頭皮に育毛剤を注射する治療法って?気になる効果や治療費について紹介!

育毛治療・薄毛治療と言えば、治療薬や頭皮に塗る発毛剤治療を思い浮かべるのではないでしょうか。育毛や薄毛対策に取り組んでいる男性の中には、治療薬のミノキシジルやフィナステリドをすでに試したことがある人も少なくないでしょう。

育毛・発毛効果のある成分を薬で飲んだり頭皮に塗るのではなく、頭皮に直接注射で注入するという治療方法もあるそうです。今回は注射を使用した治療法を中心とした、育毛・薄毛治療法について解説します。

スポンサーリンク

薄毛の育毛・発毛治療法

黒背景スーツ男性

薄毛や抜け毛にはいろいろなタイプがありますが、専門のクリニック・医院での治療で改善されやすいのは男性ホルモンが原因の男性型脱毛症、女性のホルモン減少などによる薄毛の症状です。それらの症状に対して、どのような育毛・発毛治療が行われているのでしょうか。

AGA治療法

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンのDHTが原因で起きる脱毛症です。男性のいわゆる「ハゲてきた」という現象の原因は、AGAであることがほとんどです。

AGAには頭頂部からハゲてくるタイプ、額の生え際がM字型に後退していくM字ハゲのタイプなどがあります。

AGAの治療方法は治療薬、外用薬である発毛剤での発毛剤治療が一般的です。しかし治療薬での改善は主に頭頂部のハゲや薄毛には効果がありますが、M字ハゲへの効果は頭頂部に比べると弱い傾向にあります。

進行した頭頂部周辺のハゲ・薄毛の症状も薬の効果が弱いです。薬では改善されない場合や治療薬の効果をもっと早めたい場合、育毛メソセラピーなど頭皮に直接発毛や育毛を促す薬を注射を使って注入する治療法がとられることがあります。

治療薬や発毛剤、注射では治りにくいM字ハゲやその他のハゲ・薄毛の症状には、自毛植毛法という毛包を直接移植する手術法もあります。

AGA治療薬

内服薬のプロペシア(有効成分フィナステリド)は男性のAGAによる薄毛改善のための薬です。毛乳頭内の5αリダクターゼという酵素を抑制することで、脱毛の原因になる男性ホルモンDHTの生成を抑える作用があります。その結果AGAの進行を抑える効果があります。

フィナステリド自体には髪を生やす発毛効果はありません。発毛効果のある薬ミノキシジルは主に外用薬で使用されますが、内服タイプのものが処方されることもあります。

治療薬のみでも毛髪の改善が見られる患者さんもいますが、薄毛の進行度や体質によって、治療薬のみの発毛手段では改善が見られない可能性もあります。そのようなケースでは他の治療法もおすすめされることがあります。

またクリニックでのカウンセリングで頭皮チェックをされた時に、薄毛の進行状態や頭皮環境を見て育毛メソセラピーや頭皮ケアメニューをおすすめされるケースもあります。

ミノキシジル

ミノキシジルは抜け毛や薄毛を予防して育毛を促進するだけでなく、発毛効果もある薬です。ミノキシジルはAGA治療において①発毛剤、②内服薬(ミノタブ)、そして③注射で注入するといった発毛手段の方法があります。

発毛剤は脱毛部や薄毛の気になる部分に、ミノキシジルのローションやフォームを塗って浸透させ、発毛促進させる方法です。内服薬は発毛剤より効果が高いのですが、副作用の可能性が発毛剤より高くなります。

注射によりミノキシジルを頭皮に注入する方法は、内服や発毛剤より毛乳頭細胞に直接成分を届けやすいという利点があります。

女性の薄毛治療法

女性には男性専用の治療薬であるフィナステリドは服用できません。女性の薄毛治療には内服薬にはパントガール、外用薬として男性用より濃度の薄いミノキシジル、またパントスチンが処方される場合もあります。

治療薬以外は男性と同様、注射等を使った育毛メソセラピーや自毛植毛といった治療法が利用されることもあります。

薄毛治療の治療期間

AGAや女性の薄毛の育毛・発毛治療効果が現われ始めるのは個人差もありますが、3か月頃から半年、1年でハゲや薄毛の症状がかなり改善されてくるそうです。治療薬を始めて、2年、3年と続けるとより高い改善率になるそうです。

治療薬や発毛剤を始めてから1~2か月で初期脱毛という抜け毛が増える時期があります。薬の効果で毛包内で毛母細胞の分裂が活発になり、新しく生まれた髪の毛が元々生えていた髪の毛を押し出すために起きる現象です。

初期脱毛の時期が過ぎれば、以前より健康な髪の毛が生えてきて、ゆっくりとですが症状が改善されていきます。

ただし治療薬の服用を止めればまたハゲや薄毛の状態に戻っていきますので、ずっと改善していきたいなら治療薬の服用や使用を継続しなければなりません。

薄毛治療のできるクリニック

治療薬を個人輸代行業者などから購入している人もいるようですが、副作用が起きた場合を考えるとクリニックや医院で処方してもらうのが、安全で確実な方法でしょう。

一般的な皮膚科でも一部の薬での処方をしてもらえる場合もあるようですが、育毛・発毛治療まで対応してもらえません。原則的にはAGA専門クリニックや、発毛専門クリニック、薄毛治療クリニックで医師に処方してもらうようにしましょう。

自毛植毛は専門の美容外科クリニックなどで行われています。クリニックによって治療内容が異なるので、実際にどんな治療法が行われているのか事前に確認しておくと良いでしょう。

公式サイトの記事を確認したり、クリニックの無料カウンセリングを利用して治療法の内容や価格を確認することもできます。

次世代の毛髪再生医療

毛包から取り出した細胞を培養し、移植することで髪の毛を生やす毛髪再生医療の実現化を目指し、現在研究が進められているそうです。近い将来実現化に成功したら薄毛治療の治療法として、いろいろなクリニックでの治療方法に加わるかもしれません。

スポンサーリンク

注射を使った育毛・発毛治療とは

検査研究

薄毛治療法として広く行われているのは、発毛剤治療や治療薬の服用ですが、育毛・発毛成分を頭皮に注射する薄毛治療法もいくつかあるそうです。

他の治療法と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。治療法の内容についても見てみましょう。

注射を使った薄毛治療法

注射を使った薄毛治療法には育毛メソセラピー、ハーグ治療、プラセンタ治療があります。育毛メソセラピーでは発毛成分のミノキシジル、AGA治療薬のフィナステリド、アミノ酸、ビタミン、幹細胞から抽出された成長因子などが頭皮に注入されます。

ハーグ治療のハーグ(HARG)とは毛髪再生(Hair Re-generative)を表す言葉で、日本医療毛髪再生研究会が認めた医院のみで行われる施術です。幹細胞から抽出された成長因子、ビタミンやアミノ酸など育毛に効果のある成分が入ったハーグカクテルを注入します。

プラセンタ治療はハーグ治療の一環としても行われている治療法です。プラセンタは胎盤のことでアンチエイジングや美白などの美容効果以外にも発毛、育毛を促進する効果があります。プラセンタはプラセンタ注射以外にも内服薬でも利用されています。

成長因子とは

成長因子は体内で細胞を増殖したり、細胞分裂を促進するタンパク質のことです。毛髪の成長因子は髪を作る細胞へ働きかけ、発毛指令、脱毛指令を出して髪の太さや質を決定します。

発毛促進因子KGF-7は毛乳頭から毛母細胞へ出された発毛指令を伝える役割があり、発毛促進に関わっています。KGF-7の遺伝子発現が薄毛の男性や女性において低下していると研究により示されています。

その他にヘアサイクルの休止期を早く終わらせるHGF、成長期を長くするIGFという成長因子もあります。これらのような発毛因子となる成分は注射による治療以外でも、育毛剤にも使われています。

注射での治療法のメリット・デメリット

注射で発毛成分や発毛促進成分を注入するメリットとして、皮膚の奥にある毛根の毛乳頭細胞に働きかけやすくなるということ、治療効果の即効性が挙げられます。

発毛剤は頭皮に直接塗布しますが、成分が皮膚の奥まで浸透するかは確実ではありません。注射によって直接毛乳頭細胞付近まで発毛成分を届けることで、毛母細胞の分裂を活性化できる効果が高くなります。

また注射で成分を届けることで、副作用が現れにくいというメリットもあります。発毛剤でよくある副作用の頭皮のかぶれやほてりなどが、注射であれば避けることはできます。

内服薬は全身に副作用が現われやすいですが、注射で治療薬の成分を注入する際頭皮の毛包に直接作用しているので、全身に副作用が現われにくいそうです。

注射での薄毛治療法のデメリットは痛みを伴うことがあること、そして治療費が非常に高いということが挙げられます。

治療費

薄毛治療は保険適用外となり、さらに治療薬に比べ注射等を使った施術による治療法は費用が高くなることが多いです。クリニックによって費用もまちまちです。

育毛メソセラピーは1回3万~10万、半年で40万~60万円程度かかります。ハーグ治療は1回10~20万円、半年で50万~100万円程度です。プラセンタ治療の治療費は2千円から1万円、高いところでは1万円後半~2万円台になることもあります。

注射による痛み

頭皮に直接注射することで、個人差もありますが痛みも伴うようです。通院患者の口コミ記事などでは痛かったという人もいれば、ほとんど痛みも気にならず、改善したという声も寄せられています。

麻酔クリームを使用して注射の針による痛みを和らげたり、注射針を使わずに頭皮へ成分を注入する方法もあります。

手術方法や痛みを軽減するための治療上の配慮については、各クリニックによって異なりますので、痛みが気になる人は特に施術の方法について事前に確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

注射での育毛治療・育毛メソセラピー

医者のデスク

育毛メソセラピーは育毛・発毛有効成分を直接頭皮に注入し、治療薬だけのハゲ治療より効果があり、より治療効果を早めると言われています。具体的にはどのように治療が行われているのでしょうか。

育毛メソセラピーの施術法

注射器を使用する注入法のパピュール法、針のついた医療用のローラーで注入するダーマローラー法、炭酸ガスを噴射して成分を浸透させる、針を使わないノンニードル法があります。

育毛メソセラピーの治療回数

育毛メソセラピーは1回の施術で治療が終わるわけではなく、1か月に1回の治療頻度で、6回~10回を継続して行うのが一般的です。

治療薬のみだと6か月以上かかって現われる発毛効果が、育毛メソセラピーは3か月程度で同様の治療効果が現われるとされています。6~10回以降は治療薬のみでAGAの改善を図るという治療パターンが多いようです。

育毛メソセラピーが受けられる医療機関

育毛メソセラピーはAGAクリニックや薄毛治療クリニックで行われています。有名なクリニックでは銀座総合美容クリニック、AGAスキンクリニックなどで行われています。

育毛メソセラピーの名称・内容はクリニックによって異なっており、AGAスキンクリニックではDr’sメソ(AGAメソセラピー)としています。

AGAスキンクリニックのDr’sメソ(AGAメソセラピー)では、発毛薬の成分や、毛母細胞成長因子であるIGF-1などの成長因子によって作られた発毛成長因子複合体、コエンザイムQ10などの発毛促進成分がブレンドされた発毛カクテルが使用され、頭皮に注入されます。

スポンサーリンク

注射での育毛治療・ハーグ治療

注射器

育毛メソセラピーと施術法の似ているハーグ治療という育毛・発毛治療法もあります。育毛メソセラピーと同じく注射にて有効成分が注入される治療法ですが、どのような施術法なのでしょうか。

ハーグカクテル

ハーグ治療では幹細胞由来の成長因子、ビタミンやアミノ酸などの育毛促進をするカクテルが配合されたハーグカクテルが頭皮に注入されます。

幹細胞から抽出されたAAPEには成長因子が150種類以上と数多く含まれており、それらの成長因子がヘアサイクルの休止期の毛包を成長期へ導き、毛母細胞を活性化、成長期を伸ばします。さらに毛包の成長因子の分泌も促す作用があるとされています。

育毛を促進するビタミンやアミノ酸なども配合、発毛、育毛、抜け毛を予防することで健康な髪の成長を促します。

女性や円形脱毛症の治療にも

ハーグ治療ではAGA治療薬の成分は注入されないので、女性でも安心して受けられる発毛法です。(メソセラピーでも女性用に成分に配慮して施術を行っているクリニックもあります。)

また円形脱毛症ではAGA治療薬は服用できず、発毛剤も効果は薄いようです。フロジン液やステロイドなども使われますが、高い効果があるとまではいきません。自然回復を待つケースが多いですが、症状が長引くこともあります。

ハーグ治療は円形脱毛症の治療も行っており、薬で改善されなかった人にも治療効果が期待できそうです。

ハーグ治療は認定されたクリニックで

ハーグ治療は日本医療毛髪再生研究会が認定したクリニックのみで行われています。認定されていないクリニックでもしハーグ治療が行われていたら、正規品でない製剤が使用されている可能性があります。費用が安いのは品質の低い安い製剤が使われている可能性もあります。

スポンサーリンク

注射での育毛治療・プラセンタ治療

ルーペと聴診器子供

プラセンタとは胎盤のことで、ヒト由来のプラセンタがプラセンタ注射で使われています。プラセンタ注射によって高い美容効果があるとされていますが、薄毛対策にも効果的とされています。プラセンタ治療はどのように育毛に効果があるのでしょうか。

プラセンタ治療の効果

プラセンタのサプリメントもありますが、注射によってより高い効果があるとされています。プラセンタ注射によって美白や美肌などの美容効果もありますが、育毛・発毛など薄毛対策にも効果的とされています。

プラセンタには発毛促進因子が多数含まれており、ホルモンバランスを整えてAGAの原因となる男性ホルモンの分泌を抑える効果もあるとされています。ホルモンバランスが調整されることで女性の薄毛対策にも有効と言われています。

その他にも育毛を促す血行促進効果や、自律神経を整え髪が健康に成長する効果、活性酸素を除去するアンチエイジング効果もあります。育毛、発毛、及び白髪の予防など、髪の毛の健康な成長にプラセンタの効果が期待できます。

発毛効果というより育毛効果や発毛促進効果として期待できる治療法です。他の治療法との併用がおすすめされています。

プラセンタ治療はどこで受けられる?

美容皮膚科や薄毛治療クリニックにて行われています。薄毛治療用としてプラセンタ注射を利用する場合は保険が適用されないので、保険適用時より費用が高くなりますが数千円から1万円程度の費用です。

スポンサーリンク

まとめ

笑顔ネクタイ男性

AGAや薄毛の育毛・発毛治療には治療薬の服用や発毛剤の塗布以外にも、治療薬の成分や成長因子、ビタミンやアミノ酸など育毛や発毛に役立つ成分を、直接頭皮に注射で注入する方法があります。

頭皮への注射による薄毛治療には、育毛メソセラピー、ハーグ治療、プラセンタ治療などが挙げられます。注射される有効成分や施術法は各クリニックによっても異なります。

育毛メソセラピー、ハーグ治療では頭皮に直接育毛・発毛効果のある成分を注入することで、毛乳頭に直接成分が作用しやすく、発毛剤や治療薬のような頭皮のトラブル、重い副作用などの危険性が少ないとされています。

治療薬のみで薄毛の改善効果が現われない場合、より即効性を求める人にはメソセラピーやハーグ治療がおすすめされています。ただし費用はかなり高額となり、1回の施術で終わるものではなく、何回か通う必要があります。補助的にプラセンタ注射を行うこともあります。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

円形脱毛症は女性にも発症する!その原因や症状、治療方法を知ろう!

脱毛症の種類を紹介!男性にも女性にも子供にも起こる抜け毛の症状や原因や治療法いついて紹介!

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!