妊娠中に使ってはいけない育毛剤について!妊婦におすすめの育毛対策を紹介!

女性は出産後に抜け毛が多いことがあると言われていますが、実は妊娠中でも抜け毛が増えることがあります。抜け毛対策といえば育毛剤での対策を思い浮かべる人も多いかと思われますが、お腹に赤ちゃんがいるときに育毛剤を使っても大丈夫なのでしょうか。

妊娠中の女性が使用したり、触れることすら禁じられている医薬品育毛剤も中にはあります。妊娠中の抜け毛の原因や、おすすめな育毛剤選びのポイント等をお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠中の抜け毛の原因は?

白いドレス妊娠中の女性

女性の産後抜け毛はよく聞かれますが、妊娠中でも抜け毛が増えることがあります。一般的には女性ホルモンの増える妊娠中は抜け毛が減るとも言われていますが、なぜ妊娠中に抜け毛が増えてしまうのでしょうか。その原因について見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中には女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。エストロゲンには髪を育てる作用があり、妊婦さんのヘアサイクルの成長期を伸ばし、抜け毛が減少して髪の量が増えることが多いです。

しかし通常時より黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増加することでホルモンバランスが崩れて、抜け毛が一時的に増えることがあるとされています。

なお出産後も女性ホルモンが一気に減少し、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になり、抜け毛・薄毛につながることがあります

妊娠中のストレス

妊娠中は行動が制約されたり、体調が悪くなったり、ストレスも溜まりやすくなります。妊娠中のストレスがホルモンバランスの乱れ、血行不良を招き、抜け毛が増える原因になることも考えられます。

栄養不足

妊娠中はつわりや体調が悪くなって、食欲がなくなったり、食べられる物が限られてくることがあります。食事量が足りなかったり栄養バランスの悪い食事が続くと、栄養不足で髪に栄養が届けにくくなり、抜け毛につながることが考えられます。

栄養不足はお母さんの身体にも、お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響を与えますので、妊娠中栄養の偏りがないよう注意が必要です

頭皮環境が悪くなっている

妊娠中は肌がデリケートな状態になっています。普段使用しているシャンプーだと刺激を感じる可能性もあります。またカラーリングやパーマ液などが刺激になることも。

頭皮環境が悪くなることで炎症が起きてしまい、炎症で毛根にダメージが及ぶと抜け毛・薄毛につながってしまうでしょう。

スポンサーリンク

妊娠中の育毛剤での抜け毛対策

妊娠中のママと女の子

妊娠中に一時的に抜け毛が増え、どうしたらいいか困ってしまう人もいるでしょう。

栄養バランスの良い食事を心がけ、栄養不足にならないよう注意すること、デリケートな肌にも合うシャンプーを使うこと、さらに育毛剤で育毛・頭皮ケアすることで抜け毛対策になります。

しかし育毛剤は胎児に悪影響を及ぼすことは無いのでしょうか?その副作用などについて紹介します。

妊娠中に育毛剤の使用は可能?

妊娠中に育毛剤を使っても大丈夫?と不安に思う人もいるかもしれませんが、一部の医薬品育毛剤、刺激の強い育毛剤などを除けば使用することが可能です。

医薬部外品の育毛剤は、国の認めた安全性の高い育毛有効成分が配合されています。有効成分といっても医薬品とは異なり、副作用の心配はほとんどない穏やかな作用のものです。

育毛剤には脱毛予防、育毛、発毛促進、養毛、フケ・かゆみの予防などの効能・効果があります。

妊娠中の女性の育毛剤選びのポイントは?

妊娠中の使用が禁じられている医薬品育毛剤、妊娠中おすすめされていない育毛剤は使用しないでください医薬品育毛剤は女性用でも妊娠中は使用できません

医薬部外品の育毛剤、化粧品の養毛剤で男女兼用のものもありますが、妊娠中は肌がデリケートになっていますので、爽快感のあまりない女性用育毛剤が良いでしょう。刺激の少ないもの、使用感の良いものを選ぶようにしましょう。

香料・着色料などの添加物でかぶれ、アレルギーなどを起こす可能性もあります。無添加・無香料、天然由来成分中心、保湿効果の高い育毛剤が妊婦さんに良いでしょう。

アレルギーのある人は、配合されている天然成分も確認しておきましょう。まれに天然由来成分の植物エキス、アルコールでかゆみ・かぶれの症状が起きることもあります。

育毛剤の効果が現れるまでの期間は?

育毛剤で育毛や発毛促進効果が現れるまでには半年ぐらいかかります。抜け毛予防の効果は早く現れることが多く、1ヶ月~2ヶ月程度で抜け毛が改善されることも多いようです。抜け毛の原因が頭皮環境悪化によるものなら、早く効果が現れやすいと考えられます。

スポンサーリンク

妊娠中に使用できない育毛剤

カップルと犬

妊娠中は無香料、無着色、無添加で、天然由来成分中心の育毛剤がおすすめされています。

一方妊娠中には使用してはいけない、医薬成分配合の育毛剤も存在します。中には妊娠中の女性が使用するだけでなく、触れることすら禁じられている育毛剤もありますので夫が使用している育毛剤にも注意する必要があります。

ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジルは血管拡張作用のある医薬品成分であり、血流を促進することで発毛因子増殖、毛母細胞の活性化が促され、発毛に繋がるとされています。

医薬発毛成分であるミノキシジルは、1~2%濃度のものが女性用として販売されています。国内の女性用ミノキシジル発毛剤では1%となっています。

国内でも唯一発毛効果が認められているのはミノキシジル発毛剤ですが、妊娠中・授乳中の女性は使用が禁じられています

妊娠中の女性がミノキシジル系育毛剤を使用した際の安全性は確認されていません。ミノキシジルの使用により、母乳にミノキシジルの成分が含まれる可能性もあるそうです。

妊娠中だけでなく、産後の抜け毛にもミノキシジル配合の育毛剤は使用することができません。ミノキシジル系育毛剤は加齢による壮年性脱毛症、男性なら男性型脱毛症、女性なら女性男性型脱毛症に有効とされています。

ミノキシジルの副作用とは

ミノキシジルが有効成分の育毛剤ではミノキシジルや添加物のアレルギーによって、頭皮のかゆみやかぶれなどの副作用がおこります。体への影響としては低血圧症、動悸、不整脈、むくみ、急激な体重増加などの副作用も報告されています。

心臓、腎臓への負担が考えられるため、心臓・腎臓に疾患がある人、血圧治療中の人は、ミノキシジル使用にあたって医師に相談が必要です。

以上のような副作用もあることから、妊娠中の女性がミノキシジルを使用するのは危険性が高いです。特に飲むミノキシジル(内服薬)は副作用の危険性がさらに高まります。

プロペシア(フィナステリド)は経皮吸収にも注意

プロペシアは男性の薄毛の症状に多いAGA(男性型脱毛症)の進行を抑える効果のある男性用の内服薬です。飲む育毛剤や毛生え薬とも呼ばれています。

プロペシアの有効成分はフィナステリドであり、国内、海外でも多数のフィナステリド薬(プロペシアのジェネリック)が製造・販売されています。

フィナステリドには脱毛を促す男性ホルモンDHTの生成を抑える作用があり、プロペシアを服用することでAGAの進行遅延、長期服用で遅延以外に毛髪量の改善も期待されます。

女性はプロペシア・フィナステリドを服用することはできません。さらに妊娠中の女性はプロペシアに触れることも禁じられています。男性は女性にプロペシアを触れさせないよう注意して下さい。

フィナステリドが配合成分に含まれる、男性用の医薬品育毛剤やシャンプーにも気をつけてください。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシアの有効成分フィナステリドを妊娠中の女性が摂取すると、胎児の生殖器の発育に悪い影響を及ぼす可能性があります。

薬が皮膚から吸収される恐れもあるため、女性にプロペシアを触れさせないように男性も注意が必要です。献血も女性や子供に輸血される恐れがあるため、プロペシアの服用中、服用中止後も1ヶ月は禁止されています。

プロペシアはコーティングされているので触っただけなら大丈夫なのですが、薬をピルカッターで分割すると粉が飛び散る可能性があります。

その他にもプロペシアの服用で、性機能障害、乳房の痛み、抑うつ症状、肝機能障害などの副作用が報告されています。

スポンサーリンク

妊娠中におすすめの育毛剤は?

赤いドレスの妊婦

妊娠中は医薬品育毛剤は使用できません。妊娠中のデリケートな肌にも優しい、女性用育毛剤の使用がおすすめです。

女性用育毛剤は数多くありますが、その中でも妊娠中にも使用できる人気の商品をいくつかご紹介します。

マイナチュレ

マイナチュレ育毛剤は、妊娠中・授乳期でも安心して使える育毛剤とされています。マイナチュレは香料、着色料、合成ポリマー、シリコン、酸化防止剤、石油系界面活性剤などの妊娠中避けたほうが良いとされる成分が含まれていません。

無香料の育毛剤は妊娠中ニオイにも敏感になる女性にも不快な気分にならず、香料のきついものより使いやすいです。マイナチュレは北海道産のミツイシコンブ、10種類のアミノ酸が配合されており、頭皮の血行を改善して抜け毛ケア、育毛促進への効果が期待できます。

またマイナチュレを公式サイトから定期コースを申し込むと、90日間の返金保証もついていきて、初回のみ980円で購入可能です。育毛剤を使い始めてから肌に合わないことがわかっても返品・返金ができるため、育毛剤を初めて使う女性にもトライしやすいでしょう。

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は妊娠中・授乳中の女性、敏感肌、乾燥肌、アレルギー肌の人にもおすすめされている口コミでも人気の女性用育毛剤です。

育毛剤の99.9%が育毛・頭皮ケア成分であり、99.6%が肌に優しい天然由来成分で作られています。香料、保存料、着色料、石油系界面活性剤なども不使用です。14種類のアミノ酸が配合されており、育毛成分が浸透しやすいよう成分をナノ化しているのも特徴です

公式サイトから毎月届けられる定期便パックを申し込むと、30日間の全額返金保証もついており、育毛剤を気軽に試しやすいです。また定期便パックを申し込むと、育毛剤とは別に頭皮クレンジングもついてきます。

長春毛精

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)は育毛サロンバイオテックが開発した、女性用育毛剤です。念のためバイオテックに問い合わせたという人の口コミによると、妊娠中も使用は可能ですが、肌がデリケートになりやすい時期なのでパッチテストを行うことをおすすめされたそうです。

長春毛精の開発には生薬の権威とされる長春中医学院も関わっており、12種類の生薬が配合、ナノエマルジョン製法で成分が浸透しやすいよう作られています。

定期コースを申し込むと初回のみ1,080円、またお試し用のミニボトルが540円で購入できたり、お試し価格でスタートしやすいのが魅力です。

ただし長春毛精には返金制度がありません。その代わり定期購入者限定でサロンでカウンセリングや抜け毛ケアも受けられるそうです。

花蘭咲

マイケアの花蘭咲(からんさ)はテレビや雑誌、新聞でも紹介されており、見たことがある人もいるかもしれません。

花蘭咲には希少成分であるエビネ蘭エキスが、育毛剤の有効成分として配合されているのが特徴です。香料や合成界面活性剤は不使用、10種類の天然植物成分が配合されています。

刺激の強い成分は配合されておらず、妊娠中や授乳中でも使用しやすい育毛剤です。口コミではハリやコシが出た、髪がボリュームアップしたという声も寄せられています。

とくとく便(定期便)は毎月、または隔月で育毛剤が送られてくるコースであり、通常購入より安く購入できます。ただし返金保証制度はついていません。

アデノバイタル

資生堂のアデノバイタルは妊娠中や授乳中にも使用して大丈夫とされている女性用育毛剤です。アデノバイタルはアデノシンという特許成分が配合されています。

アデノシンには発毛因子と呼ばれるFGF-7を増殖させる働きがあるとされています。FGF-7は髪の毛の元となる毛母細胞を活性化、髪の生成、成長を促す作用があります。さらにアデノシンには血行促進作用もあるため、毛乳頭・毛母細胞に栄養が送られやすくなります

またアデノシンには抗炎症作用もあるため、髪を正常なヘアサイクルへ導きながらと頭皮環境を整え、薄毛の改善効果が期待されます。ただしアデノバイタルには添加物が使用されているかされていないかの記述がないようで、敏感肌の人には気になる部分です。

スポンサーリンク

妊娠中の育毛剤使用方法

マッサージ

妊娠中にも使用できる肌に合った育毛剤が購入できたら、さっそく育毛剤を使ってみましょう。育毛剤のタイプによって使用方法が異なることがありますが、こちらでは一般的な育毛剤の使用方法をご紹介します。

育毛剤の使用方法

育毛剤は一般的に1日2回、朝と夜に使用します。育毛成分が浸透しやすいよう清潔な頭皮と髪に使用します。

シャンプー前に育毛剤を使用すると、日中かいた汗や汚れ、皮脂が頭皮に残っているため、育毛剤の成分が浸透しにくい恐れがあります。シャンプー後の清潔な頭皮と髪に使いましょう。朝使用する場合は、整髪料をつける前に使用します。

シャンプー後はタオルドライをし、ドライヤーで髪を乾かします。髪を乾かす事ができたら育毛剤を適量頭皮全体に、または気になる分け目などを中心に塗布します。仕上げに頭皮マッサージを行います。

育毛剤と併せて行う抜け毛予防対策

育毛剤には頭皮の血行促進作用がありますが、血流が良くなっても血液中に髪に必要な栄養が含まれていないと、髪の毛の生成・成長に繋がりません

抜け毛の症状改善のためには栄養バランスの良い食事で栄養をしっかり摂取すること、髪を育てる成長ホルモンの分泌量を増やすために、しっかり睡眠をとることも重要です

そして頭皮環境を良くするためにも、ヘアケアにも気を遣うようにしましょう。育毛剤だけでなく、シャンプーも無添加や無香料、石油系界面活性剤不使用のものがおすすめされています。

育毛剤による抜け毛・薄毛対策の効果を高める、肌に優しい頭皮ケアシャンプーもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃん抱っこする女性

妊娠中の女性でも、抜け毛に悩まされることがあります。妊娠中の抜け毛の原因として考えられることは、黄体ホルモンの増加によるホルモンバランスの乱れ、妊娠中のストレス、栄養不足などが考えられます。

妊娠中の抜け毛・薄毛対策にも育毛剤の使用はおすすめされています。ただし妊娠中はミノキシジル系育毛剤は使用できません。またプロペシアなどのフィナステリド錠を服用している男性は、パートナーの女性に薬剤を触らせないように注意してください。

また男性用育毛剤や男女兼用育毛剤は清涼感の強いものが多く、妊娠中のデリケートな肌に合わない恐れがあります。無添加、無香料、無着色の、保湿効果の高い育毛剤が妊娠中の女性に特に良いとされています。

育毛剤の使用と並行して、日頃から栄養バランスの良い食事、睡眠をしっかりとること、適切なヘアケアも抜け毛・薄毛対策になります。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

ヘアアクセルレーターの驚きの効果!髪の毛が驚くほど伸びる口コミ多数!薬局などの扱い店を紹介!

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

亜鉛がハゲに有効?その成分や効果的な摂取方法を紹介!過剰摂取に注意!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク