フィナステリドの副作用を紹介!育毛効果以上に重く影響を与えるその実態とは?

フィナステリドは2型5αリダクターゼを阻害して、男性ホルモンDHTが生成されるのを抑える薬です。DHTの生成が抑制されることで抜け毛を減らす効果があり、AGA治療薬として広く使われています。

しかしフィナステリドの服用による副作用、また服用中止後の後遺症も報告されています。フィナステリドを服用することでどのような副作用があるのか、またフィナステリドを服用するときの注意点についても検証していきます。

スポンサーリンク

AGA治療薬フィナステリドとは

水を飲む男性

フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として広く使われている薬です。どのような作用でAGAに効果があるのでしょうか。

フィナステリドと前立腺肥大症

フィナステリドはもともと前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発された薬です。前立腺肥大症や前立腺がんは、2型5αリダクターゼという毛乳頭に存在する酵素と関係があり、酵素の働きを阻害することで前立腺の病気の予防になりますが、抜け毛を防止する効果があることもわかりました。

フィナステリドの効果

AGA(男性型脱毛症)は5αリダクターゼによって男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に生成され、DHTが抜け毛を促進するために発症する脱毛症です。主な原因は加齢によるものですが、若い人でも起こることがあります。

フィナステリドの服用により、5αリダクターゼの働きが阻害され、抜け毛の進行を止める効果があります。

プロペシア

薄毛改善の有効成分フィナステリドを主成分とした内服薬、商品名「プロペシア」がアメリカのメルク社から発売されています。日本のAGA治療を行っているクリニックの間でも広く使われています。

プロペシアのジェネリック医薬品もいくつか出されていて、プロペシアの価格が高いため、フィナステリドのジェネリックを個人輸入する人もいるようです。

フィナステリド主成分の治療薬

プロペシア以外のフィナステリドを主成分とする薬には、プロスカー、フィンペシア、エフペシア、フィナバルド、ハリフィン、フィライド、フィナックスなどがあります。日本製のジェネリックもあり、ファイザー、サワイ、トーワ、クラシエ、SNなどがあります。

ジェネリックが多く出てきたことでプロペシアの相場価格が下がってきたようです。個人輸入をする人も多いようですが、効果が高い分副作用もある医薬品は医師の処方によって服用するのがベストです。

フィナステリドの臨床試験

プロペシア(フィナステリド)を服用した被験者のデータによると、1年間投与した結果、0.2mg群で54%が改善、1mg群で58%が改善しました。

またプロペシア1mgを1日1錠、3年間連続して投与したところ、被験者の98%でAGAの進行が見られませんでした。

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドは毛乳頭にある2型5αリダクターゼという酵素に働きかけますが、2型は頭頂部の毛乳頭に多く、生え際は1型が多いケースもあります。

フィナステリドは2型にしか働かないため、頭頂部の発毛効果は高いのですが、生え際の薄毛やいわゆるM字ハゲには効果が低いと言われています。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には肝機能障害、性欲減退、精子減少、EDなどの男性機能障害、うつ症状、睾丸痛、乳房痛、乳房肥大、めまい、じんましんや血管浮腫などのアレルギーが挙げられます。またフィナステリドの服用を中止してからも、副作用の症状が改善せず後遺症が残ることがあり、ポストフィナステリド症候群と呼ばれています。

アメリカにはポストフィナステリド症候群財団が立ち上げられ、後遺症に関する研究が行われています。

スポンサーリンク

フィナステリドの副作用・肝機能障害

半袖帽子男性

プロペシアにより肝機能の障害が出る場合があるようです。実際にどのようなリスクがあるのでしょうか。

薬の服用による肝臓への障害

薬の服用によって肝機能や胃腸の障害が出ることは少なくありません。プロペシア(フィナステリド)を服用していても、肝臓への障害が出たという報告もあるようです。

もともと肝臓機能の障害がある人は使用を控え、医師に相談しましょう。

肝機能障害の症状

フィナステリドの服用によって、肝臓検査のAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの数値が上昇したという報告があります。肝臓は障害が起きても自覚症状があまりありません。

肝機能の障害が進むと、全身がだるくなり、食欲不振、体重減少、吐き気、発疹や熱が出たり、黄疸が出ることもあります。肝硬変や肝臓癌になる恐れもあります。自覚症状があまりないことが原因で、病気に気がつくのが遅れる危険性があります。

スポンサーリンク

フィナステリドの副作用・男性機能の影響

シャツ男性

フィナステリドはED(勃起不全)になる恐れがあるという記事をよく見かけます。男性機能障害に関わる副作用には、具体的にどのような症状が見られるのでしょうか。

性欲減退

1~5%の発症率で、プロペシアを服用している人の性欲減退があるという調査結果が出ています。

決して高い数値ではないのでフィナステリドの影響かどうかはわかりませんが、現場の医師の方の中でも、プロペシアを服用している患者さんの口から結構聞かれるそうです。

ED(勃起不全)

フィナステリドの服用により、勃起機能の障害が出ているという声もあります。プロペシアを飲むと勃起機能障害がおこる、という噂が広まっているので、思い込みによる症状もあるのかもしれません。

ただしフィナステリドと似ているデュタステリドという薬では、マウスの実験で勃起機能不全が見られ、投与中止後も改善が見られなかったようです。

精子減少

フィナステリドには男性ホルモンを抑制する効果があるため、精子の数が減ってしまうことがあります。服用中止後も精子の数に改善が見られないケースもあるそうです。子作りを考えている家庭では、男性の服用による精子減少のリスクも考えておいた方が良いかもしれません。

発症率は1%程度のようなので、そこまで神経質にならなくてもいいのかもしれませんが、気になる人は他の治療薬や治療法を考えた方がいいのかもしれません。

妊娠中の女性も注意

フィナステリドは皮膚からも吸収されるので、妊娠中の女性も触れてはいけないと言われています。

フィナステリドは男性ホルモンに影響を与えるので、妊婦の胎内の赤ちゃん、特に男児の生殖器に異常が出る可能性があります。

スポンサーリンク

フィナステリドの副作用・うつ症状

スキンヘッド男性

フィナステリドを服用することにより、うつ症状、意欲の減退などを引き起こすこともあるそうです。

男性ホルモンへの影響

フィナステリドは男性ホルモンに影響を与えるため、意欲的、闘争的な男性らしい性格が抑えられ、体がだるくなったり気分が沈んだように感じられることもあるそうです。

またフィナステリドは、抑うつと関係のある神経活性ステロイドを減少させる作用もあるそうですが、うつ症状になるはっきりとした原因は解明されていないそうです。

副作用の研究

フィナステリドの性的副作用の後遺症のあるグループと、そうでない人たちのグループを比較したところ、スナステリドの副作用を感じているグループの方がはるかに高い抑うつ症状を感じていることが、ある調査研究でわかったそうです。

他の病気との関連(男性機能の障害や肝機能障害)も考えられますが、抑うつ症状も副作用の一症状としてあり得るようです。

スポンサーリンク

フィナステリド服用の注意点

白い薬

フィナステリドには発症率は高くないものの、いくつか副作用があり得ることがわかりました。その他の使用上の注意点についても確認しておきましょう。

フィナステリドを服用してはいけない人

女性にはフィナステリドが効かないし、安全性も確かではないので、おすすめできません。特に妊婦さん、授乳中の女性はフィナステリドの服用はもちろん、触ることもしてはいけません。お腹の男児の生殖器に異常が出る可能性があります。

男性でも未成年の使用は禁止されています。薬を割って飲むことも、粉が女性に付く可能性がないとも言い切れませんので避けましょう。肝機能障害のある人もフィナステリドで悪化する可能性もあるので、服用は避けましょう。

初期脱毛

フィナステリドの服用を開始すると、最初の1か月~2か月目は抜け毛が一時的にひどくなる場合があります。DHTの生成が阻止されることで毛母細胞が活発になり、髪に本来のヘアサイクルが戻ってきた最初の段階で起こることです。

初期脱毛の後は健康な髪が生えてくるので、服用をやめないようにしてください。万一脱毛が止まらない場合は別の原因が考えられるので、医師に相談をしましょう。

円形脱毛症への効果

円形脱毛症は自己免疫不全が原因で起きる脱毛症です。フィナステリドは男性型脱毛症の原因となるDHTの生成を抑制する薬なので、円形脱毛症には効果がありません。

自己判断で個人輸入などで薬を入手して服用するのはよくありません。

個人輸入の危険性

薬を個人輸入代行業者を通じて購入することは、日本では手に入らない薬や、医療機関で処方してもらうより安く手に入れることできることが理由で、さかんに行われているようです。副作用があったときなどは自己責任になるので、あまりおすすめできる方法ではありません。

以前はプロペシアは高いものでしたが、フィナステリドのジェネリック医薬品も出てきて、最近は購入しやすい価格になってきています。病院、クリニックの医師の処方のもとで服用することをおすすめします。

スポンサーリンク

フィナステリド以外の薄毛治療法

看護師

フィナステリドには発症率が高いわけではないですが、いくつかの副作用があるようです。またフィナステリドを服用できない人もいます。フィナステリド以外ではどのような薄毛治療薬、また薄毛治療の方法があるのでしょうか。

ミノキシジル

ミノキシジルは血流を良くする薬で主に外用薬の育毛剤で使われています。内用薬のミノキシジルタブレットもありますが、副作用が出やすいようです。AGA治療用の薬なので主に男性向けの育毛剤に使われていますが、女性向けの濃度の低い育毛剤もあります。フィナステリドが主成分のプロペシア服用と外用薬のミノキシジルの併用による投薬治療は、AGA治療でよく行われています。

特に外用薬のミノキシジルは濃度を薄めていることもあり、国内で流通しているものなら危険な副作用の心配はあまりありませんが、低血圧の人や高血圧の治療中の人、心臓病の人は避けましょう。外用薬は頭皮に直接塗ることもあり、ミノキシジルや添加されているエタノール、PGによって頭皮にかゆみや赤みをもたらすことがあります。

内服薬のミノキシジルタブレットは狭心症、動悸などの心臓系の疾患や、性欲減退、男性機能障害などの副作用も報告されています。

育毛剤

リアップやロゲインもミノキシジル主成分の育毛剤(発毛剤)です。育毛剤のポラリスシリーズはミノキシジルが主成分ですが、フィナステリドを使用している製品もあります。医薬品の育毛剤は発毛剤とも呼ばれ、薄毛治療において確かな効果があるとされているものです。

医薬部外品の育毛剤は有効成分は入っているけれど抜け毛の予防、改善が見込まれるもので、毛の生えていないところから発毛するような強い効果は見込まれないものです。ただし女性やデリケートな肌の人にも合う、副作用の心配がほとんどないような、肌に優しい天然成分の育毛剤も数多く出ています。

育毛薬

フィナステリド以外の内用薬ではデュタステリドという薬があります。フィナステリドと名前が似ていますが、フィナステリドが2型の5αリダクターゼに対してのみ作用するのに対し、デュタステリドは1型にも2型にも対応します。

ただしデュタステリドもフィナステリドと同様の副作用が報告されています。

育毛シャンプー

ポラリスからミノキシジル、フィナステリド配合の育毛シャンプーが出ています。普通の育毛剤に比べると有効成分の濃度は薄いです。フィナステリドが配合されているので、女性は触れないよう注意が必要です。

市販の育毛シャンプーは数多く出ています。医薬部外品のものはミノキシジルのような発毛効果の高いものではなく、穏やかに育毛を促進する効果のあるものです。以前はメンソール系のさっぱりしたものが多かったですが、最近は乾燥肌、敏感肌にも合うような、保湿成分配合の地肌に優しいシャンプーが増えてきました。

幹細胞発毛治療

幹細胞を用いた再生医療が発毛治療、育毛治療の分野でも注目が集まっています。ケラステム毛髪再生は少量の脂肪から幹細胞を取り出し、活性化させたら頭皮に注入するという治療法です。HARG療法は幹細胞から取り出した成長因子と、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分でできているHARGカクテルを頭皮に注入する治療法です。女性や円形脱毛症の人など、プロペシアやミノキシジルなどが服用できない人、効果がない人にも有効な治療法とされています。

低出力レーザー治療器

薄毛治療用の、家庭でできる低出力レーザーも最近注目されています。3万~10万とやや費用はかかりますが、長い目で見ればクリニックで施術を受けるより安く済ませることができるでしょう。低出力レーザーが細胞を活性化させることで、育毛を促進します。

育毛サプリ

髪の成長には栄養バランスの良い食生活をすることが必要とはいいますが、髪にいいすべての栄養を摂取しようと思ったら大変です。亜鉛やノコギリヤシ、ビタミンB群など、育毛成分の入ったサプリを摂取して足りない栄養をカバーするのもいいでしょう。

ただサプリだけで発毛というのは難しいので、あくまでも補助的に使用するということになります。

育毛専門サロン

育毛専門サロンでは頭皮のチェックをして、スカルプケアや頭皮マッサージなどをして頭皮環境を改善し、育毛を促すことを目指しています。エステやヘッドスパに近い感覚で通うことができます。費用もエステ並みに高く、1年で数十万かかることもあります。

リフレッシュはできますが、高い育毛効果は望めません。

スポンサーリンク

まとめ

サングラス男性

フィナステリドは毛乳頭にある酵素、1型5αリダクターゼの働きを抑制し、脱毛の原因となるDHTの生成を阻止することで、男性型脱毛症(AGA)の進行を防ぐ作用があります。AGA治療に有効な治療薬ということで日本でも広く使用されていますが、効果が高い分副作用も報告されています。また女性や未成年男子、肝機能に障害のある人も服用できません。AGA以外の脱毛症にも効果はありません。

フィナステリドの副作用として、肝機能障害、性欲減退、勃起不全、精子の減少など男性機能に関わるもの、抑うつ症状、じんましん、血管浮腫、乳房肥大なども報告されています。皮膚からフィナステリドの成分が吸収されることがあるので、妊婦、授乳中の女性はフィナステリドに触ってはいけません。男性側も女性に触れさせないよう気をつけて、薬を割って飲まないようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も読んで参考にしてみてください。

エビオス錠の効果とは?育毛にも効果があると言われる理由について!

プロペシアによる初期脱毛の期間は?気になる効果や副作用について紹介!

ミノキシジルの効果について。知っておきたい副作用や外用薬などの利便性について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク