薄毛を回復させる方法について!抜けてしまった毛根から髪の毛を生やすために必要なこととは?

世間にはさまざまな薄毛を回復させる情報や、クリニック以外にも髪の悩みに対応してくれるヘッドスパサロンや育毛・発毛サロンなどが数多くあります。それだけ薄毛に関する悩みを抱えている人が多いと言えるかもしれません。

薄毛を回復させる情報にも信頼できるものとそうでないものがあるようです。信頼性の高い情報を元に薄毛を回復させる方法についてまとめましたので、薄毛を回復・予防したい人はよかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

薄毛・ハゲになる原因

スマホ見ている男性

ハゲるのは遺伝や年齢が大きく関わっているようですが、最近は若い人でも薄毛に悩む人が増えてきています。男性も脱毛サロンを利用したり、以前より美意識が高まっていることもあるのかもしれません。薄毛やハゲになる原因は何なのか、解説していきます。

男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)は男性に最も多い脱毛症であり、加齢、遺伝による要因が大きい脱毛症です。俗にいう若ハゲもAGAが原因となっていることが多いです。

なぜ多くの男性がAGAで髪が抜けてしまうかというと、男性ホルモンDHTが生成されることで、髪が成長する成長期が短縮され、抜け毛が引き起こされるということがわかっています。

脱毛ホルモンDHTによるハゲ構造は、DHTが毛乳頭のレセプターと結合することにより作られてしまいます。そして男性ホルモンDHTは、本来男性らしい骨格や筋肉を作ってくれるテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという還元酵素の作用によって生成されてしまいます。

そのため5αリダクターゼを抑制する成分の入った治療薬、育毛剤、抑制作用のある栄養素が入っているサプリメントなどが、薄毛の回復・予防として広く利用されています。

睡眠不足

成長ホルモンは睡眠中に分泌され、傷ついた細胞を修復し、皮膚、髪を健康に保ちます。睡眠不足は髪を育てる成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので、薄毛、ハゲの原因になります。

ストレス

ストレスは男性型脱毛症だけでなく、女性の薄毛、円形脱毛症も引き起こします。精神的なストレスは心身の不調も招き、自律神経に影響を与えて、寝つきが悪くなり睡眠不足を起こすことがあります。

また男性ホルモンの分泌を増やし皮脂分泌がさかんになったり、ホルモンバランスの乱れが起こることもあります。女性の薄毛の原因として、ホルモンバランスの乱れがよく挙げられます。

ストレスを感じている人、また感じやすい人はストレス解消できるよう、自身を守るためにも対策を考える必要があります。

極端なダイエット

健康的なダイエットなら良いのですが、栄養バランスを欠くようなダイエットの仕方は肌にも髪にも悪影響を及ぼします。

髪はタンパク質が主成分ですが、ビタミンやミネラルの力も借りる必要があります。体内では合成できない必須アミノ酸も必要です。栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。

目の疲れ

目が疲れるとアミノ酸のシステインが消費され、疲労回復に役立ちます。しかしシステインは髪の主成分であるケラチンを構成する大事なアミノ酸でもあります。システインが目の疲労回復に消費されると、薄毛につながると言われています。

誤ったヘアケア

自分の頭皮や髪に合っていないヘアケア商品や、誤ったシャンプー方法が薄毛を招いたり、回復を阻害することもあります。シャンプーをするとき、汗や汚れを落とすためにしっかり洗うのは良いのですが、こするようにして洗うと生えかけの髪の毛である幼毛が抜けてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

生活習慣で薄毛を回復

男性と猫

ハゲ原因となるような生活習慣を改善することは、薄毛を回復・予防対策になります。薄毛対策になるような生活習慣を、薄毛が気になる人も、これからの予防のために何かできることがないかと思っている人も、ぜひ実践していきましょう。

規則正しい生活

睡眠不足は薄毛・ハゲの原因となります。十分な睡眠時間も重要ですが、深い眠りも髪を健康にする成長ホルモンの分泌に欠かせません。寝る時間がまちまちで、睡眠時間が長い日もあれば短い日もある、という生活も望ましくありません。

仕事の勤務形態上難しい人もいるかもしれませんが、なるべく規則正しい生活を、難しければせめて睡眠時間を確保するようにして、髪の健康のためにも身体の疲れを睡眠で取り除くようにしましょう。

また適度な運動を取り入れて、身体の血流を良くすることも薄毛の改善・予防につながります。血行が悪いと栄養が体に行き渡らず、当然頭皮や髪の毛にも栄養がしっかり届かない可能性があります。

激しい運動は体をさびつかせる活性酸素を多量に作る恐れがあるので、ウォーキングや軽いランニング程度の適度な運動にして、疲れをためこまないようにしましょう。

栄養バランスの良い食事

私たちの髪や肌は、私たちが食べた物から作られています。栄養バランスの良い食事を摂って、健康な髪を育てるようにしていきましょう。タンパク質は動物性のものも植物性のものも、バランスよく摂ることでさまざまなアミノ酸を摂取することができます。

またビタミンB群、亜鉛や鉄、ヨードなどのミネラルも髪の健康に欠かせません。なるべくいろんな食べ物から少しずつ摂取すると、栄養が偏りにくくなります。どうしても普段の食事から摂取しにくい栄養素は、サプリなどから摂取するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

頭皮・ヘアケアで薄毛を回復

石鹸バスソルトのあるバスルーム

直接頭皮・髪に働きかけるケアは、薄毛を回復し、髪の健康を保つためにも重要そうです。正しい頭皮ケアやヘアケアで、抜け毛対策、育毛をしていくには、どのような方法が必要なのでしょうか。育毛対策になるシャンプーや頭皮のマッサージについて説明していきます。

シャンプーの選び方

頭皮がベタつく人は頭皮の皮脂や汚れをさっぱりと落とすクレンジングシャンプーやスカルプシャンプーを、頭皮が乾燥しやすい人は保湿成分の入った、頭皮に優しいシャンプーがおすすめです。

頭皮への刺激が少ない、アミノ酸系シャンプーで、かつノンシリコンタイプのものが、髪に余計なものを残さず、髪や頭皮のトラブルを避けやすいとされています。

シャンプーの方法

シャンプーは毎日、夜寝る前にするのがおすすめです。夜のうちに汗や汚れ、皮脂を落とさない状態で一晩過ごすのは、頭皮環境に良くないとされています。不要な頭皮トラブルを避けるためにも、正しいシャンプーの仕方で髪と頭皮を清潔な状態にして寝るようにしましょう。

シャンプーの手順は、まずシャンプー前にブラッシングをして髪の絡まりや汚れを落としておきます。シャンプー剤をつける前にお湯洗いをして汚れを落としてから、よく泡立てたシャンプーを頭皮に行き渡らせながら洗います。

シャンプーをする時は、5本の手の指を広げて、指の腹でマッサージするように洗います。シャンプーをする時、頭皮や髪をこすらないように気をつけましょう。最後洗い流すときは頭皮にシャンプー剤が残らないようにしっかり洗いましょう。

仕上げにコンディショナーかトリートメントを使う際、どちらも油分多いものなので、頭皮にはつけないようにしましょう。基本的にコンディショナーやトリートメントは軽く洗い流すものが多いので、頭皮につけると洗い流したあとも残ってしまう可能性があります。

シャンプー後濡れた髪や頭皮のまま寝るのは、頭皮環境を悪くする原因になる可能性があります。髪をよく乾かしてから寝るようにしましょう。タオルドライ後ドライヤーで頭皮も髪も乾いた状態にします。

頭皮マッサージの方法

頭皮のマッサージは頭皮の血流を良くし、栄養が行き渡ることで健康な髪を成長させる育毛対策となります。頭皮マッサージは育毛サロンでも受けられますが、自分でも行える自宅対応発毛法・育毛法です。

側頭部、後頭部、前頭部それぞれの生え際から、頭頂部へ向けて指の腹で押さえながらマッサージをしていきます。頭皮や髪をこすらずに、押さえながら円を描くように頭部をもみながら、下から上へとマッサージする部分を移動させていきます。

マッサージはあまり時間をかけすぎず、5分ぐらいで十分です。シャンプーの後やシャンプー中でも、仕事の合間にリフレッシュしたい時でも構いません。毎日少しずつでも続けていきましょう。

スポンサーリンク

育毛剤・発毛剤で薄毛を回復

ボウズ頭の男性

薄毛が気になってきたら、育毛剤を使うのも良い方法と言われています。本格的に薄毛で量の少なくなった状態から発毛させたいのであれば、発毛剤が必要となります。育毛剤と発毛剤それぞれの特徴、薄毛の回復のための使い方や注意点について説明します。

育毛剤で薄毛回復

育毛剤は厚生労働省に認められた育毛有効成分が配合された、医薬部外品(薬用)です。育毛有効成分は育毛効果はありますが、発毛までの効果はあまり期待できません。少し髪の量が気になってきた、薄毛の予防のために、何か特別なケアをしておきたいという人におすすめです。

それぞれの育毛剤によって、売りにしている有効成分が異なります。男性用の育毛剤には男性型脱毛症の原因である、5αリダクターゼを抑制する成分が入っているものもあります。

薄毛・ハゲ対策のさまざまな情報を提供しているサイトのハゲラボさんなどで、おすすめの育毛剤などがよく取り上げられています。各商品のサイトを一つ一つ見て成分や価格を調べるのは大変ですから、薄毛情報のサイトなどの育毛剤比較の記事を参考にしてみると良いでしょう。

育毛剤はお風呂の後、清潔な髪と頭皮の状態で使うのがおすすめされています。育毛剤にもよりますが、1日1回、または2回のものもあるようです。乾いた髪か濡れた髪に使うのかも、使用前によく確認しておきましょう。頭皮にしっかり行き渡るよう塗布し、軽いマッサージもします。毎日継続して行うのが効果的です。

発毛剤で薄毛回復

薄毛が進行してきた、頭頂部の薄い部分の毛量をなんとか増やしたい、という人は育毛剤では望むような効果が得られにくいでしょう。増毛パウダーやスプレーのような増毛剤はなく、本気で発毛トライしたいなら、医薬品の発毛剤(外用薬)を使うのがおすすめです。

リアップなどの発毛剤には血流を良くし、毛母細胞を活性化するミノキシジルが配合されています。リアップシリーズは薬局でも入手可能ですが、他の発毛剤はクリニックでの処方か、自己責任になりますが海外から個人輸入という手段もあります。

ミノキシジルは発毛力が高いですが心臓への負担、かゆみやほてりなどの副作用が見られることもあり、その発毛活性効果のために初期脱毛が起こることもあります。また男性用と女性用では濃度が異なるので注意しましょう。

育毛剤と使い方はほとんど同じですが、育毛剤と比べるとニオイがきつかったり、髪がバリバリになるという声も聞かれ、使用感はヘアケア剤のように良いものではありません。デメリットな部分も理解した上で発毛チャレンジを強く望む人には、発毛剤を利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

AGA治療で薄毛を回復

ルーペと聴診器子供

育毛剤や発毛剤では十分な効果が得られなかった人、確実な発毛体験をしたいという人には、クリニックでのAGA治療がおすすめです。AGA治療薬の処方以外にも、さまざまな発毛療法があります。クリニックでの薄毛回復法について、いくつか紹介します。

AGA治療薬

内服薬ではプロペシアなどのフィナステリドが有効成分の薬、ザガーロなどデュタステリドが有効成分の薬、またミノタブと呼ばれるミノキシジルの内服薬があります。外用薬はミノキシジル配合の薬(発毛剤)となります。

個人輸入代行で購入すると安いということで、利用している人も少なくないようですが、副作用が出た場合も自己責任ということになるのでおすすめはできません。専門家に処方してもらうのが安全でしょう。

プロペシア

プロペシアはクリニックで広く処方されている内服薬です。最近はクリニックでプロペシアのジェネリックの取り扱いも増えました。プロペシアの有効成分フィナステリドが、5αリダクターゼ2型の作用を阻害し、脱毛ホルモンDHTを抑制する効果があります。

AGAによる薄毛は、脱毛ホルモンでヘアサイクルが極端に短くなった状態で起こります。プロペシアの有効成分が脱毛ホルモンを抑え正常なヘアサイクルに戻し、抜け毛、薄毛の進行を阻止します。

ただし、プロペシアなどの5αリダクターゼを阻害する薬は、抜け毛には効果が高いのですが、発毛復活させるとなると難しいようです。プロペシアのみでも顕著な発毛状態が見られた人も中にはいますが、本格的な発毛状況を作るとしたら、ミノキシジルを併用するのがおすすめです。

プロペシアに関する詳しい記事はこちらになります。合わせて参考にしてみてください。

プロペシアの効果とは?含まれる成分や副作用、使用上の注意点を紹介!

ミノタブ

ミノキシジルをそのまま内服薬にしたミノキシジルタブレットは、高い発毛効果があります。外用薬よりも体に現われる副作用が高い確率で起こりやすいと言われています。

ミノタブに関する詳しい記事はこちらになります。合わせて参考にしてみてください。

ミノタブの効果はどのくらいの期間で現れるの?服用期間と現れる副作用について

自毛植毛

薬での治療は有頭頂部には効果が出やすいのですが、生え際への効果が出にくいようです。前髪も発毛させたいという人には自毛植毛という発毛法もあります。自分の髪の毛を移植する手術で、定着すれば自然なヘアサイクルで髪が生えるようになります。

植毛に関する詳しい記事はこちらになります。合わせて参考にしてみてください。

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!

その他の治療法

頭皮に直接薬や成長因子、栄養分などを注入する、育毛メソセラピー、HARG療法、最新の幹細胞を利用したケラステム毛髪再生療法などがあります。クリニックによって対応している治療法は異なるので、事前に確認しましょう。

AGA治療に関する情報

Q&Aサイトに新規登録して情報を集める方法もありますが、専門家であるお医者さんでも実際に診療しなければインターネット上では正確な回答は難しいですが、参考にはなるかもしれません。

ハゲラボさんや若ハゲ番長のAGA治療体験記などのサイトでは、さまざまな治療薬や治療法についての解説・体験記が掲載されています。若ハゲ番長さんは治療中の自らの写真も掲載しているので、参考にしている人も多いようです。

またAGA治療とは異なりますが、インターネット上でツルピカ頭の回復・スティック発毛法というサイトで紹介されているスティック発毛法も話題になっていたことがあるようです。

Q&Aサイトや人気の情報サイトにしても、必ずしも万能な方法が紹介されているとは限りらず、自己責任になります。薬や治療法を試す場合は信頼できる発毛クリニックを利用して、薄毛対策方法を行うのがおすすめです。

誤った発毛理論や発毛指導、信頼性の低い育毛・発毛法を紹介しているサイトも中にはあります。すべての情報を鵜呑みにして「ハゲ被害」に遭わないようにしましょう。何とかハゲ軌道やハゲ人生から脱出、発毛元年を迎えるためにも正しい情報を得て、安全な育毛・発毛法を実践していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

森の中男性

薄毛の原因には遺伝や年齢など自分の力ではどうしようもできないものもありますが、日頃の生活習慣や誤ったヘアケアが薄毛を引き起こしていたり、回復を遅らせている可能性もあります。十分な睡眠や栄養バランスの良い食生活、また正しいヘアケアや頭皮のマッサージなども日頃から行い、良い頭皮環境、発毛環境を整えることも重要です。

育毛剤を毎日使用することで、髪と頭皮に良い育毛生活を行うことも、良い薄毛予防になるでしょう。すでに薄毛の進行が深刻な場合は、回復のために医薬品の発毛剤の利用が発毛対策法となるでしょう。

市販の育毛剤や発毛剤で効果を感じられなかったり、より確実な発毛体験を望むのであればクリニックでのAGA治療がおすすめです。内服薬の処方以外にも自毛植毛や最新の発毛療法の施術が受けられます。自分に合った薄毛回復・予防法を見つけて、いつまでも元気な髪をキープしたいですね。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

薄毛はコラーゲンで改善できる!髪の毛を太くする17型コラーゲンと合わせて摂りたい栄養素を紹介!

薄毛に悩む男の髪型ランキング!ハゲを隠すのは短髪が基本?女性に人気のヘアスタイルを紹介!

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク