烏龍茶の育毛成分で薄毛が改善される?効果的な飲み方やシャンプー商品を紹介!

皆さん好まれて飲まれる飲み物の中には確実に烏龍茶があると思います。これはくせが少なくて飲みやすく、季節を問わず愛飲され続けている珍しい飲み物です。そんな烏龍茶ですが、実は育毛に効果があるという説が流れてきております。

今回は烏龍茶が果たしてどのように髪の毛に絡んでいるのか、どのような効果があるというのかを徹底的に調べてまいります。普段から「ウーロン茶がおいしい!」と飲んでいる人も多いのに、ハゲている人が多いのは気のせいなのでしょうか。

スポンサーリンク

この話はどこからきているのか?

03c1a2aaf8b770814274c0bde27e4cb7_s

「烏龍茶は髪の毛にとって良い作用があります!」といきなり言われても、ほとんどの人たちが何を言っているのかわからないと首をかしげることでしょう。

仮に、育毛効果があるというのならAGA治療薬や男性ホルモン薬のような男性ホルモン抑制作用といった効果や、発毛効果などがあるということになります。

日本薬学会第136年会での発表か?

おそらくそれらのすべての話のスタートは2016年3月26日から開催された日本薬学会第136年会での日本最大手の毛髪クリニック「リーブ21」の発表によるものでしょう。この発表を要約すると「ウーロン茶エキスには育毛効果がある」というものです。

要するに、騒がれ始めたのはごく最近ということです。そのごく最近の発表でありながら、あまりにも身近にある飲み物すぎて多くの方に衝撃を当てえており、ネット上でも様々な話題提供となっております。

ウーロン茶エキスの薄毛改善作用について

それではより具体的に解説すると、AGAに対しての特効薬にこのウーロン茶エキスはなってくれます。ウーロン茶エキスは薄毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制する効果があるというのです。

のちにAGAについて詳しく解説しますが、この5αリダクターゼ抑制効果は1型や2型両方に効果があるとのことで、ミノキシジルなどの成分が含まれる薬と同じような効果があるということが判明したのです。

さらに、マウス毛成長試験においてテストステロン処置マウスの育毛を促進させる効果があったとのことですので、テストステロン抑制効果があるということも判明しております。あくまで、これらの作用は烏龍茶による育毛効果ではなくウーロン茶エキスによる育毛効果となるので、その部分は理解しておいてください。

まだまだこれらの生理作用については研究対象となっている段階なので、日本の薄毛率改善のためにもこれからだと思っていただいたほうがいいでしょう。含有成分から新たに、血行促進作用といった健康効果や薄毛予防作用があるという報告が出てくる可能性もあります。そうなれば、定期的に開催決定となっている日本薬学会あたりで、情報が出てくると思います。

スポンサーリンク

AGAについて

3bbc8743584e9e67d298312be30ae9f8_s

AGAとは日本では「男性型脱毛症」と呼ばれているもので、成人男性に多くみられる脱毛症の一種です。この脱毛症は非常に多くの成人男性を巻き込んでおり、1000万人以上の方々がこのAGAに苦しめられているといわれております。

ウーロン茶エキスがこのAGAに効果があるという記述をいたしましたが、それだけではよくわからないと思いますので、このAGAの仕組みについて詳しく解説します。

AGAは髪の毛の成長サイクルを乱す

髪の毛は必ず成長期⇒退行期⇒休止期⇒脱毛⇒成長期というヘアサイクルを繰り返します。このサイクルは毛周期とも呼ばれていますが、だいたい2~6年かけて成長して生え変わると思ってください。

しかし、AGAになってしまった人はこのヘアサイクルが大きく乱れてしまいます。髪の毛がしっかりと成長することなく抜けていってしまうようになるので、最低でも2年はあるサイクルが1年以下となってしまうのです。こうなると産毛のような細い毛になって次々と抜けていってしまいます。

この状態が何回も続くことで毛根に毛がない状態が長く続くようになり、毛穴と毛細血管が退化して髪の毛が完全に生えない状態になってしまうのです。こうなってしまった毛穴からはもはや髪の毛が生えてくることはないでしょう。

AGAの最大の原因はジヒドロテストステロン

このAGAになってしまう最大の理由はジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大量発生してしまうことにあります。この男性ホルモン作用が発生すると毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結び付くようになってしまい脱毛ホルモンとして動き始めます。脱毛効果のあるタンパク質を生成し、髪の毛に抜けるように命令が飛ぶようになって成長期が極端に短くなるのです。

このジヒドロテストステロンは男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結び付くことで生成されるのですが、この「5αリダクターゼ」には1型と2型が存在しており、2型と結び付いて生成されるDHTタイプⅡがより強力な脱毛原因となって髪の毛を襲います。

AGAの人は頭頂部と生え際に影響が出る

基本的にAGAの人たちは頭頂部と生え際に影響が出ます。いわゆるO型ハゲやM字ハゲというのはAGAの可能性が高いのです。この最大の理由は先ほど記載した5αリダクターゼの2型が頭頂部と前髪付近に大量に存在していることにあります。

もちろん、1型の5αリダクターゼとテストステロンが結び付いた場合でもある程度の影響は出るようですが、2型と結び付いたほうが圧倒的に影響力は高いので、頭頂部と生え際が次々と抜けていってしまうのです。

この5αリダクターゼ2型がどれだけいるのか、どこにいるのかは遺伝によって決まっているので、少ない人もいれば多い人もいます。こればかりはどうにかすることは出来ません。

AGAのステージについて

AGAの進行の仕方は人によって異なる部分がありますが、世界中で猛威を振るっている脱毛症のため、かなり精度の高い進行パターンごとの分類分けがされております。代表的な進行パターンの分類を「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼び、それぞれを7種類に分けて考えられているのです。

この7段階を細かく解説していきます。

第一段階

第一段階ですが額に面積がちょっとだけ広がっていきます。本当に少しだけなので気が付かない人のほうが多いでしょう。昔の写真と見比べることで気が付く人も出てきます。

第二段階

次に第二段階ですが、ここから一気に髪全体のボリュームが減ってくるので違和感に気が付くでしょう。この段階になるとAGAの進行による違いが出てくるのでどのタイプなのかもわかってきます。M字ハゲなのか頭頂部の薄毛が進行するO型ハゲなのかが見えてくるのです。

第三段階

第三段階になるとさらに頭頂部と前頭部の薄毛と抜け毛が進行します。M字ハゲの人でも頭頂部が薄くなり始めるのでさらにボリュームが減るでしょう。O型ハゲの人も隠せない段階になります。ここまでくると脱毛促進がかなり進んでいるので厄介な状態といえます。

第三段階

第四段階になるともはや髪型でごまかせるレベルではないので、専門家の治療が必須なレベルになります。実際に、薄毛治療を考えている人たちは第四段階までに治療を開始しないと治らないとすら言われているのです。それ以降は毛母細胞や毛乳頭細胞などが完全に死滅して毛穴が塞がってしまうのでしょう。AGA治療薬の限界点と考えていいかもしれません。

第五段階

第五段階以降はもはや頭頂部の進行と生え際の進行が一体化しており、丸坊主にしたほうがいいと考えるようになります。この段階ではAGA治療を施しても完全に治らなくなるので、増毛か植毛による治療を考えるのが正解の段階になってしまいます。

AGAの薬について

このAGAに対して効果があるとして国に認められている治療法があります。それがAGA治療薬として認められているプロペシアとミノキシジルを使った投薬治療です。これらの薬は保険適用外なので非常に高くなりがちなのですが、確かな効果がある薬として大注目されております。

プロペシア

まずプロペシアについて解説すると、これは5αリダクターゼを阻害することでDHTを作れない状況にしてAGAをストップさせるという作用があります。要するにウーロン茶エキスで発見された効能がこの薬にはあるということです。

ミノキシジル

次にミノキシジルについてですが、こちらを摂取すると血管が拡張されることで、血流が増加し、毛乳頭に栄養素がしっかりと行くようになるので、毛母細胞の分裂が盛んにおこなわれるようになり、発毛につながるといわれているのです。一説には発毛因子を増やす効果もあるといわれております。

基本的に気軽に購入できない

これらの二つの薬は確かに効果があるといわれているのですが、アマゾンなどで気軽に購入できません。ミノキシジルのほうは大正製薬の「リアップ」に外用ミノキシジル医薬品として売られているので、そちらの効果を確認することができるでしょうが、飲み薬としては売られていないのです。

まず、プロペシアは医師処方薬に該当するのでネット通販では購入することができず薬局などでも発売することができません。購入するときには必ず処方箋が必要になってしまいます。

ミノキシジルは一般用医薬品の第一類医薬品に該当しているのでAmazonなどのネット通販ショップで発売することができないのです。将来的にこの部分が緩和されるとネット購入も可能になるかもしれませんが、今は薬として内服薬として購入することは出来ません。

抜け道もあるけど…

ミノキシジルやプロペシアなどの薬を手に入れるために最も簡単な方法は医師の診断を受けて処方してもらうことです。病院にどうしても行きたくないという方もいるでしょうが、これが最も早く簡単な方法なので、入手したいという方はこちらを断然お勧めします。

医師の助言なども受けることができますし、AGA対策や薄毛対策もより具体的に教えてくれるので、AGAに苦しめられている方は病院かAGA治療クリニックに行くことを強くお勧めします。

それ以外の方法では代行業者を利用してミノキシジルやプロペシアを入手する方法もあります。オオサカ堂などの通販を使えば購入することも可能なのですが、個人的には自己責任となってしまいますし、海外で作られているものは日本人向けに作られている薬ではないのでお勧めできません。

髪質というのは一人一人異なるのが当たり前ですが、日本人と欧米人を比較すると非常に大きな開きがあるので、欧米人向けに作られたこれらの薬を日本人が使うのはリスクが高すぎるのです。おそらく、まったく効果がないとか効果が強すぎるがゆえに副作用が強く出たというトラブルが起きます。

スポンサーリンク

烏龍茶の髪に対する効果まとめ

7e92bcceabee20cc8a2a1091f83c9c10_s

今までの説明でAGAがどのような作用をもたらし、抜け毛を悪化させていくのか理解したことでしょう。そこで、改めて先ほどあっさりとだけ触れてきた、烏龍茶による髪の毛のプラス作用についてまとめていきます。

5αリダクターゼの抑制作用

AGAの最大の原因がDHTということでしたが、このDHTを抑制する方法は男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結び付かないようにすることです。実際に、その作用があり薬として多くのAGA患者を救っているのがプロペシアとなります。

このプロペシアと同じような作用がウーロン茶エキスにあると発表にあったので、多方面から注目が集まっているのです。DHTの発生を防げるというのはそれだけ大きな作用といえます。

カテキン成分の効果も大きいか?

カテキンというポリフェノールは緑茶に多く含まれている健康成分なのですが、非常に大きな効能があります。血圧上昇抑制作用やコレステロール調節作用という生活習慣病に対しての効果や、抗酸化作用や血糖値調節作用、抗アレルギー作用や抗菌などの驚きの力もあるのです。

これがどういうことかというと、老化抑制作用があって、脂分の分解を促進して血液をサラサラにし、血液循環効率が上昇することから頭皮にも良い影響を与えるといえそうなのです。噂ではこのカテキンは5αリダクターゼ抑制効果があるといわれているのでそちらの力も注目されています。

ウーロン茶重合ポリフェノールの作用も大きい

烏龍茶は製造工程でカテキンが実は減ってしまいます。しかし、発酵茶なので発酵過程の中でウーロン茶重合ポリフェノールという整腸作用や脂肪分解作用があるポリフェノールとなってくれるので、効率的に血液がサラサラになって腸の調子も整えられるようになります。

テストステロン抑制効果

ウーロン茶エキスにはこのテストステロン抑制効果があるといわれております。テストステロンによって薄毛化されたマウスを使って実験したところ、育毛促進効果がはっきりと現れたということなので、噂では専用のプロペシアといった薬よりより効果的ではないのかといわれているのです。

飲むのと洗髪に使うのとどちらがいいのか

これらの飲み物から栄養素を補給して効果を発揮させるタイプのものはどちらで使うのが正しいのか悩んでしまいます。ウーロン茶エキスの効能だから飲むよりもシャンプーや育毛剤として使ったほうがいいという説もありますが、烏龍茶は気軽に飲むことができますので、そこまで悩む必要はないと思います。ウーロン茶などの中国茶は脂肪吸収抑制作用が強いので、毎日飲んでいる人も多いでしょう。そちらの効果も期待してください。

スポンサーリンク

ウーロン茶エキスを使っている商品はある?

c6dfe322d0ebc072e413b50863faccdd_s

このようにAGA対策として効果があるといわれ始めたウーロン茶エキスを使って商品化したシャンプーももちろんあります。その筆頭が「ナノサプリシリーズ」でしょう。もともとこのウーロン茶エキスは優れた殺菌効果やビタミン類の作用によって肌にも良いといわれており、化粧品としてもよく配合されていたのですが、シャンプーにも使われるようになったのです。

カテキンなどの作用を得るために頭皮に浴びせるという考え方もありましたが、すでに実用化されているのなら無理する必要はないでしょう。シャンプーを使って浴びせるようにして、烏龍茶を飲んでそちらからも補給するようにしてください。治療開始と同時にAGA治療体験記を付ける人は、飲むこととシャンプーなどを使って浴びることの同時進行で行きましょう。

烏龍茶の飲みすぎ防止にもなる

烏龍茶は非常に魅力的な作用があるということが分かりましたが、たくさん飲むときは冷やして飲むと思います。一部の方々は温めて飲む人もいるでしょうが、市販されている烏龍茶をボトルで飲むという人はペットボトルを冷やしてがぶ飲みするのが基本でしょう。

しかし、冷たいものの飲みすぎは体を冷やしてしまうので血行不良を促してしまいますし、タンニンの大量摂取は亜鉛の吸収を阻害して髪の毛の成長効率が一気に低下してしまいます。亜鉛は髪の毛が成長するのに必要な成分なのですが、烏龍茶の飲みすぎで亜鉛が吸収されなくなる可能性があるのです。

胃腸への刺激が強いという作用もあるので、腹を下している人やもともと胃腸が弱い人が大量に摂取するとトイレにこもる結果になってしまうかもしれません。しかし、シャンプーなどでも存在するということが分かれば、無理に大量摂取しようという考えはなくなるでしょう。

お茶を飲むときは暖かくして飲めば体温上昇効果もあるのでたくさん飲んで効果を高めたい人にはホット烏龍茶がおすすめです。

スポンサーリンク

烏龍茶の効果はありそうだが、はたしてどうなるか

日本茶や中国茶に使われる茶葉にも烏龍茶同様に育毛促進効果を得られる成分が含まれていますが、まだまだ髪の毛に対して有効であるという考え方が浸透しているわけではありません。これらの烏龍茶の成分を使った育毛剤や発毛剤はこれから次々と商品開発および商品化がされていくことが予想されますので、そうなればもっと広まると思います。

今回のこの記事は薄毛の方におすすめの烏龍茶の効果や使用方法並びに、どうして育毛に効果があるのかを詳しく解説いたしました。ぜひとも食事に烏龍茶を取り入れて、育毛効果を促進しましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

ヘアアクセルレーターの驚きの効果!髪の毛が驚くほど伸びる口コミ多数!薬局などの扱い店を紹介!

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

亜鉛がハゲに有効?その成分や効果的な摂取方法を紹介!過剰摂取に注意!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク