髪がぺたんこになる原因を男女別に紹介!改善するにはシャンプーの選び方が大事?

hidden-594142_1920

第一印象を決定するほぼ100%は顔、髪型で決まると言われています。

男性も女性も「髪型がペタンコ」な人は、貧相に見えたり、老けて見えたり、マイナスイメージの要因の一つです。ふんわりとした髪型を毎日自分で上手にキープできるようになれば、大きくイメージアップになること間違いなし!です。

ここでは男女別にその原因を調べ、理解を深めながら、日常的に手軽にできる改善ポイントや、ボリュームアップ効果の高いテクニックなどをご紹介します。

スポンサーリンク

男女別!髪がぺたんこになる原因は何だろう?

frightened-1172122_1280

まずあなたの毛はしっかりとコシ、ハリがあって、量もそこそこはある状態ですか?

「イエス」のかたは,原因はつむじからの生え癖にあるようです。毛の根元自体が潰れてしまっているので、流れとは逆方向に、毛が起き上がるようにドライヤーを当て、トップの毛は持ち上げながら乾かすことで、しっかりとボリュームが出たシルエットになります。

もしもあなたの髪の毛に、ハリ、コシがなく、量も少ない・・という場合は、やっぱり「薄毛」の対策が必要です。その原因は遺伝によるもの、日常生活のストレスや疲労、食生活にあるとも言われています。

男性・女性に共通する原因

ストレスによるもの

仕事が忙しく、精神的にイライラした状態が続く・・・深く悩んでいることがある・・・

など、ストレスは心だけでなく体にも悪影響を及ぼすことがあります。ストレスと髪は想像以上に密接なつながりがあるようです。ストレスを受けた状態が慢性的に続くことによって、血管が収縮しはじめ、体の隅々まで栄養を運んでくれる役目をする毛細血管にも血行不良が起こり始めます。

もちろん頭皮の細胞にも栄養素やエネルギーが送り込まれなくなり、頭皮の環境が悪化し、元気な髪を生んで育ててくれる機能の毛乳頭や毛母細胞が、力不足の状態になり、細く弱々しい髪になってしまうのです。

普段あまり見る機会がないと思いますが、頭頂部に鏡を当てて、自分の頭皮の色をしっかり観察してみてください。健康な頭皮は、青白く皮膚は少し柔らかさがある状態です。反対に頭皮が赤茶色だったり、黄色っぽかったりすると血行が悪くうっ血している可能性が大です。頭皮を触って硬くなっていたら、血行不良を起こし、老廃物がたまった状態になっているため危険信号!注意が必要です。

シャンプーの選び方

素敵なCMで有名タレントがアピールしている商品は、ついつい信用してしまいがちです。市販のシャンプーのほとんどに、「界面活性剤」という成分が配合され、お手頃価格のシャンプーに使われる界面活性剤は、実は頭皮に悪影響を及ぼすので注意が必要です。界面活性剤は、「親水性」と「親油性」の両方の性質を持っています。

水と油のように、本来なら混ざり合うことがないものを混ぜることができる界面活性剤は、食器用洗剤を始め、汚れを落とすものにほぼ使用されています。この界面活性剤をより詳しくみて見ると、非常に洗浄力の強いものと、比較的優しい洗浄力のものに分けられます。

・「高級アルコール系」シャンプー

界面活性剤が一概に悪い!というわけではありません。しかし低コストのシャンプーの殆どに使われているのは、「高級アルコール系」の界面活性剤です。「高級」と言っても、品質が高級なのではなく、アルコール分子の炭素数が多いものをそう呼ぶだけです。泡立ちがよく、スッキリした洗い心地のため、「キレイに洗った!」という満足感を感じやすいのですが、実は頭皮に必要な皮脂までもごっそり洗い流してしまっています。

早速、今使っているシャンプーの裏表記を見てみてください。「水」の次に「ラウリル硫酸Na」という成分が記載されていたら、これは高級アルコール系のシャンプーです。ペタンコ髪改善のためにはできるだけ避けましょう。

・「石けん」シャンプー

次に「石油系」の界面活性剤を使用したシャンプーに「石けんシャンプー」があります。

アルカリ性で洗浄力抜群!なので、ギトギトした脂性の髪質の方にはおすすめです。毛穴や皮脂の汚れまでしっかり洗い落とせる分、こちらも皮脂の取りすぎに注意が必要です。頭皮が乾燥してしまい、「フケ」や「かゆみ」を感じたら洗いすぎの可能性が大!です。

もう一つ、石鹸シャンプーには使い方にコツが必要です。あらかじめお湯でしっかり汚れを落とす予洗いをすること、良く泡だててから洗うこと、アルカリ性は髪のキューティクルを開いた状態のままにしてしまうので、トリートメント、ヘアパック、コンディショナーでダメージを補修すること、この3つがポイントです。高級アルコール系のシャンプーよりは、頭皮にやさしいシャンプーですが洗浄力はまだまだ強いと言えます。

・「アミノ酸系シャンプー」

今までの中で一番質が良いと言える界面活性剤で出来ているのが、「アミノ酸系シャンプー」です。市販のシャンプーの中でも割とお値段は高めです。

アミノ酸はタンパク質の一種なので、髪と同じ成分ということから、頭皮に低刺激でやさしいシャンプーと言えます。その分、洗浄力も控えめで、程良く皮脂を残してくれるので、健康な頭皮作りには良いシャンプーと言えます。そのものズバリ!「育毛シャンプー」と明記されている商品は「アミノ酸系シャンプー」ものがほとんどです。

もう一つ薄毛改善に是非取り入れたいのが「ベタイン系シャンプー」です。こちらもアミノ酸系になるのですが、ビートという砂糖大根由来の天然の保湿成分で作られています。アミノ酸系シャンプーと同様に低刺激でありながら、髪のダメージを補修し、しっとりと保湿する効果のある優れものです。

・「ノンシリコンシャンプー」

最近ではシャンプーのパッケージに「ノンシリコン」と書かれているものが増えてきました。シリコンという成分は安価であり、手軽に髪の表面ツヤを出しコーティングすることができます。そのため手触りの良さ、見た目のさらさらっとした感じで、簡単にダメージが改善できたように感じることができます。そういった点からも、長年ヘアケア商品には使用されてきた成分です。しかし最近では、シリコンは根本的に髪のダメージを改善できないだけでなく、蓄積することで毛穴を詰まらせることも確認されました。

シリコンも、界面活性剤同様、一概に悪いもの!というわけではないのですが、薄毛によるペタンコ髪改善には、ノンシリコンのシャンプー選びをおすすめします。

男性のペタンコ髪とホルモンの関係

hair-248050_1280

ペタンコ髪の男性の場合、皮脂の分泌が多く、ベタっとしやすいという悩みも多く聞きます。男性ホルモンのほとんどは「テストステロン」というホルモンで出来ています。

このテストステロンは髪と大きく関係しており、体内である酵素と結びつくと、髪の毛を作っているタンパク質(ケラチン)の生成を妨げたり、皮脂を過剰に出してしまう原因になるということがわかりました。

そこでテストステロンと酵素が結びつくことを防ぐことを目的に、ホルモンによる男性型脱毛症(AGA)の治療のための薬が開発され、国内外で様々な商品が販売されています。

女子のペタンコ髪は30代が曲がり角

adult-19230_1280

男性に比べて、女性はパーマやカラー、縮毛矯正や、ショートヘア、ロングヘアー、エクステンションなど様々なアレンジをするため、髪にかかる負担はどうしても否めないと言えます。

特に30代になると、髪の細さ、コシ、ハリのなさが髪の悩み、といった意見が徐々に増え始め、40代〜50代になり更年期前後になると、後頭部、前頭部のボリュームの無さに悩む女性がとても多くなります。

女性は25歳以降30歳をピークになる頃から卵巣の機能が少しずつ衰え始めます。この時期は「お肌の曲がり角」と言われるお年頃とピッタリ合ってきますね。女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量はその後どんどん減る一方となり、閉経後はまったく分泌されなくなるのです。

髪の毛に関わらず、人間の毛には「毛周期」という毛のサイクルが必ずあります。毛細血管を通して毛母細胞に栄養が運ばれ、毛を育てて行きます。その時期を成長期と呼び、しばらくの間成長すると、今度は抜ける準備に入りやがて抜けて行きます。この期間を休止期と呼び、毛は必ずこのサイクルを循環しながら生えたり抜けたりを繰り返しています。エストロゲンは、この成長期と大きく関わり、元気な毛を育ててくれる役割の一端を担っています。しかしエストロゲンが減ってしまうことで、成長期の時期が短くなり、休止期が長くなるという現象が起こってしまうのです。

このようにペタンコ髪を引き起こす原因としては、日常生活から来るものから、男女別のホルモンの作用によるものまで、1つの要因だけでなく様々な要素が重なってしまった結果と言う事がわかります。

スポンサーリンク

髪のぺたんこを改善する方法は?

hairbrush-350073_1280

薄げによるペタンコ髪の改善方法は大きく分けて二つのパターンが考えられます。

早速、今日から始められることと、長期的にみて少しずつ改善していく方法の2パターンです。すぐにできる事と言えば、今ある毛の状態で少しでもボリュームアップしたスタイリング方法を身につけることが手っ取り早く効果的です。

同時にこれ以上、ペタンコ髪が深刻にならないよう、原因として考えられた日常生活の習慣を根気強く改善することがとても大切です。

毎日のお手入れ、これがボリュームアップ必殺法!

毎日のヘアケア、といったらシャンプー、ドライヤー、ヘアセットの3ステップ。原因を究明するなかで、「高級アルコール系シャンプーの使用を避ける」という結論にいたりました。アミノ酸系、ベタイン系でノンシリコンのシャンプーを選びから初めて下さい。育毛シャンプーや育毛剤も男性用だけでなく、女性育毛剤も豊富に出ているようですので、活用するのも手です。

そしてもう一つ、担当の美容師さんに相談するのもおすすめです。男性なら特に、美容室ではなく、手軽なカット専門店を利用している方も多いのではないでしょうか?最近はヘアカタログもインターネットで簡単に見ることができるので、カッコイイ髪型を提案しているヘアサロン、または人自身が素敵なヘアスタイルをしている美容師さんに思い切って予約を入れてみましょう。カットの仕方ひとつでも、ボリュームアップの改善度は大きく変わること間違いなし!です。

薄毛の悩みだけでなく似合う髪型を提案してくれたり、自分にとっての「悩み解決サロン」を見つけておくのは何かと便利です。美容系のポールサイトは「初回クーポン」などお得な価格で行くことができるので、最近では利用客が急増してます。そこで美容師さん直伝のボリュームアップ必殺術をご紹介します。

「ドライヤーの乾かし方にひと工夫」

髪の分け目はいつも同じ場所で決まっていますか?

生え癖は誰にでもあるものですが、いつも同じ分けていると根元がつぶれてペタンコにつぶれがちです。髪をしっかりタオルドライした後、お辞儀をするように、頭を下に向けた状態で1本1本の毛が起き上がるようにドライヤーの温風やさしくあてます。自分の毛流れとは逆方向に毛が流れるよう、いつも同じ分け目にならないよう意識しながら、手グシで頭皮を軽くこすりながら乾かすとフワッとした仕上がりになります。

「スタイリング剤は油分の少ないものを」

ドライヤーでボリュームアップさせたら、いかにこの状態をキープするか!のヘアセットの仕方にかかってきます。男性の場合、髪のトップを長めより短くカットするのがコツ。毛束感はあまり細かくとってしまうより、やや多めの方がボリュームが多くみえます。油分の多いオイル系のワックスなどのスタイリング剤ではなく、ドライでマットな質感のスプレーやセット力の程よいジェルを選びましょう。

女性はコテやヘアアイロン、カーラーを使い、トップを起こすようにクセ付けしてからヘアスプレーを軽くかけてスタイリングしてみてください。男性と同様、女性もロングヘアーの方がペタンコが目立ちやすいと言われています。ショートやボブヘアーにしたり、レイヤーをいれて毛先にふんわり感を出すなど、美容師さんと相談して上手にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

これ以上減らさない!毎日の生活で実践できる育毛術

健康な頭皮の色は青白く適度な柔らかさがある、とご説明しました。もしもあなたの頭皮が赤茶色になっていた時は、頭皮に栄養分が行き届いていない証拠なので、今すぐに改善が必要です。私達の体は、すみずみまで行き届いている血管を通じて、栄養分が運ばれて行きます。体の中にはたくさんの臓器があり、生きて行くために正常に機能して行く事がとても重要です。

しかし、毛髪は生きて行く為に、どうしても必要なものではありません。毛髪に分配される栄養は、体のなかでの優先順位が、とても低いと見なされています。パソコン作業やスマホを日常的に操作することで、目が日常的に疲れている、肩こりや首のコリがひどいなど、血液の循環が悪い方も血管が収縮し、頭部までの栄養が運ばれにくくなっています。そこで有効なのが、マッサージです。日常のなかで毎日続ける事が大切なので、無理のない範囲で始めてみましょう。

「目のストレッチはこまめに」

パソコンに向かう時間が長い、スマホを利用している、という方がここ数年で急激に増えています。画面を見ていると、瞬きの回数が通常の3分の1まで少なくなってしまうそうです。目にも同じように、体の運動不足のような状態が起こり、肩や首のコリの深刻な原因になります。

20分間に1回の割合で、画面から目を離し、6メートル先を見ながら、20秒の間、20回の瞬きをするのが目のストレッチになり、とても良いと言われています。20分に一度、20秒、20回・・・、覚えやすい数字なので、忘れずにやってみましょう。

「頭皮のコリにもマッサージ」

首、肩のコリがつらくなると、ストレッチをしたりマッサージする方は多いと思います。首、肩こりの解消に加え、頭皮マッサージも大切です。血液循環が悪く、硬くなった頭皮を指のハラでやさしくもみほぐす簡単なマッサージでも、やるのとやらないのでは大違いなのです。

一箇所に指を固定したら、指を中心に円を描くように動かしてみましょう。お顔と頭皮は一枚の皮で繋がっています。頭皮をストレッチすることで、お顔の血色もアップしリフトアップ効果もあり、たるみやシワのケアにもなります。一朝一夕にとは行きませんが、1週間、1ヶ月・・と続けてみると確実に頭皮の色、硬さに変化が出てくるはずです。

最近では、バラエティショップなどで家庭でできる簡単なヘッドマッサージのグッズもたくさん販売しています。お風呂やテレビを見ながらなどのリラックスタイムに、是非取り入れて見ましょう。

「必要な栄養素はこれ!体の内側から・・が一番大事」

私たちの体は食べ物で作られています。どんな食べ物を食べているかで、その人の体つきや現れる現象に個人差が出てきます。ジャンクフードや油っぽい食事は、皮脂が過剰になり毛穴を詰まらせる要因となりやすく、外食やお酒のおつまみなど塩分の高い食事も肝機能を低下させ、血液循環を悪くする原因と考えられます。

私たちの体の中には、「成長ホルモン」というとても大切なホルモンがあります。成長期の子供にはもちろん、大人になってもお肌を若々しくしたり、代謝をアップ、アンチエイジングやダイエット、毛髪の健康にも大きく関係があります。

成長ホルモンは、シンデレラタイムといわれる夜10時から、深夜2時の間にほんの少しの量が分泌され、元々が希少な量にも関わらず、加齢と共にさらに量が減ってしまうのです。この貴重なホルモンの出る時間に、しっかり睡眠をとることが大切です。

意識して摂取したい必要な栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB群」「ビタミンA.C.E」です。タンパク質は納豆の大豆イソフラボンが、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を抑制して、丈夫な毛髪を作ってくれる効果があることがわかっています。

そのタンパク質は亜鉛が不足すると、育成効果が低下するので亜鉛は是非一緒に摂取したいところです。亜鉛がたくさん含まれている食品としては、牡蠣、牛、豚のレバーが挙げられます。より吸収率をあげるものとしてクエン酸を一緒に食べると良いそうです。

生牡蠣やカキフライにレモンが添えてるのは理にかなっている食べ方なのですね。乾物コーナーに売られている高野豆腐は、イソフラボンとビタミンEが豊富なのでペタンコ髪改善の食品としては適していると言えます。

スポンサーリンク

まとめ

育毛剤

昔から「髪は女の命」と言いましたが、男性にとってもかなり重要なものです。

ペタンコ髪の原因の多くは髪の細さ、薄さ、コシ、ハリのなさが引き起こしています。原因の中には思い当たることがいくつかありましたか・・?シャンプー選び、頭皮のケア、食生活の改善・・・などなどやってみる価値は大いにあるものばかりです。

髪の印象が変われば、周りの人からの印象がかなりアップすることは間違いなしです。今すぐ!できることから始めてみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク