壮年性脱毛症とは?どんな人がなりやすいの?原因や対策方法も知ろう!

壮年性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれることが多いですが、女性にも起こります。一般的に遺伝などの要因を含む脱毛症です。30代以降の男性の薄毛のほとんどが、この壮年性脱毛症だといわれています。壮年性脱毛症の特徴とは何か、また壮年性脱毛症にはどのようなタイプがあり、どんな人がなりやすいのでしょうか。

壮年性脱毛症の起こる原因とその予防や対策、及びその治療法についてもまとめましたので、よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症とは

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%b7%e6%80%a7

壮年性脱毛症とは、どのような脱毛症なのでしょうか。

 男性・女性に起こる薄毛の悩み

一般的に壮年性脱毛症というと男性の脱毛症を指すことが多いですが、女性にも起こる薄毛の悩みです。

青年期~壮年期に髪の生え際、または頭頂部から髪が薄くなっていきます。

男性の壮年性脱毛症

男性型脱毛症(AGA)という言葉が普及する前は、男性が加齢により、壮年期といわれる時期にはげることが多く、壮年性脱毛症と呼ばれていました。

しかし近年は若い人でも薄毛が気になる人が増え、男性特有の脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と呼び、さらにそのAGAを発症する時期によって若年性脱毛症、壮年性脱毛症と分けることがあります。

女性の壮年性脱毛症

女性も遺伝や男性ホルモンの異常で、壮年性脱毛症を発症することがあります。

男性の場合は生え際または頭頂部から進行し、髪の毛が全体、または部分的に完全になくなることが多いですが、女性の場合は頭頂部から薄くなり、髪全体が薄毛になることが多いです。

壮年性脱毛症と年齢

実際に発症する年齢にかなり個人差があります。また発症するとされる年齢も諸説あるようで、ハゲラボに代表される薄毛予防・改善の情報サイト、医療機関関連のサイトなどでも見解が分かれています。

壮年性脱毛症はおおよそ30代後半~50代にかけて発症するとされています。10代~20代は若年性に分けられることが多いです。

壮年性脱毛症のタイプ

壮年性脱毛症は男性の場合ほぼAGAと同義ととらえられています。壮年性脱毛症ははげる部分、はげ始める部分によって、おおよそ3つのタイプに分けられます。

額の生え際から髪が薄くなっていくM字型、逆に額の生え際を残したまま前頭部の真ん中からくぼむようにはげていくA字型(U字型)、頭頂部のてっぺんから薄くなっていくO字型です。額の両サイド、生え際からはげあがっている人はM字ハゲとも呼ばれます。このタイプは西洋人に多いと言われていますが、日本の芸能人の方でもよく見られますね。

壮年性脱毛症への対策はAGA対策?

男性なら壮年性脱毛症にAGAが含まれますのでいわゆるAGA対策をすれば良いです。

壮年性脱毛症専門とうたっているクリニックはあまりない思われます。治療に行く場合は薄毛対策の皮膚科、AGA専門のクリニック、女性も女性の薄毛専門クリニックに相談してください。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症になりやすい人

%e6%82%a9%e3%82%80%e7%94%b7%e6%80%a7

壮年性脱毛症になるのはできるだけ避けたいですね。それでは壮年性脱毛症になりやすい人にはどんな特徴や行動パターンがあるのでしょうか。

遺伝の可能性がある人

壮年性脱毛症は遺伝すると言われています。

家族に壮年性脱毛症の人がいたら、自分もなる可能性が高いです。若い頃は全くそうでなくても、加齢により年々ハゲてきたということは珍しくありません。薄毛のサインが見えたらすぐに治療・対策に取り組んだ方が良いでしょう。

栄養の偏った食生活を送っている人

1人暮らしで自炊をせず、ファーストフードやヘルシー度の高くないお弁当ばかり買って食べてしまう、生活が不規則で食事の量が極端に少ないなど、栄養の偏った食生活が続いていると体にも髪の毛にも栄養が行き渡りません。

夜型生活の人

夜更かしをして睡眠不足になったり、休みの日は日が高くなるまで寝ていたり、不規則な生活が続くと自律神経の働きが悪くなり、血行が悪くなることで髪の成長を妨げます。

夜型生活ですと、髪や肌に良いとされる成長ホルモンの分泌が活発となる22:00~2:00の時間帯に睡眠がとれなくなります。

不健康な生活習慣をしている人

偏った食生活、睡眠以外にも、過度の喫煙・飲酒などの習慣は健康によくありません。喫煙は血管を収縮します。血流を悪くして、髪の成長を妨げる可能性があります。肌の乾燥も招くので、頭皮が乾燥肌にもつながります。

また飲酒も適量であれば良いのですが、飲み過ぎは睡眠を妨げたり、内臓を悪くします。一緒にとるおつまみがカロリーが高い物に偏ったりすると、栄養のバランスが悪くなり、こちらも健康に良いものではありません。

体に悪いものは髪にも良くないと思っていいでしょう。

ストレスを感じている人

「気にしすぎるとハゲるよ」とよく言われるぐらい、ハゲの原因として挙げられるのがストレスです。

ストレスを強く感じる環境にあると、血行が悪くなり、自律神経の乱れを生じます。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症の原因

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84%e7%94%b7%e6%80%a7

壮年性脱毛症が起こる原因とは何でしょうか。髪のつくりと抜け毛が起こるしくみを解説します。

毛包とは

髪の毛のうち、頭皮に埋まっている根元の部分を毛根といい、この毛根を包んでいるのが毛包です。毛包は胎児のときにその数が決まり、それ以上増えることがないと言われています。

肌の1cm四方に少なくとも20個の毛包があり、毛包に毛根が2~3本包まれていることがあります。

毛乳頭と毛母細胞の分裂

毛母細胞と毛乳頭は、毛包に包まれた毛根の根もとに存在し、頭皮の毛細血管から栄養をもらった毛乳頭は、毛母細胞に指令を出します。

それにより毛母細胞は細胞分裂して、それが髪の毛となっていきます。

ヘアサイクル

髪の毛にはそれぞれヘアサイクル(毛周期)があり、成長しては抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。毛包は成長期、退行期、休止期をくりかえしていて、それぞれの髪の毛で時期が異なりますので、普通すべての毛包から髪がいっせいに抜けたり生えたりするようなことはありません。

成長期は髪が太く長くなる時期で、最も長い時期です。正常なヘアサイクルであれば成長期は通常2年~4年から6年になるのですが、AGAを発症している人はこの成長期が数カ月から1年と極端に短い周期になっています。そのため髪がじゅうぶん成長しないまま髪が自然と抜けていき、抜け毛・薄毛につながります。

男性ホルモンであるジヒドロテストステロン

抜け毛が起きる現象には、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関わっています。このホルモンが毛母細胞の働きを弱くして、ヘアサイクルが短くなる原因となります。

男性ホルモンには骨や筋肉の強度などに関わるテストステロンというホルモンがありますが、加齢とともに年々このホルモンは減っていきます。このテストステロンの分泌量と反比例してジヒドロテストステロンの分泌量が増えることがわかっています。

不健康な生活習慣

ストレスの強い環境、栄養バランスの悪い食生活、睡眠不足、運動不足、喫煙や適量を超えた飲酒は、血行を悪くしたり、自律神経の働きを弱くします。

これらの不健康な生活習慣が、髪が健康に成長することを妨げることがあります。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症の対策

%e5%b8%bd%e5%ad%90%e7%94%b7%e6%80%a7

壮年性脱毛症になりやすい人、またその原因についても確認してきました。自分でもできる薄毛の対策にはどんな方法があるか、まとめてみました。

育毛剤

髪の毛が少し薄くなってきたと感じたら、何らかの育毛対策を早めにとりましょう。育毛剤は日々のケアにすぐにとり入れやすく、またさまざまな種類の育毛剤が出ています。自分に合った育毛剤を使用して、育毛対策、抜け毛の進行予防をしましょう。効果があらわれるには時間がかかりますので、継続して使用を続けることが重要です。

医薬品の発毛剤

発毛剤という名称が一般的でないため、育毛剤とひとくくりにされることも多いです。

医薬品の発毛剤は発毛に効果あると認められた成分の入っている薬剤です。大正製薬の発毛剤リアップにはミノキシジルという発毛に効果が高い成分が入っています。リアップは通常ミノキシジルの含有率は1%と5%のものがあります。リアップは女性用もあります。

ミノキシジルの含有率が高い医薬品は、効果が高い分副作用も報告されているので、使用上の注意を守ってください。

いわゆる育毛剤より育毛効果・発毛効果が実感しやすいという意味では、発毛剤はおすすめです。個人差もありますが、効果に4~7カ月ほどかかり、すぐには発毛しません。普通の育毛剤同様、効果がすぐに感じられなくても使用を継続する必要があります。

ヘアケア

頭皮を清潔に保つことは、抜け毛対策法の基本です。毎日のヘアケアであるシャンプーで、健康な毛髪のために頭皮環境を良くするようにしましょう。ワックスなどの整髪料は、シャンプーのときにきちんと落とし、日中かいた汗や汚れが頭皮に残っていない状態で寝るようにしましょう。

ただし洗いすぎもよくありません、乾燥肌、合わないシャンプーや熱いお湯で、洗っているのにフケが出てしまうこともあります。使っているシャンプーが合わないようであれば低刺激な無添加のもの、マイルドなものを選ぶようにしましょう。

シャンプーはしっかりすすぐようにしてください。

頭皮マッサージ

オイルを使った頭皮マッサージも血行を良くするのに効果的です。最近は頭皮マッサージグッズも豊富です。

美容院でのヘッドスパも抜け毛の予防対策になります。頭皮の汚れをしっかり落として、頭皮マッサージで血流が良くなります。髪の毛もきれいになり気分転換にもなって、ストレス解消にもなります。

生活習慣の改善

不健康な生活習慣を改善することで、薄毛の予防対策にもなります。

喫煙は血管を収縮して血流を悪くします。髪の成長にも悪い影響を与えます。吸い過ぎに注意しましょう。

肌や髪の健康に影響する成長ホルモンが分泌されるのが、夜の10時から深夜2時と言われています。できれば10時に寝るのが理想的です。

運動不足は血行を悪くしますので、適度な運動も心がけましょう。

バランスのよい食生活

偏った食生活は髪の健康にも良くありません。

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。たんぱく質といえば肉、魚、大豆などがあります。これらをしっかりとった上で、ビタミン、ミネラルもとるようにします。ビタミンといえば野菜が思い浮かびますが、青魚からもビタミンB6がとれます。

ミネラルはわかめ、ひじきなどの海藻類、またミネラルの中でも育毛に効果があると言われている亜鉛を多く含む食べ物が牡蠣、イワシなどです。

自毛植毛や増毛

育毛剤・発毛剤に効果があることはわかるけれど、半年も待っていられない、今すぐ髪の毛を増やしたいという人には自毛植毛という方法、また増毛法という手もあります。

植毛は頭皮に髪を植えていきます。以前は人工毛植毛が多かったですが、最近は自毛植毛が主流になっているようです。

増毛法はいろいろあり、元々ある髪の毛に結んだり編みこんだりする、また頭皮に接着する方法もあります。メンテナンスと費用がかかるのがデメリットです。

より手軽な部分かつら、増毛パウダー・スプレーもあります。

対策方法のまとめと注意点

以上いろいろな対策方法を上にあげましたが、髪を増やしたい、抜け毛を予防したいなら、育毛剤や発毛剤を使うのがセルフケアの基本です。

毎日のヘアケアで頭皮環境を清潔に保つ、マッサージや運動、不摂生を避けることにより血行をよくすること、髪にも良い栄養をしっかりとることも、育毛対策につながります。

すぐに髪を増やしたければ自毛植毛、増毛という手もあります。

日々の育毛対策は直接育毛や発毛につながる対策法ではありません。しかし育毛剤・発毛剤のみに頼らず、髪や頭皮にとってできるだけいい状態をつくってキープすることも大事です。

また育毛剤・発毛剤の副作用と、個人輸入など安全面に欠ける購入は避けること、植毛はデメリットを把握し、信頼できる医療機関で受けることにも注意しましょう。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症の治療法

%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

セルフケアをしたけれど効果が見られない、薄毛が進行している、ハゲ対策を早めに確実に始めたいという人は、医療機関で適切な治療を受け、壮年性脱毛症の改善をはかります。

医療機関での治療

壮年性脱毛症の治療は皮膚科や専門のクリニックなどで治療が受けられます。

効果の高い内服薬も処方してもらえます。内服薬は安全面からも、自己判断で個人輸入代行などに頼らず、医師の指示のもと服用するようにしましょう。

皮膚科で発毛・育毛治療

皮膚科であればどこでも薄毛の治療をしているというわけではありません。

皮膚の炎症により脱毛が見られる場合などは別ですが、皮膚に異常が見られない場合は治療の対象外になる可能性が高いです。抜け毛や薄毛の治療、AGA外来などをうたっているところに相談しましょう。

クリニックで発毛・育毛治療

薄毛専門クリニック、薄毛治療をしている美容外科などで、受けられます。

女性は女性専門のクリニックもありますので、人目が気になる場合はそちらを探してみても良いでしょう。

薬物治療

薬を内服、または頭皮に塗布する治療方法です。

内服薬には男性用の薄毛治療薬に、ミノキシジル、プロぺシア、ザガーロ、フィナステリド、女性用の治療薬にパントガールなどがあります。

外用薬には男性用にリアップ(リアップX5)、女性用にリアップリジェンヌ、パントスチンなどがあります。

いずれの薬も女性用の薬は男性の軽度のAGAにも使用されます。

ミノキシジル

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)やリアップに配合されていることでも有名です。内服薬、外用薬、またミノキシジルが配合されているシャンプーもあります。

ミノキシジルはもともと血管拡張薬として開発された薬の成分で、血圧を下げる作用があります。発毛効果が認められたことから発毛剤として使われるようになりました。

ミノキシジルタブレットの副作用には全身の多毛、低血圧、多臓器不全などがあります。外用薬はミノキシジルの成分濃度が薄いですが、男性用・女性用では濃度が異なります。使用上の注意を守って使うようにしてください。

HARG療法(ハーグ療法)

HARG療法は幹細胞から抽出された、毛髪を育てる成長因子と、HARGカクテル(ビタミン、アミノ酸など)を頭皮に注入することで、発毛を促す治療法です。

この治療方法ですと、3ヵ月ごろから発毛が見られ、6カ月ごろより髪が増えてきます。個人差はありますが、治療期間は6カ月ほどで、年1、2度のメンテナンスです。

男性型脱毛症、女性のびまん毛性脱毛症、またストレス性の脱毛症もHARG療法の対象になります。男性用の効果が高い治療薬が服用できない女性にも、おすすめの対策法です。

スポンサーリンク

まとめ

%e7%94%b7%e6%80%a72%e4%ba%ba

壮年性脱毛症は青年期~壮年期の男性に多く、女性にも起こる脱毛症です。壮年性脱毛症は遺伝の要因も多いといわれますが、栄養バランスを欠いた食生活、睡眠不足や不規則な生活、喫煙や運動不足など不健康な生活習慣によっても引き起こされます。

壮年性脱毛症の対策方法としては、効果のある育毛剤・発毛剤を使用することとともに、生活習慣の改善も必要です。ヘアケアで頭皮を清潔にし、血行を促進、タンパク質とビタミン・ミネラルを摂るように対策をします。

より高い発毛効果を求める場合は医療機関に相談して、適切な治療を受けます。治療には薬物治療、またHARG療法という治療法もあります。また髪が増えるまで待てなければ、自毛植毛や各種増毛法を利用するという手もあります。

参考になりましたでしょうか。壮年性脱毛症の悩みが少しでも解決できれば幸いです。

関連記事として、

全身脱毛症ってどんな病気?症状・原因・治療法を紹介!遺伝との関係は?

10円はげ(円形脱毛症)の原因と対策、治し方について!どんな種類がある?

これらの記事を読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク