頭頂部の薄毛の原因はなに?改善方法と似合う髪型を紹介!

頭頂部の薄毛やつむじからハゲが進行するつむじはげに悩んでいる男性や女性の方は居るのではないでしょうか?頭頂部の薄毛はなかなか自分では見えづらいところにありますし気づきづらく、気づいたときにはハゲが大分進行していて絶句することもあるかと思います。

頭頂部のハゲは非常にポピュラーなケースで、比較的陥りやすいケースであるといえます。遺伝や生活習慣など様々な原因が絡んで発症するのが薄毛です。なかなか原因を一つに絞って対策をすることが難しいのが難点ですね。

今日は、頭頂部の薄毛に悩む方に、その詳しい原因と改善方法や似合うおすすめの髪型などを紹介していきます。

薄毛でも諦めず育毛ライフを頑張ってフサフサの髪の毛を手に入れましょう。

スポンサーリンク

頭頂部の薄毛の原因

薄毛

M字の薄毛と違い、頭頂部の薄毛になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?M字の薄毛は特に男性に多い傾向のある薄毛ですが、頭頂部の薄毛は女性にもよく見られます。

基本的に薄毛に陥ってしまう人の原因というのは、ハゲ方に関係なく殆ど原因が同じケースが多いです。ではその薄毛に陥る原因を見ていきましょう。

生活習慣の乱れ

主に、睡眠不足、運動不足、食事による栄養のかたより、喫煙、過度な飲酒、ストレスなどによる生活習慣の乱れが原因でホルモンバランスや血行、髪の毛の栄養不足を引き起こし薄毛の原因となっています。

特に頭頂部は心臓から最も遠い場所に位置しているため、血液が届きにくいことも生活習慣によって引き起こされる血液循環の不良の影響を受け易い要因であるともいえます。

他にも、仕事上ヘルメットをずっと被っていたり、帽子をかぶっていたりと頭皮が蒸れる環境に置かれている方で頭頂部から薄毛が進行してきたという人は頭皮の蒸れも原因になっているかもしれないので気にしたほうが良いかもしれません。

生活習慣の乱れに関しては特にたくさんの事が複合的に絡み合って一つの毛髪という結果を産んでいるため、なかなか一つに的を絞ることが出来ません。薄毛に悩む人は根気よく長期的にこれらの生活習慣の改善に取り組むしかないでしょう。

ホルモンの影響

育毛、毛髪のメカニズムにはホルモンの影響が大きく関わっています。

男性の場合は、男性ホルモンのテストステロンという物質が毛乳頭に多く存在する5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンを生成してしまうことによって毛母細胞の分裂が停止してしまい、髪の毛が生成されなくなってしまいます。

女性の場合は年齢の加齢とともに、女性ホルモンが減少したり、ストレスであったり日々の生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になり男性ホルモンから生成されるジヒドロテストロンの影響で頭頂部が薄毛になる原因になったりします。

また女性に多いのが、牽引性脱毛症です。長時間または長期間髪の毛を束ねたり引っ張るような髪型やヘアアレンジをしている人に引き起こります。同じヘアースタイルで髪の毛を縛り続けている人は注意が必要です。

遺伝

どうしても回避できないのが、遺伝による薄毛です。遺伝によるものはどうしても影響が出てきてしまうため、親族に頭頂部が薄毛の人が多いと自分も同じような薄毛になりやすいといえます。しかし、症状を抑えることは出来ます。最近では毛髪関係の育毛剤やシャンプーが優秀になったこともあり、しっかり対策をすれば、遺伝の薄毛も回避できます。

薄毛になるのは、遺伝であってもホルモンから生成される成分で薄毛に繋がったり、頭皮の環境や栄養によって髪の毛は生えてきます。この薄毛の原因を、育毛アイテムや生活習慣の改善で補うことは出来ます。

遺伝では母方の祖父の影響を強く受ける傾向にあります。あくまで遺伝は可能性の一つで、遺伝が薄毛の根本的な原因ではないということですね。

血行不良

生活習慣の乱れと同じで、その乱れの影響を受け易いのがこの血行不良です。

血行不良ということはそれだけ体内を循環する血液が少なく、栄養を体の隅々まで行き渡れせる効率が悪いということです。特に頭皮は血管の細い毛細血管で血液を循環させているため血流が悪くなると、影響を受け易いです。

タバコは喫煙によっても血管が末端から収縮してしまうため、より血液の循環を悪化させてしまいます。

髪の毛の生成させるためには当たり前ですが血液循環によってもたらされる栄養が必要になってきます。この栄養が十分に行き届かないと、せっかく今から生えようとしている髪の毛が十分に育たず、貧弱な毛根になり簡単に抜け落ちてしまいます。

血行不良は薄毛の他にもたくさんの病気や体調不良を引き起こす原因になるため百害あって一利なしの症状と言えるでしょう。

パーマやカラー、ブリーチの多用

若い頃にオシャレを楽しんだり、白髪が気になるなどで、カラーやパーマやブリーチなどを頻繁に行っていた人は、頭皮が普通の人より傷んでいる可能性があります。

特にパーマ液やカラー剤などには頭皮や髪に良くない成分が多量に含まれているため、髪にとってはよくありません。特にカラーやパーマは何度も定期的に行うため、何度も繰り返し行ううちに髪の毛の中心部分のタンパク質などの栄養素まで一緒に外に出されるために、髪の毛そコシがなくなり細くなっていってしまいます。

また、頭皮が弱い人などはカラー剤が原因になって頭皮が炎症を起こし、髪の毛が抜ける炎症性脱毛症になってしまうかもしれません。その頻度が高いほど髪の毛へのダメージは大きくなると思ったほうが良いでしょう。

シャンプー

自分の頭皮に合わないシャンプーを使っているなどして、薄毛につながっているケースがあります。特に薄毛を気になされている方だと、シャンプー選びは重要で、中でも成分がアミノ酸系のシャンプーを使うといいようです。他には石油系のシャンプーがありますが、これは粒子が大きすぎるため頭皮を傷つけてしまいます。

なるべく植物由来で天然素材のものを使用するようにすると、肌の成分と近く頭皮に刺激が少なく髪の毛にも栄養を与えることが出来ます。

しかし、あくまでシャンプーは頭皮を洗浄し清潔に保つことが一番大きな目的なので、刺激が強すぎない低刺激でしっかり汚れが落とせるシャンプーであれば十分頭皮ケア出来ていいでしょう。

髪の毛を生やすのはシャンプーではないので、高いお金を使ってシャンプーを購入することをおすすめするわけではありません。

スポンサーリンク

頭頂部の薄毛になる炎症

薄毛

頭頂部が薄毛になってしまう炎症について紹介します。

薄毛は病気ではないですが、非常に患者のメンタルを悩ませる大きな疾患ですよね。

専門医などの説明でもよく聞かれる薄毛の症状を見ていきましょう。薄毛の基礎知識としては知っておいたほうがスムーズに薄毛について理解できるでしょう。

AGA

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略です。日本語では男性型脱毛症といいます。思春期を過ぎた成人男性が男性ホルモンの影響により薄毛が進行していく炎症のことを言います。

髪の毛の生え際や頭頂部から薄毛が始まり、髪の毛の両サイドを残して薄毛が進行していきます。男性型脱毛症はテストステロンと5αリダクターゼが結合してジヒドロテストステロン(DHT)を生成することは先程説明しました。このジヒドロテストステロンという物質が髪の毛の成長期のサイクルをどんどん短くし、髪の毛が太く長く成長するのをせき止めてしまいます。毛根は死んでおらず、うすく産毛のような状態まで成長が弱まっていきます。そのため髪の毛が細く短くなり薄毛に見えるようになります。次の髪の毛の準備をしている毛包から髪の毛がなかなか生成されず育毛に時間がかかります。

つまり簡単にはAGAの抜け毛や薄毛を解消するためにはこのジヒドロテストステロンの働きを抑制すれば良いわけです。AGA対策の育毛剤や専門医から貰える発毛剤などが効果が高く、育毛効果が期待できます。

FAGA

FAGAとは、Female Androgenetic Alopeciaの略で日本語では女性男性型脱毛症といいます。

男性型脱毛症と同じでジヒドロテストステロンの働きが大きく関係して、薄毛になります。特に加齢や生活習慣の乱れで女性の男性化が進み、ホルモンバランスが大きく崩れることが原因です。もともと女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛の成長を助け、その成長期間を長くするという効果が認められていましたが、この女性ホルモンが低下するだけでも薄毛の手助けになってしまいます。

現時点で女性の薄毛人口は300万人から600万人と言われており、今後も薄毛人口は増えていくものと考えられます。特に男性に混じって会社で働く女性が増えてきている昨今、ストレス社会で生き抜くために女性の男性かも進み、よりこのような症状が出やすくなるのではないでしょうか?

女性の薄毛に関しては詳しくはこちらを御覧ください。

女性の薄毛の原因を知ろう!種類や対策方法を知ろう!更年期は関係ない?

円形脱毛症

円形脱毛症とは、10円玉くらいの円形や楕円形の脱毛斑がストレスや体調不良、感染症などで引き起こる炎症です。10円ハゲなどとも呼ばれますね。

そのメカニズムは、Tリンパ球という血液細胞が毛根を異物と誤認識し攻撃してしまうことで毛根が痛み、正常な髪の毛まで抜け落ちてしまう事によって円形脱毛症が起こります。

円形脱毛症に関しては頭頂部に限らず、頭の様々な位置で発症します。

詳しい治療法や症状についてはこちらを御覧ください。

10円はげ(円形脱毛症)の原因と対策、治し方について!どんな種類がある?

スポンサーリンク

頭頂部の薄毛の改善方法

改善

原因や症状について紹介してきましたが、ここではその原因を踏まえた上で、改善法を見ていきます。自分に足りない要素や、薄毛の原因になっている要因を探して、それに合った効果的な育毛方法を探していきましょう。特に頭頂部の薄毛は改善する可能性が高い薄毛です。

諦めずにトライしていきましょう。

生活習慣の見直し

まずは生活習慣の見直しから始めましょう。薄毛の原因になる不規則な生活を辞め、規則正しい生活習慣を取り戻しましょう。総合的な生活習慣を改善することで血行も良くなり頭皮への栄養も行き渡るようになります。

仕事の関係でなかなか、時間を調節することが難しいかもしれませんが、育毛のためになんとか頑張りましょう。少なくとも休みの日に遅くまでテレビを見たり深酒したりするようなことは避けて、休日くらいはしっかり習慣を整えましょう。

ストレス発散

ストレスを発散して溜め込まないようにしましょう。適度に趣味などを持っていてストレスを発散できればそれに越したことはありません。が、なかなか趣味を持っていない人もいるかと思います。

中にはお酒を飲むことがストレス発散になる方もいるかもしれませんが、過度な飲酒は逆効果になってしまいます。飲む量に気をつけて効果的にストレス発散を行いましょう。

日々のストレスは微量でも、蓄積していってしまうと体調に現れてきてしまいます。細かにストレスを発散し溜め込まないよう注意しましょう。

ストレス発散方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

ストレス発散の方法を知ろう!ストレスに強い人と弱い人の特徴について。

適度な運動

適度な運動でストレスを発散するとともに、汗をかき毛根を活発にさせ血行も良くしましょう。運動不足も解消できて、ストレス発散も出来て、血行もよく出来ると一石三鳥の得があるため、薄毛解消にとってはいい事ずくめといえます。

育毛には長期的な育毛活動が必要なため、激しすぎる運動ではなく長続きする軽めの運動を長期的に続けていきましょう。

睡眠不足の解消

睡眠不足に慣ればそれだけ、ストレスも蓄積しやすくなりますし、就寝時に毛根は髪の毛のダメージケアを行っています。その時間が少なくなってしまうため髪や毛根にとって良くありません。

さらに睡眠不足で、毛穴は開き肌が乾燥しやすくなります。そのため頭皮も同じ影響を受け頭皮の環境が悪化してしまいます。吹き出物やフケも出やすくなってしまい非常に悪影響です。

特にホルモンバランスや成長ホルモンを整える22時から深夜2時の時間帯は睡眠を取るように心がけましょう。

禁煙

喫煙は体にとってはあまりいい影響を及ぼしません。喫煙家にとってはなかなか辞められない問題かもしれませんが、頭皮には良くないことは事実です。仕事上での付き合いや、タバコの時間が潤滑的に物事を進めてくれているメリットもありますので、無理に禁煙をしないまでも、本数を減らすなどの努力をしてなんとか禁煙による体へのダメージを減らしましょう。

タバコを吸うとたくさんのビタミンCが消費されてしまいます。せっかくサプリメントや薬剤によって栄養を蓄えてもその栄養が無駄になってしまいます。血管も収縮し、血行不良を引き起こすのでダブルパンチです。

過度な禁煙は負担になってしまうこともありますので、電子タバコを利用するなどして頑張りましょう。

食事

何と言っても髪の毛を作っている栄養素を得るのは食事からです。その食事が毎日コンビニの弁当だったり、ファーストフードばかりではなかなか髪の毛に必要な栄養素を得ることは出来ません。

少し気を使い、髪の毛の栄養になるような食事を心がけましょう。基礎的な髪の毛の栄養素であるタンパク質や、タンパク質の吸収を助ける亜鉛、肌の調子を整えるビタミンA、C、EやビタミンB群をバランス良く摂るようにしましょう。

海藻類や貝類、魚、納豆などを出来るだけ食事に取り入れて、育毛に努めましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージをして頭皮の血行促進をはかりましょう。特に頭頂部は紫外線の影響を肌の3倍受けます。その紫外線の影響や、血行不良により頭皮が固くなってしまっています。

そのため血管が凝り固まって血行が悪くなっています。また、マッサージによって毛根に溜まった角栓を取り除くことも出来ます。

血行を良くし老廃物を取り除き、毛根や頭皮の環境を良くして髪の毛が生えやすい土壌づくりをすることが大切です。

育毛剤を使う

育毛効果の認められている育毛剤を利用してみましょう。特にAGA治療には効果的で、男性型脱毛症の方には特に有効成分が入った育毛剤が発毛効果にいい働きをします。

しかし、育毛剤を使って栄養を頭皮に蓄える前に、頭皮の環境が良くなければ育毛剤の効果が正確に得ることが出来ません。まずは、シャンプーによってしっかり頭皮環境をきれいな状態に保って最大限に育毛剤の効果を得ましょう。

毛髪の専門医に相談

無料カウンセリングができるクリニックなどもあるため、一度相談してみても良いかもしれません。特に毛植毛や手術で自毛移植など専門のクリニックでしか出来ない薄毛対策もあるため検討の余地ありです。

しかし中には先何ヶ月までの料金を先払いしなくてはいけなかったり、「生えてきてますよ、良くなってますよ」と産毛程度の毛髪に対しても言ったり、効果が得られなくても通わなくてはいけないため、クリニック選びはしっかり行う必要があるでしょう。

悪質なクリニックによる被害は多く報告されているので、注意しましょう。

スポンサーリンク

頭頂部の薄毛に悩む人におすすめする髪型

髪型

薄毛が目立ってきたら髪型をどうするか悩みますよね。特に頭頂部は自分からは見えにくい分余計に気になってしまったり、薄毛だから髪の毛が大切でなかなか切れずに長髪にする場合などがありますが、特に頭頂部の薄毛の場合長髪のヘアースタイルにすることは逆効果です。

より薄毛を目立たせることになるでけでなく、非常に不健康な印象を与えてしまいます。

ではどのような髪型が似合うのでしょうか?オススメの髪型を紹介します。

オールバック

長さがそれなりにある方だと、そのまま垂れ下げてしまうと長い髪の頭頂部が薄毛になっているのが非常に目立って見えてしまいます。そのため、頭頂部を隠すために良いのがオールバックです。

整髪剤を大量に使うため、シャンプーでしっかり落とすことが必要になってきますがスタイリングも簡単で髪型が崩れにくいため良いのではないでしょうか?

特に今はツーブロックにオールバックを合わせる髪型などが流行っています。清潔感も非常に高くワイルドに見えるため、良いでしょう。

坊主

薄毛に悩むくらいならいっその事坊主になって悩みを解消してしまいましょう。選択肢としてはありだと思います。何より手入れも楽ですし、薄毛を気にすることもなくていいでしょう。また健康な髪の毛が元気に生えてくるまで坊主でいて、また生えてきたら一緒に髪を伸ばして、オシャレを楽しむのでもいいかと思います。

スキンヘッド

もっと思い切ってスキンヘッドにしてしまえば、もう薄毛かどうかは見分けはつきません。流石に社会人ではスキンヘッドは難しいかもしれませんが、薄毛の悩みを抱えていて、とっちらかった頭を晒すくらいならいっそのことスキンヘッドになってしまいたい旨を説明すれば可能かもしれませんね。

強面に見えてしまうかもしれませんが、存在感は抜群で目立つことは間違いなしです。芸能人で言うと武藤敬司さんなどが挙げられますね。参考までに。

モヒカン

何と言っても薄毛の方は短髪にしてしまう方が印象的にも薄毛を隠すのにも効果的です。

短髪でトップを立たせて頭頂部付近を隠してしまうことで、薄毛は大分隠すことが出来ます。爽やかな印象や優しい印象を与えることが出来ますし、スタイリングの楽しさも程よくあるので、おしゃれしたい人にはおすすめです。

ツーブロック

ツーブロックは今流行りのスタイルですね。サイドを刈り上げることで髪型のボリュームを落としトップの髪の毛でスタイリングをします。

ツーブロックにするだけでオシャレ感や清潔感はアップしますし、トップの長さの調節でたくさんの髪型が出来るので幅は広いのが特徴です。

一度サイドの毛を刈ってしまうとなかなか伸びてこないので、慎重に決めることが必要ですが、一度やってみると違和感はなく結構誰にも似合う髪型ですのでやってみれば気にいることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

頭頂部の薄毛は他の薄毛に比べて、改善の報告が多い薄毛です。諦めずに長期的に改善策を実行することで改善してきます。

髪の毛が伸びる期間を考慮しつつ3ヶ月以上で半年から一年近い期間を見て、頭皮改善をしていきましょう。根気良く続けることできっと効果は現れるはずです。何をやっても改善しない場合は医師に相談するなど、段階的に医療機関を利用してみても良いかもしれません。

日本の男性の薄毛人口は1300万人とも言われています。女性では400万人程度とその数は減ることがありません。近いうちにまた薄毛の治療法にもきっと変化が現れることでしょう。薄毛の悩みがなくなるその時まで、頑張っていきましょう。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

ワックスを使うとはげるの?頭皮に負担のかかる成分とは?対処方法も紹介!

育毛剤って副作用があるの?症状を知っておこう!副作用が出にくい育毛剤もある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク