薄毛対策にひまし油が有効?効果と使用方法について

トウゴマからとれるひまし油という植物油が、スキンケアやヘアケア、そして薄毛にも効果があるという噂を聞いたことがありますか。キャスターオイルともよばれるひまし油には血行を促進したり、抗菌作用や傷を回復させる効果もあるそうです。

ひまし油での頭皮マッサージには育毛効果もあると言われていますが本当なのでしょうか。ひまし油の特徴や育毛に役立つ効果とマッサージ方法など、ひまし油の薄毛への効果についてまとめました。

スポンサーリンク

薄毛にも効果がある?ひまし油とは

ヒマシ油種子

ひまし油という植物油はかつてはいろいろな用途に用いられ、工業用、医療用、食用にも使われていましたが、最近はスキンケアやヘアケアにも効果があるということで注目を浴びています。注目のひまし油にはどのような特徴があるのでしょうか。

ひまし油とは

トウゴマの種子から採れる植物油のひまし油は、キャスターオイルとも呼ばれます。油は低温だと固まりやすいものも多いですが、ひまし油は低温でも保存しやすい特徴があります。

工業用の原料としてさまざまな用途に使われ、ジェット機のエンジンにも使われていました。また医療用として風邪や下痢の薬に使われたり、天ぷら油にも使われていました。日本では特に民間療法として下剤代わりに使われていました。

その他にも塗料やインキ、さらに美容系の用途にも使われ、化粧品、石鹸や香水、ポマードなどの整髪料にも使われています。

ヒマシ油は薄い黄色をして香りが強く、テクスチャはハチミツのような感じでドロッとしています。顔や髪にも使えるとされていますが、そのまま使うには重いようです。

ひまし油の成分

ヒマシ油に最も多く含まれているのはリシノール酸という脂肪酸の一種です。

あとはリノール酸、オレイン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、ヒドロキシステアリン酸などの脂肪酸が含まれています。

リシノール酸

ひまし油の最大の特徴であるリシノール酸は、天然ではひまし油にしか含まれていない成分です。ひまし油の90%近くはリシノール酸であり、皮膚を健康に保つ抗炎症作用・抗菌作用があります。

リシノール酸の性質がひまし油にさまざまなメリットをもたらしています。

ひまし油を使うメリット

ひまし油には傷の消毒や傷跡を目立たなくしたり、関節痛や関節炎、筋肉痛を和らげる効果、また下剤として使ったり整腸作用効果もあります。シミやシワを薄くし、毛穴の汚れやメイクを落とすスキンケア効果、爪を強化する効果もあります。

さらに髪の毛をツヤツヤにしてクセ毛を解消するヘアケア効果、薄毛を改善する育毛効果、白髪の予防効果、毛嚢炎を治し、フケを予防する効果もあると言われ、特に女性に髪にも肌にも美容効果の高い植物性オイルとして注目されているようです。

ケイシー療法とひまし油

アメリカの著名な療法士エドガー・ケイシー氏による催眠療法において、ひまし油が毒素排泄療法で使われていたということも、ひまし油が有名になった一因のようです。

ひまし油を使うときの注意点

トウゴマの種子からはひまし油とリシンという毒性物質が抽出できます。精製度の低いひまし油にはリシンが含まれているので、顔や体に使うときは精製度の高いもの、顔や体にも使えるひまし油を購入して使用しましょう。

スポンサーリンク

薄毛も改善?ひまし油の育毛効果とは

目を伏せた女性

ひまし油には整腸作用や傷を回復する効果以外にもスキンケアやヘアケア、さらに育毛効果もあるということです。

薄毛や抜け毛など髪に悩みがある人にとって気になる効果ですよね。薄毛の原因とそれらを解消するひまし油の育毛効果を見てみましょう。

薄毛の原因

薄毛の原因にはいろいろ考えられますが、加齢、ストレス、血行不良や栄養不足なども考えられます。

加齢により細胞が不活発になっていくと、健康な髪の毛が生えにくくなっていきます。また年齢が高くなるほど運動不足になり体温も低くなりがち、血行が悪くなりやすく、栄養が体や頭皮にも行き渡らないため、髪に必要な栄養が不足する可能性があります。

ストレスは血行不良や男性ホルモンの分泌を増やしてホルモンバランスを乱し、睡眠を妨げることもあります。脱毛・薄毛の原因は加齢や遺伝によるものも多いですが、ストレスが大きく関わっていることも少なくありません。

血行促進効果

血行不良は薄毛の原因と大きく関わっていますが、ひまし油には血行を促進する作用があります。

血行が良くなることで頭皮の毛細血管へ栄養や酸素が行き渡り、毛根で毛母細胞の分裂も活発になって、育毛への効果が期待できます。

デトックス効果

頭皮や髪の表面には外気の汚れやホコリ、シャンプー・コンディショナーの成分、整髪料などが付着しており、日頃の洗髪では取り除きにくいものもあります。

蓄積した汚れは髪の健康に悪影響を与えますが、ひまし油のデトックス効果により頭皮や髪に浸透した汚れ、不純物を外へ出すことができるそうです。

抗菌効果

ひまし油には抗菌作用があるので、髪や頭皮に雑菌が繁殖するのを防ぎ、フケやかゆみを防いで頭皮を清潔に保つ効果があります。

頭皮環境が悪いと髪がベタついてボリュームダウンしたり、頭皮の炎症を招いてしまうことがあります。ひまし油の抗菌作用が正常な頭皮環境の維持に役立つことも期待できます。

スポンサーリンク

ひまし油での薄毛対策方法

バスローブ女性

ひまし油には血行促進・デトックス・抗菌と育毛に良い効果があります。ひまし油の育毛効果を薄毛対策として役立たせるには、どのような使い方をすれば良いのでしょうか。

ひまし油を使った薄毛対策方法を2つ紹介します。

ひまし油の基本的な使い方

ひまし油は粘度の高いオイルなので、オリーブオイルやホホバオイルなどと混ぜてから、シャンプー前にマッサージや髪パックで使うようにします。ひまし油と他のオイルの比は1:1~3:1で使います。

ひまし油は服につくと汚れが落としにくいので注意してください。お風呂で使用するのがベストです。ひまし油を使った後はシャンプーでしっかり洗い流すようにしましょう。2度洗いがポイントです。

またひまし油でアレルギー反応をまれに起こす人います。腕の内側などでパッチテストを行って、2日経ってもアレルギー反応が出ていないか確認した上で使うようにしましょう。

ひまし油を使った頭皮マッサージ

頭皮マッサージには血行促進効果があるので、ひまし油を使うことでさらに血流が良くなり、薄毛予防、育毛効果が期待できます。

ひまし油とホホバオイルやオリーブオイルを手のひらに広げ適量混ぜます。1円玉大程度の量で試して、足りなければ追加してください。

手でこすって油を温めたら、頭皮全体に塗ってマッサージします。両手で耳を覆うようにし、指の腹に力を入れて頭皮を下から頭頂部へ押し上げるようにします。耳の後ろ側も指で押しながらマッサージし、頭頂部付近も同様に押し上げるようにマッサージします。

一通り押し上げマッサージができたら頭頂部の百会や、襟足付近の天柱や風池などのツボも押すとより血流が良くなる効果があります。

マッサージ時間は大体5分程度でOKです。すぐに洗い流しても良いですが、頭皮や髪の保湿をしたければシャワーキャップや蒸しタオルで頭を覆って放置します。

その後シャンプーで2度洗いし、コンディショナーをします。男性はシャンプーだけでも良いでしょう。週1回程度で行うのが目安です。

ひまし油を使った髪パック

頭皮の保湿と抜け毛予防、さらには髪の成長を早めるとも言われているひまし油を使った髪パックの方法を紹介します。

ひまし油大さじ2杯にハチミツ大さじ1杯、卵黄を1個準備してよく混ぜます。ひまし油とココナッツオイルなどの美容オイルを混ぜたものでもOKです。

頭皮全体と髪にもオイルを塗って、蒸しタオルやラップを頭に巻きます。巻いた状態でお風呂に入って10分、または時間があればお風呂前に(汚れないように注意)髪パックをした状態で1~2時間放置して、成分を頭皮にしっかり浸透させます。

シャンプーで2度洗い、あとはコンディショナーで仕上げです。髪パックは週1~2回行いましょう。美髪効果が高く、どちらかといえば女性向けです。

スポンサーリンク

ひまし油は薄毛に効果なし?

オイルと花

ひまし油はスキンケアや薄毛にも高い効果があるという情報が、さまざま記事や口コミで流れています。しかし本当にひまし油に薄毛への効果があるのかという疑問の声も出ています。

なぜひまし油が薄毛に効果がないのか、その根拠についても見てみましょう。

シャンプーで落としにくい

ひまし油はポマードにも使われていましたが、粘度が高くてとろりとしたオイルです。ひまし油はシャンプー前に使いますが、シャンプーでしっかり洗ったつもりでもひまし油のベタつきが落ちにくいという意見もあります。

頭皮への負担

シャンプーでオイルが落ちなければ、デトックス効果どころか頭皮や髪への負担になります。そもそもひまし油を頭皮に塗ってしまっても良いのかという声もあります。

またひまし油に含まれているリシンという有毒な成分への不安の声も聞かれます。リシンに関しては精製度の高いひまし油を使えば問題ないと思われますが、少し心配ですね。

育毛法・頭皮ケア法は他にもある

ひまし油の育毛効果として血行促進効果や抗菌作用などが挙げられます。血行促進効果や抗菌作用があるなんてスゴイ育毛剤のようですが、たいていの育毛剤に入っている成分です。フケやかゆみも育毛剤で抑えられます。

またヘアパックやオイルマッサージもココナッツオイルやオリーブオイル、ホホバオイルなどでも可能です。ココナッツオイルのように常温で固まるようなことがないのはメリットですが、オリーブオイルや他の美容オイルでも用が足りるという意見もあるようです。

またあちこちのブログでひまし油を使った方法が紹介されていますが、本当にひまし油を使ってマッサージやパックを行っている管理人さんがいるのか、ひまし油が育毛を促している証拠があるのかという疑問もあるようです。

スポンサーリンク

ひまし油が合わない人の薄毛対策

ウェーブヘアの女性

ひまし油を試してみたいけれどアレルギー反応を起こしやすい人、ひまし油のベタつき感やニオイが苦手な人もいるでしょう。肌質に合わない人にはもちろんおすすめできません。

ひまし油の代わりにおすすめな薄毛対策法について紹介しましょう。

育毛剤

育毛剤にはひまし油同様、血行促進作用、抗菌作用もあります。医薬部外品の育毛剤は国に認められた有効成分を使っているということでより高い育毛促進効果に期待できます。

育毛促進だけでなく、美髪にも気を遣いたいという人もいるでしょう。女性用の無添加ナノ育毛剤である「ベルタ育毛剤」は高い保湿効果があり、育毛促進と美髪の両方に期待ができます。ベルタ育毛剤には石油系界面活性剤や紫外線吸収剤などの添加物も含まれていません。

美容オイルにこだわっている人はアルコールや添加物などの心配もあると思われます。育毛剤によって育毛成分以外の成分、テクスチャもまちまちです。成分表示や口コミも参考にして試してみると良いでしょう。ちなみに育毛剤の成分表示を見るとヒマシ油もよく載っています。

無添加で品質の良い育毛剤は単品だと価格がどうしても高めになっています。公式サイトの通販でキャンペーンを利用すると、特別価格で購入できることがあります。

なお育毛剤には育毛対策や発毛促進する効果はあっても、発毛効果そのものはあまり期待できません。よりはっきりとした効果を希望するのなら、薄毛治療や発毛剤の使用がおすすめです。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは育毛対策をするにあたっておすすめのシャンプーですが、シャンプーによって育毛へのアプローチの仕方がさまざまです。

男性の脂性肌を想定したさっぱりとした仕上がりになるシャンプーや、乾燥する頭皮の保湿ケアをしながら、頭皮環境の改善を図るシャンプー、髪にハリやコシを出し、ボリュームアップをするシャンプー、育毛成分を豊富に配合したシャンプーなどがあります。

自分の肌質や目的に合ったシャンプーを選んで、頭皮状態を良くするようにしたら良いでしょう。

生活習慣の改善

ひまし油でも育毛剤でも育毛の促進を図るために、血行促進は重要な鍵となります。血行促進や血行不良を避ける生活を送ることで、日頃から薄毛予防の対策を行っていることになります。

血行促進のためには適度な有酸素運動や頭皮のマッサージ、また血行不良を招かないよう喫煙を避け、睡眠を適度にとること、ストレスを溜めないようにすることも重要です。

もちろん髪の栄養となる食べ物にも気を遣うようにしましょう。栄養バランスの良い食生活が基本です。

スポンサーリンク

治療で薄毛の改善

薬と手のひら

ひまし油や育毛剤のみのケアでは、男性のAGAや女性のFAGAの改善は難しいかもしれません。

より確かな発毛効果を得たいという人は、クリニックでの治療がおすすめです。クリニックで行われている治療にはどのような方法があるのでしょうか。

男性の薄毛治療法

男性の脱毛症に多いAGAは進行性の脱毛症です。進行が進んだ状態だと頭皮マッサージなどでの血行促進のみでは改善が難しいと考えられます。AGAの進行を止めるフィナステリド薬、発毛剤として使われるミノキシジルなどが処方されます。

治療薬のみでの改善が難しい場合は、頭皮から直接発毛促進成分を注入する育毛メソセラピーも併せて行うことがあります。治療薬やメソセラピーは頭頂部の改善には良いのですが、生え際の薄毛には効果が薄いこともあります。

女性の薄毛治療法

女性に多い脱毛症は、女性ホルモンの減少によって起こるFAGA・びまん性脱毛症です。内服タイプの治療薬にパントガール、外用薬として男性用より濃度の薄いミノキシジルやパントスチンなどが処方されます。薬以外には女性用の育毛メソセラピーもあります。

自毛植毛

治療薬やメソセラピーで効果がない場合は、自分の毛包を薄毛の気になる部分に移植する自毛植毛法もあります。

定着率は高く、自分の毛包を使うので拒絶反応も少ないとされています。

スポンサーリンク

まとめ

笑顔の女性

トウゴマから抽出されるひまし油はリシノール酸が主成分で、傷や筋肉痛、スキンケアやクセ毛の改善などヘアケアに効果があるだけでなく、育毛効果もあるとされています。薄毛や抜け毛の悩みがある人に、ひまし油を使った頭皮マッサージや髪パックがおすすめされています。

薄毛の原因の一つに加齢やストレス、睡眠不足などでもたらされる血行不良が挙げられますが、ひまし油で頭皮マッサージすることで血行促進効果、抗菌効果、デトックス効果も期待できます。

ひまし油は毒性の高い成分も入っているらしく、頭皮に使うなら精製度の高いものがおすすめされています。べたつくのでマッサージやヘアパックした後はしっかり洗い流すよう、2度洗いがおすすめされています。

ただし植物性オイルのみでの薄毛への効果には限界があります、より確かな効果を得たければ育毛剤の使用や本格的な薄毛治療に切り替えるのがおすすめです。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

髪をボリュームアップさせるにはどうすればいい?ヘアケアの改善方法を知ろう!

髪のパサつきの改善方法を紹介!オイルやシャンプーを使用したヘアケア方法を知ろう!

ハゲない方法を紹介!ハゲないための生活習慣やヘアケア対策について!