プロテインを飲むと抜け毛が増えるって本当?抜け毛につながる原因について!

ハゲになる理由というのは昔から色々と言われております。ストレスの溜まりすぎとか、栄養価が足りていないとか、運動不足とか色々と騒がれておりますが、中には「それは単なる噂であって、何の関係もないのでは?」と思ってしまう説もあるのです。

その節の一つがプロテインを摂取すると抜け毛が増えて薄毛になるというものです。果たして、プロテインと抜け毛には関係性があるのでしょうか。あるのか無いのかを調べて、ある場合にはどのような仕組みになっているのかを解き明かします。

スポンサーリンク

プロテインを飲むとはげるの?

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

筋トレの効果を最大限に発揮するためには、人体に栄養素を補給させる必要があります。その栄養補給の面で最適なバランスといわれているのがプロテインです。タンパク質摂取のためには最適であり、筋肉増強剤のような危険物ではないのにかなりの効果を発揮してくれます。

そのため、本格的に筋トレをして体型を整えたいという方はプロテインを使っているという人も多いのです。このように、当たり前のように使われるようになったプロテインですが、副作用として脱毛を引き起こすなんてことはあるのでしょうか?

ただプロテインを飲むだけなら問題ない

プロテインの成分は代表的なものはタンパク質です。プロテインという言葉そのものが英語でタンパク質を表しているのでそのままとも言えるでしょう。筋肉の生成にはタンパク質が必須なので、そのタンパク質を効率よく摂取できるプロテインは非常に効果的なのです。

作り方について

そんなプロテインですが、これから筋トレを始めようとする方々が気軽に検索をしてみると恐ろしいほどの種類が出てくるのでびっくりすることでしょう。そこで、まずはどのような作り方をされているのかを解説します。

プロテインの作り方として確立されているものは濃縮製法であるコンセントレートと分離製法を用いたアイソレートになります。コンセントレートはタンパク質を可能な限り濃縮して作られており小さいながらもかなりのタンパク質を含ませることが可能なのです。欠点は不純物が取り切れないためコンセントレートのタンパク質含有量は70~80%になります。

アイソレートを用いた場合、より多くの不純物を取り除くことができるので、タンパク質の含有量がかなり高めとなり、90%以上の含有率として仕上げることが可能なのです。このように大きく分けて2種類あるということをまずは覚えておきましょう。

○実はプロテインはいくつかの種類がある

プロテインは商品として色々と売られており、探す側もとっても大変ですが、実は種類で考えて区分けを行ったとしてもかなりの種類があるのです。そのため、これからプロテインを選びたいという方はその種類を理解してから商品を探すといいでしょう。

ホエイプロテイン

世界中で最も一般的といえるプロテインの一つがこのホエイプロテインです。ホエイプロテインは筋肉にも必須であるBCAAを大量に含んでいる牛乳に含まれるタンパク質の一種です。このホエイというのはヨーグルトの上澄みにできるあの液体のことで、漢字で記載すると乳清になります。そのヨーグルトの上澄みの中にあるタンパク質がホエイプロテインとなります。

含まれているBCAAにはロイシンが多めに含まれており、このロイシンはmTORと呼ばれる神経伝達物質を刺激する作用があります。このmTORは細胞内の金肥大を促進させる信号を発信してくれるので非常に役に立つのです。

カロリー燃焼効率を上げる作用もあることから、筋トレ目的よりもダイエット目的で購入することも多いプロテインとなっております。筋肉成分の多くを占めているアミノ酸が大量に含まれている動物性タンパク質なので筋肉修復効果にも期待できるでしょう。欠点は価格がちょっと高めになることが多いということです。

動物性タンパク質と言われるとちょっと遠慮したいと思ってしまう方もいますが、動物性タンパク質には必須アミノ酸が含まれているのでタンパク質合成能力が高いという利点があり、筋肉を早く修復してくれるのです。

カゼインプロテイン

ホエイプロテインほどではありませんが、こちらもかなり有名なプロテインの一つです。これもホエイプロテインと同じく原料が牛乳の動物性タンパク質となっております。こちらもホエイプロテインと同じく摂取した後はお腹の中で固まって時間をかけて吸収される性質があります。

ただし、ホエイプロテインは水溶性なのでいくらか吸収スピードが速いのですが、カゼインプロテインはプロテインは不溶性で固まりやすいのでこちらの方が吸収までは時間がかかると言えるでしょう。

ソイプロテイン

こちらもかなり有名なプロテインで、大豆をアイソレートして作られた植物性タンパク質のプロテインとなっております。このプロテインも腹持ちがいいのでダイエット向けのプロテインと言えるでしょう。

植物性タンパク質は油脂がほとんど含まれておらず、低脂肪かつ低カロリーなプロテインとなっており、カロリーや脂質が気になっている方には最適なプロテインとなっているのです。

大豆イソフラボンの効果も発揮されるので、血行促進やホルモンバランスの乱れを整える作用にも期待できます。溶かしたときに粉っぽくなってしまって飲みにくいという欠点もありますが、今ではだいぶ改善されております。昔はソイプロテインは飲めないという人がかなりいたのですが、今ではかなり改善されました。

それ以外のプロテインについて

上記3つのプロテインが最も有名なプロテインとなっておりますが、それ以外にも種類はあります。名前だけ先に記載すると、エッグプロテイン・ミルクプロテイン・ピープロテイン・ビーフプロテインなど様々なものがあるのです。名前の通り、卵・牛乳・エンドウ豆・牛肉が原材料となっております。

タンパク質の摂取の場合よく推奨される卵ですが、牛乳アレルギーがあるという方はこのエッグプロテインを使って筋トレを実行しているようです。タンパク質合成に必要な栄養素も含まれていることから、日本でも使用者が増えているプロテインとなっております。

スポンサーリンク

髪を気にしないでプロテインを使ってもいいの?

2bfa524d126b3714ec08923b8417776c_s

プロテインは直接的に薄毛原因に繋がるものではないということは多くの方に示されているとおりなのですが、状況や使い方次第ではハゲを引き起こしてしまう可能性はあるようです。ここではプロテインを使ったらはげるかもしれないケースをいくつか考えていきたいと思います。

激しすぎる筋トレとプロテインを併用するのは危険かも

ボディービルダーを目指す人と同じレベルの筋トレを実行している人で、プロテインを使っているという方はそれらの行動がハゲに繋がっている可能性はあります。まず、筋トレをすると男性ホルモンの分泌量は増えます。この増え方は筋トレの密度によってもことなり、本格的なものになった場合は大量に分泌されることでしょう。

この男性ホルモンの増加というのが髪の毛にとってはマイナス作用になることがあるのです。それが男性ホルモンのテストステロンの増加にあります。また、プロテインにはクレアチンやDHEAという成長ホルモンが含まれており、この成分が血中テストステロンの濃度まで上げてしまう要因になりかねません。

アメリカの研究者からの報告によると自転車型のマシンを使用中の男性に血液採取を行ったところ、テストステロンが増加し4割も増えたというものもあります。ちなみに、筋トレのような強すぎる運動方法はNGですが、有酸素運動のような脂肪を燃焼させる運動ならば特に問題はないようです。

AGAに要注意

先ほどの男性ホルモンとハゲの関係は、AGA(男性型脱毛症)にあります。このAGAは多くの男性をハゲに苦しめている原因です。このAGAになる仕組みは、男性ホルモンのテストステロンが頭皮にある酵素の5αリダクターゼに反応して脱毛ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまうことにあります。

男性ホルモンがいくら増殖したとしても、頭皮に5αリダクターゼがほとんど存在していないという人ならはげることもありませんので、気にする必要性は薄いでしょう。ただし、この5αリダクターゼが多い人がテストステロンを増やしてしまうとDHTを増殖させてしまい、成長抑制因子が作られてヘアサイクルが大きく乱れてしまいます。

こうなると髪の毛の成長期が著しく短くなって、次々と短いヘアサイクルで抜けていってしまうようになるので、抜け毛が加速して薄毛状態になり、最終的にはハゲになってしまうでしょう。この5αリダクターゼが多くなるのは頭頂部と前髪付近なので、筋トレをした結果、頭頂部と前髪の抜け毛が増えたという人は気をつけましょう。

アレルギー体質の人は要注意

そこまで過酷なトレーニングを行っていない方でも、ハゲになってしまう可能性があります。それが牛乳系のアレルギーを持っている方と、大豆系のアレルギーを持っている方です。アレルギー体質の方が謝って摂取してしまうと、肌あれば発生することがあります。

この肌あれば腕や脚などの皮膚ならばいいのですが、それが頭皮に表れてしまった場合、どうしても頭皮環境が悪化して抜け毛増加に繋がってしまうでしょう。人によってはアレルギーによってかゆみが発生し、頭皮をかきむしってしまって頭皮環境を悪化させることすらあります。

タンパク質偏重の生活も駄目

筋トレを率先して行っている人の中には、タンパク質が何よりも大切でそれ以外は「その他」として行動している方がいます。偏った食事をしすぎている人は、髪の毛に必要な栄養素も不足するので、結果的に抜け毛促進に繋がってしまうこともあるでしょう。タンパク質は髪の毛にも必要な栄養素ではありますが、それだけでは髪の毛は成長しないのです。

髪の毛に必要な栄養素について

髪の毛に必要な栄養素はタンパク質以外にも色々とあります。具体的に名前を記載すると、亜鉛・ヨウ素・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEといったところでしょう。特に、亜鉛は現代日本人でとっても不足している栄養素なので、意識して摂取しないといけません。

亜鉛は納豆・ナッツ類・牡蠣・レバーなどに含まれており、アミノ酸を髪の毛の原料となるケラチンに再合成するときに必須となる成分で、亜鉛が無いと髪の毛の成長頻度及び速度が落ちます。一説にはDHTを作る5αリダクターゼの抑制作用もあると言われているので、注目度が再度高まっているのです。

ヨウ素はわかめなどの海藻類以外に大豆やバターといったものにも含まれているので、日本人は不足することが少ないです。ビタミン群も頭皮環境を整えて髪の毛の成長を促進させてくれる作用があるので必須となります。

これらの栄養素が不足しているという方は、アミノ酸サプリや亜鉛サプリなどの育毛サプリメントを使って栄養素の不足を補い、抜け毛対策を勧めてください。特に、亜鉛は食品だけでは摂取しきれない部分があるので、サプリメントに頼ることをおすすめします。

スポンサーリンク

筋肉増強剤の悪影響について

筋肉 ハゲ

プロテインとよく間違われる筋肉増強剤ですが、これらは全くの別物です。プロテインは紹介したように、植物性タンパク質か動物性タンパク質かに別れますが、どちらにしろタンパク質の固まりとして扱うことができるのに対し、筋肉増強剤はまた別物なのです。

この筋肉増強剤はタンパク質の再合成を加速させることができる人工的に作られた男性ホルモンなのです。そして、この筋肉増強剤には副作用として、ハゲになってしまうというものがあります。

筋肉増強剤を使うとハゲになる?

筋肉増強剤を使うと男性ホルモンが一気に増加します。その増加の割合はどの薬を使ったかによって変わりますが、数倍以上に増えるものもあり、この作用によって男性ホルモンのテストステロンも大量発生して、一気にハゲになってしまう人が出てしまうのです。

もちろん5αリダクターゼが少ない人の場合は、筋肉増強剤を使ってもハゲになることは少ないのですが、5αリダクターゼが頭皮や前髪に多い人が使った場合は急激にハゲが進む可能性があります。

スポンサーリンク

要注意な人について

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

プロテインは直接的にハゲになるものではありませんが、筋トレをしっかりとこなしてプロテインを摂取した場合は、5αリダクターゼが頭頂部や前頭部に発生している割合次第で薄毛になるということがわかりました。逆に言えばどのような人たちが気をつけるべきなのでしょうか。

親や兄弟、及び親類縁者にハゲが多い

AGAにはいくつかの原因がありますが、最もどうしようもない部分が、5αリダクターゼが頭頂部や前頭部に大量に分泌されるという人です。これは遺伝的な部分がとっても強く親類縁者に、頭頂部が薄い人、前髪が少ない人が多い家計は高確率でAGAになります。

これはもはやどうしようもないので、AGAにならないように対策を練るしかありません。発症しやすい人は、発症しないようにケアをしながら生きていくしかないのです。非常にもどかしい部分ではありますが、何を言ってもどうしようもない部分なので受け入れるしかありません。

AGA遺伝子について

AGAの原因となるジヒドロテストステロンの多さは5αリダクターゼの活性度によって異なってきますが、実はもう一点条件があり、アンドロゲン受容体の感度の高さも関わってきます。

その手順を再確認すると、男性ホルモンのテストステロンが増える→5αリダクターゼによってDHTになる→毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合する→脱毛因子である「TGF-β」を増やす、といったものです。

先ほど記載したアンドロゲン受容体とはこの男性ホルモンレセプターのことで、この量も遺伝によって変わってきます。しかし、この男性ホルモンレセプターの感度を高める遺伝子はX染色体にあるので、父親からは受け継がれません。注意すべきは母方の祖父です。その人がAGAなら自分は元からAGAになりやすいタイプだと思って覚悟して生きましょう。

ちなみに、女性の場合はそのAGA遺伝子を受け継いでしまいますが、母親から受け継ぐ染色体に同じ遺伝子がないことから発現することはあり得ないという見解になっております。ただし、女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモン優位の状態になると発症する恐れがありますので、要注意です。

抜け毛が増えるような生活をしている人も要注意

もちろん、AGAになりやすいという人がプロテインを使って筋トレを強くするとハゲになってしまう可能性が高いのですが、それ以外にも抜け毛が増えるような生活をおくっている人がAGAになってしまう場合は一気に髪の毛が減っていきます。

その原因は多岐にわたりますが、栄養不足・生活習慣の乱れ・ストレス・タバコ・お酒などいろいろな要素がありますので、髪の毛に対してマイナスになる行為を少しでも減らして筋トレによる抜け毛を減らせるように勤めてください。

運動量が少なく育毛対策を何もしていないという人は、AGAになりにくくても抜け毛の増加に繋がってしまう恐れがあるのです。そこまでしっかりと情報収集をして予防をしろとまでは言いませんので、ある程度ケアしながら生活することをおすすめします。

育毛剤を早めに使うのも有効

家族にAGAが多いという方は、筋トレを本格的に開始する前から育毛剤を使って発毛や育毛がしやすい環境を整えるといいでしょう。AGAに本格的になってしまうと、専門家による治療がどうしても必要になってしまうので、先に育毛効果がある方法を取り入れて、AGAになりにくくするのが正解なのです。

育毛目的や発毛目的ではない方が発毛剤や育毛剤を使うのはおかしいと感じるかもしれませんが、育毛剤には有用な育毛成分が大量に含まれているので、抜け毛予防には最適なのです。ただし、適量以上に使いすぎた場合は副作用が生じる可能性があるので、用法用量は正しく守って使ってください。

スポンサーリンク

プロテインと筋トレで抜け毛が増える人もいる

遺伝子的にAGAになりやすいというのは対策方法をたてることが不可能なので、どうしようもない部分ではありますが、抜け毛を増やさないようなケアをしっかりと行うことである程度AGAは抑えこめます。

特に、家系的にAGAになりやすいという方はプロテインを使った筋トレの扱いに十分に気をつけて実行してください。筋トレ開始前から頭皮のケアを忘れずに実行するようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

プロペシアの効果を最大限に発揮する飲み方とは!最も効果的な時間帯はいつ?

フィンペシアの効果を紹介!知っておくべき副作用について!

ハゲ治療が出来るおすすめの病院を紹介!失敗しない病院の選び方を知ろう!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク