後に気をつけるヘアケアについて確認しておきましょう。

シャンプー

せっかくかけた縮毛矯正も、その日のうちにシャンプーするとストレートが長持ちしなくなってしまいます。縮毛矯正直後の24時間~48時間はシャンプーをしないようにしましょう。48時間が理想ですが、難しければせめて1日置いたあと、シャンプーをするようにしましょう。

縮毛矯正後は髪のうねりがなくなったこともあり、髪にツヤが出たように見えますが、見た目以上に髪はダメージを受けています。洗浄力の高いシャンプーより、サロン専用のシャンプーなど、ダメージヘア用のシャンプーを使って髪をいたわるようにしましょう。シャンプー前に髪にオイルを塗っておくのも、ダメージ対策におすすめです。

シャンプーをするときは泡立てたシャンプーで頭皮を優しく洗うようにしましょう。髪をゴシゴシと洗うと髪へダメージを与えてしまいます。洗い流すときはシャンプー剤が髪や頭皮に残らないよう、しっかりと洗い流しましょう。

トリートメント

ダメージレスな髪を目指し、シャンプー後はコンディショナーだけでなく、コンディショナー前のトリートメント、またアフターバスに洗い流さないトリートメントを使い、髪に栄養を与えるようにします。

トリートメントの浸透を良くするために、シャンプー後タオルで髪の水分を抑えてからトリートメントを塗るようにします。トリートメントは髪の内部に栄養を与えて補修する効果があります。トリートメントを塗った後は目の粗いコームでトリートメント剤を髪全体に行き渡らせるようにします。その後はシャワーキャップや蒸しタオルで髪を巻いて数分放置し、トリートメントを最後に洗い流します。トリートメントはシャンプーのようにしっかり洗い流す必要はありません。ただし頭皮は顔周りに残らないよう、注意してください。

トリートメント後はいつも通りにコンディショナーもします。コンディショナーには髪をコートしてツヤを出す効果があります。お風呂から出た後も洗い流さないタイプのトリートメントを塗って、髪をタオルドライ後、ヘアードライヤーでしっかり乾かしましょう。傷みやすい人はツヤ感を出してくれるオイルトリートメントがおすすめです。なるべく髪が濡れた状態にしないように、気をつけます。温風でのドライヤーは髪へのダメージを与えます。ある程度ドライヤーで乾かすことができたら、冷風を仕上げに使いましょう。髪にツヤを出す効果もあります。

ツヤ髪をキープするために、トリートメントは週に2回はしましょう。アフターバスのトリートメントは毎日行って縮毛矯正後の美髪キープを目指しましょう。

ダメージヘアにならないために

髪へのダメージを避けるためにも、縮毛矯正は頻繁に行わないようにしましょう。伸びてきたところのリタッチ、前髪などは3か月くらいで行って良いでしょう。

かけたところは美容院でのトリートメントや日頃からのケアで、ツヤツヤのストレートをキープできるようにしましょう。

縮毛矯正後のヘアカット

短い髪だと縮毛矯正の持ちはあまりよくありません。長い髪だと重みで髪が伸びる利点があります。せっかくストレートになったので、ショートボブなどいろいろな髪型を試したい人もいるかと思いますが、女性の場合はストレートをキープしたいというなら万能ヘアスタイルのロングがおすすめです。

男性の場合は髪を短くするのでキープするのが難しいですが、頻繁に縮毛矯正をするのはおすすめできません。縮毛ではないクセ毛なら、むしろクセ毛の髪質をいかしたヘアカットなどを検討してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

縮毛・クセ改善法

青い服女性

美容院で縮毛矯正をすればきれいになるとわかっていても、予約するのが面倒だったり、時間がとれないなど事情もあるでしょう。

セルフケアで髪のクセ毛を改善する方法はあるのでしょうか。

市販の縮毛矯正剤

市販の縮毛矯正剤でも、美容院での施術と同様の手順で行います。1剤を塗布して指定の時間放置、その後ぬるま湯でよく洗い流します。乾かしたら160℃から180℃のヘアアイロンで髪を伸ばします。2剤を塗って指定の時間放置、その後洗い流します。

アイロンを使う以外は普通のパーマと同じ手順ですが、分量や放置時間はやはりプロの目が必要です。また髪の後ろ側は自分では見えないため、一人で施術するのは難しい上、髪へのダメージも心配です。

パーマ剤ではなく、縮毛矯正シャンプーというのもあります。湿度の高い日などは難しいようですが、普通のシャンプーよりストレートヘアになる効果が高いものです。

ヘアアイロン

ストレート用のヘアアイロンで、ブローでストレートにするほど技術力がなくても髪をストレートヘアにしやすいです。薬剤も必要ありませんが、クセをしっかり伸ばしたいからとあまり高温で使うと、髪へのダメージがドライヤーよりも大きいです。

アイロン用のスタイリング剤を使って、極力髪にダメージを与えないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ブロンド女性

縮毛を含むクセ毛にはいくつかタイプがあり、日本人には波状のクセ毛が多いそうです。クセ毛に悩んでいる人は美容院でストレートパーマではきれいなストレートヘアにできません。縮毛矯正を利用するのがおすすめです。

縮毛矯正の仕上がりはストレート感の強くしたり、丸みのあるナチュラルなストレートヘアにすることもできます。単にストレートにするだけでなくツヤ感を重視する人は、オイルなどを使ったトリートメント効果の高い縮毛矯正で美髪スタイルを目指します。

縮毛矯正をかけたばかりのときはツヤツヤのストレートヘアですが、手入れを怠るとダメージが目立ち、髪がうねってしまうこともあります。ツヤツヤなストレートヘアをキープできるよう、質の良いシャンプーを使って、トリートメントも欠かさないようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も読んでみてください。

絶壁になる原因は?似合う髪型や坊主のときの対処法や治し方について紹介!

切れ毛がひどい原因は?シャンプーやトリートメントでの修復ケア対策法を紹介!

髪がサラサラになる裏技を紹介!男のくせ毛もツヤツヤのストレートになる方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク