ハゲたくない人必見の薄毛予防方法!お金をかけずにできる対策方法は?

ハゲたくない。そう思っていても対策をしなければ抜け毛はどんどん増えて薄毛になってしまいます。

将来絶対にハゲたくない。と思っている人はなるべく早い段階で髪の毛の対策方法についての知識を持っておいて、抜け毛を発生させる問題行動をしないことが薄毛の予防のためには重要です。

今日はハゲになってしまう原因とその対策方法として、少額の投資金額で始められる対策方法について紹介します。

スポンサーリンク

ハゲが起こる原因

原因

まずは一般的にハゲ・薄毛が発生する原因について軽くおさらいしていきましょう。

自分に今後当てはまる可能性の高いものや、気をつけたい問題について知ってしっかり対策できるようにしましょう。

ストレス

主に、円形脱毛症やその他の脱毛、自律神経を乱れさせて体温調節や血液循環などの機能を乱れさせ、脱毛を引き起こしやすくする大きな原因です。

誰にでも起こりうることで、近年のストレス社会では避けることが難しい問題でもあります。

一過性のストレスであれば、問題ないことが多いのですが、長期的に慢性的にストレスが溜まるような状況や環境に身を置いていると間違いなくハゲる原因の一つになります。

ストレスにより、睡眠がしっかり取れない事や自律神経が乱れて体温調節が正常に行われず異常発汗や血行不良が起きる事や、それらが原因で頭皮トラブルにも繋がります。

ストレスはどんな病気の原因にもなるものの一つです。他の原因がなくてもストレスによりいきなり脱毛などが起こる可能性がありますので注意が必要です。

遺伝

ハゲの大きな原因、要因の一つであるのが、遺伝です。

しかし、遺伝によって100%ハゲることが決まったわけではありません。髪の毛が育つ十分な栄養や生活習慣ができていれば抜け毛の症状は抑えることが出来ます。

逆に遺伝でハゲる可能性は低かったのに、生活習慣などが悪かったためにハゲてしまったということもあります。

以下でも触れますが、遺伝でハゲる可能性が増えるのは男性ホルモンの受容体やその感度をX染色体やY染色体の両親からの遺伝によって引き継がれることで決定します。男性の染色体の構成はXYですが女性の染色体はXXとなっていて、女性の場合はどちらか片方にハゲやすい遺伝子が入っていてももう片方に劣等遺伝子が入っていなければハゲにくくなります。これが女性がハゲにくい一つの理由です。

もし、自分がハゲる遺伝子を持っているかどうかを知りたい場合は遺伝子検査キットが販売されています。約15000円と少々値段は高いですが郵送で自分の遺伝子を検査することが出来ます。AGAによる薄毛の遺伝子を持っているかどうかを知りたい場合はこちらの検査を検討してみてはいかがでしょうか?

男性ホルモン

男性ホルモンが影響してハゲになってしまう薄毛のことをAGAといいます。男性ホルモンと言うと体毛を濃くしてしまうように思いますが、この男性ホルモンの働きがヘアサイクルの周期を乱すことが原因で脱毛が起こってしまうものです。

本来なら2年近くある髪の毛の成長期が早い段階でストップし退行期や休止期と言った髪の毛が抜けるサイクルに突入し髪の毛の成長時間が短くなります。髪の成長に必要な毛包が十分発達しないままストップしてしまうので髪の毛が抜けやすくなり薄毛が進行します。

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンのテストロンという物質が還元酵素の5αリアクターゼの働きによりDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに変換されてしまうことで悪影響を及ぼします。

このホルモンが毛乳頭細胞の受容体と結合することによって髪の毛の成長が阻害され抜け毛の症状が引き起こります。

これは女性にも起こる可能性があるのもので女性に起こった場合はFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。

頭皮環境の悪化

乾燥肌で頭皮がカサカサであったり、皮脂の過剰分泌により脂ぎっていて毛根に皮脂が詰まっているなどの状況が長期間続いているとそれにより、抜け毛が発生し薄毛に繋がる可能性がります。さらに髪の毛の成長にも適した環境では無いので髪の毛の成長が阻害されさらに薄毛は進行します。

頭皮が固く血行が滞っていたりすることも髪の毛に十分な栄養が行き渡らず成長の阻害になります。

もともと皮脂は頭皮をバリアする役割を果たしていますが、量が多いと皮脂に汚れが付着しそれが酸化し臭いを発したり、毛穴を皮脂や汚れが塞いでしまうことでさらに発汗作用が皮脂の分泌をさらに促進させ、悪循環を生み出します。

皮脂に汚れが付着した状態が起こると、脂漏性皮膚炎などの皮膚症状も引き起こりやすくなります。皮膚が炎症を起こし、フケや頭皮の環境がさらに悪化すると髪の毛はさらに生えなくなってしまいます。

髪の栄養不足

髪の毛の成長に必要な栄養がしっかり取れて居ないと、髪の毛は成長することが出来ません。髪の毛はほとんどがタンパク質で出来ています。

さらに髪の毛のタンパク質を作るためのビタミンや土壌である頭皮の環境を整えるための栄養も必要になります。

その為食事が毎日同じような食材を使っての食事をしている人や、外食で毎日同じ食事を取っている人などバランスの良い食事が出来ていない場合は髪の毛の成長が短くなったり、丈夫な髪の毛が生えにくくなります。

また、せっかく摂取したビタミンや栄養がタバコや飲酒によって破壊されてしまう可能性もあります。

生活習慣

髪の毛の成長や頭皮のダメージ修復に取って良くない生活習慣を行っている人は薄毛が起こりやすくなります。夜遅くまで起きている、睡眠時間が少ない、運動不足、食生活の乱れ、などは直結して、頭皮環境の修復や髪の毛の正常な成長を阻害します。

結果抜け毛の原因になるAGAの原因になる男性ホルモンの生成や、頭皮環境の悪化などの症状を促進させます。

ワックスなどの整髪料を大量に使っていて、しっかり落とせていないまま就寝するなどの生活を行っている場合は抜け毛になりやすくなります。

生活習慣によって肥満になっている場合、肥満によりさらに皮脂の分泌が盛んになり加えて運動不足などの問題も加わりストレスが溜まりやすくもなりこれも薄毛の原因になります。

スポンサーリンク

ハゲやすい人の特徴

特徴

ハゲる人には共通するある特徴があります。その特徴を回避することで自分がハゲないようにすることが出来ます。自分がこの特徴に当てはまっていないか確認し、もし当てはまっている場合は何かしら対策をしたほうが良いでしょう。

母方の祖父がハゲている

もし自分の母方の祖父とのコンタクトが取れる人は、母方の祖父の頭髪状況を確認してみましょう。これは、主に男性に言えることですが、男性のX染色体は母親から遺伝されます。

このX染色体は元を辿れば母親の父親にたどり着きます。なので母方の祖父の頭を見れば自分がハゲる可能性があるかどうか知ることが出来るのです。

自分の父親がハゲているかどうかは、遺伝的には関係ありません。しかし生活習慣が似てしまうことでハゲやすい生活習慣が似てしまうという意味で遺伝が関係する可能性もあります。

肥満である

先程も言いましたが、肥満である人は皮脂の分泌が過剰になりがちです。さらに太ってしまった経緯を想像しても、暴飲暴食が原因であったり、運動不足や、脂っこいものの食べ過ぎなど偏った食生活とだらしない生活習慣が透けて見えます。

肥満である人は、その性格上ハゲやすい性質を持っている上にさらにハゲやすい生活習慣でハゲる可能性を高めているといえます。

ストレスが多い環境に身を置いている

ストレスが多い場に身を置いていると、自律神経が乱れがちになりそれによる様々な不良を引き起こしてしまいます。ストレスを多く感じると自律神経が乱れる他に、髪の毛の生成に必要な栄養素である亜鉛を大量消費してしまいます。それによって髪の毛に使うはずの栄養をストレスの解消に使ってしまうので髪の毛の栄養が足りなくなってしまうのです。

さらにストレスをきっかけとして様々な体調不良などの問題があらゆる器官で起こることにより、その活動の修復のために多くの栄養を使ってしまいます。結果髪の毛に回す栄養が後回しになるので髪の毛の成長が阻害されます。

またストレスがきっかけで免疫機能が暴走し脱毛が起こる円形脱毛症が起こる可能性もあります。女性に多いびまん性脱毛症や女性男性型脱毛症もストレスがきっかけでホルモンバランスが崩れて起こる事があります。

過度なヘアアレンジをしている

髪の毛を同じ方向に縛ったり引張続けることでその部分が後退する事があります。この問題は女性や髪の毛の長い人に多く見られます。牽引性脱毛症と呼ばれるものでエクステンションによる事故などのケースもあります。その他にも分け目が毎回同じ方向であったり、ポニーテールやお団子ヘアなどのヘアスタイルでも部分的に脱毛症が見られる場合もあります。

またヘアカラー、パーマなどのアレンジをしている人も薬品による髪の毛や頭皮へのダメージが大きく、蓄積されることで髪の毛がやせ細ったり髪質が悪くなったりします。頻繁に髪の毛を染める機会のある人は特にハゲを進行させることになるでしょう。ハゲやすい人は特に注意が必要です。

さらに毎日付けるヘアワックスやジェルやスプレーなどのヘアワックスがさらにハゲを進行させる可能性があります。しっかり洗い流せないまま就寝してしまったり、頭皮にまでベタベタつけてしまっていれば、頭皮を詰まらせ頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

過度なヘアケアを行っている人は要注意です。

睡眠時間が少ない

睡眠時間が少ない人は自律神経が乱れやすくなります。さらに髪の毛は起きている時間帯にさまざまなダメージを受けます。何気なく頭を掻いた時に頭皮を傷つけてしまったり髪の毛にダメージを与えてしまったり、日光からの紫外線も頭皮や髪の毛にダメージを与えています。

睡眠中にはこの様な日中に受けたダメージの補修を行っています。その為睡眠時間が十分取れていないと髪の毛や頭皮のダメージ補修が行われず、髪質が悪くなったり、頭皮環境の悪化につながります。

睡眠不足になると、さらにストレスが溜まりやすくなる他十分に睡眠が取れなかったことによる自律神経の乱れにより、皮膚の乾燥が引き起こります。乾燥によって乾燥肌の人はさらに乾燥肌に、皮脂の多い人は乾燥を防ぐためにさらに皮脂の分泌が過剰になります。

余分な栄養素もどんどん消費され髪の毛のために使う栄養素がなくなっていきます。結果抜け毛や薄毛に繋がるのです。

スポンサーリンク

ハゲないために今から出来ること

運動

ハゲやすい人の特徴や、ハゲが起こる原因が分かった所で、今から始められるハゲない為の対策を紹介します。

ハゲないために行うべき事は、自分の頭皮や髪の毛の状態によって優先順位や対策方法も変わってきます。自分の頭髪や頭皮の質をしっかり意識して、有効な方法を選んで行っていきましょう。これらの対策を早い段階から行うことでハゲは予防できます。

シャンプー選び

髪の毛と長い間付き合っていきたい人はシャンプーをしっかり選ぶ必要があります。シャンプーには大きく分けて頭皮が強い人用(ハゲの心配がない人用)と頭皮が敏感な人用(ハゲる可能性が高い人用)のシャンプーがあります。

近年はシャンプー業界のバリエーションが増え、値段も安いものや薬局にも置かれる薬用シャンプーやスカルプシャンプーなどが売られるようになりました。しかし、ちょっと前まで薬局に置かれている安物のシャンプーは洗浄成分が全部高級アルコール系洗浄成分の洗浄力の強い物が主流でした。高級アルコール系のシャンプーは泡立ちもよく香りもいいですがそれ以外の頭皮のことや髪の毛へのダメージ補修や保湿効果などの効果は期待できません。

ハゲることが心配な人は必ず洗浄成分がアミノ酸系洗浄成分のものや自然由来植物エキスで配合されたシャンプーを使用するようにしましょう。肌の状態に合わせて抗菌作用のあるものや、保湿成分が十分なもの、育毛成分が含まれているものなど自分に合ったシャンプーを選び頭皮ケアをすることが重要です。さらに長期間使うものなので値段も自分に合う金額の商品を探すことが重要です。

正しいシャンプー方法

シャンプー方法やシャンプーをする時間や回数なども非常に重要になってきます。ワックスがべったりついている髪の毛なのに、ちょっとお湯で濡らしただけですぐシャンプーをしてそれで終わりなんて方法では、ハゲやすい人はすぐハゲてしまいます。

シャンプー液を付ける前によくお湯で頭皮の皮脂やワックスなどの汚れを落としましょう。手で湯だめを作ってしっかり根元までよくすすぎましょう。しっかりやればこのシャワーだけで7割の汚れや皮脂は落ちてしまいます。その後にシャンプー液をつけて十分泡立てて頭皮を揉み込むように洗浄します。頭皮マッサージを兼ねて行うと一石二鳥です。

ワックスなどを付けない場合は湯シャンのみで十分と言う人も居ますので湯シャンの重要性がお分かりいただけるでしょう。

さらに一日何回もシャンプーをすることもNGです。必要以上に皮脂を落としてしまうことも肌には良くありません。乾燥を招いたり、乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌が起こる場合があります。また朝にシャンプーをすることで皮脂のバリア機能が無くなり紫外線の影響を大きく受けてしまう事も問題になります。また朝の短い時間でシャンプーを行うことですすぎ残しや洗い残しが起きやすくなります。

出来るだけシャンプーは夜に行うようにしましょう。

髪の毛の為の食事

髪の毛が栄養不足にならないようにバランスの良い食事を取ることが重要ということは、髪の毛が抜ける原因の項目でも紹介しました。

では具体的にどんな栄養を取れば良いのでしょうか。髪の毛の主成分はタンパク質ですがその他にも髪の毛の合成のために必要なビタミンなどの栄養素は沢山あります。

タンパク質を構成するアミノ酸、ミネラル、適度な脂肪、水、ビタミンなどが主に必要になります。特に髪の毛の成分の90%はケラチンというタンパク質で出来ています。このタンパク質を生成するためには元となる必須アミノ酸を吸収する必要があります。このアミノ酸は体内では生成できないので食事で摂取する必要があります。

タンパク質が不足すると髪の毛が抜けるだけでなく、白髪が増えたり、髪が細くなたりします。

必須脂肪酸として青魚などに含まれるDHAやEPA、植物油やナッツなどに含まれるαリノレン酸が皮膚の乾燥には有効です。さらに頭皮の環境を良くするためにはビタミンA、B群、C、Eなどが重要です。ミネラルではカルシウム、セレニウム、亜鉛、鉄分があります。

おすすめな食べ物としては、大豆製品、卵、青魚、くるみ、海藻類、牡蠣、チョコレート、ヨーグルト、ブルーベリー、トマトなどがあります。

ストレスの解消法を持つ

ストレスの多い環境に居ても、しっかりストレスの発散ができる解消法を何かしら持っていれば問題はありません。要は溜まったストレスが悪さをする前に外に出すことでなんの問題も起きないということです。

おすすめの発散方法としては、スポーツなどの運動でのストレス発散です。適度に汗をかくことで新陳代謝が行われ、発汗作用により頭皮から汗が放出され、毛穴の活動が活性化します。

さらに運動不足も解消され、それに伴う肥満などの間接的にハゲに関係する問題も解消されます。体が適度に鍛えられることにより、思考もポジティブに変換されやすくなり、よりストレスに強い心身が生まれます。

運動でなくても、何かしらの趣味を持つことはストレス発散には有効です。自分の時間がしっかり取れる環境に身をおくことが重要になります。また、こまめに休憩を取るなど、息抜きをする時間をもっと大切にしましょう。

仲間内との会話を増やしたり、笑う機会を増やすことやペットと遊ぶなど工夫して今からできるストレス発散方法を模索しましょう。

運動不足の解消

激しい運動を行う必要はありません。適度に運動を行いそれを長期間続けることが重要です。運動を行うことによって新陳代謝が促されます。運動により血行も促進されます。さらに筋肉量が増加するので、基礎代謝がアップし、肥満も防止できます。

汗をかいた後にしっかりシャンプーすることで毛穴も綺麗に保つことが出来ます。運動により適度に疲労感が生まれることで睡眠の質もアップします。

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を30分ほど毎日行うことで効果が十分現れます。デスクワークがメインで毎日座っての仕事を行っている人は何かしらの運動を取り入れるといいでしょう。

運動を取り入れることの重要性としてスポーツ選手にはげている人が少ないことを見ても納得して貰えると思います。逆に激しい運動は男性ホルモンが分泌されたり、交感神経が刺激されるのでハゲる方向に傾く可能性があります。特に筋肉トレーニングのような無酸素運動は逆効果になる可能性があります。栄養も筋肉はタンパク質で出来ているので、筋肉に栄養が送られてしまうので髪の毛の栄養が不足してしまう可能性が考えられます。

タバコを控える

タバコを吸っている人が禁煙をすることは逆にストレスが溜まってしまう場合があるため、強くおすすめは出来ませんが、もしまだタバコを吸う習慣がない場合は吸わないようにする方がいいでしょう。

タバコを吸うとニコチンの働きによりビタミンCが破壊されます。ビタミンCには栄養の吸収を助ける働きがあります。ビタミンCが破壊されることでビタミンEの栄養の働きも鈍くなります。ビタミンEは血行を良くする効果がるので、血流が悪くなります。

ビタミンの効果でなくともタバコを吸うとニコチンの働きにより血管が収縮します。特に毛細血管への血行が著しく悪化します。頭皮に走っている血管は毛細血管なのでタバコを吸うと血の供給が無くなり、髪の毛の成長に必要な栄養の運搬が阻害されます。

またAGAの原因になるジヒドロテストロンの発生量も吸わない人に比べて喫煙者に多く見られたため、タバコの摂取は避けたほうが良いでしょう。

過度な飲酒をやめる

飲酒自体は、むしろストレスの発散に有効であったり、血行の促進を促してくれたり、大脳皮質の抑制を開放し円滑なコミュニケーションの助けになったり、適度なアルコールを摂取することによって様々な病気の発病を抑えると言われています。

しかし、その一方でお酒には一定量の毒素が含まれていて、許容量を越えてのアルコールの摂取は身体に悪影響になります。

飲みすぎてしまうと内臓系にダメージを与えたり、ビールに含まれるプリン体が肥満を誘発したりします。内臓系に与えたダメージ修復のために栄養を消費したり、二日酔いで嘔吐や下痢などにより多くの栄養が排出されてしまうこともあります。

さらに飲酒の場での食事は脂っこいものや味の濃いものが多く、飲酒によりアルコールが回ることで食欲も増進し、いつも以上に食べすぎてしまってさらに肥満につながりやすくなります。問題なのは飲みすぎてしまうことなので、必ず自分の許容量を守って飲酒を行うようにしましょう。

紫外線予防

頭皮は髪の毛に覆われていますが、紫外線による影響を受けやすい場所でもあります。その為紫外線対策が重要になります。

長時間紫外線を浴びていると、肌と同じように頭皮が日焼けをし頭皮が硬くなったり、頭皮の老化が進んだり、髪の毛の中のメラニン色素を分解し髪の毛の色が茶色っぽくなったり、髪の毛自体が弱くなり切れやすくなります。

頭は太陽に一番近い位置に面しているので、最も紫外線の影響を受けやすい場所でもあります。特に紫外線の強い夏などの時期には帽子を被るなどの対策が必要でしょう。

その他にも今は髪の毛にも使える日焼け止めなどの商品も販売されているのでそちらを利用するのも良いかもしれません。しかし、頭皮に直接日焼け止めを塗るような商品は逆効果になる可能性も考えられるので、避けたほうが良いかも知れません。

帽子やヘルメットなどの被り物の注意

帽子やヘルメットなどは紫外線を防止できるため有効に働く場合もありますが、その逆の効果が出てしまう可能性があるので注意しなければいけません。

長時間帽子などの被り物を被っていると、頭に熱気がこもり雑菌が発生しやすくなります。毎日仕事で帽子やヘルメットを被っている場合はその被り物が清潔でないことも考えられます。そうするとさらに雑菌は発生しやすくなります。

発生した雑菌は頭皮ニキビや吹き出物やフケなどの原因になります。また頭のサイズに合わない小さな帽子などを長時間被っていると、頭皮が締め付けられて血行が悪くもなります。その結果ハゲに繋がる問題に繋がってしまいます。

しかし、熱や紫外線から髪の毛や頭皮を守ってくれるのは確かです。帽子やヘルメットを清潔に保って、サイズの合ったもので通気性の良いものを被っていれば、その恩恵のみを受けることが出来ます。

帽子やヘルメットを間違った方法で利用するとハゲにつながってしまう可能性がありますので注意しましょう。

頭皮マッサージ

頭皮は、紫外線の影響や眼精疲労や肩凝りなど全身の凝りなどの影響を受け、皮膚が硬くなってしまい、血行が悪くなる事が起こりやすい部分です。頭皮のすぐ下は頭蓋骨になっていて非常に薄い皮膚で構成されています。

その為通っている血管も細く、血行不良になると髪の毛の成長に必要な栄養を運べなくなります。それを解消するために頭皮を優しくマッサージして血行を促進するとともに、毛穴に詰まった老廃物も外に流していきます。毛穴の詰まりをなくすことで、正常な髪の毛の成長を促します。

頭皮マッサージは特に頭頂部からの薄毛、AGAでの薄毛対策として効果があり、M字のハゲには効果が出にくいと言う傾向があります。全く効かない訳ではありませんがM字ハゲには結構対策とは別の対策が必要になってくるでしょう。

また、抜け毛や血行促進やストレスの発散などに効果のあるツボを刺激することで効果を上げることも出来ます。頭の頂点に位置する百会(ひゃくえ)というツボや、左右の耳の丁度上に位置する角孫(かくそん)と言うツボなど沢山のツボが頭には存在します。

全体的に揉み込むことで同時にこれらのツボを刺激する事に繋がるので、じっくり頭全体を揉み込みましょう。

自分に合った育毛方法を選択する

これらの対策などは、長期間行うことで総合的に、頭髪に効果の現れてくるものになります。残念ながら、現段階では飲めば必ず髪の毛が生えてくるような商品や、これをやれば髪の毛が生える、といったようなものは発見されていません。もし発見されればノーベル賞ものとも言われています。

高額な育毛剤や、シャンプーや育毛薬なども確実に効果の期待できるものは無いのが事実です。3ヶ月〜2年以上続けて7割以上が効果があったと答える商品などがほとんどですが、専門的なクリニックなどに通って高額なお金を払って育毛治療をしたのに効果が期待できなくては意味がりません。

しかも、これらの商品を使いながら生活習慣などの改善を行ったことで改善が見られる結果となります。正常な育毛を行う上では生活習慣の改善は必須項目になっています。

髪の毛をおじさんになってもフサフサに保っておくためには、若い頃から髪の毛に良い生活習慣を身につけとくことが重要になります。20代までハゲないための生活習慣を続けていたら、ハゲる可能性はかなりの確率で抑えられるでしょう。

無理して続けられないような事は逆にストレスになりますし、自分に合っている手段を選んで結果髪の毛にいい影響が生まれる様な生活が出来ることが理想でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

もしハゲが似合う顔立ちであれば、ハゲても良いかなと思いますが、流石に若くしてハゲが似合う人は少ないですよね。なるべくハゲたくないせめて40代以降までは髪の毛を維持したいなどの人は、これらの対策方法を参考にして健康な髪の毛の成長を促していきましょう。

いったんハゲてしまうと、気になってしまって他の事が手につかなくなってしまったり、コンプレックスを感じて気持ちが後ろ向きになったり、さらにストレスの種が増えてハゲが進行するなどの悪影響を繰り返す可能性があります。

ハゲになる前にハゲないための対策を行うことで、よりよい着地地点に落ち着くことが出来ます。早めに対策することで、買わなくてよかったものも出てきます。

一旦ハゲになった頭を元の状態に戻そうと思うと、効果の高い値段も高いシャンプーや育毛剤なども買わなくてはいけなかったり、何かと出費がかさむこともあります。

もし、自分の母親の祖父がハゲている事実がわかっている人は、頭の片隅に自分は遺伝子によりハゲる可能性が高い事を認識しておくだけでも大きく変わってくると思います。

若いうちからの過度なヘアアレンジなどは避けて髪の毛や頭皮を正常に保っていきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて御覧ください。

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

若ハゲの原因は10代・20代で変わる?それぞれの原因や種類、対策方法を紹介!

【チェック項目あり】あなたは何個当てはまる?男女別、近い将来ハゲやすい人の特徴25個!

ハゲかけ
とは?ハゲる前兆を見逃さないようにしよう!対策方法を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク