【チェック項目あり】あなたは何個当てはまる?男女別、近い将来ハゲやすい人の特徴25個!

近い将来、自分の髪の毛がなくなってしまう可能性があるかどうか、知っておくことで早めに対策を打つことが出来ますし、自分の恋愛対象がハゲる可能性があるのかどうか知っておきたい人は居ると思います。

一番のメリットとして、早めにハゲる可能性のある特徴を知っておくことで早期から対策を打っておけばハゲを防止することが出来ることが一番大きいのではないでしょうか?

今日紹介する25個の特徴の内、10項目以上にチェックがつく場合は早期に薄毛対策をしておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ハゲになりやすい人の特徴

チェック

男女ともに関係のある、薄毛になりやすい人の特徴です。基本的に髪の毛や頭皮に良くないとされる項目になりますのでこれらのことに当てはまる人は、薄毛になりやすいといえます。

自分にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

①睡眠時間が短い人

睡眠時間が6時間を下回る人がこの項目に当てはまります。特に髪の毛の成長に必要な時間帯に睡眠が取れていない人は髪の毛が弱まりやすい可能性があります。

その時間帯ゴールデンタイムと言われていて22時から深夜2時までの時間になります。遅くても24時までには眠れていないと十分な成長ホルモンを分泌することが出来ません。改善する場合は睡眠時間を調節し、可能な限り夜のゴールデンタイムに眠るようにしましょう。

②偏った食事をしている人

ジャンクフードをよく食べている人や、脂っこい食事を多く取っている人は、皮脂の分泌が過剰になる可能性がありその皮脂が原因で頭皮の環境が悪くなり抜け毛につながってしまう事があります。

さらに、髪の毛の成長に必要な栄養分が足りなくなってしまうので、確実に髪の毛が弱々しくなってしまいます。栄養分が足りないと、髪の毛は細くなり痩せてしまって、毛根から髪の毛が抜け落ちやすくなります。

③体温が低い人

体温の低い人は、血液循環の悪化や代謝が悪いなどの症状が併発しがちです。血行が悪いと髪の毛の成長に必要な栄養や酸素などの栄養分が送られないことになり、当然髪の毛は痩せていってしまいます。

体温が36度以下の人は低体温に当てはまるため注意しましょう。筋肉をつけたり、食事法や入浴法によって体温を上げるなどの対処が必要でしょう。

④シャンプーを一日何回もしている人

夏場に特に多いかもしれませんが、汗をかいたからという理由で一日に何度もお風呂に入ってションプーをしている人は必要以上の皮脂を除去してしまって、乾燥肌を引き起こしている可能性があります。

また、皮脂が除去されることで、また頭皮を潤そうと皮脂の分泌が過剰になり頭皮が余計にベトベトになってしまう可能性もあります。

適正の一日のシャンプー回数は1回、もしくは一回の入浴の際に2回のシャンプーを行うことです。何度もシャンプーをしないようにしましょう。

⑤朝シャンプーをしている人

朝シャンプーをすることで、外に出る直前に頭皮のバリアである皮脂が取り除かれてしまい、紫外線の影響を強く受けてしまいます。頭皮は最も紫外線の影響を受けやすい場所であり、特に朝にシャンプーをすると考えられる夏は最も紫外線が強い時期にもなります。

紫外線の影響を受けた頭皮は固くなり、皮脂が毛穴に溜まりやすくなるだけでなく、血行の悪化にも繋がります。

出来るだけ朝はシャンプーを行わず、シャワーを浴びる程度に留めましょう。

⑥親がハゲている人

親がハゲている人は遺伝によってハゲやすい特徴があります。遺伝は最もハゲにつながりやすい項目の一つなので、自分の両親を確認し、自分がハゲやすいかどうか確認しておきましょう。

もし、両親が薄げであった場合は生活習慣が似てしまったり、遺伝子を受け継ぐことによってハゲが発生しやすくなるため、早めに対処しておきましょう。

⑦頭皮が硬い人

頭皮が硬い人は血行が悪くなることによって、髪の毛の成長状態が悪くなりやすい傾向にあります。頭皮が硬い原因は、もともとの体質であったり、紫外線の影響や、長時間のパソコン作業などの影響で肩や首のこりから発生する場合があります。

これらの原因を改善し、時々頭皮をマッサージすることで頭皮を柔らかくするようにしましょう。紫外線の影響が気になる人は通気性のいい帽子を被るようにするなどの対処が効果的でしょう。

⑧フケが多い人

頭皮の乾燥やシャンプーのすすぎ残しなどによってフケが大量に発生する場合があります。当然ですがこのような人の場合頭皮の環境が良くなく、抜け毛が多くなってしまいます。

また、フケの大量発生により粃糠性脱毛症になってしまう場合があります。この脱毛症はフケが頭皮全体に広がり、フケが多すぎるあまり毛穴を詰まらせることなどが原因になって引き起こります。頭頂部からハゲが進行してくることが特徴で、頭頂部の薄毛に繋がります。

フケの多い人は、専用の抗菌シャンプーや保湿成分が配合されたシャンプーを使用して対策するようにすると良いでしょう。

⑨ストレスが多い人

ストレスが多い事がハゲる原因の一つになります。特にストレスによって引き起こるハゲで有名なものでは円形脱毛症があります。円形脱毛症はストレスだけでなく自己免疫疾患でも引き起こりますが、急激な環境の変化や心労などで突発的に引き起こるケースも多数報告されています。

また、ストレスは溜めすぎると血行が悪化する原因にもなります。ストレスの多い環境に身をおいている人はしっかりストレス対策をしてストレスを溜め込まないようにしましょう。

⑩仕事で毎日帽子やヘルメットを被っている人

毎日仕事などで頭に帽子やヘルメットを被っている人は、頭が蒸れてしまうことによって雑菌が繁殖しやすくなりその雑菌が頭皮に詰まることや、皮脂が分泌されやすくなってその皮脂が毛穴に詰まることで頭皮の環境が悪化してしまいます。

また、ヘルメットの場合は主に頭頂部の一部分に強い圧力が加わることや摩擦で頭皮が擦れてしまうことによって頭頂部がハゲやすくなってしまいます。

しかし、被り物は頭皮を紫外線から守ってくれるので通気性の高いものや、正しくかぶることによってマイナス効果をプラスへ変換することが出来ます。

⑪神経質な人

神経質な人はストレスを溜めやすい傾向にあります。そのためハゲにつながってしまう可能性があります。

ある調査では髪の毛の薄毛に悩む人の80%は自分のことをどちらかというと神経質であると答えており、神経質な人が薄毛になる確率は十分高いことがわかりました。

神経質や、気にし過ぎなどのネガティブな性格は運動や筋力トレーニングによってポジティブな性格に変換できる事が明らかになっています。

なかなか、自分の意識変換だけでは神経質な性格を直せない人は、運動などを習慣化すれば改善できるかもしれません。

⑫タバコを吸う人

タバコを吸うことで、髪の毛の成長に必要な栄養素、特にビタミンCが大量に消費されてしまいます。せっかく、食事やサプリメントによって栄養を摂取してもタバコによってビタミンを消費してしまっていては意味がありません。

その他にもタバコは、ニコチンの効果で吸って間もなく体中の毛細血管が収縮して、血行が悪くなります。ニコチンの引き起こす血行不良によって体温の低下も引き起こしてしまいますし、頭皮に通っている血管は毛細血管なので、頭皮の血流は著しく悪くなってしまいます。

いきなりの禁煙は強いストレスになってしまう可能性があるので、逆効果ですが数量を減らすなどの対策を取りましょう。

⑬ヒゲや体毛が濃い人

ヒゲや体毛が濃い人は男性ホルモンが多く、男性ホルモンが原因の薄毛を発症しやすいと言われています。男性ホルモンの合成によって生まれる強力な男性ホルモンジヒドロテストステロンが受容体と結びつくことで、毛乳頭細胞の活動を止めて、抜け毛が増えてしまいます。

これがAGAがと呼ばれる男性型脱毛症です。男性ホルモンの活動が活発な人ほどこの症状が現れる可能性が高く、それが体毛の濃さで知ることが出来ます。

⑭お酒をよく飲む人

お酒を飲むことが薄毛に繋がるケースがあります。アルコールは嗜む程度ならストレス発散などの効果がありプラスに働くことがありますが、過剰に摂取しすぎるとアルコールの分解のために大量のビタミンやミネラルを消費してしまいます。

またお酒のおつまみなどは味の濃いものや、脂っこいものが多く髪の毛に必要な栄養素が取れず偏りがちになってしまいます。さらに、アルコールの摂取によって睡眠の質も落ちてしまうこともマイナス要素です。

飲み過ぎには注意しましょう。

⑮ヘアカラーやパーマをよくかけている人

ヘアカラーやパーマをするためのヘア剤には頭皮に良くない成分のものが多量に含まれています。頭皮と髪の毛にダメージを残してしまうために、頻繁に髪の毛を染めたり、パーマを掛けている人は髪の毛がやせ細っていきます。

特に髪の毛の色を抜くブリーチは非常に強力で、頭皮につけると頭皮が敏感な人は皮膚炎を引き起こしたりします。特に頭皮が強い人は問題ないですが、あまり頭皮が強くない敏感肌の人はカラーやパーマは避けたほうが良いでしょう。

⑯髪質が変わった人

髪質が硬いや柔らかいと言った違いでハゲやすさが決まるわけではありません。髪の毛が硬い人も、柔らかい人も同じようにハゲる人はハゲます。

しかし、途中から髪質が柔らかくなったり、髪の毛にハリがなくなってきたという人は要注意です。生活習慣や食生活などによって髪の毛に影響が現れてきている前兆です。

このまま生活の改善が見られない場合ハゲてしまう可能性が高いでしょう。薄げでなくても

髪質が変わったと感じる人は注意しましょう。

⑰髪の毛を乾かさない人

お風呂上がりに濡れた髪の毛をそのままにしておくことは、育毛の観点ではあまり良くありません。濡れた頭皮には雑菌が増えやすくなり、その菌が皮脂腺にある髪の毛の栄養素も食べてしまうことにも繋がります。

また、濡れた状態で放置しておくことは、フケやかゆみと言った頭皮トラブルの原因にもなってしまうため、髪の毛はすぐに乾かすようにしましょう。

薄毛以外にも濡れた状態の髪の毛はキューティクルが広がった状態ですので、その状態の髪の毛同士が摩擦することで髪の毛が痛む原因にもなります。

スポンサーリンク

男性特有のハゲやすい特徴

男性

男性に特に陥りやすい薄毛になってしまう特徴を紹介します。上記のものに加えて当てはまっていないか確認しましょう。

⑱母方の祖父がハゲている

遺伝によってハゲやすい体質が遺伝してしまうことは紹介しましたが、男性の場合は特に母方の祖父からの隔世遺伝によってハゲの体質が遺伝します。

その為、母方の祖父がそのようにハゲているかで、自分がどのように将来ハゲやすいか予め知ることが出来ます。父からは生活習慣や性格が似てしまうことで、タバコや酒好きなどの性格が遺伝してしまいハゲに繋がります。

体質的な部分では特に母方の祖父の特徴を参考にすると良いでしょう。

⑲長髪

男性で髪の毛が長髪の人は、髪の毛が女性に比べて太く成長しないことから髪の毛の状態が悪くなりやすいです。また。シャンプーなども行いづらくなり、頭皮の皮脂の洗残しやシャンプーのすすぎ残しが多くなってしまう原因にもなります。

特に男性は女性より皮脂の分泌が多いので、シャンプーによって頭皮がしっかり洗浄されないことが抜け毛の原因になってきます。

それに、長髪の場合はより薄毛が目立ちやすいので気をつけましょう。

⑳パソコンやゲームばかりしている

パソコンやゲームを長時間する人は、同じ姿勢を長時間続けてしまうことで、肩や首周りの血行が悪くなり、それが同時に頭皮の血行に悪さにも繋がってしまいます。

また、夜遅くまでゲームやパソコンなどをすることで睡眠にも影響が出てきてしまいます。直接的にゲームやパソコンが抜け毛の原因になっている訳ではないですが、間接的に抜け毛を誘発する原因になり得ます。

運動不足にも繋がることでもありますので、効果を打ち消す対策が必要でしょう。

㉑毎日遅くまで飲んで帰ってくる

毎日夜遅くまで飲んで返ってくるというような人は、最近では少なくなっているでしょうが、残業などで遅くなっている人は多いかもしれませんね。

夜遅くなる人はそれだけ睡眠の時間も遅くなりますし、さらにお酒を飲んでいる人はダブルパンチで髪の毛に悪影響を及ぼしてしまいます。

このような人は、薄毛だけでなく様々な生活習慣病のリスクが高まるので注意しましょう。

㉒毎日ワックスを付けている

髪の毛の整髪料であるワックスを毎日のように付けている人は薄毛の可能性が高まるでしょう。特にワックスは、一度のシャンプーではなかなか落としづらいというデメリットがあります。少し気を抜けば、髪の毛に残ったワックスの成分が頭皮に付き、それが毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。

さらに、ワックスを髪の毛に付けて外を歩くことで髪の毛にホコリが付着しやすくなり、これも抜け毛の原因になりかねません。

スポンサーリンク

女性の特有のハゲやすい特徴

女性

女性に特有のハゲやすい特徴を紹介していきます。同じく女性は上記のことに加えて自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

㉓ピルを飲んでいる

避妊の為にピルを飲んでいる人は、ホルモンバランスが崩れてしまうことで薄毛になってしまいます。ピルには抗アンドロゲン効果があります。アンドロゲンとは男性ホルモンで、髪の毛や体毛を生やす効果のあるホルモンなので、このアンドロゲンを抑制することで抜け毛が多くなってしまいます。

ピルを飲んでいて抜け毛が増えた人や、ピルの使用をやめたときに抜け毛が増えたと感じる人は、ホルモンバランスの乱れによって髪の毛に変化が現れている状態です。

ピルの服用を控えて時間を置き様子を見るようにしましょう。

㉔出産後1年

女性の出産後すぐは産後脱毛症という脱毛が起き、抜け毛に驚く人も多く居ます。妊娠中の女性ホルモンの量が通常の100倍以上に増えている状態から、産後子供を産んだ後にそのホルモンの量が通常に戻ることが原因で抜け毛の量が増えます。

これは、女性ホルモンの効果に髪の毛の成長を促す効果があるからで、女性ホルモンが減ることで、今まで成長期であった髪の毛の毛母細胞が休止状態になり一旦成長がストップすることが関係しています。

この抜け毛の殆どは一時的なもので、基本的には1年以内に元の状態に戻っていきます。しかし、稀にもとに戻らない場合や抜け毛が増え続けるケースもあるため頭皮ケアで対策するべきでしょう。

㉕髪の毛を縛っている

特に女性に関わったことで、毎日髪の毛を縛っている状態を続けていると、牽引性脱毛症と言って、締め付けや牽引をしている部分から薄毛になっていく事があります。

髪の毛を縛る髪型としてはポニーテールなどの髪型にしている人に多く見られる症状です。

また毎日同じ分け目で過ごすことでも、その分け目部分が薄毛になってくるという場合もあります。たまには分け目を変えるなどして同じ箇所に負荷をかけるのは避けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

これらの特徴に多く当てはまってしまう人は、恐らくハゲやすい体質であるといえます。一旦ハゲてしまってからではなかなか新しい髪の毛が生えてくるまでには時間がかかります。さらに程度によっては高額なシャンプーや育毛剤を使用することになりますので、お金と時間の両方が掛かってきます。

なので、抜け毛が始まる前に対策を打つことが重要になります。このまとめの項目に10個以上チェックが付いた人は、今のうちに対策を打っていきましょう。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう

ハゲかけ
とは?ハゲる前兆を見逃さないようにしよう!対策方法を紹介!

円形脱毛症の原因を知ろう!ストレスが原因は間違い?治療法と再発防止策について!

ハゲは遺伝するの?確率と遺伝以外のハゲる理由と対策法について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク