AGA進行の原因となる行動10選!ハゲになりたくない若者必見!

みなさんAGAって知っていますか?男性型脱毛症と呼ばれる男性ホルモンの働きによって発生する薄毛の症状のことです。

この薄毛は30代を超えた男性に徐々に発生するとされていて、波平さんやベジータのようにM字ハゲやバーコードハゲに発展する可能性のある症状です。男性であれば誰にでも発生し、更年期を超えた女性にも発生することもあります。

今日はこのAGAの症状を進行させてしまう10の原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

AGA進行の原因となる10の行動

AGAは頭皮の中に存在している酵素と男性ホルモンが合わさることで発生する強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が頭皮に溜まってしまうことが原因です。ホルモンが髪の毛の成長を休止させてしまうことで次第に抜け毛が増加してしまいます。

このAGAをさらに加速させている行動がいくつかあります。その10の原因について見ていきましょう。

1、睡眠不足

寝ている 睡眠

1日最低4時間は睡眠が取れていますか?人間は1日平均6時間の睡眠がベストとされています。

これを下回ってしまうと自律神経が乱れてしまい、内臓や神経の活動が正常に行われなくなることがあります。睡眠不足によって発生する自律神経の乱れや疲れが抜け切らないことによる筋肉の凝りは血管を収縮させ、頭皮に存在する毛細血管の血行を悪化させてしまいます。

それによって髪の毛の成長の為に必要な栄養が十分に行き渡らずに抜け毛の増加に繋がるのです。髪の毛の成長スピードよりも、抜けていく髪の毛の速度の方が早い場合に薄毛は進行します。できるだけ睡眠をしっかり取るようにしましょう。

対策方法

どうしても睡眠を取る時間を増やせない場合は、しっかり体を温めて規則正しい時間に就寝したり、睡眠の質を上げることを意識しましょう。

睡眠はできるだけ22時〜深夜2時の時間を含んだ時間帯に就寝すると、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが分泌されやすいので効果的です。

問題となる”凝り”や”自律神経の乱れ”は疲れによって発生するので、仕事での疲れも溜めすぎないようにこまめに休憩を挟んで要領よくやることがポイントです。

2、ストレス

ストレス抜け毛

ストレスは万病の原因です。薄毛の原因の多くもストレスが関係していると言えます。この場合の「ストレス」は肉体的ストレスというよりも、精神的ストレスであるということを前提に置いて話を進めていきます。

精神的ストレスが溜まると、自律神経が乱れ精神状態が不安定になります。血管が収縮し血行も悪くなるので体の機能全般の機能が低下します。内臓の処理能力が低下することで、病気になりやすくなったり、体調不良が発生しやすくなりどんどん負の連鎖に陥っていくのです。

頭皮の毛細血管に送られる血液も減り、頭皮に送られる栄養が少なくなります。髪の毛や爪に真っ先に健康状態の変化が現れやすいのは、もっとも重要である内臓に血液を集中させる為です。

最終的にはホルモンバランスの乱れにもつながりますので、できるだけストレスを溜め込まないように注意して休憩と緊張感のバランスを保ちましょう!

対策方法

ストレスを溜め込まないようにするだけではなく、溜まってしまったストレスを発散することも重要です。趣味などを見つけてなるべく休日などにしっかりストレスを発散する環境を用意するといいでしょう。

3、偏った食生活

食事

脂っこい食事ばかりを続けていませんか?甘いものばかりを食べていませんか?それでは薄毛に繋がる可能性があります。

脂っこい食事も、糖分が多い食事も摂取過剰になると処分する為に体内のビタミンを消費してしまいます。頭皮の栄養として必要なビタミンBが特に消費されてしまいます。ビタミンBが少なくなると皮膚の新陳代謝が低下して乾燥しやすくなったり、アクネ菌が繁殖しやすくなり頭皮ニキビなども発生しやすくなり頭皮環境が悪化します。

さらに脂っこい食事では皮脂が増加する可能性がある為、その皮脂が毛根を詰まらせ抜け毛を増加させる可能性もあるのです。

対策方法

食事の対策方法は言わずもがな、バランスの整った食事を取ることです。

髪の毛の主成分はタンパク質なので、資質よりもタンパク質やアミノ酸をしっかり取ること。さらに、それらを合成を促進させるためのビタミン各種をバランスよく取ることです。

ビタミンB、Cと共に亜鉛などのミネラルを取ることが特に推奨されています。

4、雑なシャンプー

シャンプー男性

1日何度もシャンプーをしている。しっかりすすぎを行っていない。という項目に心当たりがある人はいませんか?

特に最近は優秀なワックスが多くなったことで、若者であればみんなが使用していることでしょう。しかし、ワックスは落ちにくい性質があるため、しっかりシャンプーをしなければいけません。そのため、多くのシャンプー剤を使用するのですすぎはしっかり行いましょう。もしシャンプー剤が頭皮に残っていると頭皮の環境悪化の原因となります。

また1日何度もシャンプーをしている人も、必要最低限の皮脂がなくなることで頭皮が乾燥しやすくなり、頭皮環境の悪化につながります。

正しくシャンプーをして健康な状態を保ちましょう。

対策方法

シャンプーを正しく行うための一つのポイントが湯洗いです。

シャンプー剤を使用する前に、温かめのお湯でしっかり頭皮と髪の毛を洗い、汚れを落としましょう。この湯洗いだけで汚れの60%以上は取れてしまいます。

その後シャンプー剤を少なめに使用して頭皮マッサージをしながら揉み込むようにシャンプーを行うといい匂いもつけられます。

湯洗いとすすぎをしっかり目に行って、シャンプーは香りづけと軽い頭皮洗浄程度に手短に行うことがポイントです。

5、運動不足

運動している男性

運動不足は肥満を引き起こすだけでなく、筋力の低下により全身の血行が悪くなり、筋肉も硬くなるので、より筋肉が凝りやすくなる原因にもなります。

普段運動によって汗をかかない人は新陳代謝も低く、頭皮に皮脂もたまりやすい状態となります。

これでは血行不良と皮脂つまりのダブルの効果によって抜け毛が増加してしまいます。1週間に1回はしっかり汗をかくくらいの運動をすることをオススメします。

対策方法

薄毛対策の運動法でオススメなのが、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動がおすすめです。息を詰めて行う筋トレはあまりオススメではありません。

なぜなら男性ホルモンの働きが多くなると共に、高い負荷をかけるタイプのトレーニングは続かない・汗をあまりかかないという問題が薄毛の改善に役立たないと想定されるためです。

有酸素運動はストレスの発散にも高い効果がありますので、ストレスの発散にランニングやスポーツを取り入れれば一石二鳥でしょう。AGAの原因となるDHTは汗から外部に排出されるとの報告があるので汗を書くかどうかがポイントです。

6、アルコールの取りすぎ

アルコール

毎日の付き合いでお酒をたくさん飲んでいませんか?しかしアルコールは毒素ですので、あまり飲みすぎると泥酔状態となりビタミンや細胞を破壊し、風呂にも入らずに寝てしまうことで頭皮の状態も悪化します。

次の日は二日酔いで食事もまともに取れないなんてことになるといよいよ栄養不足にも陥ります。

アルコールは胃と腸から吸収されて血中に流れて、血中のアルコールは肝臓に集積されアセトアルデヒドに分解されて最終的に酢酸に変換し尿として排出されます。この分解時にはたくさんのビタミンBが必要なので結果的に髪の毛を成長させるための栄養も消費してしまっているのです。

対策方法

アルコールは適度に摂取する場合においては、血行の促進にもなりますしストレスの発散効果も期待できるのでおすすめです。

節度をわきまえた飲酒をして適度に酔っ払うことがオススメです。

7、喫煙

タバコ はげる

タバコ はげる

喫煙も同様に血中のタバコに含まれるニコチンが血中の活性酸素を増加させ、毛細血管を収縮させるので注意が必要です。

活性酸素とニコチンの代謝のためにビタミンを大量消費するのでせっかくバランスよく食事をしても台無しになります。

タバコを吸うことで必ずしも禿げるわけではありません。しかしハゲやすくなることは間違い無いので、薄毛対策をしたい人はまず禁煙と覚えておきましょう。

あの宮迫さんも禁煙をして薄毛対策に成功しています。

対策方法

タバコもストレス発散のための趣向品の一つです。節度を守って楽しむ分にはいいでしょう。しかしできれば禁煙が好ましいです。

タバコの味が好きなのではなく、「実は煙が好きだった」「あのチルしている(ゆっくりくつろいでいる)感じがストレス発散に繋がっていた」という人は多いのでそれであればアロマであるベイプなどをで代用するといいかと思います。

8、髪の毛を伸ばす

髪の毛

薄毛になると、なかなか短髪にする勇気がなくてボサボサに髪の毛を伸ばしている人は多いでしょう。しかしこれは逆効果です。

髪の毛を伸ばすと髪の毛の重みの影響で髪の毛は抜けやすくなり、また頭頂部のボリュームがなくなるので頭頂部や分け目の薄毛が目立ちやすくなります。

シャンプーなどもしにくくなり、薄毛の原因となりますのでAGAの薄毛が進行する原因となります。注意しましょう。

対策方法

薄毛が気になり出したら早めに短髪にすることをおすすめします。

短髪にすることで髪の毛の手入れもしやすくなり、清潔感も増すので薄毛の印象が低下します。薄毛の人ほど、こまめに美容院に行くようにしましょう。

9、被り物をかぶる

仕事などで被り物をかぶっていませんか?帽子やヘルメットなど、太陽からの紫外線を防いでくれるので夏場や日差しが強い地域では効果的なのですが、どうしても頭が蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすくなります。これが原因となり頭皮環境が悪化し、薄毛が進行します。

対策方法

できるだけ通気性のいい帽子をかぶることがポイントです。ヘルメットの場合はもちろん安全第一なのでかぶっていただくのですが、できるだけ自分の頭に合ったサイズのものを選ぶことや、しっかりお風呂で汗を洗い流すことが重要。

被り物をすると蒸れて痒くなりやすいですができるだけかかないように気をつけてください。

10、年齢を重ねる

スプーン食べる男性

これはどうしようもありません。

年齢を重ねるにつれ遺伝の影響は強くなりおじいちゃんの髪型に近づいてきます。平均的には40歳で55%の人が薄毛について気を使っているとアンケート結果で発表されています。

20代でもかなり多くの人が、サプリメントやシャンプーや育毛剤などを使用したことがある

対策方法

できるだけ若いうちから禁煙や運動や食事やストレス対策などをして、薄毛対策を始めることが重要です。年齢が高くなってからや薄毛が進行してしまってからの薄毛対策ではなかなか効果が現れません。

初期症状のうちに生活習慣の改善を行なって対策をするのが一番であることを認識しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上がAGAの薄毛を進行させる原因10選でした。

有効な対策方法は生活習慣の改善です。手遅れになってしまった場合には育毛剤などを使用しての対策もするとより回復が早いでしょう。しかし対策が遅れると改善までには2年以上の対策の継続が必要になります。

AGAの薄毛は一朝一夕では回復するものではないので、できるだけ早い段階から対策しておくようにしましょう。

関連記事を紹介します。合わせて参考にして見てください。

ハゲが治った芸能人とその経緯について!どんな薄毛対策をしたの?

頭皮にできたニキビを早く治す方法と予防方法について!おすすめのシャンプーを紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク