若ハゲの原因は10代・20代で変わる?それぞれの原因や種類、対策方法を紹介!

若いのに頭がハゲていることを世間では「若ハゲ」と呼ぶようになりました。最近できた言葉ではありますが、既に多くの方に浸透している言葉といえます。

「ハゲ」というのは、歳を重ねた高齢者がなるものだと思っていた方も若ハゲという言葉が浸透してからは、ハゲ身近に感じるようになったのではないでしょうか?

今回は若ハゲの原因や症状、対策方法について詳しく記載します。

スポンサーリンク

若ハゲの種類

では、まず若ハゲの種類について知りましょう。

ハゲと同じく、若ハゲにもいくつかの種類があるといえます。同じ若ハゲでも種類によって見た目がグッと変わります。

種類によっては、治療法や改善方法が変わってくるので自分がどのタイプに当てはまるのかをチェックしましょう。

前頭部の生え際のM字ハゲ

若ハゲと聞いて一番に思いつく方も多いのではないでしょうか?

頭の前頭部の髪の毛がM字の様にハゲていくM字タイプの若ハゲです。生え際の部分も徐々に後退していき、おでこが広くなっていきます。M字の形のようにハゲていくので、真ん中の部分は残って両サイドから少しづつ薄くなっていきます。

実は、白人の方に多く見られる現象なのですが、最近は日本人の方もM字の若ハゲに悩んでいる方が急増しております。

前頭部の生え際のU字ハゲ

こちらも上記と同じ頭の前頭部から徐々に薄くなっていく若ハゲです。Aハゲと言われている場合もあります。

M字に比べておでこが広くなっていくのが目にみえて分かるので、自覚しやすいタイプの若ハゲです。このタイプの若ハゲが現れると、サイドの髪の毛で隠したり前髪をおろして隠そうとする方が多く居ます。

しかし、髪の毛が短い人はなかなか隠せないのでカツラを使用するケースも多くあるといえます。

後頭部のOハゲ

頭のテッペンから後頭部にかけて丸くハゲるのが特徴の若ハゲです。「かっぱ」などと呼ばれることもあります。

症状が現れだしたことは、つむじ部分から髪の毛が薄くなりだすのですが、目にみえない部分なので、自覚するのに時間がかかってしまうのが特徴です。そうなると自分で気づくころには症状がかなり進行しているケースが多く、ショックを感じる方が多くいます。

他の髪の毛でカバーするのが難しい部分なので、キャップを着用したりカツラを使用して隠す方が多くいます。

スポンサーリンク

若ハゲの年齢

若ハゲの年齢層について説明します。

10代の若ハゲ

もちろん10代の方のハゲも若ハゲといいます。

10代の若ハゲが起きる原因はいったい何でしょうか?

男性ホルモンによるもの

10代の若ハゲが起きる原因の1つとして、男性ホルモンの影響が考えられます。10代は男性ホルモンが活発に出やすい時期なので、「テストステロン」というホルモンが大量に分泌してしまうケースがあります。

テストステロンは、髭などを濃くする作用や髪の毛を薄くしてしまうという作用があります。もちろんテストステロンが直接的に、若ハゲの原因という訳ではありませんが、要因の1つとして挙げられます。

ストレス

10代だけではなく、様々の年齢の若ハゲの原因の1つとしてストレスが挙げられます。

ストレスを感じることで、血行不良が発生しやすくなってしまいます。そうなることで、頭皮へ十分な栄養分を届けることができなくなるので、薄毛の原因となってしまうのです。

生活習慣

生活習慣が悪い方は、やはり若ハゲになりやすいといえます。

睡眠不足や偏った食事をしている方は、若ハゲの原因になります。十分な睡眠を取れていないと、頭皮に溜まった腐敗物を排出できなくなったり、頭皮が受けたダメージがそのままになってしまいます。そうなることで、発毛が上手く行われなくなって若ハゲの原因となります。

また、肉や油っこいものが中心の食事ばかりしていると、頭皮に老廃物が多く発生するので、頭皮の健康状態が悪くなってしまいます。さらに、野菜の摂取量が少ないとビタミン不足に陥ってしまい、抜け毛の原因となります。

20代の若ハゲ

20代の方が一番多く若ハゲを感じるのではないでしょうか?

20代の若ハゲの原因は何が挙げられるでしょうか?

10代と同じ原因

上記に挙げた10代の若ハゲの原因も、もちろん20代の若ハゲの原因として挙げられます。

特に20代前半の方は大学生などが多く、飲み会や夜更かしなどで、生活習慣が荒れやすく10代よりも生活習慣が原因となって若ハゲにつながるといえます。

また、社会人になった人はストレスを感じやすく、髪の毛を掻きむしったりする人も少なくありません。そういった方は注意しましょう。

髪の負担

10代の方と比べて20代の方は髪の毛のオシャレに気を使う割合がグッと増えます。

カラーやパーマなどを何度も行うことで、髪の毛や頭皮にかなりの負担がかかってしまうので、若ハゲになりやすくなってしまいます。

特に、パーマやカラーに使う薬品は頭皮へ残りやすく、しっかり洗い流しが出来てないと頭皮に大ダメージといえます。

少なくとも3、4ヶ月に一回ほどの割合にしましょう。

適切でないヘアケアの行い

20代の方で多いのが、誤ったヘアケアを行って頭皮に負担をかけてしまうケースです。自分では良かれと思って行っている行為が逆効果となっているケースもあるので注意しましょう。

特に多く挙げられるのが、1日に何度もシャンプーを行うケースです。頭皮の汚れが気になるあまりに、何度もシャンプーを行ってしまうことで、逆に頭皮が詰まってたり、過剰に負担をかけて脂質が多く分泌してしまうことが原因となって、若ハゲにつながってしまうのです。

また、シャンプーには様々な種類があり、自分の皮膚と合わないことも少なくありません。自分にあった適切なシャンプーを使用し、適切な回数を行うようにしましょう。

30代の若ハゲ

30代の方も、まだハゲが進行するには早い年齢なので、若ハゲといえます。そんな30代の若ハゲの原因は何でしょうか?

体の機能の低下

人間の体は30代になってくると衰えが始まります。新陳代謝が低下して、疲れが取れにくかったり、体力が低下してしまう年齢にになります。

そうなると、もちおん髪の毛の健康状態を保つのも難しくなります。髪が生える発毛力も低下している場合があり、しっかりとケアが出来ていない方は若ハゲになりやすいといえます。

不健康な生活が続いて毛根が死んでしまうと、その部分からは二度と髪の毛が生えないということもあります。

30代に若ハゲが現れる方は、20代の時点で髪の毛の状態が悪化しているのに気づかずに放置していった結果、症状が進行してしまっというケースが少なくありません。早めに自分の症状に気づくようにしましょう。

スポンサーリンク

女性の若ハゲの原因

「ハゲ」というと、男性をイメージしてしまうケースが多いですが、女性の方も若ハゲに悩まされている方は多くいます。女性の若ハゲの特徴として、一部がハゲてしまうというよりかは、全体的に薄くなっていくというのが特徴です。女性が発症しやすい若ハゲを「びまん性脱毛症」といいます。

女性の方が悩まされている若ハゲのタイプは、頭頂部やつむじ部分が薄くなるタイプの若ハゲです。これらの若ハゲの原因として、女性ホルモンの低下が挙げられます。女性ホルモンが低下してしまうことで、自ずと男性ホルモンの方が多くなってしまうことが若ハゲに繋がるのです。

では、どういった原因で女性ホルモンが減少してしまうのでしょうか?

ダイエット

女性ホルモンの低下する原因として挙げられるのが、無理なダイエットを行ってしまうということです。特に女性は無理なダイエットをする方が多いので注意が必要です。

無理なダイエットを行うことで、体の栄養が足りなくなってしまいます。そうなることで、体内で女性ホルモンを生産することが難しくなってホルモンのバランスが崩れてしまいます。それに加え、頭皮に届ける栄養分も不足してしまうので若ハゲに繋がってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足になることで、自律神経のバランスが崩れてしまいホルモンバランスを上手く生産できなくなってしまいます。

特に、22時〜2時はホルモンが量産されすい時間帯と呼ばれており、この時間を超えても起きてる人はホルモンバランスが崩れやすくなるので注意しましょう。

また、睡眠不足自体が血液の流れを悪くしてしまうので、頭皮の健康状態を悪化させる原因になってしまいます。

加齢

加齢も女性ホルモンが減少する原因になります。どれくらい女性ホルモンが低下するかは個人差がありますが、運動不足や生活習慣の乱れが激しい方は、加齢が原因で若ハゲになりやすいといえます。

女性としては、いつまでも若くいたいと考えている方も多いのでないでしょうか?若いうちから、適度な運動や規則正しい生活を心がけることで、ある程度老化を遅らせることは可能と言われております。

ストレス

もちろんストレスを感じることも、女性ホルモンの低下の原因になります。ストレスを感じることで、ホルモンバランスが乱れてしまうことで、女性ホルモンを上手く分泌できなくなります。

また、ストレスを感じると血行不良が発生します。血行不良により頭皮に栄養を運ぶ力が弱くなり、十分な栄養を運ぶことができなくなってしまうので、薄毛に繋がります。

女性に多い、その他の若ハゲの原因

その他の女性の若ハゲの原因として挙げられるのが、頭皮への負担が大きいということが挙げられます。

特に女性の方は、髪の毛に気を使う方が多く、髪の毛を染めたりパーマをかけたりするのが男性よりも多いといえます。やはり頭皮へかかる負担が大きく、薄毛の直接的な原因になってしまいます。

また、お風呂をでた後に長時間ドライヤーを使用してしまうことも原因に挙げられます。髪の毛は熱に弱いので、間違ったドライヤーの使い方をしていると、頭皮へ思いがけない負担をかけているケースがあります。

髪の毛は「ケラチン」というタンパク質の成分で作られていますが、タンパク質は熱に強くないので、ドライヤーの長時間の使用によりケラチンを破壊してしまい、髪の毛が上手く作れなくなってしまいます。

スポンサーリンク

男性の若ハゲの原因

男性に多く見られる若ハゲを男性型脱毛症(AGA)といいます。男性型脱毛症は男性ホルモンが原因になります。男性ホルモンと男性型脱毛症の関係について説明します。

男性型脱毛症と男性ホルモンについて

まずは、なぜ男性ホルモンが多くなると男性型脱毛症などの若ハゲの原因となるのかを知りましょう。

本来、男性ホルモンと聞くと、髭が濃くなるというイメージがありますよね?そう思うと髪の毛も増えるんじゃないの?と思うのが普通です。

男性ホルモンには様々な種類があり、若ハゲと関係する成分の1つに「2型5α-リダクターゼ」というものがあります。男性ホルモンの「テストステロン」がこの2型5α-リダクターゼと合わさると、「ジヒドロテストステロン」という成分になります。このジヒドロテストステロンが問題になります。

ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体に働いてしまい、髪の毛のサイクルに乱れを発生させてしまい、髪の毛が育つ前に抜けてしまうことを男性型脱毛症(AGA)というのです。

さらに、ジヒドロテストステロンは髭を濃くするのですが、皮脂の生産量も増やすという作用があるのです。そうなると、頭皮の健康状態が悪化しやすくなるので、薄毛や若ハゲの原因につながるのです。

また、2型5α-リダクターゼは前髪と頭頂部から分泌されます。そのため、男性型脱毛症の特徴として、生え際が後退したり、頭頂部だけ若ハゲが発生するということが起きるのです。

遺伝との関係について

ハゲるのは遺伝という話を聞くことが多くあると思います。これはあながち間違いではありあません。5α-リダクターゼの量は生まれつきの個人差があります。

そのため、体質的にハゲやすい人はいるというのが事実です。しかし、しっかり対策をすれば5α-リダクターゼを抑えたり、ジヒドロテストステロンを抑制することが出来ます。遺伝的にハゲやすいという感じている人はしっかり対策を行いましょう。

男性に多い、その他の若ハゲの原因

その他に男性に多い若ハゲの原因を紹介します。

過度の飲酒

男性の方は女性に比べてアルコールを飲み過ぎてしまうことが多くあります。アルコールを過剰摂取すると、体内で「アセトアルデヒド」という毒素があります。アセトアルデヒドは二日酔いの原因となる毒素で、頭痛や吐き気を引き起こします。

さらに、アセトアルデヒドにはジヒドロテストステロンを増加させてしまう作用があるので、上記で紹介したように、男性型脱毛症の原因となってしまうのです。

さらに、アセトアルデヒドは深い睡眠を妨げてしまうので、ホルモンバランスが乱れやすくなったり血行不良が発生しやすくなることも若ハゲの要因になるといえます。

喫煙

男性の方でタバコを吸っている人は多くいます。タバコを吸うことは、男性ホルモンの量を3割も増加させてしまうのです。さらに、上記で紹介したジヒドロテストステロンにいたっては、非喫煙者と比べて13%も喫煙者の方が高いと言われているのです。また、喫煙することで血液の流れが悪くなることも薄毛の要因になります。

さらに、タバコを吸うことで、体内に「活性酸素」という毒素が発生します。この活性酸素を除去するために、ビタミンCが失われるのです。ビタミンCがなくなると血行を促進するビタミンEの吸収率が悪くなってしまうことで、頭皮に栄養分を運ぶ力が弱くなってしまいます。

若ハゲが気になる方は禁煙することをオススメします。

スポンサーリンク

若ハゲを防ぐには?

では、若ハゲを防ぐ方法を知りましょう。

食生活の改善

若ハゲを防ぎたい方は意識的に食事を改善するようにしましょう。

上記で説明したように、揚げ物や肉類を多く摂取している方は控えめに摂取するようにしましょう。そして、ビタミンを含む食材をバランス良く摂取しましょう。ビタミンは髪の毛を育てるために欠かせないのです。

また、男性型脱毛症を予防するために積極的に摂取したいのが、「大豆食品」です。大豆食品には、イソフラボンという成分が多く含まれています。このイソフラボンは女性ホルモンと同じ作用があり、男性ホルモンを抑制するという効果が期待できます。

多く含む食品として、納豆・豆腐・豆乳・おから・油揚げなどが挙げられます。これらを他の野菜と組み合わせてバランス良い食生活を心がけましょう。

睡眠と入浴

血行不良が起こるのを防ぐために、睡眠と入浴を心がけましょう。

睡眠に関しては、成長ホルモンが分泌されやすい夜の10時〜深夜2時までに寝るようにしましょう。忙しくてなかなか睡眠時間が取れない方でも6時間は睡眠をとるように心がけてください。

また、睡眠の質を落とさないために

  • 就寝の一時間前にはスマートフォン・パソコンを触らないようにする
  • 夕食の後2時間は消化する時間を設ける
  • 時間があれば、適度な運動を行う

などの事を心がけると、なお良いでしょう。

より良い睡眠のためにも欠かせないのが入浴です。忙しくてシャワーだけで済ませてしまっている方も多いかと思います。入浴することで、血行促進の効果が期待され、夜に深い睡眠に入りやすくなるので、結果として入浴も若ハゲの対策になるといえます。

適切な入浴方法として、熱すぎない温度で30分じっくり浸かることが適切だといえます。そうすることで交感神経の切り替えがスムーズになり、深い睡眠がしやすくなります。

正しい髪の洗い方で洗う

皆さん正しく髪を洗えていますでしょうか?間違った髪の洗い方をしていると、頭皮に負担をかけてしまい、若ハゲを促進することになります。正しい髪の洗い方を知って、若ハゲを防ぐようにしましょう。

正しい髪の洗い方をご紹介します。

1、髪全体をすすぐ

男性の方などは大雑把に髪を洗っている方も多いのではないでしょうか?いきなりシャンプーを手にとって頭皮に付けてから泡立てて・・なんてやり方をしている人は注意しましょう。

まぜはしっかりと髪の毛全体を30秒かけてすすいでください。シャンプーはつけてはいけません。ワックスなどの整髪料を付けている日は、特に入念にすすぎましょう。

汚れや不純物がないと、髪の毛は意外と早く泡立ちます。そうすることで必要以上のシャンプーを使用するの防ぐことができます。

※お湯の温度について

この際に、お湯の温度に注意しましょう。真冬の日などに寒いからといって温度の高いシャワーを使用すると、頭皮に負担がかかってしまい、それの負けないように皮脂を多く分泌してしまうことになります。38度を目安にしましょう。

2、爪ではなく、指の腹で洗う

勢いよく洗うために、爪を立てて洗っている人はやめるようにしてください。爪で頭皮を洗うと、傷が出来てしまう恐れがあり、そこから菌やウイルスが侵入して炎症を起こしてしまう恐れがあるからです。

たとえ傷ができなくても、爪を立てて洗う行為は頭皮に大きな負担がかかることになります。指の腹の部分を使用して優しく髪を洗ってください。すすぎの段階で汚れの7割は落ちいていると言われているので、あまり強く擦る必要はないということを覚えておきましょう。

3,後すすぎ

実はシャンプーで一番重要なのがこの「後すすぎ」です。すすぎを十分しないと頭皮にシャンプーが残ってしまいます。頭皮にとっては不純物なので、健康状態の悪化につながってしまうのです。

髪の生え際と耳の後ろの部分は、意外と流せてない部分なので念入りに流すようにしましょう。

4、髪の乾かし方

髪の乾かし方にも注意しましょう。お風呂からあがった後は、まずはタオルでしっかりと拭き取りましょう。ここで水分をしっかり吸収しておくことで、ドライヤーの使用時間を短くすることが可能です。

ドライヤーをしない方がいいという意見もありますが、半乾きの状態は菌が繁殖しやすいので、乾かした方がいいといえます。

ドライヤーの熱風は、頭皮にとっては負担になります。同じ箇所に1秒以上当てるのは避けましょう。全体的に動かしながら、近すぎない距離で髪を乾かして下さい。

以上が、正しい髪の洗い方と乾かし方になります。

スポンサーリンク

まとめ

若ハゲには様々種類や原因があることがお分かり頂けたでしょうか?

まずは自分の症状に気づくことから始まるといえます。そして、それがいったいどういう原因で発症しているのかを調べて、適切な対策をとるようにしましょう。

もしかすると、今自分が行っているケアが頭皮にとっては負担になっている恐れがあります。正しいケア方法を知って頭皮の健康状態を良くすることで若ハゲを予防しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク