何歳から何歳までが若ハゲと呼ばれるのか?原因と対策方法まとめ

まだ若いという自信があるのにも関わらず、髪の毛が薄くなってきたという自覚がある方はいらっしゃいませんか。

シャワーの後や朝起きた後、排水溝や枕には大量の髪の毛が、なんて経験をしたことがある方もいらっしゃることでしょう。

鏡を見るとつむじのあたりや額の髪の毛が薄くなってきている気がする、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

本来であれば、年を取ってから髪の毛は薄くなるものであるはずなのに、こんなに早く髪が薄くなり始めるなんて、ということを思うでしょう。

もしかして、若ハゲかも!?

そう。若ハゲは突然訪れるのです。実際に、若ハゲというのは、どういう症状であるのでしょうか。もしくは、何歳からが、若ハゲと呼ばれるのでしょうか。

今回は、若ハゲという現象に焦点を当てて、そのメカニズムと対策に迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

若ハゲの定義

若ハゲ

薄毛は年を取ってから。そんなイメージがありますが、まだまだ若いつもりでいるのに抜け毛が増えたり薄毛になってきたりと気になる症状が出てきた場合は要注意です。

しかし実際には、男性であれば思春期を過ぎてからはいつでも薄毛のリスクを抱えているのです。男性型脱毛症と呼ばれるAGAですが、その発症年齢は10代から少なからず多くの方がいらっしゃいます。

ですから若いからはげないというのは間違っています。逆に言えば若くしてハゲて来たからといって落ち込む必要はありません。誰しもが若くしてハゲてしまう可能性を持っているのです。

今回は、そんな一般的に若ハゲといわれている状態の原因にはどんなものがあるのか、そして対策するにはどうしたらよいかをご紹介してゆきましょう。

若ハゲって何歳からいくつまでの症状?

一般的には、10代~30代の方ので薄毛で悩んでいる人が若ハゲであるという認識が世間にあるようです。男性型脱毛症といわれるAGAで悩んでいる人の割合は40代が圧倒的に数としては多いのですが、10代や20代の方も、AGAで悩まれている方も多くいらっしゃいます。

つまり10代から30代の方でも、十分に薄毛になってしまう可能性はあるということです。ボリューム層的に見ても、30代までの間に薄毛が目立ってくるようであれば一般的には若ハゲであるという認識が存在しています。

若ハゲの原因

若ハゲの原因は様々なものが考えられます。男性ホルモンや遺伝の影響、またストレスや食生活、私生活や頭皮や頭髪の病気など、その様々な要因が症状に応じて考えられています。

現代人は食生活も欧米化し、また夜更かしをするなど生活環境も大きく変わってきています。そのため昔よりもはげやすい環境にいるといっても大げさではないでしょう。

特に食生活やストレス、日常生活は改善が可能ですので気を付けて生活することが必要であるといえるでしょう。

特にアジア圏では日本人に最も薄毛の人口割合が多く、アジアでは最もハゲやすい人種となっています。

AGA

若ハゲの方にも一番多い原因の一つに、AGAというものがあります。これは男性型脱毛症といい、男性に多く見られる症状の一つです。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症と呼ばれます。これは成人男性によく見られる症状で、生え際や頭頂部の髪が片方または双方から薄くなってくるのが特徴です。そしてこれは思春期以降いつでも発症する可能性があります。

AGAの脱毛部には高濃度のDHTという物質が見られることが多いです。このDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことによって薄毛を進行させると考えられています。

ヘアサイクルとは、髪の毛の成長サイクルのことを指します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の三つのサイクルからなりたちます。このうち成長期が最も長く、髪の毛が長くそして太く成長していくのが特徴です。

この成長期が何らかの要因で短くなってしまうことによって、髪の毛が途中で抜けてしまったり、十分に成長せず細いままになってしまうのです。そしてこの不自然な状態が続くことによって、薄毛は進行していきます。

円形脱毛症

髪の毛が一部のみ急に脱毛を引き起こしている場合は、注意が必要です。例えば円形脱毛症などの場合は頭に十円玉大の脱毛部分ができます。アレルギーやストレスが原因とされていて、医師の処方やストレスの除去で比較的短期間で治ることが多いのが特徴です。

もしこのような症状が出た場合には、すぐに病院に行くようにしましょう。

牽引性脱毛症

これはその名の通り、髪の毛が引っ張られることによって起こる脱毛症です。ポニーテールなど、髪の毛を引っ張る髪型の方が多くかかる脱毛症です。

女性の割合が多いですが、男性でもなりえます。髪の毛を圧迫しないような髪型にすることで、改善するケースは多いです。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって引き起こされます。皮脂が過剰分泌されることによって頭皮にい炎症が起こり、薄毛を引き起こします。食生活の乱れや肌に合わないシャンプーの使用、しっかりすすぎ洗いができていないなどの可能性が考えられます。

この症状が進行すると、脂漏性皮膚炎を発症するケースがありますので、早めの受診が必要です。

ひこう性脱毛症

こちらは、フケが大量に出ることによって頭皮の毛根にフケがたまり脱毛を引き起こす脱毛症です。生活習慣の乱れや肌に合わないシャンプーが原因になることが多いです。生活習慣を見直して、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は男性型脱毛症とは異なり、髪の毛全体が薄くなってくることが特徴の脱毛症です。

女性に多く、女性型脱毛症とも呼ばれます。原因は様々で老化やストレス、閉経の影響やピルの使用、過度なヘアケアが原因となるケースが多いです。こちらは原因さえはっきりすれば良くなるケースが多いです。医師に相談してみるなどして、原因を突き止めましょう。

スポンサーリンク

若ハゲ対策

対策2

若ハゲになってしまった。もしくは若ハゲなのではないかと不安に思っていらっしゃる方も多くいらっしゃることと思います。生え際が後退してきたという方。つむじのあたりが薄くなってきてしまったという方。様々な悩みを抱えている方がいらっしゃることと思います。

では実際に若ハゲを予防するため、改善するためにはどのような対策をすればよいのでしょうか。一つ一つ細かく見てゆきましょう。

生活環境の見直しを

普段の生活の中で、不健康な生活を送っていたりはしませんか。不規則な生活は、髪に最もダメージを与えます。健康的な規則正しい生活を心がけましょう。

ストレスをため込まない

また、ストレスも大きな脱毛の原因となりえます。ストレスをため込まないように、適度な運動をするなどして、ストレスを解消しましょう。

軽い運動は血行をよくして髪に栄養や酸素をいきわたらせるためにも、ストレスを解消するためにもとっておきの方法です。簡単な運動でも構わないのでリフレッシュするために運動をするように心がけましょう。

自分の好きなことをする時間を作るなどして、ストレスを緩和できる方法を見つけることも髪の毛の健康のためには重要なことです。

睡眠不足はNG

睡眠は髪の健康にも最も大切なことの一つです。成長ホルモンは22時から深夜2時にかけて睡眠をすると分泌されやすくなります。疲れをとるためにも、ストレスを抱えないためにも睡眠は重要です。

寝不足は頭皮の皮脂を増やしてしまいますので、毛穴詰まりの原因となるためよくありません。体力を回復し、ストレスをため込まないためにもしっかりと睡眠をとりましょう。寝てる間に髪の毛が育つといっても過言ではありません。

飲酒喫煙もほどほどに

過度の飲酒はミネラルである亜鉛が不足することになりますので、よくありません。喫煙もまた、血行が悪くなる原因になりますので直接的な薄毛の原因になりがちです。飲酒喫煙は髪の毛にとっては百害あって一利なしです。髪の毛は身体の一部ですから、身体と同様に髪にも良いことは良いですし悪いことは悪い影響を与えます。

むしろ髪は身体の中でも一番最初に影響が表れやすい部分ですので、いずれ身体にも影響が出てくることが考えられます。少しづつでもよいので控えるようにしましょう。

食生活を見直す

コンビニや外食などの食べ物は極力控えるようにしましょう。油分の多いものや塩分の高いものには気を付けましょう。

特にたんぱく質は植物性のものを取るように心がけましょう。血液がサラサラになることで、髪の毛に栄養がいきわたりやすくなります。

男性ホルモンの働きを抑えてくれる大豆製品や、ビタミン類、ミネラルなど、髪の毛に良い栄養をバランスよく摂取しましょう。

髪の毛の扱い方に気を遣う

普段のシャンプーでの洗髪にも、気を使いましょう。あまり強く洗いすぎたり、シャンプーのつけすぎは逆効果です。また、シャンプーの際には頭皮をマッサージしてあげることで頭皮の血行をよくし、より効果的です。

ドライヤーのかけ方にも気を付けましょう。夜髪の毛を洗った後、ドライヤーをかけずにそのまま寝てしまうと頭皮の蒸れを引き起こし、薄毛の原因になります。かけすぎもよくありませんので必ず30cm以上離し、一か所に熱風を当てすぎないようにしましょう。

サプリメントを使用する

なかなか普段の忙しい生活の中では、髪の毛に必要な栄養素を摂取するのは難しいという方も中にはいらっしゃるかもしれません。そんな方はサプリメントを使用して、髪の毛に必要な栄養を補いましょう。

ノコギリヤシや、亜鉛、マルチビタミンやイソフラボンなどの普段の生活では網羅しにくい栄養素がバランスよく配合されているものも多数ありますので是非積極的に使用して、足りない栄養素を補いましょう。

育毛剤を使用する

サプリメントももちろんですがやはりあくまで栄養素と生活改善で対策を行うよりも、より直接的に効果を発揮するのが育毛剤といえるでしょう。

様々な種類の育毛剤がありますので、症状などに合わせて自分に合ったものを購入するとよいでしょう。

スポンサーリンク

AGA治療

治療

医者は専門家ですから、予防改善のためにはAGA治療という選択肢も必要であれば検討してみるべきでしょう。生活改善などのアプローチでは対策としては弱いのもまた事実です。

こちらでは、AGA治療の現在について詳しく見ていきましょう。

2種類の治療方法

AGAの治療方法には現在、大きく分けて2種類の治療方法が存在します。一つは服用薬や外用薬を用いる方法。そしてもう一つは頭皮自体に施術をする方法です。

服用薬や外用薬では、代表的なものですとプロペシアという内服薬やミノキシジルという外用薬があります。

プロペシアという薬は、それに含まれるフィナステリドという成分がAGAを引き起こすDHTを抑制する働きがあります。

ミノキシジルは頭皮の血行をよくすることによって毛母細胞を刺激し、発毛を有南ガス効果があります。

施術では、髪の成長を促す成長因子という栄養素を頭皮に直接注入することで発毛や育毛を促すものや、自毛植毛という新しい方法も生まれています。

それぞれの治療方法を詳しく見ていきましょう。

プロペシア

プロペシアという商品で、こちらは内服薬になります。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分の働きによってAGAの改善を図ろうとするものです。AGAの原因と考えられているDHTを抑制する働きがあります。

DHTとは男性ホルモンと5α‐リダクターゼが相互に影響を与えることによって作り出される物質です。フィナステリドはこの5α‐リダクターゼの働きを抑えることによって、DHTの生成を防ぎます。

この作用によって毛母細胞を守り抜け毛を減らし、徐々に毛量を増やそうとする仕組みになっています。

ミノキシジル

こちらはもともと高血圧の患者に処方するための降圧剤として用いられていました。しかし副作用として体毛が濃くなることが発見され、薄毛治療に転用するための研究が行われました。その結果、AGA治療に用いられるようになりました。

頭皮の血行をよくし、発毛と育毛を促す効果があります。内服薬は日本では認められておらず、外用のみが認められています。

ミノキシジルを主成分にしている育毛剤では、リアップなどがあります。

メソセラピー

こちらは施術によってAGAの改善を図ります。フィナステリドやミノキシジルを直接皮下に注入することによって、発毛を促します。

体外から摂取する方法と異なり一定量を直接体の中に入れることになりますので個人差はありますが、多くの人が効果を実感している方法でもあります。

HARG療法

こちらも注射によってAGAの改善を図る方法です。メソセラピーとは異なり、細胞成長因子という成分を直接皮下に注入します。

細胞成長因子とはどんな細胞にも変化することができる幹細胞から抽出された物質で、いわゆる近年の再生治療の一種です。細胞成長因子が毛母細胞に働きかけ、髪の毛の成長を促します。

自毛植毛

こちらは毛髪の移植を行い、発毛と育毛を促す方法です。発毛サイクルが正常な部位の毛髪を毛包と呼ばれる発毛や育毛をつかさどる細胞ごと採取し、AGAを発症している部位に植毛します。

髪の毛の部位は、側頭部や後頭部が主に用いられます。このあたりの髪の毛はAGAの影響を受けにくいといわれており、一度定着してしまえば、再びAGAが発症するリスクは少ないといわれています。

以上のように、様々な治療法が現在では開発されています。どの治療法を選択するかは医師の判断に任せましょう。AGAは薄毛の90%以上の原因を占める男性特有の脱毛症です。ぜひ一度クリニックを受診して、相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

サマリー

いかがでしたでしょうか。髪の毛が薄くなってきた、抜け毛の本数が増えたとご不安の方は多数いらっしゃると思います。

AGAは若い方でも十分に起こりうる脱毛症です。もし薄毛の兆候が見られた場合には、悩まずに一度AGA専門クリニックを受診してみるのもよいかと思います。

AGAは思春期以降は誰にでも起こりうる男性型脱毛症ですので、注意が必要です。

その原因には遺伝や男性ホルモンの影響が大きな割合を占めています。しかし生活習慣や食生活、ストレスや睡眠、飲酒喫煙の影響も大きくかかわっています。

生活を改善することで大きく改善されるケースもありますので、少しづつでも改善していくようにしましょう。

またサプリメントや育毛剤を使って発毛や育毛を補助するのも重要なことです。最近は様々な商品が発売されていますので、ぜひ自分に合ったものを探してみてください。

AGAは放っておけばどんどん進行してしまいます。ですから早めの受診をお勧めします。AGA専門クリニックも多数開業していますし、現在では様々な治療法が開発されていますので、ご自分に合った治療法を医師の方は提案してくれるはずです。

AGAは誰しもがかかりうる脱毛症です。ですからあまり悩まずに勇気をもって相談してみましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

ハゲを診断する方法は?つむじハゲを診断するアプリや検査キットを紹介!

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

若ハゲはつむじから発生しやすい!原因を知ってすぐに対策をしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク