最近禿げてきた?大学生や高校生の若いうちにハゲが起こる原因と対策方法を紹介!

つむじがだんだん薄くなってきている。もしくは前髪が少なくなり生え際が後退しおでこが広くなったなど、若くしてこの様なマイナスな特徴を持っている人で悩みを抱えている人は多いと思います。

若いうちからのハゲは発症者の母数が少ない分いじりの対象になりやすく、そのいじりであだ名をつけられたりすることもあるでしょう。さらにこのハゲが成長とともに進行してしまうのではないかと心配することも多いと思います。

ここではそんな悩みを抱える人のために、なぜ若くしてハゲが起こるのかのその原因と、今からできる対策方法を紹介します。

参考にし、将来までには髪の毛を普通の状態に持っていくように対策していきましょう。

スポンサーリンク

若い人にも起こる脱毛症

ハゲ

薄毛の症状は基本的には30代〜40代以降から徐々に進行していくというイメージがありますが、脱毛症は10代後半以降からはどの年代の人にも発症する条件が当てはまれば誰にでも発症します。

若い人にも発症する可能性のある脱毛症について紹介します。自分の薄毛がどの脱毛症に当てはまるのか確認してみましょう。

若年性脱毛症

若年性脱毛症は10代〜30代の若い世代で発症し引き起こる脱毛症のことです。男女ともに起こりうる物で思春期が始まる10代の世代から始まり、40前半までの範囲での間で発生する脱毛症です。

髪の毛が濡れた時に頭皮が透けて見える、汗を掻いた時に髪の毛の薄さが気になるといったような経験がある人はこの脱毛症が始まっているかもしれません。

若年性脱毛症の特徴は、髪の毛の全体が薄くなりだす様なものとは違い円形脱毛症などのように一部から小さく薄毛が始まるのが特徴です。円形の脱毛症は鏡では確認しづらい位置に出来ることもあるので、初期症状として自分で気づきづらいのが特徴です。

この様な脱毛がなぜ起こるかというと、ヘアサイクルが乱れることが原因です。何らかの理由で正常なヘアサイクルが乱れることで休止期や脱毛期が短い間隔でやってきて、髪の毛の成長期が短くなることが原因です。このヘアサイクルについての詳しい記述は髪の毛を育てる方法を知ろう!自分の薄毛のタイプやヘアサイクルを紹介!こちらの記事を御覧ください。

さらに後半でも軽く紹介していきます。

年齢別で分けられる脱毛症にはその他にも30代〜50代から始まる壮年性脱毛症、60代以降に発症する老人性脱毛症があります。

円形脱毛症

よく耳にする脱毛症の一つではないでしょうか?髪の毛の一部が10円〜500円程の大きさに一部髪の毛が脱毛する脱毛症です。1箇所や2箇所程の単発での発生の場合は単発型、2箇所以上の数に発生する場合を多発型、後頭部などの生え際から蛇行状に広がる治療の難しい蛇行型、頭の全体に脱毛症の症状が現れる全頭型、髪の毛に留まらず体毛全てが抜け落ちる汎発型の4つのタイプの物があります。

大まかな原因は自己免疫疾患、アトピー要因、精神的ストレスの蓄積による要因、遺伝による発症、出産後のホルモンバランスの変化などの原因があります。しかし、明らかな原因などが判明しにくい物が多く、治療が困難なことがあります。

単発型の場合は8割の発症者が1年以内に症状の改善が見られるという統計があります。残りの2割で悪化の傾向を辿るか、現状維持という結果になります。

円形脱毛症に関する詳しい記述は

円形脱毛症の原因を知ろう!ストレスが原因は間違い?治療法と再発防止策について!

円形脱毛症は子供でもなる!その原因や症状、種類について知ろう!治療方法は?

こちらの記事を参考にしてみてください。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)は髪の毛を長時間引っ張ることや、同じ方向に分け目を続けることなどの原因で、髪の毛の分け目や、引っ張られた部分の生え際が脱毛してしまい薄くなってしまう脱毛症です。

この脱毛症は髪の毛の比較的長い女の子や、ある程度の長さのある人に発症しやすい脱毛症です。ヘアアレンジとしてエクステンションを行っている場合でも髪の毛が引っ張られて脱毛症が起こる場合もあります。実際に海外の例で、エクステンションを行っていたナオミ・キャンベルが酷い牽引性脱毛症になっている様子が公表されました。

ポニーテールやお団子ヘアや三つ編みなどの髪型を行っておる人は要注意です。たまにヘアスタイルを変更するなどして、髪の毛の生え際への負担を減らしましょう。

AGA(男性型脱毛症)FAGA(女性男性型脱毛症)

若い人はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。ある程度脱毛症について調べたことのある人ならわかる脱毛症でしょう。AGAとは男性ホルモンの影響により引き起こる脱毛症のことです。

男性ホルモンといえば、体毛を濃くする働きのあるものと認識している人は多いと思いますが、男性ホルモン遊離テストステロンが体内中で5αリダクターゼの働きによりより強力な男性ホルモンであるDHT[ジヒドロテストステロン]に変換されます。

このDHTがアンドロゲンレセプター受容体と結合することで頭の頭頂部やおでこの生え際の後退などの脱毛が起こります。

髪の毛の脱毛の傾向としては頭頂部や前髪の薄毛の症状は起こりますが、側頭部や後頭部には受容体が存在しないのでこの部分では薄毛は起こりません。

FAGAは女性に起こる同様に男性ホルモンが影響して引き起こる男性型脱毛症です。男性も女性も一定数、男性、女性、両方のホルモンを持っています。このバランスが偏ることで同じような脱毛症が起こります。

これらの脱毛症が起こる原因としては生活習慣の乱れや、飲酒喫煙、遺伝の影響、ストレスなどの事が関係して引き起こります。

AGAに関する詳しい記述はAGAとは?特徴や原因を知ろう!治療するには薬が効果的なの?こちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

若ハゲが起こる原因

原因

これまで説明したような脱毛症が引き起こる原因をさらに詳しく紹介します。

若いうちでも慢心していると、突然これらの脱毛症が起きないとも限りません。さらに自分がハゲやすい傾向にあるのかどうか確認しておくのもいいでしょう。

先程AGAの紹介でも触れたAGAが引き起こる原因の一つの遺伝という項目についてですが、もし薄毛に悩んでいるのが男性の場合は母方の祖父の発毛状態を確認することで自分がハゲやすいかどうか確認することが出来ます。なぜなら男性に遺伝されるX染色体は母親から遺伝されるからです。遺伝により自分が脱毛しやすい場合は原因となる行動を避けなければいけません。

以下で説明する原因についてしっかり把握して、脱毛症が引き起こる可能性を出来るだけなくしていきましょう。

男性ホルモンの増加

若ハゲの脱毛症の一つ、AGAの原因となる男性ホルモンが思春期以降成人に近づくにつれて増加していきます。これは仕方のないことで、これを減少させることは正常な他の臓器や身体への影響も問題になります。

成長に伴う男性ホルモンの増加は仕方がなく、体毛は増え、髪の毛は薄くなる傾向がります。髪の毛の正常な成長や頭皮のスカルプケアを行いAGAの抜け毛を防いでいくしかありません。

しかし、男性ホルモンが多かったとしても抜け毛の原因となるDHTへの変化や受容体との接合が行われなければ脱毛に繋がることはありません。ので、男性ホルモンが増えることをそこまで気にしなくても良いかもしれません。

もしAGAが気になる場合は自分がどのような男性ホルモンと受容体の性質を遺伝しているのかを知っておくことは重要でしょう。

生活習慣の乱れ

過度なダイエットや、暴飲暴食、偏った食事、昼夜逆転など生活習慣が乱れることによってホルモンバランスは崩れやすくなり、正常なヘアサイクルが行われなくなります。

髪の毛の成長が正常に行われないだけでなく、丈夫な体作りや、免疫力低下などの問題も出てきます。免疫力が低下すると、若い年代としては気になるニキビなどの症状もできやすくなります。ニキビや吹き出物は頭皮にも出来ることがあり、痒みや皮膚の環境の悪化などの問題を引き起こします。

フケ問題など脱毛症以外での頭皮の問題も引き起こる可能性もあります。さらにフケなどの問題がひどくなり先程は紹介しなかったですが粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)という問題に繋がる可能性もでてきます。若い内は生活習慣が乱れても、その若さで乗り越えていけることが多いですが、この若い時期の生活習慣の乱れが後々問題を引き起こしやすくなる体質を呼んでしまう可能性もありますので注意しましょう。

ストレス

学校、勉強、人間関係、いじめ、親子関係、反抗期、環境の変化、将来への不安など、思春期に発生するストレスの種は数多く存在します。

大きく悩みそれが髪の毛の問題につながってしまう可能性は十分あります。数少ない可能性ですが、子供に円形脱毛症などの脱毛症が引き起こる確率は少なくありません。クリニックや病院などに相談に来る患者の4分の1は15歳以下の子供だというデータもあります。

子供の脱毛症では1年以内に良くなるケースが多いですが、原因が不明なもので症状が進行してしまう困難な脱毛症に進行する脱毛症が発生する場合も少ないですが存在します。

さらに脱毛症がストレスを生み悪循環を引き起こす様なこともあります。人間関係によるストレスの場合はなかなか自分一人の行動では解決できない問題なので難しいですが、相談できる相手を見つけることが重要になります。ストレスの発散方法や、溜め込まない方法を模索し解消していきましょう。

喫煙、飲酒

これは20歳からのことなので一般的な10代の人には関係ないことですが、大学生になり20代を超えるとお酒やタバコが吸えるようになります。これをきっかけに、過度な飲酒や喫煙を行うと、毒素の摂取により血中の栄養や、酸素などの供給が阻害されてしまいます。

飲酒では多くのビタミンが破壊され、喫煙ではニコチンや一酸化炭素の影響により毛細血管が収縮しさらにビタミンCが大量に破壊されます。それだけでなく肺機能が劣化し、酸素の吸収機能が低下することで、酸素の供給が減り結果的に正常な血流が生まれにくくなり、栄養や酸素の供給がされにくくなります。

結果頭皮の毛細血管に影響が及び薄毛に繋がる可能性が高まります。若いうちからこれらの行動を行っているとさらに影響は受けやすくなり、それだけ問題が起きやすくなります。

もし薄毛に悩むことが嫌な人は出来るだけ、これらの嗜好品は避ける事をおすすめします。

遺伝

始めに説明したように、男性ホルモンによる脱毛症AGAが起きやすい体質が遺伝するのは母方の祖父からの隔世遺伝になります。

自分の母方の祖父の髪の毛の状態を確認しておいて、自分がハゲやすい体質なのかどうかを確認しておくと良いでしょう。詳しい話を聞ける場合は何歳からハゲだしたのか?やどんな風にハゲが起こってきたのかなど詳しいハゲやすいポイントや、時期なども知っておくと良いでしょう。

隔世遺伝だけでなく、父親がハゲている場合は生活習慣が家族である父親と長期間の生活をともにすることで似てしまい、好きな食べ物や、嗜好品が似てしまうことでも同じ様な病気やハゲ方をする可能性もあります。悪い生活習慣や癖などは似てしまわないように反面教師にして行きましょう。

ヘアサイクルの乱れ

毛周期とも呼ばれるヘアサイクルが乱れることで髪の毛の成長する時期が短くなり抜け毛が起こりやすくなります。

ヘアサイクルは成長期2年、後退期数週間、休止期数ヶ月を繰り返し、髪の毛が生え変わり正常な頭髪を保っています。しかし、この成長期の期間が生活習慣の乱れやDHTの影響や栄養不足や血行不良や頭皮環境の悪化など影響を受け髪の毛の成長期が短くなることで髪の毛の成長が止まり、抜け毛が起きる期間が長くなることで抜け毛の症状が発症しやすくなります。

ヘアサイクルが乱れてしまった場合、元の状態に戻すためには基本的には4ヶ月以上の時間がかかります。さらに髪の毛が元気に生えてきて、それが見た目に反映されるのにさらに2〜3ヶ月近くの時間がかかります。

なので使用から1ヶ月ほどで効果が現れたなどの口コミは信憑性を疑います。もしくはもう既に髪の毛の成長は対策を打つ前から始まっていた可能性があります。

薄毛が気になる人はヘアサイクルが乱れるような行為は避ける事が必要でしょう。

睡眠不足

睡眠時間を削ることは、ストレスが溜まりやすい精神状態を生むばかりか、睡眠不足により交感神経が優位になり、血行不良や成長ホルモンの分泌不足などの問題につながります。

特に体の成長や髪の毛の成長に必要な成長ホルモンは22時〜深夜2時までの間での睡眠中に最も体内で生成されます。睡眠不足だけでなく、夜更かしなどでこの時間に睡眠が取れていないことなども問題になります。

この時間帯はゴールデンタイムとも言われていて、肌のダメージ修復、髪の毛のダメージ修復などを行う重要な時間なので睡眠不足に気をつけるだけでなく、睡眠を取る時間にも気をつけて見ましょう。

運動不足

運動不足が直接ハゲに繋がるわけではありません。間接的に肥満になったり、代謝が減ることや正常な肌や頭皮のターンオーバーが行われなくなるなどの問題に影響を与え抜け毛に繋がる可能性があります。運動不足で代謝が悪いことで古い角質などが長期間肌に留まることで臭いがきつくなるなどの問題も発生します。

毛穴にも雑菌が増殖しやすくなり、フケなどの頭皮トラブルも起きやすくなります。

さらに運動には体の免疫力を高め精神性をポジティブ方向に変換させる効果があり、逆に運動不足は体の免疫力を低下させマイナス思考になりやすいマインドになりがちです。

過度のヘアアレンジ

ベタベタと頭皮にまでワックスを付けてしまう様な整髪料の付け方や、長時間ワックスをつけたまま生活したり、髪の毛の汚れを洗い落とさないままの就寝、同じ方向への髪の毛の牽引などの習慣を行っていると薄毛や脱毛症に繋がる可能性があります。

若い内は、問題無かったことでも、長期間の不正な仕様により頭皮に問題が蓄積し薄毛に繋がります。薄毛になっているにもかかわらずワックスを使用していると髪の毛の薄毛がさらに目立ってしまってるなんて事もあります。

その他にも髪の毛を染めたり、髪の色を抜くブリーチ、パーマなどのオシャレを繰り返し行なっていると髪の毛と頭皮にダメージが蓄積します。

頭皮が強く、問題に繋がらない人も多いですが、髪が抜けやすい人はこれが原因で抜け毛が加速する事は間違いありません。髪の毛へのストレスをかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

今からできる薄毛対策

階段

少し長くなりましたが、ここから今からできる髪の毛の薄毛に対する対策方法を紹介します。

薄毛対策は若ハゲを防ぐためには早い段階から行うことでより効果が期待できます。まずはお金のかからない対策方法から順次紹介していきます。

睡眠方法の改善

先程紹介した睡眠のゴールデンタイム22時〜深夜2時までの時間帯での就寝をしっかりとり、6時間以上8時間未満の睡眠が理想とされている睡眠時間です。

遅くとも24時までには床につき朝の6時〜7時くらいには起床する就寝起床リズムを身体に馴染ませましょう。

紫外線の予防

特に夏場の紫外線の強い時期は要注意です。紫外線の影響により頭皮が固くなり、血行が悪くなったり、髪の毛のパサツキや、色の脱色などの影響を受けます。

帽子を被るなどの対策をしましょう。しかしこの時被り物によって頭が蒸れてしまうと逆効果になります。頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮環境が悪化します。通気性の良い物を選び、こまめに帽子を洗浄して清潔な物を着用するようにしましょう。

さらに朝にシャンプーを行うことも禁止です。朝に頭皮の皮脂を除去してしまうと、もろに紫外線の影響を頭皮に通してしまいます。皮脂には一定の防御機能や保湿機能もある大事な成分でもありますので完全な悪者ではありません。気をつけましょう。

環境を清潔にする

帽子同様、睡眠を行う際の枕カバーなども清潔にしないと、就寝時に枕カバーから雑菌が増殖する場合があります。頭皮トラブルの原因としては、この環境の不衛生な事が原因となることが多くあります。

毎日枕カバーを洗うことが難しいなら、タオルを使って枕にしくなどして、清潔な環境を整えましょう。

適度な運動

適度な運動を行い代謝を促し、身体の毒素を汗から排出することで毛穴の詰まりも解消され、毛穴汚れが解消しやすくなります。

肥満を防げることで間接的に抜け毛の原因となる問題も解決、予防できます。あまり激しい運動を行う必要はありません。軽い運動を長期間続けることで髪の毛の正常なヘアサイクルを生み出すことに効果が期待できます。

スポーツ選手にハゲの人が少ないことを見てもらえれば、効果があることが理解できると思います。直接的な育毛効果は期待できいるものではありませんが、合わせて行うことで効果が期待できるものなので、継続して行っていきましょう。

正しいシャンプー方法

シャンプーを行う前にしっかりお湯でまず髪の毛の表面の汚れやワックス、頭皮の皮脂などの汚れを落としてしまいましょう。湯シャンだけでも7割の汚れは除去することが出来ます。

この湯シャンだけでも十分汚れは落ちているので、シャンプーを使わなくても良いという人も居るくらいです。タモリさんが有名な例ですね。その他にも有名人などで沢山、湯シャンのみという人が紹介されています。

もし気になる方は湯シャン方法について検索してみましょう。

湯シャン後のシャンプー方法としては、髪の毛の長さに対する適量の液を手で先に伸ばし、軽く泡立ててまんべんなく頭につけていきます。

その後指の腹で爪を立てないように揉み込むようにシャンプーをしていきます。もし整髪料をたくさんつけている時で泡立ちが悪いようなら1回目は軽く汚れを落として二回目のシャンプーで揉み込み洗をしていくといいでしょう。

しかし、何回もシャンプーをしすぎてしまうと、頭皮が乾燥して頭皮環境の悪化に繋がり可能性がりますので注意しましょう。

シャンプーが終わった後は手で頭皮との間に湯だめを作ってしっかりすすぎを行いましょう。シャンプー残りは頭皮トラブルの大きな原因です。美容師の様な清浄方法が理想ですので真似てみましょう。

シャンプー選び

シャンプーには、それぞれ成分表がついており、成分が全然違います。これは若干お金が絡んできますが、そこまで高いものを若いうちから使用する必要はありません。

中には薬用シャンプーや育毛シャンプーや完全天然由来植物エキスのみで作られたシャンプーなどが存在します。しかし、それらのシャンプーは安価なものもありますが1000円以内の安物のシャンプーに比べると3倍〜20倍までの値段の開きがあります。

挙げるときりがないのでここでは、最も重要な洗浄成分についてのみ紹介します。

シャンプーの洗浄成分には高級アルコール系洗浄成分のものとアミノ酸系洗浄成分と石鹸系洗浄成分の3つのものに分けられます。この内おすすめしたいのはアミノ酸系洗浄成分のシャンプーです。

頭皮に優しく、必要最低限の洗浄力を持っているシャンプーで必要以上に肌の皮脂を落とすこと無く、優しく洗い上げてくれる特徴があります。逆に高級アルコール系の洗浄成分のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮の皮脂を必要以上に洗浄してしまう問題がります。高級アルコール系のシャンプーは材料と鳴る鉱物油が多く手に入る他、防腐剤や香料が沢山配合されている為に長期間の保存ができ、大量生産に向いているために安価で市場に出回っています。

頭皮の強い人は問題ないですが、もし頭皮トラブルを抱えている人は、成分表にラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどの様な記載のあるシャンプーは避けるようにしましょう。

食生活の改善

脂っこいものばかりを食べていると皮脂の分泌が過剰になり、毛根を詰まらせてしまってそれにより、髪の毛が抜けてしまう事があります。

頭皮環境や、髪質の改善の為にも髪の毛や頭皮にとって栄養のある食事バランスを心がけることが重要です。特に髪の毛や頭皮に必要な栄養としては、ミネラル、タンパク質、ビタミンC、B、E、A、亜鉛、鉄分、などがあります。

これらの栄養をバランスの取れた食事で賄うことが理想です。足りない部分はサプリメントなどで補うことでも良いでしょう。しかし、栄養は摂りすぎてしまった場合保存ができないのでそのまま体外に排出されてしまいます。

サプリメントでの栄養の摂取は多すぎてしまい排出されることになる事が多いです。なるべく毎日違う献立の食事を取るようにしましょう。

海藻類やナッツや大豆製品などの食品を積極的に食べることもおすすめです。

髪の毛に良い食事に関する詳しい記述は

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

こちらの記事を参考にしてみてください。

禁煙

喫煙者がいきなり喫煙を行うことは逆にストレスになってしまうため、必ずしもお薦めはできません。しかし、タバコを吸うことで血行が悪くなったり、せっかく摂取したビタミンが破壊されたりして髪の毛の栄養を奪い、血行不良で髪の毛に栄養が送られなくなるなどの問題が生じることは事実です。

なので、食事中や食後すぐのタバコの喫煙は控えることや、タバコを吸う本数を減らすなどの対策が必要でしょう。ストレスにならない程度にタバコの数量を減らし、髪の毛へのマイナス因子を減らしていきましょう。

過度のヘアアレンジの中止

髪の毛に大量の整髪料を付けて長時間過ごすことや、髪の毛を縛る髪型を毎日行うこと、ヘアエクステを行い髪の毛に負担をかける、などの問題となる行為を出来るだけなくして、髪の毛が抜けてしまう原因を無くしましょう。

せめて、休日は髪の毛に何も付けず、髪の毛を下ろした状態で過ごしたり、毛根に休憩を与えてあげましょう。

さらに髪の毛に整髪料を付けた場合は、その日のうちにしっかり落として就寝するようにするようにしましょう。髪の毛に整髪料が付いたまま就寝してしまうと毛根に汚れが付着し、雑菌が繁殖、そこから毛根に菌が入り込み、頭皮ニキビや脂漏性皮膚炎などの問題に発展する場合もあります。

さらに朝に風呂に入ってシャンプーをしてしまうと、その後の外出で紫外線の影響を強く受けてしまい、ダブルパンチで頭皮にダメージがかかってしまいます。この様な行動を行っていると流石に何かしらの影響が髪の毛に何年後かに起こっても不思議ではありません。

10年ご20年後にも正常な健康な髪の毛を保つためには、過度なオシャレは控えたほうが未来のためになるでしょう。

同様にヘアカラーやパーマについても、髪の毛と相談しながら楽しんでいきましょう。社会人になれば髪の毛を奇抜な色に出来ないので若いうちにしか出来ないことではありますが、髪の毛を失ったからでは遅いのです。

スポンサーリンク

まとめ

髪の毛を失わないためにも早期からの対策が重要なことがお分かりいただけたでしょうか?一旦薄毛になってしまうと、元の状態に戻すためには半年近い時間がかかります。

もし頭皮のトラブルなどを抱えていればさらに、その期間は延びるでしょう。もし頭皮や髪の毛に異変を感じたら早めに生活習慣や、食事などの見直しを行ってこれ以上問題を進行させないようにすることが大切です。

若ハゲは大きな悩みになり、若い内では大きく精神にダメージを与えてしまいます。対策方法をしっかり知っておいていつでも対策できるようにしておきましょう。

薄毛が進行してからの治療はお金や時間が非常に掛かりますので、出来るだけ早い段階で自己治癒出来るうちに問題を解決していきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて読んで見てください。

若ハゲの原因は10代・20代で変わる?それぞれの原因や種類、対策方法を紹介!

オナニーをするとはげるって本当?その関係性とAGAの対策について!

ハゲたくない必見の情報を紹介!若ハゲが起こる原因とお金をかけずにすぐ始めれる薄毛予防!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク