フィンペシアの効果を紹介!知っておくべき副作用について!

フィンペシアはインドのシプラ社が製造販売しているAGA治療薬です。フィンペシアの主成分はフィナステリドです。フィナステリドは国内でAGA治療薬として広く使われているプロペシアの主成分でもあり、脱毛を促す男性ホルモンの生成を抑制することで、抜け毛を抑える効果があります。

フィナステリドのAGAへの効果の程度、また服用時の副作用と注意点について、抜け毛のメカニズムとともに確認し、他のAGA治療薬・育毛剤についても紹介します。

スポンサーリンク

AGA治療薬フィンペシア

薬錠剤

AGA治療薬のフィンペシアとはどんな薬なのでしょうか。

薬ができた背景、成分について、また服用方法や価格についても確認していきます。

シプラ社の治療薬

シプラ社はインドにある製薬会社です。プロペシアという国内の治療で広く使用されているAGA治療薬がありますが、プロペシアの主成分は抜け毛を阻害する効果のあるフィナステリドです。

フィンペシアは先発医薬品プロペシアのジェネリックで、同様の治療効果があるとされています。

フィンペシアの有効成分

フィンペシアの有効成分はフィナステリドです。

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した薬です。もともとは前立腺肥大の薬として開発されたのですが、5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑制することで、脱毛を促進する男性ホルモンの生成を阻害することが後にわかりました。

プロペシア

フィナステリドは薄毛治療の薬として開発され、プロペシアの名で販売されるようになりました。

プロペシアはミノキシジルと同様、国内のAGA治療でよく使われているお薬です。内用薬にプロペシア、外用薬にミノキシジルというパターンが多いようです。

フィナステリド医薬品

フィナステリド医薬品は先発医薬品のプロペシア、フィンペシア以外にもフィナックス、フィナステリド錠ファイザー、サワイ、クラシエ、トーワなどがあります。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が切れた後発売される医薬品のことです。新薬の開発には多大な費用がかかるので、開発した製薬会社は特許をとって一定期間独占販売することになります。新薬は高いですが、特許期間が切れると他の製薬会社からも同じ成分や製法で販売ができます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック薬品と言われていますが、正確にはジェネリックではないと言えます。というのも、インドでは物質特許が定められたのが比較的最近のことです。国際特許が残っている医薬品でも、物質特許が定められる前に製造された薬は合法的に発売できたという事情があります。

フィンペシアの価格

1mg100錠で約3,000円です。

プロペシアは以前は高かったですが、現在は価格もだいぶ下がって28錠6,500円です。国内のジェネリックと同じか少し高いぐらいですので、フィンペシアの方がかなり安いと感じられます。

服用方法

1日1mg1錠です。特に食前、食後は関係ありません。薬の効果が損なわれないよう水で飲むように、また万一飲み忘れた場合は、まとめて服用するようなことはやめましょう。

また注意点として女性と子どもは服用できません。

スポンサーリンク

フィンペシアの効果

PC男性

AGA治療薬のフィンペシアの主成分は、プロペシアに使われているフィナステリドです。

フィナステリドがどのように作用して、AGA治療に効果があるのでしょうか。

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症は加齢、男性ホルモンの作用により、抜け毛が起こり、薄毛が進行していく症状です。AGAの進行の仕方にはおでこの生え際サイドから髪が後退していくタイプのM字はげと呼ばれるもの、頭頂部からハゲていくつむじハゲタイプなどがあります。

M字でもつむじでもゆるやかに進行していって、将来頭部が全体的に薄くなっていく可能性があります。内用薬・外用薬治療で発毛、抜け毛の進行を抑えることもできます。

AGAの原因

AGAには男性ホルモンが関わっています。

本来男性的な体格や性格を作っていくテストステロンという男性ホルモンが、毛乳頭内の還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに生成され、抜け毛を引き起こします。

男性ホルモン

男性ホルモンの90%がテストステロンというホルモンです。テストステロンには骨格、筋肉の成長、男性機能の活発化、行動力、闘争心などに関わっています。

ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンは、テストステロンが還元酵素で変化、生成されます。DHTには薄毛を促し体毛を増加、男性機能の低下、前立腺の肥大などの作用があります。DHTが毛乳頭の受容体と結合すると、毛母細胞の分裂が抑えられ、髪が十分成長せずにヘアサイクルを終え、薄毛・抜け毛が増えていきます。

5αリダクターゼ

5αリダクターゼはテストステロンを、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化させる還元酵素です。5αリダクターゼには1型と2型があり、1型は全身、側頭部の皮脂腺に、2型は前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在します。

フィナステリドは2型の5αリダクターゼに働きかけて、DHTの生成を抑制します。

フィナステリドの有効性

口コミやインターネット上の記事で、薬の利用者がフィナステリドやフィンペシアが効いたとか効かなかったとか、いろいろな内容が書かれていますが、信頼性はどれぐらいあるものなのでしょうか。

国内のフィナステリドを1日1mg使用した臨床実験では、軽度以上の改善が58%、不変が40%でした。海外の臨床試験では2年~3年の内服で7割程度の軽度以上の改善が見られています。つまりフィナステリドは進行性の薄毛に効果があると言えそうです。

日本皮膚科学会のガイドライン

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインによれば、フィナステリドでの治療はミノキシジルの外用薬とともにA判定になっています。判定はA、B、C1、C2、Dの5ランクになっておりAが最も治療効果のあるランクです。フィナステリドはAGA治療に最も有効とされているということです。

ちなみにBは自毛植毛、C1はアデノシン外用、ケトコナゾール外用などです。

スポンサーリンク

フィンペシアの副作用

顔を覆う女性

フィンペシアには効果があることがわかっていますが、その副作用も心配です。フィンペシアにはどのような副作用があるのでしょうか。

また使用上の注意点についても確認しておきましょう。

肝機能障害

フィナステリドにより肝臓機能に障害が出る場合があります。AST、ALT、y-GTPの数値が上昇する可能性があります。

肝臓に不安がある人は服用をやめておきましょう。

性欲・男性機能の低下

主成分フィナステリドが男性ホルモンに作用するため、性欲減退や男性機能の低下が起きるという副作用も報告されています。ただし出現率はさほど多くないので神経質になることはないと考えられます。

気をつけなくてはいけないのは女性、特に妊娠中の女性の胎児に影響がある場合があります。薬に触れるだけでも危険とされています。結婚している男性は気をつけましょう。

初期脱毛

発毛効果の高い治療薬の服用では、初期脱毛が起こることがあります。薬が作用することで、髪のもととなる毛母細胞が活発に働くようになります。そのため新しい髪の毛が生えてきて、もともと生えていた髪の毛を押し出すようになるので、抜け毛が起きます。

初期脱毛は髪が健康なヘアサイクルを取り戻そうとしている状態です。

個人差はありますが、多く抜けるのでショックで服用をやめる人もいるそうですが、薬の効果が出なくなってしまいますので、服用を続けましょう。ただし長引くようなら医療機関に相談しましょう。

注意点

以前はフィンペシアにはキノリンイエローというコーティング剤が使用されていました。一時期キリンイエローのないフィンペシアはニセモノ、という噂がネット上で流れていましたが、現在はキノリンイエローには発がん性物質があることがわかり、安全性に考慮したキノリンイエローフリーのものが販売されています。

フィンペシアなどのフィナステリド剤は女性は使用できませんので、その点も注意してください。フィナステリドは胎児の男性生殖器官にも悪影響があることがわかっていますので、妊婦の方は服用も、また触れることも避けてください。

献血をすると女性に輸血される可能性がありますので、服薬中及び薬の使用をやめたあとも1か月は献血をしてはいけません。

未成年も安全性が認められていまないので服用はできません。

ED治療薬との併用は禁止事項とはされていないようですが、それぞれのお薬で副作用があります。心配であれば担当の医師に確認しましょう。

薬の効果が出るまでに6ヶ月くらいかかりますので、それまで服用を続けましょう。またフィンペシアでAGAが完治するわけではありません。服用をやめたらAGAは進行してしまいます。フィンペシアはAGA治療薬ですので、AGA以外の脱毛症には効果がありません。自己判断で薬を服用せず、クリニックで検査を受けるなどしてから処方してもらった方が確実です。

スポンサーリンク

フィンペシアの入手方法

覗く男性

AGA治療薬のフィンペシアは、薄毛治療に有効のようです。プロペシア同様の治療効果で価格もかなり安いです。

フィンペシアはどのようにしたら入手できるのでしょうか。

AGAクリニックで入手可能か

フィンペシアは日本国内では販売、処方されていません。したがって原則入手できません。AGAクリニックで処方するのは同じフィナステリドの成分のものであればプロペシアです。

またはプロペシアのその他のジェネリック医薬品が処方されるケースもあるそうです。

個人輸入で入手は可能

フィンペシアを購入するとしたら個人輸入代行業者を利用することになります。個人輸入代行の業者で有名なのはオオサカ堂でしょう。薄毛治療薬をオオサカ堂で購入している人は多いようです。

個人輸入代行サイトはいろいろありますので、信頼できる代行業者から購入するのが賢明ですが、薬に関しては安全面の問題もあるので、輸入代行業者を利用することはおすすめできません。

個人輸入の危険性とは

まず個人輸入業者からの薬が本物であるという保証がありません。フィンペシアはニセモノも出回っているそうです。品質が不確かですので、安易に育毛薬が欲しいからと個人輸入で購入しない方が良いでしょう。

中には成分鑑定を行って公表している業者もあります。一見安心できそうですが、副作用が起きたとき、医師の処方でないと医薬品副作用被害救済制度が適用されません。何らかの副作用が起きたときの補償がないことも心配ですし、自己判断で薬を服用しても実は別の病気のため、薬が効かないという可能性もあります。

スポンサーリンク

治療薬・育毛剤比較

花と薬

フィンペシアの他にAGA治療に効く治療薬、発毛剤、育毛剤、またフィンペシア以外のジェネリックにはどのようなものがあるでしょうか。

ミノキシジル

薄毛治療薬といえばプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルが有名でしょう。ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発されていましたが、血管が拡張することで血行が良くなり、発毛の効果があることがわかりました。内用薬のミノタブ(ミノキシジルタブレット)と頭皮に直接塗るタイプの外用薬があります。

ミノキシジル、フィナステリド成分の薬は飲む発毛剤と言われています。両者の違いはミノキシジルは髪の元となる毛母細胞が活発に動くようにする攻めの治療薬であるのに対し、フィナステリドは抜け毛を阻止する守りの治療薬です。

AGAの治療法にはいろいろありますが、薬の処方が中心です。医療機関ではAGA治療にミノキシジルとプロペシア(フィナステリド剤)の両方を処方されることもあります。

発毛剤

発毛剤は、薄毛が進行している頭皮にも発毛を促す薬です。

ミノキシジルの内用薬は副作用が体に出やすいこともあり、外用薬が薦められます。薬局でもリアップというミノキシジル配合の発毛医薬品が購入可能です。

ジェネリック育毛剤

フィンペシア以外のジェネリック育毛剤はいろいろあります。

国内で処方されるプロペシアのジェネリックには、ファイザー、サワイ、トーワなどがあります。

ミノキシジル系ならポラリスNR-08(ミノキシジル7%)、ポラリスNR-09(ミノキシジル15%)、ロゲイン(5%)などがあります。

その他にもフィナロ(フィナステリドのジェネリック)、デュタス(デュタステリドのジェネリック)があります。

育毛剤

育毛剤は育毛を促すもので発毛剤より穏やかなものです。髪が細く弱くなってきた、抜け毛が増えてきた、などの症状の人に抜け毛予防、育毛対策としておすすめです。

育毛剤は数多くありますが、それぞれの商品で育毛成分が異なります。インターネット上ではチャップアップ、イクオス、ボストンなどがよく話題に上がっています。

チャップアップはセンブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCの3種類の育毛成分、多数の天然成分を配合しています。ミノキシジル同様の発毛を促進する効果があるとも言われています。

イクオスはM-034とペルベチアカナリクラタエキスという2つの海藻エキスをブレンドしたアルガス-2を主成分にしています。

ボストンスカルプエッセンスはピディオキシジルとフラーレンが配合されています。ピディオキシジルはミノキシジルとよく似た分子構造です。

育毛剤は単品で購入するよりセット買い、定期購入の方がお得です。1本使用してみて合いそうであれば、定期便、定期購入を利用すると良いでしょう。

育毛サプリ

頭皮と髪の健康のためには栄養バランスの良い食事がいいといいますが、現代人の食生活で髪に良い栄養素をすべて摂取しようというのは難しいです。育毛サプリで不足しがちな栄養素を摂取するのも、育毛の土台作りとして有効です。

育毛サプリは髪に良いとされるノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボンなどがよく使われています。チャップアップサプリ、イクオスサプリEXもノコギリヤシが使われています。

スポンサーリンク

まとめ

フィンペシアはAGA治療に高い効果があるフィナステリドを主成分としています。フィナステリドは薄毛・抜け毛の原因であるDHTの生成を抑制し、抜け毛を防いでくれます。臨床試験でも薬を長期服用した人に軽度以上の改善が多く見られているということでした。
フィンペシアもAGA治療に高い効果があるとされていますが、問題は薬を入手するのが難しいという点です。
フィナステリドの先発医薬品はプロペシアですが、フィンペシアに比べると高額です。クリニックの薬の主流はプロペシア、ミノキシジルで、フィンペシアが処方されることはありません。そのため価格の安いフィンペシアを個人輸入を利用して購入するケースが多いようですが、安全面でおすすめできません。
プロペシアもファイザーなどのジェネリック医薬品が増える中、以前よりは価格が安くなってきてました。薬の効果、及び安全面みおいても、AGA治療薬は医師の処方で正しく服用することが望まれます。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

ノコギリヤシの効果について!どのくらいの期間で髪の毛に効果が出るの?

初期脱毛とは?どんな育毛剤で発生するの?起きた時の対処方法も知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク