女子中学生「JC」でも行える発毛法は?若ハゲの原因と対策方法を紹介!

若い10代や20代の男性、女性でも薄毛やはげに悩む人が多いと言われてますが、最近はjc(女子中学生) でもはげに悩んでいる人も多く、本人も、また悩みを持つ娘さんを持つ親御さんにとっても心配ですよね。

はげの症状を改善して発毛を図るために、まずはげの原因を把握し、食事や睡眠などの生活習慣の改善を図ることが必要でしょう。女子中学生のはげの悩みと原因、生活習慣やヘアケア、その他の対策法についても紹介します。

スポンサーリンク

jc(女子中学生)でもはげる?原因は?

黒帽子座っている少女

若年性脱毛症がさまざまな記事でも取り上げられ、悩みを抱えている人が多数いることが伺えますが、最近は女子中学生でもはげに悩んでお悩みサイトに投稿している記事も見かけられます。

女子中学生のはげの実態とその原因について確認してみましょう。

jcのはげの悩み

最近は中学生、高校生の中でもハゲていることを気にしている人が多く、悩みを抱える女子中学生達も多いようで、ハゲラボさんなど多数の記事で特集されています。記事のアクセスランキングも高い方ではないでしょうか。

中学生の時期の女子といえば何かと多感で気にし過ぎることも考えられますが、本当に脱毛症だったりまた抜毛症も考えられます。ストレスで髪が抜ける円形脱毛症は小学生の年齢でも起こる可能性があるぐらいです。

インターネット上には参考になる記事もありますが、中には投稿者の質問に対して不適切な回答もあったりします。

また自己判断で中学生女子が育毛剤など購入するのはおすすめできません。未成年で使うのは安全が認められていないミノキシジル配合の育毛剤(発毛剤)もあります、家族の育毛剤を勝手に使うのも止めましょう。病気が原因の脱毛症である可能性もあります。

10代のうちはまだ髪が増えていく時期なので(20代がピーク)、単に周囲の人より薄いだけで、ハゲているわけではないのかもしれません。怪しい情報にも踊らされないよう、まずは身近な家族に相談してみるのが良いでしょう。

jcのはげも遺伝が原因?

母方の祖父がハゲの遺伝子を持っていると遺伝しやすいと言われ、U字ハゲ、M字ハゲ、つむじハゲなどの種類がありますが、これは男性ホルモンが原因の進行性の男性型脱毛症、いわゆる男性に多いハゲの症状なので、あまりjcには当てはまらないでしょう。

つむじの薄さを気にする女子中学生もいるようですが、私たちのつむじは白い地肌が見えているのはよくあることで、髪の多さや太さも生まれつきで個人差があるものです。

jcのはげは食生活が原因

中学生は成長期なので、大人よりかなり多い量の栄養を摂取しないといけません。なんとなく食欲がなかったり、ダイエットなどで食事量が足りないと、髪へ栄養が行き渡りにくくなります。

髪へ栄養が行き渡らないと当然抜け毛につながり、髪の毛が細くなったり、頭髪が薄くなる可能性があります。

jcのはげは不規則な生活が原因

中学生も試験や受験前に無理して遅くまで勉強する頑張り屋さんもいるようですが、睡眠不足は成長期の体によくありません。

睡眠中は体の成長を促す成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンが分泌されることで身長だけでなく、髪や肌も健康に育っていきます。睡眠不足は髪の健康にもよくありません。

jcのはげはストレスが原因

義務教育の中学生の時期、何かと自由な行動ができず、ストレスを感じやすいこともあるでしょう。心因性のものでトイレがひどく近くなったり、悩みを自分一人で処理しようと精神的に追い詰められたり、精神的に厳しい時期を迎える人も少なくありません。

ストレスは血行不良を招くため、頭皮の毛細血管内の血流が悪くなり、円形状に脱毛する円形脱毛症などが起こりやすくなると言われています。

ホルモンバランスの乱れやすい時期

中学生は女性ホルモンが増える時期ですが、上記に挙げたようなさまざまな要因も加わってホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、女性ホルモンの分泌量が少ないと髪が丈夫に育ちにくくなり、髪が薄くなりやすいです。

ホルモンバランスが乱れると髪の生え変わりの周期であるヘアサイクルが乱れ、ヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期へ移行する髪が増えやすくなります。休止期の髪が増えると髪が生えなくなってしまいます。

頭皮環境が悪いことも原因になる?

中学生だとヘアケアの仕方が悪くてダメージを受けることは少ないかもしれませんが、頭皮の状態が荒れている状態を放っておけば、炎症による抜け毛を起こすことがあります。

家族と共有のシャンプーを使っている人も多いかもしれませんが、肌のタイプに合わないものを使ってかゆみがひどくなることもあります。シャンプーの洗い残しも頭皮の炎症の原因になります。頭皮環境が悪い人、フケやかゆみが止まらない人は要注意です。

また女子の場合いつも髪を結わえている人もいるかもしれませんが、同じ場所で髪をきつく結んでいることで髪が抜けて薄くなってしまう牽引性脱毛症という症状もあります。結ぶ場所を変えたり髪型を変えることで改善されることが多いそうです。

スポンサーリンク

jcのはげは生活習慣で発毛促進対策

パン食事

女子中学生が抜け毛やはげが気になったら、食事や睡眠などの生活習慣に問題がある可能性があります。

まずは生活習慣を改善して髪の健康に良い生活を送り、育毛・発毛を促すように対策することがおすすめされています。

栄養バランスの良い食事

髪の主成分は18種類のアミノ酸(うち必須アミノ酸は9種類)から構成されるケラチンというタンパク質です。食事量が足りないと十分なタンパク質が得られず、髪の材料が足りなくなってしまいます。

もちろん栄養はタンパク質だけでは足りませんが、髪だけでなく体を作る栄養素であるタンパク質は、まず不足させないようしっかり摂りましょう。肉、魚、卵などの動物性タンパク質と、大豆や大豆製品の植物性タンパク質を摂りましょう。

ビタミンやミネラルも代謝を促し毛母細胞を活性化させ、ケラチンが合成されるのに必要な栄養素です。野菜や果物でビタミンA、Cを摂取するのと同時に、レバーや魚、玄米などに含まれているビタミンB群も不足しないように、牡蠣やしじみに含まれている亜鉛も髪の生成に重要とされています。

いろんな食品を摂るほど多くの種類の栄養素が摂りやすくなります。栄養バランスの良い食事を摂ることが、体の健康にも髪の健康にとっても良いことです。

また血管の主要成分でもあるコラーゲンも肌や髪に良いとされており、コラーゲンペプチドの進化形ともいえる機能性ペプチドは髪を太くする作用が研究でも示されています。中学生はまだコラーゲンが不足する年代ではありませんが、大人の女性にはおすすめされています。

質の良い睡眠をとる

髪を育てる成長ホルモンの分泌量を増やすには、適度な睡眠時間と深い眠りが必要と言われています。睡眠時間が短かったり、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌量が下がってしまうそうです。

毎日決まった時間に寝るようにして、夜更かしするのを防ぎましょう。また寝る直前に明るい光を見ると寝つきが悪くなったり眠りが浅くなると言われています。

明るい光は眠りを促すホルモンを抑えてしまうそうです。よく眠れるように寝る直前は、スマホの画面を寝る直前まで見ていないようにしましょう。

適度な運動

中学生は運動をする機会が多いかもしれませんが、運動部ではない人や受験期で運動する機会が減ったりすることで、運動不足になることがあるかもしれません。適度な運動はストレス解消にもなり、血行を良くすることで髪の健康にも良いとおすすめされています。

ストレス対策

ストレスは血行不良、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足を招くので髪の成長にダメージを与える大きな要因となります。

中学生では試験や受験のプレッシャー、友人関係や家族との関係でも、何かとストレスと感じやすい時期かもしれません。運動や気晴らしでストレス対策をすることも、抜け毛の原因を抑え、育毛や発毛を促すのに効果的とされています。

スポンサーリンク

jcのはげは正しいヘアケアで発毛促進対策

花の冠少女

女子中学生だとヘアケアといえば良い香りのものや人気商品を選ぶことが多いかもしれません。しかし頭皮の肌質に合わないものを使うことで、頭皮環境を悪くしてしまうこともあります。正しいヘアケア製品の選び方とヘアケア方法で、発毛を促すようにしていきましょう。

シャンプーの選び方

頭皮環境が良くないようであれば、きつい香料の成分や刺激のあるシャンプーは避けた方が良いでしょう。

特に頭皮が乾燥してかゆみも感じる人は乾燥肌の頭皮ですので、男性向けの医薬部外品の育毛シャンプーなど利用しても、発毛どころか頭皮環境をさらに悪化させてしまいます。なるべく低刺激の弱酸性シャンプーで、優しく洗い上げるタイプのシャンプーが良いでしょう。

中学生男女は乾燥というよりは脂性肌の人が多いかもしれません。頭皮も皮脂分泌がさかんなところです。部活や体育の授業で汗をかいた上、皮脂も出ることで頭皮環境は悪くなりやすいです。シャンプーは毎日するのがおすすめでしょう。

シャンプーを毎日しているのに頭皮がさっぱりしないという人は、頭皮の皮脂をしっかり落とすスカルプ集中ケアシャンプー、クレンジングシャンプーなどを利用したり、汗をかいた時は2度洗いすることもおすすめです。

中学生の場合頭皮環境が原因による抜け毛は少ないとは思われますが、少なくともシャンプーで頭皮にダメージを与えないよう、肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。

ヘアケアの方法

中学生のうちは再生力のある時期でもあり、シャンプー時のマッサージで頭皮の血行を良くすることで、育毛・発毛を促進することが期待できます。良いシャンプーとシャンプー方法で、健康な髪を育てていきましょう。

  1. シャンプー前、髪が乾いた状態でブラッシングをします。
  2. 熱すぎないお湯で髪を洗います。
  3. 手のひらで泡立てたシャンプーで、頭を洗います。
  4. 指の腹を使って頭皮をもむようにマッサージします。
  5. よく洗えたら最後にシャンプー剤が残らないよう、しっかりすすぎます。
  6. コンディショナーは毛先を中心につけてなじませてから洗います。

寝る前に髪をよく乾かしてから寝るようにしましょう。

頭皮用の美容液

頭皮のマッサージは血流を良くするのに効果的と言われています。育毛剤もありますが、新陳代謝の活発な中学生ならそれほど高品質な育毛剤にこだわらなくても良いかもしれません。

頭皮環境があまりよくない人は、頭皮用の化粧水・美容液などを使ってもよいかもしれません。ノンアルコールタイプの、肌用の化粧水でも構いません。ランキングで評判の良い化粧水を利用するのも良いでしょう。

頭皮が乾燥しやすい人は、ドライヤーで髪を乾かした後に頭皮用の化粧水・美容液を塗っておくと、良い乾燥対策になるでしょう。

大人用の美容液ではヒト幹細胞培養液エキス配合の頭皮用美容液もあります。HGセラムという美容液は18種類のハーブとヒト幹細胞培養液エキスが配合された美容液です。幹細胞培養成長因子の配合目的は頭皮環境の改善と養毛です。使用頻度は1日2回となります。

ヒト幹細胞由来抽出タンパクのアンチエイジングのための美容液は話題になりましたが、頭皮用の美容液もクリニックから販売されています。税抜で10,000円からになりますので、中学生のママさん向けの商品になるでしょう。

スポンサーリンク

jcのはげに治療やサロンでの対策方法

芝生女の子

女子中学生向けの生活習慣やヘアケアによる育毛、発毛促進法について見てきました。生活習慣にも気をつけてはいるけれど、もっと早く髪を増やしたいという人もいるでしょう。その他の方法についても検討してみましょう。

jcのはげは治療が可能?

生活習慣にも気をつけたけれど、なかなか生えてこなかったり、もっと早く髪を伸ばしたいという人もいるかもしれません。髪を早く伸ばすために、中学生にもクリニックでの発毛治療は可能なのでしょうか。

発毛治療の治療法には薬や幹細胞由来の成長因子を頭皮に注入するメソセラピー、植毛などがありますが、一般的な治療法は治療薬となります。

発毛薬と言われるミノキシジルは未成年には利用できないので、女子中学生には使えません。市販の発毛剤も中学生には使用できません。

女性用の治療薬パントガールは12歳以上でも服用が可能ですが、医師の処方が必要です。パントガールはビタミンB群やケラチン、薬用酵母やL-シスチンなどが配合されています。びまん性脱毛症、白髪改善にも効果があるとされています。

中学生の場合でもびまん性脱毛症が起きることはありますが、たいてい自然に完治するそうです。ただし精神的なストレスなどが問題になっている場合は、心療内科や精神科などでの治療が必要になるケースもあります。

また皮膚炎や病気が原因ではげの症状が出ることがあります。主病の治療をまず第一に、症状が改善されることで、はげの症状も改善される傾向があります。

育毛サロンは?

育毛サロンといえば、リーブ21の発毛のプロが髪と頭皮の診断をしてくれるという「髪ドック」も有名です。しかし、中学生が育毛サロンに通うのはあまりおすすめされていないようです。

基本的には育毛サロンで行われている施術は頭皮環境を良くするもので、頭皮が脂っぽいとかフケが多いなどの頭皮状態によって、髪の健康状態が悪くなっている人が通うサロンです。

また育毛サロンでは医療行為は行われていないので、頭皮炎症が起きている場合は皮膚科での治療が必要です。

基本的に育毛サロンで行われているのは頭皮環境改善による育毛法なので、栄養不足やストレスなどによる要因が大きい中学生のはげの症状改善には厳しいと思われます。

少しつむじが薄いのが気になるというレベルなら、美容院で目立たないようなヘアスタイルにしてもらい、生活習慣改善をメインに対策を行うのが良いと考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

髪と花女の子

10代、20代の若い人でも若はげに悩む人が増えてきていると言われていますが、jc(女子中学生)のはげの悩みの声もよく聞かれます。

女子中学生の場合は食生活やストレスなどの日頃の生活から起きる栄養不足やホルモンバランスの乱れが、はげの症状の原因と考えられます。

発毛促進のために食事はしっかり摂る必要があります。栄養バランスの良い食事、髪の成長を促す成長ホルモンを促すために、睡眠で夜休息をとることも重要です。血行を良くするために適度な有酸素運動もおすすめです。

中学生の場合頭皮環境が直接はげにつながることは少ないかもしれませんが、頭皮の肌に合ったシャンプーでマッサージしながら洗うことで、頭皮の血流改善と発毛促進が期待できます。

発毛治療や育毛サロンは中学生向けではないとされていますが、ストレスや頭皮の皮膚炎、病気などではげている場合は、まずは元の病気の治療をしっかりと行う必要があります。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

何歳から何歳までが若ハゲと呼ばれるのか?原因と対策方法まとめ

ハゲを予防する方法は?ハゲたくない人がとにかくやるべき対策法【M字ハゲ・つむじハゲ・若ハゲ対策】

若ハゲはつむじから発生しやすい!原因を知ってすぐに対策をしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク