agaの治療費用はどのくらい掛かる?クリニックなどで掛かる費用の相場を紹介!

AGAとは男性型脱毛症のことです。男性で多くの人がこの男性型脱毛症の悩まされていると思います。AGAによる薄毛を食い止めるために、生活習慣を改善したり食事方法を改善したり、運動を行ったり、育毛剤を使ったり、シャンプーを変更したり様々な対策でハゲないために努力していると思います。

それでも思うように効果が出ずに、薄毛が進行している場合、美容外科の育毛サロンやAGA専門クリニックやAGA専門病院や一般病院での治療を検討するのではないでしょうか?

その時にまず気になるのは、金額だと思います。自分の経済状況で問題なく利用できるのか、効果が出るまでの期間に掛かる金額の総額や目安はどのくらいなのかと言った問題をここで紹介したいと思います。

これからAGAクリニックなどの利用を検討している人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

AGAとは

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症であることはもうご存知でしょうか?まずは基本的なAGAの知識について再確認しておきましょう。

もしかしたら自分のハゲや薄毛の原因がAGAとは違うものの可能性がります。その場合は病院での検査を受けても治療は受けられませんので時間とカウンセリング、検査費用が無駄になってしまいます。自分の薄毛の問題が本当にAGAによるものなのか症状からもう一度確認してみましょう。

AGAとは

AGAとは(男性型脱毛症)とは身体の中で分泌されている男性ホルモン、テストステロンという物質がさらに強力なホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)という酵素に変換されることで抜け毛に繋がるものです。

体内中の5αリダクターゼがテストステロンと結びつきジヒドロテストステロンを生成します。さらにこのジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することで髪の正常なヘアサイクルが狂ってしまい髪の毛の成長期が短くなり、休止期や、後退期が長くなることで髪の毛が抜け落ちてしまうのがAGAの脱毛症です。

実際に患者の頭頂部や前頭部の毛穴付近の皮膚細胞には大量のジヒドロテストステロンが存在していたことでこの男性ホルモンジヒドロテストステロンが原因なのではないかと言われています。

AGAの原因

AGAのメカニズムについては先程紹介した通りのものになります。ではなぜそのような男性ホルモンの結合が起こるのでしょうか。これは、遺伝によるものや、その他にも生活習慣などでホルモンバランスが崩れることなどが原因としてあげられます。

特に男性の場合の遺伝は母方の祖父からの遺伝が行われます。つまり母方の祖父の髪の毛の状態を見れば自分の将来の髪の毛の状態を知ることが出来るということです。

男性の染色体はX染色体とY染色体の2つで構成されています。この内薄毛に関係する受容体の感度やDHTを生み出しやすい体質の遺伝子を持っているのはX染色体のみになります。

この男性のX染色体は確実に母方から遺伝されるので、母方の家庭環境に関係してくるのです。それ以外にも父親の生活習慣や嗜好品が似てしまうことで同じようなハゲ方や髪質になってしまう可能性はあります。

その他の原因としては、正常なヘアサイクルが乱れやすい環境を作ってしまうことで、薄毛をさらに加速させてしまう原因もあります。不規則な睡眠時間、偏った食生活、運動不足、肥満、不衛生な環境での生活、毎日の間違ったシャンプー方法などこれらの問題も直接的に薄毛の加速に加担していると考えられます。

AGAの薄毛の特徴

AGAの薄毛が他の脱毛症と違うところは、ハゲ方にあります。まず基本的にはAGAの脱毛は、頭の前頭部もしくは頭頂部から薄毛が始まります。

後頭部や側頭部と言う部分は薄毛にはならず、その部分のみ髪の毛は残ります。最終的には前頭部から頭頂部までの薄毛が繋がり、サザエさんの波平さんの様なハゲ方になります。

もしハゲが側頭部や後頭部に及んでいる場合は他の脱毛症の可能性があります。抜け毛が気になり始めてから、何もしなければ5年ほどで髪の毛の薄毛がかなり目立つようになるでしょう。

AGAの薄毛の場合でも産毛は残っていて、毛根が死んでいるわけではないのでまた髪の毛は生えてきます。諦めず対策していきましょう。

スポンサーリンク

AGA治療方法

全頭脱毛 治療

ではそんなAGAの治療方法にはどんな治療方法があるのでしょうか、シャンプーの変更や、生活習慣の改善以外の専門性の高いAGAの治療方法について紹介します。

病院やクリニックに行くとどんな治療が行われるのかを紹介していきます。自分に向き不向きがあるのでどの様な治療法を選択するのか大まかに決めておくのもいいでしょう。

飲み薬

AGA治療薬として、効果のみとめられているものが幾つかあります。代表的なものの中にプロペシア、ミノキシジルがあります。

プロペシアはアメリカの製薬会社が販売している抗アンドロゲン薬の商品名です。フィナステリドという成分の効果によりDHTの生成を抑制し、AGAの治療以外にも男性特有の病気である前立腺肥大による泌尿器感の以上などの問題を治療する薬としても広く使用されています。

ミノキシジルは血管拡張薬として開発された薬品で初めは高血圧の経口薬として使用されていた薬ですが、その副作用として髪の毛が濃くなると言う症状があったものを薄毛治療薬として使用するようになったのが始まりです。血行を良くし、髪の毛の成長を促します。

これらの治療法としてのデメリットとしては、これらの薄毛治療薬には一定の副作用があるということです。例としては射精障害、睾丸痛、乳房肥大、勃起不全、頭痛、痺れ、急激な体重の増減、身体のむくみなどの症状があります。

さらに治療も長期的な服用での改善になりますので何かしらの副作用が現れる可能性は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。これらの薬品に含まれる成分の濃度によって副作用の危険度、発症確率は変わりますがおよそ5%〜10%程の確率で副作用が見られるようです。

育毛メソセラピー療法

フィナステリドやミノキシジルといった薄毛治療に有効な成分の治療薬を直接頭皮に注射して効果を得る治療方法です。外用薬や内服薬に比べて、触接皮膚内に成分を注入するので、若干の痛みは伴いますが、即効性が見込め効果も高い特徴があります。

この治療法では僅かな毛髪の変化も加えれば治療を行った内ほぼ100%の患者で症状の改善が見られたという結果が出ています。

AGAメソセラピー療法で重要なのは一定期間の通院での繰り返しの治療になります。決まった期間での効果的な治療サイクルが重要になるので、時間が取れず病院に通えない人はこの治療には向いていないと思われます。さらにデメリットとしては、ニードルやレーザーなどの器具を使用しての治療なので皮膚が赤くなることや、麻酔時の痛みが伴うことです。

しかし、必要な場合には患者に応じて足りていないビタミンなどの栄養素も追加注入できるのでより効果的に患者ごとの薄毛にアプローチすることが出来ます。

HARG療法

この治療法も頭皮に注射を行い薄毛の治療を行うものになります。メソセラピー療法と違う点は細胞成長因子という物を注入することで薄毛を改善するというものです。

髪の毛を育てる毛母細胞や毛乳頭細胞などに細胞成長因子が働きかけ、正常な活動を促すことで髪の毛の成長を助けます。

この治療も基本的には一定期間での通院による治療が効果的に育毛サイクルを取り戻す鍵になります。さらに注射での治療を行うので痛みも伴います。しかし同様に追加での成分の補助も出来るので効果の期待値が高い治療法になります。

自毛植毛

自毛植毛は自分の髪の毛を媒体とし、健康な部分の髪の毛を切り取ったり、毛根周辺の皮膚ごと頭皮から抜き取り、髪の毛の薄毛が進行している部分の頭皮に移植する手術での治療方法になります。

後頭部や側頭部の、薄毛問題になりづらいAGAの影響を受けづらい皮膚を移植することで、術後の抜け毛の可能性は非常に低くなります。定着してしまえば長期的な安泰が期待でき、その後の抜け毛の心配がなくて済みます。

しかし、デメリットとしてはかなり施術者の技術によって術後の回復や定着率や自然な仕上がり具合などが左右されるものなので、より確実で技術の高い医師により施術してもらうことが重要になります。さらに、手術には身体的負担が最も大きく、頭皮の皮膚を切ったり、くり抜いたりする治療ので1週間〜1ヶ月の期間の頭皮の違和感や痛みなどの症状を伴います。

また、専門的なクリニックはある程度都会にしか無いので通院が難しいことも問題に挙げられます。

スポンサーリンク

治療にかかる費用

お金

それでは上記で紹介したような治療法にはどのくらいの治療費が掛かってくるのか紹介します。しかし病院によって治療費は異なりますし、さらに、その病院に行くまでの費用やどのくらいの薄毛の進行具合化によって、値段は大きく変わってきます。

なのでこれはあくまで基準でしか無いことはあらかじめ断らせていただきます。参考程度にしていただき、実際に掛かるご自分の治療費に関しては、更に詳しく病院などを選んで調べてみてください。

治療薬の値段

飲み薬や、塗り薬として使われるAGA治療薬の金額を紹介します。

病院などでプロペシアの治療薬を処方してもらった場合7000円〜1万円程の金額がかかります。初期診断費が無料のところや、その他のメディカルセットなどの用意がある病院もあります。さらにこのような治療薬は個人輸入やネットでも購入することが出来ます。その場合は5000円ほどで購入することが出来ます。しかし、しっかりした専門的な助言がもらえないので、これは上級者の方法として初心者にはおすすめできません。中には悪質なサイトや業者もありますので注意しましょう。

ミノキシジルの場合は、少し値段は下がって5000円〜1万円が相場でしょうか。この成分が含有された治療薬はドラッグストア等にも販売されています。専門病院で販売されている治療薬に比べれば効果は大きな差がありますが、試しに使用してみるのも良いかもしれません。

この価格は1ヶ月の使用量での価格になります。なので、治療期間が長引けばそれだけ購入費はかさみます。基本的に効果が現れるまでは半年〜2年程の個人差がありますので念頭に置いて置きましょう。

メソセラピー療法、HARG療法

この療法は病院やクリニックなどで様々な料金プランや、治療コースが分かれているので値段には開きがあります。

年に1回〜2回の通院で大丈夫なものや、月に4回程の治療を継続するようなものなど様々です。値段と通院にかかる手間や、時間などを考慮して自分に合ったコースを選択するようにしましょう。

例として挙げるとメソセラピー療法の治療費は1ヶ月で1万8千円〜8万円程の開きがあります。さらにそれに追加費用として専門の追加治療費や基本診断料、診察料などの金額が加算されます。これも初回無料、相談費無料などを設けているところもありますので相談してみるのもいいでしょう。

HARG治療の場合は少し値段が張ります。一ヶ月1回での治療費用は範囲にもよりますが基本的な頭の面積の3分の1の範囲なら8万〜18万円程の開きがあります。

さらに高額なセット価格での治療を設けている病院もあります。発毛効果99%と言う高確率で負担の少ない治療で副作用の少ない治療ですので価格に見合った効果が期待できるのではないでしょうか。

自毛植毛

この治療費も価格に開きの大きい治療方法になります。さらに、値段に見合った施術が期待できる病院やクリニックであるのかをしっかり見極める目も必要になるでしょう。

さらに、この治療法が最も、範囲による治療費の開きが大きい治療法でもあります。植毛の株数で値段が決められていて、さらに植毛方法でも値段が変わります。

頭皮を切りとってのFUT法での植毛では一般的な範囲での植毛の価格は28万〜100万円ほどになります。

頭皮を切らないFUE法という方法を用いた植毛では32万〜140万円ほどの開きがあります。この値段の開きは、主に範囲での値段の開きになります。

この治療費は、手術で必要な金額のみになります。さらにそこから診察のたびに5000円程の施術費が別途かかる場合がほとんどでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

これらのAGA治療は自由治療に含まれるもので、健康保険適用外の自由診療の治療になります。その為、治療にかかる金額は全額自己負担での治療となります。かなり大きな金額での治療になりますので、よく自分の経済状況を判断した上での治療を行いましょう。

医療費控除についてもほとんどの場合は受けられない事がほとんどです。しかし何かしらの他の病気での脱毛が原因で治療を行う場合は医療費控除が受けられる場合があるようです。さらにAGAが原因で精神的疾患になってしまった場合も医療費控除を受けることが出来る場合があります。

中にはAGA治療薬などで医療費控除を受けている人は居ます。ですが美容目的での治療費については基本的には医療費控除などの制度は利用できないことがほとんどなので覚えておきましょう。

また、この様な治療は病院によって大きく値段や治療方法や医療方針が違いますので、出来るだけしっかりクリニックや病院の特徴や口コミなどを調べて、信頼できる病院を選びましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて御覧ください。

フィナステリドの副作用を紹介!育毛効果以上に重く影響を与えるその実態とは?

プロペシアによる初期脱毛の期間は?気になる効果や副作用について紹介!

育毛剤って副作用があるの?症状を知っておこう!副作用が出にくい育毛剤もある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク