絶対にハゲを進行させたくない!ハゲ防止のために出来る対策方法まとめ

最近では20代〜30代の若い世代での薄毛の悩みが増えてきています。まだ10代の高校生なのに、両親や祖父母がハゲている(薄毛になっている)ことから自分も将来ハゲるのではないかと心配に思っている人も多いでしょう。

近年では若い世代の男性だけでなく女性にも薄毛の問題を気にする人が増加していて、薄毛のシャンプーや育毛剤などの商品を販売する会社も多くなり、その市場は広がり続けています。

ハゲや薄毛になりたくない!と思っても、実際何から始めればいいのかわからないと言う人は多いでしょう。今回は若い世代やこれ以上ハゲを進行させたくない!絶対に将来はげたくない!と思っている人にはげを防止するための有効な最新情報をお届けしていきたいと思います。

はげを予防するためには、ハゲてしまう前からしっかり対策をしておくことが重要です。はげてしまってから髪の毛を生やすよりも、今ある髪の毛を元気にする方法のほうが遥かに簡単で有効なのです。

現に、現在でも確実に髪の毛を生やす方法は見つかっていません。実際そんな方法が発明されれば「ノーベル賞ものだ」とも言われています。

今日紹介する記事では有効なサプリ、シャンプー、AGA治療薬を使用した対策方法の紹介。更に薬や薬品に頼らない薄毛予防方法についてお伝えしていきます。

3ヶ月〜6ヶ月の間以上、この記事で紹介する対策法を行えば髪の毛を太くしたり、成長期を長くすることで抜けにくい髪の毛を育てることが可能になり、髪の毛にコシとハリとボリュームが生まれて薄毛を予防・改善することができます。

スポンサーリンク

はげ・薄毛が発生してしまう原因

虫眼鏡

まずは、はげや薄毛の症状が発生してしまう原因について簡単に説明していきます。

自分に発生しているはげの原因を特定することで有効な対策方法の手段が変わってきますので、まずは原因を探ることが重要になります。

10代〜30代前半までの早期に発生する薄毛・抜け毛の原因を紹介していきます。

AGA・FAGA(男性型脱毛症・女性男性型脱毛症)

遺伝との関係性が強い脱毛症で、男性ホルモンが影響して髪の毛の抜け毛が増えて、最終的にハゲに繋がってしまう薄毛の症状になります。

男性ではM字ハゲやつむじハゲと呼ばれる薄毛の症状を発生させる特徴があり後頭部や側頭部と言った箇所には薄毛は発生しません。女性では髪の毛が全体的に薄くなる症状が発生します。

男性ホルモンのテストステロンが頭皮の頭頂部と前頭部に存在している2型5αリアクターゼという酵素と結びつき、より強力なジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

このDHTが毛乳頭細胞に存在している受容体と結合することで髪の毛の成長期を止めてしまい、髪の毛が一気に休止期や後退期に入って抜け毛につながってしまうのです。

AGAの薄毛であるかどうかを診断するためには、頭皮に存在しているDHTの存在を確認することが確実な検査方法になりますが、クリニックなどに行って検査をする必要があります。

自己診断する方法としては、親からの遺伝を調べるか薄毛の特徴を見ることで判断する方法のどちらかになります。男性の場合は母方の祖父母の髪の毛の状態を確認しましょう。

女性の場合は両親と両祖父母の頭髪状況を確認しましょう。

若年性脱毛症

若年性脱毛症は10代〜20代の若い世代で発生してしまう脱毛症で、急激に薄毛の症状が進行してしまうこともある恐ろしい脱毛症になります。

脱毛の特徴には個人差があり、円形脱毛症の様に一部から髪の毛が広範囲に抜け落ちることもあれば、AGAの様な薄毛になってしまうこともあります。

AGAと違う点は、薄毛に繋がっている原因が主にストレスや生活習慣の乱れや食生活の乱れから来るという点です。

この脱毛症や抜け毛に繋がってしまう原因で特に多いものは、ダイエットや偏食による髪の毛や頭皮への栄養不足、頭皮の湿疹や炎症による頭皮環境の悪化からの脱毛です。

特に若い世代で体型を気にする女子に栄養不足の問題、整髪料を過剰に使用したり皮脂の代謝が多い男子にフケや湿疹などの頭皮トラブルが多くなっています。

それぞれの問題を抱えたまま生活を続けていると、どんどん薄毛が進行してしまいますので早期に対策していきましょう。

牽引性脱毛症

髪の毛を長時間束ねる髪型をしている場合や同じ分け目に毎日セットしている事が原因で発生してしまう脱毛症です。若い世代に発生しやすい理由にポニーテールなどの髪の毛を縛る髪型を部活動中などにしている学生が多いことがあります。

大学生では社会人までの最後の楽しみとして過度なヘアケアをしている人も多いことや、高校生では整髪料の過度な使用などが問題になることがあります。

引っ張る力が常にかかっている箇所が部分的に薄毛になっている場合にはこの脱毛症である可能性が高いです。

ヘアエクステを使用している女性が重度の脱毛症を引き起こしてしまった例もありますので髪の毛を過度に引っ張りすぎる髪型は避けるようにした方がいいでしょう。

若い世代に発生しやすい脱毛症

若い世代に発生しやすい脱毛症や薄毛の原因はこの3つの脱毛症になります。

  • AGA・FAGA(男性型脱毛症・女性男性型脱毛症)
  • 若年性脱毛症
  • 牽引性脱毛症

自分がどの脱毛症なのかをハッキリさせて問題となる行動を避けて薄毛・抜け毛を解消していきましょう。

スポンサーリンク

サプリを使用した薄毛予防方法

サプリメント

サプリメントを使用した薄毛の予防方法を紹介します。サプリは髪の毛の成長に必要な栄養素や食事から摂取しづらい栄養素を補い、育毛を促進することが出来ます。

サプリを使用して髪の毛を早く伸ばしたり、髪の毛を太くする効果も期待できます。どのようなサプリメントが有効なのかを見ていきましょう。

亜鉛サプリで髪の毛が伸びる?

亜鉛は主に魚介類に多く含まれているミネラルになります。基本的な効果としては皮膚や粘膜を正常に整えてくれる働きがあることや、味覚を正常に働かせる作用などがあります。

亜鉛が髪の毛にいいと言われている理由は2つあります。ひとつは、亜鉛がAGAの薄毛の原因にもなっているDHTを生み出す5aリダクターゼの働きを抑制する効果を持っているため、AGAの薄毛を予防する働きが期待できることです。

ふたつ目は亜鉛が細胞の分裂をサポートする働きを持っており、髪の毛や頭皮の細胞分裂を補助して正常な環境を保ったり、髪の毛の成長を補助するという点です。

この二つの働きによって薄毛を回避・改善することが目指せます。

大豆イソフラボンが髪の成長期を長くする

大豆製品を摂ることで簡単に摂取することが出来る大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きを持っているという特徴がありますので、髪の毛の成長スピードを上げるのではなく、髪の毛が長い間成長し続けるという効果を得ることが出来ます。

この栄養素が特に有効なのは、女性でホルモンバランスが崩れやすい人や、男性で男性ホルモンの働きが強い人になります。

イソフラボンにも5αリアクターゼの働きを抑制する効果が確認されており、ヨーロッパの実験でDHTの量を減らす働きがあることが確認されております。

またイソフラボンを摂ることで得られる効果はその他にも老化防止、アレルギー抑制、骨粗しょう症の予防、更年期障害の改善などの効果が確認されております。

アミノ酸サプリメントで髪の生成を補助する

プロテインやアミノ酸のサプリメントで髪の毛の合成に必要なタンパク質をしっかり摂取することで髪の毛の生成を補助します。

髪の毛の主成分はアミノ酸からなるタンパク質により合成されているので、アミノ酸やタンパク質と言った成分は髪の毛には必須の栄養素になります。

髪の毛は90%以上がケラチンというタンパク質で作られており、その他は水分やコラーゲンになります。

ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されており、サプリメントでこのアミノ酸を補うことで髪の毛の成長を補助することが出来ます。特にシスチン、ロイシン、アルギニン酸のアミノ酸が多く含まれているので、合成量の多いアミノ酸を摂取することでより効果を得ることが出来ます。

ノコギリヤシがDHTの生成を阻害する

ノコギリヤシはメキシコやアメリカなどに自生している植物です。この植物から取れるエキスが滋養強壮効果があることや前立腺肥大症の治療に有効な事がわかっています。

前立腺肥大症の原因は薄毛と同じDHTが関わっている事が明らかになっています。ノコギリヤシのエキスは5αリアクターゼとテストステロンが結びつく働きを抑制し、DHTの発生を軽減する働きがあります。

前立腺の症状に効果的でDHT抑制の効果ですが、これが髪の毛にも同様に効果を発揮する可能性があるということで、育毛効果、抜け毛予防効果として有効なのではないかと言われている注目サプリです。

効率的にサプリメントを使用するにはバランスが重要

これらの紹介したサプリメントだけを極端に使用しても吸収率が悪かったり、ほとんど単体では効果を発揮しない栄養素もあるので、食事から取れる栄養素とのバランスが重要になります。

まずは血液循環のためのビタミンCを始め、頭皮の環境を良くする効果のあるビタミンB群、酸化防止作用のあるビタミンE、これらの栄養素を一緒にバランスよく摂ることで、サプリで摂った栄養素が効果を発揮してきます。

まずは基本的な食事での栄養補給を大事にして、サプリで栄養素を補っていきようにしましょう。

スポンサーリンク

シャンプーを使用した薄毛予防対策方法

シャンプー

シャンプーなんて何を使っても同じだと考えている人はいませんか?しかし、シャンプーは髪の毛を育てるための頭皮を健康に保つために非常に重要な働きをしています。

しっかり選んで使用しないと、シャンプーによって抜け毛が増えてしまうといった問題も発生してしまう事もあります。そのような事の無いように、しっかりシャンプーの選びかたについて知っておきましょう。

薄毛を予防する洗浄成分

まず、シャンプーを選ぶ時に注目するのは洗浄成分です。いかに髪の毛を育てる育毛成分や保湿成分が含まれていても洗浄成分の刺激が強いものを使用してしまうと、頭皮トラブルの問題は避けられません。

その薄毛には大敵となる洗浄成分はラウリル硫酸Naなどの名称が付けられている、高級アルコール系洗浄成分(石油系洗浄成分)と呼ばれるものです。

この洗浄成分は生産コストが安く大量生産に向いており、泡立ちもよく、汚れを落とす力が非常に強いことから、本来頭皮に必要な皮脂まで過剰に除去してしまうことで乾燥を引き起こしたり、強力な刺激から湿疹などを引き起こしてしまうこともある危険なものになります。

実際商品されているものですので、頭皮の皮膚が強い人やハゲ・薄毛の心配のない人からしたら特に問題のない商品なのですが、頭皮が弱い人や薄毛を気にしている人としては避けて通りたいシャンプーになります。

出来るだけアミノ酸系洗浄成分アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaなどと記載された商品を選択しましょう。

頭皮トラブルを改善できるシャンプー選び

自分の頭皮に発生している頭皮トラブルから、その症状に有効なシャンプーを選択して使用していきましょう。

頭皮に湿疹が発生している場合には菌や皮脂からの影響が考えられるので、抗菌タイプのシャンプーを使用していきます。

フケが発生している場合も乾燥によるフケか、菌によるフケか原因を特定し、保湿成分がしっかり含まれているシャンプー、抗菌シャンプーのどちらかを選択します。

頭皮トラブルを予防するシャンプーと言ってもそれぞれトラブルが発生している原因が症状によって異なりますのでここは医者でしっかり原因を特定することも重要になります。

症状がそこまで進行していない場合は自分でいくつかのシャンプーを購入して試してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

内服薬を使用した薄毛予防対策法

白い薬

AGAの薄毛を予防改善する薬として、AGA治療薬と言うものがあります。基本的には病院でのみ処方されるものになりますが、ネットの個人輸入サイトでも海外製品の物を購入することが可能です。

有効な内服薬の紹介と、知っておきたい副作用や注意点について紹介していきます。

AGA治療薬プロペシアとは

プロペシアはアメリカの大手製薬会社が開発したAGA治療薬になります。フィナステリドを主成分にした経口薬品で元はプロスカーという前立腺肥大症や前立腺がんの薬として使用されていた薬ですが、その副作用に髪の毛を成長させる効果が確認されたため、これを再製品化し育毛薬として販売するようになりました。

日本のクリニックなどで処方されている代表的な薬品で服用者には多くの発毛効果が確認されています。

このフィナステリドという成分は5αリアクターゼの働きを阻害する効果があるため、DHTを抑制し抜け毛の本数を減らす事が期待できます。

プロペシアはこの分野では先発品に当たる商品のため、効果やデータは豊富に出ていますが金額が高いという点がマイナス要素としてあります。アメリカではジェネリックは2019年まで作ることは出来ませんが、インドからジェネリック医薬品が多く販売されています。フィンペシアやプロスカルピン、フィナロなどの商品を個人輸入で手に入れて個人使用することが可能です。

AGA治療薬ミノキシジルとは

こちらもアメリカの製薬会社が販売している商品で、もとは血管拡張薬として高血圧の症状の緩和の為に開発、販売された薬品でした。しかし、この薬にも副作用として多毛症の症状が発生したことから、これを発毛剤として再製品化して販売するようになりました。

プロペシアなどのフィナステリド製の薬品との併用が可能で、それぞれ効果が異なるので二つの薬品の使用で更に髪の毛への効果を期待できます。

ミノキシジルの効果は毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化で髪の毛を生やす力を活発にすることが出来ます。内服薬の他に、日本でも唯一製品化している外用タイプの育毛剤のリアップという商品があります。

こちらの薬も個人輸入が可能なのですが、偽物の商品を掴まされたり、商品が粗悪品であったり安全性が保証されていない商品が多いですので、購入の際には十分に調べてから購入するようにしましょう。

それぞれの副作用について

それぞれの内服薬には副作用が存在します。注意点に該当する場合は飲んではいけないこともありますので、どの様な副作用があるのかを知っておきましょう。

プロペシア

基本的な副作用は頭痛、下痢、腹痛、眠気、頻尿などの症状で、消化器系に症状が現れる副作用が多いものになります。

特に男性が注意したいのが、精力の減退や性機能障害が発生してしまう可能性がある点です。実際にEDになってしまった使用者が存在します。服用を中止すれば回復することもありますが、そのままEDの症状が続く場合もあります。

また女性は触れることすら注意しなければいけないものとして扱われています。フェリステナドの成分は動物や人間の体内に吸収されると奇形児が生まれてしまう可能性があるとされています。

個人輸入での商品の使用では更にこれ以上の問題に繋がる症状が発生する危険性もありますので、医師からの処方が特に重要になります。

ミノキシジル

ミノキシジルの副作用の基本的な症状は頭痛、性機能障害、不整脈、目のかすみ、皮膚の赤らみ、手足のむくみとしびれ、性欲減退などの症状が発生する可能性があると言われています。

これらの副作用は全体の5〜10%の確率で発生すると言われています。

また元は高血圧薬であったことからも、血圧や循環器系の疾患を抱えいている、もしくは異常がある人は使用できない薬になります。

この薬も医師からの正しい処方と、指導が重要な薬になります。外用薬の使用は簡単にできますのでそちらを使用してみるといいでしょう。

これらAGA治療薬には、使用から1年以上の継続で70%以上の患者に何かしらの効果の実感が見られていますが、使用初期には初期脱毛と言う脱毛が発生する場合もあります。

これは、正しく知っていれば特に気にすることのない一時的なもので髪の毛が生え変わるための準備をしている段階で、寧ろ効果が現れているサインになります。

これを知らない人はこれを重大な副作用と考え、薬の使用で髪の毛が抜けたという風に感じる場合もあります。使用から3ヶ月以内にこの初期脱毛が現れる可能性があります。

10代や20代でも使用していいの?

10代での使用データが無いことと、10代に対して使用するものとしては副作用のリスクが高いので使用は20代を超えて成人してからと決まっています。

20代を超えれば、副作用の危険性さえ知っていれば、特に使用を控える必要はありません。寧ろ早い段階でのAGA治療薬の使用で髪の毛の毛髪状態を改善したほうが有効です。

一旦髪の毛が広範囲抜けてしまうと、なかなか元に戻りませんが、早い段階で治療をしていけば早期に髪の毛が生えてきて、後はそれを維持していけばいい話になりますので治療費も安く抑えられます。

薬の使用を止めても、髪の毛が抜けてしまう事はなく、生えた髪の毛はその状態で定着するので、薄毛に繋がる生活習慣などに気をつけていれば、抜け毛が増えることはありません。

気になる方はクリニックなどに行って無料カウンセリングも受けられますので、話を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

薬やサプリに頼らない薄毛予防法

運動

薄毛は予防したいけど、薬やサプリメントに頼りたくない。髪の毛の改善にそこまでお金をかけられる経済的な余裕が無いと言う人は多いでしょう。

学生や青春を謳歌する世代が髪の毛のためにバイトをして働いて、稼いだお金の殆どを育毛剤やシャンプーを使うのは確かにもったいないと私も思います。

なので、若い世代が体一つで出来る薄毛の対策方法を紹介していきます。

正しいシャンプー方法を覚える

シャンプー方法を正しく行うことでシャンプーの効果を十分に発揮し、抜け毛の予防に繋げる事ができます。それぞれのポイントを簡単に説明しますので、正しい方法を知って効果の高いシャンプー方法をしておきましょう。

  • シャンプー前にブラッシングをしてホコリを落とす・・・髪の毛が乾いた状態でブラシで髪の毛をとかして表面についたホコリをふるい落とします。シャンプーの泡立ちが良くなったり、汚れを浮かせる効果があります。
  • シャンプー液を使用する前にお湯で60%の汚れを落とす・・・ワックスを付けていたり汗を大量にかいた後の状態で直ぐシャンプーを使用しても泡立ちが悪く、頭皮までしっかり洗浄することが出来ません。2分ほどお湯で汚れやワックスを落としてからシャンプーを使用しましょう。
  • 長時間シャンプーをしない・・・中には成分の浸透のために5分間のパックなどを推奨しているシャンプーもありますが、あまり長時間頭皮を濡れた状態でふやかしてしまうのは良くありません。10分以内にシャンプーが終えられるようにしましょう。
  • 1日何度もシャンプーをしない・・・皮脂を落としすぎる行為は逆に紫外線の影響を受けやすくなってしまうことや、皮脂の落とし過ぎで乾燥を招いてしまったり、乾燥を防ごうと皮脂を過剰に分泌させてしまう問題につながることがあります。1日1回夜寝る前のシャンプーが最も最適でしょう。
  • しっかりすすぐ・・・すすぎは最も重要な項目になります。泡が残っている状態や洗浄成分が頭皮に残っている状態で頭を乾かしてしまうと、炎症を起こしたりフケのトラブルに繋がってしまう可能性が非常に高くなります。しっかりシャワーを使用して根元まですすぎを行いましょう。
  • ドライヤーで乾かす・・・雑菌を発生させないように最後にしっかりドライヤーを使用して髪の毛を乾かしていきましょう。先にタオルドライをして余分な水分を取り除いてから乾かします。温風を長時間使用することは髪の毛にダメージを与えてし合う原因にもなりますので、最後には冷風などを使用しながら髪の毛を手早く乾かしていきます。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージは頭皮の皮膚を動かして血行を良くするマッサージです。手の指の腹を使って全体的に揉み込むようにマッサージしていきます。

特に薄毛が気になる部分を意識して、頭皮を柔らかくするために円を描くようにマッサージしていきます。頭の頂点やこめかみや首などの部分にはそれぞれツボが存在しますので、それらのツボを刺激することでもコリの解消や血行の促進、リラックス効果を得ることが出来ます。

シャンプーをしながら並行して行ってもいいですし、お風呂の前に行うことで毛根に詰まっている汚れを浮かせて洗浄効果を高めることも期待できます。

睡眠をとる時間帯で育毛効果

肌や髪の毛のダメージ補修や成長を促す為に重要な成長ホルモンを効率的に分泌させる時間帯があります。その時間帯に睡眠をとることで効率よくホルモンバランスを整えて、髪の毛の成長につなげることが出来ます。

その時間帯は22時〜深夜2時までの時間帯になります。

この時間帯に睡眠が取れていることで、最も効果が高まります。それぞれの生活リズムや生活習慣、仕事との兼ね合いもありますから、絶対に守っほうがいいというものではありませんが、もし22時〜2時までの時間帯で生活できるリズムが無理なく作れるのであれば、それに越したことは無いでしょう。

少なくとも24時までには寝ておくと、効果は得られますので、ストレスにならない程度に改善していきましょう。

薄毛予防のために摂るべき食事は

まずバランスの取れている食事内容が最適であることは言うまでもありません。コンビニ弁当やファストフードやインスタント食品ばかり食べていては、髪の毛の成長にいい栄養素が補完できるわけがありません。

しかし自炊をする時間も根気もない・・という人は多いでしょう。外食でも栄養を意識して、1回の食事でバランスを取れなくても、朝昼晩の3回の食事内容を調節することで結果的にバランスをとることも出来ます。

まず摂りたい栄養素はビタミンA、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンE、亜鉛などです。と言っても栄養素で言われてもわからないので具体的に食べるべき食材をそれぞれ紹介します。

ビタミンA・・・にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンB・・・豚肉、うなぎ、ナッツ類、たらこ、青魚、まぐろなど、肉類や魚介類から摂取するほうが吸収されやすいでしょう。

ビタミンC・・・真っ先にレモンが頭に浮かぶ人も少なくないはず、ですが意外とピーマンやブロッコリーに多く含まれています。その他果物からも豊富に摂取できるのでいちご、キウイ、アセロラなどのドリンクを飲んでもいいでしょう。

ビタミンE・・・アーモンドなどのナッツ類、植物油、うなぎやニジマス、鮎などの魚にも多く含まれています。

亜鉛・・・牡蠣、海藻類、チーズ、そば、大豆製品

この他にも血液をサラサラにしてくれる玉ねぎやにんにく、血行促進効果がある唐辛子など挙げるとキリがないですが、とにかく偏った食事をしない事が重要になります。

またダイエットや減量などの食事制限は栄養不足に繋がり、即刻抜け毛の原因になりますので注意しましょう。

頭に付けるものは清潔に!

頭皮トラブルの原因に繋がるものとして帽子や枕が不衛生でそこから付着した菌が頭皮で増殖してしまう問題があります。

なので、頭に使うものは全て清潔な状態にしておく事が重要です。

特に髪の毛をとかすクシやブラシ、シャンプーブラシなどの道具は特に頭皮に直に接触しますので定期的に洗浄して置きましょう。クシなどは石鹸やシャンプーを少量溶かしたぬるま湯でじゃぶじゃぶ洗う方法で大丈夫です。しっかりすすぎを行いましょう。

しかし獣毛ブラシを使用している場合は説明書を読んで専用の洗い方をしなければ製品の劣化につながってしまいますので注意しましょう。

適度な運動で代謝代謝の活性化

育毛効果を高めるために最適な運動は有酸素運動です。ランニングやジョギングやウォーキングなどの軽い運動で汗を流して、適度な筋肉を付けて代謝を活発にしておくことで正常な皮脂の分泌を行うことが出来ます。

血行を促進することにも繋がりますので、頭皮にしっかり栄養や酸素を循環させることも出来ます。

運動が育毛に良いと言われている効果は3つあります。

一つは血流の促進と代謝の活性化、二つ目はストレスの発散とホルモンバランスや自律神経を整える効果、三つ目は汗の代謝によるDHTの排出効果です。

頭皮からしっかり汗をかくことで、頭皮に滞在しているDHTを排出することが出来ます。

AGAの薄毛を食い止める方法はDHTの生成を抑制するのと別に、もう一つDHTを効率よく排出するという対策法があります。それを実現するために有効な方法が有酸素運動なのです。

ナチュラルなヘアスタイルでオシャレを

若いうちはどうしても奇抜な髪型や染髪などをしてオシャレを楽しみたくなりますが、この時期にヘアカラーやパーマなどを過剰に行ってしまうと、そのダメージが後々響いて薄毛に繋がってしまう可能性があります。

ワックスなどの整髪料も適量使用する分には問題となることはありませんが、大量に使用したり、頭皮にべったり付けるなどの使用方法を行うと頭皮トラブルに繋がり、抜け毛のの問題につながりやすくなります。

またワックスを落とさない状態で寝てしまうと髪の毛が引っかかり抜け毛の量が増大します。

アジア人特有のキレイな黒髪でオシャレを楽しみましょう。

ストレス発散におすすめな対策法とは?

ストレスは薄毛の大敵です。ストレスは血行不良、筋肉のこり、皮膚の乾燥、皮脂の過剰な分泌、暴飲暴食など更に抜け毛を発生させる原因を呼び起こしてしまう厄介な問題になります。

ストレスは定期的に発散して溜め込まないようにする必要があります。

人それぞれ趣味などがあると思うので、熱中できる趣味でストレスを発散する方法が好ましいですが、中にはこれと言ったストレス発散できる趣味がない人もいるでしょう。

そんな場合におすすめの方法が読書、入浴、ティータイム、運動です。イギリスの大学が行った研究では読書が最もストレス発散効果が高く、7割近いストレスの解消効果が出ています。

熱中して読めるものであればなんでもよく、漫画や小説など好きなものを読んでわずか6分でも効果を得ることが出来ます。

また、運動には体に筋肉を付け、更に体力も付けることで達成感や適度な疲労感から自分に自信が付きポジティブなマインドに傾くという効果も得られ、ストレスが溜まりにくい性格に変化させることが出来ます。

ストレスの発散と、蓄積の予防を行って抜け毛に繋げないようにしていきましょう。

タバコやお酒を控える!

20代を迎えると、日本ではタバコとお酒が許され、好きなように嗜むことが出来ますよね。

羽目を外してお酒の席での失敗する事は若い内であれば許されますが、お酒の飲み過ぎやタバコの影響でハゲてしまうのは許され難い問題です。

飲酒や喫煙ではせっかく摂取したビタミンなどの栄養素が消費されてしまい、髪の毛に行き渡る栄養が奪われてしまいます。タバコではビタミンCが、アルコールではその代謝の為に栄養素が全般的に消費されます。

しかし、これらは嗜好品の一つでもありますので我慢しすぎるのは逆にストレスを溜める原因にもなりますし、アルコールには適量を嗜むことで高いストレス発散効果や血流促進効果があります。

なので、適度に利用していくことが重要になります。ストレス発散のための利用が行き過ぎて、抜け毛につながってしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上がハゲの予防に有効な対策方法です。抜け毛や薄毛の問題を目の当たりにすると、慌ててしまって育毛剤!や髪の毛を生やす方法は!と急かしてしまいますが、まずは薄毛や抜け毛が発生している原因を特定することが重要になります。

原因がわからないと本当に自分に有効な対策方法はわかりません。原因がわからないまま、対策を行っても薄毛が進行してしまったり、効果が出ない商品をいくつも購入してお金を無駄にしてしまったりします。

そうならないように、まずは頭皮トラブルは発生していないか、髪の毛は細くなっていないか、どこの部分が薄毛になっているのか、など詳しい情報を集めて対策法について考えていきましょう。

薄毛の原因は多くの場合が生活習慣の中に潜んでいる可能性が高いです。早期から改善をして、薄毛の進行を食い止めていきましょう。

関連記事として合わせて参考にしてみてください。

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク