育毛ケアとして有効な方法は?シャンプーの選び方や抜け毛対策法を紹介!

現代日本は昔と比べて食べ物も豊富で頭皮ケアおよび育毛ケアの環境が整っているため、薄毛やハゲといった悩みを抱えている人は減っていると思う人も多いでしょう。

しかし、現代の若者は偏食が増えているのでむしろ栄養不足の人が多く、若くして薄毛・抜け毛・白髪・ハゲなどのトラブルに巻き込まれている人が多いのです。

そこで、今回は育毛ケアについて考え直し、現代日本においてハゲの原因は何なのか、それに対する効果があるといわれている方法は何なのか、一つずつ丁寧にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハゲの原因はいったい何なのか

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

ハゲの兆候というのは髪の毛が薄くなりそうなときに必ず出てくるものではありますが、タイプ別でその症状の出方はかなり異なり、その状態を理解することができれば対応もすんなり行えるようになるのです。

そこで、まずは具体的な症状を記載して、その場合はいったい何が原因なのかを記していきたいと思います。「もしかしたらこれかもしれない…」と思ったものがある人はその部分を熟読してください。

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性型脱毛症のことであり、多くの男性と一部の女性が苦しめられている症状です。

原因は男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン通称DHTに変化してしまい、毛母細胞に脱毛指令を与えてヘアサイクルを乱してしまうのです。

この状態になると通常の薄毛対策ではなかなか効果が出ず、頭皮環境を改善しても抜け毛が減らない状態になるので、多くの方々が絶望感に襲われるようになります。女性でもホルモンバランスが崩れてしまい男性ホルモンが優位な状態になるとこのAGAに発症してしまう可能性があるので覚えておきましょう。

女性の場合はこのAGAをびまん性脱毛症と呼ぶ人も多く「FAGA」と略している方もいるようです。どちらにしろ、更年期になる女性ホルモンが低下する時期の女性やストレスでホルモンバランスが崩れやすい女性はこのAGAになりやすいので、覚えておくといいでしょう。

このAGAは生え際や頭頂部から少しずつ薄くなっていき、側頭部や後頭部には大きな影響を与えないので、その部分の髪の毛は残ります。「なんか頭頂部が怪しい」とか「生え際がきわどい」と思っている方はAGAを疑いましょう。

このAGAは30代以降や40代以降の方が発症確立が高めであると長年言われておりましたが、どうやら若年化が進んでいるようで10代や20代でもすでにその傾向が出ている人がいるようです。若いから大丈夫という考えは捨てたほうがいいでしょう。

円形脱毛症

最も知名度が高い脱毛症は円形脱毛症でしょう。この円形脱毛症は名前の通り円形の形に一か所だけ毛がごっそり抜けるもので、「10円ハゲ」などと呼ばれることがあります。何らかのきっかけで毛根や毛母体が正常に働かなくなって髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

基本的に毛根や毛母体になぜか自分の免疫が攻撃するようになることでごっそりと抜けるのですが、一過性のものが多いので放置で治ることもしばしばあります。しかし、まれにですがこのような単発型の円形脱毛症ではなく、多発型の円形脱毛症の人がいて頭部の複数個所に同じような状態になってしまう人もいるのです。

中には全頭性脱毛症といって、円形脱毛症の症状が頭部全体に出てしまう人もいます。いわゆる、円形脱毛症の症状が髪の毛全部に悪影響を与えるというケースです。多発型からさらに悪化した人が該当するのですが、これになると髪の毛が全体的に減っていってしまいます。

皮脂分泌異常による脱毛

こちらも若いうちからなる確率が高い脱毛といえるでしょう。皮脂分泌異常には2種類のタイプがあります。一つは皮脂分泌が多すぎることで、皮脂が参加するようになって頭皮に刺激を与えるようになり、かゆみや炎症などが多発するようになって抜け毛や薄毛が進むというケースです。

もう一つは皮脂分泌がほとんどされなくなってしまうことで、乾燥が一気に進んで地肌がさらされるようになり、抜け毛が多発するというケースです。こっちのケースではフケが大量に出始めるので、違和感を覚えることもできるでしょう。

どちらにしろ頭皮の皮脂分泌異常が原因なので、その原因を除去しない限り抜け毛や薄毛は加速し続けます。頭皮環境に強い悪影響がどちらの場合も出ますので、抜け毛が増えたと思ったのなら、頭皮に触って乾燥しているのかどうかをチェックしてみましょう。

アレルギーによる抜け毛

こちらも現代人の場合は昔と比べて当てはまるケースが増えてしまったパターンです。

アレルギー体質の人は皮膚トラブルが多く、頭皮湿疹が発生してしまうことがあります。頭皮湿疹が多発するようになると、まともに髪の毛が育毛することができないので、ヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄毛が加速するのです。

アトピー性皮膚炎や花粉や動物アレルギーなどを持っている子供も苦しめられることが多いので、小学生のような小さなお子さんでも頭皮湿疹による抜け毛の増加が発生する可能性があります。頭皮は自分では見られないので、親がたまにチェックすることが大切になるのです。

スポンサーリンク

ハゲの原因を取り除く育毛と発毛ケアについて

3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

それでは具体的にそれらの原因を取り除くケア方法を考えていきましょう。

いろいろとタイプがあったため、どのタイプが当てはまっているのかを自覚しないと対策もできません。AGAならAGA対策、皮脂分泌異常なら皮脂分泌異常対策を講じていきましょう。

一つ一つ対策を練ることでしっかりと抜け毛対策とハゲ対策にすることができ、育毛ケアにつなげられます。

AGA対策について

AGA対策はいろいろと考案されていますが、元となる原因はDHTという男性ホルモンを生成させてしまっていることです。この部分を抑制しないとAGA対策にはなりません。生活習慣などがひどいと悪化する傾向にはありますが、あくまでそれらは悪化させる副次的な要因にすぎませんので、根本を解決する方法を提示いたします。

プロペシア錠

AGAの原因となって、毛乳頭に悪影響を与えるDHTの生成を抑制させて、薄毛や抜け毛といった髪の毛のトラブルを防ぐ薬がプロペシアです。

もともとは前立腺肥大症や前立腺がんなどの治療薬として用いられていたのですが、副作用として「多毛になる」「髪の毛が太くなる」という作用があったことから、そこに目をつけてより研究が進み使えると判明されました。

今では厚生労働省が認可している薄毛治療薬となっているのです。ただし、DHTの生成を抑制するという効果はすぐに実感することはありません。風邪薬のように咳や熱がなくなるものならすぐにでもわかるのですが、髪の毛の場合は時間がかかるのです。

ヘアサイクルなどの乱れがなくなって強くなった毛乳頭が誕生するようになるまで半年は最低でもかかるといわれております。その間は飲み続ける必要があるでしょう。半年の服用で約50%が効果を実感し、1年で約80%の人が効果ありと感じているので、AGA対策としては最適といえます。

「ならこの薬を市販で購入すればOKか!」と思うかもしれませんが、医療用医薬品なので、日本の薬局やドラッグストアでは取り扱っていません。個人輸入で入手する方法もありますが、ハゲラボさんにも記載があるように個人輸入はリスクが高すぎるのでお勧めできないのです。

なので、AGAの可能性が高いと感じた人は皮膚科や発毛や育毛をしているクリニックに行って診察を受け、処方してもらうのがベストとなるでしょう。ただし、健康保険適応外なので割高になってしまうということを覚えておいてください。

ミノキシジル

本格的にAGAが進行している方は今すぐにでも治療をする必要があると考えてクリニックに行くという決心も付きやすいのですが、「なんとなく生え際が怪しくなったような…」というあやふやな状況では診てもらうのもなんとなく違和感があると思います。

そのような人たちが求めるのは最も効果が高いといわれている成分を含む薄毛対策シャンプーや薬用シャンプー、薬用地肌エッセンス配合などの効果がある代物ではないでしょうか。その中でもAGAに効果があるといわれている成分はミノキシジルです。

この成分が入った頭皮シャンプーやヘアシャンプーは見つけられませんでしたが、一部の育毛剤には含まれており、ドラッグストアで配合されているものも購入することができるようになっております。

ミノキシジルは審査基準が厳しいアメリカでも育毛効果があると認められているので人気の成分だったのですが、AGA治療薬にも使えるとされて研究が盛んにおこなわれておりました。こちらも血管拡張薬として使われていたのですが、薬の副作用で多毛症がありそこから発展してきたものなのです。

先ほど紹介したプロペシア錠は女性は使えないというデメリットがありましたが、こちらは問題なく使えますので、お勧めといえるでしょう。クリニックなどでは頭皮マッサージを行った後にプロペシア錠と合わせてミノキシジル配合の薬を渡してくれる場合があります。

植毛やカツラ

重度にまで進行してしまうと、AGAの治療にも限界が出てしまいます。重度のAGAの場合はすでに毛根および毛乳頭が死んでいる可能性が高く治らない状態になってしまうのです。こうなってしまった人は植毛カツラなどを使って補うしかないでしょう。

どちらも定期的なメンテナンスなどが必要になりますが、現代の植毛やカツラはだいぶ進化しているので、その人にとって不自然にならないように髪を補ってくれます。ただし、かなり高いのでコストの面では注意したほうがいいでしょう。

円形脱毛症対策

円形脱毛症は実は根本的な治療方法が確立されておらず、いまだにいろいろと試みられている段階です。それでもいくつかの治療法は効果があるということがわかってきたので、その治療法が実行されることになるでしょう。

局所免疫療法

これは知らない人も多いやり方でしょう。この治療は人工的にかぶれを発生させるという特殊なやり方です。スクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)やジフェニルシクロプロペノン(DPCP)を使ってあえてかぶれを発生させることで発毛を促すというものになります。

円形脱毛症のような一部分に対する治療ではなく広範囲に脱毛症状が出ているケースでも使われる治療ではありますが、アトピー性皮膚炎や湿疹症状がある人には悪化する危険性があるためあまり使うことができません。

子供にも使えるという利点がありながらも治療期間が半年以上かかるというデメリットもあるので、腰を据えて治療を行い続ける必要があるでしょう。

ステロイド局所注射

ステロイドは効果が高い反面副作用が強いので、子供には使えない治療法となっております。脱毛斑に注射で注入するやり方ではありますが、この治療の欠点は痛みです。なんといっても注射をするときにかなりの痛みが発生するので嫌がる人が多い治療となっております。注射部位が陥没するという副作用があるのもネックです。

その他

それ以外にも治療法は非常にたくさんあります。冷却治療・紫外線療法・内服薬・外用薬などいろんな方法がありますが、どれを選ぶかは診てもらった医師次第なので、医師と相談して治療法を実行していきましょう。

皮脂分泌異常による脱毛対策

皮脂分泌異常になっているという人はヘアサイクルが乱れている可能性もありますし、シャンプーがあっていない可能性も非常に多いです。そのため、薬用シャンプーや頭皮シャンプーなどを厳選する必要があるのはここになるでしょう。

育毛シャンプーなどを選び抜く

頭皮および髪の毛に対する刺激が強すぎた場合はそれが原因で皮脂分泌異常になってしまうことがあります。そのような人は植物由来のアミノ酸系洗浄成分が配合されている育毛シャンプーを選びましょう。発毛促進効果や発毛力などが違いますのでお勧めです。

刺激が強いと感じている人はシリコンや防腐剤がダメージになっている可能性もありますので、刺激が弱めのものにしましょう。泡立ちが少なく洗い上がりが気に入らないと感じるかもしれませんが、頭皮環境を守り皮脂分泌量を制御するには必須となります。

自然派志向のシャンプーの石鹸系シャンプーは毛穴の汚れも取れますし洗浄力が高く刺激が弱いといいことずくめなのですが、油分を取りすぎるという欠点があるので、頭皮がかさついている人が使うと逆効果になります。

また、育毛シャンプーにはセンブリエキスやロクシタンなど、いろいろと入っており種類もものすごく豊富なので、有効成分および洗浄成分を見て税込み価格も確認し、使用感から判断するしかありません。

どんなに効果があるものでも相性がありますし、天然植物由来の化学成分少な目で評価が高い商品でも肌トラブルになるという人もいます。基礎化粧品にも相性があるようにシャンプーもしっかりと自分に合ったものを探しましょう。キャッシュバック付きのものを使っておすすめから選ぶという手もあります。

アレルギーによる抜け毛対策

アレルギーは人によってどのようなアレルギーなのかが異なりますし、症状の出方も異なりますが、アレルギー症状にはいくつかの共通点があるので、その共通部分の対策についてお話します。

ストレスはためない

いくら高価な美容液を使って肌トラブル対策をしていたとしても、ストレスがたまりすぎている人は効果が薄くなります。これと同じ現象は頭皮にも発生するのです。ストレスがたまりすぎている人は血行不良になっている人が多いですし、ホルモンバランスが崩れる可能性が高いです。

そうなるとDHTが大量発生しやすくなるのでAGAにつながる可能性もありますし、免疫力が低下する危険性もあります。アレルギーの場合注意する必要があるのがこの免疫力の低下です。

アレルギー症状というのはいろいろあるでしょうが、必ず症状の大小があります。この大小を決めるのはどれだけアレルギーになる原因に触れていたかまたは摂取したか、そしてその人の体力及び免疫力がどうなっているのかが重要なのです。

そのため、免疫力が低下しやすいストレス過多は出来る限り避けたほうが良いと考えられております。

生活習慣を見直す

食生活を含めた生活習慣がアレルギーとは密接しております。花粉症の人は花粉症対策を行うのは当然ですが、もともとの体力及び気力が低下していると花粉症によるダメージが大きくなり影響も大きくなるのです。

そのダメージを少しでも減らすためにも、しっかりと睡眠時間を確保して食事も栄養バランスを整え、体の血の巡りが良くなるように運動の時間を設ける必要があるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

シャンプー剤にもいろいろとあり、成長や予防という言葉が使われるものも一気に増えました。しかし、自分の薄毛の原因がわからないと何がポイントとなるのかも不明なままなのです。

毛髪のことを気にするのは大事ですが、しっかりと何が悪いのかを見定めて、準備をいたしましょう。血行促進などの効果も大切ですが、それだけではAGAは防げないので、自分のヘアスタイルを守りたいのなら、しっかりと原因特定を行いそれに合わせた育毛ケアをしていきましょう。

適当にやっているだけではいつまでたっても効果は出てこないということだけは、忘れないでください。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

薄毛を対策するマッサージの方法を紹介!6つのツボを押して血行促進しよう!

椿油を頭皮ケアに使うのは効果的?その効果とオススメの椿油を紹介!

薄毛を改善するヘッドスパの4つの効果!ヘッドスパが行えるお店はどこ?

ハゲの予防に重要な6つの要素について。M字ハゲやつむじハゲを予防する方法を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク