20代でハゲてしまう原因はこれ!脱毛症の対策法を紹介!

最近は20歳という若さにかかわらず、ハゲや薄毛に悩む人が急増しているようです。男性の美意識が高くなってきていることもありますが、現代人の生活習慣、ライフスタイルも20歳の若さでハゲを招く原因になっているのかもしれません。

ハゲは遺伝すると言われていますが、生活習慣の改善や育毛剤の使用、薄毛治療もハゲに対抗する有効な対策方法となるそうです。このページでは20歳でハゲになる原因と、対策方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

20歳でハゲになるのは何の脱毛症?

デニムジャケット・パーカー男性

20歳でハゲ(若年性脱毛症)になったら、いわゆる若ハゲなのかもしれませんが、別の脱毛症が原因のこともあります。

20歳でハゲになる可能性のある脱毛症についても確認しておき、症状に合った適切な対策を行うべきでしょう。

20歳でハゲるのは男性型脱毛症?

若年性脱毛症は10~30代前半の、まだ比較的若い年代なのにハゲや薄毛になる症状を指します。いわゆる若ハゲ以外の脱毛症も指しますが、一般的には若ハゲと呼ばれる若い年代で発症する「男性型脱毛症」を指すことが多いです。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモン(DHT)が直接の原因で発症する脱毛症であり、男性の年々進行するハゲ・薄毛の症状はAGAです。頭頂部やつむじ周辺、生え際から髪が薄くなるのが特徴です。俗に言うM字(m字)ハゲもAGAの一種です。

DHTはもともと体内に多い男性ホルモンではありません。テストステロンという本来ハゲを誘発しない男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によってDHTに変換されます。5αリダクターゼやDHTの影響の受け安さは遺伝的要因が大きいそうです。

薄毛になる家系の人は早い段階で生活習慣に注意し、育毛対策を行っておくと、早い時期からハゲ・薄毛になるのを防げるかもしれません。

最近はAGA専門クリニックも増えてきました。20歳以上になるとAGA治療薬が使用できるので、早めに薄毛の進行を確実に抑えたいという人はAGA専門クリニックに相談するのも良いでしょう。

20歳でハゲるのは円形脱毛症?

円形脱毛症は自己免疫疾患の一種であり、円形状の脱毛部分が1ヶ所~数ヶ所できたり、広い範囲で脱毛がおきる症状です。

ストレス、感染症、アレルギーなどをきっかけに自己免疫異常が起き、自己の毛包を免疫細胞が攻撃することで発症します。軽度のものは自然に治りますが、治りが悪い場合は早めに皮膚科へ相談して適切な治療を受けた方が良いでしょう。

20歳でハゲるのは炎症性脱毛症?

頭皮の炎症が原因で、抜け毛や薄毛になることもあります。シャンプー、パーマ液、カラー剤や紫外線や乾燥が原因で起きる頭皮の炎症、過剰な皮脂分泌による脂漏性皮膚炎などが、脱毛症を招くこともあります。

この場合もまずは炎症を治すことが重要です。皮膚科や薬で治療しつつ、慢性化しやすい皮膚炎は症状に合ったシャンプーを使うようにしましょう。アトピー肌、敏感肌の人は刺激の少ないシャンプー、脂漏性皮膚炎の人は抗真菌作用のある薬用シャンプーがおすすめです。

スポンサーリンク

20歳でハゲになる原因は?

白Tシャツ男性

20歳という年齢は本来髪の量が最も多くなる頃ですが、何らかの原因でハゲになってしまうこともあります。

男性ホルモンやストレス、食生活の乱れ、不規則な生活、度重なるヘアカラーやパーマもハゲの原因になることが考えられます。

20歳のハゲの原因①男性ホルモン

男性ホルモンの中でも脱毛ホルモンと呼ばれるDHTが、男性型脱毛症(AGA)の直接の原因とされています。脱毛ホルモンの量や毛乳頭への影響力は遺伝的要因が大きいようです。

さらに男性ホルモンを増やすような行為が体質によっては脱毛ホルモンDHTを増やして、ハゲや薄毛になりやすいとも言われています。ハゲになりやすい体質(ハゲ・薄毛の家系の人)は、過剰な筋トレもハゲの原因になる可能性があるそうです。

20歳の若い男性なら男性ホルモンも活発になりやすい時期かもしれませんが、ストレスで男性ホルモンが活発になることが女性でもあるそうです。

20歳のハゲの原因②ストレス

学校や職場の人間関係で、ストレスを感じることは20歳の若い人でも多いかもしれません。

ストレスにさらされていると心身にさまざまな悪影響が及ぼされることがあります。ストレスは自律神経を乱し、交感神経を優位にします。交感神経が優位になると血管が収縮し、血行が悪くなります。血行不良は髪への栄養が滞る原因になります。

さらにストレスは内分泌系にも影響を与え、男性ホルモンの分泌も増やし、ホルモンバランスの乱れを招きます。抜け毛や薄毛と繋がる睡眠不足や免疫力の低下、免疫機能の異常もストレスにより誘発されます。

20歳のハゲの原因③栄養不足

20歳の若い人は、朝食や昼食を抜いてしまうことも珍しくないかもしれません。髪の生成・成長に必要な栄養が足りないと、健康な髪が育ちにくくなります。

また栄養不足だと体を維持するのに必要な器官中心に栄養が送られ、毛根の方まで十分栄養が行き渡らなくなります。

20歳のハゲの原因④睡眠不足

睡眠中は肌や髪を健やかに保つ成長ホルモンが分泌されますが、睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量が不足し、細胞の修復や疲労回復が十分行われません。

睡眠不足が続くことで髪への栄養が不足して、抜け毛が起こりやすくなったり、髪も細く、コシのない状態になるかもしれません。

20歳という若い時期だと体力を過信してしまうかもしれませんが、体は疲れていなくても頭皮や毛根の状態まではわかりません。なるべく不規則な生活は避け、早めの就寝で体力も毛根も疲労回復するようにしましょう。

20歳のハゲの原因⑤カラーリングやパーマ

20歳という若さだと、特に学生の人は髪型も自由に楽しめて、頻繁にカラーリングやパーマをしている人も少なくないかもしれません。中には市販のブリーチ剤やカラー剤で頻繁に髪色をチェンジしている人もいるでしょう。

しかしカラーやパーマを頻繁に行うと頭皮へのダメージが起こりやすく、炎症によってはげる可能性もあります。カラーやパーマは美容室などでプロに頼み、適度なペースで行うのが無難です。

スポンサーリンク

20歳でハゲになった時の育毛対策まとめ

海リュック男性

20歳で早くも薄毛の兆候が見られる人も少なくありません。新陳代謝の活発な若い20歳なら、自宅でできる育毛対策でも良い効果を得やすいと考えられます。

おすすめの育毛対策に、育毛シャンプー、育毛剤、育毛サプリメントなどが挙げられます。

20歳のハゲ対策に育毛シャンプー

20歳のハゲ・薄毛対策として、育毛シャンプーを使うこともおすすめです。特に若い男性は頭皮がオイリーになりがちです、頭皮のベタつきが髪のボリュームダウンに繋がることもあります。また頭皮の過剰な皮脂分泌は、頭皮ニキビや炎症にもつながります。

逆に自分ではオイリー肌と思っていても、意外に頭皮が乾燥していることがあるかもしれません。自分の頭皮の肌質に合った、質の良い育毛シャンプーでヘアケアをしましょう。質の良いシャンプーで頭皮環境を整えることで、育毛剤の浸透を良くする効果もあります。

シャンプー前にぬるま湯でよく髪を洗い、しっかりシャンプー剤を泡立てて洗うようにしましょう。シャンプーで洗う時は頭皮を大きくこするように洗わず、小刻みに指の腹を動かすジグザグ洗いや、頭皮を押し揉むマッサージ洗いをするのがおすすめです。

シャンプーでよく頭皮と髪を洗った後は、ぬるま湯でシャンプー剤をしっかり洗い流しましょう。お風呂から出た後は、タオルドライ後にドライヤーで髪をよく乾かしておきましょう。

シャンプー後に濡れた髪の状態で長時間放っておくと、頭皮の血行不良や炎症の原因になると言われています。

20歳のハゲ対策に育毛剤

育毛対策といえば育毛剤での頭皮ケアがポピュラーな対策方法でしょう。最近は育毛対策にも良いということで、さまざまな頭皮ローション(化粧水)も出ているようです。

頭皮ローションやトニックでマッサージするのも薄毛対策として良い方法ですが、薄毛・ハゲがすでに気になっている人は、育毛成分が配合された育毛剤での頭皮ケアがおすすめです。育毛剤は頭皮環境も整え、特に抜け毛予防に効果が高いと言われています。

育毛剤ランキングやおすすめ育毛剤の記事などで、チャップアップやフィンジアなどがよくおすすめされています。肌への安全性を配慮して無添加・無香料、高品質な育毛成分や植物エキスを多数配合している育毛剤が一般的に良いとされています。

育毛剤はシャンプー後の清潔な頭皮に使います。頭皮全体、あるいは気になる部分に育毛剤を塗布したら、側頭部の頭皮を円を描くようにマッサージします。少しずつ頭頂部側にマッサージする場所をずらしていき、頭部全体をマッサージします。

20歳のハゲ対策に育毛サプリメント

育毛剤での頭皮への直接のケアも効果的ですが、体の内側からのケアも重要です。栄養バランスの良い食事とともに、育毛に良いサプリメントの摂取も育毛に効果的です。特に育毛に良いサプリメントとしておすすめされているのが亜鉛やノコギリヤシ、L-リジンです。

亜鉛には毛髪が合成されるのをサポートする働きがあり、AGAクリニックでも治療薬とともにサプリメントが処方されることがあるようです。

ノコギリヤシは5αリダクターゼの働きを抑え、脱毛ホルモンの生成を抑える効果があると言われています。さらにノコギリヤシは血流を改善、健康増進にも効果的です。L-リジンはアミノ酸の一種で、特に治療薬との併用で育毛効果を高めるそうです。

さまざまな育毛に良い成分が配合された、育毛サプリメントもあります。いろいろなサプリを摂取するより効率的に育毛に良い成分を摂取することができるのが、育毛サプリのメリットでしょう。

育毛サプリには一般的には亜鉛、ノコギリヤシ、イソフラボン、ミレットエキス、フィーバーフュー、カプサイシン、さらにL-リジンなどのアミノ酸、ビタミンB群などが配合されていることが多いようです。

スポンサーリンク

20歳でハゲになったら生活習慣を見直そう

卵トマト

薄毛予防や薄毛対策に欠かせないのは生活習慣の見直しです。栄養バランスの良い食事を摂れているでしょうか。

規則正しい生活で十分な睡眠と休養をとることができているでしょうか。育毛対策の効果を高めるためにも、髪の健康に良い生活を日頃から送るようにしましょう。

食生活を見直そう

栄養バランスの良い食事を摂ることができているでしょうか。髪の毛は必須アミノ酸全てを含むタンパク質でできています。アミノ酸スコアの高いタンパク質である、肉や魚、大豆をしっかり摂るようにしましょう。

また髪の毛が作られるにはビタミンやミネラルも必要です。特にビタミンB群や亜鉛は髪の毛の生成に深い関係のある栄養素です。

偏った食生活だとビタミンB群や亜鉛が不十分になる恐れがあります。なるべく多くの食品を摂取するようにして、栄養素が不足しないようにしましょう。

日頃お酒を飲みすぎていないでしょうか。お酒の飲み過ぎは髪の毛の元となるアミノ酸が消費され、ビタミンやミネラルの吸収も悪くなりがちです。さらには脱毛ホルモンが増加するとも言われています。アルコールは適度な量に留めるようにしましょう。

栄養バランスの悪い食事、糖質・脂質の多い食事、アルコールの飲み過ぎなどはハゲや薄毛を招くといわれているので、薄毛が気になり始めた人は特に注意しましょう。

質の良い睡眠を十分にとろう

毎日睡眠を十分とれているでしょうか。髪の健やかな成長と関わる成長ホルモンの分泌を高めるためにも、夜更かしをなるべくせず、早めに就寝するようにしましょう。

深い眠りは成長ホルモンの分泌量を増やします。寝る直前にテレビやPC、スマホなどで明るい光をなるべく見ないように、少なくとも寝る1時間前までにはお風呂で体を温めておくと、よく眠れるそうです。快眠はストレス対処法としても有効です。

スポンサーリンク

20歳でハゲになったらAGA治療も視野に

医者のデスク

20歳でも毛髪量に不安を感じて、薄毛治療をスタートする人も最近は少なくないようです。適切な薄毛治療で薄毛が改善した人も多数いるようです。

費用はかかりますが薄毛の進行を早く止めたいという人は、治療も視野に入れて良いでしょう。

AGA治療は専門のクリニックで

薄毛は気になり始めたけれど、どこのクリニックに行ったらいいかわからないという人もいるかもしれません。

薄毛の進行を止めるだけなら「プロペシア」というAGA治療薬が有効です。プロペシアは一般の皮膚科や内科などでも処方してくれるところもあるので、お近くのクリニックで探して見てもよいかもしれません。

しかしただ薄毛を止めるだけではなくて、毛髪量を増やしたいとなると「発毛治療」が必要になります。発毛治療はAGAクリニックや薄毛治療専門のクリニックでないと受けられません。クリニックによって治療方法や治療費もだいぶ異なるようです。

各AGAクリニックの公式サイトや、実際にAGA治療を受けている人の体験談、クリニックのレビュー記事も参考になるでしょう。AGA治療の体験談は育毛サーファーさんのブログも有名です。AGA治療により薄毛が改善された写真も紹介されています。

AGA治療の方法

AGA治療には投薬治療、育毛メソセラピー(注入治療)、自毛植毛法などがありますが、主流は投薬治療です。

クリニックではAGAの進行を抑えるプロペシアと、発毛効果のあるミノキシジルの投薬治療が行われることが多いようです。治療薬の服用で男性ホルモンが抑えられ毛母細胞が活発に、髪の量が増える効果が期待できます。

ミノキシジルは発毛剤(外用薬)なら薬局でも購入可能です。日本唯一の発毛剤、大正製薬のリアップシリーズにはミノキシジル濃度が1%と5%(男性専用)のものがあります。5%の方が治療効果が高いです。

AGA治療を始めると、まれに治療初期の期間に抜け毛が増える「初期脱毛」が起きることがあります。2週間~1ヶ月で落ち着くそうです。

AGA対策の効果はすぐには現れません。効果が現れ始めるのは治療を開始してから4ヶ月~半年と言われています。それまで毎日服用を続けて、食事や睡眠などの生活習慣にも気を遣いつつ、育毛対策も併せて行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

紺ジャケット男性

20歳で薄毛に悩む若はげ男性は、年々増えてきているようです。若い男性の美意識の高まりもあるかもしれませんが、生活習慣なども原因になっているのかもしれません。

さまざまな育毛対策法や薄毛対策方法が紹介されていますが、基本的には育毛剤などでの頭皮ケアと規則正しい生活を送ることを心がけ、確実な育毛発毛効果を得たいのならAGA治療も視野に入れると良いでしょう。

ハゲ・薄毛の兆候が気になり始めた人、毛髪のボリュームダウンや抜け毛が多いのが悩みという人は、育毛剤や育毛シャンプーなどでの頭皮ケアやマッサージでの育毛対策方法が効果的と考えられます。

生活習慣が乱れている人は今は髪の量に問題がなくても、近い将来ハゲや薄毛になる可能性があるかもしれません。生活習慣の見直しはハゲの程度に関係なく必要でしょう。

薄毛・ハゲがすでに進行しているという人はクリニックに相談を、適切な治療により改善に向かうことでしょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

大学生にハゲが増加している!若ハゲの9つの原因を知ろう!

ハゲを予防する5つの対策方法!つむじとM字のハゲが気になるあなたへ!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク