抜け毛が女性に起こる原因は?対策法や予防効果の高いおすすめシャンプーを紹介!

最近抜け毛が気になってきている女性が増えているようです、脱毛の悩みは男性だけでなく今や男女共通の悩みに変わってきています。いままでは少なかった若い女性の間でも若年性脱毛症の可能性があるので早い段階から薄毛や抜け毛を警戒し早期からの対策を行う人が増えてきています。

抜け毛などの対策は抜けてから改善が見られるまで始めると3〜半年ほどの期間が空いてしまいます。抜け毛が始まる前からの早期の対策は正しい判断といえます。

しかし中には、抜け毛が始まってからシャンプーの変更や育毛対策などに取り組む人は多いのではないでしょうか。そんな人でも効果的にしっかり育毛対策を行えるようにここでは女性に起こる抜け毛の原因やその対策方法や効果の期待できるシャンプーなどを紹介していきます。

薄毛に悩んでいる人はたくさんいます。気を落とさずに前向きに対策を行っていきましょう

スポンサーリンク

女性に発生する抜け毛の原因

頭皮かゆい

女性に発生する薄毛の原因にはいくつかの脱毛症と名前のついた症状があります。さらに、女性に抜け毛が起きる傾向にはいくつかの原因が挙げられます。

これらの問題の原因や脱毛症の症状の特徴をしっかり知っておき自分の抜け毛の問題の詳細を把握してその脱毛症や抜け毛に合った対策法を模索していきましょう。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAは女性に起こる男性型脱毛症のことで、びまん性脱毛症とも呼ばれます。男性が頭頂部や額の生え際から薄毛が進行するような薄毛の症状が女性にも現れます。

女性の場合は全体的に髪の毛のボリュームが低下するような形で薄毛が進行します。抜け落ちる毛も弱々しくなり、まだ成長しきっていない細い毛が抜け落ちる異常脱毛の問題も発生します。自然脱毛では基本的には細い成長途中の髪の毛が抜けることはありません。

これは男性ホルモンのテストステロンと言う物質が5αリダクターゼと呼ばれる因子と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)と言う強力な男性ホルモンに変化してしまい、これが毛乳頭細胞や毛母細胞付近に存在する受容体(レセプター)と反応することで髪の毛の成長期のサイクルがストップし抜け毛につながってしまうものです。

女性に体内中にも男性ホルモンは男性の半分くらいの量ですが存在しています。このホルモンバランスが何らかの原因で崩れることで問題が発生します。

FAGAに関する詳しい記述は女性男性型脱毛症FAGAって何?原因と治療法と対策方法を紹介!こちらの記事を参考にしてみてください。

円形脱毛症

この脱毛症は聞いたことがあるのではないでしょうか。一般的な原因としてもストレスが大きく関わっているなどの事は知っているかと思います。円形脱毛症の原因はストレスの他にも免疫機能の暴走(自己免疫疾患)や遺伝やアトピーなどの問題が関係していると言われています。

10円〜500円玉程の大きさの脱毛症が頭のどこにでも発生し1,2箇所に確認できる場合は単発型、2個以上の場合は多発型、それ以外にも、蛇行型や全頭型や蛇行型などの治療の難しいタイプの円形脱毛症も存在します。

単発型の脱毛症の場合は3ヶ月ほどで自然治癒することも多いものですが、再発がし易い傾向もあります。円形脱毛症の詳しい治療方法やなどの情報に関しては円形脱毛症の原因を知ろう!ストレスが原因は間違い?治療法と再発防止策について!こちらを御覧ください。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

粃糠性脱毛症は頭皮に菌が付着しその菌が異常に増殖し頭皮トラブルを起こしている状態で引き起こる脱毛症です。頭囲のターンオーバーが異常に行われ、頭に存在するタンパク質などの栄養分を栄養に菌がさらに増殖を続けます。

フケが異常に発生し、取っても取ってもフケが落ちてくる症状に見舞われます。原因となる菌は頭皮の常在菌で、マラセチア菌と言います。普段は悪さをすることのない菌なのですが何らかの原因で頭皮の環境が乱れると異常に大量増殖を行います。特に季節の変わり目や頭皮がカサカサしていたり、頭皮がベタベタしている人がなりやすい傾向があります。

さらに湿疹などの症状も確認でき痒くなり、毛根にフケが詰まってしまい抜け毛の症状が引き起こります。問題となる頭皮の環境の改善が治療の鍵になりますので早めにシャンプーを変更して抗菌用や殺菌効果のあるシャンプーを使用し治療していきましょう。

分娩後脱毛症(産後脱毛症)

女性の出産後1年間に渡って抜け毛が発生する脱毛症です。出産後の脱毛症があることを知らない人がこの症状に見舞われると非常に驚きショックを受けることが多いようです。

この脱毛症は出産を経験した女性であれば比較的一般的に体験する脱毛症になります。しかし個人差が大きくあり、それほど酷くなく短期間で症状がなくなる人もいれば、長期的に薄毛が続きなかなかもとに戻らない場合もあります。

これは、妊娠中は女性の体内で女性ホルモンが100倍程の量に膨れ上がります。しかし出産後に一気に通常のホルモン値に戻るため、この差の影響を受け大きく髪の毛が抜けてしまうのです。なので妊娠中は髪の毛の状態が元気で出産すると体力も一気に消耗しそれと同時に髪の毛のボリュームの低下が行きます。

基本的には出産後6ヶ月ほどで自然ともとの状態に戻っていくので、あまり心労をかけず自然治療を心がけましょう。あまり大きく気にしすぎてストレスに感じてしまうと逆にそのストレスによって抜け毛が引き起こる可能性もありますので注意しましょう。間違ってもステロイド治療などの治療に手を伸ばさないよう気をつけてください。

牽引性脱毛症

これは、髪の毛を長時間引っぱり続けたことによる脱毛症です。女性で髪の毛の長い人はその髪の毛を縛ったり、ヘアアレンジを加えて髪の毛を編んだりすることも多いかと思います。1日程度のヘアアレンジではこの様な脱毛症は起きませんが、何ヶ月〜何年も長期的に同じ髪型を繰り返し続けて、同じ箇所に負荷をかけ続けるとその一部の部分の抜け毛が進行し薄毛に繋がる可能性があります。

同じ方向に分け目を作っている場合でも牽引性脱毛症になる場合もあります。特に大きな問題となる事が危険視されるのは、ヘアエクステです。髪の毛の縛り付け、髪の毛の長さや色に変化を加えるものでこれが原因で額から3cm程の抜け毛が引き起こった例も確認されています。

髪の毛の長い人には特に起きやすい脱毛症なので、髪の毛の負荷をかける箇所を定期的に変えて問題の発生を防ぎましょう。もし、既に脱毛症が進行している場合は、問題となる髪型は避けて髪の毛がまた生えてくるまでの3〜6ヶ月程の間別の髪型で回復を待ちましょう。

基本的な抜け毛の原因

女性に引き起こる抜け毛の原因は以下のものになります。

  • ストレスによるもの
  • 加齢によるもの
  • ホルモンバランスの乱れによるもの
  • 遺伝によるもの
  • 栄養不足によるもの

ストレスは人間関係などの問題によるものの他に、季節の変化や温度の急激な変化や湿度などの変化など精神的なもの以外にも肉体的なストレスも原因になります。

加齢での問題は40代を超えた辺りから髪の毛の質の変化を感じ始め閉経が起こるタイミングで大きくホルモンのバランスが崩れて抜け毛が起きやすくなります。

ホルモンバランスの乱れには膠原病などの甲状腺機能低下症の可能性も考えられます。

遺伝は女性の場合、両親から問題に繋がるX染色体を遺伝するのでこの遺伝子の中に男性ホルモンの感度の高いものや、結びつきの強い傾向のあるものが遺伝されれば抜け毛が起きやすくなります。自分の両親と祖父母の髪の毛の状態を確認し、自分の将来の髪の毛の状態を推測してみましょう。

さらに女性に起きやすい問題としてダイエットなどによる栄養不足などの問題があります。栄養不足になると優先度の低い髪の毛には早く影響が起きてしまうので栄養不足などには気をつけましょう。

これらの問題に気をつけ正常なヘアサイクルを保っていきましょう。

スポンサーリンク

抜け毛の対策方法

運動

では具体的な対策方法を紹介していきます。対策法は無理のない所で長期的に行うことで効果を発揮します。

無理のある対策法でストレスを溜めてしまったり、問題解決に繋がるまでの期間続けられないなどの問題にならないように気をつけましょう。

食事

まずは髪の毛の栄養になる食事、バランスの取れた食事を心がけることが重要です。偏った食事やファーストフードやインスタント食品を多く食べていたり、食事制限を行うダイエット法などはあまりおすすめできません。

海藻類、大豆食品、レバー類、豚肉、緑黄色野菜などの食材が特に髪の毛の成長に重要な栄養素を沢山含んだ食材になります。髪の毛に良いだけでなく頭皮や肌環境を整える栄養素を含んでいる食材も有効です。

髪の毛の成長を行う土壌でもある頭皮にも栄養を与えて髪の毛の成長を促しましょう。

睡眠

人間が最も健康的に生活を行うことの出来る睡眠時間は基本的には6〜7時間と言われています。さらにこの睡眠を22時〜深夜2時の間の時間を含んだ時間で睡眠が取れているとさらに効果が高まります。

この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれていて、髪の毛や肌のダメージ補修やそれらの成長を行っている時間帯でもあり、成長ホルモンが最も分泌される時間帯でもあります。

少なくとも24時までには就寝しておくことが理想でしょう。仕事などの関係で昼夜逆転などの生活をしている人は仕方ないですが、それ以外の人は生活リズムを正常な時間帯での活動に戻していきましょう。

運動

髪の毛や頭皮の環境を整えるためには適度な運動による皮脂の分泌が重要になります。無意識にかく汗と運動によってかく汗では得られる効果が変わってきます。運動によってかく汗はサラッとしていて皮脂に詰まりにくく皮脂の詰まりを解消し、さらにその後しっかり洗い流すことで頭皮の環境を正常な状態に近づけることが出来ます。

筋肉量を増やし新陳代謝を上げることで間接的に抜け毛の問題を引き起こす肥満などの問題も解消できます。さらに適度な疲労感で睡眠の質も向上することが出来ます。

相乗効果的に全体の対策法の質が向上するので、続けられる量の運動を是非取り入れていきましょう。

正しいシャンプー方法

髪の毛を洗浄する時に間違った方法でシャンプーを行っていませんか?間違ったシャンプー方法を行っていると、抜け毛の症状を悪化させかねません、シャンプー方法を見直していきましょう。

基本的なシャンプー方法として、まずは指の腹の部分で洗うこと、シャカシャカ洗うのではなくもみ洗いを行うこと、シャンプーの前にしっかり湯シャンで余分な皮脂やワックスなどの汚れを落とすこと、シャンプーの後はしっかり手で湯だめを作ってすすぎを行うことなどの基本技術は行えていますか?

さらにそれに加えて、朝シャンプーを行ってはいけない事や、しっかり洗う2度洗いは厳禁なことなども知っておきましょう。朝にシャンプーを行ってしまうと朝に浴びる紫外線を皮脂のバリアがない状態で受けてしまい、大きなダメージになってしまいます。

さらに2度洗も、1度目を軽く行う分には問題ないのですが2度ともしっかり行ってしまうと必要な皮脂まで洗浄してしまい頭皮の乾燥が起こってしまう問題もあります。

問題となるシャンプー方法を避け、正しい方法でシャンプーでヘアケアを行っていきましょう。

スポンサーリンク

抜け毛予防に選ぶべきシャンプーは?

シャンプー

抜け毛に悩みだしたら、それを改善するためにまず見直さなければいけないのはシャンプーです。今まではどのシャンプーを使っても髪の毛は元気に成長していたので、成分など気にせずに香りや値段などでシャンプーを選んでいれば大丈夫でした。しかし抜け毛が始まるとそういう訳には行きません。

しっかりシャンプーを成分を見て選んで行かなければ問題解決することは難しいでしょう。少々値は張りますが、髪の毛のために長期間購入できる値段のシャンプーを選択し使用していきましょう。

洗浄成分

まず一番に気をつけたいのは洗浄成分です。一般的にドラッグストアや薬局などで売られている市販品は洗浄成分が高級アルコール系の洗浄成分の物がほとんどです。近年ではそうでないものも売られるようになりましたが、CMなどが打たれている商品は基本的に高級アルコール系の洗浄成分のものになります。

この成分のシャンプーは洗浄力が非常に高く、敏感肌の人や頭皮が乾燥している人などが使用すると皮脂を除去しすぎてしまい、頭皮環境の悪化に繋がります。このシャンプーの利点は香りが良いことや、泡立ちが良い、指通りが良い、安価で大量生産が可能で価格が低価格であるなどの利点があります。しかし中には防腐剤などの成分が多く含有されている物もあり、髪の毛や頭皮にとってはあまりいいものではありません。

もし選ぶとしたら洗浄成分がアミノ酸系洗浄成分と表記された物を選択しましょう。

有効成分

髪の毛に有効な育毛成分や頭皮に有効に働きかける成分が含まれている物を選択して購入すればいいでしょう。天然由来の植物エキスなどの成分や、頭皮環境を整える成分など沢山の成分を配合して作られたシャンプーが多くネットなどで購入することが出来ます。

近年では女性用の育毛シャンプーも増えてきていて、香りの良いものや、ノンシリコンのものなど沢山の種類が売られています。有効成分の配合量が各社全く異なる物を販売しているので自分の髪の毛にあったものを試してみましょう。

抗菌、殺菌成分

もし頭皮の環境が悪化していて、菌が原因によるフケや湿疹などの問題が発生している場合は抗菌成分や殺菌成分がしっかり配合された物を選ぶようにしましょう。

抗菌効果、殺菌効果をメインにしたシャンプーが専門分野として販売されています。自分の頭皮の状態を確認し、症状にあったシャンプーを選んでいきましょう。「抗菌 シャンプー」などのキーワードで検索すればいくつかの商品が見つけられるでしょう。

保湿成分

頭皮が乾燥しがちな人は、シャンプーに保湿成分が含まれているものを使用することをおすすめします。もしくは自然な皮脂の分泌を促す成分が含まれているものなどが適しているでしょう。頭皮の血行を良くするカプサイシンなどの成分が含まれているものがそれに当たります。

さらに保湿を助けるものであれば馬油などもあります。

しかしシリコンが含まれているものは、人によっては合わない場合があります。シリコンは髪の毛や頭皮をコーティングしてしまうので正常な皮脂の分泌を阻害したり毛穴を詰まらせてしまう可能性があります。さらに髪の毛に重みが加わり、髪の毛がしっとりし纏まる効果があるので髪の毛のボリュームが少なく見えてしまうこともあります。

髪の毛の広がりやすい人や髪の量が多い人には向いていますが、薄毛に悩んでいる時期には人シリコンのシャンプーを選択したほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

自分の抜け毛の問題の症状や、原因を突き止めてその抜け毛を生活習慣などで予防していきましょう。もしそれでも改善が見られない場合は、市販でもクリニックの専門家からの処方での育毛剤などの使用も検討してみましょう。

しかし、専門的な抜け毛の治療になると薄毛の治療は自由治療になるので保険は降りず、全額自己負担での治療が基本です。一部病気によるものや薄毛により精神病を引き起こしてしまった場合は保険適用になる場合もありますが、ごく一部になります。

高額の長期的な治療になりますので経済状況をしっかり考慮して治療を行っていきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせてご覧ください。

【チェック項目あり】あなたは何個当てはまる?男女別、近い将来ハゲやすい人の特徴25個!

ドライヤーで抜け毛が心配!髪に与えるダメージと上手く乾かす方法を紹介!

髪が抜けるのは病気?正常じゃない抜け毛の見分け方を知ろう!対処法も紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク