AGAの原因5αリダクターゼを抑制する対策方法を紹介!

還元酵素5αリダクターゼは男性型脱毛症の直接の原因である脱毛ホルモンを産生することで知られています。この5αリダクターゼの働きを抑制することができれば、男性の薄毛の進行を止め、改善することができます。

5αリダクターゼと男性型脱毛症はどのように関わっているのか、5αリダクターゼを抑制する治療薬、5αリダクターゼの抑制方法について詳しくご説明します。薄毛が最近気になり始めたという男性は、ぜひ今後の対策の参考にしてください。

スポンサーリンク

5αリダクターゼと男性型脱毛症

ボアのフードをかぶった男性

還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制することで男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えることができると言われています。

男性の薄毛に多いAGAは男性ホルモンDHTが直接の原因で発症しますが、5αリダクターゼは男性ホルモンDHTを産生する働きがあります。

男性型脱毛症(AGA)の原因

男性型脱毛症は、脱毛ホルモンとも呼ばれる男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)が直接の原因で発症する脱毛症です。

男性ホルモンDHTが毛根下部にある毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合すると、毛乳頭から毛母細胞に脱毛指令が出されます。

私たちの髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することにより作られますが、脱毛指令を受け取った毛母細胞は細胞分裂を活発に行うのを止めてしまいます。

髪にはヘアサイクルと呼ばれる生え変わりの周期があり、ヘアサイクルのほとんどを占める2~6年の成長期に髪が太く長く育ちます。

毛母細胞の活性が低くなればヘアサイクルの成長期が短くなり、抜け毛のサイクルが早まっていきます。生えてくる髪の毛も十分な太さのない髪ばかりになります。

個人差はありますが特に頭頂部、前頭部(生え際)でこの現象が起こりやすく、男性の薄毛は頭頂部や生え際から進行していくのが特徴です。

5αリダクターゼが脱毛ホルモンを作り出す?

脱毛ホルモンと呼ばれる男性ホルモンDHTは、元々体内に多い男性ホルモンではありません。男性ホルモンの9割以上はテストステロンという男性ホルモンで、テストステロンには脱毛を促すような作用はありません。

ところが毛乳頭や皮脂腺に存在する還元酵素5αリダクターゼが、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する作用があります。

特に頭部の頭頂部、前頭部の毛乳頭に5αリダクターゼの2型が多いことが、男性型脱毛症の薄毛の特徴とも関わっています。

そのため5αリダクターゼ、特に2型を抑制することが、男性型脱毛症の進行を防いで改善するのに重要だと考えられています。

男性ホルモンDHTの作用

男性ホルモンDHTはハゲ、薄毛の原因になるだけでなく、体毛を濃くして、皮脂の分泌を増やす作用もあります。薄毛の男性で頭皮の皮脂分泌が多く体毛が濃くなるのは、活性力の高い男性ホルモンDHTの作用と考えられます。

スポンサーリンク

5αリダクターゼを抑制する治療薬

白赤黒の薬

5αリダクターゼの活性力や受容体の感受性には個人差があり、AGAを発症しやすい体質の人がいます。

遺伝性のAGA対策には治療薬が有効とされています。5αリダクターゼの活性力を抑える治療薬に、フィナステリドとデュタステリドがあります。

フィナステリド

フィナステリドはAGA治療薬プロペシアの有効成分であり、5αリダクターゼ2型の働きを阻害、脱毛ホルモンDHTの生成を抑える作用のある薬です。

プロペシアの有効成分フィナステリドはアメリカのメルク社(MSD社)が開発した薬で、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されました。プロスカーという商品名で認可されましたが、後に男性型脱毛症の治療にも効果があることがわかりました。

フィナステリドはAGA治療にも使われることになり、AGA治療薬としてプロペシアの商品名で認可され、現在世界の60ヶ国以上で男性の薄毛治療に利用されています。

プロペシアの国際特許が切れて、現在では日本国内でも複数のジェネリック医薬品がクリニックで処方されるようになってきています。

AGAクリニックではミノキシジル・フィナステリド配合のオリジナル治療薬を処方するクリニックもあるようです。

デュタステリド

デュタステリドは比較的最近AGA治療に利用されるようになった薬です。デュタステリドは5αリダクターゼの1型・2型の働きを阻害し、脱毛ホルモンDHTの生成をフィナステリドより強く抑える作用があるとされています。

フィナステリドと同様元々は前立腺肥大症の薬で、日本国内ではアボルブという商品名で前立腺肥大症の治療に利用されています。

AGA治療薬として「ザガーロ」という商品名で国内でも処方されています。デュタステリドをAGA治療薬として認可している国は珍しいようです。

ザガーロの臨床試験ではフィナステリドの約1.6倍の発毛効果が認められたと報告されています。

フィナステリド・デュタステリドのAGA改善効果

5αリダクターゼの抑制作用があるフィナステリド、デュタステリドを服用して、男性型脱毛症が改善されたという人も多数いるようですが、進行が止まるに留まるケース、薬を服用しても進行が止まらないケースもあるようです。

フィナステリド・デュタステリドの副作用

フィナステリドの副作用には肝機能障害、リビドー減退やEDなどの男性機能障害、乳房障害、抑うつなどの副作用が報告されています。

デュタステリドもフィナステリドと同様の副作用が報告されていますが、還元酵素5αリダクターゼの阻害効果が高い分、フィナステリドより副作用の発症率も高いようです。フィナステリドではあまり報告されていない鼻咽頭炎の副作用もあるようです。

フィナステリド・デュタステリドは生殖器官の発達に悪い影響を及ぼす可能性があり、妊娠中あるいは妊娠予定のある女性や子供の服用及び接触も禁じられています。フィナステリド配合のシャンプーなども触れてはいけないとされています。

プロペシアやザガーロの副作用のために服用を中止、あるいはリスクを心配して敬遠する人もいるようです。

スポンサーリンク

5αリダクターゼを抑制するサプリ・食べ物の成分

牡蠣

AGA治療薬は副作用のリスクや高い薬代、クリニックに通う手間もあることから、副作用のリスクがなく気軽に購入できる栄養サプリ・育毛サプリを利用する人も多いようです。

5αリダクターゼを抑えるサプリ、食べ物の成分の代表的なもの3種類をご紹介します。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは普通の食事から摂取できないのでサプリから摂りますが、育毛剤にも含まれている成分です。フィナステリドはノコギリヤシを研究して開発されたと言われています。ノコギリヤシは前立腺肥大症改善のサプリメントとしても有名です。

ノコギリヤシは5αリダクターゼ1型、2型の働きを抑制する脂肪酸が多数配合されており、血流を良くして滋養強壮、疲労回復、ストレスの軽減にも役立つと言われています。男性型脱毛症の原因を抑え、代謝を良くして薄毛の改善にも効果的な成分とされています。

亜鉛

亜鉛は生牡蠣、しじみ、牛肉、レバー、卵などに多く含まれています。日本人は亜鉛が不足しやすいと言われているため、サプリからも摂取することがおすすめされています。

亜鉛は5αリダクターゼを阻害する作用がありますが、代謝を促進してアミノ酸から髪の毛が合成されるのに重要や役割を果たすミネラルとされています。

イソフラボン

イソフラボンは大豆や豆腐、納豆、豆乳などの食べ物に多く含まれています。きな粉、味噌にも含まれていますが、多く摂取するのが難しい食品です。

イソフラボンは女性ホルモン様の作用がある成分で、5αリダクターゼの活性力を阻害する働きがあるとされています。血流を良くして、肌を健やかにし、抗酸化作用もあるそうです。

大豆製品を毎日摂取する人も少なくありませんが、食べない日もあるという人も少なくないため、サプリからも摂取することがおすすめされています。イソフラボンも育毛サプリによく含まれている成分です。

スポンサーリンク

5αリダクターゼを抑制する育毛剤とその成分

オイルボトル

5αリダクターゼを抑える成分を、育毛剤を使って頭皮から与えるという方法もあります。

体内に直接取り込むほど大きな効果は期待できませんが、血流促進や頭皮ケアなど、各育毛剤の5αリダクターゼ以外の効果にも期待できます。

5αリダクターゼを抑制する育毛剤の成分とは

医薬品成分のフィナステリド、植物成分のキャピキシル、オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、ノコギリヤシ、ビワ葉エキス、チョウジエキス、シナノキエキス、ボタンエキス、ジオウエキス、ヒキオコシエキス、大豆エキス(イソフラボン)などが挙げられます。

5αリダクターゼを抑制する育毛剤

5αリダクターゼを抑制する成分が配合された育毛剤には、以下のようなものがあります。カッコ内は5αリダクターゼを抑制する成分です。

  • チャップアップ(オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、チョウジエキス、シナノキエキス、ボタンエキス、ジオウエキス、ヒキオコシエキス)
  • イクオス(オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、クララエキス、ダイズエキス)
  • フィンジア(キャピキシル、ヒオウギエキス)
  • ブブカ(チョウジエキス、ジオウエキス、サンショウエキス)
  • フェルサスカルプジェル(ノコギリヤシ)
  • ラムダグロー(医薬品成分フィナステリド)

多くの育毛・薄毛対策情報の記事で紹介されている通販系の育毛剤は、公式ページ・公式サイトより購入すると、定期購入で価格がお得になったり、特典がもらえることが多いです。

大手通販サイトの中に公式サイトを出店しているところもありますが、他の店のページで購入すると高くついてしまうこともあるので注意してください。

スポンサーリンク

5αリダクターゼの抑制と薄毛対策方法

サングラス見上げる男性

5αリダクターゼを抑制する成分やサプリメント、食べ物、育毛剤などについて確認してきましたが、具体的に5αリダクターゼを抑えて男性型脱毛症を予防、改善する方法についてご説明します。

AGA治療薬の服用

AGA治療薬プロペシア、ザガーロなどの服用により5αリダクターゼの活性力を弱め、男性ホルモンの影響による薄毛の進行を防ぐ効果が期待できます。いずれの薬も1日1錠、24時間毎に服用します。

プロペシア、ザガーロの服用は、男性型脱毛症対策として最もダイレクトに原因にアプローチできる方法でしょう。

しかしAGA治療薬のプロペシア、ザガーロ自体には高い発毛効果・育毛効果はありません。プロペシアやザガーロのみでも発毛効果を得られる人もいますが、男性ホルモンDHT以外の薄毛の原因があれば、AGAはなかなか改善しません。

プロペシアとともに発毛効果のあるミノキシジル発毛剤を利用することもおすすめされています。

個人輸入代行の通販を利用して、安価なフィナステリドを購入している人も少なくないようですが、脱毛症状を専門家に診てもらわないと適切な治療法はわからないでしょう。AGAクリニックで適切な薬を処方してもらうのがおすすめされています。

育毛サプリメントの服用

プロペシアやザガーロの服用による副作用のリスクが心配な人は、作用が穏やかな育毛サプリメントを服用するのもおすすめです。

大抵の育毛サプリ・AGA対策サプリには、ノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛などの5αリダクターゼを抑制成分が配合されています。

イソフラボンと併せて摂取することで発毛力を高める効果が期待できるカプサイシン、髪の主成分ケラチンの合成とも関わっているビタミンB群なども配合されていると、なお良いでしょう。

サプリメントは夕食後の服用が一般的におすすめされています。1日2錠のタイプは朝と夜に服用すると良いでしょう。サプリの成分によっては食前は体調を悪くすることがあるので注意して下さい。

育毛剤の使用

育毛剤の5αリダクターゼ抑制作用は穏やかな作用と考えられますが、他の配合成分である育毛成分や頭皮ケア成分によって、抜け毛予防と薄毛改善の効果に期待できます。

育毛剤はシャンプー後の清潔な頭皮と髪の状態で使います。1日2回使用するタイプの育毛剤は夜のシャンプー後と朝のスタイリング前に使用しましょう。

髪をタオルドライ、あるいはドライヤーで髪を乾かした後に、育毛剤を頭皮に適量塗布します。ローションを頭皮に指でなじませたら、指の腹を使って頭皮をマッサージします。

亜鉛の消費を抑える

5αリダクターゼの抑制方法として亜鉛の消費を抑えることも必要と言われています。ストレスやアルコールの飲み過ぎ、喫煙は亜鉛の消費と関わるとされています。

ストレスを感じるとコルチゾールという抗ストレスホルモンが分泌されますが、コルチゾールは体内の活性酸素量を増加させると言われています。活性酸素は体内の亜鉛を消費されるとされ、亜鉛による5αリダクターゼ抑制と髪の合成が阻害される恐れがあります。

ストレス自体が薄毛の原因になるとも言われているので、睡眠をとったり休養をとること、適度な気晴らしをすることがおすすめです。

過度のアルコール・喫煙も亜鉛の消費と関わるとされ、亜鉛以外にも髪の健やかな成長に必要な栄養素の吸収阻害や消費をもたらすとされます。5αリダクターゼ抑制と薄毛予防と改善のためにも、アルコールは適度な量に留め、喫煙はなるべく避けた方が良いそうです。

育毛シャンプーの使用

育毛シャンプーは直接5αリダクターゼを抑制する育毛アイテムではありませんが、ご紹介してきた抑制方法と併せて使用することで、薄毛改善効果をより高めることが期待できます。

5αリダクターゼにより産生されるジヒドロテストステロンには、皮脂の分泌量を増やす作用があります。元々頭皮には皮脂腺が多く、薄毛になりやすい男性は頭皮がベタつきやすい傾向にあると言われています。

頭皮環境の悪化はフケや頭皮の臭い、ニキビなど炎症を招く可能性があります。頭皮炎症は抜け毛や薄毛をもたらすこともあり、頭皮の皮脂を毎日洗い流して、頭皮環境を整えることも抜け毛対策に効果的とされています。

特に頭皮環境の改善効果が高いとされる、抗菌、抗炎症作用のある薬用の育毛シャンプーがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

サングラス男性白黒

5αリダクターゼは男性型脱毛症の直接の原因である、男性ホルモンDHTをテストステロンから産生する還元酵素です。男性型脱毛症を防ぎ、薄毛を改善するには、5αリダクターゼの働きを抑制することが有効とされています。

5αリダクターゼを抑制し脱毛症状を抑えるには、フィナステリドやデュタステリドが配合されたAGA治療薬の服用が最も効果的とされています。

薄毛改善の効果が現れにくい場合は、ミノキシジル発毛剤や別の治療法も医師と相談・検討が必要となるでしょう。

治療薬より穏やかな方法となりますが、5αリダクターゼを抑制する作用のあるノコギリヤシサプリ、亜鉛、イソフラボンの摂取、5αリダクターゼ抑制成分配合の育毛剤を使用するという方法もあります。

効果的な薄毛対策としては単に5αリダクターゼを抑制するだけでなく、他の種類の育毛対策も併せて行うことで薄毛改善効果も高まると考えられます。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

わかめの髪の毛に対する効果を知ろう!他の育毛効果のある食材は?

男性ホルモンがハゲに繋がる理由は?エロいとハゲるは本当なのか!?

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク