若ハゲ予防の為に知っておくべき薄毛の原因!最初に始めたい3つのハゲ予防法とは?

若ハゲになりたいと思って行動している人間なんか皆無ではないでしょうか。なるとならないという選択肢があるのなら、100%がならないを選択することになります。しかし、嫌だとわかっていたとしても若ハゲになってしまう人が大量にいるのが現実です。

そこで、今回は若ハゲを予防する方法について徹底的に情報を集めて、どのような行動を若いうちから取ったらいいのかを皆さんに提示していきます。

スポンサーリンク

若ハゲの原因って何?

0cb410f87a37753d9d13cf017d898e86_s

それでは、なぜ医学が発展している現代日本でも若ハゲの被害が全く減らないのか、原因は何なのかを探っていきましょう。ここを理解することで何をすることを心がければいいのかが見えてくるでしょう。

遺伝

最もどうしようもない部分ではありますが、親類にハゲがいる人、特に兄弟や父親がはげているという人は回避することがかなり困難になります。なぜなら、このハゲになる原因は子供に高確率で遺伝してしまうからです。育毛ヘアにはより意識して取り組む必要があるのがこの遺伝です。

AGAになりやすくしてしまう

若ハゲになってしまう原因である脱毛症ですが、その中でも危険なのがAGA(男性型脱毛症)であります。この男性型脱毛症は40代以降から発症確立が一気に上昇しますが、20代という若年層でも発症することがまれにあるのです。

まず、AGAになるのは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって薄毛の原因になる男性ホルモンであるジヒドロテストロン(DHT)になってしまうところから始まります。この5αリダクターゼの量と活性度合というのは遺伝によってかなり左右されるので、それが少ない人はAGAになる確率は極めて低く、多くなってしまっている人は発症確率がかなり高くなります。

つまり、遺伝によって5αリダクターゼの量と活性度が高くなってしまった方、そして遺伝によって受容体アンドロゲンレセプターの感受性が高くなってしまった方は若ハゲになる確率が一気に高まります。

若いうちから髪の毛に無理をさせすぎる

若いうちは髪の量やハリやコシもしっかりしているので、ある程度の無理がききます。そのため大人になったらできないことを次々と実行するようになるのです。確かに社会人になった場合はいろんな制限が付くのでできないことが増えてしまいますが、その解消のように若いうちから無理をさせすぎるのは若ハゲの原因となります。

パーマやヘアカラーや無理な整髪料の使用

これらは髪型をいじるためによく用いられるものではありますが、全て頭皮に負担をかけます。髪の毛にもかなりの負担になるので、ある程度のハリやコシがある人でもそれらの強さが失われてしまうでしょう。整髪料のつけすぎも毛穴の詰まりを引き起こして髪の毛の成長に悪影響をもたらすことが多いので、毎日のケアがどれだけ行われているのかで若ハゲになる確率も大きく変わります。

また、帽子を常にかぶっているとかバンダナなどで締め付けているという方、挑発気味でポニーテイルにしているという方は常に引っ張るとか締め付けるという刺激を与え続けていることになるので、脱毛症を引き起こす危険性があります。

外での活動をしすぎている

体を動かすことは基本的にいいことですし血行促進にもつながるので大いに推奨いたしますが、それが紫外線を強く受けるような状況で行われ続けているのなら若ハゲにつながる可能性があります。

なぜなら、紫外線を浴びると頭皮は脂を出してその紫外線から皮膚を守るために動き始めるのですが、あまりにも紫外線を浴びる量が多いと分泌量もかなり多くなってしまうようになるので、毛穴に詰まる確率も上がります。仮に、食生活も乱れているような人だった場合は、悪玉要素が多い脂が大量発生することになるので、脂漏性脱毛症になってしまう恐れがあるのです。

特に、男性陣の方々は髪の毛が短く仕上がっている人も多いので、直射日光を浴びる確率も女性人より高く、頭皮に紫外線を受ける確率も高いので悪影響を受けやすいのです。要注意であると考えましょう。

手入れの仕方を間違っている

これが結構多い若ハゲの原因となっております。現代社会は頭皮や髪の毛にたいしてのケア用品が非常に増え、シャンプーやコンディショナーの種類も一気に増えました。しかし、数が増えすぎたことで何を選んだらいいのかわからず、なんとなくこれがよさそうだと思って選択肢、特に意識することなく使い続けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、どんなに頭皮によい成分が入っていたとしても必ずシャンプーには相性というものがあるので、実は自分に合っていないことだってあるのです。そのため、シャンプーを変えたことで頭皮湿疹が増えたといった小さなトラブルが発生したかどうかはよく調べておく必要があります。

若ハゲ対策を全く意識していない人たちは、実際に髪の毛が薄くなってからではないと、どうなっているのかを確認しないことが多いので、シャンプーを新しくしたのなら、若いうちからどのような影響が出ているのかを確認するようにしてください。

シャンプー後のケアも重要

それ以外には、髪を洗った後にもしっかりと乾かさないと雑菌が繁殖する確率が上がるのでハゲに一歩近づきます。逆に乾燥しすぎるほどに乾かしてしまうとフケが発生しやすくなるので問題です。髪の毛が短い人は根元からタオルドライでしっかりと乾かしてください。

偏食やダイエット

若いうちというのは体にある程度の無理が利きます。そのため、30代や40代以降ではやらないような無茶な行動をとってしまうこともしばしばあるのです。特に多いのが無理につながるようなダイエットでしょう。

二次成長期に入った子供というのはファッションの部分にも大きく興味を持つようになり、より自分をたくましく、かっこよく、きれいに見せたいという欲求が強くなります。そのモデルがある程度筋骨隆々の方ならばいいのですが、モデル体型のようなほっそりとしたものであった場合は、その体系に近づかせるために無茶をするのです。

そのため、栄養不足になるレベルのダイエットをよくします。これは髪の毛に必要な栄養素も不足するようになるので、抜け毛が加速するのです。また、好き嫌いが激しすぎて偏食になっている方も必要なし要素が不足している恐れがあるので、若ハゲになる確率が上がるでしょう。

血行不良に陥っている

必要な栄養素を摂取していたとしても、その栄養素が効率よく頭皮にまで届いていないのであれば効果は薄いです。その届かない原因が血行不良となります。血行不良になってしまうには、ストレスや喫煙、睡眠不足や運動不足など様々な原因がありますが、それらが積み重なってしまった人というのはどうしても髪の毛事情にマイナス作用が働くようになるのです。

仮に、ダイエットが食事主体という人の場合はこの血行不良と栄養不足のダブルパンチになってしまっていることもあるので、若ハゲが一気に加速します。

ストレスは本当にハゲの原因になるの?

あらゆる病気の原因とされているストレスですが、このストレスはハゲの原因となるのです。まず、過度のストレスを受けてしまった人は交感神経が非常に強く作用するようになるので血管の圧縮率が高まります。

こうなると血液が通りにくくなるので血流が悪くなり頭皮に運ばれるべき栄養素が届かなくなるのです。それ以外にも円形脱毛症のような自己免疫疾患系の脱毛症はストレスが原因であると考えられております。

また、ストレスが大きくなれらなるほどホルモンバランスが崩れやすいので、テストステロンが大量発生しやすくなります。つまりAGAに近づくのです。また、男性ホルモンが多すぎると頭皮の皮脂が増えていってしまうので、頭皮環境の悪化にもつながります。

そのほかにもストレスによる栄養素の消費や髪の毛の合成が阻害される影響で髪の毛の成長期が短くなり抜け毛が増加することもあります。

出産による抜け毛

女性の方限定ですが、女性の方は出産をすることで髪の毛に必要になる女性ホルモンのエストロゲンが一気に減少します。妊娠中は増えるのですが、出産が終わることで目に見えて低下するので、髪の毛の質も悪くなってしまい、産後1年くらいは抜け毛が増えるようになるのです。こちらは規則正しい生活をしていれば産後1年程度経過すれば元通りになります。

何らかの病気の可能性も

抜け毛が高校生のうちからひどいという人の中には生活習慣対策や食生活も整っているという方もいるでしょう。そのような状態の方は何らかの病気や脱毛症の可能性があります。その種類は若年性脱毛症や円形脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症、脂漏性脱毛症、牽引性脱毛症などいろいろとありますので、おかしいと思った方は病院やクリニックに行って診てもらうようにしてください。

原因が何かわからない状態では育毛サプリなどを使った抜け毛対策やAGA対策も効果が出ないこともありますので、まずは状態をチェックしてもらって専門家の意見を受け入れるようにしましょう。AGAならばAGA治療薬をもらってください。

スポンサーリンク

最初に始めたい若ハゲ対策について

1f3477d2fa78b3e1879462ef57d1c638_s

それでは具体的な若ハゲ対策をこれらの原因を踏まえたうえで行っていきましょう。原因が分かれば何をすればいいのかある程度見えてくるでしょう。

特に改善効果の見えやすい3つの対策方法について紹介します。

育毛剤を使う

育毛剤は薄毛治療や薄毛改善のためにつかわれているというイメージがありますが、若ハゲ防止にも使える非常に有用な対策方法となってくれるのです。発毛促進剤や発毛剤は実際に抜け毛が発生してから使う治療法ではありますが、育毛剤は髪の毛を育てやすくなるアイテムですので予防として使うことも正解となっております。薄毛対策やはげ対策に有効なのです。

海外育毛剤を使うというアイディアもありますが、海外育毛剤は外国に住んでいる方向けで作られているので日本人には全く効果がない可能性もありますし、逆に強すぎて副作用の影響を受けてしまう恐れもあるので安全性の部分では不安でしょう。

可能なら国内育毛剤を使ってヘアケアしてください。自分に合った育毛剤なら、育毛効果も確認しやすく毛母細胞も活性化しやすくなります。治療方法として推奨している方もいますが、ここは安全第一で言ったほうがいいのではないでしょうか。

おすすめの育毛剤探しは大変でしょうが自毛植毛が必要な状況にならないように、頭皮マッサージをするとか、生活環境を整えるといった対応と併せて行ってください。正しい頭皮ケアを行えば薄毛の確率も下がるのです。

手入れをする商品を吟味しやり方を理解する

シャンプーやコンディショナーを使うことそのものを否定する方もいます。その最たる理由が界面活性剤を使っていることなのですが、現在ではこの界面活性剤を使っていないものも多くありますので気になる方は出来る限りオーガニックなものを選ぶといいでしょう。

また、髪を洗うときはやり方もできる限り理解してから実行するようにしてください。髪の正しい洗い方を習ったことがあるという人は少ないので改めて確認しておくのが正解です。育毛シャンプーもいろいろと用意される時代になりましたが、相性が悪いものだと育毛対策や頭皮状態改善効果が発揮されませんので注意しましょう。

正しい髪の毛の洗い方について、その1

まず、髪の毛を洗うときには爪を立てないこと、力を入れすぎないこと、シャワーは38℃程度のぬるま湯を使うこと、予備洗いをすることを徹底させてください。力を入れないことや爪を立てないことを知っている人は多いですが、温度や予備洗いに関しては知らない方も多いです。

ある程度髪の毛が短く汚れがついていない方なら不要ですが、それでも髪の毛を濡らす前にある程度のブラッシングを行うことを推奨します。乾いた状態で優しくブラッシングをするとある程度髪の毛がほぐせますし大きなゴミならそれだけで落とせます。その後に予備洗いをすれば8割程度の汚れは落とせるといわれているのです。この後にシャンプーを使って念入りに洗えばきれいにすることが可能となります。

ただし、シャンプーを使う場合もそのまま直接つけるのではなく、ある程度泡立ててから使うようにしてください。直接つけるようにするとシャンプーの成分が頭皮に残ったまま取れなくなる恐れがありますので、避けたほうがいいのです。泡になった状態のほうが効果も発揮しやすいので、泡だててから揉み洗いをしましょう。泡のほうが毛穴に入り込むのできれいにしやすいのです。

正しい髪の毛の洗い方について、その2

しっかりとシャンプーを付けたのなら、洗い流しもしっかりとこなしましょう。この洗い流しが雑な方はシャンプーの成分が頭皮に残り続けるようになるので、抜け毛の原因となります。そのため、このすすぎの時間は洗う時間よりも長くとったほうがいいという意見すらあるのです。

コンディショナーやリンスも使うという方は、頭皮に絶対につけないようにしてください。できる限り髪の毛のみにつけるといった対応をしましょう。コンディショナーやリンスも、頭皮に直接つけてしまうと毛穴がふさがってしまい、ハゲの要因となってしまうのです。

また、乾かすときも要注意で、ドライヤーを使う人は温度を低めにして20cm程度は離した状態で適度に動かしながら使ってください。同じ場所に当て続けてしまったり、温度が高すぎると頭皮の乾燥が発生するので注意しましょう。

また、髪が短い人ならば軽く抑えるようにタオルドライをするだけでも十分に乾かすことができます。できる限り根元から乾かすようにしてください。完全に乾くまでドライヤーをするのは悪化の原因となりますので、80%程度でとどめるように意識してください。

ストレス解消や生活習慣の改善

生活習慣の改善を行うことがやっぱり若ハゲ対策としては一番有効といえるでしょう。対策法としてはわかりにくいかもしれませんが、正しい生活習慣を行って食生活もただすことができれば、健康的な体になりますので、自然とストレスもたまりにくい体となります。

ストレス解消にはそれだけでは足りないことも多いので、自分なりの改善方法を見つけたほうがいいでしょう。最もストレスが解消できる方法は人によって異なりますので、大好きな趣味を見つけるなど工夫を行ってください。

スポンサーリンク

若ハゲ対策は日々の生活習慣から

このように、若ハゲになる原因というのは非常に多岐にわたるので、育毛サロンに行かないような状態をキープするためには、健康的な体作りをして健康的な毛髪状態をキープすることが大切なのです。

特にヘアケアの方法については間違っている方も多いので、正しい髪の洗い方を実行してハゲにならない状態をキープして、いつまでも若い髪の毛でいられるようにしてください。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

M字ハゲの前髪をかっこよく見せる髪型5つ!満足する髪型を手に入れよう!

毛量が少ない男性に似合う4つの髪型を紹介!女性におすすめなアレンジ方法は?

大学生にハゲが増加している!若ハゲの9つの原因を知ろう!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク