育毛剤に含まれている保湿成分にはどんなものがある?育毛剤の保湿効果を高める方法を紹介!

育毛剤には血行を促進して成長因子を増殖するような発毛成分や、ホルモンに働きかけて抜け毛を予防する成分の他に、保湿成分も含まれています。保湿成分が育毛にどのような効果があるのでしょうか。

実は頭皮は乾燥しやすい場所です。頭皮のトラブルを避ける意味でも、また頭皮に水分を与え柔らかくすることも育毛、薄毛対策になるそうです。育毛剤にどんな保湿成分が入っているのか、保湿効果を高める育毛剤の使用法も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

頭皮が乾燥する原因

海2人女性

育毛剤に保湿成分が含まれているのは、育毛に効果があることはもちろん、私たちの頭皮が意外にも乾燥しやすい場所でもあるからです。なぜ私たちの頭皮は乾燥しやすいのでしょうか。頭皮が乾燥する原因について見てみましょう。

紫外線

紫外線を浴びることで肌にダメージが与えられます。腕や脚も日焼けすると乾燥しやすく、皮が剥けてしまうこともあります。頭皮は髪で隠れているといっても上から日光が当たりやすい場所ですので、紫外線のダメージを受けやすいです。

乾燥した空気

冬の乾燥した空気にさらされたり、夏もエアコンの効いた室内に長時間いると、お肌が乾燥しやすいですよね。頭皮も顔の肌と続いている皮膚の一部ですので、乾燥した空気にさらされることで頭皮表面の肌も乾燥してしまいがちです。

誤ったヘアケア

毎日シャンプーをして頭皮を清潔に保つことは良いことですが、洗浄力や刺激の強い高級アルコールシャンプーのようなシャンプー剤で毎日洗うと、頭皮や髪にダメージを与えます。

石鹸シャンプーは天然成分由来のものが多いので肌には優しいのですが、洗浄力が高いので乾燥肌やアトピー肌の人が使用するとますます乾燥する恐れがあります。

シャンプーで髪を洗うときに、熱すぎるお湯で洗うことでも、頭皮を乾燥させやすくなります。またスポーツをして汗をかいたからと1日に何回もシャンプーをすることも、頭皮を乾燥させやすいです。

シャンプー後のドライヤーも長時間風を頭皮に当てることで、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌は乾燥肌というより脂性肌になるのでは?と思われるかもしれませんが、肌質によっては皮脂が乾燥の原因になることもあります。

私たちの皮膚には皮脂をエサにしているマラセチア菌という常在菌が存在しますが、皮脂分泌量が増えることでマラセチア菌が異常繁殖し、脂肪酸が多く排出されます。

肌質によってこの脂肪酸で刺激を受けて、ターンオーバーが早まってしまい肌が弱ってしまいます。弱った肌は肌のバリア機能が失われることでフケやかゆみなどのトラブルが起こりやすくなります。

スポンサーリンク

育毛剤の保湿成分の重要性

横顔目を閉じた女性

頭皮はさまざまな原因で乾燥しやすい場所ということがわかりました。それではなぜ発毛促進、薄毛対策をするための育毛剤に、乾燥対策のための保湿成分が入っているのでしょうか。保湿成分には育毛の上で重要な役割があるようです。

潤い不足が抜け毛・薄毛の原因に?

頭皮の乾燥が原因で炎症を起こし、抜け毛や薄毛になることもあります。また水分が足りないことで弾力性がなくなり、頭皮が硬くなることで髪の成長を妨げることがあると言われています。頭皮環境の悪化により、抜け毛を起こすことがあります。

頭皮の乾燥による炎症

潤い不足の頭皮は肌バリア機能が低下し、フケやかゆみなどのトラブルが起こりやすいです。また頭皮乾燥によりバリア機能が低下すると、紫外線や乾燥など外部からの刺激にも弱くなり、ますます炎症など頭皮のトラブルを起こしやすくなります。

頭皮の炎症を悪化させると、抜け毛や薄毛につながる可能性もあります。炎症を悪化させないよう水分不足に注意しないといけません。

頭皮の乾燥による弾力性の減少

乾燥肌は角質層の水分が足りていない状態の肌です。頭皮が乾燥しているということは、頭皮表面の潤いが足りないだけでなく、肌の内側の角質層の水分も失われた状態にあります。角質層の水分が足りないと肌の弾力性がなくなり、頭皮が硬くなってしまいます。

硬くなった頭皮は血流が悪くなると言われています。血行が悪い頭皮は栄養が毛乳頭や毛母細胞に行き渡らず、その結果髪の毛の成長にも悪影響があります。

ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルには髪が長く太く成長する成長期、成長の止まる退行期、次の成長期を待つ時期である休止期があります。

健康な髪は成長期が2年から6年と長い期間になりますが、潤い不足で血行が悪くなったり、外部の刺激によって髪の成長期が短くなることも考えられます。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響で成長期が短くなる脱毛症ですが、せっかく治療中でも上記のような要因があると治療薬による発毛が阻害される可能性があります。

保湿成分で皮脂膜を補う

健康な頭皮は頭皮の皮脂と汗などの水分によって皮脂膜が作られ、頭皮に潤いを与え柔らかな頭皮に、健康な髪が生える土台を作ります。

皮脂膜があることで外部刺激やホコリ、乾燥から頭皮の皮膚が守られます。皮膚が外部の刺激で弱ると炎症が起きたり頭皮にダメージを受けやすくなります。

炎症を受けると髪に栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛や薄毛になる可能性もあります。

乾燥しがちな頭皮は育毛剤の保湿成分で皮膚を守る皮脂膜を作り、健やかな頭皮にしましょう。

保湿成分による頭皮の血行改善

育毛剤には血行を促進する成分が配合されています。血流を良くすることで頭皮に栄養が行き渡りやすくなり、毛乳頭や毛母細胞が活性化されることで発毛促進が期待できます。

頭皮を保湿することで弾力性が生まれ、血行が良くなることで育毛剤の血行促進成分がより作用しやすくなる効果もあります。

乾燥肌には保湿成分の多い育毛剤がおすすめ

脂性肌タイプの人、汗をかきやすい人は清涼感のある育毛剤が良いかもしれませんが、乾燥肌の人は保湿成分が多く配合された育毛剤がおすすめです。

また乾燥しやすい肌の人は敏感肌であることも多いです。保湿成分以外にもノンアルコールや無香料、無添加のものなど、刺激の少ない育毛剤を選ぶと良いでしょう。

低刺激・無添加を謳っている育毛剤でも、入っている成分にアレルギーの危険性があったり、使用感が悪いこともあります。ハゲラボさんや通販サイトの口コミレビューなども参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

育毛剤に含まれる保湿成分

アロエ断面

頭皮の水分が十分でないと、頭皮の血行が悪くなったり炎症が起こることで、抜け毛・薄毛につながる可能性があるようです。育毛剤の保湿成分も抜け毛や薄毛の予防対策になるということですね。それでは育毛剤の保湿成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスには保湿作用があり、頭皮に潤いを与え柔軟にします。また血管の老化を抑制して、毛細血管を拡張する作用があり、血行を促進して毛母細胞が活性化されることで抜け毛や薄毛を予防する効果があります。

イチョウ葉エキスで深刻な副作用があったという報告はないようですが、イチョウの葉にはギンコール酸というアレルギー物質が含まれているので、注意しましょう。

オオウメガサソウ葉エキス

オオウメガサソウ葉エキスは高い保湿効果があり、肌の弾力のもとであるコラーゲン、エラスチンが紫外線によって減少することを防ぐ働きがあります。高い消臭効果もあり、欧米では泌尿器系の治療薬として使われていました。

キナエキス

キナエキスはアカネ科のアカキナノキの樹皮であるキナ皮(キナヒ)から抽出されるエキスです。キナエキスには保湿効果以外にも、肌を引き締める収れん効果があり、活性酸素を抑え、紫外線からのダメージを防ぐ効果があります。

ヒアルロン酸

化粧品でもお馴染みの成分であるヒアルロン酸は皮膚の真皮にも存在する成分で、高い保湿性と水分保持力があり、ヒアルロン酸1gで6Lの水分保持力があると言われています。真皮中にあるヒアルロン酸は年齢とともに減少し、肌の潤いが不足していきます。

ヒオウギエキス

アヤメ科のヒオウギから得られるヒオウギ抽出液で、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。保湿効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンに働きかけ頭皮環境を整えます。老化を招く酵素を抑制し、さらに男性型脱毛症の原因である男性ホルモンDHTを抑制し、脱毛を予防する作用もあります。

海藻エキス

海藻エキスはワカメや昆布などの海藻のぬめりから得られるエキスで、保湿性が高く、皮膚表面に保護膜を作ります。肌のバリア機能があり、頭皮の皮膚にハリを与える効果があります。

アルテア抽出液

アオイ科のビロウドアオイから抽出されるエキスで、高い保湿効果と収れん作用、また消炎作用もあります。 肌の老化を防ぐ効果があり、化粧水や乳液、ファンデーションなどの女性用化粧品にもよく使われています。

アロエエキス

多くの化粧品にも使用されているアロエ抽出液には保湿効果や消炎作用、皮脂の分泌量を抑える効果もあり、頭皮環境を整える効果があります。アロエエキスは発毛促進や育毛効果以外にも、アロエの持つ新陳代謝を活発にする作用が、白髪を予防する効果もあると言われています。

ピロリドンカルボン酸ナトリウム

ピロリドンカルボン酸ナトリウムは皮膚の天然保湿因子であるアミノ酸の一つで、保湿効果が高く、皮膚を柔らかくして弾力性を高め、肌荒れやかゆみを防止する効果があります。

ユズエキス

ビタミンCが豊富なユズは女性用化粧品にもよく使われており、保湿作用以外にも収れん作用、血行促進作用があります。ユズには老化の原因となる活性酸素を抑える効果も認められています。

スポンサーリンク

育毛剤の保湿効果を高める使用方法

バスローブの女性

育毛剤の保湿成分にはいろいろな成分があるようです。保湿成分たっぷりの育毛剤を使っても、使用方法を間違えてしまっては保湿成分の効果も損なわれてしまいます。正しい育毛剤の使用方法で頭皮を保湿し、抜け毛対策・育毛対策をしていきましょう。

シャンプー選び

育毛剤はシャンプー後の清潔な状態の髪や、シャンプーした翌朝に使用します。シャンプーで1日の汚れを落とすことは重要ですが、シャンプー剤が刺激の強いものだとせっかくの育毛剤の成分も十分力が発揮できないかもしれません。

育毛剤の保湿成分の効果を損なわないよう、頭皮の肌タイプに合った刺激の少ないシャンプーを使い、シャンプーでも頭皮環境を良くしていくようにしましょう。

乾燥肌タイプの人が洗浄力の高い高級アルコールシャンプーや石鹸シャンプーを使用するのは、頭皮の乾燥状態を悪化させやすいのでおすすめできません。乾燥肌用のシャンプーや、アミノ酸シャンプーなどがおすすめです。

脂性肌タイプの人は脂性肌用のアミノ酸系シャンプー、刺激が少なく洗浄力の高い石鹸シャンプーなどがおすすめです。週1~2回クレンジングシャンプーで頭皮ケアをするのもおすすめです。

シャンプー法

シャンプー前にブラッシングをして、髪の絡まりをほどいておきましょうお湯洗いをしてからシャンプー剤をつけて、頭皮をマッサージするように洗います。シャンプーする時は爪を立てないようにしましょう。洗い流す時は頭皮にシャンプー剤が残らないよう注意しましょう。

コンディショナーやトリートメントは髪のツヤを出してコーティングしたり、髪にツヤを出す効果があります。シャンプーと異なり洗い流すのに時間はかけなくても良いですが、油分が多いので頭皮につけると肌に残りやすいです。毛先中心になじませるよう注意しましょう。

ドライヤーのかけ方

シャンプー後に育毛剤を使用しますが、ほとんどの育毛剤が髪を乾かしてから使うことになっています。

長時間ドライヤーの熱を当てると頭皮が乾燥しやすいので、タオルドライで髪の水分をよく取り除いてから使います。

頭皮を乾燥させすぎないようドライヤーを15~20cm程度頭から離して、ドライヤーを左右に振りながら1か所に風を当てすぎないよう使いましょう。

育毛剤と頭皮マッサージ

育毛剤の使用量や回数、使用法はそれぞれの育毛剤によって異なるので、注意書きに書いてある使用法を守って使うようにしてください。

一般的には適量を頭皮の気になるところを中心に塗布して、マッサージします。スプレーで頭部全体に塗布したり、とろみのある育毛剤は気になるところを中心に全体に伸ばしていく場合もあります。

育毛剤を頭皮全体に塗ることができたら、頭皮マッサージをします。頭皮マッサージによって血流を良くするのが目的です。

両手で頭をつかむように、指の腹で頭皮を押さえながら円を描くようにマッサージします。耳の上から頭頂部にかけてマッサージしていきます。こめかみを押し上げるのも効果的です。

育毛・保湿効果を高めるためにも、育毛剤は毎日決められた回数を使用するようにしましょう。

育毛剤以外の頭皮ケア

育毛・薄毛対策には育毛剤がおすすめですが、まだ薄毛の心配はないけれど、頭皮の肌のベタつきや乾燥が気になるという人もいるかもしれません。

頭皮が脂性肌でニキビもできてしまうような人には、皮脂バランスを改善するさっぱりとした脂性肌用の化粧水を頭皮に使うのがおすすめです。ドクターシーラボの薬用アクネレスローションは脂っこい頭皮にもおすすめされています。

頭皮が乾燥肌タイプの人はノンアルコールの保湿効果の高い化粧水、または頭皮用の美容液も使うのもおすすめです。

スポンサーリンク

育毛剤による保湿以外の乾燥対策方法

海帽子女性

育毛剤やヘアケアに気を遣うことで頭皮を保湿しても、日頃の乾燥対策が不十分だと頭皮の乾燥状態が改善されません。紹介する乾燥対策方法も参考に、頭皮が乾燥しないように日頃から気をつけましょう。

紫外線対策

紫外線の強い季節は腕や脚がすぐに日焼けしてしまいますが、頭皮の肌も同じようにダメージを受けています。頭皮の肌が乾燥しないよう陽射しの強い場所では日傘や帽子で紫外線対策をして、頭皮がダメージを受けないよう気をつけましょう。

食生活での対策

栄養不足や油分不足の食事が続くと、乾燥して肌がカサカサになる可能性があります。栄養バランスの良い食生活は健康な髪を育てる基本でもあります。タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足しないように栄養をしっかり摂取しましょう。水分もしっかり摂りましょう。

加湿器で乾燥対策

室内の乾燥対策には加湿器を使うのもおすすめです。加湿器のクリーニングを定期的にし行って、雑菌が繁殖しないよう注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

ギター女性

私たちの頭皮は紫外線や乾燥した空気などが原因で、乾燥しやすいことがあります。頭皮の乾燥は健康な髪の成長を妨げる可能性があるので、特に抜け毛予防・薄毛対策をしたい人は保湿成分の多い育毛剤の使用がおすすめです。

乾燥する頭皮を保湿することで、不足しがちな頭皮の皮脂膜を補い、頭皮のトラブルを予防することができます。また頭皮が潤い皮膚の弾力性が高まることで、頭皮の血流が良くなることも期待できます。

育毛剤によく使われている保湿成分には、アロエエキス、ヒアルロン酸、海藻エキス、イチョウ葉エキス、ヒオウギエキスなどがあります。保湿効果だけでなく血行促進効果のある成分、ホルモンに働きかけ抜け毛を予防する作用のある成分もあります。

育毛剤の保湿効果を高めるためにも、頭皮の肌質に合ったシャンプーを使用し、ドライヤーで乾燥させないよう注意しましょう。ただ塗るだけでなくマッサージで育毛効果を高めましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

頭皮の保湿に効果的な方法は?おすすめのシャンプーやローションを使った方法を紹介!

甘いものを食べると薄毛に繋がる?髪の毛に甘いものが良くない理由を知ろう!

マイナチュレの商品の口コミを紹介!購入前に購入者が経験した失敗談を知っておこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク