分け目が薄毛に!対策方法と注意したい髪型について!

薄毛のでき方というのは人それぞれではありますが、分け目の部分がうっすらと薄くなってしまうというパターンもあるでしょう。この分け目の部分というのは結構目立つので、人によっては周りの方々に気が付かれてしまっているというパターンもあります。しかし、面と向かって「ハゲているぞ!」と指摘する人はいないでしょう。

そこで、今回はこの分け目が薄毛となってしまう現象について詳しく調べて、原因及び対策方法をわかりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

分け目ハゲの原因について

235b440f05552197e9336f550c87b5b1_s

分け目ハゲとはいつもの位置で髪を分けているという方が発生するもので、初期症状はうっすらと地肌が目立っているという状態です。特に目立たないレベルの細い線だったら問題ないですが、昔の写真などと比べてはっきりと分け目がはっきりわかるのなら怪しいと思ってください。果たして、この分け目ハゲの原因は何なのでしょうか。

分け目に負担がかかりすぎている

髪の毛は引っ張られると抜けます。これは一時的な強い刺激によるものですが、常に分け目を同じ状態にしているという人は髪の重さや髪を結ぶことで引っ張られるという刺激を常に加え続けるということになります。つまり、ヘアスタイルがおんなじ期間が長すぎるという人は要注意ということです。

例えば、ロングヘアが多い女性の場合はこの負担が男性よりも大きくなりがちで、分け目ハゲが男性よりも発生しやすい傾向にあるとすら言われているのです。常にツインテールにしテールとかポニーテールにしているという人は気を付けましょう。

牽引(けんいん)性脱毛症の可能性もある

脱毛症として有名なのは男性型脱毛症(AGA)円形脱毛症ですが、それ以外にも牽引性脱毛症というものがあります。これは長時間頭皮に対してテンションを加え続ける状態が原因です。頭皮を引っ張り続けると頭皮が硬くなっていきます。もちろん急速に硬くなるわけではありませんが、それが年単位で行われていた場合、かなりの硬さになってしまうのです。

頭皮が硬くなると、その部分の血行もかなり悪くなり、血行不良状態になります。いわゆる部分的なものではありますが、血行不良の部分は栄養素が届きにくくなるので、健康的な体であったとしても、ハゲてしまうようになるのです。

危険な髪形や行動について

分け目に負担を与えるような髪型はポニーテールやツインテールです。それが代表的なものとなりますが、一昔前から流行しているエクステンションは非常に髪の毛および頭皮の負担になります。これを長時間使っている人は間違いなく牽引性脱毛症になってしまうでしょう。

エクステを付けている方々は頭皮がかゆいとか髪の毛が引っ張られるといった違和感を覚えるものですが、あれは常時引っ張られている状態を作り上げているのでかなり危険です。それ以外ではカチューシャやヘッドアクセを利用している方、三つ編みや編み込みなどの髪型にしている人は要注意です。

頭皮への負担が大きい

分け目のみが薄毛になる場合は、その部分に対する刺激によるもので牽引性脱毛症が考えられますが、それ以外にも頭皮への負担が発生しているためハゲになってしまうというパターンもあるでしょう。例えば、ヘアカラーやパーマといった刺激を加え続けると頭皮もダメージを負ってしまうことになるので、ちょっとした刺激で簡単に髪の毛が抜けるようになり、分け目も目立ってしまうようになるでしょう。

また、紫外線を浴び続けるのも分け目がはげる原因となります紫外線はある程度髪の毛があれば防ぐことができるのですが、分け目の部分は地肌がはっきりと出てしまっているので、直射日光を浴びることで紫外線の影響を強く受けてしまうことがあります。

生活習慣の乱れ

食生活の偏りによって髪の毛に必要な栄養素が届かなくなることも考えられるでしょうし、睡眠不足やタバコの吸いすぎによって髪の毛の成長がうまくいかなくなってしまうことも考えられます。また、運動不足になって血行不良になっているケースもあれば、ダイエットによって栄養不足になってしまうことも考えられます。

このように髪の毛に対してマイナスになるような行動を積み重ねてしまった場合はどうしても髪の毛や頭皮に負担がかかってしまうようになるので、分け目の部分が薄くなる可能性も出てしまうでしょう。

ヘアケア不足およびヘアケアのミス

シャンプーやコンディショナーを使って髪の毛のケアをしている人は非常に多いでしょうが、正しいヘアケアの方法を実践できているという方は少ないです。

特に、分け目の部分は頭皮がむき出しになるので紫外線を多く浴びるようになり、皮脂分泌がその部分だけ過剰になってしまっていることが考えられます。その状況下でその皮脂をきれいに落とせないでいるという方は、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えてしまうことも考えられるでしょう。

もしかしたら別の脱毛症

この分け目ハゲの原因は牽引性脱毛症が主要因ではありますが、それ以外の脱毛症の可能性もあるでしょう。例えば男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)、円形脱毛症や脂漏性脱毛症粃糠(ひこう)性脱毛症などが考えられます。

AGAの場合は頭頂部や前頭部から症状が出るので分け目から薄毛になるということは少ないですが、びまん性脱毛症ともいわれているFAGAは全体的に毛が薄くなるという特徴があるので、地肌が見える分け目の部分は薄毛が目立ってしまうことでしょう。

何らかの脱毛症の場合ヘアサイクルが乱されている可能性も高いので、まずはクリニックや病院で診てもらうようにしてください。

スポンサーリンク

分け目ハゲへの対策はどうするの?

719d84c3097782b87ef9383d600c8ae6_s

この分け目のハゲというのは芸能人の方々にもたまに見受けられ、人気テレビドラマ「ガリレオ」やNHKの連続テレビ小説「花子とアン」などに出演している人気女優の吉高由里子さんも一時期は騒がれました。しかし、今では髪の毛の量も増えたという意見がありますので対策をなされたのでしょう。

私たち一般市民も分け目のハゲが目立つようになったのなら、対策を講じるようにするしかないのです。むしろ目立たないうちからしっかりとした対策をすることで、分け目の薄毛を気にしない生活を送れるようになるでしょう。

髪型を変えて分け目を変えて刺激を減らす

最もシンプルですが、分け目のハゲが気になるという方にとって有効な手法がこれです。髪型を変えて分け目を変えるようにすることで、負担が分散するので血行不良になることも少なくなり、ハゲになる確率も一気に減少します。たとえ髪形を変えても分け目がずっと同じだったのなら、紫外線や頭皮への負担はかかり続けますので、髪型のチェンジとともに分け目も変えましょう。

エクステなどを使っていたという方はそれらの使用もできる限り減らすようにしたほうがいいでしょう。髪型のチェンジとは分け目にとって負担になっている行為をすべてやめるという考え方で実行してください。

分け目を変える方法について

分け目を変えるといったとしても、長年の癖などが残っているとなかなかしっくりこないというケースは多々あります。しかし、ちょっとしたコツをつかめばある程度は制御できるものなのです。

まずは髪の根元を濡らしてスタイリングをしやすい状態にし、分け目とは別の部分から乾かすようにしてください。ドライヤーを当てる部分の髪は出来る限り持ち上げながら乾かすといいでしょう。ただし、濡れたままだとくせが戻ってしまうようになるので、狙った髪型になるようにしっかりと乾かしてください。

髪型に対して興味がないという方でも、左分け・真ん中分け・右分けの3種類を用意するだけで3つに分散することができますので、ざっくりとでもいいので使い分けるようにしてください。

育毛剤を使う

分け目脳薄毛や抜け毛が気になるという方は、育毛剤を使うのもいいでしょう。育毛成分にもいろいろとありますが、分け目の薄毛が気になるという方は血行不良になっている可能性が高いので、血行促進作用の育毛成分が入っている育毛剤を使うのがヘアケア対策として有効な方法となります。今では女性向け育毛剤や女性専用育毛剤のような専用品も売られておりますので、そちらを購入するのもいいでしょう。

具体的にはセンブリエキス・セファランチン・M-034などが毛母細胞の活性化や血行促進作用があるといわれているのでおすすめな有効成分となっております。これらの成分が入っている育毛剤選びを行って毛量をキープするようにしましょう。医薬部外品の育毛剤が今は人気となっております。

ただし、牽引性脱毛症の場合はその塗りたい部分が弱っている可能性もありますので、刺激の強い育毛剤を使うと肌荒れにつながるケースも多々あります。できれば刺激が弱めの無添加育毛剤を選ぶほうが安全となります。界面活性剤やバラペンなどの頭皮に悪いといわれている成分はダメージを与える恐れがあるので、入っているものは選ばないほうがいいでしょう。

ヘアケア用品及び方法を見直す

育毛剤以外にも育毛シャンプーなどの育毛ケア用品はたくさん売られております。しかし、育毛剤にしろシャンプーにしろコンディショナーにしろ、必ず相性がありますので相性が悪いケア用品を使ってしまった場合は、正しいヘアケア方法でも効果が出にくいでしょう。特に、牽引性脱毛症の場合はちょっとした刺激でもアレルギーが出てしまうようになってしまったり湿疹症状が出る恐れもあります。

また、髪の毛を洗う場合は髪を濡らす前にある程度のブラッシングをしてほこりやごみを髪の毛から除去し、38℃程度のぬるま湯を使って大まかな汚れを落とし、泡立てたシャンプーを指の腹を使って頭皮につけつつ優しく洗って、すすぎ洗いをしてシャンプーが残らないように流して、自然乾燥に任せないでタオルドライをしっかりしてから乾かしましょう。

コンディショナーやリンスを使う方は髪の毛のみにつけて頭皮につけないようにしてください。このシャンプーの使い方とコンディショナーの使い方を間違っている人も多く、髪を洗う前にブラッシングをする人やぬるま湯である程度洗うという人も少ないので、実は正しい洗い方をできている人は少ないのです。そのあとは頭皮マッサージをすればより健康的になります。

紫外線を直接受けないようにする

紫外線は受け続けると分け目の部分に影響を与え続けますが、分け目がなくても影響を与え続けることになるので髪の毛全体に対してマイナス要素となってしまいます。なので、帽子などを使ってある程度直射日光を防ぐことが大切になります。これは分け目のハゲ予防というよりも、純粋なハゲ予防と考えてください。

食生活を整える

髪の毛は髪の毛に必要な栄養素がないと育ちません。その栄養素は食べ物から摂取するのが基本となっております。具体的に言うとビタミン・タンパク質・亜鉛などの栄養素が必要になるのですが、ダイエットなどの過度な食事制限をしている人はこれらの栄養素が不足しがちです。

ダイエットをしている場合、体が飢餓状態になっているという方がほとんどで、いくら髪の毛に必要な栄養素を摂取していたとしてもそれが頭皮に来る確率は高くありません。体というのは必ず優先順位をつけるのでその優先順位が低い髪の毛は栄養不足気味だと必ず後回しにされてしまうでしょう。

なので、無理に体に負担がかかるダイエットを繰り返してしまうとハゲてしまう恐れがあるということを覚えておいてください。また、偏食の人は肉を嫌う傾向にあり、タンパク質が不足することが多々あります。タンパク質不足になると髪の毛が作られなくなるどころか、筋肉の量も低下してしまいがちになってしまうので、ダイエットに成功しても非常に細い体になってしまうでしょう。

髪の毛に必要な栄養素はいくつかありますが、それらがうまく補給できないのなら栄養バランスを整えるためにも、不足している栄養素をチェックして育毛サプリメントを補給するといいでしょう。サプリメントで不足分の栄養素を摂取してください

油には要注意

抜け毛にとって食事はエネルギー補給どころとなっております。しかし、一部の油の摂取し過ぎは脂漏性脱毛症を招くので危険なのです。例えば、コーン油や紅花油のようなオメガ6多価不飽和脂肪酸は体に良いとして異常なまでに摂取しており逆効果になっている方が多くなっています。

実際はサバやアジやイワシなどの青魚やくるみやアーモンドなどの豆類に含まれているオメガ3のほうが非常に重要で、そちらをできる限り摂取したほうがいいとのです。オメガ6は確かに体に必要な油ではありますが、現代日本人はむしろこの油の採りすぎでアレルギー症状が出ているという見解すらあります。

頭皮湿疹はアレルギー症状からきているという方も多いので、食生活で使う油もオメガ3に変更するのが有効な方法となっております。亜麻仁油やえごま油、EPAやDHAを多く含む青魚が基本なので油の選び方も考えましょう。体に悪い脂を摂取しすぎると脂漏性脱毛症になる確率も上がりますので、食材選び以外にも油選びも慎重に行いましょう。

ストレスを減らししっかりと休む

ストレスがかかりまくったからだというのは副交感神経が一気に優位に傾くことがあるので、血管の収縮が始まってどうしても血行不良が加速するようになりますし、ホルモンバランスが乱れてしまって、女性の場合は男性ホルモンが優位になってしまうこともあります。こうなると男性ホルモンが表に出るようになって、女性ではびまん性脱毛症を発症することがありえるのです。

そうならないようにするためにもストレスの量を減らしましょう。具体的には運動をこなすとか確かな睡眠時間を確保するといった対策を練ってください。趣味があればもっといいでしょう。ストレス解消法は人によって大きく異なりますので、たまったストレスが次々と消化できるように独自の解決法を用意しましょう。

精神的なストレスと肉体的なストレスを解消するためには、睡眠時間の確保も重要になりますので、頭皮ケアばかりにこだわるのではなく自分の体をいたわることも考えてください。

運動不足を減らす

ストレスによる血行不良以外にも、運動不足による血行不良も考えられます。毛根をケアするような育毛対策を行ったとしても、日常生活において特に運動をこなさないという人は血行不良になりがちです。有酸素運動を少しでもいいので取り入れて、血行不良にならないようにしましょう。

特に加齢によって体を動かしにくいと思った方こそ、日常生活を改善する目的で動く量を増やしてください。男性用や女性用の育毛剤に頼ったとしても限度がありますので、体を動かすなどの努力も実践しましょう。

育毛クリニックで治療する

どうしても薄毛が改善しないという方は一度治療を受けるためにも、病院やクリニックのような専門家に診てもらったほうがいいです。分け目のハゲは牽引性脱毛症の確率が高いのですが、その対策をしても全く効果がないという方は考えを改めたほうがいいでしょう。

何をやってもボリューム不足が治らないという方はAGAの可能性もありますので、女性ホルモンが減少している方はホルモン剤などを使った本格的な治療を受けてください。様々な改善法がありますが、最も信頼できるのはやっぱり専門家の方々の知識となります。

スポンサーリンク

分け目のハゲは気を付ければ減らせる!

分け目のハゲは気になる方も多いでしょうが、髪型を変えるとかエクステを使わないようにすることで一定の効果は出ます。簡単な改善法ではありますが原因がはっきりしている分対応はしやすいのです。しかし、髪型を変えるといった対応以外では薄くなってしまった毛量やボリューム不足を補うことは難しいので、日常生活にもメスを入れてください。

髪の毛のトラブルは即効性のある解決法はありません。できることからコツコツと初めて、積み重ねを産むことで初めて効果的な対処法となってくれるのです。分け目のハゲは比較的対処しやすい分類ではありますので、前向きに考えて行動しましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

AGAの薄毛に豆乳が効果的と言うのは本当か?豆乳がもたらす育毛効果について紹介!

画像で紹介!ハゲている女性芸能人はどんな髪型にしているのか

ナイトキャップでハゲが予防できる!効果・使い方・入手方法について紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク