初期脱毛とは?どんな育毛剤で発生するの?起きた時の対処方法も知ろう!

最近髪が薄くなってきたなあと心配になって、話題の育毛剤を使い始めたら、髪が生えるどころか髪の毛が抜け始めた!?と怖い話がよく聞かれます。実はこれは育毛剤の成分による「初期脱毛」という現象です。

この初期脱毛はどうして起こるのか、髪の毛が本当に生えるのか、どんな育毛剤を使うと起こるのか、髪の毛が生えてくるまでどれくらいかかるのか、初期脱毛について気になることをお伝えします。

スポンサーリンク

育毛剤で初期脱毛?

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e7%94%b7%e6%80%a7育毛剤を使うことで抜け毛が増えることがあるって本当でしょうか。

薄毛治療を始めたら、初期脱毛が起こった!

最近薄毛が気になるなあとAGA治療薬を服用し始めたところ、その副作用で抜け毛が増えた、という話がよく聞かれます。

特定の成分の入っている育毛剤を使うと、初期脱毛が起きるという報告も多数あります。インターネット上でも、育毛剤が怖い、治療が怖いなんていうコメントが見られます。

薄毛の治療開始で初期脱毛が起こることがある?

男性特有の薄毛、M字ハゲや頭頂部のハゲの治療で治療薬の服用開始後、育毛剤や発毛剤の使用開始から一月ぐらいもすると、抜け毛が増えることがあります。

治療の開始当初は髪が薄くなる可能性もありますが、治療薬が効いているなら、継続しているうちに徐々に薬剤の育毛発毛効果を感じられます。

だれでも初期脱毛が起きてしまうの?

薄毛対策で育毛剤を使用することによって初期脱毛がだれでも起きてしまうかというと、決してそうではありません。人によっては育毛剤を使用した後も、ほとんど抜け毛の本数は変わらなかったという話も聞かれます。

ただし抜ける人はシャンプーのときに、抜け毛の本数がいつもの2倍~5倍に増えることもあります。確かにこのまま育毛剤や治療薬を継続するのは怖い、と思ってしまいますね。

スポンサーリンク

初期脱毛とは?

%e6%82%a9%e3%82%80%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e5%a5%b3%e6%80%a7

育毛、発毛の治療を始めると髪が一時的に抜けてしまう時期があるといいます。

初期脱毛とはどのようなしくみで起こるのか、毛周期について確認してから解説していきます。

髪のつくりと毛周期(ヘアサイクル)

私たちの体に生えている毛は髪に限らず、すべて毛根と毛幹とよばれる部分からできています。体毛の毛根は皮膚に埋まっている部分で、毛幹は外から見える毛の部分です。人間の毛根の数は生まれたときから決まっています。

そして毛根の根もとの方にある毛乳頭は毛細血管と直接つながっています。この毛乳頭が毛母細胞に命令を出して、細胞分裂をするよう促し、頭皮では髪の毛が伸びていきます。逆に細胞分裂を止めさせて、髪が成長することを止めるときもあります。

毛周期(ヘアサイクル)とは髪が抜け落ちてからまた生えてきて伸びるというサイクルで、それぞれの毛によって時期がずれています。毛母細胞に異常が起きるとこのサイクルが乱れてしまい、抜け毛が増えてしまいます。ヘアサイクルには3つの時期、成長期・退行期・休止期があります。

 「成長期」とは

髪が成長する時期で、3つの時期の中で最も長く、個人差はありますがだいたい4~6年です。毛乳頭から毛母細胞に細胞分裂するよう命令が届き、髪の毛が長く太くなる時期です。

 「退行期」とは

髪の成長が止まる時期で、だいたい2、3週間から1ヶ月です。この時期には毛母細胞の分裂が止まり、毛乳頭、毛母細胞を含む毛球が小さくなっています。

 「休止期」とは

毛根の位置が浅くなり、新たにできた髪に押し出されるようにして、髪の毛が自然と抜け落ちていきます。

AGA治療で初期脱毛はなぜ起こる?

AGA(男性型脱毛症)の症状は、上で述べた毛周期の最も長い時期であるはずの「成長期」が数カ月~1年と短くなってしまい、髪が十分成長しません。そのため、髪の毛は太く長くならず、短くて細い弱毛、産毛のような毛になってしまいます。

発毛のための治療で発毛医薬品を服用すると毛母細胞に働きかけて、毛母細胞が活発になるようになります。しかし、急に毛母細胞が活発になることで新しい髪が成長し、元々生えていた髪の毛が抜け落ちてしまいます。この現象が初期脱毛です。

初期脱毛が起こる期間

初期脱毛は毛母細胞が活発になることで弱い毛が抜け落ちる現象ですから、薬の効果が表れた証拠であり、発毛、育毛のための準備段階と言えます。

初期脱毛は個人差もありますが、2週間目から起き始め、だいたい1ヶ月~数カ月の期間でおさまるという声が多いです。数カ月はかなり長く感じるかもしれませんね。また、副作用で腕の毛や手の甲、指などの体毛が濃くなったという報告もあります。

スポンサーリンク

初期脱毛と育毛剤比較

%e6%82%a9%e3%81%bf%e5%a5%b3%e6%80%a7

初期脱毛が起きたあと、時間がかかるけれど数カ月したら新しい毛が生えるよ、と言われても、日々抜け落ちていく毛を見たら心配になりますよね。

育毛剤や発毛剤を使っても、初期脱毛を抑える方法はないのでしょうか。

リアップ

発毛剤リアップは第一類医薬品です。壮年性脱毛症に効果があり、発毛成分のミノキシジルを配合しています。リアップ、リアッププラス、リアップジェットは発毛成分ミノキシジルを1%配合しています。リアップX5プラスはミノキシジルを5%配合しています。女性向けのリアップリジェンヌにもミノキシジルが1%配合されています。

リアップにはミノキシジルが配合されているため、初期脱毛の副作用があるという記事が多く見かけられます。しかしミノキシジルタブレットのように成分はあまり濃いものではありません。かゆみ、炎症の副作用が見られることは報告されています。

チャップアップ

育毛剤チャップアップは医薬部外品で、ミノキシジルは配合されていません。ミツイシコンブエキスから取れるM-034という天然の海藻エキスが配合されています。そのため肌がデリケートな人にも優しいとされています。

このM-034という成分は髪の毛のもととなる毛母細胞と関わる外毛根鞘の増殖作用があります。髪の毛を太くし、ヘアサイクルの成長期を延長し、退行期への移行を遅らせる働きがあるとされています。育毛剤のBUBKAもM-034成分を配合しています。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)

ミノキシジルは育毛効果が高い成分ですが、本来は高血圧患者の方に使われていたもので、もともと育毛剤として使うものではありませんでした。ミノキシジルには血管拡張作用があり、血圧を低下する働きがあるので、血圧降下剤として使われていました。しかし血管の拡張作用のために発毛効果があることが後に判明し、育毛剤、発毛剤として使われるようになりました。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は内服薬です。ミノキシジルを頭皮に塗布するよりも効果が高いですが、塗布タイプのものより成分が濃い分強い副作用が起こる可能性が高いです。初期脱毛も報告されています。

ミノタブはドラッグストアなどでは買えませんので、使いたい人はクリニックで治療薬として処方してもらうことになります。個人輸入代行業者でも販売されていますが、医師の診断がないのは非常に危険なので、おすすめできません。

プロペシア

AGA治療の医薬品で、有効成分はフィナステリドです。初期脱毛の恐れがあります。個人輸入代行などを利用している人もいるようですが、医療機関にて処方してもらうようにしましょう。

プロペシアの有効成分フィナステリドは5α還元酵素を阻害する薬です。

AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞にはたらきかけ、毛周期の成長期の髪が休止期や退行期に移行してしまうためです。ジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンが5α還元酵素という酵素により変換されて生成されたものです。

なおプロペシアの後に出たザガーロというAGA治療薬はデュタステリドを有効成分としています。この治療薬も5α還元酵素を阻害する薬です。

フィンペシア

プロペシアと同じく有効成分はフィナステリドで、プロペシア同様の効果が得られ、また初期脱毛の可能性もあります。フィンペシアはプロペシアと比べると安価ですが、日本での使用が認められていません。

そのため個人輸入代行を利用している人もいるようですが、本物のフィンペシアかどうかも疑われますので、医療機関にて認可されているプロペシアジェネリックを処方してもらうようにしましょう。

育毛サプリ

ノコギリヤシを含む育毛サプリで初期脱毛が起こるかというと、起こるという記事も起こらないという記事も見られます。いわゆるサプリメント類は育毛に必要な栄養を補うもので、ミノキシジルやフィナステリドを含んだ薬品を服用したときのような初期脱毛は起こらないというのが医療機関の見解であるようです。

育毛サプリの成分には、ノコギリヤシ、L-アルギニン、亜鉛、ナツシロギクなどがあります。治療薬より手軽という理由で育毛サプリを使用する人もいますが、育毛サプリだけ摂取してすぐに育毛につながるというわけではありません。

髪への栄養は必要なものですが、栄養バランスの良い食事を摂るというのはなかなか難しいものです。そこでサプリも使ってよりバランスよく栄養を摂取するという、あくまでも補助的な位置づけとして使用するべきでしょう。

初期脱毛の起こる育毛剤・発毛剤

人によって程度や状態に個人差もあるようですが、ミノキシジルやフィンペシアを含む育毛剤・発毛剤、治療薬、タブレットにて初期脱毛が見られるという見解が大部分を占めています。初期脱毛が心配であれば、育毛剤・発毛剤の成分を確認して使用するのが良いでしょう。

ミノキシジルやフィンペシアを含まない育毛剤を利用すれば、初期脱毛の起こる可能性は少ないでしょう。ただし、その分効き目はゆるやかなものになってしまいます。

スポンサーリンク

初期脱毛が起きたときの対策

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e7%94%b7%e6%80%a7

AGA治療開始から2ヵ月月~1カ月経過すると、初期脱毛が起こりやすいです。

もし初期脱毛が起こったら、どうしたらいいでしょうか。

初期脱毛に髪型で対策

AGAまた他の脱毛症治療を開始すると、使用している薬剤により初期脱毛が起こることがあります。初期脱毛は治療がうまくいっている証拠であり、初期脱毛の期間は正しいヘアケアサイクルの準備段階と言えます。しかし、脱毛がいつもの倍以上となると心配ですし、ますます少なくなっていく自分の髪の毛を見るとショックに感じるのは当然のことでしょう。

屋外なら帽子で隠せますが、屋外や職場でも髪が薄いのを隠したいのであれば、薄い部分を隠すようなヘアスタイル、もしくは短くカットして薄くなっているのがごまかせるようなヘアスタイルにするのもおすすめです。

ヘアスタイル以外には部分かつら、増毛スプレーを使って隠すこともできますが、頭皮に悪い影響のないよう注意が必要でしょう。

薄毛治療の専門機関に相談

初期脱毛があまりにも長引き不安に感じるようなら、AGAクリニックなどの医療機関に相談してみましょう。

ミノタブなどの治療薬を服用、または発毛剤を使用するようになって、初期脱毛が始まったものの脱毛がおさまらない場合、AGAではなく別の脱毛症が進行している疑いもあります。1~3ヵ月たってもおさまらないときは、専門の医療機関に相談してみましょう。

スポンサーリンク

初期脱毛期間にできるケア

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ab%e9%a3%9f%e4%ba%8b

初期脱毛期間も育毛対策は必要です。自分でできるケアにはどんなことがあるでしょうか。

栄養バランスの良い食事で初期脱毛対策

健康な髪の毛を育てるには、髪に栄養を与えなくてはいけません。食生活が偏っていると、髪が成長するのに必要な栄養が足らず、髪が健康に育ちません。

たんぱく質、ビタミン、ミネラル、良質な脂肪など、栄養バランスの良い、健康的な食生活を心がけましょう。

生活習慣の改善で初期脱毛対策

健康な髪の毛を育てるには、栄養はもちろんのこと、栄養が十分に行き渡るよう頭皮の血行が良いことも必要です。過度の喫煙や飲酒は血行を悪くしてしまうので、控えた方が良いでしょう。また体を冷やすのもよくありません。

睡眠不足も健康によくありません。夜型生活、不規則な生活はなるべく避けたいものです。

ストレスや運動不足も血行不良の原因になります。ストレスはホルモンバランス、自律神経の乱れを引き起こすこともあります。日常生活にリフレッシュする時間、適度な運動をとり入れることによって、ストレス・運動不足を解消しましょう。

シャンプーで初期脱毛対策

刺激の強いシャンプーは、初期脱毛期間でなくても頭皮への影響を考えれば避けたいところです。使うなら低刺激でマイルドな、頭皮に優しいシャンプーが良いでしょう。育毛のことをを考えて作られた育毛シャンプー、また女性やデリケートは肌の人も安心して使えるアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

シャンプー時に抜け毛がひどいからと髪を洗わないのは、頭皮環境をさらに悪くしてしまいます。毎日洗髪して、頭皮の汚れを落としましょう。洗いすぎも逆効果なので、適度な回数と優しい洗い方で、頭皮にダメージを与えないようにすることも忘れないでください。

育毛、発毛に向けて、正しいシャンプー選びと方法で、頭皮環境を整えましょう。

スポンサーリンク

初期脱毛から正しいヘアサイクル

%e3%83%9c%e3%82%a6%e3%82%ba%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3

治療薬を服用することで初期脱毛が起こるというのは心配ですが、初期脱毛は正しいヘアサイクルを手に入れる準備段階です。

治療の開始から初期脱毛まで

他の脱毛症を起こしていたり、1カ月以上も長引く場合を除いては、初期脱毛は治療期間において、発毛の有効成分が効いているために起きる現象です。

有効成分によって新しく健康な髪の毛が出来上がっているので、それに押し出されて生えていた毛が抜けていきます。抜けていく毛は乱れた毛周期(ヘアサイクル)でできた毛なので、抜けてしまっても問題ないのです。

初期脱毛が収まるまでも、治療を継続していきましょう。そして次に生えてくる毛のことも考えた、外側・内側からのケアも忘れないようにしましょう。

初期脱毛から発毛実感まで

成長期が4年~6年の正しい髪のサイクルになれば、弱々しい毛ではなく健康で太い毛になり、髪の量が増えたことが実感できます。治療薬の成分によって初期脱毛が起こることもありますが、あまり気にしすぎないようにしてください。

初期脱毛は正しいヘアサイクルの準備段階、頭皮の状態が良くなったらその後に発毛期間がやってきます。むやみに服用をやめたりせず、正しい毛周期と健康な髪のため、発毛実感まで治療を継続していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab

ミノキシジル、フィナステリドを成分にした治療薬や発毛剤、育毛剤で初期脱毛が起きることがわかりました。しかし、この有効成分による脱毛は毛母細胞が活性化されたことで、新しくできた健康な髪の毛が元々あった弱った髪の毛を押し出すことによって起きる現象ということもわかりました。

脱毛症など他に原因がない場合は、初期脱毛は正しいヘアサイクルの準備段階といえます。正しい治療、服用を続けることで健康な髪をつくるサイクルを手に入れることができます。頭皮のケアや日頃の生活習慣を見直しつつ、育毛・発毛対策をしていって、健康な髪の毛を増やしていきましょう。

関連記事として、

シャンプーで抜け毛が増えるの?1日に抜ける本数はどのくらい?抜け毛を防ぐ方法も紹介!

髪がぺたんこになる原因を男女別に紹介!改善するにはシャンプーの選び方が大事?

これらの記事を読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク