育毛剤って副作用があるの?症状を知っておこう!副作用が出にくい育毛剤もある?

薄毛に悩む皆さんは育毛剤や発毛剤で薄毛対策をしていると思います。何も感じず普通に毎日使用しているその育毛剤、本当に大丈夫ですか?かゆみや不快感を感じてもそのまま使用し続けていませんか?

ここでは育毛剤にある副作用についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

育毛剤とは

important-1704763_960_720

育毛剤は髪の毛を生やすのに必要なものですよね。

そんな育毛剤の成分や効果を見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤とは抜け毛や切れ毛を予防し、発毛を促すための育毛料のことをさします。

フケやかゆみを抑え、毛根に活力を与えることにより頭皮の血行を良くし、養毛増進に効果があるものです。主な有効成分としては末梢血管での血行促進成分(ビタミンBやビタミンE、)、抗炎症等で頭皮を健康に保つ成分が配合されています。

育毛剤に含まれるミノキシジルの成分と効果

ミノキシジルは血管拡張させる成分が含まれており、高血圧の経口薬として使用されていました。しかし髪の育毛により、脱毛症の回復効果が見られ脱毛症の回復薬として発売されました。

ピディオキシジル

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体と言われている育毛成分です。

ミノキシジルと比べて副作用が少ないのが特徴とされています。日本ではあまり認知されていませんがまつ毛美容液などにも配合されている成分です。副作用が低いのがわかりますね。キャピシジルと合わさることにより、より強い育毛効果が期待できるとされています。

スポンサーリンク

要注意!育毛剤の副作用

medications-257349_960_720

育毛剤には副作用があります。一般的に発売されている医薬部外品のリアップという商品もまた副作用があるのです。

一種医薬品の育毛剤や発毛医薬品は副作用がつきものとされていますが、どんな副作用があるのか、見ていきましょう。

頭皮のほてり又は発疹

ミノキシジルが配合されている育毛剤に多い副作用は頭皮のほてりです。育毛剤を塗った直後にジンジンと頭皮が熱くなるような感覚になり、やがて強い熱さを感じます。慣れてきて、ほてりを感じなくなる人もいるようですが、頭皮にダメージが与えられているので注意が必要です。

また、ミノキシジルの副作用として頭皮のほてり以外にエタノールによる副作用もあります。頭皮が弱い方は発疹や皮膚が赤くなるといった症状が出る場合もあるので、頭皮のほてり、発疹を感じたら使用を中止するか他のものを使用しましょう。

頭皮の痒み

ほてりと同じくらい多いとされる副作用は頭皮の痒みです。育毛剤の種類にもよりますが、塗った後に頭皮がべたつき、その部分が痒くなるということがあるようです。

元から皮膚アレルギーや頭皮が弱い方は痒みを引き起こす可能性があります。

血圧が低くなる

ミノキシジルはもともと血圧を下げるための薬ですが、血管拡張効果もあるのでそれが原因で血圧が低くなる(低血圧)ことがあるとされています。

もともと血圧が低い人は使用には注意が必要になります。

抜け毛

育毛剤による副作用の初期症状は抜け毛です。少なからず育毛剤を使い始めたばかりの人は経験があるのではないでしょうか。

抜け毛は最初は酷いかもしれませんがあくまで、初期症状なので気になるようであれば使用を中止しましょう。

体調不良

育毛剤の有効成分、ミノキシジルはAGA治療薬として使用されていますが、痒みや血圧低下以外にも頭痛やめまい、吐き気、胃の不快感など体調にもあらわれることがあります。

胃の不快感などは飲み薬のプロペシアにあらわれることがあります。

男性機能障害

男性型脱毛症に対応した薬品には、男性機能障害の恐れがあります。

症状としては勃起不全、精子の減少など男性機能にかかわる副作用が見られます。これは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制する作用によるものです。プロペシアに含まれるフィナステリドが作用することによる障害なので、プロペシアを服用している方は注意が必要です。

胎児への影響

女性の育毛剤には天然由来の安心して使用できるものが多いのですが、気を付けておきたいのは、フィナステリド系の育毛剤です。

フィナステリド系の育毛剤は主に男性用に配合されているのですが、女性用に配合されている場合、触れると胎児への悪影響があるとされています。

スポンサーリンク

育毛剤の使用を控えたほうがいい人

rain-785245_960_720

髪の毛を増やすために育毛剤を使用していても、頭皮に異常が見られた場合は使用を中断するべきです。ここでは育毛剤の使用を控えたほうがいい人の特徴をあげていきます。

肌が敏感な人

肌が敏感だったり弱かったりすると、天然由来成分配合の育毛剤でも頭皮に痒みや発疹ができてしまう場合があります。

頭皮が炎症を起こしたままの状態で育毛剤を使用しても効果は得られず、皮膚炎などになってしまう可能性があるので使用は控えたほうが良いでしょう。

肥満体質な人

プロペシアが含まれている育毛剤には肥満体質の人の場合、悪化してしまうことがあります。痩せにくくな太りやすい体質になってしまうのです。そのため、肥満体質な人は使用を控え他方が良いでしょう。

睡眠不足な人

睡眠不足が続くと、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが分泌されにくくなります。そのため睡眠不足の人は育毛剤を使っても効果があらわれないこともあります。

育毛剤を使用して効果を得たい場合には睡眠をしっかりととるようにしましょう。

低血圧の人

低血圧の人が育毛剤を使用することで、血管が拡張されさらに低血圧になる可能性があります。低血圧の人は育毛剤の使用ではなくクリニックなどの専門病院でAGA治療をしてもらいましょう。

うつ状態の人

鬱状態の人が育毛剤を使用するとうつ状態が悪化してしまう恐れがあります。医師にうつ状態や精神が不安定と言われた人は育毛剤の仕様を控えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

育毛剤による副作用が出た場合

junction-663367__340

実際に育毛剤を使用して副作用が出た場合にはどのように対処すればいいのかをまとめたので見ていきましょう。

頭皮の痒みが出たら

頭皮の痒みが出た場合には、育毛剤の使用を中止し皮膚科を受診しましょう。放っておいてしまうと頭皮が炎症を多し悪化し、はげの原因にもなりえるので病院を受診することが一番です。

病院を受診する際には、使用していた育毛剤を持参していくと頭皮の症状に合った治療薬が処方されると思いますので持参するようにしましょう。

体調不良が起きたら

体調不良が起きた場合、すぐに使用を中止するか、飲み薬のタイプなら量を減らしてみる、中止してみてください。いずれにしても病院を受診するのがいいと思います。

副作用が悪化する前に早めの受診を心懸けてください。

スポンサーリンク

女性用育毛剤に副作用はあるの?

academic-1822683_960_720

男性用育毛剤にはミノキシジルが配合されているので副作用は多いとされていますが、女性も育毛剤を使っていますよね?

女性の育毛剤には副作用があるのか、見ていきたいと思います。

実は安心

実は女性用育毛剤にはミノキシジルもフィナステリドも配合されていないものがほとんどです!安心ですよね。これは男性と女性の発毛のメカニズムが違うため、処方される育毛成分も違うのです。

女性用育毛剤の主な効果は血行促進や栄養補給、頭皮の保湿です。そのためホルモン分泌に作用するような強い薬品は使用されていないのです。

注意が必要

女性用育毛剤は安心ですが一つだけ注意が必要な育毛剤があります。

「リアップリジュンヌ」にはミノキシジルが配合されている為、注意が必要です。説明書にも妊娠中、授乳中の方には使用できないとの表記もあります。

また、副作用がほとんどないとはいえ、女性の体は日々ホルモンバランスが変化します。そのため副作用とは違うのですが、体調が悪くなる可能性もあるので、育毛剤を使用する量に注意しましょう。

スポンサーリンク

AGA治療はリスクがあるのか?

stethoscope-1584223__340

AGA(男性型脱毛症)治療方法にはリスクがあるのか、発毛効果は得られるのかなどを見ていきたいと思います。

AGA無料カウンセリング

まずは自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか無料カウンセリングをするとよいでしょう。カウンセリングを受けることにより、自分はどんなタイプの脱毛症なのか、どのような治療をすればいいのかがわかります。

悩まずにカウンセリングを受けることをおすすめします。

AGA治療薬

AGAの治療には飲み薬でプロペシアやミノキシジルが使用されます。その人の体質により副作用として体調不良などが起きるので、AGA治療薬が必ずしも効果があり安全に髪の毛を増やせるとは限りません。

プロペシアは効果が出る人と、副作用だけが出て薄毛に効果が出ない人に分かれます。また副作用として男性機能の低下、胃の不調が見られます。妊娠を望む女性にはプロペシアは触ることさえも危険な薬とされています。

ミノキシジルは血行を良くし髪の毛を生やしてくれる効果が期待できますが、頭皮にかゆみが出たり、かゆみが強烈すぎて病院行き…なんて話もあります。効果は期待できますが、副作用が強い治療法と言えるでしょう。

スポンサーリンク

危険度が高い育毛剤

pills-1885550__340

育毛剤によっては副作用が見られますが、なかでも危険度の高い育毛剤をあげてみました。育毛対策は正しい知識を付けて行いたいですね。

デュタステリド

前立腺肥大症の患者に用いられていた薬ですが、脱毛症の患者にも効果があるとアメリカで発見されて、薄毛治療にも用いられています。

デュタステリドは男性型脱毛症を発症させるジヒドロテストステロンのもとになる5αリダクターゼを抑制する働きがあります。育毛効果は高いとされていますが、副作用が大きいので注意してください。

主な副作用

主な副作用としては性的不能、性欲減退、男性の胸の女性化、精液のボリューム現象があげられます。みてみると性的機能に強い副作用が現れることがわかります。

注意事項としては未成年、女性の服用が禁止とされています。授乳中、妊娠中の女性はデュタステリドに触れてはいけません。デュタステリドは皮膚からも吸収してしまうため女性は注意が必要です。

ミノキシジル

血管拡張作用があります。元々は高血圧症の患者に用いられていましたが、脱毛症の患者にも効果があるとされ、薄毛治療薬として使われています。

AGA治療の病院でもフィナステリドと一緒に処方されます。療法一緒に服薬したほうが効果が期待できるためと言われています。

外用薬と内服薬がありますが、内服薬のほうが効果があるとされています。

主な副作用

頭皮のかゆみ、低血圧、頭痛、多毛症など様々な副作用がみられます。

注意事項としては、人工透析を受けている人は使用禁止とされています。また未成年、授乳中、妊娠中の女性、心臓や肝臓に持病がある人の使用も禁止されています。

ミノキシジルが含まれている主な育毛剤はリアップなどがあげられます。

フィナステリド

デュタステリド同様5αリダクターゼを抑える効果があります。育毛の効果が認められていて60か国以上で使用されている薬です。

主な副作用

勃起不全、性欲減退、ぺイロニー病など様々な副作用が見られます。うつ病患者に用いた場合、症状が悪化するとのこともありました。

この薬は未成年、女性の使用を禁止しています。妊娠中、授乳中の女性は胎児への影響があるので触れることも危険とされています。献血する際は服用を止めてから1か月は禁止されています。

また、肝機能障害がある方は医師と相談のうえで服用をするか決めるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

副作用のない安心な育毛剤

pharmacy-1729445__340

お金のかかるAGA治療や様々な副作用がある育毛剤は出来れば使用したくないですよね。そこで、副作用の心配のない安心な育毛剤を選んでまとめました。

副作用がないとはいえ、個人の体質により頭皮トラブルがあるかもしれないので使用料に注意して安心な育毛剤を使用しましょう。

チャップアップ

チャップアップは無添加、無香料(香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラペン、紫外線吸収剤、シリコン)の育毛剤です。

20という若い世代から幅広い年齢層、男性女性かかわらず使用されている圧倒的発毛効果がある実力派です。育毛に必要な濃度の高い発毛成分配合で、血流を良くし脱毛を防ぐ・毛穴の炎症を防止して脱毛を防ぐ・育毛を促進するという効果が期待できる育毛剤です。

薬用 ポリピュアEX

育毛の重要な毛乳頭に育毛有効成分とバイオポリリン酸配合で効果が期待できる育毛剤です。

従来のグリチルリチン酸ジカリウムとニンジン抽出液に加えて育毛や発毛効果のあるセンブリエキス、低分子コラーゲンと、ヒオウギ抽出液も追加配合してさらにパワーアップしました。

BUBKA(ブブカ)

育毛有効成分、育毛サポートエキス、頭皮ケアサポートエキス、細胞活性など46種類もの有効成分を配合した育毛剤です。

育毛を促進し退行を予防、髪の毛を成長させる、頭皮に栄養を浸透させる、頭皮を潤す効果があり、なおかつノンアルコールで頭皮と髪の毛にも優しいので安心して使用できます。

ヘアリプロ 薬用スカルプ グロウF

発毛促進に効果的とされている、セファランチン、パンテノール、ニコチン酸アシドを配合した育毛剤です。

注目のビワ葉エキスなど新成分配合で発毛力が期待される髪の毛が成長しやすい頭皮環境を作ります。さらに天然由来植物成分が16種類もの数に増えてパワーアップしています。

マイナチュレ

女性の髪の毛の悩みにこたえる安心無添加の育毛剤です。髪の毛一本一本のコシやハリがなくなってきた、髪の毛にボリュームが出ない、地肌が目立ってきている、他の育毛剤はあまり効果が感じられなかった、刺激が強すぎて頭皮のかゆみや発疹がでた…などで悩んでいる方におすすめです。

女性はホルモンバランスにより頭皮ケアも変わってきます。無添加にこだわりながらも、センブリ、グリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分を配合されている期待のできる育毛剤です。

ハリモア

ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸の有効成分で育毛、発毛を実感できます。そのほかにも生薬由来の成分配合で効果がアップ。

スキンケア品メーカーが作った美容育毛剤なので、女性に嬉しい部分が多くあります。

花蘭咲(カランサ)

合成化学物質を使用していないため敏感肌の方にも安心して使用できる育毛剤となっております。女性の育毛に嬉しいカラントサイド配合です。カラントサイドは特有成分で女性の薄毛に対応しています。

天然成分で血行促進、抗菌といった効果もあるので嬉しいですね。

まとめ

育毛剤の副作用についてみてきましたがいかがでしたでしょうか。普段効果があると思って使っている育毛剤に副作用があったら大変ですよね!

たとえばミノキシジルは血行促進効果で有名ですが女性には使えない、触れる事すら危険ということと理由もお分かりいただけたと思います。使っている育毛剤を批判しているわけではなく、副作用も知っておくと育毛剤に対しての意識も変わってくる、ということをお伝えできればいいなと思いました。

育毛剤はいろんな種類がありますが、自分に合った副作用ができるだけないものを選びたいですね!副作用の少ないピディオキシジル配合の育毛剤が発売される日も遠くないかもしれません。これからの育毛剤に期待できますね。

関連記事として、

初期脱毛とは?どんな育毛剤で発生するの?起きた時の対処方法も知ろう!

亜鉛がハゲに有効?その成分や効果的な摂取方法を紹介!過剰摂取に注意!

これらの記事を読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク