生え際の産毛が薄くなってる!その原因や改善するための生活習慣などを紹介!

最近生え際の産毛が気になってきたなあ、とお悩みではないですか?

髪の毛が後退してきたような気がすると思ったら、生え際が以前より太い毛が少なくなって、細い産毛のような弱々しい毛が増えてきたような気がする、この産毛は太くできないのかな、とお悩みの方にヒントになる記事をまとめてみましたのでよかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

生え際の産毛と薄毛の関係

%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%90

生え際の産毛は薄毛の進行と関係あるのでしょうか?

男性と女性と薄毛の違いも見ていきましょう。

生え際の産毛と薄毛は関係ある?

生え際の産毛に関する記事は多くありますが、薄毛が気になる人と、産毛を処理してきれいに見せたい人と分かれるようです。

自分のおでこの生え際が後退してきたような気がする、生え際の薄毛や産毛が気にる人が多くいるようです。生え際の産毛と薄毛は関係あるのでしょうか。

何らかの原因で髪が成長できずに、生え際部分に産毛、産毛のような弱々しい細い毛になっている可能性があります。もし産毛が生えてきたように感じるのであれば、薄毛の前兆かもしれません。

男性の薄毛 AGA(男性型脱毛症)

AGAは思春期以降頭頂部、または髪の生え際、あるいは両方から抜け毛が増えていって髪が薄くなります。

遺伝も大きな要因で、かつ男性ホルモンが悪玉となっています。髪がなくなっように思いますが、よく調べると産毛が生えているようです。男性ホルモンは毛根までは破壊しません。

男性の場合女性のような産毛はないので、産毛が残っているということはまだ毛根があるということ、また髪の毛が生える余地はあると言えます。

女性の薄毛 FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAはびまん性脱毛症(の一種)ともいわれています。男性のAGAは若い時からなる人もいますが、女性のFAGAはもう少し年齢を重ねてからなります。というのも原因は男性ホルモンだからです。

更年期を迎える頃女性ホルモンのはたらきが男性ホルモンのはたらきに負けてしまい、男性ホルモンが毛根に影響を与えます。女性の薄毛の症状の特徴は、生え際からというより、頭の全体が薄毛になる傾向にあるようです。また加齢により極端な抜け毛まではいかなくても、髪質が変わることがあります。

また女性は生理、妊娠や出産がきっかけで薄毛や抜け毛、白髪などが増えることもあるようです。

なお偏った食生活や生活習慣、ストレスによって若いうちに脱毛症になったり薄毛になるというのは男女共通で起こる症状です。

薄毛は見た目年齢にも大きく関わってくるので、正しい知識と予防、治療で、避けられるのであれば避けたいですね。

スポンサーリンク

生え際に産毛が生えたら

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%94%b7%e6%80%a7

生え際に産毛が目立ってきたらどうしたらいいのでしょうか。

産毛とは? 産毛の処理って必要?

産毛は赤ちゃんの時から生えてきた柔らかい毛のことでもあり、大人になっても顔などにうっすらと生えている毛です。

顔の産毛は男性はさほど気にならないかもしれませんが、女性は美容上顔やおでこの産毛は処理する方が多いです。特に前髪を上げたヘアスタイルだと、おでこ周囲のラインが気になるので、顔用のカミソリで自己処理する人もいます。

自己処理であれば肌のことを考えると、顔そり用の電気シェーバーの方がよりオススメです。自己処理以外の脱毛方法はサロンに行くという手も。脱毛サロンでフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、永久脱毛と脱毛方法はいろいろあるので、そちらを利用します。

ほんのり生えた産毛が「カワイイ」と言って薄くしたいと思っている女性も少なくないようです。薄毛に悩む人にはうらやましい悩みですが、どちらの立場から見ても、生え際というのは大きなポイントになっているということではないでしょうか。

生え際に産毛が生えてきたら要注意!

ほんのり生えた生え際の産毛はかわいくても、普通の毛より産毛が増えた、髪のボリュームがなくなったように感じたら危険信号です。

何かしらの原因で薄毛が特にM字はげが進行しているサインかもしれません。何かしらの対策を講じた方が良いでしょう。

薄毛の原因と男性ホルモン

髪の毛が生えることと関係あるのがホルモン。男性ホルモンと女性ホルモンのどちらも発毛に関わっています。

男性ホルモンは髪でいえば側頭側、女性ホルモンは頭全体に広く発毛に関わっているそうです。なお男性ホルモンはヒゲやワキ毛、スネ毛に関わっています。女性ならあまり活発になってほしくないホルモンですよね。

でも男性にとっても悪玉になりうるホルモンでもあります。特に生え際の産毛とも関わりがあるようです。

男性ホルモンにテストステロンというホルモンがあります。このホルモンは疲労回復など体にとってよいホルモンなのですが、毛乳頭にある5α還元酵素という酵素と結びつくとジヒドロテストロン(DHT)という育毛を抑制する抜け毛ホルモンに変化してしまい、頭頂部のはげの原因となると言われています。

ジヒドロテストロンが毛乳頭細胞の受容体と結合すると、育毛が抑制されてしまうということです。ホルモンということだけに注目すると遺伝的な要素に限られてしまいますが、男性に薄毛が多いという理由は納得できます。しかし他にも原因は考えられます。

生え際の薄毛とストレス、不健康な生活の相関

生え際の薄毛はストレスも大いに関係あります。

強いストレス下におかれれば、健康状態は悪くなります。またバランスのよい食生活でなければ栄養が体に行き渡らず、不健康になります。

血中に栄養が乏しければ当然髪にも栄養がいかず、また血行が悪くても同じ症状が起きるでしょう。血中の栄養不足は体調だけでなく髪に悪い影響を及ぼすことが容易に予想できます。

シャンプーを怠ったり髪の毛や頭皮にダメージを与えるような生活、また加齢によるホルモンバランスの崩れ、髪が新しく生える毛周期が乱れることも原因に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

はげてしまったら、産毛を生やすことを目指す

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89

産毛どころか脱毛で毛がすっかりなくなってしまった場合、まずは産毛を生やすことから目指します。

治療中、産毛が生えてきた

ストレスなどが原因で円形脱毛症になると、地肌が出てつるつるとした状態だったのが、治療をスタートして少し経つと産毛のような毛がたくさん生えてくることがあります。回復に向かっているサインと考えられます。

また育毛剤を使っていたらM字だった生え際のあたりに産毛が増えてきた、というのも良い兆候と言われています。

詳しくは、ハゲの産毛はこうやって育てる!産毛を黒く成長させる方法を読んでおきましょう。

いきなり健康な毛は生えてこない?

治療を始めてすぐに黒々とした健康な髪が生えてくるとは限りません。初めは産毛だったり弱々しい白髪が生えてくることがあります。でも産毛が生えてきたということはまだ毛根が生きていて、太くて健康な髪がまた生えてくるという可能性があります。

職場の強いストレス環境下で髪がすっかりはげあがってしまった若い男性が、根気よく治療を続け初めは産毛のようなふわふわした髪だったのが、だんだんと増えていって元の髪の量に戻ったなんていう例もあります。

ヘアサイクルが正常になれば、薄毛回復の可能性あり

抜け毛が多く、ハゲが進行している人は、抜けたら生えるという正常なヘアサイクルが乱れてしまっています。ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期というサイクルがあるのですが、産毛ばかりが生えている状態ということは、成長期に十分育たないまま退行期を迎えているということになります。

ヘアサイクルが正常になれば、産毛が生えている部分にだんだん太いしっかりとした毛が生えてくる可能性があるでしょう。

スポンサーリンク

生え際の産毛に良い生活習慣とヘアケア

%e9%a0%ac%e6%9d%96%e7%94%b7%e6%80%a7

増えてきた生え際の産毛をこれ以上増やさないためにどうしたらいいか、髪に生活習慣とヘアケアを見ていきます。

食生活

髪と頭皮の健康に、偏った食生活はよくありません。よく肉食中心は良くない、という話も聞きますが、何かを食べてはげた、何かを食べないとはげる、というのは信憑性に欠けます。

偏った食事で栄養失調状態になれば、健康に悪く、結果髪や肌にも何らかの影響が及ぼされることは予想されます。お酒ばかり飲んでおつまみ程度しかご飯を食べていないとか、肉ばかり食べているようで実はカロリーが足りていないとか、過度なダイエットなど、偏食による不健康が一因と考えられます。

血中の栄養不足は髪にも肌にもよくありませんので、1日に必要な食事の量は摂るよう、偏った食生活の人は改善するようにしましょう。特にたんぱく質は髪、肌、爪を作ってくれるので、量が足りなくならないように注意しましょう。

睡眠

食生活同様、睡眠も体の健康を害する程に寝ていないというのは、結果的に髪にも影響を与えることになるでしょう。

また22:00~2:00は肌や髪のゴールデンタイムというのを聞いたことがあるでしょうか。その時間帯は成長ホルモンの分泌が活発だと言われています。その時間帯には寝られるよう夜更かしをしないようにしましょう。

もちろんお仕事の環境、時間帯もあり、その時間帯に寝るのが難しい事情の方もいると思いますが、睡眠をとることで健康を維持し、結果的に髪に良いということになります。

血行促進

髪の毛根の根元にあるのが毛球、その毛球の中に毛母細胞と毛乳頭があります。毛乳頭は毛細血管から栄養をもらって、その栄養を毛母細胞に送り出します。毛母細胞が分裂して2個になった細胞のうちの1個は毛母に、もう1個は毛髪の細胞となります。この細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛が成長していきます。

頭皮が血行不良の状態だと、毛母細胞に血液から栄養がじゅうぶん行き渡らないことになり、髪の成長が妨げられます。

血行不良に陥る原因はストレスや運動不足、頭皮の汚れも関係していると言われています。血行不良を改善する方法としては、なるべくストレスを溜めないよう心がけ、また適度な運動を、そして髪を洗って清潔にすることが必要です。

また頭皮の血行促進のために、頭皮マッサージ、百会や角孫などのようなツボ押し、育毛剤も効果的です。血行を促進して、頭皮環境を整えましょう。

ヘアケア

薄毛が気になる人は髪のためにもシャンプーをして頭皮を清潔にしましょう。夜でなく朝シャワーを浴びる人も多い方かと思いますが、と髪のためには夜のうちにシャンプーをした方が良いです。

特に夏場の暑い時、スポーツをして汗をかいた後など、頭に汗をかいたまま寝るのは皮脂が毛根にたまりやすくなります。暑い時に顔を洗わないで寝たらニキビができたりするのと同様、洗髪しないで寝るのは頭皮によくありません。

ただし洗いすぎて乾燥させるのもよくありませんので、洗いすぎないように注意してください。

気になる生え際に良い生活習慣まとめ

簡単にまとめると、偏りのない食生活、質の良い睡眠、ストレスを溜めず適度な運動、髪を清潔にする、ということになります。髪のためでもあり、結局体全体の健康を考えればいいということになります。

スポンサーリンク

生え際の産毛を育毛剤で改善しよう!

%e7%94%b7%e6%80%a7

生活習慣を改善とともに、よりダイレクトに頭皮に効果があると期待できる育毛剤について見ていきましょう。

産毛を育てる育毛剤で育毛ケア

気になる髪の生え際に欠かせないケアの方法は、育毛剤の利用です。生え際の育毛方法といったら、毛に直接働きかける育毛剤をまず思い浮かべるのではないでしょうか。ある芸能人の方がタイの育毛クリームを使っていることで話題になりました。

育毛剤はその名の通り、毛髪の成長を促してくれるものです。髪の毛の成長と大きく関わる毛母細胞にはたらきかけて育毛を助けます。雑菌の繁殖や頭皮の乾燥も防ぎます。

育毛剤は初めは男性用のものが多かったですが、女性用のものも増えました。女性は加齢以外にも月経、出産や妊娠をきっかけに女性ホルモンのバランスを崩してしまうことがあります。それらが薄毛など髪のトラブルを引き起こすことがあります。

女性用育毛剤は女性用に開発されたもので、男性用育毛剤に比べると有効成分の濃度が薄めになっています。男性ホルモンにはたらきかける成分が少ないので、男性が使ってもあまり効果が期待されません。

ただし敏感肌の人など、頭皮の刺激に弱い男性は、女性用育毛剤の方が向いている可能性があります。

発毛剤との違い

育毛剤と発毛剤は異なるものです。育毛剤は生えている髪の毛に作用して育毛効果が期待されるのに対し、発毛剤は発毛促進が目的、脱毛した髪に発毛させることが期待できる成分が含まれています。

髪の成長にかかわる細胞に作用するのは育毛剤と同じです。

育毛剤選び

育毛剤ランキング、スポンサーリンクでいろいろな育毛剤が紹介されています。男性ならチャップアップ、イクオス、フィンジアなど、女性ならマイナチュレ、ベルタなど有名ですね。育毛効果が高いと評判のもの、育毛剤成分を調べ、コスパなどを考えて選ぶと良いでしょう。

発毛剤もありますが、育毛剤より強力で医薬品であることが多く、また人によって副作用もあります。

育毛シャンプーは相乗効果が期待できる?

育毛剤はシャンプーの後、頭皮が湿っている状態で使うのが浸透しやすいと言われています。育毛シャンプーもありますが、頭皮の汚れ、フケをしっかりとって髪や頭皮を清潔にするのが主体ですので、即育毛や発毛につながるというわけではないようです。

普通のシャンプーでは頭皮が脂っぽい、また乾燥してしまう、など使っているシャンプーが合ってないようだという人には試してみる価値があるでしょう。最近ではいろいろなタイプが出ていますので、頭皮に合ったものを選んでください。

育毛サプリも併用した方がいいの?

雑誌やインターネットの広告でよく見かける育毛サプリメント、ノコギリヤシやL-アルギニンといった成分が入っていて、それらがDHTの抑制効果がある、ヘアサイクルを整える、血行を促進してアンチエイジングが期待されているようです。

サプリメントだけで育毛効果を望むのは難しいですが、普段の食生活だけでは足りない栄養を補うことでより健康に、髪を育てる要因となるかもしれません。

スポンサーリンク

生え際の産毛 クリニックを利用

%e5%8c%bb%e8%80%85

M字はげが進行してきたようだ、生え際の毛が薄くなって産毛が増えてきた、というときは専門家による育毛治療、薄毛治療を頼ってみるという手があります。

生え際の産毛に効果ある?AGAクリニック

AGAの疑いのある人はAGA治療専門のクリニックで治療をするのがおすすめです。血液検査で本当にAGAなのか、頭皮の状況がどうなっているか調べてもらい、最も合った治療方法で育毛対策をしてくれるからです。

また薬局では買えない効果の高い薬を処方してもらえるので、発毛効果が期待できます。

生え際が気になったら皮膚科や美容皮膚科に

薄毛対策をしてくれる皮膚科や美容皮膚科で治療を受けてみます。女性なら女性の薄毛対策を専門にしているところで、レーザー育毛、注射で直接育毛成分を頭皮に注入したり、プラセンタで発毛を促すなど、セルフケアではできないような治療をしてもらえます。

植毛クリニックで自毛植毛

育毛ではなく自毛植毛という手もあります。髪が後退してしまったおでこを狭くしたい、時間をかけたくないという人にはこのような選択肢もあります。自然な仕上がりではやく髪を増やすことができるというメリットがありますが、費用がかかること、また方法によっては傷跡が残ることも。

スポンサーリンク

まとめ

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%b7%e6%80%a7

髪の生え際の産毛は、髪にトラブルのない女性にとってはチャームポイントにもなりますが、今まで生え際に産毛など生えてこなかった男性、薄毛に悩む人たちには深刻な問題となってしまいます。

髪が弱って産毛のような毛が出ているときは、まだ毛母細胞がなくなったわけではないので、正しいケアをすることで太い毛が出る可能性が見込まれるということもわかりました。健康に良い生活習慣を心がけることも重要です。

特別なケアとしては育毛剤が効果的、シャンプーやサプリはサブとしての併用を。そしてセルフケアでは効果が心配だという人は、医療機関を利用することも検討していいでしょう。

自分にあったケアを見つけて、気になる生え際の悩みから解放されることを願います。

関連記事として、

え際が薄い原因は?女性にも発生する生え際から始まる薄毛の原因を紹介!対策方法やクリニックでの治療方法を知ろう!

生え際の発毛を促す方法は?おすすめの育毛剤やシャンプー法などを合わせて紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク