30代女性の薄毛の10の対策方法!〜抜け毛を無くそう〜

30代も半ばをすぎると、白髪や薄毛など髪の毛に関する悩みが増えてきます。

薄毛やハゲは男性のものと思っていた女性も人ごとではありません。女性でも30代を超えてくると薄毛になる危険性があります。

薄毛になってしまった時にはどのような対策法が有効なのかについて今日は紹介していきます。最近薄毛が気になってきた、という人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

女性に薄毛が発生する原因

お風呂女性

自分に薄毛が発生している原因を知ることから始めないと、正しい対策法を行うことはできません。

まず薄毛が発生している原因が何からくるものなのかについて理解していきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性がハゲにくい原因は女性ホルモンの働きかが大きいです。エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが髪の毛を長く成長させ、コシがありしなやかな髪の毛にするという効果があります。

この女性ホルモンが少なくなってしまうと当然髪の毛の成長が悪くなってしまいます。

FAGA(女性男性型脱毛症)分娩後脱毛症(産後脱毛症)と呼ばれる脱毛や、若い年齢なのに生理不順などの影響でホルモンバランスが乱れて若年性脱毛症となることもあります。

ストレス

ストレスを溜め込みすぎると抜け毛が増えてしまいます。ストレスが蓄積してしまうと自律神経が乱れて血流が悪くなることや、血液内に活性酸素が増加し頭皮の老化や栄養の消費やホルモンバランスの乱れなどを発生させてしまう影響で抜け毛や白髪が増加します。

円形脱毛症やFAGAの別名びまん性脱毛症の脱毛が発生します。十円玉ほどの大きさに脱毛が発生したり頭部全体の髪のボリュームが薄くなる症状が特徴です。

頭皮環境の悪化

皮脂が毛穴に詰まってしまうことや、頭皮に雑菌が増加したことで頭皮に炎症や湿疹や過剰な乾燥が発生し、頭皮トラブルになってしまうことで抜け毛が増加する症状が発生します。

フケと抜け毛が増加する粃糠性脱毛症(ひこうせい)や頭皮のかゆみが酷くなる症状と共に抜け毛が増加する脂漏性脱毛症などの脱毛症が発生し、薄毛になります。

主にシャンプーやストレスでの体内バランスの乱れが原因で発生する脱毛になります。

遺伝的要因

生活習慣が乱れていても薄毛にならない人と、なるべく生活習慣は整えているのに、薄毛になりやすい人がいます。これは遺伝の影響による差になります。

女性のFAGAを発生させる5αリアクターゼの働きや毛母細胞のレセプター(受容体)の感受性が高いなどの特徴が遺伝されることで薄毛になりやすい場合があります。

女性の場合は両親とその祖父母の髪の毛の状態を確認することで自分がハゲやすいかどうかを判断することができます。親族にハゲが多ければ多いほどハゲ遺伝子を持っていることになりますのであらかじめ認識しておきましょう。

スポンサーリンク

30代女性の10の薄毛対策

女性と時計

30代の女性に発生した薄毛に有効とされる対策法を紹介します。

しっかり対策を行なって薄毛を改善していきましょう。

シャンプーの改善

シャンプー剤とシャンプー方法を見直すことで頭皮環境を変えることができます。

具体的には、できるだけ刺激の少ないシャンプーを使用して、頭皮をもみこみながら爪を立てないようにしてシャンプーしていくことで頭皮の必要最低限の汚れを落とし、乾燥や炎症を防ぐことができます。

注意点としては

  • 高級アルコール系シャンプーを使用しない
  • 長時間シャンプーをしない(ヘアパック専用商品を除く)
  • 爪で頭皮を傷つけない
  • 髪の毛ではなく頭皮を洗うことを心がける

ということを意識していくことが重要になります。

ブラッシングの採用

女性であれば髪の毛をブラッシングをしている人も多いでしょう。ブラッシングには頭皮へのマッサージ効果や髪の毛の絡まりを解消して切れ毛をなくす効果があります。

ブラッシングを行うときに重要視したいのはブラシの素材です。特にプラスチックの材質の商品は髪の毛への静電気からの摩擦が大きく、切れ毛や髪の毛のダメージに繋がります。

おすすめなのは獣毛ブラシです。程よい油分を含んでいるブラシがもっとも髪の毛へのダメージが少なくメリットのみを受けることができます。

睡眠の改善

寝ている間には成長ホルモンが分泌されています。このホルモンは、体の成長以外にも髪の毛の成長や肌のダメージの補修などを行なっているホルモンになります。

なので、正常にこのホルモンを分泌して髪の毛の成長やダメージ補修を促していくことが重要です。
その為には22時〜深夜02時までの睡眠がもっとも有効になります。できるだけ24時までの時間までには就寝していることが好ましいでしょう。

また、日中に眠気が発生している人は寝具の見直しや、睡眠前の準備などを見直す必要があるでしょう。

運動不足の解消

運動不足なことで髪の毛の成長が低下してしまうので、できるだけ運動不足を解消しておきましょう。

有酸素運動が特に効果的で、頭皮からの発汗と、頭皮の血行促進効果で髪の毛の成長が促されます。

また、もしFAGAなどの男性ホルモンが影響して薄毛になっている場合は、抜け毛の原因であるDHTというホルモンを体外に排出するデトックス効果も有酸素運動にはありますので、非常に有効になります。

ウォーキング、ジョギング、ランニングなどを行なってしっかり汗をかいて体の代謝能力を向上していきましょう。

栄養バランスの整った食事

髪の毛の成長を行う為には、髪の毛の豪勢に必要な栄養素が十分に頭皮に運ばれなければいけません。

髪の毛の生成に必要な栄養素は、タンパク質とビタミンCが主な栄養素になります。タンパク質は数十種類のアミノ酸となり再構成されケラチンという髪の毛の主成分になります。さらにビタミンCとアミノ酸で髪の毛のハリを出すコラーゲンになります。

そのほかにも、栄養をスムーズに頭皮に送るための亜鉛などのミネラルや、頭皮環境を整えるビタミンB群、ビタミンE、ビタミンAなどのビタミン各種も重要です。

食事だけでは摂取しづらいミネラルや、体に蓄積しない水溶性ビタミンのビタミンBやCなどはサプリメントで摂取してもいいでしょう。

女性ホルモンのバランスが崩れている人は大豆イソフラボンを適量摂取しても髪の毛の成長を助けてくれますよ!

ストレスの解消

血行不良やビタミンの消費によって髪の毛の成長力が損なわれる問題を発生させるストレスの蓄積。これを解消する為には適度な間隔でストレスを発散していくことが重要になります。

例えば仕事中にたまにストレッチや外の空気を吸うことで息抜きをする。休みの日に趣味に没頭してストレスを発散するなどが有効です。

イギリスの研究では読書がもっともストレスの発散に効果的であったということが報告されています。自分に適している方法でこまめにストレスを解消して溜め込まないことが重要です。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージには頭皮の血行をよくする効果と、適度な刺激で毛根に存在している髪の毛を成長させる細胞を活性化させて髪の毛の脱毛を改善し、髪の毛の成長力を高める効果が期待できます。

また、凝り固まった頭皮をほぐすことで顔のシワやたるみなども解消できるのでアンチエイジング効果もあります。

シャンプーのついででもいいですし、シャンプー前に頭皮マッサージを行うと汚れが浮き出てシャンプー効果も上がって一石二鳥です。

禁煙

タバコに含まれているニコチンや一酸化炭素は体にとって有害な物質です。

ニコチンはビタミンCを大量に消費し、毛細血管を収縮させます。一酸化炭素は動脈硬化や血中のヘモグロビンと結びつくことで全身を巡るので、ヘモグロビンと結びつくはずの酸素が十分に体に行き渡らずに細胞がエネルギー不足に陥ります。

これが原因で薄毛につながる可能性が高いので、出来るだけニコチン中毒レベルにタバコを吸うのは避けましょう。

嗜好品としての喫煙はストレス発散にもなるのでしっかりとした管理下にある場合には悪くありません。

お酒を飲み過ぎない

飲酒によってもたくさんのビタミンやミネラルが消費されてしまいます。

お酒も合法ではありますが、飲み過ぎてしまうと体には大きな害となります。特にアルコールを代謝する肝臓は他のビタミンの貯蔵庫や代謝を行なっている場所でもあります。

肝臓が弱ってしまうと栄養供給が不足してしまうので、適度に摂取してストレス発散の恩恵だけを受けるようにしましょう。

育毛剤の使用

女性専用の育毛剤というものも販売されています。

花蘭咲(からんさ)マイナチュレなどが有名ですね。女性専用育毛剤は天然由来成分の頭皮環境を整える成分や、髪の毛の栄養となる成分が主体に配合されていて、副作用が少なく、使用感がいいものが多くなっています。

男性のような強力な「発毛剤」と呼ばれる市販品としてはリアップリジェンヌというミノキシジルが含まれているものしかありません。

それ以外はクリニックでの処方が一般的になるでしょう。

これらの商品を使用して髪の毛の成長を促していくことも一つの手です。6ヶ月以上、2年間の使用が推奨されているので、長期間使用することをお勧めします。

スポンサーリンク

育毛対策の改善目安は3ヶ月

育毛対策をしている時に、自分に合っているか合っていないかということが重要になります。

3ヶ月で髪の毛のハリが良くなった、髪の毛が立つようになった、などの効果が実感できるでしょう。遅ければ6ヶ月ほどかかることもあります。

3〜6ヶ月間。この程度は継続して対策法を続けていきましょう。

効果が現れない場合は一旦対策法を見直して、原因を再確認しましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

妊娠中に使ってはいけない育毛剤について!妊婦におすすめの育毛対策を紹介!

ヘアアクセルレーターの驚きの効果!髪の毛が驚くほど伸びる口コミ多数!薬局などの扱い店を紹介!

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク