プラセンタには育毛・発毛効果が期待できる!気になる副作用と治療法について

プラセンタは美白や美肌、アンチエイジングなど美容にも良い成分としてサプリや化粧品、また注射でも利用されています。美容効果が高いとされるプラセンタですが育毛にも高い効果があるということで、薄毛治療や育毛剤でも利用されているようです。

プラセンタとはそもそも何なのでしょうか、そしてプラセンタの育毛効果とはどのような効果なのでしょうか。プラセンタを利用した育毛治療の方法や安全性などについてもお伝えします。

スポンサーリンク

育毛効果もある?プラセンタとは

パック用の野菜とレモン

プラセンタとは母体と胎児をつなぐ胎盤のことで、栄養の宝庫とも言われているそうです。

治療や美容、育毛でもプラセンタは利用されているということですが、プラセンタにはどのような成分が含まれているのでしょうか。またその効果についても見てみましょう。

プラセンタとはどんな成分が含まれている?

プラセンタは人や馬、豚などの哺乳類の胎盤から抽出された胎盤エキスを指します。医薬品、サプリメント、化粧品、育毛剤にも利用されています。美容効果の高い輸入医薬品も人気のようです。

プラセンタには必須アミノ酸を含むアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、体を構成するのに欠かせない栄養素が含まれています。

他にもプラセンタには核酸や酵素、ヒアルロン酸、活性ペプチド、成長因子も含まれています。細胞の新陳代謝を促す成長因子は育毛や発毛を促進する作用があります。

プラセンタの薬理作用

プラセンタにはさまざまな薬理作用が認められており、その中でも細胞の新陳代謝促進、血行促進、ホルモンの調整などの作用は育毛、発毛にも大いに関わりそうな作用です。

その他にも基礎代謝向上、呼吸促進、造血、疲労回復、血圧調節、自律神経調節、活性酸素除去、免疫強化、創傷回復促進、抗アレルギー、抗炎症、体質改善、強肝・解毒、妊婦の乳汁分泌促進、食欲の増進、精神の安定化などの薬理作用があります。

プラセンタは更年期障害、乳汁分泌不全、肝硬変などの肝疾患や、美容効果やアトピーや花粉症などのアレルギー改善、健康維持、育毛にも治療で利用されています。

プラセンタの美肌効果

プラセンタは肌の表皮のターンオーバーを促進します。ターンオーバーが促進されることでシミが薄くなり、美白効果があります。

また真皮層にも作用して、肌の弾力の元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成し、保水性を高め瑞々しい肌にする効果があります。シワ、毛穴の開きを改善してアンチエイジング効果もあります。

プラセンタの美容効果

プラセンタにはホルモンバランスを調整するホルモン調整作用があります。ホルモンバランスを整える作用で女性は女性ホルモンが、男性は男性ホルモンがうまく作用する効果があるそうです。

女性ホルモン分泌により女性らしい体型と髪を育てる作用もあります。ホルモン調整作用で女性はより女性らしい体型になる美容効果があります。

植物性プラセンタとは

動物の胎盤から抽出されたプラセンタを動物性プラセンタ、植物の胎座から得られたプラセンタを植物性プラセンタと呼ぶことがあります。

植物性プラセンタにはアミノ酸やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていますが、成長因子は含まれていません。植物性プラセンタで細胞を活性化させたり、発毛効果は期待できません。

スポンサーリンク

プラセンタの育毛効果とは

黒髪目を閉じた女性

プラセンタにはさまざまな薬理作用があり、シワ改善や美白などの美肌効果もあり、女性に注目されているようです。

さらに育毛効果もあるということで薄毛治療や育毛剤にも役立てられているようです。プラセンタにはどのような育毛効果があるのでしょうか。

成長因子が毛母細胞を活性

プラセンタには発毛促進因子である成長因子が含まれています。成長因子は細胞を増殖させ、細胞分裂を活発にする作用があるタンパク質です。プラセンタの細胞活性化作用により、髪を作る毛母細胞が増殖して細胞分裂が活発になれば、発毛剤の効果同様に毛周期の成長期が長くなり、育毛・発毛促進効果や発毛効果も期待できます。

成長因子は体内でも作られるのですが、20代後半からその生成量が急激に減っていきます、プラセンタで成長因子を補うことでより若々しい髪へと成長させられそうです。

血行促進効果

頭皮の血流が悪いと髪を作る細胞に栄養が行き渡りにくい状態となり、抜け毛や薄毛につながります。

プラセンタの薬理作用として認められている血行促進作用により、血管内の血流を良くすることで栄養がより毛乳頭や毛母細胞に届けられ、育毛・発毛促進効果が期待できます。

ホルモンバランスの調整

プラセンタにはホルモンの分泌量を調整し、ホルモンバランスを調整する作用があります。

ホルモンバランスが乱れることは、男性型脱毛症を発症させる男性ホルモン(DHT)が増える原因と言われています。女性でもDHTが増えて女性ホルモンの影響が弱まることで女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)を発症する可能性があります。

プラセンタのホルモン調整作用によりホルモンバランスの乱れがなくなることで、薄毛の改善や予防ができるとされています。

毛髪にダメージを与える活性酸素を除去

活性酸素は紫外線やヘアケア製品に含まれている化学物質と髪が反応して発生することがあります。頭皮の皮脂も酸化することで活性酸素の発生に、頭皮環境の悪化にもつながります。

活性酸素は毛母細胞を攻撃し、毛母細胞の働きが悪くなります。また活性酸素を除去するためにアミノ酸が消費され、髪の毛の材料となるアミノ酸が不足し、抜け毛や薄毛、白髪や切れ毛の原因にもなります。

プラセンタには活性酸素を除去する作用があるので、活性酸素による髪へのダメージを抑えられ、薄毛対策、美髪対策にもなります。

薄毛の原因であるストレスの対策

ストレスは自律神経を乱して血行不良や睡眠障害を招くことで、抜け毛や薄毛の原因になります。ストレスはさまざまな脱毛症の発症と関わりますが、特に円形状に脱毛してハゲのできる円形脱毛症を起こすことで知られています。

プラセンタには自律神経調節、精神安定化などの作用があり、ストレス対策にもなるので脱毛症の発症を予防することも期待できます。

スポンサーリンク

育毛のためのプラセンタ治療の方法

女性医師

プラセンタには髪を健康に育てるための成長因子や栄養素が含まれているということで、育毛にも効果的とされています。それでは実際にプラセンタを使った薄毛治療では、どのような方法が行われているのでしょうか。

プラセンタの摂取・利用方法

プラセンタはサプリメントでの経口摂取、注射、塗布の3種類での摂取・利用方法があります。薄毛治療・発毛治療でプラセンタが利用される場合は、注射が一般的です。

プラセンタ注射を使った治療方法

日本では医療用プラセンタにメルスモンとラエンネックの2種類の製剤が使われています。どちらもヒトプラセンタであり、メルスモンは更年期障害と乳汁分泌不全の治療、ラエンネックは肝機能障害に適応しています。

どちらの製剤かは育毛治療ではあまりこだわりがないようですが、クリニックによっては製剤にこだわっているところもあります。

クリニックによってプラセンタ注射を利用した治療法はさまざまです。頭皮にプラセンタ注射をする方法、腕に筋肉注射をする方法があります。

AGA治療や他の脱毛症(円形脱毛症FAGA、女性の薄毛)で頭皮に直接注入するプラセンタ注射が行われています。特にAGA治療ではAGA治療薬、プラセンタ注射、さらにHARG療法を行っているところもあります。

女性の薄毛治療では発毛剤(ミノキシジル)と併せて頭皮のプラセンタ注射、筋肉注射、ドリンクやタブレットなどのプラセンタのサプリメントの摂取を併せて行ったりしています。

治療薬、育毛メソセラピー、自毛植毛などの治療法がメインで、オプションとしてプラセンタ注射を行っているところも多いようです。プラセンタ注射のみで発毛治療を行っているところはあまりないようです。

プラセンタ注射の注意点

プラセンタ注射をすると献血ができないので注意しましょう。万一プラセンタ製剤に感染病を招く菌が入っていたら、感染が広がる恐れがあるということで、厚生労働省により禁止されています。輸血は可能です。

なお、プラセンタを静脈注射(点滴)をする方法は認可されておらず、呼吸困難や痙攣、血圧低下、ショック症状、ホルモンの異常、チアノーゼ(皮膚が青紫色になる症状)などを起こす危険性があります。静脈への注射は効果も薄いそうです。

カクテル注射の危険性

カクテル注射はプラセンタと他の薬剤を混合して注射をする方法で、静脈注射と同じく痙攣などの症状を起こす可能性があります。カクテル注射自体がそもそも認可されていない方法ということですので、避けるべきでしょう。

プラセンタ注射を行っている医療機関

薄毛治療専門のクリニック以外に美容皮膚科などの美容クリニックで育毛や白髪・薄毛改善のためのプラセンタ注射が行われているようです。プラセンタ注射はさまざまな症状の改善に役立てられているので、内科や耳鼻科などあらゆる科で利用されています。

プラセンタのサプリメント

プラセンタ中心の薄毛治療の一環として、プラセンタ注射を行いつつサプリメントを服用したり、HARG療法のアフターケアでサプリメントを使用することもあります。

またプラセンタは経口摂取でも効果は高いと言われており、美容のためにもドリンクや錠剤のサプリメントを摂取している人が多いようです。

特に馬プラセンタは豚プラセンタよりも人体になじみやすく、アミノ酸の含有量も豚プラセンタの300倍あるということでおすすめされています。

サプリは安全性は高いですが適量は守るようにしましょう。理想的な量は1日300~500mgとされています。

スポンサーリンク

プラセンタ注射の治療効果や治療期間

白い花女性

育毛目的でプラセンタ注射をすると、どのように治療効果が感じられるのでしょうか。またプラセンタ注射の治療期間はどれぐらいかかるのか、プラセンタ注射の価格についても確認しておきましょう。

プラセンタ注射の治療効果

プラセンタ注射を実際に受けた人の口コミだと、2か月で髪質が改善した効果があったという声や、男性型脱毛症の男性でも発毛が見られたという声もあります。

プラセンタ注射の良いところは即効性のあるところです。サプリメントも効果はありますが、プラセンタを直接体内へ注入することで成分が早く吸収されます。

プラセンタは幅広い脱毛症で利用することができます。AGA治療ではミノキシジルやフィナステリドなどの薬剤成分を頭皮に注入する育毛メソセラピーがありますが、女性はフィナステリドは安全性の面で使用できません。

しかしプラセンタなら女性にも安全に使える上、美容効果も期待して注射が受けられるでしょう。

プラセンタ注射の治療期間

プラセンタ注射は効果は高いとされていますが、その効果は長くは続きません。そのためプラセンタの効果を持たせるためには定期的にクリニックに通い、治療を続ける必要があります。

通う頻度はクリニックによっても異なりますが、おおよそ月に1回または2回のようです。治療の期間そのものは特に期限を決めていないところが多いですが、HARG療法の期間と合わせると半年を1クールとして治療することになります。

プラセンタ注射の価格

育毛、薄毛治療目的だとプラセンタ注射は保険適用外となります。価格の目安は1本または1アンプルで1,000円~2,000円程度が多いようですが、中には10,000円するところや3本単位で10,000円台としているところもあります。

各医療機関によってプラセンタ注射の価格はまちまちとなっていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

プラセンタ注射の副作用と安全性

階段ウェーブヘアの女性

プラセンタ注射は育毛や発毛効果も期待できるということで、抜け毛や薄毛に悩む男性・女性にとって非常に関心の高い治療法です。ただし実際にプラセンタ注射での治療を始める前に、副作用や安全性についてもよく理解をしておくべきでしょう。

プラセンタに副作用はあるのか?

プラセンタは基本的には副作用がないと言われていますが、プラセンタ注射で気分がすぐれなくなったり、悪寒や発熱、発赤、発疹が生じるケースもあるようです。

プラセンタ注射は頭皮にすることが多いですが、痛みやかゆみを感じるケースがあるようです。注射針を使わない方法もあるので、痛みが気になる人は治療前に確認しておくと良いでしょう。

またプラセンタ注射で太るという説もネット上の記事でよく扱われています。プラセンタ自体に栄養素は豊富に入っているようですが、そのことが原因で太るということはないそうです。

ただしプラセンタには食欲を増進させる薬理作用があるので、食が細かった人が薬理作用によって食欲が増えてしまい、その結果太ってしまう可能性はあるかもしれないと指摘されています。

プラセンタ注射での薄毛治療は安全?

プラセンタは基本的には副作用はほとんどなく安全とされていますが、上記に述べたような反応がまれにあること、また注射での治療はいくつかの点で気をつけなければなりません。

プラセンタ注射での治療法の説明でも触れたように、プラセンタの静脈注射(点滴)は、呼吸困難や痙攣、血圧低下などの症状を起こすリスクがあります。臨床実験でさまざまな症状が見られたため、投与法としても認可されていない方法です。

プラセンタのカクテル注射も認可されていない治療法で、静脈注射と同じような症状が起こる可能性があります。美容クリニックではビタミン剤とプラセンタのカクテル注射を行っているところもあります。

プラセンタは頭皮などの皮下注射、筋肉注射のみが認可されている方法なので、プラセンタ点滴やカクテル注射などの未認可の治療法は避けましょう。

プラセンタ注射は感染症の危険性も指摘されています。基本的に製剤は健康な妊婦から得られる胎盤を使い、製造時のウイルス不活性化と減菌で対策しています。今のところ報告はないようですが、プラセンタ注射をした人は献血ができません。

スポンサーリンク

まとめ

草の上青ドレスの女性

プラセンタは人、馬、動物などの哺乳類の胎盤から抽出されたエキスのことで、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養素と成長因子も含まれています。

プラセンタの薬理作用には細胞の新陳代謝促進、血行促進、ホルモン調整、自律神経調節などさまざまな作用があり、心身の健康、美容、さらに育毛にも効果があるということで、薄毛治療でも活用されています。

プラセンタは発毛促進因子や血行促進作用が育毛・発毛を促進、ホルモンバランスを整え活性酸素を除去、ストレス対策にもなることで男性のAGAや女性の薄毛、円形脱毛症などあらゆる脱毛症の対策になるとされています。

薄毛治療ではプラセンタ注射が主に活用されています。治療薬やHARG療法などと併せて利用されることが多いようです。注射を使った薄毛治療は認可されている頭皮注射か筋肉注射を利用しましょう。危険性の高い点滴とカクテル注射は避けるようすすめられています。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

頭皮に育毛剤を注射する治療法って?気になる効果や治療費について紹介!

脱毛症の種類を紹介!男性にも女性にも子供にも起こる抜け毛の症状や原因や治療法いついて紹介!

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!