女性用育毛剤の口コミ上位の商品を比較!市販のおすすめ商品を試してみよう!

育毛剤は今や男性だけのものではありません。女性の薄毛の問題も拡大傾向にあり、需要が高まり男性用だけでなく女性用の育毛剤が沢山売られるようになってきました。

近年の女性の薄毛市場は拡大の一途を辿っています。女性でも女性ホルモンの乱れから40代以降から薄毛が進行する事は一般的に見られる症状ですが、食事の欧米化などにより20代〜30代などの若い年代でも薄毛の悩みを抱える女性が増えてきています。

脱毛症や薄毛の問題は男性だけに起こる問題ではないのが現状です。女性は寧ろ男性よりも薄毛になってしまうと目立ってしうので、早め早めの対策が必要にるでしょう。シャンプーや育毛剤などの商品の検討をしなければいけないでしょう。

しかし、市場の拡大により育毛剤も種類の数を増やしているので、どの育毛剤を試したら良いのかわからなくなってしまうことも少なくないと思います。

育毛剤は長期間使用しなければ行けませんし、高額なものも多いので無駄な出費はしたくないですよね。そんな人のために、効果の期待できる口コミのランキングでの上位の商品など信頼性の高い商品をいくつか紹介していきます。

自分に最適な商品を探してみましょう。

スポンサーリンク

女性の薄毛の傾向

タオル女性

まずは自分の薄毛の傾向を知っていきましょう。どのタイプの薄毛に当てはまるのかを知ることでより効果の期待できる商品を選択することが出来るでしょう。

女性に引き起こる可能性のある薄毛にはいくつかの種類があります。脱毛症や抜け毛の原因や引き起こるメカニズムを知って症状の対策をしていきましょう。

加齢による薄毛

恐らくどの女性にも発症の可能性のある薄毛の問題でしょう。40代を超えると女性の髪の毛にも薄毛の傾向が見えはじめます。女性の髪の密度のピークは20代と言われており、さらに髪の毛の太さのピークは30代に到達した後は徐々に髪の毛のコシやハリは無くなり、だんだんボリュームがなくなっていきます。

髪の毛の抜け毛が無くても、髪の毛の太さが変わることでも髪の毛のボリュームが無くなり薄毛になったなと感じるようになるでしょう。

薄毛や抜け毛だけでなく、白髪の問題もこの頃からさらに加速する傾向にあり髪の毛の状態の変化は加齢とともに髪の毛も歳をとっていきます。

なんの脱毛症などの問題でなくとも加齢により女性も薄毛になる可能性があります。この様な問題を解決するためには、昔は女性は育毛剤ではなくウィッグなどを使用するのが主流でしたしかし、近年では育毛剤が大変使用されてきています。若いうちから始める人も少なくないようです。

ストレスによる薄毛

特に女性は男性に比べて生理の問題などがあり、肉体的ストレスが多くなっています。さらに精神的ストレスも重なり、薄毛の問題に繋がります。

若い人では家庭内の問題に加えて、学校や会社での問題、環境の変化、将来の不安、人間関係や親からのプレッシャーなど様々な問題が間接的に髪の毛の薄毛に影響を与えます。

ストレスを長期的に感じている状態が続くと交感神経が優位になり、血管が収縮し血行不良になるなどの問題に繋がり、筋肉の凝りや頭皮の血行不良に繋がりその結果、薄毛になります。

さらにストレスによる脱毛症には代表的なものに円形脱毛症などがあります。一時的なストレスの蓄積により10円〜500円くらいの大きさの脱毛が数か所に発生するものです。

この様な脱毛症や薄毛は誰にでも発症する可能性があります。男性だけでなく女性にも発生するので要注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れによる脱毛

女性ホルモンの影響で基本的には女性は髪の毛が太く、しなやかになり髪の毛も伸びやすい傾向があります。男性ホルモンは体毛を濃くし髪の毛は逆に向けやすくなる傾向がありますが、女性は逆で髪の毛が伸びやすく体毛が薄くなる様になっています。

女性ホルモンのエストロゲンという物質が肌や髪の毛のコラーゲンを増やし女性らしい成長を促す効果があります。さらにもう一つの黄体ホルモンのプロゲステロンがさらに女性特有の体質の変化をもたらしています。

これらの女性ホルモンの乱れにより髪の毛や身体に悪影響を及ぼしてしまうことは少なくありません。特に髪の毛の変化にはエストロゲンの増減が大きく関係してきます。

甲状腺異常や出産後すぐにはこの女性ホルモンのバランスの変化が大きく起こり、薄毛や体調の変化の症状が出やすくなります。

さらに女性の体内中にも存在する男性ホルモンの働きが優位になりその男性ホルモンの影響による脱毛症になる可能性もあります。この脱毛症をFAGA(女性男性型脱毛症)と言います。びまん性脱毛症とも呼ばれます。

この脱毛症は非常に厄介で正しい生活習慣や運動、育毛剤、正しいシャンプー法などの改善策が重要になってきます。

過度なダイエットによる脱毛

女性によく見られる問題の一つにダイエットによる薄毛があります。ダイエット中の過度なストレスや、食事制限による栄養不足などが問題となり髪の毛の脱毛、薄毛に繋がります。

特に若い女性に見られる問題で、体重を気にするあまり過度なダイエットを行ってしまいそれが原因で脱毛につながってしまいます。20代などの比較的若い世代の女性でもダイエットによる髪の毛の変化は現れます。

髪の毛が十分な栄養を吸収できず成長することで髪の毛の成長期が短くなってしまったり、髪の毛が細くなったり毛根も十分成長せずに抜けやすくなるなどの問題が引き起こります。

特に甘いものや米やパスタなどの糖質制限ダイエットなど、食事に関わる制限系のダイエットでは髪の毛の薄毛に繋がる可能性があります。さらに急激に体重が増減することでも身体に過度のストレスがかかっていることになり、髪の毛の休止期が長くなり休止期脱毛症になる可能性が高まります。

ダイエットを行う際は長期的な運動による、緩やかなダイエットが効果的でしょう。

貧血による薄毛

女性は男性よりも貧血の症状が出やすい問題を抱えています。その大きな原因は、もともと男性に比べて女性の方が血液中の赤血球の数が少ないことと、生理によって一定期間に多量の出血が引き起こることが関係しています。

貧血の症状は、立ちくらみ、身体の倦怠感、めまい、頭痛などたくさんあります。この症状だけでも身体的ストレスが高まり薄毛に繋がる可能性はわずかに存在しています。

さらに体内中の血の量が不足することで慢性的に身体の栄養不足が起こり、優先度の低い頭皮や髪の毛に送られる栄養は少なくなります。結果髪の毛の薄毛や脱毛に繋がってしまいます。

何らかの疾患による貧血でない場合は、しっかり栄養を補給することで改善が見込まれます。レバー、海藻類、小魚、卵黄、緑黄色野菜などをしっかり摂り必要な場合はサプリメントなどで栄養を補給しましょう。

スポンサーリンク

育毛剤の種類と効果

疑問符女性

育毛剤にはいくつかの種類があります。種類により若干抗力も違ってきます。さらに、ものによっては副作用となる問題が発生するものもあります。

育毛剤の種類とその特徴を知って髪の毛の育毛に効果的に働きかけましょう。

飲むタイプの育毛剤

日本で使用が認められている飲む育毛剤の中にはいくつか種類があります。厚生労働省から認可が降りている内服薬ではフィナステリド(プロペシア)、ミノキシジルがあります。

飲むタイプの育毛剤のメリットとしては、持ち運びが便利なことや髪の毛に付けるタイプのものとは違って臭いや使用感などを不快と感じる場合はそれらの問題を一切感じること無く使用することが出来ます。さらに男性型脱毛症による薄毛の問題に効果的に働きかけてくれます。

しかし、副作用があるのでその問題を知っておく必要があります。肝機能障害、多毛症、動機、低血圧などの症状が現れる場合が少ない確率であります。

その他にも市販でも簡単に購入できるものとして、育毛サプリメントなどがあります。髪の毛の成長に有効な栄養を含んだサプリメントで、亜鉛、イソフラボン、カプサイシンなどの栄養素を含んでいて髪の毛に有効に働きかけてくれます。このサプリメントには副作用の問題はないので、安心して使用することが出来ます。

頭皮に使うタイプの育毛剤

直接頭皮にふりかけて使用するタイプの育毛剤になります。女性ホルモンを含む育毛剤や血行を促進する成分を含むものや毛根に直接髪の毛の成長に必要な成分の栄養を補給する効果のある育毛剤もあります。

製品には医師からの処方が必要なものと、一般のドラッグストアでの購入が可能な商品もあります。医師からの処方が必要な商品は一般のものに比べると成分が濃いので効果も高い反面、副作用も確認されるので、医師の指導、観察の元使用する必要があります。特に女性ホルモンを投与する系統の製品は副作用が現れる可能性があるので慎重に利用する必要があります。

法律による育毛剤の区分

育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品の3つの部類に分けられて販売されています。

薬事法によりその効果が認められているものに関しては医薬品に含まれ、医師からの処方が必要なものは医療用医薬品になり、市販でも購入できるものは第一類・第二類・第三類医薬品になります。

医薬部外品は副作用が少なく、効果も緩やかな物が含まれます。薬事法で認められた一部の効果に限り商品名と一緒にその効能を謳うことが出来ます。商品名に薬用と記載されたものなどがこの部類に含まれます。多くの育毛剤がこの医薬部外品に分類されています。

化粧品の場合は商品自体に育毛効果のあることは宣伝してはいけません。保湿効果や頭皮の環境改善などの効果で髪の毛の成長をサポートするタイプの商品、頭皮用美容液などがこの部類に入ります。

また、病院での育毛剤の購入で円形脱毛症などの場合での処方であれば保険が降りる場合があります。基本的には育毛剤の購入は美的治療の自由治療になりますので、全額自己負担なことが一般的です。しか薄毛の原因が病気から発生する場合や、薄毛により精神病を発症した場合はこれらの商品も保険の適用になる場合があります。

スポンサーリンク

口コミ上位の育毛剤

育毛剤

では、市販やネットで売られている女性用の育毛剤の中からいくつかの口コミの評価の高い・ランキング上位の人気おすすめ商品を紹介していきます。

育毛剤が髪の毛に影響を及ぼすのには一定期間の時間がかかるので、自分にあった価格帯や効果の期待できる商品を選択することが大切です。まずは代表的な商品を見てみましょう。

マイナチュレ

内容量:120ml(1ヶ月) 価格:5745円

マイナチュレは消費者への高パフォーマンスの商品を提供する商品に贈られるモンドセレクションの表彰を2014・2015・2016年と3年間連続で受賞している商品になります。

医薬部外品に分類される育毛剤で、多くの天然成分が配合され頭皮のフケ、痒み、乾燥などの問題を解消してくれ、さらに血行促進や髪の毛への栄養補給で髪の毛の成長を促します。

30〜50代の女性に多く使われていて、20代からの使用者も増えてきています。定期購入での購入方法がかなりお得になっていて初回割引などもあり、180日間の返品保証もついています。

ホルモンバランスの乱れや、頭皮ダメージによる薄毛の問題を効果的に改善する配合で、無添加での商品の制作にこだわっているので出産後や授乳中の肌のデリケートな期間での使用も行えます。

ベルタ育毛剤

内容量:80ml(1ヶ月) 価格:5980円

こちらの商品も医薬部外品に分類される女性用育毛剤です。56種類もの成分を配合し高い浸透力と多角的な効果で毛根に働きかけます。56種類もの成分を配合しているのにもかかわらず99,6%が自然由来成分で配合されています。なので強い刺激や、副作用などの問題は気にせずに利用できます。

使用1ヶ月で抜け毛の症状に改善が見られ2ヶ月後以降に発毛の効果が実感できたという口コミが多数あります。ホルモンバランスの乱れによる脱毛、産後脱毛、頭皮環境の悪化での脱毛などの改善に効果があり、頭皮ケア成分や育毛成分により髪の毛の成長も助けます。粒子の小さい成分で合成するナノ化技術により硬くなった頭皮にも高い浸透率で有効成分が頭皮の中にまで浸透していきます。

定期便や初回割引などでの購入が安くなっており、いま注目されている育毛剤の一つです。

イクオス

内容量:120ml(1ヶ月) 販売価格:6980円

こちらの商品も2016年度のモンドセレクションの受賞商品になります。使用者の78%の患者で効果に実感を感じたデータを残しています。早い方では使用1ヶ月での効果の実感を感じた人も居るようです。

無添加・無香料の肌に優しい、副作用の心配のない成分で配合されており、サラッとした使用感でベタつきなどの違和感は残りません。イクオスには男性ホルモンによる脱毛症や薄毛の問題に高い効果の期待できる商品で女性に現れるFAGA(女性男性型脱毛症)の問題の解決に適した育毛剤になっています。

特に40代以降の女性に起きやすい問題であるFAGAの薄毛問題に高い効果を発揮し、30代〜60代までの幅広い消費者からの高い信頼があります。

商品の返品期間も45日間設けられており、公式サイトでの商品の購入ではケアガイドの送付や、電話やメールでのアフターサポートを受けることも出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

髪の毛の問題は女性にとっては、男性よりも大きな精神的ダメージが大きなものですよね。早期の問題解決を目指し、長く健康な髪の毛と付き合っていくためにも、問題や違和感を感じた時にすぐ対応していきましょう。

自分に合った育毛剤を探し、高い効果で健康な髪の毛を手に入れましょう。

同時に生活習慣や、食生活、運動、睡眠などでの薄毛対策、育毛活動も行い髪の毛の正常な育毛サイクルを手に入れましょう。髪の毛の成長は体調を整える上では、優先度の低い事になりますので、栄養不足などによる影響を受け易い部分になります。問題となる行為で髪の毛の薄毛に繋げないようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も一緒に参考にしてみてください。

髪の毛を増やす方法は?男女別原因別の対策方法を紹介!

髪がぺたんこになる原因を男女別に紹介!改善するにはシャンプーの選び方が大事?

女性男性型脱毛症FAGAって何?原因と治療法と対策方法を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク