育毛シャンプーのおすすめ商品!市販の中から口コミ上位の7つを紹介!

髪の毛の悩みを抱えて悩んでいる若者や中年の男性は多いことでしょう。特に日本はハゲをかっこいいと認識する文化はなく、ダサさの象徴のように思われてしまっています。ヨーロッパを代表とする諸外国ではハゲはチャーミングでハゲの男性がモテてしまうという文化もあるというのに、日本人や整形が盛んな韓国人などのアジア人は特に見た目に対するコンプレックスや嫌悪感が強いのかもしれませんね。

そんな日本で生活しているからこそ、ハゲは気になるし出来ることなら直してフサフサの髪の毛でかっこよくキメたいですよね。そのためにはシャンプー選びは必須!薄毛に悩む人は特に遺伝の関係などにより、頭皮の環境に特に気をつける必要があります。

しかし、どんなシャンプーを選べばいいかわからない。という人向けに、口コミの評価が良かったおすすめのシャンプーを紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

薄毛対策のシャンプーの選び方

髪の毛

薄毛対策には頭皮の環境を良くするためにしっかりとした薄毛対策用のシャンプーを使う必要があります。しかし、今や高額な物からお手頃なものまでたくさんの育毛シャンプーが販売されていてどれに手を付けていいかわからない状態だと思います。

そんな人のために、まずは基本的なシャンプーの基礎知識についておさらいしていきましょう。

正しいシャンプーの選び方

正しいシャンプーの選び方とは、そのシャンプーに含まれている成分を見ることで判断することが出来ます。市販のドラッグストアやスーパーでよく見かけられるシャンプーやCMが打たれているシャンプーは広告費にお金をかけていてそのシャンプーの成分にはそこまでこだわって作られていないものが多いようです。

基本的にシャンプーは海外で作られて船で海を経由して日本に送られてきます。製品が出来上がってからお客様の手に届くまでかなり時間がかかってしまうために、成分が腐ってしまわないように大量の化学成分や防腐成分が含まれているものが多いです。

しかも、CMを打ってしまえば一般的な人たちはシャンプーを香りで選ぶことが多いのでブランド力や香りを気に入れば売れてしまうためにそのように作られています。そのため、薄毛に悩む人は薄毛対策用のシャンプーを購入する必要があるのです。

そんな薄毛対策用のシャンプーはあまりドラッグストアなどでは沢山の種類売られていません。基本的にはネット販売によって売られていることがほとんどです。

なかなかどんな成分のシャンプーを選べばいいかわからない人のために注目して見るべき重要な成分を紹介しておきます。

洗浄成分

シャンプーにはまず一番に重要な要素である洗浄成分から見ていきましょう。

洗浄成分は特に気おつけなくてはいけない成分です。髪の毛が薄毛になってしまう人の特徴として、まず頭皮が普通の人に比べて炎症を起こしやすかったり皮脂が溜まりやすかったりと、頭皮の弱さや頭皮に問題がある場合が多く見受けられます。そのため、この洗浄成分は物によっては洗浄力が強すぎるあまりに頭皮を傷つけてしまったり炎症を引き起こしてしまったりします。

頭皮に優しく、それでいてしっかり頭皮の汚れや角栓などを取り除ける洗浄力のものが良いことは理解していただけるかと思います。その要素に当てはまっているのがアミノ酸系や石鹸成分系のシャンプーです。

洗浄力が強すぎず、しかし弱すぎず。頭皮にも優しい成分で構成されているので安心して使うことが出来ます。

間違っても石油系、高級アルコール系シャンプーは使わないでください。ラウリル硫酸Na、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、ラウリル硫酸カリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、スルホン酸Na、パレスー3硫酸アンモニウムなどの成分の入ったシャンプーがその石油系のシャンプーに当てはまります。

非常に泡立ちが良く洗浄力が非常に強く、安価に大量生産が可能なため安物のシャンプーにはよくこの成分が含まれています。必要以上の皮脂まで洗い落としてしまう洗浄力であることから要注意とされています。またヘアカラーをしている人は成分によって髪色が落ちやすくなることもあります。

シリコン

最近ノンシリコンシャンプーなんて言葉をよく聞かれると思いますが、このシリコンという成分について説明したいと思います。

シリコンは髪の毛をコーティングしツヤを出したり、シャンプー時の指通りを良くするためなどに成分として加えられています。特に石油系のシャンプーはその洗浄力の強さでシャンプー時に髪の毛同士の摩擦が強くなってしまう場合があるためこれを軽減するためにシリコンが加えられます。

成分表記にはジメチコノール、シクロメチコン、ジメチコン、アモジメチコン、シリカ、シロキサン、シリル、シランのように書かれています。

シリコン自体が悪というわけではありません。シリコンは体に無害な成分で豊胸や化粧品などにも使われています。しかしシャンプーにその成分が入っているとあまり良くない効果が現れてしまいます。

シャンプー時に髪の毛だけでなく頭皮までシリコンでコーティングされてしまうので、それによって毛根や毛穴が詰まってしまい髪の毛に栄養が行き渡らなくなり髪の毛が細くなってしまったりするという意見が寄せられています。

無添加・天然成分

無添加で天然由来成分のシャンプーというのは鉱物油、合成防腐剤、パラベンなどが入っていないシャンプーのことです。無添加のシャンプーのメリットはアレルギーや敏感肌の人でも安心して使えることだったり、乾燥による頭皮のダメージを解消できたり、すすぎ残しの心配が無いことなどが挙げられます。

特に抜け毛や薄毛に悩んでいるという人はこの無添加で天然成分のシャンプーを使用することが最重要となります。

しかし、この無添加・天然成分という表記には大きな落とし穴があります。それは、表記基準がしっかり決められていないことにあります。実はシャンプーの成分に一つでも天然成分の成分が含まれていれば天然成分のシャンプー!として売ることが出来ますし、香料、保存料、着色料、界面活性剤、アルコールの内一つでも無添加であれば、無添加のシャンプーとして売ることが出来ます。

その為、消費者側はしっかり成分表を見てひとつひとつ確認する必要があるのです。

有効成分

育毛シャンプーには、普通のシャンプーとは違い、髪の毛の成長の助けとなる有効成分が幾つか含まれています。その中でも代表的なものを紹介していきます。

自分にはどの成分が必要なのか考えてみるのも、自分にあった最適なシャンプーを選択するためには重要かと思います。

グリチルリン酸2K(ジカリウム)

古代エジプトにも記録があるほど古くから使われている、生薬の王ともいわれる甘草から生成される成分です。優れた抗菌作用があり医薬品や化粧品などでも使われています。

育毛効果としては、抗アレルギー効果や抗菌作用があるため、頭皮の環境が菌やアトピー性皮膚炎、アレルギーによって荒れやすい人などにおすすめです。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEの吸収率や活性や溶解性を高める効果のある化合物です。

育毛効果はビタミンの吸収率を高める効果が期待できたり、抗菌作用があるとともに、血行促進の効果を得ることが出来ます。

クジンエキス(クララエキス)

マメ科の植物であるクララの根っこから摂られたエキスです。クララの根は漢方などでも使用される植物であり、駆虫薬、解熱、利尿薬としても効果がある植物です。

アルカロイド、フラボノイド、サポニンと表記されることもあります。

抗菌殺菌効果、男性ホルモン抑制、毛根細胞活性化、血行促進などの育毛効果があります。さらにフケや痒みを抑える効果もあります。

ジフェンヒドラミンHCI

代表的な抗ヒスタミン剤として、シャンプーやリンスなどの他に花粉症の他に風邪薬などにも使われている成分です。

抗菌抗炎症効果と血行促進の目的で育毛シャンプーに使われています。

センブリエキス

リンドウ科の植物でこちらも漢方などでも使われている植物になります。昔から日本では民間薬として利用されてきました。胃薬、腹痛、寄生虫の駆除、蕁麻疹などの目的で広く使われていました。

こちらの成分も血行の促進や細胞の活性化などの目的で育毛剤に使われます。

その他

〜エキスに代表される天然成分の有効成分が沢山存在します。育毛シャンプーに含まれる成分の多くは植物から抽出されるエキスから合成されているものが多いです。美容成分が含まれるものもあり頭皮の環境改善に役立ちます。

これらの〜エキスとつく名前の成分は基本的に肌に優しい成分の製品になるため安心して使用することが出来ます。

スポンサーリンク

口コミ上位のおすすめシャンプー7選

シャンプー

育毛シャンプーはたくさんあってなかなか何を購入すればいいかわからない人は多いと思います。そんな人のために、特に多くの人に効果のあった人気口コミランキングの上位にランキングされていた商品を7つピックアップして紹介します。

自分の頭皮の環境にあったシャンプーを選ぶことが重要な上に、長期間続けられる自分の経済状況にも適合した商品を選ぶことが重要です。特に育毛シャンプーは高額になるものがあるので、良いものを買おうとすればかなりの経済的な負担が掛かってきてしまいます。1年近く根気よく続けないと効果を継続して得ることが出来ないのでその点に注意しながらシャンプー選びをしていきましょう。

チャップアップシャンプー

用量:300ml 販売価格:4840円

人気の育毛剤を作っていたメーカーが作ったシャンプーで今人気の商品です。同じメーカーから育毛剤も販売されているのでその育毛剤とも併用して安心に利用することが出来る点がメリットとしてあります。

この商品には石油系の洗浄成分は一切入っておらず、その他にも防腐剤、合成香料、着色料、シリコン、サルフェート、鉱物油、パラベンなども入っておりません。完全に無添加で天然成分のみで作られた高級アミノ酸系のシャンプーです。

頭皮の油分が多い人にも十分な洗浄力があり、髪の毛の洗い上がりには満足している人が多いようです。フケにも効果があるのでフケに悩んでいる人も、かなりの数で解消されたという意見もあります。

中には髪質や頭皮に合わなかった人や、6ヶ月使用しても効果がなかった人も居ます。がかなりの数で抜け毛が減ったと感じたり、髪の毛にハリやコシが出てボリュームが多くなったという意見があります。

購入方法によってはかなり値段に差が出てきてしまうので注意が必要です。安い所を探しましょう。またセット価格でも安く手に入れられるので、検討してみてはいかがでしょうか?

スカルプ薬用シャンプー(熊野油脂)

用量:300ml 販売価格:1000円〜

化粧品やボディーソープやシャンプーやリンスなどを主に生産販売している熊野油脂という会社から販売されている商品です。

非常に長期間継続して使用しやすい価格でありながら効果も得ることが出来るコストパフォーマンスが高い商品として今注目の商品です。現時点のコスパ最高率を誇る商品ではないでしょうか。

ピロクトンオラミンを配合しているという点で、頭皮の環境改善に重点を置いた商品です。唐辛子エキスやメントールも含まれていて、若干の頭皮への刺激があり、これが爽快感や洗い上がりの爽快感に繋がっていると思われます。

泡立ちはあまり良くなく今まで使っていた商品に比べれば不満に感じる人は多いかもしれません。しかし、3ヶ月ほどの使用で抜け毛が減ったや頭皮の吹き出物がなくなったという意見が見られます。

ノンシリコンである分洗い上がりに多少のきしみやゴワゴワ感を感じる人も居ます。しかし、オーガニック成分でありながら値段が安価なため育毛シャンプーを始めるにはお手頃の商品となっているためおすすめです。必要な人はコンディショナーなどを併用して短所を解消すると良いかもしれません。

コラージュフルフルスカルプシャンプー

用量:360ml 販売価格:2700円

皮脂と菌を洗い流すことに重点を置いて、製薬会社から作られたシャンプーです。

頭のフケが気になるという人には特におすすめのシャンプーかもしれません。頭皮のフケは皮脂を栄養として生きているカビの菌によって引き起こされます。この菌は誰の頭皮にも存在しているため、完全に消滅させることは出来ませんが、この菌が悪さをして頭皮を荒れさせることをこのシャンプーによって防ぐことが出来ます。これはミコナゾール硝酸塩の効果によるもので、この抗カビ成分でフケや痒みを防止することが出来ます。

口コミでもフケに悩まされる人が多くこのシャンプーを使った結果、症状が良くなったという件数が多く、ピンポイントに頭皮の症状に悩まされる人には非常に良い商品であることがわかります。

脂漏性皮膚の人にも症状が軽減したとの意見もあります。

育毛効果に期待できる成分は無いようですが、スキンケアにも効果的な成分が含まれていたり頭皮の環境改善にはなるため、特にフケやかゆみに悩まされている人にはおすすめの商品です。

マイナチュレシャンプー

用量:200ml 販売価格:3180円

美髪を目指す女性の為の女性専用の育毛シャンプーとして非常に評価の高い商品となっています。

アレルギー体質の人も安心して使用できる天然の植物成分で配合されており、それでいて泡立ちもよく髪のボリュームもアップしたと感じる口コミが見られます。このシャンプーも育毛の観点から作られたシャンプーなので髪に優しいアミノ酸系のシャンプーで頭皮にも優しくスッキリ洗い上げることが出来ます。

ダメージヘアでダメージケアなどを気にされる方も植物エキスによってしっかり補修される様になっているので髪質にも悩んでいる人にもおすすめできる商品です。

アミノ酸系洗浄成分のシャンプーで女性専用ではありますが男性にもお使いいただける商品ですので男性も使ってみてはいかがでしょうか。特に男性は女性に比べて皮脂の分泌が多いため洗浄力が気になるかと思いますが、十分な洗浄力ですし、乾燥肌や敏感肌の男性はこの保湿成分がしっかり配合された商品を試してみるのも良いかもしれません。

育毛剤を作っているメーカーでもあるので育毛効果はお墨付きと言えるでしょう。

アルガンK2シャンプー

用量:300ml 販売価格:3000〜5200円

株式会社イッティという会社から販売されているシャンプーになります。この会社は寝具やサプリメントなど様々な商品を独自に改良しいい商品としてヒット商品を生み出している会社でこのシャンプーも各社に取り上げられその効果で口コミに商品の価値が広まり人気となったシャンプーです。

成分解析ではこのシャンプーの名前にもなっているアルガンオイルというアフリカに自生する植物のアルガンの果実からごく少量取れるを使っている商品で不飽和脂肪酸とビタミンEを多量に含み髪の毛の健康と頭皮の健康に非常に効果的で頭皮ケアにはとても有効な成分であることを売りにしています。

このシャンプーは洗浄力がマイルドで保湿成分がしっかりしているので、乾燥から来る頭皮トラブル脂漏性皮膚炎などに有効に働くと口コミでも多数の意見が寄せられています。

ノンシリコンでありつつ、洗浄力もしっかりしているのでバランス良く幅広い人におすすめ出来る商品です。

モンゴ流シャンプーEX

用量:200ml 販売価格:2860円

日本人はもともと、モンゴル人やインディアンと同じモンゴロイドと呼ばれる人種に分類されます。彼らは今の日本人に比べ髪の毛もフサフサで長くボリュームのある髪の毛であることに注目し、彼らが古来より洗髪に使用していたイラクサ・ユッカ・シーバックソーンなどの成分を合成したシャンプーがこのモンゴ流シャンプーです。

モンゴロイド3大伝承成分とともに髪の毛にハリやコシを与えるヒアロベールやセラキュートと頭皮環境を整えるアミノ酸系の成分がバランス良く配合されています。

使用感としては、泡立ちが非常によくトリートメントの必要が無いほど髪の毛にコシが生まれ髪の毛が元気になったという意見があります。

口コミを見たり友達からの紹介などで使用をはじめて、気に入ってそのまま利用を続ける人も多いみたいです。髪のダメージ補修の効果が早い段階で髪の毛に現れるので、効果に満足しやすい傾向もあるみたいですね。口コミの様子ではダメージケア系のシャンプーとして評価が高いようです。

この商品のおすすめシャンプー法として3分パックと言うものがあり、シャンプーを頭で泡立てた状態で3分間パックを行うというものです。最初は苦に感じることがある様ですが、慣れてその間に体を洗うなどすれば苦には感じなくなるようです。

アミノ酸成分の天然の植物由来成分が配合された商品なので、薄毛に悩む人にはうってつけの商品でしょう。

ウーマシャンプープレミアム

用量:300ml 販売価格:4950円

ウーマシャンプーはウーマという名前にも出ていますが、馬油と25種類の天然の植物由来エキスを合成させて出来ている、アミノ酸系洗浄剤の入ったシャンプーです。

この製品の特徴的な成分の馬油は昔から中国などで髪の毛の健康に非常にいいとされており、人間の皮脂に近い成分で頭皮の皮質をしっかり行ってくれてα-リノレン酸も多く含み頭皮のトラブルを回避してくれる効果があります。

また、昔から髪の毛の健康に良いとされている昆布から取れる成分も含まれており、その成分で頭皮を潤わせ、フケやかゆみの防止にも効果を出してくれます。

香料が無添加な分匂いがあまり無く、無臭であると答えた人が居ました。匂いが控えめなため、あまり髪の毛に匂いをつけたくない人にはおすすめです。その他には髪の毛が柔らかくなったやツヤ髪になったや髪の毛の指通りが良くなったや他のスカルプ系のシャンプーよりも自分に合っている気がするという意見もありました。

近年髪への効果で最注目されている馬油を取り入れた特徴的な商品ですので、他の商品で自分にまだ合わないなと感じている人は、他のシャンプーとは少し違った成分のシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シャンプーをする上での注意点

シャンプー

せっかくシャンプーを良いものに変えてもその他の事が疎かになっていると頭皮の環境は改善しませんし、育毛にもよくありません。食事や生活習慣でもそうですが、特にシャンプーの仕方が正しくないと、そのシャンプーの効果が半減してしまいます。

基本的なシャンプーの知識を身に着けて、効果的にシャンプーを行うようにしましょう。

まずお湯で洗う

髪の毛にシャンプーを付けて泡立てる前にまずはお湯で髪の毛の表面のホコリや頭皮の油を落としましょう。また整髪剤などを付けている場合は温かいお湯で十分に水分を含ませあらかたのワックスなどを落としておくことも重要です。

美容院などに言ってシャンプーを行ってもらうときのプロの美容師の行うシャンプーの泡立ちの違いに気づく人はいるのではないでしょうか。この泡立ちの違いは最初にお湯で汚れをしっかり落とすかどうかで大きく変わってきます。

また、お湯の温かさによって頭皮の毛穴が開くことで、毛根の汚れがより落としやすくなります。手で湯だめを作ってしっかり髪の毛と頭皮全体をお湯ですすぐようにしましょう。

よく泡立てる

シャンプーによっては泡立ちの少ないものがあったりしますが、もしかしたら泡立ちが悪いのは泡立て方にあるかもしれません。

まずは手にシャンプーをのせ両手にしっかり馴染ませてから髪の毛にシャンプーを乗せるようにしましょう。溜まったシャンプーの液をそのまま乗せると、頭皮の一部分に固まって液体が付いてしまい、髪の毛や頭皮全体に泡が行き渡らない状態になってしまいます。

シャンプーを付ける時はまんべんなく髪の毛全体に付けるようにしましょう。また、しっかり泡立てることによってシャンプー時の髪の毛の摩擦も少なくなり抜け毛を減らすことが出来ます。シャンプーにより抜け毛は1回で50本ほどとも言われており、薄毛の人にはゾッとするような数抜けています。この抜け毛を減らすためにもシャンプーをよく泡立てることは非常に重要です。

マッサージしながら洗う

シャンプーは頭皮マッサージも兼ねています。凝り固まった頭皮の血管をマッサージしてあげることで血行促進にもなりさらに頭皮の汚れも落ちやすくなります。

シャンプーの洗い方はもみ出し洗いが効果的で、シャカシャカ勢い良く洗うのではなく、両指の腹の部分を地肌に均等にあてがい、円を書くように揉み込むことで頭皮の角栓や溜まりすぎた油分を洗浄していきます。サロンで行われるような優しい手つきで行うとなお良いでしょう。

まずはシャンプーをしっかり泡立ててから毛根に効かせるようにもみ出し洗いをすることでより効果的に頭皮の洗浄を行うことが出来るでしょう。

よく洗い流す

髪の毛をシャンプーし終わった後はしっかりその泡を洗い流さないと、その洗残ったシャンプーの成分が頭皮を荒れさせる原因となってしまいます。フケや痒みを発している人には、このシャンプーの洗い残しが原因の一つとしてあります。

シャワーを使って毛先だけでなく毛根付近までしっかり流水で流すようにすることが必要です。また手で湯だめを作ってゆすぎ十分な量のお湯で流すことも重要です。

シャンプーは洗浄成分が含まれているので、簡単に流すだけではその成分は洗い流せません。髪の毛を洗うのと同じくらい時間を掛けて洗い流すことにも力を入れましょう。

朝シャンはNG

朝シャンでのシャンプーは髪の毛や頭皮にとって大きなダメージとなってしまう可能性がい草れています。朝シャンをする人のメリットとしては、朝の眠気覚ましに良いや寝癖を簡単に直せるや爽快感や髪の毛にいい匂いを付けたいや夜に風呂に入らないで寝たためなどの理由が挙げられます。

夜に風呂に入らなかった場合は仕方がないですが、そうでない場合は朝のシャンプーは避けたほうが良いかもしれません。

必要な皮脂を落としてしまう

理由の一つとして朝に必要な皮脂を落としてしまうために、皮脂のバリアがない状態で外に出て頭皮が紫外線のダメージを直に受けてしまうというデメリットがあります。一度シャンプーをして皮脂を落としてしまうと新しく皮脂のバリアができるまでに数時間の時間がかかってしまいます。それまでの時間は頭皮は無防備な状態であり、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

洗い残し

もう一つは、時間がないためにすすぎの工程が疎かになってしまい、シャンプーの洗い残しが発生してしまうことです。シャンプの仕方も雑になってしまったりするので、効果が半減したり、すすぎ残しで炎症になってしまう原因にもなります。

乾燥したり皮脂の分泌が過剰になる

朝にもシャンプーをし、夜寝る前にもシャンプーをする場合、頭皮の皮脂が洗浄されすぎて頭皮が乾燥した状態になります。そうなると、感想によってフケになる人も居ますし、菌が繁殖しやすくなり炎症も起きやすくなります。また乾燥によって乾いてしまった頭皮を潤そうとして皮脂が以上に分泌されてベタベタな頭皮になったり脂漏性皮膚炎になってしまう可能性もあります。

頭皮の吹き出物やアレルギー性の湿疹なども誘発してしまう危険があるため一日に何度もシャンプーをする行為は避けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

自分の頭皮と髪の毛の状態に合ったシャンプーを選ぶことは長期間健康な髪の毛を保つためには非常に重要です。これから薄毛に悩むであろう方も、今までも薄毛に悩まされてきた方も口コミなどを参考に自分に合った商品を選んぶことは重要です。

もう探し疲れたという人や、何から手を付けていいかわからないという人の参考になれば幸いです。問題のない頭皮とフサフサの髪の毛を目指して、悩みのない生活を取り戻しましょう。

また髪質別に紹介しているサイトなどもあるのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事としてこちらの記事も読んでみてください。

ハゲない方法を紹介!ハゲないための生活習慣やヘアケア対策について!

頭皮の角栓の除去方法は?シャンプーの選び方とクレンジングの方法について!

シャンプーは毎日しない方がいいの?湯シャンの効果とシャンプーの頭皮への負担は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク