ハゲをかつらで隠すのが最適な理由って?実はあの有名人もそうだった!かつら購入時の注意点について

薄毛・ハゲを素早く隠したいなら帽子をかぶることもできますが、日常生活でずっとかぶっているわけにはいかないですよね。かつらやウィッグで髪を隠すのが、自然でてっとり早い方法です。

ただしかつら選びを間違えると、周囲の人にバレてしまったり、頭皮に悪影響を与える可能性もあります。できるだけ自然なかつら選びをすれば、髪型も好きなように楽しめます。髪のコンプレックスを手軽に隠せるかつらの情報、髪の悩み対策についてもお伝えします。

スポンサーリンク

ハゲ・薄毛対策にかつらがおすすめな理由

マック画面見ている男性

年齢にかかわらず、ハゲや薄毛に悩む日本人男性、女性は少なくないでしょう。髪のコンプレックスを隠すのに手軽な方法はかつらやウィッグを使う方法です。かつらに抵抗がある人もいるかもしれませんが、いくつかの点からおすすめできます。

髪にボリュームを出せる

髪の量が少ないと、見た目年齢も高くなってしまいますよね。カツラやウィッグを使うことで髪のボリュームを増やすことができ、若々しい印象になります。自分にも自信が持てますよね。

ハゲをカバーするために坊主にする男性も多いですが、カツラをかぶったり貼ることでいろいろな髪型も楽しめますね。

セットが楽にできる

毎朝髪をセットするのに時間がかかる人も多いですよね。カツラやウィッグがあればかぶるだけで好きな髪型にできます。ハゲや薄毛を気にしてセットするのに時間をかけていた人も、カツラがあれば短時間でセットが完了するので毎朝楽になります。

部分的に髪を隠せる

おでこの生え際が気になる人、また部分的な脱毛で困っている人もいるかもしれません。シールタイプの部分ウィッグなら、部分的に髪の毛を増やすこともできます。M字ハゲの人もM字部分だけカバーすることも可能です。

ウィッグによって好きなように髪をボリューム満載にすることもできます。量の少ない部分ウィッグなら、質の良い物でも安心価格でネット通販などでも気軽に購入可能です。

デメリットもある?

かつらやウィッグの質が悪いと髪の毛が不自然で、カツラだとすぐばれてしまう可能性があります。

テレビに出ている芸能人でもカツラ疑惑などで世間の人にあれやこれや言われていますよね。カツラがばれるのだけは避けたいです。

良い商品を購入すること、またカツラを使い始めるタイミングにも気をつけないといけないでしょう。

スポンサーリンク

ハゲ・薄毛対策のカツラ購入・使用時の注意点

ウィッグ

かつらを使うのは手軽なハゲ・薄毛カバー方法ですが、良いカツラ・ウィッグを使わないと周囲の人にバレる可能性があります。カツラ選びのポイントや、その他カツラ選びをする際の注意点にはどのようなことがあるでしょうか。

自然な見た目のカツラを選ぶ

カツラ選びの際に最も重要なポイントであるのが、カツラが自分の髪の毛のように、自然な見た目であることでしょう。

人工毛より人毛のカツラ、人工毛と人毛のミックス毛のカツラの方が自然に見えます。

またフルウィッグでは特にかつらの形が頭の形に合っていることも重要です。形が合っていないと頭が大きく見えたりして不自然です。髪の量が多いとかつらが浮いてしまうこともあります。付属のネットを使って髪を押さえてからかつらを使用しましょう。

通気性の良いカツラを選ぶ

かつらや帽子ははげの原因にも挙げられています。頭皮がカツラで蒸れて不衛生な状態だと、ハゲや薄毛の状態を悪化させる可能性があります。通気性の良いカツラを選んで、今ある髪の毛に悪い影響を与えないよう注意しましょう。

人工皮膚付きのカツラを選ぶ

フルウィッグを使うときは人工皮膚付きのカツラがおすすめです。つむじの部分や分け目が全くないかつらやウィッグだと、明らかに偽物の髪だとわかってしまう可能性があります。人工皮膚がついているとかつらやウィッグでも自然な頭皮に見えます。

かつらをオーダーメイドする

値は張るかもしれませんが、オーダーメイドのかつらがおすすめです。オーダーメイドだとかつらを自分の頭のサイズに合わせて、なりたい髪型のイメージに合わせて作ってもらえます。

かつらの価格

良いかつらほど価格が上がります。かつらには寿命があり、メンテナンスが必要なものもあります。長い目で見てどれぐらいの費用がかかるのか調べた上で、予算に合わせた価格のかつらを買うようにしましょう。

ハロウィンパーティーやコスプレ用のネオンカラーのウィッグやかつらであれば、お手頃価格のものでも構いませんが、日頃使うものならある程度は良いものを選びましょう。

通販でのカツラ購入の注意点

かつらを人前で買うのが抵抗がある人も少なくないでしょう。ネット通販を利用して購入するという方法もあります。

ショップによっておすすめ商品、ロングヒット商品など紹介されていますが、画像と実物のイメージが異なる場合もあります。

髪の色や質感が合わないケースもありますので、実際に使用した感じの口コミも確認すると安心でしょう。

かつら・ウィッグのメンテナンス

かつらはメンテナンスが必要です。オーダーメイドのかつらは、扱っているお店や提携美容室でも地毛のカットも含めた様々なメンテナンスをしてもらえます。

かつらを自分でも日頃からメンテナンスをすることで、長く使うことができます。ウィッグ専用のオイルスプレーとクッションブラシで毎日ブラッシング、ウィッグスタンドで保管するように、定期的にシャンプーをして清潔に保つようにしましょう。

スポンサーリンク

芸能人のカツラ疑惑検証

サングラスデニム男性

カツラの使用を疑われている男性・女性芸能人の方は数多くいます。どのような芸能人の方にカツラ疑惑があるのか、またカツラだと疑われている理由や根拠はあるのでしょうか。

カツラ疑惑のある芸能人

テレビ司会でご活躍の小倉智昭さんは年齢の割に髪が多くあるせいか、カツラではないかと噂されています。

小倉さんのカツラが番組中落ちたといういたずら動画(※)がアップロードされたこともあって、イメージが定着したようです。(※出典元youtubeの有名な動画はコチラ

タモリさんもずいぶん前からカツラ疑惑がありましたが、過去には撫でつけていたオールバックの髪型を、髪のボリュームを気にしたのかふんわりとさせる髪型に変えたことで、カツラ疑惑があったようです。

ご本人もカツラと疑われていることをネタにしていましたが、年齢につれて自然とボリュームが減ってきていますので、カツラではないと思われます。年齢の割に黒々とした髪がカツラっぽく思われてしまった原因なのかもしれません。

美川憲一さんも一糸乱れぬショートヘアからカツラの噂があります。美川さんはご本人もカツラと認めており、ヘアメイクがカツラの方が楽だからという理由でカツラをされているそうです。普段は坊主頭で帽子をかぶっているそうです。

ステージに立つ機会の多い美川さんにとって、坊主頭でカツラを利用するというのは合理的なやり方なんでしょうね。

還暦を迎えても若々しい石田純一さんも、前からカツラ疑惑のある俳優さんです。水で頭が濡れたときに頭皮があらわになっていたこともあり、ボリュームがありそうでかなり髪は薄いのではないかという疑いもあります。

噂によれば石田さんは増毛法を利用しているということで、自然にボリュームのある髪型に納得できます。息子さんのいしだ壱成さんのおでこが薄くなっているのも話題になっているので、ハゲやすい家系と考えられているようです。

福山雅治さんは一時期髪のつむじが目立つ時期があったそうです。ある時期を境に地肌が目立たなくなり髪の量が増えたそうです。カツラ疑惑や植毛疑惑もあるようです。

女性芸能人ではいつも髪型が変わらない和田アキ子さんや黒柳徹子さんもカツラ?と言われています。和田さんは単に頻繁にカットしているだけという噂も、黒柳さんはたまねぎ頭は実は地毛で、それ以外の髪型はすべてカツラという本人談もあります。

カツラ疑惑のあるジャニーズアイドル

ジャニーズのタレントさんでもカツラやハゲの疑惑がある人が何人かいます。草彅剛さんは30歳を迎えた頃から、おでこの生え際がやや薄くなっていることを指摘されていました。タモリさんに番組の生放送中指摘されたこともあるぐらいです。

髪が薄いのを気にして頭皮自体に色を入れて、地肌を目立たないようなケアを行っているとも噂されていました。

しかし年々薄くなっていたように見えた髪が、最近になって明らかにボリュームアップしてきたこともあり、カツラやAGAクリニックでの育毛治療、植毛の噂もあります。

草なぎさんは過去に泥酔事件を起こしたことがあり、一時期謹慎していたことがありました。その時にお酒を断ったのが髪に良かったと本人もお話しされているようです。

中居正広さんは草なぎさんとともにスカルプDのCMにも出ていました。スカルプDのCMの話が来た時はショックだったそうですが、お父さんがじつははげているそうなので、将来の髪の量が心配なようです。

悪質ないたずら芸能人画像もあり、ハゲやカツラが噂されている中居さんですが、実は白髪で悩んでいることを本人が告白しています。カツラっぽい写真も出回っているようですが、いたずらで合成されているのかもしれません。

最近の中居さんの写真を見る限りでは、カツラというよりはむしろ生え際を上手にカバーする髪型をしていると言った方が、正解かもしれません。

また中居さんはかつておつき合いのあった倖田來未さんの人脈で、薬物を使用しているという薬物疑惑までありました。情報の出典元がガセネタも多いと言われる週刊誌の記事らしく、カツラ疑惑と共にあまりあてになる情報ではないという意見もあります。

カツラ疑惑の理由・根拠

カツラをカミングアウトできれば精神的にも楽なのですが、どうしても知られたくないという人もいるでしょう。カツラの疑惑がかかるケースは、まずいきなり髪が増えることです。いままで薄かった人がある日突然髪の量が増えていたら不自然ですよね。

元々ある程度髪があればごまかしようがあるのですが、かなり髪の量が少ない状態から突然増えるとカツラだとバレやすいです、徐々に増やせるのであればそれに越したことはないでしょう。

またカツラが不自然であれば当然バレやすいです。多少高くても髪の毛の質が良い物がいいでしょう。部分ウィッグの場合は自分の髪の毛と毛質・毛色が異なると、不自然に見えますので、自分の髪の毛と合わせて選ぶようにしましょう。

カツラの形やかぶり方が悪く、カツラが浮いているとバレやすいです。サイズやカツラ・ウィッグのかぶり方にも注意しましょう。

スポンサーリンク

かつらが嫌な人におすすめのハゲ治療

ルーペと聴診器子供

かつらははげ・薄毛の対処法としておすすめですが、やっぱり自分の本当の髪の毛を増やしたいという人も多いでしょう。かつらが嫌であれば薄毛・育毛治療を行うのがおすすめです。特に進行性のAGAでは薬のみで回復することも可能なようです。

AGAクリニックでの治療法

AGAクリニックで治療をする場合、治療薬や育毛メソセラピー、幹細胞再生治療、自毛植毛法などの方法があります。

治療薬はAGAの場合内服薬にプロペシア(フィナステリド)、外用薬にミノキシジルが使用されることが多いです。ミノキシジルの内服薬タイプもあります。

外用薬のミノキシジルは1~5%のものが薬局でも売られています。クリニックだとより高い濃度のものもあります。

フィナステリドはAGAの原因である男性ホルモンDHTの生成を抑制する作用が、ミノキシジルには発毛を促進する作用があります。

女性の薄毛治療法

薄毛治療でクリニックに行くのは抵抗があるかもしれませんが、女性専用の薄毛治療専門クリニックもありますので、そのようなクリニックを利用するのが良いかもしれません。

女性の治療薬でよく処方されるのは内服薬はパントガール、外用薬はパントスチン、ミノキシジルローションなどです。女性用の育毛メソセラピーや、幹細胞再生治療、自毛植毛などの治療法があります。

レーザー治療、また本来は薄毛治療ではないですが、ホルモン治療を利用するケースもあるようです。

自毛植毛

自毛植毛は自分の髪の毛包を、増やしたい部分に移植する方法です。編み込みによる増毛法はある程度髪がないと増やすことができませんが、自毛植毛は髪が全然生えなくなったところにも自分の髪を増やすことができます。

髪が定着すれば元々生えていた髪のように生えてきて、カツラを使用していた人も必要なくなるでしょう。ただし、手術直後はカツラが使えませんので注意してください。

スポンサーリンク

カツラの使用と併せて育毛対策

運動している男性

カツラを使うとハゲ・薄毛をカバーすることはできますが、できればカツラを使いつつ自分の髪の毛が改善できるような対策も併せて行えると良いですよね。カツラを使いつつ行える育毛対策についても確認しておきましょう。

ハゲ・薄毛の原因となる生活習慣と対策

AGAの直接の原因はDHTという男性ホルモンですが、生活習慣がハゲや薄毛を招くこともあります。

極端な偏食やダイエットなどで髪が育つ栄養が十分摂れていない場合、睡眠不足で髪を育てる成長ホルモンの分泌が不十分、運動不足や喫煙は血流が悪くなり、髪の毛に育つ毛母細胞の分裂が活発に行われなくなります。

また喫煙や飲酒が体の健康に必要な栄養素を消費してしまい、髪に必要な栄養が足りなくなることもあります。不健康な生活は髪の健康にも良くないようです。

栄養バランスの良い食生活や適度な睡眠と運動、喫煙は控えアルコールもほどほどに抑えた健康的な生活が、髪の健康にも良いとされています。

育毛剤でハゲ・薄毛対策

育毛剤で育毛成分を補いつつ、頭皮環境を整えるのもおすすめです。育毛剤はシャンプー後の清潔な頭皮と髪に使用しましょう。

育毛シャンプーや肌にマイルドなシャンプーを使うことで、育毛剤の成分が効果的に作用すると言われています。育毛剤をつけた後はマッサージをして、頭皮の血行を良くして育毛成分を浸透させましょう。毎日使用するのが効果的です。

特にかつらを使用すると頭皮が蒸れやすいですよね。かつらを使用する前よりヘアケアにはいっそう気を遣うべきでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

カップル

ハゲや薄毛のコンプレックスを素早く隠しやすいカツラ・ウィッグですが、不自然なカツラ・ウィッグでつけているのがすぐにバレてしまうのは恥ずかしいですよね。かつらやウィッグはなるべく自然なものをつけるのがおすすめです。

かつらを選ぶポイントとしては、髪の毛の質が良く、頭の形・サイズに合っていること、部分ウィッグなら地毛の髪の色や毛質と合ったものを選ぶことが挙げられます。品質の良いものほど価格が高くなりますが、今後のメンテナンスも考えて無理のない範囲で購入しましょう。

また自分でもメンテナンスをしっかりと行い、専用のブラシやシャンプーでお手入れをし、かつらをできるだけ長く使えるようにしたいですね。

かつらで髪の気になる部分をカバーしながら、育毛治療や生活習慣、育毛剤での対策も併せて行うのもいいでしょう。快適なかつら生活で髪の悩みも解決できたら理想的です。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

つむじハゲの初期症状を紹介!早期対策でつむじハゲの進行を食い止めよう【原因と対策法】

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

ハゲの悩みを解消しよう!原因・症状・対策法を完全紹介!【ハゲない為の基本知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク