ミノキシジルの効果と副作用を紹介!内服薬と外用薬の違いについて。

ミノキシジルは元々高血圧の治療のために開発された、血管拡張作用のある薬です。後に発毛効果があることがわかり、今ではAGA治療、薄毛治療の現場で広く処方され、薬局でも外用薬を購入することができます。ただしミノキシジルには副作用も報告されています。

発毛効果のあるミノキシジルの副作用によって、どのような症状が起きる可能性があるのでしょうか。またミノキシジルの副作用を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

ミノキシジルの発毛効果と副作用

メガネ白黒男性

AGA治療・薄毛治療で処方されるミノキシジルには高い発毛効果もありますが、副作用もあると言われています。ミノキシジルの発毛メカニズムを確認の上、ミノキシジルの副作用・使用上の注意点についても確認しておきましょう。

ミノキシジルの発毛メカニズム

ミノキシジルは高血圧治療薬(血圧降下剤)としてもともと開発された薬です。ミノキシジルの血管拡張作用により、血流が改善されて血圧が下がるようになります。

ところがミノキシジルが投与された患者に多毛の副作用が見られ、後に薄毛治療用のミノキシジル外用薬が開発されました。

ミノキシジルの血管拡張作用により血管内を流れる血液中の栄養が、毛球の毛乳頭細胞、毛母細胞に行き渡って、毛母細胞の細胞分裂が活発になったと考えられます。

毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取って、髪の元となる毛母細胞に栄養を受け渡して分裂するよう指令を出し、毛母細胞が細胞分裂して髪へと成長していきます。

つまり、ミノキシジルの血管拡張効果が毛母細胞の分裂を活発にし、健康な髪の毛が生えてくるようになったと考えられています。

最近ではミノキシジルにより成長因子が増殖するため、育毛・発毛を促進しているとも言われています。しかし現在でもミノキシジルの発毛効果がすべて解明されているわけではないようです。

ミノキシジルの副作用と注意点

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。外用薬では頭皮のかゆみやほてりなどの副作用が出やすいようです。内服薬では循環器系の異常が出ることがあります。ミノキシジルの血管拡張作用により、血圧の異常や心臓への負担を招くそうです。

ミノキシジルは血圧、心臓、腎臓に異常がある場合、医師・薬剤師に相談の上使用するようにしましょう。

外用薬のミノキシジル

頭皮に塗布するタイプの外用薬のミノキシジルはAGA治療・発毛治療でも処方されますが、日本国内でも薬局で販売されているのが発毛剤のリアップシリーズです。発毛剤ランキングでも上位にランクインしています。

男性ホルモンが原因で起きる男性型脱毛症では、毛母細胞の分裂が活発でなく、ヘアサイクルも短縮されてしまいます。ミノキシジルが毛包に働きかけて髪を正常なヘアサイクルに戻すことで、抜け毛予防、育毛促進、発毛促進、発毛への高い効果が期待できます。

薬局で販売されているリアップシリーズは最大でミノキシジル濃度が5%ですが、クリニックではより高い濃度のものが処方されることもあります。

効果には個人差もあるそうですが、リアップで4ヶ月~半年ぐらいで効果が現れ始めると言われています。

海外より高濃度のミノキシジル育毛剤を個人輸入で購入する人もいるそうですが、副作用の症状も出やすいようなので注意が必要です。女性が男性用のミノキシジルを使用するのも禁止されています。

内服薬のミノキシジルは危険性も高い?

5%濃度のミノキシジル外用薬で考えると、1回1mLの使用に含まれるミノキシジルは100mgです。さらに頭部に使用してもせいぜいその1%の1mg程度のミノキシジルしか浸透しないと考えられています。

しかし内服薬のミノキシジルは5mgまたは10mgもあり、外用薬と比較すると非常にミノキシジルの量が多いです。高い発毛効果がありますが、その分副作用の危険性も高いようです。

そもそも内服薬のミノキシジルは他国において、育毛治療に認められている薬ではないそうです。日本の医療機関では処方されていますが、他国では一般的には薄毛治療に使用されている薬ではありません。

内服タイプのミノキシジルは外用薬より発毛効果は高いようですが、気安く個人輸入で購入するのは危険性も高くおすすめできないと言われています。

スポンサーリンク

ミノキシジルの頭皮に及ぼす副作用

マスク男性

ミノキシジルの副作用はいくつか報告されていますが、医薬品のミノキシジル発毛剤(育毛剤)で起こりやすいのが頭皮のかゆみなどの副作用です。刺激を感じやすい成分でもあるようなので、頭皮に異常がある場合は使用を控える必要があります。

医薬品発毛剤で起きる頭皮の副作用

薄毛・ハゲの症状をAGA専門のクリニックに行かなくても改善できると人気なのがミノキシジル配合の発毛剤です。ミノキシジルの育毛剤治療でも発毛促進剤としての高い育毛効果・治療効果が期待できるそうです。

しかしミノキシジル発毛剤では頭皮のかゆみやほてり、湿疹、炎症、また脂漏性皮膚炎が起きることがあります。ミノキシジル濃度が高いほど治療効果も高そうですが、頭皮のかゆみや炎症などの副作用も増えるようです。

個人輸入のミノキシジル育毛剤は特に注意

リアップの臨床試験では、ミノキシジル濃度1%と5%で比較したとき5%の方が副作用が多く出現する傾向にありました。海外のミノキシジル育毛剤を個人輸入代行サイトから購入している人もいるそうですが、海外の育毛剤の中にはミノキシジルの濃度が10%を超えるものもあります。

高濃度なミノキシジル育毛剤は副作用のリスクも高まり、頭皮に違和感を覚えて使用を止めたという声もあるようです。頭皮で炎症を起こして毛根にダメージを与えたら脱毛の原因となる可能性もありますので、使用にあたっては注意が必要です。

スポンサーリンク

ミノキジルの心臓・血圧に及ぼす副作用

手のひらと赤い錠剤

ミノキシジルはその血管拡張作用により発毛力のある薄毛治療薬ですが、悪く作用してしまうと心臓に負担をかけたり、血圧に異常が起きる可能性があります。ミノキシジルが心臓や血圧に及ぼす副作用についても確認しておきましょう。

ミノキシジルの副作用で起きる心臓・血圧の症状

ミノキシジルはもともと高血圧の人用に開発された薬で、血管拡張作用があります。ミノキシジルを多く使用することで低血圧症を起こす恐れがあります。動悸や不整脈、胸の痛みなどの副作用も報告されています。

また血管拡張作用により血液の濃度が薄くなるため、濃度を濃くしようとして水分が血管内から排出されるために、浮腫が起きることがあります。

特に内服薬のミノキシジルは体内に多くミノキシジルを吸収し、上記のような副作用の可能性が高くなります。

経皮吸収によっても、浸透したミノキシジル成分が血管へ入り、ミノキシジル成分が全身へ回る可能性があります。濃度の濃いミノキシジルも注意が必要です。

循環器系に異常がある人は医師に相談を

ミノキシジルにより心臓や血圧以上などの副作用が報告されています。特に心臓や血圧に異常がある人は自己判断で使用、服用せず、医師や薬剤師に相談しましょう。

過去にミノキシジル外用薬でも使用した人が循環器系疾患で亡くなったことがあったそうです。

スポンサーリンク

ミノキシジルの多毛症の副作用

ヒゲを剃る男性

ミノキシジルを使用すると、ミノキシジルの血管拡張作用により発毛が促されますが、その発毛力により髪を増やすだけでなく、体毛まで増やす副作用があるそうです。他にもAGA治療薬、薄毛治療薬にはない、発毛薬ならではの副作用のようです。

ミノキシジルにより頭部以外の部分でも発毛する?

発毛促進薬のミノキシジルでは、頭皮に塗布するタイプの外用薬より、経口摂取の内服薬で副作用が起きやすいです。内風薬だと全身にミノキシジルの成分が届き、髪の毛だけでなく腕、指、眉、胸、腰、背中などで体毛が濃くなるという現象が起きることがあるそうです。

体毛の濃さや増える場所にも個人差があるようで、指に多く増えたりスネの毛が増える人もいたり、まちまちのようです。ただし体毛が濃くなるといっても深刻な多毛症というほどの症状ではないようです。

女性は男性用ミノキシジル外用薬でも多毛症の恐れ

男性の場合は多少濃くなってもそれほど問題ではないかもしれませんが、女性の場合は顔でも腕でも体毛が濃くなるのは好ましくないでしょう。女性は男性用のミノキシジル外用薬を使用しても多毛症になる恐れがあるそうなので、注意しましょう。

スポンサーリンク

ミノキシジルで糖尿病の副作用が起きる?

砂糖と注射器

ミノキシジルを使用すると糖尿病の副作用が起きるのではないかとも言われています。今のところ糖尿病に関する副作用の報告はないのですが、可能性としてあり得ると言われています。なぜミノキシジルで糖尿病の副作用が起きると考えられるのでしょうか。

血糖値を下げるインスリン

糖尿病は血糖値が高くなっている状態の病気です。すぐに悪い症状を引き起こすわけではありませんが、放っておくと全身の血管障害が起きて、何らかの合併症を起こす可能性があります。

私たちが食事をすると一時的に血糖値が上がりますが、ある程度時間が経つとインスリンというホルモンが膵臓から分泌され、血糖値を調整し自然に血糖値が下がります。

インスリンが十分分泌されないと血糖値が上がったままとなり、糖尿病を発症する原因となります。糖尿病の治療では体内で作られにくいインスリンを外から補給するため、インスリン注射を使用することがあります。

ミノキシジルにインスリンを減らす作用がある?

ミノキシジルには血管拡張作用があります。ミノキシジルがカリウムチャネル(KATPチャネル)を開くことで血管が拡張され、血流が良くなると言われています。

ところがカリウムチャネルが開かれるとインスリンホルモンの分泌が減少します。インスリンの分泌が減少することで、特に糖尿病患者の人の血糖値がますます上がりやすくなり、悪化する可能性があります。

ただしインスリン分泌減少による糖尿病の悪化は仮説であって、ミノキシジルの影響で糖尿病が悪化したという副作用の報告は今のところないそうです。

外用薬のミノキシジルならそれほど心配することはないと思われますが、心配な人は医療機関で医師に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク

ミノキシジルの副作用を防ぐ方法

カプセルと錠剤

ミノキシジルには頭皮の炎症、動悸、低血圧、むくみ、不整脈、多毛症などの副作用が報告され、インスリン分泌を減少させるとも言われています。ミノキシジルの副作用を防ぐための他の治療法、発毛方法や育毛方法について確認してみましょう。

クリニックに相談

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)を個人輸入で購入する人も少なくないようですが、全身にミノキシジル成分が回りやすく危険性も高いです。

市販の外用薬では効き目が悪かったというのであれば、専門クリニックや病院に相談して適切な治療方法によって治療を受けるのが良いでしょう。

無料カウンセリングを実施している専門クリニックも多いので、まだクリニックには行ったことがない人も相談してみると良いかもしれません。

無料カウンセリングを実施している新宿メディカルクリニックでは、30日間全額返金保証制度もあります。オンライン診察を実施しているクリニックもあり、忙しい人でも利用しやすいです。

プロペシア

プロペシア男性型脱毛症(AGA)の原因である男性ホルモンの生成を抑制する治療薬です。

AGAはDHTという男性ホルモンが毛乳頭と結合することで起きる脱毛の症状です。若い男性でも薄毛が進行するのは多くの場合DHTの作用によるものと考えらます。

DHTは毛乳頭にある還元酵素5αリダクターゼによって増えます。5αリダクターゼの働きをプロペシアで抑制することでDHTが増えるのを防ぎ、薄毛・ハゲの進行を抑えることができます。

ミノキシジルほどの発毛効果はありませんが、ミノキシジル外用薬との併用でより効果が現れやすいと言われています。副作用の危険の高いミノタブを自己判断で試す前に、副作用の出現率の低いプロペシアと外用薬の併用がおすすめされています。

プロペシアも個人輸入より医療機関での処方が安全面でもおすすめです。

その他の薄毛治療薬

女性用のびまん性脱毛症などの薄毛治療で使われ、AGAの初期症状にも効果があるとされるパントガールという内服薬があります。ケラチンやアミノ酸、ビタミンなどの育毛に良い成分が入っています。

ホルモンや血管に直接作用するような強い作用の薬ではないので、ミノキシジルほど強い副作用の心配がありません。

同じく女性用の薄毛対策、AGAの初期症状に利用されるパントスチンという外用薬もあります。有効成分アルファトラジオールが男性ホルモンDHTを抑制、抜け毛を減らす効果がありますが、発毛・育毛効果はあまり期待できないようです。

治療薬ではないですが、リジン(サプリ)も育毛治療に取り入れると、発毛細胞である毛乳頭の働きを活発にし、治療効果が高まると言われています。

HARG治療

毛髪再生注入治療の一種で、育毛や発毛を促進する成長因子、育毛に良いアミノ酸やビタミンなどが配合されたHARGカクテルを頭皮に直接注入する治療方法です。AGA以外の脱毛症にも効果的とされますが、高額な費用がかかります。

SMP治療

SMPはアートメイクの一種であり、頭皮に色素を注入して毛根を描く施術です。毛根を頭皮に描くことで髪があたかも生えているように見せる方法です。

増毛や植毛と違い髪の毛を増やすわけではないので、限界もあります。坊主の人、地肌が透けている部分やハゲている部分を濃く見せたい人などにおすすめされています。

育毛剤

医薬部外品の育毛剤なら副作用の心配もなく、ヘアケア感覚で使用できます。育毛剤により育毛成分は異なりますが、高機能かつ肌に優しいものがおすすめされています。

育毛サプリメント

体の内側からも育毛対策をするのにおすすめなのが育毛サプリメントです。大量摂取などしなければ、治療薬のように副作用が現れる心配も少ないです。亜鉛イソフラボンノコギリヤシやミレットエキスなどの成分が有名です。

スポンサーリンク

まとめ

ネクタイ坊主の男性

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血流が良くなり成長因子が増殖することで発毛効果があるとされています。ミノキシジルには外用薬、内服薬がありますが、いずれも副作用の報告もあります。

特に外用薬のミノキシジルでは頭皮のかゆみやほてり、炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎を発症することもあるそうです。濃度の濃いミノキシジルほど副作用が出やすいそうです。

濃度の濃い外用薬、ミノキシジル成分が全身に回りやすい内服薬では、動悸、不整脈、心臓の痛み、低血圧症、体毛が濃くなるなどの副作用が出やすいそうです。

また実際に副作用の報告があるわけではありませんが、インスリン分泌を減少させ、糖尿病が悪化する可能性も指摘されています。

医療機関に相談して適切な治療を受けること、育毛剤や育毛サプリでの育毛法も取り入れることで、副作用のリスクを下げることが期待できます。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

発毛を促す効果的なマッサージの方法は?頭皮マッサージをマスターしてM字ハゲを改善しよう!

自宅で出来る頭皮マッサージのやり方を紹介!白髪予防や小顔効果もある?オイルやブラシなどを使った方法も知ろう!

ホホバオイルを使用した育毛方法とは!使い方や使用頻度について紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク